searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Yoshiさんのプロフィール

住所
福岡県
出身
福岡県

KBSプサン放送(ラジオ)や韓国のインターネット・メディアなどを友に韓国フリークな毎日を送っています。「ヲタク」のレンズに映る現在進行形のコリアをいっしょに覗いてみませんか?

ブログタイトル
福岡発コリアフリークなBlog
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yoshi1963jp
ブログ紹介文
韓国や韓国語にまつわる雑学メモ。新聞記事の韓日翻訳練習なども公開。筆者は福岡県在住の韓国オタク。
更新頻度(1年)

473回 / 365日(平均9.1回/週)

ブログ村参加:2007/09/03

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Yoshiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Yoshiさん
ブログタイトル
福岡発コリアフリークなBlog
更新頻度
473回 / 365日(平均9.1回/週)
フォロー
福岡発コリアフリークなBlog

Yoshiさんの新着記事

1件〜30件

  • 悪魔とチャジャン麺

    久しぶりに韓国の復讐映画「悪魔を見た」(鑑賞番号14)を再鑑賞した。フィアンセの命を奪った悪魔的な連続殺人鬼に復讐するため、自らも悪魔と化した男の凄惨な物語だ。実は、この映画にも「ヲタク」こだわりのチャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)が登場していた。ただし、登場したのは、正確には配達夫と出前箱のみ。△容疑者の1人である配達夫を追う主人公主人公が追う容疑者の1人が、中華料理店の配達夫だったのだ。△チャジャン麺の配達夫は真犯人ではなかった画面には、一瞬ではあったが、実在する「옛날손짜장」(昔風の手造りチャジャン)の商標が映し出された。いくら映画とは言え、この配達夫が真犯人でなかったのは、さいわいだった。(終わり)悪魔とチャジャン麺

  • 韓映画とゲイと青梗菜

    ■메이드인루프탑「メイド・イン・ルーフトップ」〇〇〇--(1489)2021年に公開されたインディーズ系の青春ドラマ。共に女性的なゲイである親友の2人(2人の間には恋愛感情はない)が経験する恋や、彼らがぶつかる困難な問題の数々をコミカルな視点で描いた、笑いあり涙ありのヒューマンドラマだ。△HIVウィルス感染者の主人公(右)はトッポッキが大好物「ヲタク」の性的指向にも映画の趣向にも合わない映画だったが、物語の展開にはそこそこ引き込まれた。この映画では、主人公の男性が屋上住宅(ルーフトップ)で育てていた「청경채」なる未知の植物の名前が耳に引っかかったので調べて見た。△女性的(?)ゲイ仲間の親友と2人で。右手にチンゲンサイ。何のことはない。日本語で言う「チンゲンサイ(青梗菜)」のことだった。(終わり)韓映画とゲイと青梗菜

  • 韓国映画でゾンビ救済

    ■좀비크러쉬:헤이리「ゾンビクラッシュ:ヘイリ村」〇〇---(1488)2021年に公開されたインディーズ系のアクション映画。京畿道パジュ(坡州)市ヘイリマウルで、韓国軍の廃棄物を発生源とするゾンビウィルスの感染が拡大し、街は修羅場と化す。そうした中、マウルに住む3人の女性が、自家製のポーションにゾンビウィルスを解毒する力があることを発見し、感染者と街を救う。△主人公女性3人と奇跡の自家製ポーション「ヲタク」の趣向には合わない映画だったが、ウィルスの犠牲者であるゾンビを救済することで街を救う、という発想は面白かった。(終わり)韓国映画でゾンビ救済

  • 韓国映画と虹の七色

    ■아이윌송「アイウィル・ソング」〇〇---(1487)2021年に公開された青春ドラマ。慶尚北道安東市を舞台に、声帯の病気を発症し、やがて歌が歌えなくなる女性歌手が、やがて視力を失ってしまう映画監督と出会い、運命的な恋に落ちる物語。「ヲタク」の趣向には全く合わない映画だった。△主人公女性が歌う歌の歌詞に出て来た「빨주노초파남보」唯一、印象に残ったのは「빨주노초파남보」なる韓国語。日本語で言えば「せき・とう・おう・りょく・せい・らん・し」(赤橙黄緑青藍紫)くらいになるのだろうか。虹の七色の頭文字を並べた言葉である。(終わり)韓国映画と虹の七色

  • 韓国映画と「ヒル男」

    ■CCTV「防犯カメラ」-----(1486)2021年に公開されたホラーミステリー。10年前、番組制作会社を舞台に発生した連続殺人事件の背後には、視聴率を上げるためには手段を選ばない会社から自死に追い込まれた女性の悪霊がいた。△女性レポーターに「ヒル」のようにまとわりついていた男も犠牲に全体的に物語のつながりが理解しにくく、「ヲタク」の趣向にも全く合わない映画だった。唯一、印象に残ったのは「찰거머리」なる韓国語。1人の女性リポーターに「ヒル」のようにまとわりついていたスケベ男(撮影監督)が、自分のことを自嘲気味にそう語り、開き直っていた。今風の日本語で言えば、パワハラ型の「ストーカー」くらいになるだろうか?「ヲタク」自身、長い時間、まるで「ヒル」のように韓国語に粘着してきた過去を持ち、自分自身の粘着性気質を強...韓国映画と「ヒル男」

  • 韓国映画で白黒作品

    ■인트로덕션「イントロダクション」〇----(1485)2021年に公開されたインディーズ系の青春ドラマ。白黒作品。恋人を失い、俳優になる夢も失おうとしている青年の物語。△ラブシーンの演技について先輩俳優から叱責を受ける青年「ヲタク」の趣向には合わない映画だった。(終わり)韓国映画で白黒作品

  • チャプチェパを3皿注文

    先日、久しぶりに韓国復讐映画の傑作「ザ・ファイブ」(鑑賞番号725)を再鑑賞した。そして、思いがけずも、韓国式中華のチャプチェパ(炒肉飯)が登場するシーンに出くわした。人一倍チャプチェパを好む「ヲタク」にとっては、非常に感慨深い大発見だった。△主人公に言いわけっぽく対応する刑事それは、怪物的なサイコを相手にするには、あまりに非力で平凡な刑事が、全く進展のない捜査状況について主人公に釈明し、気休めを言う場面だった。△同僚から受け取った書類のようなものに目をやる刑事主人公に言い訳がましい対応をする刑事に対して、同僚が脇からこっそり書類のようなものを手渡す。△出前の注文を取るためのメニューとメモ紙何のことはない。刑事が手にしたのは、出前のメニューと注文を取るメモ紙だった。△一番下に「잡채밥」(炒肉飯=春雨入り中華風肉...チャプチェパを3皿注文

  • 中華冷麺もデリバリー

    ■울학교이티「僕らの高校のET」〇〇〇--(1484)2008年に公開された学園コメディ。ある名門私立高校を舞台に、型破りな人情派体育教師が繰り広げる漫画チックな学園コメディだ。△長欠中の不良生徒を街中で見つけ、追いかける主人公この映画では、街の中華料理店で配達のバイトをしていた生徒(準主役)が登場した。△主人公はこの生徒をボクシングの道へと導く彼は家出の資金を稼ぐため、自分の好きなチャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)を配達するバイトを選んだのだった。△バイクののぼり旗には「冷麺」の2文字がただし、映画には配達用のバイクと出前箱が登場しただけで、結局、「ヲタク」こだわりのチャジャン麺自体は、一度も登場しなかった。肩透かしだった。(終わり)中華冷麺もデリバリー

  • 韓映画と嫁たちの反乱

    ■큰엄마의미친봉고「本家嫁の暴走ミニバン」〇〇〇--(1483)2021年に公開されたハートフルコメディ。物語は、ある年の中秋節の連休、1人の若い女性が彼氏の親戚(彼氏の父親の長兄が住む本家)の家にあいさつに行ったところから始まる。祭壇に供える料理や一族の食事の準備は、本家の嫁を中心とする一族の嫁軍団の仕事。主人公の女性も、結婚前の身とは言え、ただ座って見ているわけにもいかず、自分にできる仕事を探そうとする..。しかし、いざ始まったのは台所仕事ではなく、嫁たちの反乱。本家の嫁(クンオモニ)の号令の元、女たちは作業の手を止め、本家の嫁が運転するミニバンに乗り込み、想定外の旅行に出かける。△横柄な夫(本家の長男)に反乱を起こした本家の嫁(クンオモニ)本家の嫁の手には、離婚をチラつかせ、報酬代わりに夫から奪い取ったク...韓映画と嫁たちの反乱

  • 韓国映画と元従軍記者

    ■식물카페,온정「植物カフェ・ぬくもり」〇〇〇〇-(1482)2021年に公開されたインディーズ系のヒューマンドラマ。主人公は、都市の街中で小さなガーデニングショップを営む男。過去、従軍カメラマン(報道記者)をしていた男は、派遣先の中東で事故に巻き込まれ、身心に大きな傷を負い、韓国に帰国した。プロカメラマンをやめた男は、田舎(慶尚道)で母方の実家が運営している園芸センターで働きながら本格的に園芸を学びはじめ、写真の被写体も植物にかえた。やがて、植物に癒され、生きていく力を回復した男は独り立ちし、都会の片隅に小さな園芸カフェを開いたのだった。そんな男の店を、癒しを必要とする都会の住人たちが1人、2人と訪れて来る..。見ごたえのある、なかなかいい映画だった。(終わり)韓国映画と元従軍記者

  • 超過激な韓流夫婦喧嘩

    ■싸움「喧嘩」〇----(1481)2007年に公開された異色コメディ。好き合って結婚した男女が、絶えない夫婦げんかの末に離婚するが、離婚後も、延々と命がけの夫婦げんかを続けて行く、というハチャメチャコメディ。△清純派のイメージからの脱皮に挑戦したキム・テヒ「夫婦げんかは犬も食わない」という日本のことわざを引き合いに出すまでもなく、見続けることに苦痛すら感じた映画だった。(終わり)超過激な韓流夫婦喧嘩

  • 韓映画と子どもの家出

    ■흩어진밤「バラバラになった夜」〇〇---(1480)2021年に公開されたインディーズ系の家族ドラマ。△博物館に勤める父と予備校で英語を教える母両親が離婚することになり、中学生の兄と小学生の妹の心は揺れ、乱れる。そして、ある夜、家族がバラバラになることを受け入れられない2人は、衝動的に家出する。映画は、明確な結末を見せないまま、両親がいっしょに2人を探し続ける場面で終わる。何とも切ない映画だった。(終わり)韓映画と子どもの家出

  • 青年と老女の純愛物語

    ■빛나는순간「輝く瞬間」〇〇〇〇-(1479)2021年に公開された異色の恋愛映画。海女たちのドキュメンタリーを撮影するため済州島を訪れたソウルの青年と高齢の海女が出会い、恋に落ちる物語。途中、物語が妙な(?)方向に流れていることに気づいた時には「まさか」と思い、「とてもついていけない」と拒否感まで感じた「ヲタク」が、いつの間にか、2人の恋を応援するようになっていったのだから不思議だ。おそらく、心に深い傷を抱えた孤独な2人が、徐々にお互いへの理解を深め、精神的に結びついて行く過程に共感を感じたからなのだろう。いずれにしろ、韓国映画の世界は奥深い。(終わり)青年と老女の純愛物語

  • 韓国映画と釜山海雲台

    ■발신제한「番号非通知」〇〇〇--(1478)2021年に公開された犯罪スリラー。過去、いかがわしい金融商品の販売に関わり、多くの庶民投資家の家庭と人生を破綻させた過去を持つ銀行幹部が主人公。その彼が、銀行に怨恨を抱く青年による、爆発物を使った脅迫事件に巻き込まれ、2人の子どもとともに命の危険にさらされる。結局、主人公親子は九死に一生を得、事件は解決を見るが、主人公は銀行を辞め、過去、銀行が隠ぺいした不正を世間に公表する道を選ぶ。なかなか見ごたえのある社会派スリラー映画だった。△広安大橋と海雲台の超高層ビル群ただ、「ヲタク」の場合、この映画で一番印象に残ったのは、映画の内容ではなく、その舞台。△海雲台マリンシティー主人公らはみな標準語を話していたが、映画のロケ地はヘウンデ(海雲台)を中心とするプサンだった。△海...韓国映画と釜山海雲台

  • サイコな韓流女子高生

    ■여고괴담5「女子高怪談5」〇〇〇--(1477)2009年に公開されたホラーミステリー。「女子高怪談」シリーズの第5作目。△サイコで邪悪な女子高生は右から2番目成績優秀ながらサイコで邪悪な女子高生から主人公を守ろうとして命を落とした女子高生のゴーストが、主人公を見守りつつ、サイコ女子高生らに報復を加えていく物語。「ヲタク」の趣向には合わない映画だったが、物語の展開には、けっこう引き込まれた。(終わり)サイコな韓流女子高生

  • ゴーストは韓国美女

    ■여고괴담4「女子高怪談4:声」〇〇---(1476)2005年に公開されたミステリーホラー。「女子高怪談」の第4作目にあたる映画だ。この映画では、音楽教師との関係(同性愛)が元で酷いいじめに遭い、自殺に追い込まれた女生徒のゴーストが物語の発端になる。△主人公を演じた女優はキム・オッピン主人公の女生徒は、音楽教師の愛と関心を独占しようとしたことで、ゴーストの嫉妬を買い、殺されてしまう。△主役のゴーストは「ヲタク」好みの韓国美人死後、自らもゴーストと化した主人公は、女教師を殺害することで、自分を死に追い込んだゴーストを同時に消滅させ、復讐を遂げる。その後、自分の存在を脅かす霊能力を持つ女生徒を殺害し、最後に、親友の肉体を奪い取ることで、この世への復活を果たす。△可憐すぎる大粒の涙主演女優は非常に魅力的な(「ヲタク...ゴーストは韓国美女

  • 韓国映画と教室のキス

    ■여고괴담2「女子高怪談2」〇〇〇--(1475)1999年に公開されたホラー映画。「女子高怪談」シリーズの第2作目。内容は、ホラー映画と言うよりも、2人の女子高生の秘められた恋(同性愛)が引き起こした悲劇の物語。周囲の冷たい視線の中、1人は純粋に恋し、1人は自分の恋を恥じた。△2人のカミングアウトとしての教室でのキスそれにしても、恋人が自死し悪霊と化すきっかけを作ってしまった女子高生は最後にどうなったのか?誰にも恥じることのない大切な恋を失ったことに気づかされ、結局、あの世で恋を全うするため、恋人の後を追ったのだろうか?はっきりしない結末が心に引っかかったまま、重い余韻として残る映画だった。(終わり)韓国映画と教室のキス

  • 韓国の悪霊は親日派?

    ■여고괴담「女子高怪談」〇〇〇--(1474)1998年に公開されたホラー映画。「女子高怪談」シリーズの原点にあたる作品だ。教師や級友たちにいじめられていたムダン(霊能者)の娘が、親友と信じていた友人からも裏切られた末、校内で不慮の事故に遭い命を落とす。その後、彼女の霊魂は卒業も昇天もできないまま、本当の友人を求め、ずっと校内をさ迷い続けている..。「ヲタク」の趣向には合わない映画だったが、なかなか見ごたえのある、悲しい映画ではあった。△悪徳教師による体罰の風景この映画では、悪徳教師による体罰の場面と、主役の女子高生が鉛筆を使って霊を呼び出そうとする場面が印象に残った。△「ブンシンサマ、ブンシンサマ、オイデクダサイ」(日本語で)これまでも韓国映画で何度か目にしたことのある、いわゆる「ブンシンサマ」(分身様/こっ...韓国の悪霊は親日派?

  • 韓映画と巨大マンション

    ■괴기맨숀「怪奇マンション」〇〇〇--(1473)2021年に公開されたホラーミステリー。老朽化した巨大マンションで起きた、奇妙な怪奇現象の数々をオムニバス形式で描いた作品。韓国流「世にも奇妙な物語」と言ったところか。「ヲタク」の趣向には合わない映画だったが、物語の展開にはけっこう引き込まれた。この映画では、ロケ地になった巨大マンションが印象に残った。旧式にしろ新式にしろ、この種の巨大マンションは、ある意味、現代韓国を象徴する住居形態である。日本では、あまり目にできない。(終わり)韓映画と巨大マンション

  • 韓国映画と数えの19

    ■열아홉「18才」〇〇---(1472)2021年に公開されたインディーズ系の青春ドラマ。病気の母親と2人で暮らしていた高校3年生の女生徒が、母親の死に直面する。△困難な現実に投げ出された高校3年生困難な現実の中、自らを見失いかける彼女だったが、実習先で出会った友人の助けを得ながら、なんとか新しい一歩を踏み出す。重い内容ではあったが、なかなか見ごたえのある映画だった。なお、題名の「열아홉」とは、数え年での19才を意味しており、満年齢では18才。(終わり)韓国映画と数えの19

  • 韓映画と光州の報復劇

    ■여고괴담6모교「女子高怪談6-母校」〇〇〇--(1471)2021年に公開された社会派のホラーサスペンス。物語の舞台は、光州市内の私立女子高校。光州事件の際、戒厳軍に親友を殺害され自らは性的暴行の被害を受けた女性が、心に深い傷を抱えたまま教師となり、40年ぶりに教頭として母校に赴任する。母校では、事件当時、学校の評判を守るため、生徒の受けた被害を隠ぺいした担任の女教師が、現在、校長として、理事長の甥(男性教師)による女生徒に対する度重なる性犯罪を隠ぺいしていた。△学校の闇に迫る女生徒と教頭1人の女生徒とともに学校の闇を暴こうとする女性教頭に、再度、命の危機が迫る。ついに、女性教頭は、元加害兵士の用務員、校長、そして理事長の甥らに対し、犠牲者らの霊の力にも助けられながら、私的な報復を加えて行く。なかなか見ごたえ...韓映画と光州の報復劇

  • 韓映画とヤクザと作家

    ■나두야간다「俺も行く」〇〇〇--(1470)2004年に公開された異色のヤクザコメディ。主役は、巨大ヤクザ組織の会長と彼の自叙伝を執筆することになったドジでお調子者の三流作家。△すっとぼけた演技が持ち味のチョン・ジュンホ(右)2人の出会いがハチャメチャな「化学反応」を引き起こした結果、会長は引退し一目ぼれした女性と結婚する。そして、自ら自叙伝を執筆し、作家となる。一方、ドジな三流作家は、とんとん拍子に組織の会長に成り上がりハッピーエンド。深みはなかったが、それなりに楽しめた映画だった。△舞台あいさつするチョン・ヨションまた、会長の人生を大きく変えたマドンナ役を演じた女優チョン・ソヨンも、実にキュートで、いい味を出していた。(終わり)韓映画とヤクザと作家

  • みじめなチャジャン麺

    久しぶりにマ・ドンソクの痛快なアクション劇が見たくなり、「無双の鉄拳」(鑑賞番号530)を再鑑賞した。韓国語の聞き取り学習を目的とした映画鑑賞にも、たまには純粋に娯楽を目的にした息抜きの時間があっていい。期待に違わず、今回の鑑賞でも前回に勝るとも劣らない、実に楽しい時間が持てた。気持ちもスカッとした。ところで、この作品にもチャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)が登場していたことには驚かされた。△がらんとした暗い部屋で1人、ズルズル、チャジャン麺を食べる男やはり、韓国映画は「ヲタク」に、チャジャン麺のことまでは忘れさせてくれないようである。△犯行車両の名義上の持ち主はチャジャン麺を食べていたこの作品では、賭博にのめり込んだ挙句、車のナンバープレートと名義まで売った男が、がらんとした部屋の中で安酒を飲みながら、出前の...みじめなチャジャン麺

  • チャジャン麺に粘着

    最近は韓国映画の中に登場するチャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)に粘着している「ヲタク」。もうしばらくは、この粘着が続きそうである。先日、再鑑賞した「犯罪の女王」(鑑賞番号391)には、2つのシーンでチャジャン麺が登場した。1つは、主人公のアジュモニ(おばちゃん)が、引きこもりがちの女性浪人生(警察官採用試験)に接触しようとしたシーン。△配達人の姿は一切、登場せず出前箱のみアップで登場アジュモニは、浪人生が出前を取り、アパートのドアを開けた瞬間をつかまえた。△チャジャン麺に手を伸ばす女性浪人生この時、浪人生が取った出前が、定番のチャジャン麺だった。2つめは、アジュモニがアパートの管理事務所を訪れた時。浪人生相手に「合格湯」なるいかがわしい自家製サプリも売りさばいている管理人たちが、出前の中華を食べていた。△韓国...チャジャン麺に粘着

  • 初めてのチャジャン麺

    ■내겐너무소중한너「僕にはとっても大切な君」〇〇〇〇〇(1469)2021年に公開されたインディーズ系のヒューマンドラマ。借金を抱えたうだつの上がらない独身男が、母親を亡くした視聴覚障がいの少女と出会い、紆余曲折の末、親子になるまでを描いた感動の物語。特に、子役の名演技には中高年の「ヲタク」も強く涙腺を刺激されてしまった。見ごたえのある、いい映画だった。△割箸で容器のフチを強く擦り、ラップに裂け目を入れるこの映画では、「ヲタク」こだわりのチャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)が、男と少女を近づける非常に重要な役割を果たした。△ラップを破り取ると言っても、最初から少女がチャジャン麺を好きだったわけではない。△麺をチャジャンソースに絡める少女の唯一の好物はパンだった。△小皿に盛られたチャジャン麺を手にし、匂いを嗅ぐ少...初めてのチャジャン麺

  • バカップルとチャジャン麺

    ■B급청춘「B級青春」〇----(1468)2021年に公開されたインディーズ系の青春ドラマ。△主人公は映画学科で学ぶ学生たち芸術大学の映画学科で学ぶ学生たちが、様々な問題を乗り越えながら、映画製作に取り組む姿を描いている。「ヲタク」の趣向に合わない上に、物語の展開も散漫だったせいで、正直、最後まで鑑賞することに苦痛を感じた作品だった。△チャジャン麺を混ぜるシーンただし、どんなに退屈な映画であっても、とりあえずチャジャン麺(韓国式ジャージャー麺)さえ登場すれば、それなりに楽しめてしまうから不思議だ。△チャジャン麺好きのバカップル「ヲタク」のチャジャン麺に対するこだわりは、もはや愛着に近い。△箸に麺を巻き付け、上品に(?)チャジャン麺を食べる女性この映画では、チャジャン麺好きなバカップルが登場し、「ヲタク」の目と...バカップルとチャジャン麺

  • 正義の主人公は修行僧

    ■제8일의밤「第8日の夜」〇〇---(1467)2021年、ネットフリックスを通じ公開された韓流オカルトミステリー。2500年前に仏陀の力により封印された妖怪が、韓国での復活を目論む。妖怪が復活すれば、この世は闇に覆われ、苦しみだけが存在する地獄と化す。△主人公は修行僧妖怪の復活を阻止するために活躍するのは、特殊な霊能力を持つわけありの中年僧と修行中の青年僧、それに若い女性ムダン(霊能者)。「ヲタク」の趣向には合わない映画だったが、物語の展開にはけっこう引き込まれた。(終わり)正義の主人公は修行僧

  • 韓映画とベトナム戦争

    ■하얀전쟁「ホワイト・バッジ」〇〇〇〇-(1466)1992年に公開された反戦映画。ベトナム戦争に従軍した韓国人記者の小説を映画化した作品だ。△戦場の恐怖と混沌、そして絶望が人間の精神をも破壊していく物語は、1970年代末の韓国を背景に、韓国兵が経験したベトナム戦争の惨状や、九死に一生を得て帰還した後も続く元兵士たちの苦しみと悲劇をヒューマンな視点から描いている。韓国人の視点からベトナム戦争の不条理を描いた、なかなか見ごたえのある作品だった。(終わり)韓映画とベトナム戦争

  • 釜山のロシアンバー

    △映画「タイフーン」に登場したウラジオストク中央広場韓国映画を見ていると、たまにプサン駅前の草梁洞が登場し、「ヲタク」を喜ばせてくれる。「ヲタク」にとって草梁洞は、妻の故郷であると同時に最もなじみ深い韓国なのだ。△映画「タイフーン」に登場した「釜山ロシアタウン」タイやロシアなど海外でもロケが行われたスケールの大きなアクション映画「タイフーン」(鑑賞番号212)では、草梁洞の中華街一帯がロシアタウンとして登場する。△ロシアタウンを歩くロシア人女性撮影時にはロシア人のエキストラも多く配置したのだろう。△実在の店「камчатка」(カムチャツカ)の一部が写っている映画で見るロシアタウン(プサン中華街)は、とても韓国の街とは思えない。△そこが韓国とは思えないロシアタウンそんなに長いシーンではなかったが、映画「タイフー...釜山のロシアンバー

  • 韓映画と雨宿りとキス

    ■트리플-해볼까?「トリプル-やってみようか?」〇〇---(1465)2020年に公開されたインディーズ系の短編映画。女性と女性、男性と女性、男性と男性の3組のカップルが同じシチュエーション、同じセリフで、雨宿りの初キスを「やってみる」。何とも不思議なオムニバス映画だった。ただ、それぞれ性的な指向は異なっていても、人と人が惹かれ合い恋する気持ちは同じなのだ、というメッセージは、十分に感じ取れた。(終わり)韓映画と雨宿りとキス

カテゴリー一覧
商用