searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
本くらべ覚え書き https://readingbooks1.blog.fc2.com/

新刊本や特定分野の本を集中的に読み、その感想を淡々とつづるという 自分向け書評とも言えるブログです。その本の特色をメインに記録します。

Readingbooks
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/05/02

1件〜100件

  • レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン

    レイチェル・クーのスウェーデンのキッチン/レイチェル・クー2019年10月20日/303ページスウェーデンの食品棚から SPRING SUMMER AUTUMN WINTER 調味料、ピクルス、ジャムなど    料理研究家(?)によるスウェーデン料理のレシピ本です。料理の写真が比較的大きいサイズなため、その料理の細部まで見られるのがいいですね。なぜか、著者の写真もところどころに出てきま...

  • SINGHA

    SINGHA THE ORIGINAL THAI BEER 原材料:麦芽、ホップ、糖類アルコール分:5%キャッチフレーズ:一番搾りから醸造され、独特で豊かな味わいが加わったビールは、アジアンスタイルならではのバランスの取れたスパイシーな味わいを持ち、時には華やいだ気分をさらに盛り上げるアイテムとして、愛され続けています。シンハー(タイ)というビールをいただきます。これといって特徴がない気がしますが、飲みやすい。それ...

  • ポルトガル、西の果てまで

    ポルトガル、西の果てまで/福間 恵子2021年9月20日/245ページ目次 ポルトガルと出会う ポルトガル、西の果てまで 映画のポルトガル 旅の終わりは、次の旅のはじまり―あとがきにかえて    ポルトガルの旅行記+ポルトガル映画の紹介です。こういう構図を見ていると、ポルトガル人の自国の食への根強さがうかがえる。リスボンやポルトのような都会でも、他の国に比べると外国料理店はとても少ない。...

  • ポルトガルの建築家 アルヴァロ・シザ

    ポルトガルの建築家 アルヴァロ・シザ/伊藤 廉20209月10日/411ページ    レストラン、プール、住宅団地、教会、銀行、大学、特定の地区、美術館など様々なものをデザインした建築家について、ポルトガルの歴史や文化などを交えて解説しています。 建築の本であり、設計図や写真が多いため、読破するにあたってはページ数から想像されるような時間はかかりません。「そこに絶景があるならば、全面ガ...

  • わかりやすく教える 小学校6年間の算数

    わかりやすく教える 小学校6年間の算数/小澤 淳2022年3月1日/255ページ目次 数と計算 図形 測定 変化と関係 データの活用 中学入試レベルにチャレンジ!    自分の子どもが苦手になってしまった時のための本だそうです。要点、ポイントが明確にし、小学校での教え方に即していることなどに配慮したそうです。子どもに教える機会がなくても、いまの小学生はこんなことを学んでいるんだ、という...

  • 年収300万円からのFIRE入門

    年収300万円からのFIRE入門/西野 浩樹2022年2月8日/285ページ企業に就職したら「自由」は手に入らない サラリーマンが賢く生きるためのお金の知識 FIREに必要なお金をつくろう リタイアするならどんな投資がいい? 不動案投資で最速でFIREする 実際にFIREしてわかったこと 資本主義に縛られない自由な生き方をしよう 幸福なFIREをするための作戦    アーリーリタイヤの本...

  • 新・孫子の兵法

    新・孫子の兵法 誰もが「企業家」でないと生き抜けない時代のビジネス戦略/田口 佳史2022年3月5日/206ページ目次 計篇 作戦篇 謀攻篇 形篇 勢篇 虚実篇 軍争篇 九変篇 行軍篇 地形篇 九地篇 火攻篇 用間篇    今こそ孫子の教えが必要な時代であるとして、新解釈を行った本だそうです。そして、「絶対死なないためには、どうすればよいか」の原理原則をも解説しているとのことです。 ただし...

  • 若本規夫のすべらない話

    若本規夫のすべらない話/若本 規夫2022年4月30日/207ページべらない秘話 若本規夫ができるまで 声優との出会い 起死回生の鍛錬 新生・若本規夫    誰でもその声、しゃべりを聞いたことがあるであろう声優・ナレーターへのインタビューです。第一人者と言われている人でもそれなりの悩みはあるものです。「いい家庭に生まれて、いい両親に恵まれて、いい学校を出て、いいところに就職して、理想的...

  • ドイツの田舎町

    ドイツの田舎町 ヨーロッパ史の舞台を歩く/谷 克二、武田 和秀、鷹野 晃2006年5月29日 第3版第1刷発行/248ページ目次 ライン・モーゼル川流域の町 黒い森の町 ミュンヘン周辺と南ドイツの町 ロマンチック街道の町 ベルリン、ライプチヒ周辺の町 ドイツ北部の町     日本ではあまり知られていない個性的で魅力的な小さな町、村などを紹介。地域別にまとめられています。写真が多い本は、やはり読んで...

  • BODY SHARING 身体の制約なき未来

    BODY SHARING 身体の制約なき未来/玉城 絵美2022年4月5日/319ページ目次 誰か一人の体験が世界を輝かせる 感覚伝達とインターフェース ――新しいメディアの創造 BodySharing ――体験を入出力する未来のデヴァイス サイバーとフィジカルが融合する世界 変容する脳と身体――ポストヒューマンへの解放 溶け合う心と知の変容――データ駆動社会における能動的誤配と自由意志 未来を創造する――2050年自己複製化[マルチスレ...

  • CBDC 中央銀行デジタル通貨の衝撃

    CBDC 中央銀行デジタル通貨の衝撃/野口 悠紀雄2021年11月15日/229ページ目次 リブラが口火を切ったデジタル通貨 CBDCの仕組みと必要性 デジタル人民元は大きな脅威となる 中央銀行デジタル通貨は社会の基本を変える ビットコイン創始者は「国の管理から自由な通貨」を求めた 「デジタル円」の前に立ちはだかる厚い壁 パラダイムの転換に成功した社会が未来を拓く デジタル通貨時代に向けての5つの...

  • ナイチンゲールはなぜ戦地クリミアに赴いたのか

    ナイチンゲールはなぜ戦地クリミアに赴いたのか/玉井 史絵 ほか2022年2月20日/179ページ目次 クリミア戦争はどのような戦争だったのか ナイチンゲールはなぜ戦地に赴いたのか 「ランプを持つ貴婦人」の誕生 時を超えるナイチンゲールのメッセージ 「タイムズ」紙と戦争ジャーナリズム アレクシス・ソイヤーとナイチンゲール もう一人のクリミアの天使 クリミア戦争とトルストイ─作家という残酷な生き物   ...

  • 屈辱の数学史

    屈辱の数学史 A COMEDY OF MATHS ERRORS/マット・パーカー(Humble Pi by Matt Parker, 2019)2022年4月15日/478ページ時間を見失う 工学的なミス 小さ過ぎるデータ 幾何学的な問題 数を数える 計算できない 確率にご用心 お金にまつわるミス 丸めの問題 あまりにも小さな差 単位に学習……どうしてこうも我々の社会はややこしいのか 統計は、お気に召すまま? ランダムさの問題 計算をしないという対策 ...

  • 「世界基準」で動け 新時代の人生サバイバル戦略

    「世界基準」で動け 新時代の人生サバイバル戦略/山本 康正2022年2月1日/191ページ目次 世界の最先端企業が求めている人材とは? 「伸びる業界、衰退する業界」の見極め方 これからの時代を生き抜くための「5つのスキル」 自分の人生をデザインする思考法 特別対談 南場智子×山本康正「船が沈んでも、泳げる力をつけていく」    自分で考えてキャリアを重ねていきましょうという本。学歴よりも個人...

  • 絶景の成り立ちを学ぶ

    絶景の成り立ちを学ぶ ビジュアルで身につく「大人の教養」/山口 耕生 監修2022年2月20日/159ページ目次 「大地」の絶景 「水」の絶景 「火」の絶景 「生命」の絶景 「気象」の絶景    変わった景色を解説する写真図鑑といった感じの本です。ほとんどが、世界各地の特異な絶景の説明ですが、最後の「気象」については、蜃気楼など各地でみられるものとなっています。「ビジュアル」を謳うのであ...

  • 最新 ホテル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本

    最新 ホテル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本/中村 恵二、榎木 由紀子2022年3月1日/195ページ目次 ホテル経営を取り巻く環境の変化 ホテル業の全体像 ホテルのサービスマインドと経営の仕組み ホテルの発展史とホテル業界のいまを知る インターネット時代のホテル業 これからのホテル業界と経営戦略    日本のホテル業界の歴史や経営の仕組みのほか都市での役割などを解説。「カラクリ」という...

  • ビジネスモデルの未来予報図51

    ビジネスモデルの未来予報図51/齊田 興哉2022年2月5日/223ページ    特定のテクノロジーに着目し、将来どのように発達し、どのようなビジネスに活用されていくのかを予測した本です。興味を持って楽しんでもらうように、エンターテイメント性も重視したとのこと。30年後にまた読みたいですね。他にも、「スマートトイレ」の開発に世界各国が取り組んでいる。例えば、スタンフォード大学は、便器に取り付けら...

  • 古いぬいぐるみのはなし

    古いぬいぐるみのはなし/田村 ふみ湖2022年2月16日/95ページ    適切な書名をつけるとしたら「 ぬいぐるみとわたしの想い出 」でしょうか? まず、個人が持っているぬいぐるみの写真があり、その個人とぬいぐるみとの関わりが語られます。その個人の中には、意外にも男性が一定数いらっしゃいます。 そして、そのぬいぐるみは、ほとんどどれも顔立ちなどが必ずしも「整って」いないのが、納得というかな...

  • トヨタのリーダーシップレッスン

    トヨタのリーダーシップレッスン/ケイティ・アンダーソン(Learning to LEAD, Leading to LEARN by Katie Anderson, 2020)2022年2月1日/343ページ学び導き導き学ぶ―「トヨタにたった一つの秘密があるとすれば、それは、学ぶという姿勢でしょう」 学び導く― 基本的なリーダーシップのためのレッスン 導き学ぶ― 自分以外の人々の成長を助ける 失敗を振り返る― トヨタの水上スキーボートビジネス 振り返り前を向く ...

ブログリーダー」を活用して、Readingbooksさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Readingbooksさん
ブログタイトル
本くらべ覚え書き
フォロー
本くらべ覚え書き

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用