chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
イトケンブログ https://ito-mind.com/

読んだ本、観た映画の感想など。そのほか興味のあることいろいろ書いてます。読んで癒される文章を目指しています。

イトケンといいます。 普段はブログサークルで活動しています。 https://blogcircle.jp/user/itoken はてブの登録とランキング応援のご協力をお願いします。 ブログサークルにてコメントかメッセージをいただければ、応援お返しいたします。

イトケン
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2009/11/14

1件〜100件

  • 【Deemo2】神曲揃いの音ゲー。課金しようか迷ってる

    音ゲーに初めてハマったのはかなり昔の話ですが、最近になってまた再燃してきました。スマホでワイヤレスイヤホンを使ってると、タイムラグで音ゲーなんてできないだろうと、これまで勝手に敬遠していました。しかしながら詳しいことはわかんないけどBlue

  • ダイソーの「書きやすいノート」は書きやすい? A5方眼タイプの感想

    どんなノートがしっくりくるのかは人それぞれだと思います。僕が普段使うノートはサイズが「A5」で「5mm方眼」そして「リング綴じじゃないもの」と決めています。その条件に見合った理想のノートはないかといろいろ探し回ったところ、意外にもダイソーで

  • 『メモの魔力』の魅力を語る。書籍紹介と感想

    今回は前田裕二さんの書籍『メモの魔力』を紹介していきます。メモをとるという行為は単なるスキルやテクニックを超えた、生き方そのものなんだなと思えてきます。本書自体が何度でも読めてしまうくらい面白いこと自体が、メモには魔力があるという証明にもな

  • ナオキマン氏が好きな理由を列挙していく

    「ナオキマン オンラインサロン」でググってこのブログを見つけてくれる人が多いので、ナオキマン氏へのお礼も兼ねて僕が彼を好きな理由を列挙していこうと思います。好きが高じて、一人で読書してるときは彼の話し方を真似するほどになりました(そのほうが

  • 『ユルいメンタルの育て方』書籍紹介と感想

    『ユルいメンタルの育て方』スピリチュアルカウンセラーの吉濱ツトムさんと精神科医の西脇俊二先生による対談本、面白かったので感想をまとめておきます。吉濱さんがそもそも科学的な分野にも詳しく、西脇先生もスピリチュアルな物事への許容度が高い様子なの

  • 麻雀アプリ『MJ』と『麻雀格闘倶楽部』を適当に比較

    ここ最近はスマホでオンライン麻雀ばっかりやってます。実際に4人で卓を囲んでやってみたいとは思うけど、そんな仲間はいないし1人で雀荘とかに行く勇気もなく…。とはいえゲームの麻雀でも十分面白いし、今の時代は本物の麻雀牌に触ったことないけどプロ並

  • 『キングダム2』映画館で観てきた

    この記事ではなるべくネタバレは避けるものの、コミック版の原作を読んだことのある人向けに書いていきます。キングダムの実写映画、2作目は合戦の舞台がメインとなります。相変わらず主人公、信の無双っぷりがすごくて三國無双やりたくなりました(ちなみに

  • 『はたらく細胞』コミック1巻の紹介と感想

    『はたらく細胞』漫画の1巻がキンドルアンリミテッドで読めるので紹介します(2022年7月現在)面白いし構成もしっかりしていて、読んでいるうちに人体の仕組みを理解できてしまうのが特徴です。赤血球と白血球をはじめとした、擬人化されたキャラ

  • 『書く習慣』書籍紹介と感想

    いしかわゆきさんというライターの本『書く習慣』を紹介していきます。書くという行為のハードルをとことん下げていく、とても読みやすくかつ「じゃあ書いてみようかな」と思わされる内容です。僕も現にこうやってブログを書き始めてしまっています。個人

  • 『運転者』書籍紹介と感想

    小説『運転者』をネタバレしない範囲で紹介していきます。キンドルアンリミテッドで読める(2022年7月現在)のと、高評価数が多いので自分も読んでみることに。冒頭はちょっとしんどいです。仕事も家庭もうまくいってない主人公がこれからどうしよう

  • Kindleペーパーホワイト11世代はやっぱすごい

    2021年10月に登場したキンドル端末を、最近になって購入したので感想を。旧モデル(第10世代)もバリバリ現役なのですが、最近のプライムデーで第11世代が4000円引きのセール、しかもポイントめっちゃ付くということで誘惑に負けました…。

  • 『繊細な人が快適に暮らすための習慣』書籍紹介と感想

    繊細な気質で悩んでいる人にとっての、楽になる考え方や具体的な行動がわかりやすく書かれている本です。キンドルアンリミテッドで読んで(2022年7月現在)けっこー面白かったので紹介も兼ねて感想を残しておきます。著者の西脇俊二先生は、吉濱ツト

  • オーディブルを3ヶ月間休会してみた

    オーディブルが聴き放題プランに戻ってから、いろんなオーディオブックを気軽に聴けて嬉しい限りです。自分の場合、毎月最低5冊、多いときは月10冊以上のオーディオブックを聴いてきました。月額1500円なので1冊300円以下で読めている計算になりま

  • 『こころを洗う技術』要約#13 親の業を克服する

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。引き続き業(ごう)がテーマとなります。なかなか向き合う気になれないのもまた自然な反応ですが、業を抜ければきっと人生変わります。今回はまず「親の業」から自由になることについて。親な

  • 『こころを洗う技術』要約#12 業から自由になる

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。なぜだかわからないけど苦しい…といった正体不明の苦悩の原因は、業(ごう)かもしれません。業とは、心の奥底から働きかけてくる、同じ反応を繰り返させようとする力のこと。何十年も続く業

  • 『こころを洗う技術』要約#11

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。家族や仕事仲間との人間関係について、相手とどう向き合っていくかを引き続き仏教にならって考えていきます。今回の記事の後半では『反応しない練習』にも登場したヤクザの男と、著者草薙氏と

  • 『2040年の世界とアセンション』書籍紹介と感想

    『2040年の世界とアセンション』吉濱ツトム氏の書籍を紹介していきます。自分としては正直なところ、未来のことなんて知りたくもないという気持ちだったものの、いざ読んでみると面白かったです。悲観的なところがほとんどなく、SFのような世界観で

  • ゴールデンカムイ3巻まで無料だったので読んでみた

    面白いという噂は耳にしていた『ゴールデンカムイ』。キンドル版の漫画が3巻まで無料だったので読んでみました。(2022年6月いっぱいまでの期間限定らしい)感想を書いていくので、これから読んでみようと思っている方の参考になればと思います。明治時

  • テクノ聴きながら言霊を唱える

    よい言霊を唱え続けると運命が好転する…。「ありがとう」でも「なんとかなる」でもいいので、自分にとってしっくりくる言霊を、とにかくたくさん唱える習慣をつけること。その大切さをシンプルかつわかりやすく伝えている人のひとりがmasa氏で、彼の著書

  • 『ナオキマンのヤバい世界の秘密』書籍紹介と感想

    書籍版『ナオキマンのヤバい世界の秘密』を紹介していきます。著者のNaokimanShowことナオキマン氏は、都市伝説やオカルト、未解決事件などを発信しているユーチューバー。そんな彼の動画の中でも世界の不思議系のものをピックアップしてまとめた

  • 『アセンション・パラレル』書籍紹介と感想

    吉濱ツトムさんの書籍『アセンション・パラレル』を紹介していきます。あくまで僕個人の感想であり、主観をもとに書いているので参考程度に読み進めてもらえればと思います。また、世界はひとつではなく、無数のパラレルワールドが存在するという前提の内

  • 『UFOを呼ぶ本』書籍紹介と感想

    吉濱ツトムさんの最新刊(2022年6月現在)である『UFOを呼ぶ本』を紹介します。あくまで僕が記憶に残っている部分を書き出したものであり、この本から得られる感想はその人によってかなり変わってくるものだ、ということをご了承ください。(これ

  • 『ブレイン・マネジメント』書籍紹介と感想

    書籍『ブレイン・マネジメント』を紹介していきます。この本の著者、吉濱ツトムさんは動画配信もしていて、科学的な面とスピリチュアルな面の両方ともめっちゃ詳しい、すごい人です。とはいえこの本ではスピリチュアルな要素がないので、現実的な人々にも堂

  • 『ジェイソン流お金の増やし方』書籍紹介と感想

    『ジェイソン流お金の増やし方』厚切りジェイソンさんのこの本、オーディブルで聴いてみたところ非常にシンプルで納得できる内容だったのでご紹介します。あくまで僕個人の感想なので、適当に流し読みしていただく感じで大丈夫です。堅実だけど合理的なジ

  • 『こころを洗う技術』要約#10 人は判断されたくない

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。失敗したときに落ち込むのは自然な感情ですが、そのままではつらいだけです。今回は「正しい思考」を使って立て直す方法を学んでいきます。自尊心があるから失敗したとき落ち込むまず自尊心や

  • 『こころを洗う技術』要約#09 後悔および未練の消し方

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。生きている以上はどうしても心が動揺してしまうもの。不本意な出来事が起きてしまった場合などにおいて、そこから心を立て直す方法を仏教から学んでいきます。後悔=怒り+妄想まず「後悔」に

  • 【ディアブロ イモータル】プレイ記録#02 地味だけど普通に面白い

    スマホ版『Diablo Immortal 』について前回の記事から引き続き記録していきます。まず必要なストレージ容量、最低3GBと前回書きましたが、今後もプレイしていくなら最終的に12GB近く必要となってきます。ただデータは項目ごとに分

  • 【ディアブロ イモータル】プレイ記録#01 ハクスラの王道みたいな雰囲気

    以前から面白いゲームという噂は耳にしていた『ディアブロ』。それがついにスマホ版で登場したわけで、さっそくダウンロードしてプレイしてみました。イモータルは和訳すると「死なない」とか「不死身の」という意味。今回は序盤を遊んでみた感想を淡々と

  • 『こころを洗う技術』要約#08 関わり方の基準を設定する

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。外の世界とどう関わるか、自分なりの「関わり方の基準」を確立させましょう。そうすることで心の無駄遣いがなくなり、周囲に振り回されなくなります。自分の輪郭を超えて関わるから悩む著者の

  • 『こころを洗う技術』要約#07

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。何かに振り回されているような感じがするとしたら、その理由は「心の漏れ」にあります。心の漏れとは、自分にとって必要のない物事に反応してしまうことです。人の心は、日々いろんなことに反

  • 『こころを洗う技術』要約#06 正しい方法を何度でも思い出す

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。サティ(気づき・マインドフルネス)を実践していると、自分の人生の課題が見えてくることがあります。サティを難しいと感じるなら、それだけ執着やわだかまりが残っているということ。それら

  • 『こころを洗う技術』要約#05 反応モードから理解モードへ

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。ここからは、瞑想やマインドフルネスと呼ばれる「心を浄化する方法」の本質を解き明かしていきます。日々の暮らしで生じる心の汚れは、その都度すっきりと洗い流していきましょう。意識すると

  • 『こころを洗う技術』要約#04 反応せず理解する

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。妄想、貪欲に続き、次は怒りについて、およびその扱い方を学んでいきます。仏教でいう「怒り」は、不快な感情全般を意味すると考えてください。怒りは役に立たないそもそも怒りは思考ではなく

  • iPhone11のバッテリーを交換してもらった話

    かれこれ3年近く使用しているiPhone11。以前から電池の減りの早さが気になってきていて、バッテリー容量を確認してみたら72%でした。これは満タンの状態でも新品のバッテリーに比べたら72%だという意味で、80%を下回ったら交換するのが目安

  • ナオキマン氏のオンラインサロンに入会してみた

    オンラインサロン「秘密結社NaokinanShow」に入会しました。秘密結社なので詳しいことは書きませんが、入会してみようか検討している方にとってこの記事が役に立てばと思います。ナオキマン氏は個人的に大好きなユーチューバー。そんな

  • 『こころを洗う技術』要約#03 妄想に気づけば抜け出せる

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。今の状況を言葉にする「ラベリング」というテクニックについて説明してきました。外側の事実確認だけでなく、次は内側すなわち自分の心に対してラベリングしていきましょう。今の心の状態を「

  • 『こころを洗う技術』要約#02

    『CLEAN こころを洗う技術』前回の記事からの続きです。全ページでけっこう大事なことを言っているので要約が大変ですが、なんとか原文の2割くらいの言葉にまとめていけたらと思います。苦しみが生まれるプロセス苦しみというのは、どのようなプロ

  • 『こころを洗う技術』要約#01 心のフルモデルチェンジを目指す

    『CLEAN こころを洗う技術』『反応しない練習』を書いた草薙龍瞬さんによる本書を、これから数記事に渡って要約していきます。相変わらず、生きづらさを抱えている人に寄り添う内容になっています。本書の特に重要だと感じた部分を自分なりにまとめ

  • 『これも修行のうち。』要約記事まとめ

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』計14記事にわたり本書を要約していきました。各記事の概要とリンクをまとめておきますので、ピンとくるものがあればチェックしてみてください。ちなみにアマゾンからキンドル版のサンプルを見てみれば、計

  • 『これも修行のうち。』要約#14 苦しみから抜ける方法いろいろ

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回で本書の最後まで要約します。正しい方法に集中することにより「緻密マインド」が作られ、人生の総合力が上がります。その方法としてベストなのが、結局「緻密に歩くこと」に

  • 『これも修行のうち。』要約#13 体験することは、今を生きること

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。新しい生活や仕事が始まってから約1ヶ月後に、急に疲れがどっと出るのがいわゆる五月病。そんなときにどう心を使っていけばいいかを仏教に学んでいきます。五月病になる理由新し

  • 『これも修行のうち。』要約#12 やる気の維持には切り替えが大切

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。心というのは、おおもとの意識エネルギーと呼べるものが「感覚・感情・思考・意欲」に分かれる仕組みになっています。これを理解していれば、これまでに紹介してきたプチ修行の数

  • 『これも修行のうち。』要約#11 やる気にもいろいろある

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。これまで感覚、感情、思考をテーマにしてきましたが、今回からは「意欲」についてです。意欲・やる気というのは「がんばらなきゃ」と思って出るようなものではありません。そこで

  • 『これも修行のうち。』要約#10 言葉を自分のものにする

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。仏教に限らずとも、新しいことを身につけるには、繰り返しと継続が欠かせません。考え方を変えようと思うなら、まず使う言葉を変えるという発想をしましょう。たとえば前の記事で

  • 『これも修行のうち。』要約#09 正しい理解で人生を快適に

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回はまず、間違った考え方を正しい考え方に入れ替えていく方法を紹介していきます。本書およびこの要約記事では、幸せや安心感、深い納得につながらないような思考を「間違った

  • 『これも修行のうち。』要約#08 この情報、役に立つのか?

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回からは「思考」に関連するプチ修行を紹介していきます。いろんな思考、考え方がごっちゃになって混乱している状態を仏教では「無明の闇路」と表現します。仏教には混乱から抜

  • 『これも修行のうち。』要約#07 あなたの喜びは僕の喜び

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回はまず「快」の感情を増やすためのプチ修行集をまとめます。そして喜の心、すなわち他人の喜びを自分の喜びとしてしまう練習を紹介していきます。快を増やす練習お酒でもジュ

  • 『これも修行のうち。』要約#06 意識の割り振りが大切

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回も引き続き、感情のプチ修行を紹介していきます。相手のことでも自分自身についても、理解することがとても大切です。沈黙が最高の言葉になることもグチや悪口や批判は良くな

  • 『これも修行のうち。』要約#05 自分の中の怒りを数値化する

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回はまず、今ある怒りを少しずつフェードアウトしておく方法を学んでいきます。カギは「それ以上に反応しないこと」です。自分の中の怒りを数値化する心の中に怒りがあると気づ

  • 『これも修行のうち。』要約#04 感情を客観的に眺める

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回はまず、さまざまな「感覚のプチ修行」をまとめておきます。感覚のプチ修行集通勤途中などの、ちょっとしたスキマ時間がプチ修行の場となりえます。電車の中ではスマホを触る

  • 『これも修行のうち。』要約#03 感覚に意識を向ける

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。今回から「感覚のプチ修行」について紹介していきます。外からの刺激に反応することを繰り返すうちに、心は汚れていきます。大切なのは、その汚れをどうやって洗い流すか。イライ

  • 『これも修行のうち。』要約#02 間違いないと思える目的

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』前回の記事からの続きです。2500年間伝わってきたブッダの修行法を、現代風にアレンジしたのがプチ修行。今回はまず「シャワー禅」について説明します。【プチ修行1】シャワー禅まず「シャワーを浴びる

  • 『これも修行のうち。』要約#01 「方法はある」ということだけでも知っておく

    反応しない練習の実践編『これも修行のうち。』著者である草薙龍瞬氏が「プチ修行」と呼ぶ方法がたくさん紹介されています。どのプチ修行も仏教(ブディズム)を土台にした根拠のある方法であり、深く納得できる内容でした。読み込むたびに「これも練習し

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約記事まとめ

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』これまで15記事に渡って要約していきました。各記事のざっくりとした概要とリンクを貼っておきますので、気になる箇所があったらチェックしてみてください。記事01〜05【記事01】数

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#15 瞑想にまつわるキーワード

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。本書の要約もこの記事で最後となります。今回はマインドフルネスにまつわるキーワードを、それぞれざっくりまとめていきます。視点自分のものの見方というのは、

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#14 眠りながら「今ここ」

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。これまで食べる瞑想、歩く瞑想などを紹介してきました。この流れで、まず走る瞑想についてまとめておきます。あとは夜眠るときの心身をを整える方法について。走

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#13 集中とリラックスのバランス

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。今回は歩行瞑想のやり方などについて。これまでの座ってやる瞑想よりも、歩行瞑想のほうがやりやすいという人は多く、実際に心の落ち着きや解放感を得られます。

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#12 食事にマインドフルネスを取り入れる

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。何かをしながら食事をとる人がほとんどだと思います。でも「食べる」という単純な行為にマインドフルネスを取り入れることで、すばらしいメリットを得られます。

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#11 今までいったいどこにいたんだ

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。マインドフルネスというのは、今やっていることに意識を集中することです。なので、そのために時間を割く必要はなく、いつでもどこでも心のトレーニングはできる

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#10 瞑想は朝一番にやってしまおう

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。今回ははまず、瞑想は朝一番にやるのが断然おすすめだという話から。とりあえず、昼食や夕食の直後など、お腹いっぱいのときは眠くなるので瞑想には向いてないそ

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#09 呼吸を10まで数える

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。10分間瞑想を始める前の導入部分もかなり大切だよという話をしてきました。今回はまず瞑想中に呼吸を数える際のコツや、終了時に気をつけることなどをまとめて

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#08 「10分間瞑想」のポイント

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。自分はこの本にならい朝10分の瞑想を続けていて、最近なんとなく調子いいかもと思える日が増えてきました。ところで瞑想には「いい瞑想」とか「悪い瞑想」とい

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#07

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。しばらく休んでいたけれど要約作業、再開します。今回からは本書の第3章にあたる部分で、瞑想の実践編といった内容になります。集中する対象いろんな種類の瞑想

  • ネガティブな感情を手放す「統合ワーク」

    並木良和さんが「統合」と呼ぶ、ネガティブな感情を手放す方法を紹介します。この記事は以下の動画を参考にしています。自分にとってしっくりくる方法だったので 、ポイントをまとめておこうと思います。手放すのに「統合」と呼ぶのはなぜか素朴な疑問かもし

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録 まとめ

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』1章から6章クリアまでを淡々と記録していきました。一覧にまとめておきますので、攻略の際の参考にしたり、暇つぶしの読み物としたり自由にご活用ください。記事まとめ【記事01】思えばふと戦闘音楽が懐かしくなり

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#18 エビルプリースト(裏ボス)を倒した

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回は、リメイク版(PS・DS・このスマホ版)で追加された、第6章について。5章クリア後のセーブデータが、さりげなく6章となっています。時系列としてはデスピサロとの決戦前で、パ

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#17 デスピサロ倒した

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回は闇の洞窟、四天王討伐、デスキャッスル、デスピサロとの決戦までを書いていきます。デスピサロ戦はファミコン時代、友達がやっているのを一生懸命ながめていたのをよく記憶しています

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#16 天空城にたどり着く

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。気球も手に入ったので、これで世界中のどこへでも行けます。行けるようになった場所は、世界地図でいう宝のバツ印にあたる世界樹、および世界地図の中央に位置するゴットサイド地方。まずは

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#15 エスタークを倒す

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回は、地獄の帝王エスタークを寝起きざまに討ち取り、気球を入手したあたりまで。気球についてのヒントはけっこー乏しくて、僕もしばらく探したあげくに結局攻略サイトに頼ったので、自力

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#14 はぐれメタルの剣ゲット

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。引き続き、攻略した順に淡々と記録していきます。ところで各地の本棚を丁寧に調べているのあれば「魔法の杖を求めて」シリーズを5巻まで読んだはず。各巻の内容をまとめると、その杖のあり

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#13 最後の鍵ゲット

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。物語もたぶん後半に入り、かなり自由に行動できます。とりあえず自分が攻略していった順に書いていこうと思います。あやかしの笛でロザリーの元へサントハイムの宝物庫から「あやかしの笛」

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#12 サントハイムでのバルザック戦

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回はサントハイム城に居座るバルザックを倒したあたりまで。仲間が全員集まったので、これからは思う存分に寄り道ができます。まずはアリーナにキラーピアスを装備させなきゃと思い、それ

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#11 レベル15でキングレオ討伐

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回は魔法の鍵を入手し、キングレオを倒し、ライアンと合流したところまで。ライアンが加わった時点でフィールドに出ると、BGMがこれまでのものと変わり「ようやく全員そろったぞー」と

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#10 クリフトの病気を治す

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。トルネコが加わり、船も手に入った勇者たち。話の流れによれば次の目的地はミントスの町です。せっかくなのでひとまずは船での航海を楽しむこととします。ミントスにてホフマン脱退船に乗っ

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#09 灯台タイガー

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。言いそびれてましたが勇者の名前は「カステラ」にしました…。馬車を手に入れた勇者たちは砂漠を渡り、温泉町アネイルにたどり着きます。この町には宿屋が2つあり、町を案内してくれる人が

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#08 勇者編スタート。馬車入手まで

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回からようやく5章の勇者編。このブログで紹介しているスマホ版ドラクエ4は、ニンテンドーDS版とだいたい同じです。序章でほんの少し触れた、山奥の村から物語が始まります。(実はこ

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#07 マーニャとミネア編

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回からは4章、マーニャとミネアのストーリーを進めていきます。踊り子のマーニャと占い師の妹ミネアという魅力的な2人が、親の仇を探して旅をする話。戦闘音楽も専用バージョンなのが印

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#06 武器屋トルネコ後編

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。地味な印象だった武器商人トルネコ編ですが、いざやってみると「こんなに面白かったのか」といろいろ感動させられます。戦うことよりもお金を稼ぐのがメインとなっているのが3章で、まるで

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#05 武器屋トルネコ前編

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回から3章、トルネコ編。3人でがやがやと旅していたアリーナ編からまたピン行動に戻ります。ネネというよくできた奥さん持ちの武器商人トルネコ。戦士ライアンと違い、最初は武器も何も

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#04 おてんば姫の冒険 後編

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。2章アリーナ編の続きです。みんなの台詞を聞き逃すまいと、割とマイペースに進めています。村や町の住人と会話したら、仲間内でも会話する習慣をつけておくと楽しいです。特にブライ爺さん

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#03 おてんば姫の冒険 前編

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。今回からは2章のアリーナ編を進めていきます。章立ての構成になっていて、そのたびに主人公が変わるのもドラクエ4の大きな特徴です。フィールド上の音楽も変わり、まさにおてんば姫が冒険

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#02 やっぱりホイミンかわいい

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』前回の記事からの続きです。引き続き、ライアン編を進めていきます。今回はまず、子どもたちの秘密の遊び場である南東の森へ行ってみました。ホイミンが仲間に「こっちへおいでよ」といった不思議な声に導かれ、井戸の

  • 【ドラクエ4】スマホ版プレイ記録#01 ぱふぱふで正気に戻るアレクス

    『ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち』ふと懐かしくなったので、iPhone版をダウンロードして始めてみました。せっかくなので、あらすじや感想などを記録していこうと思います。やっぱり音楽が最高まずとにかく音楽が素敵で、今さらながらすぎやまこう

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#06 感情に意識を向けることで弱まる

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。導師からのアドバイスにより、自分の中にある悲しみの場所を突き止めようとした著者プディコム氏。悲しみを観察しているうちに、その悲しみが弱まっていることに

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#05 馬を少しずつ飼い慣らすように

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。導師から重要なことを教わった著者プディコム氏は、別の僧院に拠点を移して修行を続けます。そこは、これまでよりも座って瞑想する時間が少ない分、日々の生活で

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#04 いつでも帰れる場所が心の中にある

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。瞑想とは、思考を止めることではありません。著者のプディコム氏は修行したての頃、このような誤解を強めてしまったといいます。導師に「力を抜きなさい」と

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#03 「何もしない」をやってみる

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。今回は1〜2分ほどの簡単なエクササイズを紹介していきます。その前に著者のプディコム氏がインドで出会った、ジョシという男性とのエピソードに触れておきます

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#02 瞑想の価値を知るには、やってみるしかない

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』前回の記事からの続きです。瞑想は、人生を一変させる可能性を秘めたすばらしいスキル。ただしどのように使うかはその人しだいです。多くの人にとって、瞑想は万能のストレス対処法とな

  • 『頭をからっぽにするレッスン』要約#01 数千年の歴史に裏打ちされたテクニック

    10分間瞑想とマインドフルネスの本『頭をからっぽにするレッスン』ビルゲイツさんやユーチューバーのサラタメさんも絶賛した、瞑想の入門書です。なんのために瞑想するのか、どうやってやるのか、などがしっかりと納得できる内容になっています。今回か

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約記事一覧

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。27記事に渡って本書を要約してきました。なかなかの文量になりましたが、小一時間あれば読み通せると思います。今回は目次も兼ねて、各記事へのリンクを貼っておきます。

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#27 エピローグおよび推薦図書

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きで、今回で最後となります。今回は本書のエピローグ、謝辞、監訳者あとがきの部分から心に残った部分をまとめていきます。著者のメン氏による推薦図書

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#26 オープンソース化に向けて

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事では、メールの作成や送信をマインドフルネスとつなげたりといった、ある意味グーグルらしいともいえる内容でした。本書もやっと終盤にさしかかり、SIYが誕生

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#25 彼らを愛せ、彼らを理解せよ

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。今回はまず、ポール・エクマン博士という心理学者の、善良さによって人生が変わった体験談を紹介します。また、マインドフルネスを会話やメール

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#24

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。今回はまず「トングレンの瞑想」を紹介します。チベット仏教で伝わってきたもので、自分および他人の苦しみを吸い込み、自分の中で愛に変換する

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#23 最も幸せな心の状態

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。思いやりは、これまで測定されたなかでも最高水準の幸せの状態です。さらに、リーダーシップを効果的に発揮するためには、思いやりが必要不可欠

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#22 異なる視点を客観的に理解する

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。相手から最善のものを引き出すためには、共感するほかに「ほめる」という手もあります。その場合、まず本心からほめるのが大切で、さらに上手な

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#21 信頼がさらなる信頼を生む

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。前回で触れた「私とまったく同じ/愛情に満ちた優しさの瞑想」、いわゆる慈悲の瞑想は、人間関係を修復したい状況でも使えます。仕事仲間や奥さ

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#20 自己認識能力と共感能力

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。これまで瞑想の内省的な面を学んできましたが、これから学ぶのは対人的な面です。人々との関わりにおいて、瞑想で鍛えたEQ(情動的知能)の真

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#19 客観性を身につければ楽観的になれる

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。回復力(レジリエンス)とは、自分の行く手に待ちうける障害を克服する能力のこと。今回は回復力を「内面の穏やかさ」「情動的な回復力」「認知

  • 『サーチ・インサイド・ユアセルフ』要約#18

    グーグルのマインドフルネス本『サーチ・インサイド・ユアセルフ』以下、SIY。前回の記事からの続きです。「内発的モチベーション」は自分の中に見つかる真の動機です。それには「自律・熟達・目標」という3つの要素があります。「自律」は、自分の人

ブログリーダー」を活用して、イトケンさんをフォローしませんか?

ハンドル名
イトケンさん
ブログタイトル
イトケンブログ
フォロー
イトケンブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

イトケンブログ

読んだ本、観た映画の感想など。そのほか興味のあることいろいろ書いてます。読んで癒される文章を目指しています。

フォロー