草津魚市場 吉文
住所
西区
出身
西区
ハンドル名
よしぶんさん
ブログタイトル
草津魚市場 吉文
ブログURL
http://yoshibun126.blog48.fc2.com/
ブログ紹介文
広島の鮮魚の仲卸が書く魚情報、魚の栄養、レシピやコツなどを市場大好き人間たちで発信します。
自由文
広島市中央卸売市場の鮮魚の仲卸です。 創業は延宝8年(1680年)で今年で328年になります。四代将軍徳川家綱のころからの魚問屋です。 朝の市場の 独特の高揚感と活気は「魚市場ならでは」で、この異空間のような中央卸売市場から 魚情報、魚の栄養、レシピやコツなどを 市場大好き人間たちで発信していこうと思います。
更新頻度(1年)

58回 / 262日(平均1.5回/週)

ブログ村参加:2009/01/20

よしぶんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(IN) 51,078位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,331サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 中国地方ブログ 215位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,540サイト
広島県情報 17位 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 410サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(OUT) 62,773位 65,217位 65,050位 59,055位 58,946位 64,696位 64,470位 969,331サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 中国地方ブログ 247位 262位 266位 226位 224位 268位 263位 5,540サイト
広島県情報 15位 16位 18位 13位 12位 17位 17位 410サイト
今日 08/19 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,331サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
地域生活(街) 中国地方ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,540サイト
広島県情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 410サイト

よしぶんさんのブログ記事

  • 盆前商戦終了、台風直撃目前です。

    「天竜産キンメダイ」 御前崎と天竜川の沖合いにある「天竜海丘」という漁場で獲れ、 別格の王様キンメダイです。 天竜海丘は 恵まれた立地なのでエサが豊かなため よい脂がのり魚体も大きくなりまさに王様です。 漁場が近いため午前中に漁をした魚が、日戻りで当日水揚げ販売されます。 私はこの天竜海丘に面する海辺で生まれました。 盆前商戦終了しました。  台風の影響で 入荷が少なく、注文を揃えるのにバタバタし...

  • 盆前商戦、もう筋子が出ていました。

    盆前で大忙しでした。 台風によるシケの影響で入荷が少ない中の バタバタでした。今日吉文の店頭で目を引いたのは「スジコ」 「早い 」今は 盆前の「一年で一番暑い時期」です。 もう北の国では「実りの秋」の準備が着々と整い、 これから ゆっくりと南下して来るのでしょうね。 それにしても早い すごいバタバタしている時にかぎって起こるアクシデント。 荷物の積み残しがあり、岩国まで走ってきました。 岩国を先頭...

  • 店頭の地物カットタコと国産焼き穴子カットを買いました。

    若い子達が売り始めた吉文の国産穴子を焼き上げ業者に焼いてもらいカットしたものです。 今迄あまり こういうかんじは買ったことがないのですが使ってみたら以外に便利でまた買いました。 きゅうりと穴子の酢をきかせた和え物。 グリルやオーブントースターでちょこっと焼くと和え物がグレードアップしました。 薄めの味にしてがっつり食べます。 近海の若い子達が売り始めた「カットタコ」 地物のタコです。 先日はパスタ...

  • 海水の酸欠について詳しいデータを頂きました。

    海の酸欠の発生について漁師さんがデータを送ってくれました。 広島市農林水産振興センターよりの「海況情報 第9報」です。 「8月1日の観測では、広島湾の水温は、 表面と10m下の海底との水温差が拡大してきており、海水の上下混合が 起こりにくい状況になっています。 甲殻類が死ぬ危険性がある。 今後、海水の酸素濃度がさらに低下する恐れがあるので今後の情報に注意してください。」 とのコメントが付いています...

  • 前回の記事について、他の漁師さんより。

    前回のブログについて他の漁師さんから連絡をいただいたので追加いたします。 「9月頃の海が熱い時に北風が吹くと海が酸欠になる。 海底の魚や貝が酸欠で死ぬ。」 夏の猛暑が積み重なってそして酸欠になるのではなく、 北風が吹くと海の表面が冷やされ、 蓋をした状態になり、海水が対流しなくなるので、酸素が混ざらなくなり、 酸欠がおこり、魚や貝が死滅する。 魚が波打ち際に逃げたりもする。」 その時期がわかる長老...

  • 地物の漁師さんから網を上げたと連絡がありました。

    漁師さんからこんな連絡がありました。 「今日の出荷のカレイ網を上げました。 上がって来たカレイオコゼの1/3位が死んで居るのでお盆を待たずに 全て網を上げました。 荷受けに当分休むと言って来ました明日から網をばらして仕立て直しします~✌️」 同じ海域の他の漁師さんも網を上げてしまったとのことでした。 彼は 瀬戸内海で漁をして広島市中央卸売市場に魚を持ってくる地物の漁師です。 カレイ網は刺し網だそうです...

  • 土用丑の日本番でした。

    「土用の穴子の日」 と書いて焼きアナゴを売っていました。 近海売場はいつもながらおちゃめです。 今日は土用丑の日。 ウナギ商戦ピークの日です。生や丸は昨日がピークでした。 今日は焼きうなぎでした。若い担当者がよく頑張っていました。 生も焼きも完売し、若い子には良い経験と結果でした。 昨日の夕方4時出勤でこうこうとした灯りのもとウナギをたくさんの人数で開いている仲卸もありました。毎年見てますがワクワ...

  • 「豊洲市場視察」に行ってきました。

    「豊洲市場視察」に1泊2日で行ってきました。 荷受、仲卸、連合会、広島市の関係者で15人でした。 マグロ卸売場→鮮魚→特種→活魚→ウニ→塩干物加工→転配送センター→仲卸売場→関連販売と回り、 ここまでで6500歩でした。 その後 会議室で説明と意見交換会広島は今新しい市場への建て替えを控えているので皆真剣でした。 その後 荷受の共同食堂で朝食 週間メニュー表が貼ってありましたが、サワラ、ツボダイ、メローな...

  • コシナガとクジラ

    「コシナガ」です。 1本が2~3キロで、マグロの一種です。 たくさん入荷し、よく売れました。 身の色がマグロほど赤くないです。この写真は最後の頃に撮ったので小さいものが残っていました。 買ってみたかったなぁ赤身は大好きです地物のタコをボイルし、カットしたものです たこ焼き、パスタ、アヒージョに便利でよく売れていました。 新サンマ入荷しました。 まだ小さいです。漁獲制限が決まったのですが将来どうなる...

  • セリをしている人垣の周りは各社の場内配送の人達がいっぱい。

    セリの様子です。 セリの進行に沿って人垣が移動してゆきます。 今日は2連休の前なのに入荷が少なく大変でした。 セリをやっている人垣のまわりには 仲卸各社の場内配送の人たちが台車などで待機しています。 自社がセリ落として会社のエブが入れられた魚の箱を 次々と仲卸店舗に運んでゆきます。 帽子の色によってセリに参加できる人と出来ない人は区別されて管理されています。 申請には条件を満たした後で、履歴書、誓...

  • 静岡でおいしいお茶の入れ方にびっくり!

              (この電柱のようなものはてっぺんに扇風機がついていて          茶畑を遅霜から守るものです)今日は 魚や魚市場とは違うことを書きます。 「お茶」です。 私は静岡県の掛川市の海沿いで生まれました。1日に何杯もお茶を飲み、それも静岡の人は濃いお茶を飲んでいます。 だから県外に出るとお茶がどこに行っても薄いです。「深蒸し茶」は掛川市内から海沿いに向かう地域は日照時間が長く、日...

  • ヤナギダコのタコマンマおいしくて好評でした。

    「半夏生」いよいよ迫ってきました。 タコの出荷も佳境に入ってきました まさにタコに鉢巻状態です。関西地方発祥の行事だそうですが 夏場の拡販商材として、またタウリンたっぷりの夏を元気にのりきるための商材として 定着してきました。 静岡県森町の鍛冶島の「半夏生」の群生地です。 今年もいとこの主人が行って写真を撮ってきてくれました。 すごい群生で夏を迎える清涼感ある景色です。 先日 作ったヤナギタコの卵...

  • ヤナギダコの子 「タコマンマ」で醤油漬けを作りました。

    「でっかい」ヤナギダコの卵です。 いつもマダコの子(卵)しか見たことないので大きさと、膜のしっかり感にびっくり 先日「マダコの子の醤油漬け」を作ったとき得意先の大将が「タコマンマで作るとおもしろいよ」「塩辛もね」と教えてくれました。 それ以降「作ってみたい」「食べてみたい」と気持ちが募っていました。 昨日 北海道の仕入先の社長さんがくださいました。「えーっ うれしいーっ 」早速作ってみました。 厚...

  • 今日のチコダイはこんなでした。すごい!

    今日はチコダイがとてもよかったです。 マダイ(タイ)、レンコダイ(レンコ)、チコダイ(チコ)と人気は下がりますが、今日のチコはすごかったです。 こんなにいいのに「チコかぁ~」と「しょせんチコ」という見方をされるのが悔しいと仕入れた者が言っていました。 以下の2枚の写真を見てください。すごく脂がのっています。 皮目が甘くておいしいから「皮霜造りで食べてみて」とのこと。 色目はきれいだけどね~ぇと私も...

  • 漁師さんにスズキは顔に似合わず繊細な魚だと教わりました。ビックリ。

    「タコの子」の醤油漬け 完成 イクラは漬け汁を吸ってコロコロになるのでどのくらいたつと どうなるのかと毎日試食。 結局 見た目は初日と変化なしでした。 主人がイクラを作るときは出汁からちゃんと作るのに、私は市販の麺つゆで作りちょっと失敗でした。 会社にも持って行き事務達にも食べてもらいました。事務が「生姜の絞り汁を入れたらいいかも」と言うので 残り少なくなってはいましたがやってみたら生姜汁は大正解...

  • タコの卵の生のまま醤油漬けにすることを教わりました。

    築地の丸集さんから「タコの卵の醤油漬け」の作り方を教わりました。 広島ではタコの卵を「タコの子」と言いますが、タコの子を生で食べるということがなく、びっくりでした。 タコの子の袋を破り容器に入れてイクラの醤油漬けと同じ作り方をするのだそうです。 イクラも生の子だし、辛子明太子も生だし、タコの子も生でかぁ と目からウロコでした。 さっそく現場で子を買いましたが、夕方家に帰宅後作るってのを待ちきれず、...

  • 梅雨時期の行事が続きます。

    今日びっくりしたのはこの太くて長いナス「萩たまげなす」 仕入れ価格が1本600円でした 「すごいね」と言ったら「美味しかったからと再注文が来ている」と言ってました。 末端価格はいくら位になるんでしょうね。 なににでも飛びつく私ですが今回は買いませんでした。                                                                        ...

  • 広島はメンタイ(ヨロイイタチウオ)が大好き。

    「大きくて きれいだね」とこのアオリイカが今朝よく売れていました。 事務所仕事がたてこみここのところご無沙汰気味ですみません。 メンタイがサイズ別に4種ならび「刺身、昆布締めにいいねぇ」とこれもよく売れていました。 本当の名はヨロイイタチウオと言うのですが広島人はメンタイが好きで、 大きい良いメンタイは刺身か昆布締めに。 少し小さめはフライです。広島ではフライは一番にメンタイです。 90歳になる叔...

  • モウカサメの心臓がおいしくて好評でした。

    昨日モウカ(ネズミサメの心臓)を買いました。 牛のレバ刺しの生食が禁止になってからそっくりだと注目されています。 ニンニクソース、ごま油と塩、ゴマ酢味噌の3つの味で食べました。 ごま油と塩のが美味しかったです。 牛のレバーのように獣臭くないので食べやすいです。 3個買って嫁さんとこと 娘にもあげました。 ごま油と塩(娘はレモン汁も)が一番おいしかったと連絡がありました。、 メインで食べるのは心臓の...

  • 花き市場には大物市の日があります。

    花き市場に神棚用の榊を買いに行った時に、  ちょっと大きめの植木が欲しいんだと発注をしたところ、 「10月まで市がない」とのことでした。写真は以前の植木大市の時です。広島市の旗の上の方に写っているようなクレーン付きの業者のトラックがたくさん集まっています。 道の真ん中あたりの人だかりは移動セリをしているところです。 セリ人の声は全く聞き取れず、魚市場とはセリ人の声も口調も違います。 大市には植木市...

  • 広島湾産生昆布の御礼と、おしゃぶり昆布

    「令和元年」 よい響きですね。 昨日は国旗を玄関に掲げ改まった清々しい気持ちで過ごしました。 昨日、サインをする時に「おっ、初日だ」と思いながらサインをしたら令和の第3画めが書いてなくて指摘されて直しました。 4月30日広島湾産昆布ワカメの行使期間終了に伴い育成施設が全て撤去されました。 以下漁師の花木さんのフェイスブックから転載します。一枚目と2枚目の写真は花木さんのです。 「本日、ワカメコンブ...

  • 初めての10連休で予測が付きにくいです。

    たくさんの人が帰省しするGWに県北はいっせいに田植えをします。 配送車の営業マンが「たくさんの耕運機や田植え機がどの道にもゆっくり走っていて大変」と毎年こぼします。 「いよいよ始まったから大変だね」と県北便のドライバーに声をかけたら、「このごろは帰らんのんと。会社組織になってるけえ」とのこと。 「時代だネェ」 「きょうびの話だネェ」と驚きました。「万作(しいら)」も今の時期県北には欠かせません。 田...

  • 生昆布の育成現場を見てください。

    吉文が「なんとか育ってほしい」と力を入れている「広島湾産生昆布」 「これだったら安心してお得意先に おすすめできる」という 他の生昆布との見分けかたのためにこの「特選」シール が今日からつきます。 この生昆布を育ててくれている漁師の花木さんのフェイスブックより写真と文をお借りしました。 以下「雨で、霞がかかってますが、休む訳にはいきません‼ 雨の合間にコンブの刈り取りです。これだけの中から、約30袋...

  • 吉文の名物長老がまた悪さをしていました。

    「きゃーっ曽我ちゃんがまた悪さしとるーっ」と当社女子二人が騒いで大笑いしています。 現場で使った箱は洗ってから次の日ようにセットしておくのですが、洗うときに取りやすいように背の高さくらいまでに積みます。それを長老の曽我ちゃんがうれしそうにもくもくとすごい高さに積んでいました。現場で使った箱なので魚の血もついていますし氷や水で濡れています。箱には水抜き用に穴が開けられています。 「うちら よぅ下ろせ...

  • 得意先から生昆布の熱い活用の仕方を頂きました。

    「広島湾産生昆布」 使っていただいた得意先から熱い反応をいただきました。 大将のOKをいただき転載させていただきます。「華てまり」 東広島市西条朝日町です。(電話082-422-0033) 「先日、広島県初食材の「生昆布」が、入荷しました瀬戸内海での、初試みにて栽培され、収穫されたそうです プロの料理人として、こんなに嬉しい事はありませんこれまで昆布と言えば、北海道産の干した、出し昆布が定番でしたが...

  • 「広島湾産昆布」の漁師さんに感動しました。

    先日 漁師の花ちゃんが来社。 広島湾産昆布とワカメの育成と 商品化の話をうかがい値打ちある努力に驚きました。 (写真は今迄の物とかぶるものがあります)北海道などの昆布の産地に比べ広島は水温が高く 昆布は水温10度より上がったら出来ないために冬から春先までの育成となり、 12月に種をつけたロープを海中に張り、4月いっぱいで全てを回収する。 そのため 利尻昆布と種は同じなのにああいう幅広で厚い昆布には...

  • 広島湾産生昆布・街の漁師の努力のかたまりです。

    「広島湾産生昆布」の現場です。 4枚の写真はどういう海で どういうふうかを少しでも実感いただけたらと漁師のはなちゃんのFBからお借りしました。 身近な広島湾で、漁師さんたちが こんな努力をしてこんな昆布を生産しているというのを知っていただきたいと思いました。 昆布を仕入れて配布しようと思ったら漁師のはなちゃんが「あげるよ」と今朝もって来てくださったので 今朝の配達便で得意先に配布しました。 紹介説...

  • 広島湾産生昆布が美味しかった!

    土曜日に街の漁師の花ちゃんが生昆布をどっさり持ってきてくださいました。 広島湾産の生昆布です。1本が2メートルくらいあります。 出荷も始めるそうです。 広島湾産生ワカメは何人から出荷されていますが、昆布は自家用にはいいけど販売はダメと許可がおりなかったたり成長が悪かったりでここまで来るのに何年もかかり 街の漁師さんたちの熱い努力のかたまりです。 熱湯でさっと通すと生ワカメのように一瞬で鮮やかな緑色...

  • 「淡雪」と「姫うこぎ」が面白かったです。

    週末で、月末で、期末でした。 入荷は少なめで高めでした。数字を追いかける為に今日は特に残に気を使いました。 「あっ、フグが島倉千代子 」と近海担当者。天然フグが一匹しまりそうでした。 島倉千代子なんて知らない世代なのに言い方が継承されていて市場はいろんな言葉が飛び交っています。 「姫ウコギ」 ケン・ツマ屋の姉さんが「天麩羅が一番、おひたしにしても美味しいよ。」「コシアブラ」みたいに美味しいそうです...

  • 市場祭りの大事な意義のひとつを実感しました!

    市場祭り続き。 鮮魚はこのところのシケ続きで安いものが限られており大変でした。 また土曜日の現場で思ったより売れてしまったので売るものが少なくなりました。 「キンキ」を角地の目立つところにサイズごとにたくさん並べ、鮮やかな赤が目を引きました。 「吉文の赤い店頭が目を引く」と何人もから言われました。 担当の近藤君が「刺身にできます」と言うと煮付けが美味しい魚というイメージなので「じゃぁやってみようか...