chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
”ダメ人間”の生き方ブログ https://dame-ningen-ikikata.com/

長文を読むことが苦手の為に、1ブログを5~6つの記事に分け、更に1行の単語数を少なくして投稿しております。 人生やこころに悩み・苦しみ・生きづらさを感じている方々の、「より良い明日のヒント」になったら嬉しいです。

鬼野子と書いて「きのこ」と申します。 2年前に鬱・ADHDを理由に勤めていた会社を休職→退職しました。 現在は社会復帰に向けて、療養中です。 何とかお金を生み出そうと考え、ブログを始めました。 趣味は、イラスト・漫画の製作、ゲーム、PCいじり、凝った料理です。

鬼野子
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2022/01/14

arrow_drop_down
  • 「楽をする」ことについて[その3]

    「「楽をする」ことについて」のその3です。 今回は父の話を聞いて、私が解釈した「楽をすること」についてを語ってまいります。 必要最低限の労力で、100点満点を目指さない。 私はいつも全力まっすぐな超不器用なので、「賢い」生き方をできませんでした。

  • 「楽をする」ことについて[その2]

    「「楽をする」ことについて」のその2です。 今回はこの記事を書くきっかけについて、改めて語ってまいります。 「その1」と内容がかぶっていたり、端々に私怨が混じっていたりしますが、「各内容に困ったんだな」と、生暖かい目で見ていただければ幸いです。

  • 「楽をする」ことについて[その1]

    アイディアマンだった父の発想の源流を聞いてみたところ、「自分が楽をすること」ということでした。 今回の記事は、自分が「楽をすること」と、それを今後の人生にどう生かせるかについてを考えていきます。 「自分が楽をする」という発想はありませんでした。

  • 筆者が始めた、メンタルヘルスのための4つの筋力トレーニング

    「筋トレ始めました。」のSEO対策記事です。 「筋肉は裏切らない」のか? その単純な疑問を解決するために、今、男の壮大な旅が始まる。 みたいな感じの内容っぽく映ったらいいなぁ、と思っております。 まぁ無理かもしれないですが。 今日も筋トレ頑張ります。

  • 筋トレ始めました。[その6]

    「筋トレ始めました。」のその6です。 今回はこれまでの記事をまとめさせていただきました。 同じ内容を繰り返してばっかりになりましたが、ノリと勢いで記事を書いているので、許してください。 「筋肉モリモリマッチョマンの変態」目指して継続していきます。

  • 筋トレ始めました。[その5]

    「筋トレ始めました。」のその5です。 今回は今後の展望、目標について語っていきたいと思います。 各100回、ムキムキボディ、「筋肉は裏切らない」を決め台詞・合言葉にしたいといった目標があります。 無理せず、コツコツ、少しずつ継続したいと思います。

  • 筋トレ始めました。[その4]

    「筋トレ始めました。」のその4です。 今回は現時点での変化についてまとめてみました。 初めてまだ一か月もたっていないので、目に見える結果が得られておりません。 思い過ごしかもしれないものを上げると、気分が少し上向き、自信がついたような気がします。

  • 筋トレ始めました。[その3]

    「筋トレ始めました。」のその3です。 今回は現在行っている筋トレのメニューです。 内容としてはオーソドックスなものですが、機器を使って補助しながら行っております。 機器を使ったり、セット間に休憩をはさんだりと、無理せずメニューをこなしております。

  • 筋トレ始めました。[その2]

    「筋トレ始めました。」のその2です。 今回は筋トレを始めた経緯について、改めてまとめてみました。 「コロナでの運動不足」「筋トレが心に与える盈影響が知りたい」という2つが、筋トレを始めた理由です。 ブログが様々な方向に展開できると考えております。

  • 筋トレ始めました。[その1]

    今回の記事は、最近筋トレを始めたので、そのことを記事にしてみました。 「筋トレは心の健康にいい」という話が本当なのか気になったのと、コロナで運動不足だったのでこの度始めました。 「筋肉は裏切らない」を合言葉にしたブログにしていきたいと思います。

  • [学生向け]筆者がテストの点を伸ばした勉強法

    「テストの点は、多分こうすると伸びる」のSEO対策記事です。 今思い返してみると、「なんか記事にするほど特別なこと言っていない」と思いました。 まぁ私の記事って、そんなものばっかりだったなと、今更思いました。 それに自分が「当たり前」と思っていることが、実は他の人にとってはそうでないかもしれませんね。

  • [学生向け]テストの点は、多分こうすると伸びる[その6]

    「テストの点は、多分こうすると伸びる」のその6です。 今回の内容が、多くの学生さんの現状の苦しみを解消する手助けになったら、うれしいです。 当たり前と思われることを記事にさせていただきましたが、人にとっては、当たり前ではないのかもしれませんね。

  • [学生向け]テストの点は、多分こうすると伸びる[その5]

    「テストの点は、多分こうすると伸びる」のその5です。 今回は噴出しそうな不満への回答です。 私はそう感じませんでしたが、確かにその日の全授業の復習を、毎日やるのはめんどくさいと思います。 だからこそこの方法は、自発的にやることが大切だと思います。

  • [学生向け]テストの点は、多分こうすると伸びる[その4]

    「テストの点は、多分こうすると伸びる」のその4です。 今回は大学時代の成績についてを気持ちよく語っていきます。 トップにはなれませんでしたが、成績は学科内でかなり上位で、親から「どうせいいんだから、成績は見せなくていい」と言われるくらいでした。

  • [学生向け]テストの点は、多分こうすると伸びる[その3]

    「テストの点は、多分こうすると伸びる」のその3です。 今回は本題である、点数を上げる方法です。 やっていることは非常に簡単です。 それは、「家に帰ったら、即復習」です。 ノートをまとめなおすことで、情報整理やわからないところのあぶり出しができます。

  • [学生向け]テストの点は、多分こうすると伸びる[その2]

    「テストの点は、多分こうすると伸びる」のその2です。 今回は筆者の、テストに関する黒歴史を語っていきたいと思います。 「私だって学生時代、成績は低いぞ」っていう、アピールです。 成績低かったからこそ、今回の話には信ぴょう性が出ると考えております。

  • [学生向け]テストの点は、多分こうすると伸びる[その1]

    今回は学生向け記事第三弾です。 大学時代に私がやっていた勉強方法をご紹介させていただきます。 高校生まで成績は散々なものでしたが、大学で私が実践した勉強方法で、格段に良くなりました。 同じ悩みを抱える学生の皆様のために、記事にさせていただきます。

  • [学生向け]”課題”が終わらない2つ要因と3つの対策と1つの大切な事について

    「課題が終わらない話」のSEO対策記事です。 書いていることは、言われてみれば当たり前のことかもしれません。 ですが、困って生きづらさを感じている人の助けに、このブログが少しでもなったら、これほどうれしいことはないです。 この記事もその一つです。

  • 課題が終わらない話[その6]

    「課題が終わらない話」のその6です。 今回は今までの内容をサラッとまとめたものとなっています。 このブログで何度も言っていますが、大切なのは自分と向き合うことです。 自分を苦しめる正体を見つけることで、人生はより良い方向に向かうと、私は考えます。

  • 課題が終わらない話[その5]

    「課題が終わらない話」のその5です。 今回はもう一つ大切な事として、「自分を責めすぎない」についてを書いていきます。 遊んでしまって自分を「ダメ人間」と責めている人に、伝えたいです。 反省する気持ちを原動力に「めんどくさい」と向き合ってください。

  • 課題が終わらない話[その4]

    「課題が終わらない話」のその4です。 今回は課題を終わらせるの、私が考える3つの対策についての記事です。 本記事の、恐らく読者の皆さんが一番知りたい部分と思われます。 「小さく始める」「コツコツ進める」「ご褒美タイム」、この3つが良いと思います。

  • 課題が終わらない話[その3]

    「課題が終わらない話」のその3です。 今回は課題が終わらないことにかかわる、筆者の思い出というか黒歴史の話を一つ。 それは高校時代の夏休みの話で、残り僅かに差し掛かったところで、徹夜して必死に課題を終わらせた話です。 クオリティはひどいものです。

  • 課題が終わらない話[その2]

    「課題が終わらない話」のその2です。 今回は課題が終わらない原因について考えていきます。 「だからそんなの逃げているだけだろ」と思われるかもしれませんが、それで終わってしまっては、当ブログ自体がその一言で終わってしまいます。 2つ、考えられます。

  • 課題が終わらない話[その1]

    今回は、学生さん向け記事の第二弾として、学生の不倶戴天の宿敵「課題」についてのお話です。 楽しいことが目の前にちらついて、課題が終わらない。 そんな皆様の為の記事となっております。 「そんなの逃げてるだけ」で片づけないのが、当ブログでございます。

  • 私は人を教える立場にならない方がいいと思う

    「私は人を教える立場にならない方がいいと思う」のSEO対策記事です。 今回の記事は、比較的ネガティブな内容になっておりますが、個人的には「ネガティブな内容を前向きに考察している」と思っております。 私の、そして皆さんの役に立つと考えております。

  • 私は人を教える立場にならない方がいいと思う[その5]

    「私は人を教える立場にならない方がいいと思う」のその5です。 今回は、文章の流れが乱れてしまったのではないかなと思い、今までの内容を整理する名目でまとめてみました。 完璧主義・凝り性と向き合って、付き合っていけるよう、対策を考えていきたいです。

  • 私は人を教える立場にならない方がいいと思う[その4]

    「私は人を教える立場にならない方がいいと思う」のその4です。 今回は、完璧主義と凝り性ゆえに失敗とかが許せないのは分かった。 じゃあそれを踏まえてどう生きていくの?ということについて書いていきます。 今は、完璧主義と凝り性を意識しようと思います。

  • 私は人を教える立場にならない方がいいと思う[その3]

    「私は人を教える立場にならない方がいいと思う」のその3です。 今回は自分の完璧主義と凝り性が、人を教えるのにいかに障害になっているかについて語っていきます。 自分と他人の「失敗」が許せず、自分の中にある「完璧」から脱線することが許せないんです。

  • 私は人を教える立場にならない方がいいと思う[その2]

    「私は人を教える立場にならない方がいいと思う」のその2です。 今回は、私が思う「人を教えるのに必要な事」をまとめてみました。 相手を委縮させない・対等な立場であり続けるかつ感情を抑えてフラットに接するというのが、人を教えるのに大切だと思います。

  • 私は人を教える立場にならない方がいいと思う[その1]

    今回は、「私は人を教える立場にならない方がいいのでは?」とふと思って書いた記事です。 完璧主義と向き合おうとする過程で、「モラハラ・パワハラ人間なんじゃ?」と思ったのを、膨らませました。 人に理不尽にキレてしまうので、向いていないのでしょうね。

  • 全てが憎いあなたへ

    疲れもあって、入りやすくなった怒りのスイッチが入り、イライラしていました。 どうせならこのイライラを、自分なりの対処法を添えて文章化し、皆さんと共有しようと記事にしました。 イライラしたら、「イライラしている」と認識して人と距離を置いています。

  • ド下ネタ記事第二弾[その5]

    「ド下ネタ記事第二弾」のその5です。 今回は独断と偏見・ノリと勢いで押し通してきたものを、きれいに締めくくったっぽくするために、まとめました。 自分史上最高にグダグダになったのですが、このまま押し通ります。 合言葉は! 「細けぇ事ぁいいんだよ!!」

  • ド下ネタ記事第二弾[その4]

    「ド下ネタ記事第二弾」のその4です。 今回はこの違和感ある描写の原因は何だろうという考察です。 筆者の勘違いという可能性がどんどん大きくなっておりますがそれっぽい理由を3つ見繕ってみました。 まぁ言いたいことはひとつ。 「細けぇ事ぁいいんだよ!!」

  • ド下ネタ記事第二弾[その3]

    「ド下ネタ記事第二弾」のその3です。 今回はじゃあ何処やねんという話です。 結論言いますと小と大の穴の間にあります。 正直ここまで調べて思い返してみて「俺の勘違いなんじゃ・・・」って思いましたが、ネタ記事だしまぁいっか。 ノリと勢いで推し通ります。

  • ド下ネタ記事第二弾[その2]

    「ド下ネタ記事第二弾」のその2です。 今回はこれから取り扱うネタについて、ゆっくりじっくりねっとりと解説していきます。 18禁の創作物における女性器の位置に、違和感を感じることについて記事にしてまいります。 出る穴に入れてどうすんねんって話です。

  • ド下ネタ記事第二弾[その1]

    今回はネタが降って湧いたのでド下ネタ記事第二弾です。 「18禁の創作物における女性器の位置について」を取り扱います。 違和感があるんですよね。 というわけでそういうことを取り扱っていきますので、ノリと勢い・独断と偏見のオンパレードでお送りします。

  • アンチに悩むあなたへ

    アンチって色々なところに沸いて、油汚れの様にしつこく百害あって一利もないですよね。 そんなアンチに傷つく人達の為の記事を書きました。 将来の自分の為にもなると思うので。 満面の笑顔で中指を突き立て、ごきげんようと言って容赦せずブロックしましょう。

  • ブログ開設一周年記念記事

    「ブログ開設一周年記念記事」のSEO対策記事です。 今回の記事で、心の中にある皆様への感謝の気持ちを、余すとこなく表現できたかはわかりません。 ですが、今表現できる限りの感謝の気持ちを、記事にできたのではないかと思います。 ありがとうございます。

  • ブログ開設一周年記念記事[その4]

    「ブログ開設一周年記念記事」のその4です。 今回はこのブログをどう運営していくかについてを、記事にしました。 Instagramの投稿を強化し、Twitterでもフォロワーを増やし、今付き合いがある皆さんとの関係を、強化していこうとも思います。

  • ブログ開設一周年記念記事[その3]

    「ブログ開設一周年記念記事」のその3です。 今回は、皆様への感謝の気持ちを詰め込んだ記事を書きました。 相手をしてくれて、読んでくれて、皆さま本当にありがとうございます。 これからも記事を更新させていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。

  • ブログ開設一周年記念記事[その2]

    「ブログ開設一周年記念記事」のその2です。 今回は、当ブログ開設から今日までの軌跡を、超ざっくり書いていきます。 色々なものに苦しみ、自分の存在意義を疑い、ネガネガしていましたが、 Twitterでたくさんの方と交流して、読者が一気に増えました。

  • ブログ開設一周年記念記事[その1]

    当ブログ開設一周年を記念して、今回はお礼と今後の展望を記事にしてみました。 この一年、「もうやめてしまいたい」と何度も思いましたが、たくさんの人に支えられ、今日まで更新してきました。 そんな皆様への感謝の気持ちを、できる限り詰め込んでみました。

  • 最近になってわかるようになった父の話について、メンタルヘルスブロガーの考え

    「最近になってわかるようになった父の話について」のSEO対策記事です。 幼かった時にはわからなかったことが、理解できた話を記事にしました。 今回も小さな気付きから、多くを学べたと思います。 今後も気付きや学びを皆様と共有できたらいいなと思います。

  • 最近になってわかるようになった父の話について[その5]

    「最近になってわかるようになった父の話について」のその5です。 今回は今回の気付きを通して今後自分はどう生きていきたいかを考えていきます。 入ってきた情報をそのまま鵜呑みにするのではなく、時間をかけてゆっくり咀嚼し消化できたらいいなと思います。

  • 最近になってわかるようになった父の話について[その4]

    「最近になってわかるようになった父の話について」のその4です。 今回は最初の三つ目、「生きることの残酷さ」の話を記事にしていきます。 「生きるということは、他の命を犠牲にすることなんだ」という言葉に「犠牲にしない生き方がある」と信じていました。

  • 最近になってわかるようになった父の話について[その3]

    「最近になってわかるようになった父の話について」のその3です。 今回は最初の二つ目、「失敗は成功の母」の話を記事にしていきます。 自分の置かれていた環境から、失敗は死に等しいものと考え、恐れていました。 失敗を受け入れ、原因を考え、次回に活かす。

  • 最近になってわかるようになった父の話について[その2]

    「最近になってわかるようになった父の話について」のその2です。 今回は最初の一つ目、「人の生き死にについて」の話を記事にしていきます。 この話を聞いて反発しましたが、今になってその言葉の理解ができました。 今ある生を目一杯大切にしたいと思います。

  • 最近になってわかるようになった父の話について[その1]

    今回は最近になってやっとわかるようになった父の話について記事にしました。 「人の生き死にについて」「失敗は成功の母」「生きることの残酷さ」、この3つについて語っていきたいと思います。 いろいろ知って・考えるようになって、わかるようになりました。

  • 完璧主義との付き合い方について、メンタルヘルスブロガーはこう考え、対策する。

    「完璧主義との付き合い方」のSEO対策記事です。 長いです、ものすごく。 おかげさまで今までで一番のボリュームになりました。 心が疲れている人には、しんどいかもです。 今回の内容が、一人でも多くの人の、より良い明日のヒントになったら、うれしいです。

  • 完璧主義との付き合い方[その7]

    「完璧主義との付き合い方」のその7です。 今回は「漫画制作が億劫になっている問題」の解決方法について考察していきます。 今回は問題の解決方法が思いつかなかったのですが、とりあえずあまりこだわらないことを意識してこれからは漫画を描こうと思います。

  • 完璧主義との付き合い方[その6]

    「完璧主義との付き合い方」のその6です。 前回までで辞める予定が、もう一つ、完璧主義で困っていることがあったので、今回は「マンガが億劫で進まない問題」について、考察していきます。 完璧主義と凝り性が、見事に合わさって、目の前に横たわっています。

  • 完璧主義との付き合い方[その5]

    「完璧主義との付き合い方」のその5です。 今回はこれまでの分析や考察の結果を踏まえて、今後自分の完璧主義とどう付き合っていくか、その対策について考えていきます。 完璧主義を意識し、そしてイライラした・若しくはしそうになったら、すぐにやめること。

  • 完璧主義との付き合い方[その4]

    「完璧主義との付き合い方」のその4です。 今回はせっかくなので、前回の自己否定語録に対して、反証という名のツッコミを入れて、「自分を責めない理由」という視点から、冷静に今回の一連の出来事を、見ていこうと思います。 何より完璧なんて、不可能です。

  • 完璧主義との付き合い方[その3]

    「完璧主義との付き合い方」のその3です。 今回はこういう時に、日ごろ自分にぶつけている言葉についてを改めて書き出してみました。 ひっどい言葉ばっかりですね。 出来ない判定の時の言葉なんて、人に投げかけようものなら最悪訴えられるレベルの暴言ですね。

  • 完璧主義との付き合い方[その2]

    「完璧主義との付き合い方」のその2です。 今回は記事を書くきっかけになった出来事について、自分なりに詳しく分析していきたいと思います。 自分に求めることは山のように高いくせに、「出来ない」の基準だけは低く、すぐに自分に罵詈雑言を浴びせかけます。

  • 完璧主義との付き合い方[その1]

    今回の話題は「自分の完璧主義との付き合い方」です。 オンラインゲームで相手に倒され、机に当たるほどイライラしたり、自分なんて死んだ方がいいとまで思い詰めたり、散々苦しんだのでその原因となった自分の完璧主義との向き合い方について記事にしました。

  • 希死念慮について

    今回はTwitterの呟きから、希死念慮に取り付かれている人に送りたい言葉を記事にしました。 死にたいって思う状態って、生物の最終安全装置である「生存本能」だけで生きている状態だと思います。 ギリギリで生きている状態なので、是非ご自愛ください。

  • 「待ち合わせの時間に遅れる」という課題について、メンタルヘルスブロガーはこう向き合う。

    今回は「「時間」という課題について」のSEO対策バージョンです。 今回も相変わらず長いです、ご注意ください。 なんか在り来りな解決策ですが、解決策ってシンプルな方がいいですよね。 課題が出るたびに、記事にしつつ、解決策を考えていきたいと思います。

  • 「時間」という課題について[その4]

    「「時間」という課題について」のその4です。 今回は先に挙げた「時間に遅れる」問題の原因について考えられる対策を並べていきたいと思います。 アラームをかけ、しっかりと調べて、間に合うように行動したいと思っております。 相手の時間を尊重したいです。

  • 「時間」という課題について[その3]

    「「時間」という課題について」のその3です。 今回は、「抱えている時間の問題」について、考えられるその原因を並べていきます。 時間の見積もりが甘い、体調が悪い、気になる事・夢中になりすぎることがある。 この3つは、特性から来るものと考えています。

  • 「時間」という課題について[その2]

    「「時間」という課題について」のその2です。 今回は「抱えている時間の問題」についてダラダラと語っていきます。 「このくらいかかるから、このくらいの時間に出れば大丈夫だろう」という見立てが、よく間違います。 時間の組み立てが甘いのかもしれません。

  • 「時間」という課題について[その1]

    今回は、「時間に遅れる」という、私自身の課題について考えていく記事となっております。 「人との待ち合わせの時間によく遅れる」という悩みを抱える私ですが、せっかくよく「真面目」と言われるのにもったいないので、その原因と対策を考えたいと思います。

  • 何故かイライラしているあなたへ

    執筆しているとき、何もトリガーがないのにイライラしていました。 きっと気圧が下がったとかで、自律神経が乱れたのでしょう。 というわけで、そんなイライラしている人に「こんな言葉をかけてほしいかな?」という言葉を送りたいと思います。 心にふわふわを。

  • 何となく不安なあなたへ

    今回は、「何となく不安になる」という方のための言葉を、記事にさせていただきました。 ぼーっとしていると突然自己否定モードに入って、将来が不安になる事って、ありますよね。 でも不安に感じるってことは、自分を諦めずに行動しようとしているサインです。

  • 学生の為の人間関係について、メンタルヘルスブロガーはこう考える

    「[学生向け]人間関係について」のSEO対策記事です。 今回は短めの記事なので、いつもよりボリュームは少なめです。 私も自分が変わり者だった故に、出る杭を打つように日々精神的苦痛を受けてきました。 通学が苦痛だと感じていたことさえあります。 今思うと、私のこの「耐える」傾向が、心の病につながったのだと思います。

  • [学生向け]人間関係について[その4]

    「[学生向け]人間関係について」のその4です。 今回は前回の内容が、「行かなきゃええやん」で終わったので、「自分ならこうアドバイスができるかな?」というものを記事にしてみました。 精神的苦痛を受けた証拠を残し、相談なりするといいと私は考えます。

  • [学生向け]人間関係について[その3]

    「[学生向け]人間関係について」のその3です。 今回は私の、学校や人間に対する考え方です。 結論から言えば、「つらくて苦しくなるくらいなら行かなくてもいい」、と思っております。 休むなり辞めるなり親や専門機関を交えて相談してみるといいと思います。

  • [学生向け]人間関係について[その1]

    今回は学生の方が恐らく悩んでいるであろう、私が抱えていた問題の筆頭を記事に取り上げてみました。 学校内での人間関係についてを取り上げ、その問題に対して自分の考えを書いてみました。 今回は濁したくないので、あえて「いじめ」という言葉を使いません。

  • [学生向け]人間関係について[その2]

    「[学生向け]人間関係について」のその2です。 今回は考えられる学校内で生徒が抱える、人間関係の悩みについてを、挙げていきたいと思います。 学校は社会の縮図、カーストもあり、派閥もあり、それは決して平等ではないです。 教師との間の関係もそうです。

  • つらさが大爆発したあなたへ

    季節が変わり、気温が下がって、つらさが大爆発している人に送りたい言葉を記事にしました。 「自分何で生きているんだろう」って具合に、私もネガネガしております。 大げさにほめて、エンドレスセルフいい子いい子しましょう。 あったかくしてご自愛ください。

  • 「20代教員に心の病増加」というニュースを読んで、メンタルヘルスブロガーとしての感想と何ができるかの考察

    「「20代教員に心の病増加」というニュースを見て」のSEO対策記事です。 内容は変わりませんが、ボリュームは膨大になっております。 今回の記事を読んでわかったことは、先生というのは沢山のストレスを抱える、大変な仕事ということです。 ご自愛ください

  • 「20代教員に心の病増加」というニュースを見て[その5]

    「「20代教員に心の病増加」というニュースを見て」のその4です。 今回は本題その2、今後自分のブログはどうあるべきか何をすべきなのかについてを、考えていきたいと思います。 今後も記事を更新し続けるすることが、「自分にできること」だと思いました。

  • 「20代教員に心の病増加」というニュースを見て[その4]

    「「20代教員に心の病増加」というニュースを見て」のその4です。 今回は本題その1、記事を読んでの感想を、語っていきたいと思います。 変化の時なのかなと思いました。 時代が変わり人と組織の在り方が変わり、古い体質のせいで現れた問題だと感じました。

  • 「20代教員に心の病増加」というニュースを見て[その3]

    「「20代教員に心の病増加」というニュースを見て」のその3です。 今回は記事内で書かれていた、20~30代の若手の小学校教員の間で精神疾患による休職・退職が増えている4つの背景を、詳しく見ていきます。 鎖のように、連なっている印象を受けました。

  • 「20代教員に心の病増加」というニュースを見て[その2]

    「「20代教員に心の病増加」というニュースを見て」のその2です。 今回は本題に入る前に、記事の内容を見ていきたいと思います。 「対処困難な児童・生徒への対応」をきっかけに、20~30代の小学生教師で、精神疾患の休職・退職が増加しているそうです。

  • 「20代教員に心の病増加」というニュースを見て[その1]

    今回は「20代の心の病増加」というワードがTwitterでトレンド入りしていたので、その記事を読んでみて、その感想と今後私のブログが何ができるかを考えてみたいと思います。 鬱で退職した身として、非常に気になるニュースだったので取り上げました。

  • なんだか切ないあなたへ

    Twitterにて、「切ない」というつぶやきを見かけたので、これはネタにしなくてはと思い、書きました。 今回の記事はどっちかと言えばアドバイス色が強くなってしまいました。 ですが、「発散する」「文字化する」というのは、本当に効果があることです。

  • チャーシューのお時間です。[その6]

    「チャーシューのお時間です。」のその6です。 今回は、今までやろうやろうと思ったものの、結局やらずに食べきってしまった、自家製チャーシューを使ったチャーハンに挑戦しました。 使った野菜も無駄なく使用しました。 パラパラでおいしい出来となりました。

  • チャーシューのお時間です。[その5]

    「チャーシューのお時間です。」のその5です。 今回は完成後の保存方法と、完成品を見せびらかすことで、マウントを取っていく悲しい記事となっております。 タレが塩っ辛いと感じ、タレを煮詰める過程ではちみつを入れたことで、過去最高の出来となりました。

  • チャーシューのお時間です。[その4]

    「チャーシューのお時間です。」のその4です。 今回は肉を垂れに漬け込んで焼いていきます。 前回調合した調味料と切った野菜を入れたジップロックに肉を入れ、つけてから焼いていきます。 そのあとは余熱で焼くという名目で、触れる温度になるまで放置します。

  • チャーシューのお時間です。[その3]

    「チャーシューのお時間です。」のその3です。 今回はやっと調理に入ります。 まずは下ごしらえ、肉をトリミング・フォークで穴あけしてチャーシューの形に巻き、炭酸水に漬けます。 その間に調味料を調合します。 肉を食べやすくする事を、一通りやっています。

  • チャーシューのお時間です。[その2]

    「チャーシューのお時間です。」のその2です。 今回は、チャーシューづくりに使う材料の紹介です。 材料の数と作る工程は多いですが、難しいことはそこまでしません。 一部の材料や味付けは、私の好みや拘りなので、好きなようにアレンジを加えてみてください。

  • チャーシューのお時間です。[その1]

    今回は久々の料理の記事です。 今回のメニューはチャーシューです。 料理に興味を持ったきっかけの一品で、最もこだわりを持っているメニューの一つです。 「デカくてうまいチャーシューが食いたい」という想いから始まったチャーシューづくりを記事にしました。

  • 心が複雑骨折したあなたへ

    最近心が複雑骨折したので、そのことを誰かの何かの糧にできたらいいなと考え、記事にしました。 というわけで。心が複雑骨折した人の為に送りたい言葉を書きました。 なんかの拍子に心がボッキボキに折れること、ありますよね。 そんな人の励みになりたいです。

  • 人付き合いを辞めたいあなたへ

    Twitterで「人付き合いを辞めたい」というツイートを見かけたことで、「私もそうだな」と思って、記事にしました。 「人付き合いを辞めたい」という人に向けて書いてみました。 私も基本的に人付き合いは億劫なので、その気持ちはよくわかるつもりです。

  • 自分なんて存在価値が無いとネガっているあなたへ

    「自分なんて存在価値が無いとネガっている人」に送りたい言葉を記事にしてみました。 色々なことが重なって、ネガティブな感情が爆発したので、それをネタに記事を書いてみました。 ちょっと「回復の道具箱」に寄った内容になっておりますが、お許しください。

  • とにかく眠れないあなたへ

    今回はドキドキ・ネガネガ、自律神経が乱れてとにかく眠れない人向けの言葉を記事にしてみました。 気圧が下がっていたりして自律神経が乱れると、寝れないということ、ありますよね。 私もしょっちゅうな寝れなくなるので、そんなときは眠くなるまで待ちます。

  • 嫌なものを見聞きしたあなたへ

    今回はネットの海で見つけた情報に、心をボキボキに折られたので、それを原動力に記事にしてみました。 嫌な情報が入って、嫌な気持ちになっている人に送りたい言葉を書きました。 嫌な情報が入ってきて、ネガネガしとた気持ちがやってくること、ありますよね。

  • 学生向けの記事について[その4]

    「学生向けの記事について」のその4です。 今回は、今後の展望についてを語っていきます。 とりあえず「学生さんの為になったらいいな」という気持ちで書いていこうと思います。 書いてるうちに何か見えてくるんじゃないかなぁなんて、結構ガバガバな展望です。

  • 学生向けの記事について[その3]

    「学生向けの記事について」のその3です。 今回は「学生さん向けの記事」として、自分にできそうなことを考えていきます。 私も学校生活の中では辛い思いをたくさんしてきました。 そうした経験を、今の自分研究のスキルと組み合わせて記事にしていきたいです。

  • 学生向けの記事について[その2]

    「学生向けの記事について」のその2です。 今回は、前回から無駄に濁した「執筆のきっかけとなったことの発端」についてです。 きっかけはTwitterのTLで、学生さんと思われる呟きを散見したからです。 故に学生さん向けの記事は急務と考えたからです。

  • 学生向けの記事について[その1]

    今回は「学生さんに向けて、自分は一体何ができるのだろう」と筆者が悩み記事となっております。 あることがきっかけで「学生さん向けの記事」の必要性を感じ、今回執筆に至りました。 まだ明確に答えは出ておりませんが、書きながら四苦八苦したいと思います。

  • 300記事達成記念記事[その5]

    「300記事達成記念記事」のその5です。 今回はこれから自分のブログをどうしていきたいか、所謂今後の方針について記事にしていきます。 結論から言えば、「今まで通り」です。 日常から得た学びを記事にする、SNSで作ったファンの方を大切にしてからむ。

  • 300記事達成記念記事[その4]

    「300記事達成記念記事」のその4です。 今回はフォロワー・読者・ファンの皆様方への感謝の気持ちを込めた、お礼のメッセージです。 正直腐っていましたが、見てくれる人や、Twitterで絡んでくれる人が増えてモチベーションが爆上がりしております。

  • 300記事達成記念記事[その3]

    「300記事達成記念記事」のその3です。 今回は開設してからの運営の簡単な流れを記事にしました。 無事開設した後、最初はブログのセオリーに従って運営していたものの、次第にターゲット層に合わせて、サイトや記事を改善していきました、という内容です。

  • 300記事達成記念記事[その2]

    「300記事達成記念記事」のその2です。 今回は開設までの流れを記事にしました。 結構暗い話なので閲覧注意な毒記事となっております。 依存症の結果借金を作り、死にたいと思う中でブログと出会い、様々な苦難の末に開設・運営をしていくといった内容です。

  • 300記事達成記念記事[その1]

    思えばあと2か月くらいすればブログ開設から1年、書いた記事は300記事位になりました。 これも一つの節目なのかなと思い、記念して記事にしてみました。 今回はブログ開設から今までの活動、皆様へのお礼、そして今後の展望を計5本の記事にしてみました。

  • やる気が出ないあなたへ

    やる気が出ない人の中で、特に本当に辛い状態の人を対象とした記事です。 今やる気が出なさ過ぎて辛い人の為に送りたい言葉を記事にしてみました。 やる気が全然でない時ってありますよね。 「寝ましょう」、「ダラダラしたっていいじゃない」。 ご自愛ください。

  • 最近やる気が出ない日が続きますが、いかがお過ごしですか?[その4]

    「最近やる気が出ない日が続きますが、いかがお過ごしですか?」のその4です。 今回は、やる気が出ない時の過ごし方の例として、私の過ごし方をご紹介いたします。 寝るだけなんですけど。 寝ると少しだけ楽になる気がします。 辛い時は無理せずご自愛ください。

  • 最近やる気が出ない日が続きますが、いかがお過ごしですか?[その3]

    「最近やる気が出ない日が続きますが、いかがお過ごしですか?」のその3です。 今回は、よくこういう「やる気が出ない」という話題に湧いて出てくる、 「甘えてる」という声に、「出来ないことを出来ないって言って何が悪いの?」と言っていくだけの記事です。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、鬼野子さんをフォローしませんか?

ハンドル名
鬼野子さん
ブログタイトル
”ダメ人間”の生き方ブログ
フォロー
”ダメ人間”の生き方ブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用