住所
福岡県
出身
-
ハンドル名
Yoshiさん
ブログタイトル
福岡発コリアフリークなBlog
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yoshi1963jp
ブログ紹介文
韓国や韓国語にまつわる雑学メモ。新聞記事の韓日翻訳練習なども公開。筆者は福岡県在住の韓国オタク。
自由文
KBSプサン放送(ラジオ)や韓国のインターネット・メディアなどを友に韓国フリークな毎日を送っています。「ヲタク」のレンズに映る現在進行形のコリアをいっしょに覗いてみませんか?
更新頻度(1年)

106回 / 4161日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2007/09/03

Yoshiさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(IN) 8239 8109 7897 8433 8365 8338 8011 946548サイト
INポイント 40 40 40 30 20 30 50 250/週
OUTポイント 100 140 120 160 110 120 140 890/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 511 509 493 520 510 512 500 34324サイト
韓国情報 12 14 14 16 16 16 13 1071サイト
外国語ブログ 18 18 19 20 20 23 19 4751サイト
韓国語 5 6 6 6 6 7 7 947サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 11919 11869 11784 10682 10039 9838 9627 946548サイト
INポイント 40 40 40 30 20 30 50 250/週
OUTポイント 100 140 120 160 110 120 140 890/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 919 923 929 844 784 773 769 34324サイト
韓国情報 25 26 25 24 23 23 23 1071サイト
外国語ブログ 15 15 12 12 11 9 8 4751サイト
韓国語 5 5 4 5 5 5 5 947サイト
今日 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 01/17 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946548サイト
INポイント 40 40 40 30 20 30 50 250/週
OUTポイント 100 140 120 160 110 120 140 890/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
海外生活ブログ 0 0 0 0 0 0 0 34324サイト
韓国情報 0 0 0 0 0 0 0 1071サイト
外国語ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4751サイト
韓国語 0 0 0 0 0 0 0 947サイト

Yoshiさんのブログ記事

?
  • 腐女子漫画の韓国進出

    ■서양골동양과자점앤티크「アンティーク~西洋骨董洋菓子店~」(568)2008年〇----2008年に公開され、110万を超える観客を動員した異色コメディ。原作は、同名の日本の少女(腐女子)漫画。ケーキ店を舞台に、パティシエや店長など、4人の美男子が繰り広げる同性愛的世界をコミカルに描いている。△フランス人ゲイまで登場(映画より)「ヲタク」の趣向には全く合わず、生理的な嫌悪感を催すシーンも多々あったが、いわゆる腐女子たちの趣向について知る、という意味では貴重な映画だった。(終わり)←ポチッと応援→腐女子漫画の韓国進出

  • 韓国と博多もつ鍋

    これは日本全般に関しても言えることだろうが、おそらく福岡のことを世界で一番よく知っている外国人は、韓国人で間違いない。今日、ネイバーの日本語講座(スマホ向け)に目を通しながら、つくづく考えたことである。福岡県人として記録しないわけにはいかない会話内容であった。(終わり)←ポチッと応援→韓国と博多もつ鍋

  • 韓映画と麗水の女教師

    ■여선생VS여제자「ラブリー・ライバル」2004年〇〇〇--(567)2004年に公開され、110万(公式統計)を超える観客を動員した学園コメディ。全羅南道麗水市の小学校を舞台に、おバカな女教師が、新任の若い美術教師に恋をし、女子生徒と恋のバトルを繰り広げる。△映画の舞台は全羅南道麗水市(映画より)そして、生徒との熾烈なバトルを通じ、女教師は人間として成長し、最後には、子どもたちとも深い信頼関係を築く。ナンセンスな展開ながら、心温まるコメディであった。△商店街でも方言は聞こえない(映画より)一方で、この映画には、大きな違和感を感じさせられもした。全羅道の小学校が舞台になっているにもかかわらず、全羅道方言が一切、登場しなかった点だ。大阪を舞台にしたコメディに、一切、大阪弁が登場しない、のと同じような不自然さを感じ...韓映画と麗水の女教師

  • 韓国映画と捨て犬保護

    ■혜화,동「再会」2011年〇〇〇--(566)2011年に公開されたインディーズ映画。主人公の女性は、高校生だった頃、つきあっていた同級生の子どもを産むが、子どもはすぐに死んでしまい、彼氏とも連絡が取れなくなったつらい過去を引きずりながら生きている。現在は、動物病院でトリマーとして働きながら、ボランティアで捨て犬の保護活動を続けている。その彼女の元に、姿を消していた元の彼氏が5年ぶりに突然、姿を表す。2人の子どもが、死んだのではなく、実は養子に出されて今も生きている、というのだ。母親の決めた通りに彼女と別れたものの、彼もまた、彼女や子どもに対する罪の意識に苦しみながら生きてきた。結局、彼女と別れた後、高校もやめてしまい、その後入った技術訓練校も卒業直前にやめてしまうなど、うまく自立できないままでいた。子どもの...韓国映画と捨て犬保護

  • 韓映画と風俗嬢と国会

    ■대한민국헌법제1조「大韓民国憲法第1条」2003年〇〇〇--(565)2003年に公開された成人指定の社会派コメディ。△主人公が働く風俗街(映画より)暴行を受けて死にかけても警察に取り合ってももらえない自分たちの立場に憤慨した1人の風俗嬢が、国会議員選挙に立候補する。△主人公が働く風俗街(映画より)「風俗嬢(창녀)も国民の1人だ」と。△演説する主人公(映画より)主人公は、次々に現れる障害をはねのけながら、支持を広げていき、最後に勝利を収める。△主人公が薄氷の勝利(映画より)笑いあり、涙ありの展開にすっかり引き込まれてしまった。(終わり)←ポチッと応援→韓映画と風俗嬢と国会

  • 映画でオンニの三角締め

    ■언니「オンニ」2019年〇----(564)2019年の1月1日に公開された、インディーズ系のノワール映画。たった一人の肉親である妹を性的なおもちゃにし、売り飛ばした男たちに対し、柔道などの格闘技を使うオンニ(女性から見た姉)が私的制裁を加えて行く。△悪徳業者に三角締めをかけるオンニ(映画より)物語の展開が単調だったので、「ヲタク」の評価は低い。△オンニの長くてきれいな足が三角締めを決めた(映画より)しかし、オンニが、ある悪徳業者を三角締めで締め落とすシーンだけは、実に印象的だった。△「落ちた(意識を失った)」悪徳業者(映画より)こんな女性になら、毎晩でも三角締めをかけられてもかまわない、と半分本気で思った柔道経験者の中高年「ヲタク」であった。(終わり)←ポチッと応援→映画でオンニの三角締め

  • 韓国社会のQueen旋風

    ■보헤미안랩소디「ボヘミアン・ラプソディ」2018年〇〇〇--韓国では2018年の10月末に公開され、現在(19年1月18日)もロングランが続いている映画「ボヘミアン・ラプソディ」を、やっとネット上で見ることができた。イギリスのロックバンド、クイーンのボーカルだったフレディ・マーキュリーの半生を描いた映画。ロック好き(なんちゃってレベル)の中高年「ヲタク」が、楽しみにしていた作品だ。△空港の作業現場で「PAKI」と呼ばれていたフレディ(映画より)「ヲタク」の印象で言えば、この映画では、彼の民族的背景(インドのマイノリティーであるパールシー出身)やセクシャリティー(バイセクシャル)の問題、身体的欠点(出っ歯)、さらにはメンバーとの確執などが、比較的、丁寧に描かれていた。△地元のライブハウスでもフレディを「パキ」と...韓国社会のQueen旋風

  • 韓映画と幸せな中年男

    ■몽정기「夢精期」2002年〇〇〇--(563)2002年に公開され、ソウルだけで76万(全国推計約300万)を超える観客を動員したヒット作(韓国映画振興委員会)。舞台は1980年代の男子中学校。△初恋の担任教師にあこがれ教師を目指した実習生(映画より)1人の男子生徒が美しい教育実習生に恋をするが、彼女には今も大事に思い続けている初恋の男がいた。その実習生の初恋の相手が、他ならぬ自分の担任教師であることを知った生徒は、自らの恋をあきらめ、2人を結びつける決心をする。教え子との恋に踏み出す勇気が持てず、一旦は彼女の気持ちをはねつけた担任教師ではあったが、男子生徒の涙ぐましい奮闘に背中を押され、ついには全校生徒の前で彼女にプロポーズをする。映画の題名から、ついついお下劣な内容の学園ドラマを予想していたが、見終わって...韓映画と幸せな中年男

  • 韓国映画とコンドーム

    ■몽정기2「高校教師恋の教育実習」2005年〇----(562)2005年に公開され、110万(公式記録)を超える観客を動員した学園コメディ。女子高を舞台に、女子高生たちの性的関心や恋に対するあこがれを描いたコメディで、男子中学生を主人公にした「夢精期」(2002年)の第2弾にあたる。△キュウリにコンドームをかぶせ、練習する(?)女子高生(映画より)さすがに、「ヲタク」のような中高年男が笑えるシーンはほとんどなかったが、韓国映画の幅の広さを感じさせられる映画ではあった。(終わり)←ポチッと応援!←ポチッと応援!韓国映画とコンドーム

  • 韓映画と海賊版テープ

    ■파송송계란탁「ネギをサクサク、卵をポン」2005年〇〇---(561)2005年に公開され、110万(公式記録)を超える観客を動員したヒューマンコメディ。△全羅南道から臨津閣をめざし北上する父子(映画より)母親の死後、孤児院で暮らしていた子どもが小児がんにかかってしまう。彼は、顔も知らなかった父親の元を突然、訪れ、母親の死や自分の病気のことは隠したまま、父子での国土縦断の旅、という無理難題を父親に投げかける。△息子の病状が悪化し、途中からは車いすに乗って臨津閣をめざした(映画より)連れて行かないなら、父親の職場である海賊版テープの製造工場のことなどを警察にばらすと脅された父親は、しかたなく、息子の願いをかなえてあげることにした。父親は、全羅南道から北上する国土縦断の旅を通じて、息子に対する愛情と責任に目覚める...韓映画と海賊版テープ

  • 韓映画とジャージャー麺

    ■바람바람바람「(直)浮気、浮気、浮気」2018年〇〇---(560)2018年に公開され110万を超える観客を動員した成人指定のコメディ映画。済州島を舞台に、2組の中年夫婦(兄夫婦と妹夫婦)、合計4人がみな、それぞれに違った形の不倫をするが、結局、不倫を経て、夫婦の絆をより深めていく、という実に都合のいい物語。この映画では、映画の本筋とは全く別に、あらためて韓国におけるジャージャー麺人気を再確認させられた。イタリア料理店を営み、そこそこ成功した男(妹の夫)が、自分が「おいしい」と感じない料理を出す店に限界を感じ始める。△男の自信作はジャージャー麺(映画より)そして、若い女性との不倫を転機に、イタリア料理に見切りをつけ、店を現代風のチャイニーズレストランに作り変える。男が自信を持って客に出せる「おいしい」料理は...韓映画とジャージャー麺

  • 韓国と再開発前の廃墟

    ■더웹툰:예고살인「漫画殺人」2013年〇----(558)2013年、120万を超える観客を動員したホラーサスペンス。人間の欲望が犯罪を起こし、無念の死を遂げた被害者たちの魂が悪霊となり加害者に復讐する、という物語は理解できた。しかし、ネット漫画家の主人公を始め主要な登場人物や悪霊に関わって、大小のどんでん返しが繰り返されるうち、何が本当で何がうそなのかわからなくなってしまった映画だった。それでも、映画のロケ地となった再開発が予定されている住宅地の様子は強く印象に残った。住民が移転した街は、まさに廃墟である。これを見るだけでも、一見の価値はあった。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!韓国と再開発前の廃墟

  • 韓国映画と少年鑑別所

    ■영주「(直)ヨンジュ」2018年〇〇〇--(557)2018年11月に公開されたインディーズ映画。中学生の頃、両親を交通事故で失い、弟と2人で暮らしている18歳のヨンジュが主人公。彼女は高校進学をあきらめ、アルバイトをしながら弟を育ててきた。仲良く暮らしてきた2人だが、思春期を迎えた弟が非行に走り始め、2人の生活は危機を迎える。弟が起こした事件の和解金の準備で窮地に陥った彼女は、両親を死亡させた事故の加害者が営む豆腐店の店員となり、お金を奪う計画を立てる。しかし、彼女は店員として働きながら、事故の後遺症で植物人間と化した一人息子を抱え、事故に対する重い罪の意識に苦しみながら生きる中年男と妻の姿を目にすることになった。主人公は、思いもよらず、自分に救いの手まで差し伸べ、まるで我が子のように接してくれる夫婦から、...韓国映画と少年鑑別所

  • 韓国とモンゴルと映画

    ■검은비:악의연대기「(直)黒い雨:悪の年代記」〇〇---(556)2017年に制作され、韓国では2018年に公開された、韓国とモンゴルの合作映画。△主人公を演じたモンゴル人俳優主人公は、アメリカで修士号を取った後、韓国に留学したエリートモンゴル人。その彼が、韓国の財閥企業に就職するが、会社の闇事業である麻薬売買に巻き込まれ、親友のモンゴル人らとともに命の危険にさらされる。△モンゴル語等にはハングル字幕主人公は親友を失いながらも、韓国人の潜入捜査官らと協力し、悪徳社長を逮捕に追い込む。△ソウルの建設現場で働く主人公の親友を演じたモンゴル人俳優(映画より)ノワール風のアクション映画だ。△同じくソウルに留学中の妹を演じたモンゴル人女優(映画より)韓国語を中心にモンゴル語、英語、中国語、そして日本語まで飛び交う、実に...韓国とモンゴルと映画

  • 博多港と中国人とムヒ

    △博多ープサン航路を走る高速船やフェリーが発着する国際ターミナル例によって、釜山市草梁洞の実家に里帰りする妻を、早朝、車で博多港国際ターミナルまで送った。△国際ターミナル展望デッキとクルーズ船この日は、見慣れた巨大クルーズ船も停泊中だった。今回は、少しだけ時間を取って、最近、大変貌を遂げたクルーズ船ターミナル周辺にも立ち寄ってみた。△2017年以前に撮影されたと思われるグーグルマップ2019年1月現在、クルーズ船ターミナル前には、バス専用の広い駐車場が完成し、付近にはドラッグストアやコンビニも登場していた。△まるでビルのようなクルーズ船もちろん、利用客のほぼ全てが中国人。△大型駐車場をはさみ、クルーズ船ターミナルの正面にある休憩所これまで、韓国釜山との航路を軸に推移してきた中央ふ頭だが、昨今、連日のように中国か...博多港と中国人とムヒ

  • ソウルの空とミグ29

    ■R2B:리턴투베이스「リターン・トゥ・べース」〇〇〇〇-(555)2012年に公開され120万を超える観客を動員した航空アクション。韓国空軍の一人のパイロットと整備士の女性が主人公。「ヲタク」が見るに、韓国版「トップガン」とも呼べる映画だが、音楽関係を除き、本家ハリウッドの「トップガン」に比べても、決して引けを取らないアクション映画になっていた。むしろ、映画の展開が与える緊迫感などは本家を上回っていた。△北朝鮮空軍のミグ29(映画より)特に、ソウル上空で繰り広げられたF15(韓国空軍)とミグ29(北朝鮮空軍)の角逐戦には、率直に驚かされた。△北のミグ29<左>と韓国空軍のF15(映画より)北朝鮮で発生したクーデター(架空)にからみ、北のミグ29、1機が韓国空軍に亡命を要請し、それを追って38度線を南下したミグ...ソウルの空とミグ29

  • 固城に5百羽のハゲワシ

    「따뜻한겨울나는겨울철새들」(暖かい冬を過ごす冬の渡り鳥たち)1月7日のYTNの報道によれば、この冬、モンゴルなどから慶尚南道固城郡に飛来しているクロハゲワシは、実に約500羽。△固城郡のクロハゲワシ(YTN)「ヲタク」は昨年の冬、金海市の花浦川湿地生態公園を訪れ、数羽のクロハゲワシを間近で目にする幸運に恵まれた。あの時感じた恍惚感は、1年たった今でも記憶に新しい。△固城郡のクロハゲワシ(YTN)固城は、釜山を拠点に行動する「ヲタク」からすれば、金海よりも、ずいぶんと遠い。△固城郡のクロハゲワシ(YTN)それでも、クロハゲワシに会うためになら、足を伸ばす価値は十分にありそうだ。△コネスト韓国地図より一人の中高年男として(?)、固城でクロハゲワシの大群に囲まれてみるのも悪くはない。来年あたり、具体的に固城訪問の可...固城に5百羽のハゲワシ

  • ビジュアル系の韓国映画

    ■형사Duelist「デュエリスト」2005年-----(554)2005年に公開され、120万(公式統計)を超える観客を動員した異色の時代劇。「左捕庁の茶母」(朝鮮王朝時代の女刑事)と殺し屋の決闘(デュエル)を中心テーマにはしているが、時代考証や写実性は二の次に、全編をまるでミュージックビデオのような映像美で表現した作品だ。△殺し屋(映画より)主人公らは、まるでビジュアル系のロック歌手だった。「ヲタク」の趣向には全く合わず、久しぶりに見続けることに苦痛を感じた映画だった。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!ビジュアル系の韓国映画

  • 韓国映画と釜山影島

    ■영도「(直)影島」2015年〇〇〇--(553)2015年公開のノワール映画。△プサン市影島(映画より)映画の題名通り、舞台はプサンの影島。凶悪犯罪者を父親に持った主人公が、幼くして母親からも捨てられ、「怪物の息子」として冷たい不条理の中に取り残される。△映画には「ヲタク」がよく知る草梁洞の高校も登場したそれでも、高校を退学になった後、すさんでいくばかりの彼を気にかけた不動産屋の主人のつてで、やっと遠洋漁船の船乗りになることが決まった。ようやく、父親の影から脱出する出口を見つけたかに見えた主人公だったが、結局、そのささやかな夢さえ叶えることができないまま、この世から消えていく。彼の命を奪ったのは、皮肉にも、長い間、その存在さえ知らなかった弟だった。「ヲタク」の好きなプサン方言が、ほぼ生の形で登場していた点は非...韓国映画と釜山影島

  • 韓国映画と美しい悪女

    ■봄날은간다「春の日は過ぎゆく」〇〇---(552)2001年、韓国で最も権威のある映画賞である青龍映画賞で、最優秀作品賞を受賞した作品。俗っぽい言い方をしてしまえば、この映画に登場する女性主人公は非常に美しい女性ではあるが、かなりの悪女である。△主人公を演じた女優はイ・ヨンエ彼女は、江原道の地方ラジオ局でアナウンサー兼PDをしている。バツイチの一人暮らし。得意料理はインスタントラーメンで、キムチの漬け方もしらない、というから、元来、家庭向きの女性ではないのだろう。仕事で出会った年下の男(トンセン)と恋愛を楽しむかと思えば、結婚を意識し始めた彼と気持ちのずれを感じ始め、別の男を作る。年下男にばれないように二股を試みるが、それが難しいと見るや、年下男をいとも簡単に切り捨ててしまう。年下男は彼女への未練が絶ち切れず...韓国映画と美しい悪女

  • 韓国映画とキム・ハヌル

    ■그녀를믿지마세요「彼女を信じないでください」2004年(550)〇〇〇〇-2004年、120万(公式統計)を超える観客を動員したラブコメディ。主人公は、詐欺罪で収監中の「嘘の達人」で「本当のことを話す時、顔が赤くなる弱点を持つ」女。その女が、名演技で勝ち取った仮釈放後に、忠清北道で薬局を経営する男と出会い、ドタバタ劇を繰り広げながら、誠実さを取り戻し、恋を成就させていく。今から15年ほど前の作品だが、主人公女性を演じたキム・ハヌルが、実に可憐で魅力的だった。愉快で心温まる映画であった。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!韓国映画とキム・ハヌル

  • 韓国映画と電子ロック

    ■도어락「(直)ドアロック」2018年〇〇〇〇-(549)2018年12月に公開され、150万を超える観客を動員したスリラー。電子ロックをも破って室内に侵入するサイコパス(人格異常者)に狙われた女性が、後輩や刑事らの協力を得ながら、危機を乗り越え、サイコパスを打ち倒す。△電子ロック(映画より)昨今、韓国では電子ロックが急速に普及しつつあるが(「ヲタク」の妻の実家もしかり)、この映画を見て、あらためて電子ロックへの過信が危険なことを認識した人が多かったのではないだろうか。△サイコパスを倒した満身創痍の主人公(映画より)それにしても、この映画に登場したサイコパスは恐かった。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!韓国映画と電子ロック

  • 草梁川工事の写真

    2018年冬のプサン訪問に関する報告も、おそらく今回で終わる。最後を飾るのは、草梁川復元工事の写真。△仮設の橋から草梁川の上流を望む一度報告しているので、第2弾という形になる。△仮設の端から草梁川下流を望む現在行われている復元工事の全容が2枚の写真を見ると、よくわかる。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!草梁川工事の写真

  • 釜山駅の禁煙標語

    2018年冬のプサン訪問時、地下鉄プサン駅のプラットホームで目にした禁煙の標語。「喫煙はあなたの未来を焼きます」(東区保健所)保健所が運営する禁煙クリニックの案内だった。対象は誰でもいい、とはあったが、「ヲタク」のような外国人でもクリニックが利用できるのだろうか、などと考えているうちに、南浦洞行きの電車が入って来た。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!釜山駅の禁煙標語

  • 釜山の生きた招き猫

    2018年冬のプサン訪問では、ヨンジュ洞の中央公園下の中華料理店で食事した。その時、店の入り口前で日向ぼっこをする猫を目にした。目つきは悪いが、まるで、招き猫のようだった。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!釜山の生きた招き猫

  • 釜山の小規模反日集会

    2018年冬のプサン訪問では、宿泊したホテルの前の公園で小規模な集会が開かれていた。通りすがりに2,3曲の歌を耳にした。かなりの大音量である。雰囲気的には、屋外のカラオケ大会に似ていた。ヘバラギのサランウロを歌った男性は、高音もよく出ていたし、なかなかいい声をしていた。△鄭撥(チョン・バル)将軍像前の公園物々しい警察警備の隙間からは、「ヲタク」が知らない「民衆党」の赤い旗などが見えた。市民団体の集会だったようだ。ところが、その日の夜だったか。ネットニュースを通じて初めて、その集会が、釜山日本領事館前の慰安婦像横に新たに徴用工像を設置しようとする人々が開いた集会であったことを知った。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!釜山の小規模反日集会

  • プサン滞在最後のバス

    2018年冬のプサン訪問でも、大いにバスのお世話になった。写真は、プサン滞在最後の日、ターミナルに向かうシャトルバスを待った釜山駅前バス停の様子。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!プサン滞在最後のバス

  • 韓国映画とIMF管理

    ■국가부도의날「(直)国家破産の日」2018年〇〇〇〇-(548)2018年11月に公開され、370万を超える観客を動員したヒット作。1997年に発生した通貨危機をきっかけに国家破綻の危機に瀕した韓国が、IMFの巨額支援を受けると同時に厳しい財政管理下に入っていく時代を背景に描かれた骨太の経済ドラマ。韓国経済がIMF管理の元、アメリカ資本や財閥の食い物になることを防ごうとして挫折する中央銀行の女性キャリア。一方、いち早く韓国経済の危機を察知し、まず集中的にドルを買い、高騰するドルを売って大儲けし、さらに、膨れ上がった資金で値崩れした不動産を買い集めることで巨万の富を築いていく投資家の男。△男が格安で手に入れた1戸の高級マンションでは元持ち主の中小企業社長が自死していた映画を見ながら、投資家の男に惹かれ、深く感情...韓国映画とIMF管理

  • プサン訪問と足のマメ

    2018年冬のプサン訪問でも、精力的な散策の無理がたたり、足にマメができた。△草梁洞168階段モノレールの中でより正確に記録すると、一か所だけ、左足の小指の外側に大きなマメができた。しかし、今回は余裕があった。福岡の実家に帰宅後、マメの水が完全に引き、マメの下の皮膚が十分、厚くなるのを待って、自らの手でフヨフヨになった大きなマメの皮をむしり取った。プサン訪問とは、また別の意味で陰気な自己満足を感じた瞬間だった。(終わり)←クリックで応援!←クリックで応援!プサン訪問と足のマメ

  • 釜山と階段のある風景

    2018年冬のプサン訪問でも、「階段のある風景」をたくさん撮影した。△山腹道路へと降りて行く階段(草梁洞)ここでは、一旦はボツにした写真の中から、2枚の写真を復活公開する。△一時期、「ヲタク」が好んだ階段(ヨンジュ洞)どちらも、「ヲタク」を魅了してやまない階段の魅力を写したつもりの写真である。(終わり)←応援のクリックをお願いします。釜山と階段のある風景