chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
あーとランダム http://bummei-harada.jugem.jp/

現代アートを中心に活動している原田文明のウェブサイト。

現代アートを中心に活動している原田文明の公式ウェブサイト。 これまで制作してきた作品のほか、エッセイやブログでの発言、アートスクールでの活動などを紹介。 アートプロジェクトのディレクターとして地域ぐるみの運動としてのアートの可能性を求めてうろついている。

B&H
フォロー
住所
岩国市
出身
岩国市
ブログ村参加

2009/08/29

1件〜100件

  • 庵野秀明展

     話題のビッグ企画、類まれなる庵野秀明の映像の世界。まもなく山口県立美術館にて開催されますよ。要注目⁉️7月8日(金)〜9月4日(日)   

  • ボクシング絵画

    90歳ギュウちゃんの「語り」(朝日新聞)がはじまりましたよ。60年代のスーパースター篠原有司男さんのインタビュー記事だ。お楽しみに・・・・

  • ハンナ・アーレント

     前々から気になっている思想家。マジで読んでみようかなぁ・・・。 

  • 痕跡

       痕跡・・・  

  • きつねみちは、天のみち

    えまりん きつねみちは、天のみち(あまんきみこ作 松成真理子絵 童心社) ゆいポン はるるん みこたん さくらー子どもクラスでは作家あまんきみこさんの童話『きつねみちは、天のみち』(童心社)

  • 愛宕グループ

     スミさんの花 �  スミさんの花 �  中澤さんの挑戦風景 �  中澤さんの挑戦風景 �  山本さんのイメージ画 まだまだ先は見

  • 田中米吉という宇宙

      2022 8.18〜28 山口クリエイティブスペース赤れんが(083-928-6666) 昨年一月に亡くなられた彫刻家田中米吉さんの展覧会です。コロナ禍でのお別れとなり愕きましたが最晩年の新作

  • Tさんの挑戦

    Tさんの挑戦。これ、もしかしてピカソかな・・・・⁉️???¿ 

  • ふしぎな道

    きつねみちは、天のみち(あまんきみこ作 松成真理子絵 童心社) なんともふしぎなお話しです。一緒にあそぼうとして、ともこがしんくんの家にいくとそこにはだれもいませんでした。ひき返しているとにわか雨がふりだしてきますが、雨のかからな

  • 児童コース

    原田美術教室 児童コース 今の子どもたちは考えることや感じとることよりも先に知識や情報を得ることに関心があり、効率的な結果を求めすぎているように感じられます。また、ゲームやテレビに夢中で一方的に与えられることを楽しんでいるようにも

  • 丹田さんの遺作展?

     謎めいたデューラーの名作「メランコリア」の多面体。  知の翼か、丹田さんの作品に登場するおなじみのモチーフ。確かに、広島市現代美術館で開催されたアンゼルム・キーファー展<メランコリア−知の翼−>との関係は定か

  • 丹田さんの遺作展

         廿日市のアートギャラリーミヤウチで開催中の丹田さんの遺作展はとても良かった。丹田さんは岩国の画像aでも何回か展覧会をしているので私たちともお馴染みの作家だ。3年前だったか急逝された

  • もやがかかっている

       もやがかかっている。雨があがる兆候かな? 

  • 新作が次々と、、、

     石川さんの新作。構想している絵画の半分が一応仕上がりましたな。もう片方に取りかかったばかりだがやることは決まっている。そう、根気よく頑張るだけ。こうして見ると悪くないぞ!   平田さんの第2作目。書

  • ショウブ

       今年もショウブがこんなになっています。あの犬も来たのかなぁ。  

  • マンダラ模様

        暇つぶしマンダラ模様のあとは、、、    仕掛けアートのパフォーマンス。他愛のないあそびが心地いい。 

  • 読了

     宮川淳著作集II巻(美術出版社)をやっと読了しました。アンフォルメルから反芸術、日本の具体から読売アンデパンダン等々ひと昔まえの美術から文学、社会時評までの幅広い評論活動をまとめた著作ながら鋭い洞察力と独自の批評スタイルはきわめ

  • 愛宕NOW

    中澤さんの新作。タッチが消えてしまうと台無しだ、描きすぎないように慎重に。 スミさんが描いたネコのモネの絵のモネ。びっくりしているぞ!   

  • ネムノキ

      ネムノキの新芽がこんなになっています。もうすぐピンクの花をつけるでしょう🌸🌸!  ネムノキをきらないで(岩瀬成子著 文研出版) ネムノキのお話です。 

  • 田んぼ

       準備万端、もう水を入れるばかりなんだろうなぁ、、、今年は水不足なのかな?¿?❓!  

  • 教室案内

    原田美術教室/案内受験コース   クリックしてね                      受験生の

  • ツツジ

     玄関先のツツジが今年もけっこう咲きました。まだ、ツボミもあるけれど一度には咲かないみたいだなぁ。  今年はいまひとつといった感じだがカエデの新緑もなかなか綺麗です。あっ、カエデじゃなくてヤツデかぁ、、、 

  • スケッチ最終日

       皆さんなんとか仕上がりましたな、よかった良かった。来週は部屋でいくぞ! 

  • 児童福祉文化賞

          この度、カミさんが令和4年度 児童福祉文化賞を受賞しました。先にPHPから出版された「わたしのあのこあのこのわたし」という本が対象です。

  • はじめての油絵

     平田さんが描いたはじめての油絵。大きな構図、ダイナミックで瑞々しい感じがいいですね。頑張ってくださいよ。 こちらは古キャン こちらは鏡 こちらはパレット 小方さんの挑戦が続いています。調子

  • 軍国化への流れ

    昭和史1926-1945(半藤一利著 平凡社) 若いころ「逆美術史のすすめ」(中原佑介著)という美術時評のようなものを読んだことがあった。現代アートから逆に美術史を遡るように過去へとその変遷を辿っていくユニークなものだった。学校教

  • スケッチ2

       今日も気持ちのいいスケッチです。コロナ感染の心配もないし先週にひきつづき今日も此処へ。いまはスケッチが一番ですな。何を探しているのかな?「もう帰るぞ片付けたのかぁ」・・・・ 

  • 愛宕の新作

    スミさんのモニュメント  中澤さんの連作 もっと冒険をするといいな。絵を描いていて怪我をしたということを聞いたことはないし、思い切って大胆にやるといいのだが、、、、な。 

  • 錦帯橋のスケッチ

    今日は絶好のスケッチ日和。気持ちのいいひとときだったなぁ。遊覧舟も気持ち良さそうだ。気持ちのいい風もあったし暑いのでマスクとっていいと言っても子どもたちはとらないなぁ。どんな決まり⁉️????¿?・・・

  • 死生観と無常観

     読み解き「般若心経」(伊藤比呂美著 朝日文庫) 本書は詩人による仏説(お経)の解釈とそのプロセスを描いたエッセイのようでもあり、解説本ともお経の現代語訳ともいえるスタイルで書かれた現代小説ともいえる。換言すれば、この作

  • ウォーキング

       さっき歩いたところ。3〜4キロくらいかな?腹筋も60回。  

  • 修復

        旧作の修復作業。むかし、川越街道を通って上野の都立美術館までトラックで平積みして美術文化展に搬入した作品だが途中から雨になった。美術館に着いてシートを外したらキャンバスの枠が折れていた。どうや

  • 城山散策

     ムカデ 土砂崩れ 懐かしの地層 ヒノキ 大釣井 米軍基地気分転換に城山に登ってみると思いがけないことばかりだった。登山口に入るといきなりムカちゃんに遭遇。ところ所崩れた箇所があり

  • 段落ちの人形工作

    今日の工作、みんな出来たのかな?どうしてか分からないけどこの音がいいよね。

  • もこもこ

      城山がかなりモコモコしてきましたな。あざやかな新緑です。  

  • 教室の新メンバー

     教室の新メンバーHさんのはじめての油彩画。これからどんな展開をみせていくか楽しみです。同時に表現の多様なあり方についつ考え鑑賞する楽しみも身につけていただきたいものであ〜る。 ということで、5月1日からはじまる丹田さん

  • Oの挑戦

       小方さんの新たな挑戦がはじまった。これからどんな事をしでかすか楽しみである。こうなるともう絵画などはどうでもいい境地にたどり着けるかどうかが問題だ。    &nbs

  • スクラッチ

           今日はクレヨンのスクラッチ画をやってみた。下ごしらえが大変だが、あとは各自が自由に絵を描くことにした。色が変化する自在な空間が楽しめる不思議な絵ができるのは

  • 茶花

     タツナミソウというらしい。どんどんどんどん増えてきたみたい。 

  • ツツジ

     うちのツツジもいい感じ、見事な花をつけています。  

  • モニュメント

        澄川喜一さんのモニュメント「to the sky」(シンフォニア岩国)新緑と青空を背景にして見事です。   

  • ドウダンツツジ

    原田美術教室の第15回絵画のいろは展は多くの観客を集め終了しましたが、会場となったシンフォニア岩国のドウダンツツジが見ごろを迎えていてきれいでした。帰りがけには見事な月が出ていました。 

  • グループ展最終日

    小方(一般)浜桐(一般)ワークショップ(柿の木村の子どもたち)合作「さかなモビール」合作(グリーン モビール)合作(サモトラケのニケ大変身)合作(とげぬき大変身)原田「流転長巻図春」(賛助出品)展覧会最終日の天気は最高。今日は多くの人が来て

  • グループ展4日目

    サモトラケのニケ大変身(合作)濱川(小3)岩田(小3)北園(小4)細川(小3)品川(小3) 今日はいい天気だ。午後の教室はお休みにして作品鑑賞のほか親子といろいろな会話をしてみたいと思っている。とにかく子どもたちの作品が大人気。毎

  • グループ展3日目

    藤本(一般)岩本(一般)徳川(一般)村上(中3)玉井(一般)飛田(一般)  今日は展覧会の中日、やや肌寒い感じですが雨の心配もなく昼前からいろいろな人が来てくれています。「それぞれ個性的で変化に富んでいておもしろい」と好

  • グループ展2日目

    石川(一般)中澤(一般)山本(一般)松島(一般)村田(中1) 展覧会2日目の今日はあいにくの雨ですが、いろいろな人がきてくれています。これから個々の作品を少しずつ紹介することにしましょう。   

  • 展覧会の初日

           絵画のいろは展がはじまりました。活気のある楽しみ会場となっています。メンバーは少し減っていますが内容的にはこれまで以上に力強い作品で溢れています。とりわけ子

  • 第15回絵画のいろは展

      すでに錦帯橋の桜は散ってしまいました。あたたかい春の到来です。今日は小学生の入学式のようでピカピカの一年生の盛装した家族を多くみかけました。mままnまんまんえまんえnまんえんまんえんsまんえんそまんえんそtまんえんそ

  • ハナニラ

     ハナニラというらしい。 

  • 子どもクラス

      今日は展覧会の合作「さかなモビール」とこのレリーフ作品を作ったので忙しかった。モビールがけっこう時間がかかったけど子どもたちもよく頑張りました。  

  • それぞれの新作

     Nさんの「城山」第一作目と二作目。新緑の山と向き合って絵画を考えていくのだろう。絵画を実践する挑戦的できわめて真っ当な試みといえるし楽しみです。  Yさんの西日本信用金庫。さてさてどんな作品になるのか楽しみで

  • 第二作目

     Oさんの第二作目。途中から本当にペタペタ絵画になっちゃったーっ!これはこれで「まっ、いっかいっかいっかぁ〜」  

  • 錦帯橋の桜

     錦帯橋の桜は満開でポカポカ陽気のいいお花見でした。あまり渋滞もなく最高でしたな。   紅葉谷の永興寺(ようこうじ)の枝垂れ桜。こちらも見事でした。  

  • 作家と戦争

    4/1朝日新聞ウクライナに侵攻したプーチンの戦争が泥沼化している。プーチンの戦争とはいえ侵略側のロシアの人々は何を思うか。きびしい言論統制と弾圧の状況下においてロシアの作家トミートリー・ブイコフ氏は2時間のラジオ番組で加害者の心情を語ったと

  • オブジェ完成

    「サモトラケのニケ」完成‼️こちらは「トゲ抜き」完成‼️

  • ワークショップ

       およそ10年くらい前になるけれど柿の木村の子どもたちと一緒にやったワークショップの大作2点。来月、四月十三日からの「第15回絵画のいろは展」の会場(シンフォニア岩国)に展示する予定です。お楽しみに、、、&

  • 通津クラスの新作

     「冬の木立」Tさんの油彩10号。出来たてホヤホヤの作品です。  「もよう」Oさんの新作50号。いま、仕上がったばかりの作品。なかなか迫力があります。   

  • モクレン

      やはり桜より早かったなぁ、家のモクレンがいい感じになっています。 

  • 大変身

          今日の子どもクラスは「サモトラケのニケ」と「トゲ抜き」のミニ石膏像が大変身だ。さてさて、これからどうなっていくのでしょうか、それは次週のお楽しみ。   &nb

  • 桜より菜の花

      川西の桜はまだつほみ、菜の花は満開。  

  • ミロ展

        渋谷の文化村で開催されているジョアン・ミロ展。息子がLINEで送ってくれたのだがミロの世界は謂わゆるマグリットやエルンストにみられるトロンプルイユやオートマティズムの手法とは違い、むしろダリ的

  • 反戦パッジ

     ウクライナに平和を‼️ ベ平連のバッジがウクライナへ侵攻したロシアの戦争に抗議。  ロシアのウクライナ侵攻の衝撃的な映像が毎日報じられ、戦況は泥沼化の様相を示し多くのウクライナの人び

  • 気づかせ屋

     可能性に目を開かせてやることが監督の仕事、と野村克也氏はいう。なるほど、だから気づかせ屋ということなのか。来月4月13日からシンフォニア岩国で原田美術教室の第15回絵画のいろは展が開催されるけれど絵画指導と似たようなところがある

  • Oさんの新境地

       oさん、85歳になって新境地か。完全抽象の均質空間はダイナミックな展開をみせはじめています。来月シンフォニア岩国の原田美術教室第15回「絵画のいろは展」が楽しみです。   

  • 銀河鉄道の夜

     三月二十日14時から“劇団のんた”公演「銀河鉄道の夜」が中央公民館で上演されます。老朽化により中央公民館が建て替えられることになり、感謝の意を込めて解体される前に上演するもので宮沢賢治の名作「銀河鉄道の夜

  • 戦争反対

       愛宕のバーガーショップ。WITH UKRAINE  

  • 紅梅

    吉川家茶室の紅梅、立ち姿がきれいです。

  • 新芽

    芝の新芽がでてきました。少しずつグリーンになっていくんだろうな。 

  • 消防本部 RESCUE

      早いです。岩国消防本部のRESCUE、この訓練はすごい。    

  • モクレン

     モクレンのつぼみも暖かくなってきてからこのように急に膨らんできました。  こちらではヂンチョウゲが咲いてきました。 

  • Nさんの新作

     丁寧な水彩画。川のせせらぎの感じと背景の奥行きがいいですね。 

  • スイセン

      春が来た。スイセンが咲いた。

  • それぞれの自画像

     ハルさん いい感じ、雰囲気でていますね。  さくら 迫力があっていいな、力強い作品です。  ユイさん 顔のなかにもいろいろな色があるもんだなぁ。一生懸命描いたらこんな色になった、それが今を

  • 民具、漁具あれこれ

      季節の風物詩「しろうお漁」の仕掛け。 

  • 民具、農具あれこれ3

    手漉き和紙の道具。舟をゆすっては一枚一枚漉いていく。子どもの頃、向かい側の窓から飽きもせずいつまでもこの作業を眺めていた。漉いた和紙は板の裏表に貼って天日干しする。楮やミツマタの皮むきの作業は近所のみんなで手伝った。さらに包丁のような物をあ

  • 民具、農具あれこれ2

     木製脱穀機。 

  • 民具、農具あれこれ

     わら叩き用の木槌かなこれは。 

  • シャーリープトラ

     般若心経くらいは覚えたいと思っているのだが、、、今からこれ読もうとしているのだが、この本に集録されている伊藤比呂美の朗読は本当に詩のようで見事です。白骨の御文章が好きでこちらはほぼ暗記できたのだが、それはあくまで両手を膝の上にし

  • 元吉川邸の厩屋と吉川邸の祠との間にある門柱。左端に祠。明治時代の吉川邸厩屋。手前が待ち合い所。奥に馬が繋がれたとみられる馬屋か?

  • レトロ建築その6

             岩国市徴古館(佐藤武夫氏設計)。元藩主吉川家の敷地内に位置するこの建物は昭和19年に設計され20年に施工された佐藤武夫氏の初期の作品。きびしい

  • レトロ建築その5

        西岩国駅舎。高校時代ぼくたちが乗り降りしていた駅舎だが、屋根瓦が少し変わった。待合室の長椅子も当時はもう少し木のぬくもりがあった。駅員のいる部屋もそうだったなぁ。  

  • しろうお漁

    この季節の風物詩しろうお漁。さかなが沢山いるのか川鵜も頑張っています。こちらではカモが、、、 

  • 霧の中の風景

       今朝の道中、めずらしく濃いガスがかかっていたなぁ。どういうことだろう?  

  • レトロ建築その4

     御庄小学校(?)   岩国市徴古館(佐藤武夫設計)。絵はいずれもK子さん。      

  • レトロ建築その3

        上は細田写真館、下は元岩国信用金庫。  

  • 川面に映る岩国山

    牛ノ谷から眺める岩国山の風景。スミさんの全紙サイズの最新作です。まだまだ、完成度は低いですが何とか絵画として成立させたいものです。もう2〜3枚描けばイケるかも、、、 

  • レトロ建築その2

      和洋折衷の家、いつ頃建てられたのだろう。 

  • レトロ建築

       山口県指定文化財、岩国学校校舎。明治期の建物かな?奉安殿が残っています。

  • 中国出版

       『おとうさんのかお』(岩瀬成子作 いざわ直子絵)が中国で翻訳出版されました。最近、こういうケースが多いですね。どういうわけ雑誌みたいになりますね中国版になると。 

  • 滑稽さと恐ろしさが混在

     アメリカン・スクール(小島信夫著 新潮文庫) 何といえばいいのかこの不思議な感覚、いうなれば戦中戦後の混乱のなかで背負った内面的な闇が滑稽なドタバタ劇に透けてみえてくるような恐ろしさがある。冒頭の「汽車の中」から「燕京

  • Oさんの挑戦

       Oさんの近作。Oさんはいま水彩画に取り組んでいます。まだ、どうなるか分かりませんが新たな挑戦です。

  • 紅白梅

        吉香公園の紅白梅がいい感じになっています。

  • 昭和史

     いまから、半藤さんのこれ「昭和史」読むよ。 

  • 漬物

    今日、白菜を漬けてみたよ。もう水があがってきたのか少し重しが沈んで蓋が出来るようになった。

  • モズかな?

    これはモズかな、、、

  • 壮大な物語〈理性とは何か〉

    世界の合言葉は森(アーシュラ・k・ル・グイン著 ハヤカワ文庫) 15年も前になるけれど「キッズパワープロジェクト」という講演会や絵本の原画展、段ボール小屋の読書会、詩の朗読、パフォーマンスや遊び術といった複合的な企画を考えていた頃

  • 完成‼️

    今日は久々にメンバーが集い楽しい教室になった。今年になって小品ながら二作も仕上がったしめでたしめでたしといったところか。コロナ渦でまだまだ見通しは立たないが4月には教室の「絵画のいろは展」が予定されている。いい展覧会になるぜ。みんな頑張ろう

  • 読書

    今これ読んでいる。小島信夫おもしろいです。いいですねこんな作家がいたとは、、、  

  • PCR検査?

    結果は陰性。21時過ぎに連絡があったみたいだ。

  • PCR検査?

     今日、PCR検査をしたよ。今朝、電話して14時に予約して唾液による検体を提出した。明日か明後日には電話で結果連絡があるらしい。  

ブログリーダー」を活用して、B&Hさんをフォローしませんか?

ハンドル名
B&Hさん
ブログタイトル
あーとランダム
フォロー
あーとランダム

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用