searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り https://oba-shima.mito-city.com/

農家以外の人も参加した環境の整備保全、農薬や化学肥料に頼りすぎない農業活動と自然や田舎の暮らし

最近タブレットを買ったので、つたないマンガも写真といっしょに載せてます。今までに撮り溜めた動画もぼちぼちとYOUTUBEに上げ始めました。https://www.youtube.com/user/norahanapy

nora
フォロー
住所
水戸市
出身
未設定
ブログ村参加

2010/06/12

1件〜100件

  • 今日は活動日(今年度1発目の人力草刈り)

    今日は活動日です。今年度最初の人力草刈りというのに32度にもなるという予報です。(昨日の時点では34度と言って 今日は活動日です。今年度最初の人力草刈りというのに32度にもなるという予報です。(昨日の時点では34度と言っていました)慣れているベテランのおじいさんたちよりこっちがまいりそう・・・

  • ヤンマーYC80当時独自路線の「昔のカタログ」と、YC70「撮りトラ」

    今日はShioikaさんに送ってもらった(いつもありがとうございます!)、1971年運輸省型式認定のヤンマーの

  • 1978年認定36/75ヤンマーYM1401D「朝1分の農機考古学」

    毎日オークションの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定 毎日オークションの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。今朝は1978年運輸省型式認定75台中36番目の発見(収集)である、ヤンマーのYM1401Dです。ちょうどヤンマーが一瞬緑にして、その不評をカバーするために始めた「赤いトラクター」キャンペーンの頃に重なります。

  • 1966年or67年認定VツインのホンダF90(F100)「朝1分の・

    毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」 毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「認定番号」』シリーズ。今朝は耕うん機のくせにVツインエンジン搭載のユニークマシン。1966年または1967年運輸省型式認定、ホンダのF90の番号収集です。実際見つけたのはF100の動画ですが、F90の型式を引き継いでいるのでした

  • 関西初上陸CM「お、おにぎりが走ってる!」

    みみずくさんのコメントをいただいて、レッドブルボックスカートレース 関西初上陸CMが流れていて、それに「お米た

  • ’83年認定リバース&カラバリ・クボタL1-18D「朝1分の農機考古学

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は収集中としては比較的新しい、1983年運輸省型式認定組、リバースとカラバリというユニークな仲間を持つ、クボタサンシャインL1-18Dです。

  • 1982年認定ヤンマーコンバイン・カルテットTC1210「朝1分の農・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1982年運輸省型式認定の、ヤンマーコンバイン・カルテットTC1210です。この頃多数の農機の中で型式認定されるコンバインはほんのわずか。きっと高価だったでしょうね。

  • ショベル/エレベーター/電子超顕微鏡オリジンパークへ行ってきた。その7

    たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変 たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変えた千の技術博』の話になったりします。今日は先日行ってみた日立市の大甕にある日立製作所の企業ミュージアム「日立オリジンパーク」に行ってきましたその7。今日はショベル/エレベーター/電子超顕微鏡など色々です。

  • 田んぼの風景(ドジョウ、結構大きいじゃん!)

    あまり人のやってこない週末はだらけた内容を・・・というわけで今朝は田んぼの風景です。 田植えが終わってからしば あまり人のやってこない週末はだらけた内容を・・・というわけで今朝は田んぼの風景です。

  • 2022年島地区の草刈りがキックオフ

    2022年、5月末の保全会の活動に向けて島地区のスライドモアでの草刈りが始まりました。去年は4/16からでした 2022年、5月末の保全会の活動に向けて島地区のスライドモアでの草刈りが始まりました。去年は4/16からでしたから、1ヶ月ほど遅れてのキックオフです。「始まっちゃったなぁ」というのが正直なところ。(保全会の草刈りはともかく、自分の家の草刈りを考えると・・・ですけど)

  • ターボ42馬力の小型特殊!79年認定クボタL4202DT「朝1分の・・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1979年運輸省型式認定組、80台中32台目の収集となるクボタL4202DTです。4気筒ターボで42馬力を発生しておきながら「小型特殊自動車」の緑ナンバーとは少し違和感があります。

  • 50年前の田園風景満載!ヤンマー耕うん機YC80「昔のカタログ」

    今日はShioikaさんに送ってもらった(いつもありがとうございます!)、1971年運輸省型式認定のヤンマーの 今日はShioikaさんに送ってもらった(いつもありがとうございます!)、1971年運輸省型式認定のヤンマーの耕うん機YC80昔のカタログシリーズです。田園風景の写真をフューチャーしたカタログの表紙は、かなり長い間シリーズで続いたのではないかと思います。今では貴重な50年前の記録にもなっていますよね。

  • クボタは二駆先(せん)1979年31/81 L2002DT「朝1分の・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1979年運輸省型式認定組、80台中31台目の収集となるクボタL2002DTです。見えてくるクボタの法則は、二駆/四駆同時申請の場合、二駆が先、つまり二駆先/四駆後のようでした。

  • 1978年認定組35/75 ヰセキTX1210F「朝1分の農機考古学」

    毎日オークションの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番 毎日オークションの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は運輸省型式認定が1978年組75台中35板目の収集となるヰセキのトラクターTX1210Fです。二駆のTX1210も近辺にあるはずなのですがまだ発見できていません。

  • ワスレナグサ?キュウリグサ?5月、田んぼの法面、青くて小さな花

    先日、田植えを見ていたら田んぼの法面に青くて小さな花を見つけました。オオイヌノフグリのような小さな花ですけど、 先日、田植えを見ていたら田んぼの法面に青くて小さな花を見つけました。オオイヌノフグリのような小さな花ですけど、あんなに背が低くありません。草丈や花の印象はタネツケバナのようですが、花の色が違います。「後で調べてみよう」と写真を撮って帰り、調べてみるとワスレナグサかキュウリグサのようです。

  • 家庭電化のはじまり。オリジンパークへ行ってきた。その6

    たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変 たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変えた千の技術博』の話になったりします。今日は先日行ってみた日立市の大甕(おおみか)にある日立製作所の企業ミュージアム「日立オリジンパーク」に行ってきましたその6。今日は「家庭電化のはじまり」の展示です。

  • 48/125久々の三菱、80年型式認定三菱MT1401「朝1分の農・・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定組、125台中48番目の発見である、久々の三菱newマイサンMT1401です。型式名はMT1401となかなか結びつかないMT14Cでした。

  • クボタXB-1とXB-1Dは1984年別々に認定されている!「朝1分・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1984年型式認定、ブルトラの進化系、ブルエースXB-1です。車高調付きのXB-1DとこのXB-1は、それぞれ別に型式認定されていて、続き番号なのでした。

  • 1982年型式認定シバウラスタイガーSP1500「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1982年認定、1500番台のシバウラSP1500です。先日のSP1540の兄弟でこちらは二駆。シバウラはこれまでわかりにくかった四駆の「-O」表記をやっと改めたようです。

  • 貴重な700番台!ヤンマーOEM(多分)シバウラSK-80「朝1分の・

    毎朝オークションの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定 毎朝オークションの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は貴重な700番台、ヤンマーOEM(多分)のシバウラ耕うん機SK-80です。1972年か1973年運輸省型式認定と思われ、以前紹介したSK650と、とても似ているのでした。

  • 久々!72年もしくは73年認定、クボタL2200「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。消えて無くなってしまうかもしれないので、古い順に収集していますが、最近は1500番台周辺をうろついているところでした。しかし、今朝は久々に見つけた800番台。1972年、もしくは1973年運輸省型式認定のクボタL2200です。

  • 最近のソラマメ(種まきはこの1ヶ月のためにあった!)

    今日は人があまりやってこない週末でもあるし、久しぶりの営農組合で作っているソラマメの様子、「今日のソラマメ」。 今日は人があまりやってこない週末でもあるし、久しぶりの営農組合で作っているソラマメの様子、「今日のソラマメ」。しばらくやっていなかったので「最近のソラマメ」です。10月にタネを蒔いてから7ヶ月、最近の躍進はすごい!去年の種まきはここの一ヶ月のスタートラインに立つためにあったのです。

  • 田鏡2022

    年に一度はこの話題に触れずにはおれません。まわり全ての田んぼに水が張られ、空を映して輝く田鏡の季節。植えられた 年に一度はこの話題に触れずにはおれません。まわり全ての田んぼに水が張られ、空を映して輝く田鏡の季節。植えられた苗が育って茂るまでのわずかな間だけ見られる貴重な風景です。

  • 1982年型式認定クボタ・ブルトラ☆B1-17「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。今朝は多分初めてブルトラの文字が車体に入ったと思われる、1982年型式認定のクボタB1-17です。型式名は昔っぽいB1702DTなのに、車体にはBULLTRAとB1・・・トラクターの数も多くなり、きっと営業的にもっとパンチのある名前が欲しかったのでしょうね。

  • 機関車と発電設備の大型化。オリジンパークへ行ってきた。その5

    たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変 たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変えた千の技術博』の話になったりします。今日は先日行ってみた日立市の大甕(おおみか)にある日立製作所の企業ミュージアム「日立オリジンパーク」に行ってきましたその5。今日は機関車と発電設備の大型化の展示です。

  • 顔は違うが型式は一緒。1977認定クボタB-10/B5001「朝1分・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認

  • ペルトン&フランシス水車。オリジンパークへ行ってきた。その4

    たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変 たまーに写真撮影可の博物館、例えば「土の館」であったり千の技術博の話になったりします。今日は先日行ってみた「日立オリジンパーク」に行ってきましたその4です。ペルトン&フランシス水車それから水車発電機の回転子・・・その作りもそうですけど、展示台がよくできていて、そちらにも興味が行きました。

  • 1982年型式認定シバウラスタイガーSP1540「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1982年認定、1500番台のシバウラSP1540です。SDとSP、何が違うのか今のところよくわかりませんが、もし顔が違うのだとしたらこの顔の方が好みです。

  • 島地区の田植え2022動画編

    今日は田植えの動画をやっと繋いだので、島地区の田植え2022です。編集だけで時間を使い果たしました。それではさ

  • 島地区の田植えが始まっています(田植え2022)

    今週から島地区の田植えが始まっています。いつも見える範囲の代掻きが全部終わってからの田植え開始だったのが、どう 今週から島地区の田植えが始まっています。いつも見える範囲の代掻きが全部終わってからの田植え開始だったのが、どういうわけだか今年はと少し雰囲気が違って、代掻きがまだの部分もちらほら見える中の田植え開始です。今年は綺麗な田鏡状態を見ることができないかもしれません。

  • オリジンパークへ行ってきた。その3

    たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変 たまに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変えた千の技術博』の話になったりします。今日は先日行ってみた日立市の大甕にある日立製作所の企業ミュージアム「日立オリジンパーク」に行ってきましたその3です。日立最初の製品5馬力モーターの隣は5kVA変圧器でした。

  • サンシャインとの関係は?1983年型式認定クボタB1-15「朝1分の・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。今朝は昨日までの1000番台から大きく飛んで1500番台、1983年型式認定のクボタB1-15です。この型式名はB1502DTで、サンシャインB1502との関係がどうなっているのか気になるところです。

  • 1977年認定53台/91台シバウラSD2600「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」 毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。今朝はtwitterのsquash12vさんからいただいた1977年運輸省型式認定のシバウラSD2600です。奇しくも昨日のクボタ 耕うん機K6/K7/K8/K9の4台と同級生。見つかるときは見つかる1000番台、77年組は91台中53台目の発見となりました。

  • 1977認定、裏技でクボタ耕耘機K6/K7/K8/K9解明「朝1分の・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は日本農機界黄金時代に生まれた、1977年運輸省型式認定のクボタ 耕うん機K6/K7/K8/K9の4台です。この解明には少しアクロバティック?な技を使ってしまいました。

  • 1982年型式認定、シバウラSD2843T(ターボ)「朝1分の農機考・

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1982年運輸省型式認定のシバウラSD2843Tです。トラクターとしては珍しいターボ車。関係ないと思いますが、世の中のクルマは1982年から空前のターボ車ブームでした。

  • オリジンパークへ行ってきた。その2

    たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変 たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変えた千の技術博』の話になったりします。今日は先日行ってみた日立市の大甕にある日立製作所の企業ミュージアム「日立オリジンパーク」に行ってきましたその2です。日立製作所最初の製品は5馬力のモーターでした。

  • オリジンパークへ行ってきた。その1

    たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変 たまーに写真撮影可の博物館、例えば『スガノ農機「土の館」トラクタ博物館』であったり『明治150年記念、日本を変えた千の技術博』の話になったりします。今日は先日行ってみた日立市の大甕(おおみか-大みか町:難しい字で読めませんよね)にある日立製作所の企業ミュージアム「日立オリジンパーク」に行ってきました。

  • 1960年もしくは61年認定。富士重工ロビンT4続き(オマケでT6)

    毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」 毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は弥太郎さんが送ってくれた、貴重な200番台、1960年もしくは1961年運輸省型式認定のロビンT4の続きです。オマケで同じ頃のものではないかと思われるT6を・・・

  • 今日は朝からくじけたのでお休みします

    さて、昨日の続きをやろう・・・と思ったら、504エラーでサーバーが反応しません。夜中ずっと落ちていたみたいです

  • 1960年or1961年型式認定。軽自動車表記のロビンT4「朝1分の・

    毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」 毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は弥太郎さん(いつも貴重な情報をありがとうございます!)が送ってくれた、貴重な200番台、1960年もしくは1961年運輸省型式認定で、古い農機の証、軽自動車表記のロビントラクターT4です。

  • 1982年型式登録三菱スーパーマイサンMTE2000/D「朝1分の・・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1982年運輸省型式認定の三菱スーパーマイサンMTE2000(二駆)とMTE2000D(四駆)です。今日は用事があって時間がないので事実だけ・・・

  • 1981型式認定クボタRX155A(多分RX1500引継)「朝1分・・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。今朝は1981年型式認定のクボタコンバインRX155AGUです。1981年といってもクボタコンバイン50周年サイトによれば、初めに認定されたのはRX1500であり、RX155AGUはその番号を引継いだものと思われます。

  • 1980年型式認定、ハンサム以前のクボタコンバインRX900「朝1分・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年型式認定組125台中47台目の発見である、クボタコンバインRX900です。これ以降は若干増えると思いますが、これまでコンバインは数えるほどしか見つけられていません。

  • SLのLってローコストのL?’80年シバウラSL1343「朝1分の・・

    毎日ネットの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」 毎日ネットの写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。今朝は1980年型式認定登録組125台中46台目の発見であるシバウラスタイガーSL1343です。このころ今まであったSDシリーズに加え、今日紹介するSLシリーズが出てきたようなんですが、姿形に大差ないSDとSL、どこが違うか少し考えてみました。

  • 何が違うのかな78認定ホンダF950と79認定F950L「朝1分の・・

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。今朝は1979年運輸省型式認定組81台中30台目の発見、ホンダの耕うん機(スーパー耕うん機)F950Lです。実はF950が1978年に既に認定されており、末尾にLがついて翌年にまた型式認定ということになっています。何が違うのかな?

  • サンシャインとSunshine,1979年L1802DT「朝1分の・・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。今朝は1979年運輸省型式認定組81台中29番目の発見である、「選べるカラバリ」の、L1802DTです。同じL1802DTでも「サンシャイン」バッジをつけている機体と「Sunshine」バッジをつけている機体があるようでした。

  • 水戸市柵町には耕運機メーカーがなんと2つあった!カマリKT昔のテーラー

    以前Sさんから寄せられた情報で知った水戸の耕運機メーカー井坂農機、どこにあるか調べている過程で新たな事実がわか 以前知った水戸の耕運機メーカー井坂農機、どこにあるか調べている過程で新たな事実がわかりました。本筋とは少しズレますが、ちょうど一年前に送っていただいた写真と繋がったのです。(写真を送っていただいた方、もし見ていたらもう一度連絡をください!ぜひ見にいきたいです)昔の水戸には2つの農機メーカーが存在していたのです。

  • シバウラ耕うん機SK650、持ち主さんによる「撮りトラ」

    今日は紹介していない写真がたくさん残っているので、昨日からの続きです。持ち主であるshioikaさんのシバウラ 今日は紹介していない写真がたくさん残っているので、昨日からの続きです。持ち主であるshioikaさんのシバウラ耕うん機SK650の「撮りトラ」です。SK650はヤンマーが製造していて運輸省型式認定が1980年、発売もその近辺だと思われます。

  • 1980年認定45/125シバウラSK650(ヤンマーY650)「朝1分の・

    毎日色々な写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』 毎日色々な写真でサクッと「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝はShioikaさん(いつもありがとうございます!)がお持ちのシバウラ耕うん機SK650(ヤンマーY650)です。見つけてもらった運輸省型式認定番号は1980年型式認定125台中45台目の発見!

  • 1978年認定34/75ホンダ耕うん機F800「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。今朝は1978年運輸省型式認定組75台中34台目の発見、ホンダの耕うん機(スーパーティラー)F800です。先日紹介した1977年発売のF600が1979年型式認定、F800は1978年発売1978年認定で、F600を追い越してしまっています。

  • 最近のソラマメ(急に動き出した!)

    今日は人があまりやってこない週末でもあるし、久しぶりの営農組合で作っているソラマメの様子、「今日のソラマメ」。しばらくやっていなかったので「最近のソラマメ」です。10月にタネを蒔いてから半年・・・それまで大した動きもなかったのに、気候が暖かくなったら一気にソラマメも人も動き出しました。

  • 1977年型式認定クボタK850、又の名をK8「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は日本農機界黄金時代の1976年〜1980年に生まれた、1977年運輸省型式認定のクボタ 耕うん機K850、またの名「型式」K8です。

  • 島地区に水が来た!通水試験2022

    昨日は島地区に今年度初めて稲作のための水が来た日・・・通水試験2022でした。配水機場のモーターを動かして水が 昨日は島地区に今年度初めて稲作のための水が来た日・・・通水試験2022でした。配水機場のモーターを動かして水が配られることを確認して、少し大きな地震もあったことですし漏水の確認、そしてパイプライン内に滞留した泥を掃き出すなど、各種点検と清掃を行いました。2022年度環境保全会の活動初日でもあります。

  • 1980年型式認定44/125ヤンマーY750「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中44番目の発見、ヤンマーの耕うん機Y750です。今日は多分通水試験の日なので急いで行きます。

  • 1968年運輸省型式認定クボタ快足テーラーT65「朝1分の農機考古学」

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。。1968年運輸省型式認定のクボタ 快足テーラーT65です。プラスチックを多用した機械は歳をとると痛い感じになりますけど、60年代の全金属製マシンは時を経ると重厚感が増しますね。

  • 1979年型式認定28/81クボタL2202DT「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1979年運輸省型式認定組81台中28番目の発見である、「選べるカラバリ」の、L2202DTです。最近やっと教えてもらって青いカラバリのサンシャインをネット上で見ることができました。

  • 1979年型式認定28/81クボタL2202DT「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1979年運輸省型式認定組81台中28番目の発見である、「選べるカラバリ」の、L2202DTです。最近やっと教えてもらって青いカラバリのサンシャインをネット上で見ることができました。

  • 種まき2022:島地区の種まきを見てきました。

    島地区の種まきがを見てきました。今日はコシヒカリの種まき、出てくるそばから軽トラの荷台に積みます。(95枚)お 島地区の種まきがを見てきました。今日はコシヒカリの種まき、出てくるそばから軽トラの荷台に積みます。(95枚)おじいちゃん農業なので、作業BGMがめちゃくちゃ昭和! おじいちゃん大勢でわいわい・・・こんな調子であと2日ほど種まきは続き、3月後半から忙しくなった稲作は田植えまではずっとバタバタしている感じです。

  • 様々な年代のロゴが混在。コマツインターIH232持主さんの「撮りトラ」

    今日は昨日の続きで、弥太郎さん(いつも貴重な情報をありがとうございます!)に送っていただいた、1967年運輸省 今日は昨日の続きで、弥太郎さん(いつも貴重な情報をありがとうございます!)に送っていただいた、1967年運輸省型式認定のコマツインターナショナルIH232持ち主による「撮りトラ」です。各部の写真があるのですが、それに写るコマツのロゴは様々な年代のものが含まれているのでした。

  • 貴重な500番台!1967年型式認定コマツIH232「朝1分の・・・」

    毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」 毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は弥太郎さんが送ってくれた、もはや動体でこれから出てくるかどうかわからない貴重な1960年代の型式認定500番台、コマツインターナショナルIH232です。

  • あれれ?エラーコインならぬエラートラクタ!B1600DT「朝1分の・・

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は昨日の謎、半分解決編です。この形のクボタB1600DTは同じ型式で2つの認定番号を持っていることがわかり、僕としては8と4を取り違えてしまったヒューマンエラーと結論づけたいところです。

  • サンシャインブルトラジュニア1980年クボタB1600DT「朝1分・」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中43番目の発見である、サンシャインでブルトラでジュニアのクボタB1600DTです。これについては今の所色々解決できない謎があるのでした。

  • 久々70年代1978年型式認定シバウラKM700「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は久々の70年代、1978年運輸省型式認定のシバウラ耕うん機KM700です。表の穴埋めが進むにつれてだんだん古い番号を見つけるのが難しくなってきています。

  • 昨日は年度最後となる環境保全会の活動でした

    昨日は年度最後となる環境保全会の活動で、水路の泥上げと各施設の清掃(簡単に言えば田んぼのゴミ拾い)を行いました 昨日は年度最後となる環境保全会の活動で、水路の泥上げと各施設の清掃(簡単に言えば田んぼのゴミ拾い)を行いました。最後のゴミ拾いから半年ほど経過しているためか、いつになくゴミが多かったです。また、総会という感じで集まりはしないものの、2021年度活動の資料の配布など、渡すものは全部渡し今年度表の事務作業はずべて終了。

  • 種もみの温湯消毒2022:脱水機は「だっすい君」が加わり2台体制

    島地区営農組合2022年の稲作キックオフでもある、温湯消毒を見てきました。いつもと変わらない風景・・・その中で 島地区営農組合2022年の稲作キックオフでもある、温湯消毒を見てきました。いつもと変わらない風景・・・その中でちょっと気になることをピックアップするなら、脱水機が2台体制になったことでしょうか。(正確には去年あたりからですけど)以前の脱水機がだいぶヤレてきて、新たに加わった脱水機との対比がちょっと面白かったです。

  • 保全会、明日の年度最後の活動&総会を前に総会資料ができました

    環境保全会、明日の年度最後になる活動&総会を前に総会資料ができました。年々出来上がるのがギリギリになってきてい 環境保全会、明日の年度最後になる活動&総会を前に総会資料ができました。これが終わり、報告書を作成/提出してチェックがオールクリアになれば今年度は「以上終了」。晴れて翌年度に突入できます。実際に現場で活動されている皆さんは感じることはないかもしれませんが、僕にとって最大の山場です。

  • 排水路の泥上げ2022を見てきました

    もう3月も終わりだというのに、まだやるべきことと締め切りの間で足掻いています。先日見てきた排水路の泥上げの様子 もう3月も終わりだというのに、まだやるべきことと締め切りの間で足掻いています。先日見てきた排水路の泥上げの様子です。排水路の柵板の交換の前にやったり、お互いに邪魔にならないよう別の水路でやったり色々です。

  • 80年型式認定42/125ヤンマーYM2310D「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中42番目の発見、23馬力のヤンマーYM2310Dです。同級生が多い80年組、まだ半分にも行かないうちにだんだん見つかりにくくなってきました。

  • 多分1974年運輸省型式認定ヤンマーYM1500「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」 毎日サクッとネットの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1974年、もしくは1975年運輸省型式認定と思われる、ヤンマーYM1500です。このあたりの番号はちょうど74年と75年の境目なので判断が微妙です。

  • 今年度分の排水路の長寿命化が終了しました(農機ファンしばしお待ちを)

    島地区農地・水・環境保全会では、施設の長寿命化と称し、排水路などの農業施設を少しも長く使えるよう、排水路の磨耗した柵板の交換を毎年行っています。昨日は業者に頼んだその柵板交換が終わったというので、完成検査をしてきました。今年度は少し予算が少ないので予定より短めです。

  • 環境保全会の活動は二回連続で農道に砂利の補充でした

    だんだん日が伸びてきました。保全会の集合時間では少しお日様が高く、目の前の川はすでに元気な太陽の陽を反射して真 昨日は環境保全会の活動でした。今年はなぜか様々なことが計画通りにいかず、つじつま合わせのような形で年度後半に活動が集中してしまっています。というわけで、前回に引き続き農道へ砂利の補充を行いました。以前やったことのある場所ですが、時間が経つと砂利はどこへ行ってしまうのか、凹んで水たまりができたりしてしまうのでした。

  • 今日は活動日、そして来週は総会(←なんにもやってない)

    今日は環境保全会の活動とお仕事のダブルヘッダー。世の中は連休だというのに全然関係ありません。 今日は活動日・・ 今日は活動日・・・前回に引き続き農道へ砂利の補充をする予定です。年度末に向けていつになく予定がかなり後ろに詰まっちゃった形で、今年は少しイレギュラーになっています。これも様々な人の都合でそうなったということなので世の中全体もそうなのかな? 当然僕も後ろ倒しに様々なことがベタ遅れになっています。

  • 1980年型式認定41/125、日の本C172「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中41番目の発見、17馬力の日の本トラクターC172です。ここのところ1980年強化週間となっております。

  • ’80年型式認定40/125クボタL3202DT「朝1分の農機考古学」

    ちょっと旅に出ていて更新をサボっていました。内容がハードでトラクターどころでありませんでした。もう戻ってきてい 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中40番目の発見である、サンシャインシリーズのクボタL3202DTです。

  • 多分1974年認定、三菱耕うん機CT351「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は多分1974年、もしかしたら1975年運輸省型式認定の三菱耕うん機CT351です。800番台といえば45歳越えです。この付近の番号を見つけるのはかなり難しくなってきました。

  • ’80年型式認定38/125クボタB1200DT「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中39番目の発見であるブルトラの末裔、クボタ(サンシャイン.jrという愛称じゃないかと思います)B1200DTです。

  • 1980年型式認定38/125、日の本C174「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中38番目の発見、17馬力の日の本トラクターC174です。ここのところ1980年強化週間となっております。

  • 1980年型式認定37/125、日の本C144「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の125台中37番目の発見、14馬力の日の本トラクターC144です。ここのところ1980年強化週間となっております。

  • 1980年認定、三菱耕うん機MS800別名MR910型式名はMS80A

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の三菱耕うん機MS800、又の名をMR910、型式名MS80Aです。1980年運輸省型式認定組は125台の大所帯ですが、そのうち三菱は40台近く占めているはず。

  • ’80認定三菱CT452別名TH65型式名はMS65A「朝1分の・・」

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定の三菱耕うん機CT452、又の名をTH65(多分です)、型式名MS65Aです。1980年組125台中35番目の発見となりました。

  • 1980年認定34/125台シバウラSD2643「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年の運輸省型式認定組125台中34番目の発見、、シバウラ・スタイガー(多分)SD2643です。このシリーズは全部見つけきれていませんが、80年冒頭に大量認定されています。

  • 1979年型式認定、クボタ・ブルトラB₁-16「朝1分の農機考古学」

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1979年運輸省型式認定81台中26番目の発見である(なんだか前と計算が違う・・・こっちが正しいです)クボタのブルトラ(おそらく3代目)B₁-16別名B1600DTです。

  • 多分63年か64年型式認定。三菱耕運機CT331「朝1分の農機考古学」

    昨日は冷たい風がビュービュー吹いていました。外にいたのですが、一時は木の葉やビニールが空高く舞い上がって命の危 朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は検索を開始して30秒で発見した400番台、多分1963年、もしくは1964年型式認定の三菱耕うん機CT331です。

  • 田んぼの排水路、柵板交換が始まったというので見てきました。

    毎年行なっている排水路の柵板交換が始まったというので見てきました。水戸市大場町島地区では2014年度から『資源 毎年行なっている排水路の柵板交換が始まったというので見てきました。水戸市大場町島地区では2014年度から『資源向上活動(長寿命化)』ということで、田んぼにある排水路(底面は土で側面にコンクリートの柵板が入っているタイプ)の一番上の磨耗したコンクリート板を交換しています。

  • 1980年認定32台/125台三菱MT2201D「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。今朝は1980年運輸省型式認定125台中32台目の発見である三菱パルシードMT2201Dです。長い間三菱のブランド名となった「パルシード」を最初に冠したモデルで、ユニークな顔とのちの主流となったフラットなフロアを持っていました。

  • 水戸の井坂農機、いつまで、そしてどこにあったか追跡する(その2)

    Sさんに送っていただいた、1963年運輸省型式認定のイサカ式カルチベーターIF型、製造した水戸の井坂農機を追跡 Sさんに送っていただいた、1963年運輸省型式認定のイサカ式カルチベーターIF型、製造した水戸の井坂農機を追跡中です。今朝の「朝1分の農機考古学」は井坂農機、いつまで、そしてどこにあったか追跡する・・・その2です。色々作っているうちに書き始めた段階で時間がなくなってしまった・・・

  • 水戸の井坂農機、いつまで、そしてどこにあったか追跡する(その1)

    Sさんに送っていただいた、1963年運輸省型式認定のイサカ式カルチベーターIF型ですが、水戸の生まれということ Sさんに送っていただいた、1963年運輸省型式認定のイサカ式カルチベーターIF型ですが、水戸の生まれということで、まだこだわっています。現存しない製造者の井坂農機・・・住所はある程度わかったのですが、昔ながらの町名は色々と変更され正確な場所が特定できていません。今朝の「朝1分の農機考古学」はそこに少しだけ近づきます。

  • 水戸の井坂農機、いつまで、そしてどこにあったか追跡する(その1)

    Sさんに送っていただいた、1963年運輸省型式認定のイサカ式カルチベーターIF型ですが、水戸の生まれということ Sさんに送っていただいた、1963年運輸省型式認定のイサカ式カルチベーターIF型ですが、水戸の生まれということで、まだこだわっています。現存しない製造者の井坂農機・・・住所はある程度わかったのですが、昔ながらの町名は色々と変更され正確な場所が特定できていません。今朝の「朝1分の農機考古学」はそこに少しだけ近づきます。

  • 1980年認定31/125クボタ耕うん機TD6「朝1分の農機考古学」

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定組125台中31番目の発見であるクボタ 耕うん機TD6です。本当は井坂農機の続きをやりたかったのですが、調べ物が多くて時間がかかり、急遽こちらに内容変更です。

  • 水戸で作られた井坂式オートカルチ。昔のカタログその他をいただきました

    毎日サクッと写真で見る「朝1分の農機考古学」。昨日の井坂農機のカルチベーター、オートカルチIF型に関連してSh毎日サクッと写真で見る「朝1分の農機考古学」。昨日の井坂農機のカルチベーター、オートカルチIF型に関連してShioikaさんに1959年と1961年の関連資料を送っていただきました。(Shioikaさんいつもありがとうございます!)これら昔の資料とSさんに送ってもらった写真の残りで今日は行ってみます。

  • なにっ?水戸だと?1963年型式認定井坂IF型「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝はSさんに送っていただいた、井坂農機のカルチベーター、オートカルチIF型の写真です。前後の関係から1963年型式認定と考えられる、このイサカオートカルチはなんと水戸市で作られていました。

  • 1980年認定30/125クボタB1400DT「朝1分の農機考古学」

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認 朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年運輸省型式認定組125台中30番目の発見であり、独立系だったブルトラがサンシャインシリーズに組み込まれ、サンシャインJr.になった(多分)モデル、クボタB1400DTです。

  • 1979年認定54/81サトー耕うん機S750「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認毎日サクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は81台の1979年運輸省型式認定組の中で54台目の発見である佐藤造機の耕うん機、S750です。と言っても、大々的に三菱の耕うん機CT700なのでした。

  • 1978年認定32/75ホンダ耕うん機F950「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型

  • 久々のレア物多分’64年サトー耕運機KCM90「朝1分の農機考古学」

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。今朝は久々のレア物400番台!の1964年運輸省型式認定ではないかと思われる佐藤造機の耕うん機、KCM90です。これは三菱機種別生産年度一覧表にも記載がなく、かろうじてLCM90というものが1965(昭和40)年には既に存在したということがわかるのみでした。

  • ’80年認定29/125シバウラSD3943T「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1980年の運輸省型式認定組125台中30番目の発見、過給機付きのシバウラ・スタイガーSD3943Tです。1980年型式認定組は125名の大所帯でした。

  • 1979年認定選べるカラバリ・クボタL2002「朝1分の農機考古学」

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1979年運輸省型式認定組、クボタとしては初の試みである「選べるカラバリ」の、L2002です。(緑とか青とか、ネット上では実機の写真を見たことがありません。)

  • クボタB7000E1976年認定67台中46番目「朝1分の農機考古学

    朝はサクッとオークション画像で見る「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型式認定番号」』シリーズ。今朝は1976年運輸省型式認定組67台中46番目の発見、四輪駆動が売りだったブルトラなのに二駆という、クボタB7000Eです。

  • 1980年認定29/125シバウラSD2003「朝1分の農機考古学」

    毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。『スキマを埋めて日本農機の流れを把握!「運輸省型 毎日サクッとネットオークションの写真で「朝1分の農機考古学」。今朝は1980年の運輸省型式認定組125台中29番目の発見、シバウラ・スタイガーSD2003です。今まで1977年が一番同級生が多いと思っていましたが、改めて計算すると1980年型式認定組は125名の大所帯でした。

  • 青ガエル、米国市場とJDをメチャメチャ意識していたのは間違いなさそう

    今朝は昨日からの続きで、弥太郎(いつもありがとうございます!)さんが送ってくれた、1974年運輸省型式認定と思

ブログリーダー」を活用して、noraさんをフォローしませんか?

ハンドル名
noraさん
ブログタイトル
水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り
フォロー
水戸市大場町・島地区農地・水・環境保全会便り

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー