chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 合格したけど弾けなくなった曲

    『プレ・インベンション』もだいぶ進み、半分近い曲を弾きました。数えてみると31曲。2022年は練習中を含めると20曲弾いていました。『プレ・インベンション』は全部で56曲が掲載されているので、あと半分!難易度もあがり、最近の先生からの指摘もまた少し細かくなってきたような気もしています。 先日宿題の曲を練習中に、ふと他のページの曲を何気なく見てみました。 「……覚えてない。」 少し弾いてみて「ああこの曲か」と思い出しましたが、楽譜を見ただけではパッと思い出せませんでした。 『プレ・インベンション』の曲は好きなのに、忘れてしまったことがちょっとだけショックでした。並行している『トンプソン現代ピアノ…

  • ピアノグッズ

    ピアノグッズ、といってもピアノモチーフの小物ではなく、練習のためのグッズでもなく、この冬、練習する時に必要かなと思ったもの。我が家限定の話。 それは膝掛けとレッグウォーマー。 夜に電子ピアノで練習しているので、だんだん足下が寒く感じるようになりました。暖房をつければいいのだけど、ここ最近の光熱費の上がりようをみるとちょっと躊躇してしまいます。 真冬は小型ストーブを椅子の横に置いて練習していたのですが、この冬は無理ない範囲で少し使用量を減らしたい。 というわけで、とりあえず家にあった使い道のなかった毛糸でレッグウォーマーを編みました。この毛糸、昔祖母が購入したものらしく、年季入ってますがウール1…

  • 指番号

    「指番号」ピアノでいうと、楽譜に「この指で弾きましょう」と音符の上に書いてある数字。 同じ音なのに違う指で弾くように指定してあったり、指番号を意識しすぎて変になったりするやつ。 速く弾くため、音色を変えて弾くため、スムーズな動きのため……など、要は「美しく弾くために良いとされる指づかい」の番号と思っています。 今の段階ではテキスト全てに指番号はありますし、折に触れ先生からも「これは基本、今後速い曲になった時にこの運指が弾きやすくきれいに弾けるので今のうちに覚えておくといいです」「次にスムーズに移るためにこの音はこの指で」など説明があります。 一方で「(テキストはこうだけど)ここはこの指でもいい…

  • 手が開くようになった♪

    もともと手は小さい方なのですが、ピアノを初めてから、そしてこの半年間、特にアルペジオの練習を始めてから手が大きく開くようになったと感じています。 以前から自分の手については、指が短かったり、丸っこかったり、常に深爪気味だったりとコンプレックス山盛りでした。 ピアノをはじめることを決めた時、手については「気にしていても仕方ない!」と思いきり、毎日クリームを塗ったりして丁寧にケアするようにしてきました。 でも、ケアをしても手の形や大きさは変わりません。弾いているうちに少しずつ指と指の間が開いてピアノを弾ける手になっていくのかなぁと何となく思っていました。 アルペジオに取り組み始めた半年前、先生に「…

  • 「芸術の秋」だからか

    今から20年前、大学生から社会人になって数年間は「芸術」に触れる機会が多かった気がします。 東京や東京近郊に住んでいたこともあって、公演の種類はたくさん。 ミュージカル俳優を目指していた友人の影響で演劇やバレエ、コンテンポラリーダンスの公演、学生オケに友人がいたので、大学オーケストラの定期コンサート(毎年賞をとるようなオケだったので上手だった)、オルガンやハープ、チェロ、ブラスのコンサート。でもピアノのコンサートはたぶん一度も行ってない😅 映画は単館(ミニシアターというのかしら?)のものをよく見ていて、授業終わって銀座や新宿の映画館へ。 バイト代や給料とにらめっこで、チケットを買っていました。…

  • 好きになれなかった?

    レッスンでした。 『トンプソン現代ピアノ教本2』から「みつばちとクローバー」合格、というか「次行きましょうか……」という感じでおしまい! 嬉しい?🙁少々フクザツな気持ちです。 弾けていません。曲としての完成には相当遠い。 でも「この曲のねらいはここだから、この弾き方が出来ているから良しにしましょう。飽きてきているし。」とのことで、次に進みます。 飽きたのかな?よくわかりません。 嫌いなわけでもなく、弾いていて楽しくないわけでもない。でも初めからなーんか気が乗らないな……という曲でした。 明るいし楽しい曲だけど、練習が進まない。 今までにも練習がなかなか進まない曲はありましたが、今回がダントツに…

  • 久しぶりのレッスン

    夏の終わり頃から、なんとなーく気分がのらず練習がおろそかになっている日が続いていました。さらにここ数週間のバタバタで、練習不足でレッスンに向かうこと数回。やっと少しだけこの負のスパイラルから抜け出せるかな?という気持ちになってきました。 先週はぎっくり腰でお休みしたので2週間ぶりのレッスンでした。 あいかわらずアルペジオはC Dur! やっとちゃんとした手の形ができ、ミスタッチもなくなってきたので、今度は拍・まとまりを意識してテンポアップしていきます。 トンプソンはこれまた変わらず「みつばちとクローバー」。この曲はあまり好きではなく🙁 でも合格しないと次に進まないのでやらなきゃな…… 『プレ・…

  • ぎっくり腰と意外とできたピアノ練習

    やってしまいました。 ここしばらく少しバタバタしていて、ブログも書いていなくて、今週は書けるかなと思っていたらまさかのぎっくり腰…… 数日前の昼過ぎ、椅子から少し捻った状態で立ってしまい、腰にするどい痛みが!「これはもしや😱」と思い、そのまま慎重にベッドに移動して半日寝たきり。夜にはなんとか起きて食事して、お風呂はパスして就寝(温めるのもよくないし、そもそも入れる状況じゃない)、翌日はコルセット+貼り薬でそろりそろり動き出しました。 寝ている間に固まってしまったような感覚がありましたが、起きて少しずつ動いている間にできることが増えていきました。体がほぐれて可動範囲が少しずつ広がる感じ。仕事の都…

  • 指の形

    ブログ更新が少し間が空いてしまいましたが🙁レッスンはその間もあり、練習不足が続いて情けない感じになっていました。 最近自分で気になってきたことが、指の形。 よく「卵を握って」とか「ふんわり丸く」「関節を出す」など言われます。表現が違っても、いずれも手全体が丸い形になり、そのまま力を入れずに強い形を維持する(上から押されても指の形は変わらない)という意味だと思っています。 力は抜くけれど形はしっかり保つ。これが出来ていないと感じることが多くなりました。どこかの指が伸びていたり、力が入っていたり。 ある時自分で少し意識してみたら、出来ていなかったフレーズがすんなり弾けたこともあって、フォームって大…

  • 上に向かって弾く

    レッスンがありました。 チェルニー『リトル・ピアニスト』35番をみていただいて、左手の弾き方について練習。自分が弾いていた動かし方と真逆でした……😳 「ピアノは鍵盤を下に押して音を出すけれど、上に向かって弾く」練習。 その後『プレ・インベンション』24番も「さっきの35番と同じような動きをしたほうがいいですね♪」という箇所があり「ここと、ここと、ここもね!あ、ここも!」と音符に丸がたくさんつきました。 今日合格できるかな?と思っていたけれど、先生に「楽譜通りに弾けていればOKにする場合もあるけど、いけそうだから、ちょっと上のことをやりましょう♪」とおだてられ?もう1週間練習。 楽譜通りにプラス…

  • アルペジオいろいろ

    7月からアルペジオに取り組み始めてもうすぐ2ヶ月。未だにひとつめのC durハ長調合格していません。まず片手で弾くのも難しくて(手が開かなくてすぐに届かないのと、鍵盤の位置を間違えまくる)片手でなんとかできても、途中左右違う指の動きで両手合わせるとまた混乱。 先生からは「基本だからここは時間かけてしっかりやりましょう〜」と言われています。 でも。さすがに時間かかりすぎでは?と思い、ちょっと調べてみました(ほんっとに弾けなくて不安になりました・笑)。 You Tubeで弾き方動画を見ても私が練習している形がない……あれ? ハノンのアルペジオの動画はあるけど何か違う。 私は習い初めにYAMAHAの…

  • 久しぶりのレッスン

    久しぶり、と言っても2週間ぶりのレッスンでした。急な予定変更だったので間があいた感覚があります。 ずーっと合格が先延ばしになっていたトンプソンの「ハバネラ」とチェルニー『リトル・ピアニスト』34番は合格しました。34番に左手のスケールがあって、どうしても上手く弾けず、ずーーーっと練習でしたが、なんとなくこの2週間で理解して、今回のレッスンでさらによくなって、OKもらいました。ただそうすると右手がボロボロ。だから曲としてはかなりまずい出来。でもこの曲で学ぶことはクリアしたということでおまけ合格。(これ以上続くと嫌になっちゃう😅) 自分でしばらく左手のスケール部分の練習は続けることにしました。 帰…

  • 「よい練習」のために②

    「よい練習」について再度考えるきっかけになったYouTubeチャンネル、ふたつめは『りっちゃんの音楽』です。 エレクトーンとピアノを弾く小学生りっちゃんの演奏動画など、お母様がつくられているチャンネルです。 この『りっちゃんの音楽』からは、とにかく音楽が好きでたまらない✨そんな感じが伝わってきます。「いいな」「すてきだな」そんな言葉も浮かびますが、まずは見ていて楽しい。音楽を、毎日を楽しんでいる姿がこちらも同じように楽しい気持ちにしてくれます。 そんな『りっちゃんの音楽』の動画では、たまにふだんの練習の様子を見ることができます。 彼女の練習風景から思ったことは「もっと音を感じよう・イメージしよ…

  • 「よい練習」のために①

    この夏2つのYou Tubeチャンネルをきっかけに「よい練習」「効果的な練習」について再度考えるようになりました。 ひとつめのYou Tubeチャンネルは、ピアニスト長島達也さんの『達ちゃんねる』。 長島達也さんの動画は、コンクールやご自身の考えなどピアノについてのお話も多く、初めはラジオ感覚で聞き始めたのですが、そのうちに「どんな指導をされるのだろう?」と興味を持ち、レッスン動画を視聴しました。 その中で小学生の生徒さんに、自分の演奏や弾いている音をより注意深く聞くための、ある言葉かけをしている場面がありました。 (私が視聴したのは譜読みを一緒にしているレッスン動画で「欧米で活躍した名教師が…

  • 練習時間の配分

    レッスンがありました。 アルペジオもトンプソンも『リトル・ピアニスト』も合格なし!(『プレ・インベンション』24番は今回初めてみていただいたので合格はないです) 弾けていないし、納得してはいるのですが。 一番の理由は練習不足。『プレ・インベンション』24番の譜読みが楽しくて、こればかり弾いていました。 練習アプリでみると、前回のレッスンから『プレ・インベンション』24番は5時間以上練習しているのに対し、トンプソン、『リトル・ピアニスト』は1時間未満だったり。好きな曲との差が激しすぎました。 アルペジオも『リトル・ピアニスト』も指の形に課題があって、「今、しっかり練習して身につけておきましょう」…

  • 「身体をつかう」ことがわかりかけてきた

    小さい頃からずっと「なんでピアノってあんなに大げさに弾くの?」と思っていました。バイオリンやフルートなどは身体が動くのは何となくわかるけど、ピアノも?なんであんなに勢いよく手を上げて弾くの?身体をゆらすの?とか思っていました。 人によるけれど大きく身体/手を動かすのには意味があることを、最近やっと理解しました😅(理解したというか、体感した感じです) これまでも「腕を使って」「肩から」「身体全体で」などレッスンで言われることはあったのですが、今ひとつ自分でピンときていませんでした。どうしても意識して動かす感じになり、違和感だらけ。気恥ずかしさもありました。 それが今回の『プレ・インベンション』2…

  • コロナのせいで

    ここにきてまた感染が拡大しているコロナ。幸いこれまで私も家族もかかることなく、そこまで身近ではなかったのですが、ついに職場で……。職場から連絡を受けた時点では濃厚接触者に該当するか未確定だったこともあり、念のため今週のレッスンをお休みしました😭今のところ症状はありませんが「無症状の陽性」の可能性が行動範囲を狭めています。コロナの厄介なところですね。かかっていないことを願って自宅で練習を続けます!

  • 大人ピアノ

    先日久しぶりに会った友人と「大人の習い事」について少しだけ話しました。 二人で一致したのが、大人の習い事は「自分がどうしたいかはっきりさせて、それをきちんと先生に伝えることが大事だよねー」ということ。 彼女の場合はボーカルレッスンでした。 人前で歌う機会があってそのために通いはじめたけれど、その後も楽しみとして通っていたそう。 ある日先生側の都合で、いつもとは違う先生のレッスンを受けたら、いつもよりもめちゃくちゃ厳しいレッスンでびっくり🫢「否定されて全然楽しめなくて、けっこう落ち込んだ」「急に厳しくなってびっくりしたよ〜私がやりたいのはこんなんじゃない!って思って教室に伝えたの〜」と言っていま…

  • 夏バテとレッスンに行きたくない気持ち

    夏バテしました。 練習が全くできず、初めて「レッスン行きたくない」と思いました。 なかなか寝付けず、日中は痛み止めを飲んでなんとか過ごしても帰宅して頭痛が続いて。考えながら練習する曲ばかりで頭が痛いとやる気も出ず。 そんな感じで1週間が過ぎ、今までで一番練習せずにレッスンを受けることになりました。レッスン前々日くらいに少しマシになったので、ほんの少し練習してレッスンに向かいましたが、直前まで「キャンセルしようか……」と思ったり、悶々としながら自転車をこいでいました。結果、レッスンは惨憺たるものに。 大人対象のピアノ教室や大人ピアノのブログを見ていると、たまに「レッスンまでに練習時間が取れなくて…

  • 全部新しい曲だった今回のレッスン

    意外と弾けました。 全部の曲を初めてみていただくとなると、指摘も多くて慌ただしいかなと思っていたけれど淡々と終わりました。グダグダになりそうだったけれど何とかこらえた感じ😆 部分的に教えて頂いて、その場で練習して次の箇所へ。一箇所にかける時間が以前より短かくなっていた気もします。新しい曲の割には普段と変わらないペースで進んだかも。 2週間ぶりのレッスンを受けて、やっぱりレッスンは大事!と再々々確認。そして毎週レッスンがあるといいなー。 特に今回は全部初めての曲だったので、練習していて自分で解決できないことがいくつかあって。先生に聞きたい!と思うことがありました。自分でおかしいのはわかるのだけど…

  • 譜読みにかかる時間(自分限定で考える)

    新しい曲にとりかかる時、どのくらいで一通り弾けるようになるものなのでしょう? こう書くと、曲の難易度や長さ、ピアノ歴、年齢や練習時間、その他いろいろな要素が絡んでくるため、答えることが困難な疑問なのですが、自分自身に限定して考えると見えてくるものがあるなあと、ふと思いました。 今週はレッスンがお休みなので先週から新しい曲を3曲譜読み中です。今回からアルペジオも始まったのでその練習も。並行して練習していますが、自分で「これだったらレッスンでみていただけるかな」と納得できるまで弾ける曲はまだありません。 2週間あっても新しい曲が3曲同時進行だとやっぱり難しいのかな。 これまでは16小節くらいの短い…

  • トラベルカホン ストラップとケース

    Both Hands トラベルカホン(約30cm✕30cm 幅約5cm)ストラップとケースを作りました 購入したトラベルカホンです😃 お値段約6000円。座ってたたくカホンは数万円〜なので比べるとお手頃価格で比較的気軽に始められるかも。 ちなみにこのトラベルカホンは反対側もたたけるようになっていて、裏面はウッドボンゴ。カホンとボンゴ2種類演奏できることもポイントでした。 おおよそ30cm四方で膝の上に置いて演奏しますが、これはサイドにストラップピンが付いているので、ストラップを付けることができます。立ってたたくことを考えるとストラップをつけるためにピンは必須です。 ネットで調べると同じようなト…

  • カホン

    カホンを購入しました!といってもイラストのようなカホンではなく、ポータブルカホン、トラベルカホンという名前がついている小型のカホン。膝の上に乗せたり、ストラップをつけて立って演奏したりします(今度写真載せますね)。 カホンは箱型の打楽器で、高さ50cmくらいの木箱です。床に置いてその上に座り、正面をたたいて演奏します。中に弦が張ってあるのでたたくと「ジャッ」と弦が鳴る音がします。たたく場所によって音色や音程が変わります。Wikipediaによると、もともとは南米の打楽器だったものがスペインに渡り、ギターの弦を打面の裏に貼って演奏したものが始まりのようです。 →Pia-no-jac←(ピアノジャ…

  • 全部合格 → 全部新しい曲

    レッスンでした。トンプソンもチェルニーも『プレ・インベンション』もスケールも合格。それぞれ2〜3週目で今回一気に合格です。 来週はレッスンがお休みで2週間あくので、そのせいかな、と思いましたが「そんなことない、できているからですよ」と言って頂いたので嬉しい☺️合格が重なったのは偶然だったみたい。次までに全部が新しい曲なのは初めてです。 スケールはひと通り終えたとのことで「次はハノン的なものをやるかどうするか……チェルニーで補えない部分が出てきた時に考えようか…うーん……」と先生。 少しお話しして、アルペジオに取り組むことになりました。 その他、新しい曲はトンプソンの「カルメンからハバネラ」、『…

  • 譜面台に映るのは

    レッスン時のピアノの先生の立ち位置はそれぞれだと思いますが、私の先生は演奏を聞いている間は鍵盤に向かって右側後方に座っています。 お話しされる時に横に来て、お手本を弾いてくださったりしますが、私が弾く時は後ろにいらっしゃるので姿は見えません。 さて、普段のレッスンは私の前後の時間に生徒さんはいないのですが、今回は珍しく私の前に振替の生徒さんがいました。大人の方で弾いていたのはショパン?たぶん。😆 その人の次に椅子に座り、譜面台に楽譜を置いてみると「ん?」いつもより譜面台の角度が直角に近くなっていました。違和感はあったけれど見にくいわけでもなかったのでそのままレッスンを受け始めました。 スケール…

  • 考えすぎ〜

    なかなか合格までたどり着かなかったチェルニー『リトル・ピアニスト』32番、どうしても右手の使い方が身に付かず、「次は後半部分だけで」「最後の4小節だけ」と練習が続いていました。 お手本と説明を聞いて練習しても、ちゃんと理解していないからなかなかうまくいかず時間がかかりました。 自分が理解できていないこともわかって、ずっと引っかかっていたので、チェルニーだけでなくトンプソンとかを弾いていても「これであってるのかな?」と不安になってしまったりして、トンプソンも自信ない感じになっていました。考えすぎてわからなくなってしまうパターンだったなと思います。 一方で、今回初めて見ていただいた『プレ・インベン…

  • 好きな曲を弾く時間

    そんな時間はない!😆 レッスンで使っている本は『トンプソン現代ピアノ教本2』『プレ・インベンション』『リトル・ピアニスト』の3冊。基本的に8〜16小節くらいの短い曲なので、それぞれの本から1〜2曲を平行して練習しています。あとはスケール。 まだまだ譜読みに時間がかかるので、新しい曲は20分、2週目の曲は出来上がり具合によって20〜15分は練習するようにしています。この時間が最低ライン。なかなかスムーズにいかないので延びることが多いです。そうするとあっという間に1時間は過ぎてしまいます。 今のところ毎日1時間半の練習時間の確保が限度。そうなるとレッスンの曲で練習時間が終わります。 「弾いてみたい…

  • 練習しなきゃなぁ……

    レッスンがありました。 いつも最初にスケールをみていただくのですが、先生に「練習できていないんです」とお話ししてトンプソンからみていただこうと思ったら「じゃあ片手ずつで♪」と言われてしまい💦 本当に練習していなかったので、オタオタした感じで4オクターブ弾いて、指の使い方を簡単に指摘されて「あとは練習ですね♪」と言われて終わりました。これは本当にレッスンにならなかったと思う。反省です😓 今回のレッスンまでの宿題は、スケールFis moll、トンプソンから「ジョナサンおじいさん」、『リトル・ピアニスト』32番の後半と33番前半の譜読み、『プレ・インベンション』7番でした。 仕事に疲れきって練習しな…

  • 半年経って目標振り返り③

    新年に立てた目標の最後は 「楽譜を読むことができるようになる」でした。 当時は一度覚えると楽譜を見ずに弾いていました。 なのでレッスンで「◯小節から〜」とか「このフレーズのスタッカートが〜」と言われた時にすぐにどの箇所かわからないことが多くて💦覚えて弾いているので、時間が経つと本来は長い音なのに短くしてしまうなど、弾きやすいように変えてしまったりしていました。楽譜を読んで弾いていないのでそのことに気づかなかったり。 楽譜を見て弾くことが習慣にはなったので、以前より読むことに意識が向くようになってきたと思います。 すぐに音名や高さを把握できていませんが、少しずつ読めるようになってきていると思いま…

  • きれいな音を出したい

    「きれいな音を出したい」と明確に思うようになりました。 「これまできれいに弾きたいと思っていなかったの?」と思われそうですか、たぶん、思っていなかったのだと思います😅 言葉で伝えることが難しいのですが、ミスなく弾く、強弱をつけて弾く、表現する、など考えながら弾いてはいましたが「きれいな音を出す」とは思っていなかったかもしれません。弾くことに精一杯な感じ。 曲を通してただミスなくなめらかに弾くことにフォーカスするのでなく、一音一音をきれいに鳴らしたい。その集まりが曲になる、そんなイメージを持つようになりました。 家の電子ピアノは押すときれいな音がすぐ出るので、レッスン時にグランドピアノを気をつけ…

  • 半年経って目標振り返り②

    今年の目標、半年の振り返り二つ目です。 二つ目の目標は「指など身体の使い方や表現など教えられたことを常に意識して練習する」でした。 この目標を立てた時は、まだ楽譜をしっかり意識していなかった時で、曲を覚えて感覚で弾くことが多かった時期でした。自分で弾きやすいように弾いてしまっていたので、まずレッスンで教えられたことを意識して取り組むようにしなければと考えました。 練習時間のように数値で表せる目標ではないので具体的ではないのですが、レッスンノートを常に譜面台に置いて、目を通して確認してから練習を始めるようにしていました。 半年たった今は、レッスンノートを見ることが習慣になりました。弾き始める前に…

  • 指の形の見直し

    ここ数回のレッスンで、毎回注意されることが指の形(と指と手首の使い方)。 スケールはどこかの指が伸びてしまっていたり、1の指が立っていたり、何かしらあってなかなか合格できません……指の使い方がスムーズでないので、Des durの黒鍵から白鍵に移るときに音が揃わない。 チェルニーの『リトル・ピアニスト』もやっぱり指の形、置く位置の注意を受けました。 これはピアノを弾くことに慣れてきて、おろそかになってきてしまっているのでしょうか。スケールについては、この理由もあると思いますが、根本的に指を動かせてないのだろうなと思います。 意識しないとピンっと立っている指があったりして、適度に力を抜き必要なとこ…

  • 少し成長したした。かな?

    ピアノに限らず、何かを習得する時の状態を、階段やらせん、右肩上がりの直線やガタガタの線などで表すことがあります。 今の私のピアノについては、停滞することはあっても戻ってはいないと思うので階段をあがっているイメージです。 ピアノを始めてとても驚いたことの一つが、練習量が如実に演奏に反映されること。 朝やったことが、夕方にもっとできるようになっていたりして、かなり驚きました。やったらやっただけ、すぐに返ってくる。いつまでもできない、なんてことがない。できなくてへこんでも、イライラしても、時間がかかっても、そこをぐっとこらえて練習すればできるようになる! 少し疲れていても「ちょっとだけでもやろう」と…

  • 半年経って目標振り返り①

    今年の目標の振り返り。本当は3ヶ月経った3月にやろうと思っていたのですがこんな時期に💦もうすぐ半年経つのでまとめていこうと思います。 今年のひとつめの目標は「練習時間を毎日1時間半~2時間確保する」でした。 1月からアプリで練習時間を管理してきたので、月ごとの練習時間の合計などがすぐにわかります。1月から1日の練習時間は平均すると1日約1時間でした。 仕事で疲れていて1時間未満の日や、体調を崩して練習できなかったりした日があり、2時間以上練習できた時はあまりありません。ただ、練習をしなかった理由が体調だけで「気持ちがのらない」とか他のことをダラダラしていて練習しない、ということがなかったのはよ…

  • 楽譜の意味

    レッスンの基本の基ですが、まずは楽譜にかかれているとおりに弾くこと。 正しい音と音の長さを正確に。音がつながっているのか、それとも切るのか。拍と強弱などなど……。 楽譜には目に見える情報がたくさんあるなぁと改めて思っています。指示書ですね。 楽譜は指示書、なんて書きましたが、実は高校生になるまで楽譜が何のためにあるのかわかっていませんでした。 楽譜を持って歌っていたけれど、全く見ず、全部覚えて歌っていました。楽譜というものは楽器を演奏する人が、曲があまりにも長くて複雑で覚えられないから、そのためにあるものだと思っていました😅 伴奏や他のパートの音を聞いて調整し覚えて歌っていたので、なんで合唱の…

  • ドレミで歌いたい……

    ピアノを習い始めてからよく「歌う」と言う言葉を聞くようになりました。 音に自分で言葉を当てはめて歌詞を作り、歌いながら弾くやり方を教えて頂いたこともあります。特に『プレ・インベンション』の曲で、息継ぎをするように音を切ったり繋げたりする感覚をつかむために歌詞をつけて練習することがあります。 もともと小さい頃から歌うことが身近でよく歌っていました。両親がクリスチャンなので日曜日は教会へ、そこで讃美歌を何曲か歌うので定期的に大きな声で歌う機会がありました(歌う曲のジャンルはかなり偏っていますが)。 歌でなくてもオーケストラやオルガンで演奏された曲を聞いて「ラララ」で低音部分やメロディを頭の中で歌う…

  • ドレミで歌いたい……

    ピアノを習い始めてからよく「歌う」と言う言葉を聞くようになりました。 音に自分で言葉を当てはめて歌詞を作って歌うやり方を教えて頂いたこともあります。特に『プレ・インベンション』の曲で、息継ぎをするように音を切ったり繋げたりする感覚をつかむために練習することがあります。 もともと小さい頃から歌うことが身近でよく歌っていました。両親がクリスチャンなので日曜日は教会へ、そこで讃美歌を何曲か歌うので定期的に大きな声で歌う機会がありました(歌う曲のジャンルはかなり偏っていますが)。 歌でなくてもオーケストラやオルガンで演奏された曲を聞いて「ラララ」で低音部分やメロディを頭の中で歌うことをよくしていました…

  • 『プレ・インベンション』になれてきた

    レッスンがありました。 レッスンは、まずスケール→トンプソン→『リトル・ピアニスト』→『プレ・インベンション』の順にみていただいています。 まずスケールを弾く間に、教室のグランドピアノの感覚を思い出して、一番苦手&弾き方わかっていないので指摘が多いトンプソン、次に弾き方曖昧で指摘が多い&時間がかかる『リトル・ピアニスト』、わりと苦労しない&短い時間で終わる『プレ・インベンション』という順番。 練習不足だったり、わからないところが多い曲がある時は順番を替えることもありますが、最近は基本的にこの順番でみてもらっています(先生の方からは特に指示がないので)。 今回『プレ・インベンション』31番は合格…

  • ピアノ練習とYou Tube

    今って本当に便利な世の中で。いろいろな情報がネットを使うとすぐに手に入ります。 レッスンで教えてもらうことにプラスして、You Tubeなどの動画で学ぶこともできます。You Tubeは特にコロナ禍前後で以前よりピアノの弾き方についての投稿が増えた気がしています。ピアノ教室の先生が投稿している動画が多くなった印象。 今私が使っている教本は『トンプソン現代ピアノ教本』『プレ・インベンション』『リトル・ピアニスト』ですが、それぞれ教本のタイトルと曲名、または曲番号を検索するとすぐに演奏動画や解説動画がでてきます。海外のものも含め、去年や一昨年よりも増えてきています。 便利なのでYou Tubeを見…

  • 自分で音の形とその弾き方をみつけられるようになる

    レッスンがありました。 『プレ・インベンション』からは31番モーツァルトのアレグロ。2週間あって練習できたのでミスなく弾けるようにはなっていたはずなのに。 レッスンで上手くいかないのはいいとしても。(いや、よくはないけど、レッスンでミスなく弾くにはまだけっこう時間かかるので) 右手のスラーが左手につられて切れてしまっていたり、同じ形のフレーズなのに1回目と2回目で弾き方が変わってしまったり。弾き方の問題が山盛り、とは言わなくてもそこそこありました。レッスンで「うん、よくなりました」とその時間内でなんとか直すことはできましたが、自分で弾けていたと思っていたのでちょっとへこみました。 楽譜をしっか…

  • 駅ピアノから思ったこと

    弾いた訳ではないです😅所用あって連休の合間の平日に関西へ。京都駅でお昼を食べた時、駅ピアノの横を通りました。京都駅の駅ピアノは改札出てすぐの西口広場にアップライトピアノ、駅ビルの7階にグランドピアノがあります。去年京都駅に寄った時は7階まで昇ってグランドピアノを見てきました。順番待ちで並んでいる人が多くいました。西口広場は平日なのもあってか、誰も弾いておらず、通り過ぎようとした時にひとり弾き始めていました。なんの曲かな?と思ったけど少し離れると周りの音でよく聞こえなかった……職場近くの駅でも期間限定でピアノを置いていましたが、まるでステージのように置かれていて気軽には弾けない!さらにスタッフが…

  • 曲のイメージ『プレインベンション』35番

    『プレインベンション』から35番クリーガーのメヌエットイ短調、今回のレッスンで合格しました♪ 先週のレッスンで「弾けていて雰囲気もよいのでもっと表情をつけて、歌うように」とお話があり、自宅で練習。 弾きながらふと思い浮かんだのがオフィーリアでした。 シェイクスピアの戯曲『ハムレット』に出てくるハムレットの恋人オフィーリア。川に浮かんで歌を口ずさんでいる絵が浮かびました。 絵画の作者はミレー、この絵をちゃんと見たことはないですが、なにかで見たことを覚えていたようです。 そこから「オフィーリアについて歌っている詩人」のイメージになりました。ハムレットのことではなく「昔オフィーリアという少女がいて……

  • スケールとカデンツの練習②

    今週から毎日の練習に入れる!と決めたスケールとカデンツの復習。早速4日目にしてできませんでした〜 持ち帰った仕事と疲れと就寝時間までの時間を考えると1時間の練習が限度。宿題の曲はやりたい(特に『リトル・ピアニスト』31番、譜読みの「深い河」!)それぞれに15〜20分を当てると時間が足りず……優先順位をつけた結果、復習はお休みになりました😅 仕方ないかなと思う反面、やりたいなという気持ちもあって、もっとうまく時間を使えるようになりたいです。 始めてからたった3日でしたが、それでも練習の効果を感じることができました。 3日めの練習時に、チェルニーの『リトル・ピアニスト』31番に出てくるスケールが弾…

  • スケールとカデンツの練習

    『トンプソン現代ピアノ教本』のベーレンスとチェルニーの各エチュード、『リトル・ピアニスト』の31番には、スケールやアルペジオが出てきます。 うまく弾けない……🥲 アルペジオは「ハープのように」なめらかに弾くこと、ですが「ひとつのまとまりに聞こえない」と先生。自分で聞き取れていないようでした。 前回のレッスン後にYouTubeで同じ曲を探して聞いてみると、切れ目なくホントにまるでハープのように弾いている方がいて、それを聞いてやっと「これか!」と意味がわかりました。 最近やっと「今はできた!これはダメ」と違いがわかるようになってきたので、後は全部確実に繋げられるように練習です。今回のレッスンでもで…

  • 「久しぶりにすごく楽しい」クリーガーのメヌエット

    今週から『プレ・インベンション』からクリーガーのメヌエットイ短調を練習中。 弾き始めてすぐ「久しぶりにすごく楽しい!」と思い、そう思った自分に少し驚きました。ピアノが嫌だと思ったことはないし、練習も楽しんでいるのに何故「久しぶりに」と思ったのかしら? 数日、練習しながら考えてやっと、曲として好きだからだ、と気づきました。 チェルニーやトンプソンに載っている曲の練習も楽しいし、弾けるようになると嬉しい。そしてこのクリーガーのメヌエットは私の好みの曲だから、弾いていてもっと楽しい♪ 今、練習しているものは曲でもスケールでも楽しい。変な言い方になりますが、別に好きな曲でなくても(なんなら曲でなくても…

  • アップライトピアノが欲しい!

    自宅で使っているのはKAWAIの電子ピアノ。リビングにあるので周りと色を合わせて白い電子ピアノです。練習時間はどうしても夜になってしまうので基本的にヘッドフォンをつけて弾きます。 音色も好きだし、Bluetoothでつなげたりもできるし、白なので圧迫感がなくて気に入っているのですが…… それでもアコースティックピアノが欲しーい! 先生の求める弾き方は電子ピアノじゃ無理! 私の先生は「アコースティックピアノでなきゃダメ!」という先生ではなく「この(グランドピアノの)感覚を覚えていって練習してね〜(でも本格的にやるならアコースティックピアノ用意してね♪)」と電子ピアノもOKな先生ですが、当然レッス…

  • メトロノームと友達になれてきたような気がする

    チェルニーの『リトル・ピアニスト』から31番を練習中。二拍子の曲ですが、ところどころ拍子がおかしくなっていました。『トンプソン現代ピアノ教本』の「ハレルヤ・コーラス」でも同じことがあり、二拍子の曲の感覚がおかしくなることが多いのかな?16分音符から8分、4分音符に変わる時におかしくなります。 レッスンで先生に拍子をとっていただき、繰り返し練習。二拍子の場合「いち、に」または「いちとぅ、にとぅ」と数えますが「頭の中でメロディを歌っている時にどうやって数えるの?!」と少し混乱。 カウントもメロディも平行して考えられるのかしら?それとも拍子は体の感覚?皆さんの頭の中が知りたい・笑(拍子に限らず、目で…

  • 楽譜を読んでいなかった曲

    前回の宿題のひとつ『プレ・インベンション』17番メヌエットト長調は、二年前にピアノを独学で練習していた時に弾いた曲で、一年前の体験レッスンから先生に見てもらった曲でもあります。当時一応合格はもらったけれど、もう一度チャレンジします!と自宅で練習開始。 全然弾けませんでした。 これまでも一度合格した曲をしばらく弾かないでいると弾けなくなることはありました。それでも楽譜を見て、ゆっくり弾くようにすると割とすぐに弾くことができていました。 でも今回はなかなか上手くいかない。 単に忘れてしまったのではない感じでした。 考えてみれば、そもそも去年弾いた時は楽譜をきちんと「読んで」弾いていませんでした。「…

  • 教え方が上手い先生♪

    自宅近くのピアノ教室に通い始めて一年が経ちました。 私が住んでいるところは大手も個人もピアノ教室が多い地域だと思います。探している時は二駅くらい先の場所も検討範囲に入れていましたが、「この先生に習いたいな」と思った教室が偶然ご近所でした。 決め手だったのが、ホームページに「歳を取っても自分で弾ける力をつけたい」と先生が書いていたこと。好きな作曲家の中にバッハを挙げられていたのも大きいです。あとは音大在学中からピアノ以外の楽器に挑戦したり、ピアノ以外の趣味をお持ちだったこと。 これは私の考えですが、学校の先生も含め、何かを教えることを仕事にしている場合、自分の専門分野以外のことをよく知っていたり…

  • 一年前のレッスンノート

    先日のレッスンで練習中の曲全部合格しました! スケールも『プレ・インベンション』も『リトル・ピアニスト』もトンプソンの「ハレルヤ・コーラス」も全部合格!わーい😆 全部2〜4週間練習していて「あともうちょっと!」というところだったので、さすがに今回合格できないとかなりへこんだと思います。『プレ・インベンション』33番は「もう1週間やってもいいけど……お家で仕上げで♪」、『リトル・ピアニスト』と「ハレルヤ・コーラス」も「今の段階でここまで弾ければOK」ということで次に進みます。 今回は次のレッスンが2週間後になります。「2週間空くから♪」と冬休みと同じパターンで、一気に4曲譜読みです。 『プレ・イ…

  • バッハが好きと刷り込まれる

    バッハが好きです。バロック音楽が好きです。 なぜか。 答えはたぶん単純で、小さい頃から聴いていてとーっても馴染みのある曲だから。 子守唄と同じです。 私の母はクリスチャンでオルガンを弾きます。母が小学生の時に習い始め、かれこれ70年近くオルガンを弾き、日曜礼拝の奏楽をしていました。私が小さい頃、実家にはリードオルガンがあり、そのうち電子オルガンになっていました。 プロのオルガニストではありませんし、音楽教師もしていましたが私達姉弟が生まれてからはその仕事も辞めています。それでも母が毎日練習する姿は当たり前の光景で、曲について調べ物をしている姿もよく覚えています。クラッシックのレコードやラジオ、…

  • 強拍と弱拍

    『トンプソン現代ピアノ教本2』から「ハレルヤ・コーラス」(冒頭部分を編曲したもの)を練習中です。だいぶ指使いは間違えずに弾くことができるようになったのですが、ずっとせわしない感じになってます。テンポを落としてもバタバタ感があって。うまく行かないなーと思いながらのレッスンでした。 指摘されたのが、拍! 前回はそもそも二拍子で弾けていませんでした😱 今回は、拍子はほぼ正しく弾けているけれど「もっと拍を意識して弾きましょう」と。ずっと同じように弾いてしまっているので強拍の前の弱拍を意識して、とのこと。 先生と少し練習してみると、すごくスッキリ! 拍って大事ーーーー!←今更……😅 ただ「強く弾く」「ア…

  • 筋トレはじめてみた。

    ジムではなく自宅で、筋トレ始めてみました。 流行りの?Nintendoが出しているゲーム「リングフィットアドベンチャー」 在宅勤務が増え、それまで毎日自転車通勤をしていた家族が運動不足解消のために購入、その様子を見て、私も始めてみました。 ハマりました・笑 もともと身体を動かすことは嫌いではなく、2年前までは簡単な運動やストレッチなども毎日やっていたのですが、いつのまにかやらなくなっていました。これはまずいと思って2週間ほど前からリングフィット参戦。 リング型のコントローラーを持ってジョギングしながら、出てくる敵を筋トレして倒していきます。CMを見たことある人も多いと思います。 ゲーム形式なの…

  • 親指に力が入ってしまう問題。

    レッスンで注意されたことはなるべくその場でなおし、毎回のレッスンで同じような注意は受けないようにしようと気をつけているつもりなのですが、「親指に力が入ってしまう」ことについては注意されることがまだまだあります。右手の1の指を使わない時に手をひらく弾き方になると力が入ってしまうみたいで、先生も苦笑い💦 練習中の『プレインベンション』12番もなかなか親指の力が抜けず右手練習が続いていました。最終的に「1の指は本来参加していないけど、参加させて力を抜きましょう」と、2・3・4の指で弾く時に「2の隣に軽く添えることで力を抜く」ことでなんとかクリア。 「1の親指は本当は参加しないけど、参加させて、いない…

  • 人前で弾く?

    久しぶりに会った同僚と帰宅時に近況報告をした時の話。彼女とは「大人の習い事」仲間?のような部分もあって、会うとたいてい習い事の話になります。 彼女の習い事はダンス。ずっとダンスをしていて、引越などで一旦辞め、再開しようとしたところで、コロナ。今はレッスンが一時中断しています。先生はもう決まっているので、コロナがもうちょっと落ち着いたら再会したいなぁと話していました。 私がピアノを始めたことも知っているので「どんな感じ?」と聞いてきてくれます。話の中で、最寄り駅の商業施設に期間限定でストリートピアノが設置されるらしいよ、という話になり「クラさんも弾きに行ったら?!」と言われました。 人前で弾く?…

  • 手が痛くなる弾き方は違う。

    今回のレッスンは手や指の形についての指摘が多くありました。 まず先週から練習している『トンプソン現代ピアノ教本2』の「ハレルヤ・コーラス」(ヘンデルのハレルヤから冒頭部分を編曲したもの)について。 和音を開いて弾く箇所があり、練習していて右手がかなり痛くなっていました。疲れではなく、筋が痛んでくるような、突っ張るような痛みで「痛くなるのはおかしい」とわかっていても自分でどうしたらいいかわかりませんでした。 もう仕方ないので「先生に聞こ!」と思って、今回のレッスンの初めにその質問をしました。前腕にも力が入ってしまっているのでそのことも合わせて見ていただき、指、手、手首などの形についてしばらく形や…

  • 曲に対して(勝手な)イメージを持ちすぎないこと

    情報の多さについて本当に便利な時代になったなぁとよく思います。 ピアノ練習についてもそう。いろいろなサイトでピアノについてある程度の知識は手に入れられるし、どんな練習方法があるか、どうやって練習しているか、なんてこともわかります。YouTubeを見れば演奏動画がこれでもかとあり、どんな曲なのかすぐに聞くことができます。今習っている『トンプソン現代ピアノ教本』も『プレインベンション』も『リトル・ピアニスト』も調べれば誰かが弾いた動画が出てきます。 そんな便利なYouTubeの演奏動画について、先生からYouTubeを見ることで速く弾くイメージを持ってしまわないようにお話がありました。 先日のレッ…

  • バッハを弾けるようになるために大人ピアノは取捨選択する……

    今、レッスンで使用している教本、曲集は『トンプソン現代ピアノ教本2』『プレインベンション』『チェルニー リトル・ピアニスト』で、あとは教本は使わずスケールとカデンツを毎週1つずつ(順番と指番号を『Die Russische Klavierschule2』で確認しています)。 「いろいろな時代の曲、バロック、テクニック」とピアノを始めた子どもが習うように、なるべく多くの、異なる特徴を持った曲を練習していく形になっています。独学でピアノに取り組み始めた時に、子どもが習うように習いたいと思ったので、この形がいいと思っていましたが...... トンプソンは抜粋で練習していて、今は2巻の3分の2が終わっ…

  • ピアノ練習に時間管理アプリを使ってみた

    2週間ほど前からスマホの時間管理アプリを使いはじめました。いろいろなブログを読んでいると練習時間をデジタル管理している人がけっこういて、気にはなっていました。 レッスン内容を書く「レッスンノート」とは別に、毎日の練習メモや時間を書いて雑記帳のような使い方をしている「練習ノート」があり、練習時間を記録していますがトータルの練習時間や一曲にかけた練習時間などの合計などはすぐにわかりません。どのくらい練習しているのかすぐにわかるといいなと思い、ATrackerというアプリをインストールしてみました。 1週間使って有料版を購入したのでまだ使いこなせていませんが、一曲にかけた練習時間や1日の中での割合が…

  • 先生の指示をよく聞く

    チェルニー『リトル・ピアニスト』29番休符合格しました。やっと! 合格まで長かった……「休符はとても大事です」と先生。はい。今までいい加減にしていたことを思い知らされました。テンポはゆっくりですが、一応正しく弾けたので合格です。 今回は始めから苦戦、リズムも取りにくかったし、指もうまく動かなかったし。そんな29番を練習して気づいたことがひとつ。ほんっとに当たり前すぎることですが「先生の言うことを聞いてその通りに練習するのって大事」。 何でしょう。書いていて情けなくなります😑 前回のブログで、一気に弾くのではなく分けて弾く練習をするように言われたことを書きました。3本の指で鍵盤を抑えるだけの練習…

  • 部分練習にハマる

    1月の半ば過ぎに「部分練習を前よりするようになった」というブログを書きました。その時からさらに部分練習をするようになりました。 あいも変わらずひっかかりまくってうまく行かない『リトル・ピアニスト』29 番。右手が音を外してしまう部分があるので、流して弾くのではなく、一音ずつ指をきちんと置いているか確認してから弾く練習をするように言われました。和音や少し離れた位置の音を弾く時にスムーズにいかない場合、ひとつずつまたはいくつかにわけて指の位置を確認する練習をするように言われることがあります。今回もそう。 今週はその部分の練習を回数数えてやるようになりました。正しい形で、一回でだいたい10から15回…

  • 合格の基準が上がった気がする……

    先生ちょっと厳しくなった? 今回のレッスンで3週目に入る曲があります。「今週合格で次の曲かな〜」と思っていたら「ここをもっと考えて、来週仕上げましょう」と。あれ?今までだとこれくらい弾けてたらOKだったような……? 今のピアノ教室に通い始めてもうすぐ一年になります。人生初のピアノ教室。 大人から始めたピアノで「歳を取っても弾き続けたいので、基礎をきちんと身につけたい」「バッハの曲を弾けるようになりたい」この2点をお伝えしています。 この1年のレッスンは、色々な時代の曲を多く練習しながら技術や表現を身につける、という進め方でした。一曲に多くの時間をかけず、その曲ごとに身につけたいポイントをクリア…

  • ロシアピアノの本(新しい楽譜♪)

    新しい楽譜です♪ Amazonで注文して年末に届きました。ドイツ語のタイトルで『Die Russische Klavierschule』表紙にクマのイラストが描かれた曲集です。英語だと『Russian School of Piano Playing Book』になっていました(Amazonのページには英語でタイトルが書いてありましたが、やっぱりドイツ語でした)。 ロシアピアノのテキストをドイツ語に訳したものなのかな?けっこう厚みがあります。 同じシリーズで3冊あり、赤い表紙の1巻、青い表紙の2巻、緑の表紙の3巻とステップアップしていきます。「1巻は初心者からの本で、1巻の後半は今やっている曲と…

  • スケールの呼び方いろいろ問題【ハ長調・C major ・C dur??】

    レッスンがありました。 間違えまくっていたホ短調とト短調のスケールは練習のかいあって合格!音楽的からはまだ遠いですが、だいぶスムーズに指が動くようになりました。 そこで次に練習する調を先生と確認。 先生:「A mollやりましたっけ?」 私 :「えっと......(A mollは何調だっけ? イ短調?)やりました!」 先生:「H durは?」 私 :「......。」 先生:「左手が4の指からはじまる......〈略〉」 私 :「(あ、それはやった!黒鍵が多かったやつだ!)やりました!」 〈しばらくお話して〉 先生:「じゃあこの本の順番で次はH mollやりましょう。」 今までYAMAHAの『…

  • 茜色のメトロノーム

    先日のレッスンで先生からメトロノームについてお話があった時、内心「なんてタイムリーな!」と思って聞いていました。というのもちょうど手元にメトロノームが届いていたからです♪ 普段の練習でメトロノームを使うことはまだありません。時々自分でリズムを確認したい時に少しだけ、スマートフォンに入れたアプリを使っています。電子ピアノだとヘッドフォンをして練習することが多いので、電子ピアノとスマートフォンを接続してアプリのメトロノームを使っています(電子ピアノに内蔵されている音がどうしても好きになれないのと、アプリと比べると操作がしにくいのでこの方法にしています)。 テンポの正確さや様々なオプションがあるのは…

  • 拍を正しく弾く

    昨年末から練習している『リトル・ピアニスト』の29番(休符)がなかなかうまく弾けません。拍が正しく取れず...そもそも合っているのか何なのか、それすらわかっていない感じです。「なんかヘン」とは思っても「どこが」ヘンなのかすら聞けていない。 そもそも楽譜を「見ているだけ」で感覚で弾いてきたつけが回ってきたのかなと思っています。ひとつずつの音符の長さを見て考えて弾いて、腰を据えてしっかり練習が必要です...。まずわかっていない部分の理解をしなくては。もちろんレッスンの中で指摘されているのですが、その場ですぐにすべてを理解できていないので、今週はじっくりこの曲に集中しようと思いました。拍の感覚をきち…

  • 部分練習を(以前より)するようになりました

    今さら何を!?という感じですが、部分練習をより多くするようになりました。 「ピアノ練習は部分練習が大事」 もちろん知っていますし、先生から「部分練習をして、初めから通して弾くのは最後の1回くらいで!」とお話ありましたし、頭でわかってはいるのですが、やっぱり初めからなんとな〜くでも曲になっているのを弾いて聴くほうが嬉しい。ピアノを「弾いてる♪」感があるのです。 つっかえながら弾いてそれでいいのか、とか、それではいつまで経っても「初めの部分だけ」しか上手くならない、とか、それは「弾けている」と言わない、とか、うん、ブログなどを拝見していても、たいてい皆さん同じことをおっしゃっている。 わかっていて…

  • スケールとカデンツ〜わからなくてもいつかわかる!

    レッスンがありました。最近のレッスンでは、はじめにスケール+カデンツをみていただいています。 独学で始めた時に購入した『大人からはじめるハノンピアノ教本』(YAMAHA)の巻末に掲載されているものを参考に、去年の後半に長調からスタートしました。この本には6つの調の音階しか載っていないので、楽譜が無い調の音階については事前に先生と運指を確認するなどして取り組んでいます。 今練習しているのはホ短調とト短調。教本は2オクターブのスケールとカデンツになっていますが先生曰く「ただ行って戻ってくるだけだから♪」と4オクターブの練習になっています。 ト短調は教本に載っていないので前回のレッスンの時に「シとミ…

  • 初めてピアノを弾いたときに思ったこと「打楽器!」

    私が自宅で練習に使っているのはKAWAIの電子ピアノCA59。週1回のレッスンはYAMAHAのグランドピアノです。 2020年に独学で初めた時は、続くかわからなかったので、ある程度の機能、ある程度の価格、コンパクトなものと、ROLANDの電子キーボードGO:PIANO69を購入しました。自分でも意外でしたが、独学でスタートしてすぐに先生について習いたいと思いはじめ、教室を探して去年の春に体験レッスンを申し込み、その教室に通っています。 体験レッスンに行く前に、電子楽器(電子キーボード)ではなくピアノを触っておこうと思いたち、最寄り駅にあったスタジオを借りて練習しました。これが初めてピアノを弾い…

  • 今年初めてのレッスン・拍の間違いと音符間違いが多かった

    今年初めてのレッスンがありました。前回のレッスンは3週間前で、いつもの3倍くらいの新しい曲が宿題として出されていました。この冬休みの間しっかり練習できたかというとけっこうクエスチョン”?”。(年明けすぐに奥歯を抜歯して本調子でなく練習が停滞したり...言い訳です)複数の曲を並行して練習する感覚がうまくつかめず、どれも中途半端な感じになりました。 というわけで合格したのはスケールニ短調のみ。ホ短調はまた次回まで練習。指の使い方がちょっと難しい。 『プレ・インベンション』からの2曲がまだマシで、次回仕上げです。 それ以外のトンプソン、『リトル・ピアニスト』からの練習曲3曲はいろいろ指摘があり...…

  • ピアノ練習で気をつけること(目標?)・2022年

    🥂新年おめでとうございます🥂 「一年の計は元旦にあり」というように、今年の目標を考えてみようと思いました。弾きたい曲や教本をここまで、など考えましたが、やっぱり現実的に、具体的に考えることができず困りました。今はおおまかにざっくりした目標です。(思いつかなさすぎて3ヶ月毎に目標を立てたほうがいいのかもしれないと思いはじめました) とりあえず、練習について考えてみることにしました。目標というよりも練習中に気を付けることかもしれません。今必要なことを考えて3つ浮かんだものが以下です↓ ・練習時間を毎日1時間半~2時間確保する ・指など身体の使い方や表現など教えられたことを常に意識して練習する ・楽…

  • ピアノ宿題がたくさんなので

    練習ノートを駆使して取り組むようになりました。初めて数曲を並行して一度に練習しているので「この曲はどこまでやったっけ?何がまだできていなかったっけ?」とすぐに思い出せず、「とりあえず頭から弾いてみよう」となりがちなので、今までよりも細かく内容を練習ノートに書くようにしました。 練習ノートには事前に1週間分の枠をひいて、1日ごとに教本名と曲の番号を全部スタンプで押しています。その横にサッとしたメモ書きですが、以下のことを書くようにしています。 ・その日練習した小節番号とあいまいな部分 ・曲ごとの練習時間 ・次の練習を始める小節番号 ・次の練習で気をつけること 宿題の曲(教本名)を全部スタンプで押…

  • 宿題が多い!

    「冬休みだから♪」と言いながら出された次回までの宿題、どうやって進めようか悩み中です。もう三分の一近く過ぎてしまったのに! 次回までに『トンプソン現代ピアノ教本2』から1曲、『プレインベンション』から2曲、『リトル・ピアニスト』から1曲、あとはスケールをホ短調とニ短調。これが新しいもの。そしてトンプソンから「カデンツ」を仕上げる。 時々「初見の練習にプレインベンションを弾いてみました!」という方を見かけますが、そんなレベルではないので譜読みに時間かかります。 これまでに新しい2曲を次回までに、ということはあっても4曲同時はなくて。この数日で譜読みを始めましたが、平日に4曲+スケールを2つやる余…

  • 今年最後のレッスン&一発合格!練習の仕方がちょっとわかってきたかも?

    今年最後のレッスンに行ってきました。 タイトルにも書いたとおり、1回目で合格した曲がありました!やったー!嬉しすぎる😆先生も「これまだ一週目ですよね?」と少し驚いた様子でした。 合格をもらったのはチェルニーの『リトル・ピアニスト』26番。前回のレッスンで、譜読みの前にそれぞれ左手と右手の弾き方について気をつけることを教えて頂いていました。この前の24番も似たような曲だったので、その時に指摘されたことと、今回のアドバイスを自分なりに意識して練習していました。 左手の弾き方もOK、右手もメロディを出せているとのことで、手首の動かし方に気をつけてもう一度弾いてから「これはもう大丈夫。次に行きましょう…

  • Take a coffee break!

    よくあることだと思うのですが、ピアノを始めたらピアノモチーフの小物が気になり始めました。ピアノを弾いている人形とか音符モチーフのペンケースとか。 今年のはじめにネットでグッズ探しをしていた時に見つけたのが「ジャズ羊羹」。 かわいい!いつか何か特別な時に買おうと思っていましたが、今月初めについ、何でもないのに買ってしまいました😅 手前は冬季限定のChocolate 奥の黒い箱に入っているのは定番のClassic 箱も素敵です✨ チョコレートが練り込まれた羊羹にドライイチジクなどが入っている季節限定のChocolateと黒糖の羊羹の中にドライイチジクが入っている定番商品のClassicを購入しまし…

  • 来年の目標を立てる!・・・どんな目標がいい?

    フェルトで作ったツリー これを飾ると年末だなあと思います 年末も近づき、1年の総括ではないですけど、今年習った曲や合格にかかった時間、どのように練習したかなどをなんとなく振り返ってみる事が増えました。別に年末に限らず振り返りって大事だとはおもいますが、「年末」ってそうしたことに気持ちが向きやすい時期ですね。 今年はピアノ教室に通い始め、電子ピアノを買って『プレ・インベンション』『リトル・ピアニスト』の教本に進み、ショパン・コンクールを配信で見て、ブログを始め、試行錯誤しながら毎日練習して、と初めてのことが多い1年でした。 では来年は? 目標を立てよう!と思ったものの、どうやって立てよう???「…

  • 楽譜をなるべくきれいにつかう①

    レッスンで使用している楽譜って、何回も開いて、書き込みをして、練習を繰り返して、そのうちボロボロになっていく。それが当たり前なのかもしれません。 書き込みがある使い込んだ楽譜はいずれ宝物になるのだと思います。 まだまだ初心者で、真っ赤なトンプソンや黄色とピンクの『プレインベンション』などの教本を使っているけれど、いつか「こんな曲弾いたな」と懐かしく思い出したりするのでしょうか。そこまで上手になれるかな? ヘンレ版とか分厚い楽譜とか、憧れはあるけれど、今の教本も大事。 新品同様にピカピカで取っておきたいとは思わないけど、年数が経ってもまた弾きたいと思うかもしれないので、中身は書き込みたくさん、外…

  • 練習不足、そしてモチベーションアップのためにも新しい楽譜注文♪

    先週は物理的にも時間がとれず、十分な練習ができなくてレッスンはボロボロでした。よって合格はひとつもなし!ちゃんと練習しないとレッスンにならないことはわかりきっているのに情けない…ここまで出来なかったのは初めてです😓 そんなわけで、あまり深いレッスンにはならず、今回のレッスンはめずらしく途中で雑談がありました。普段は終わるまでは、練習曲に直接関係ない話はしないのですが…🤔その中で先生と生徒の関係についての話はおもしろかったので、自分なりに考えをまとめていつかブログに書いてみようと思います。 そして先週の練習不足は精神的なものもあったので、モチベーションアップのために、ちょっと早いけれど次の新しい…

  • 大人ピアノの練習方法にポモドーロ法をつかってみた。

    練習方法を変えてみました。参考にしたのはポモドーロ・テクニック/ポモドーロ法。(少し前にたまたま見たテレビ番組で「おとなの勉強」について特集され、その中で紹介されていました。番組を全部見ることができなかったので、あとで調べてみました。) ◆仕事などの時間管理のためのテクニックで、トマト型のキッチンタイマーを使ったことからポモドーロ(イタリア語でトマト)法と名付けられたとのこと。 ざっくりまとめると、25分の作業時間と5〜10分休憩を1セットとしてカウントし、このセットを繰り返します。集中して作業→休憩→集中して作業→休憩の繰り返しで、効果的に作業できるようにする、というもの。 途中で作業が中断…

  • 苦手克服♪

    苦手かもしれない「黒いひとみ」。苦手じゃなくなりました! レッスンで弾いたとき「とても練習したことがわかります☺️」と先生にも言われました。テンポなど「つかめた」感覚があり楽しくなってきました。なんでこんなに時間がかかったのか不思議。苦手かもとか何とか言いながらも練習を続けていたら急にできた、そんな感じでした。 今回はレッスンの前日にスタジオでアップライトピアノを借りて練習しました。自宅の電子ピアノだとどうしてもレッスンで指摘された感覚が再現できなくて、やっぱりスタジオに行かなくては!となりました。 「黒いひとみ」も練習して帰宅、家の電子ピアノで練習した時に、今度はアップライトピアノとの違いに…

  • いろいろなピアニストを知りたいと思ったので

    先週立ち寄った古本屋さんで『クラッシックCD エッセンシャル・ガイド100 ピアニスト編』という本を見つけました。 中を見ると100人のピアニストの演奏CDを数枚ずつ紹介している本でした。 15年以上前に出版されたものですが、ちょうど昔のピアニストのことを知りたいと思っていたので思い購入。きれいな状態で400円だったし。 ピアノ曲や作曲家の名前は何となく知っていたりしますが、ピアニストについてはほとんど知りません。 海外のピアニストだと、CDなどで演奏を聞いたことがあるのはグレン・グールド、アンジェラ・ヒューイットの2人だけ。日本人ピアニストは名前は知っていても演奏をその人の演奏と意識して聞い…

  • 苦手と思い込むその前に考える!

    レッスンがありました。 苦手かもしれない「黒いひとみ」、先生に「三拍子を意識して」と言われていたのですが、今週は練習時間が足りず、指がもつれながらやっとの思いで弾き終える感じでした😱 ゆーっくり数小節をヨタヨタしながらなんとか弾いて次に行く、そんな弾き方で、表現なんて二の次、三の次。 先生からは、拍子はok、今の速さでも表現は十分できるから、もっとなめらかに流れをつくって弾くようにお話がありました。 前回この曲は苦手かもと書きました。でも、まだまだ初心者なのにこれが嫌い!苦手かも…と思い込むのはやっぱりよくない。思い込みで練習が進まないのはもったいない!「難しいな〜苦手かも」と思わず、まずはど…

  • 情熱的な曲は苦手かもしれない

    2週間ぶりのレッスンがありました。基本的に毎週レッスンがありますが、年数回、今回のように2週間あくことがあります。こうなると自宅練習が進まない!好きな曲は弾きますが、少し苦手と思っている曲はちょっとつまずくと「また明日あるし。」と先送りにし、気がつくとレッスンまで数日!で、あせる。進歩ないなぁ。今回もいつものパターンになりました😱 今回ひっかかったのは『トンプソン現代ピアノ教本2』の「黒いひとみ」。ロシア民謡がもとになった曲です。上手くリズムがつかめない…曲がちょっと暗い…情熱的なのだけど不安定さを感じる。自分の性格とかなり違うタイプの曲、好きじゃない!と決めつけ、譜読みを先送りばかりしていま…

  • 五線譜用ペンを作ってみた

    自作五線譜用ペン レッスンを受けている曲の数小節だけをレッスンノートに書きたいなと思うことが時々あります。いちいち定規で五線譜を書くのも面倒で、かといってフリーハンドだとガタガタになるので、音符のみ書いていましたが、ふと思いついて簡単に五線譜を引く方法を調べてみました。 その結果、五線譜用ペン、五線譜スタンプ、五線譜用定規の存在を知りました。 五線譜用ペンはAmazonなどで販売されていて(値段がちょっと高い…)、ハンドメイドの通販サイトや楽天などでスタンプもいくつかみつけました。コロコロスタンプもあり、これだと長さを調節できるので候補の一つになりました。 一番いいなと思い、欲しかったのは楽譜…

  • ピアノとハンドケア、きれいな手になりたい

    11月に入り少しずつ寒く、乾燥が気になる季節になりました。レッスンに行く時に指先が冷えるのでもう少ししたら手袋が必要になります。 そして・・・手のガサガサ!今年はアルコール消毒や手をよりこまめに洗うこともあり、例年より荒れやすい気がします。ケアをしなくては! ママバターのハンドクリーム(無香料)とネイルネイルのドロップリペアセラム(爪美容液) といっても、私はピアノを始めるまで手や爪のお手入れについてかなーり無頓着でした。 ネイルは好きなのですが、実際につけてみると指先が重く感じます。たまにやってみたいなと思ってつけると違和感が強くてすぐ落としたくなってしまう😑 マニキュア・ネイルは避けたほう…

  • ピアノレッスンで「合格する」ということ

    少し前のレッスンで『リトル・ピアニスト』からの練習曲を弾いていた時にこんなことがありました。 伴奏の左手とメロディの右手のバランスなどを直して弾いた後、 先生「うーん、右手もう少しよくなりそうだけど、次いきましょう」 合格にして頂き、次の曲を指定されました。 この「もう少しよくなりそう」との言葉を聞いて「そう!あとちょっとやったら上手くいきそう!」と「わかる」感じがしました。あと何回か弾いたらつかめそうな、もっとなめらかに弾けそうな、そんな感じ。かといって「じゃあまた来週まで練習」となると、ちょっとモチベーションが下がる💦 もどかしい感じがしました。「合格」は嬉しいけど納得はしていない、でも不…

  • ストリーボッグはペンネーム

    体調というか気持ちはいまひとつですが、レッスンに行ってきました。 YAMAHAの『大人からはじめるハノンピアノ教本』はおしまい!この本に載っている最後の20番まで終わりました。 今後の練習曲は少し前に始めた『リトル・ピアニスト』とスケール、この2つになりそうです。 スケールはハ長調、ト長調、ニ長調の2オクターブの行き来を練習し、次はどうするのかしら?と思っていたら、オクターブ低い位置から始めて2オクターブ上がり、それぞれ右手はそのまま上がり左手は下がって、また戻る、という練習をすることになりました。左右に開くときの手の動きは同じですが、黒鍵の位置が違うのでつられます… 均等になめらかに、音階を…

  • 身体の不調?気力不足?それとも…

    ここ数週間、なーんか身体がへん。精神状態もへん。今までピアノがうまく弾けなくてもイライラすることはなかったのに、ここに来て急にイライラすることが多くなりました。毎日の生活もピアノもうまくいかないなぁと思うことが多いです。 季節の変わりめの不調だといいなと思いつつ、そうではなかったら対処を考えなければなぁと。40代になるといろいろ変化も大きいのかもしれません😱 なかなか練習もうまく行かずに前回のレッスンに臨みました。 ハノン20番は手首の動かし方を教えてもらい、スケールはok、次はニ長調。 トンプソンからの練習曲も合格で新しい曲を次までに譜読み。 『リトル・ピアニスト』『プレインベンション』の曲…

  • 久しぶりのレッスンとショパンコンクール2021を聴いて

    先週はレッスンがお休み、2週間ぶりのレッスンでした。 2週間あいてしまうと練習も少しのんびりになってしまい、なかなか進まず、今回のレッスン直前には「2週間もあったのに!」と自己嫌悪におちいりました… この2週間の間にはショパンコンクールが始まり、全部は聴けませんが日本からの参加者を中心にYou Tubeで聴いています。予備予選も少し聴いたのですが、そもそもピアノ&クラッシック音楽初心者なので、まず曲を知らず、何がよいかも悪いかもなーんにもわからず。演奏の差もいまいちよくわからず、「みんな上手」と感じるところからはじまりました。とりあえず、まずはたくさん聴こうと思い、意識して聴き始めました。違い…

  • どうやってよいかわからないことにもやもや。→聞く、考える!

    先週の宿題に『プレインベンション』から38番の譜読みがありました。クラーク作曲のマーチで、軽快な曲。今まで『プレインベンション』の曲はそれほど混乱せずに譜読みができていたのですが、今回ははじめから混乱。弾いていても、音が?テンポが?何かが?合っていないようでかなりもやもや。運指に気を取られるとほかの何かが変で気持ち悪い。 マーチなので、テンポよく弾きたい、けれどバラバラな印象。左手のスタッカートに右手がつられてしまう…でもどうしていいかわからず、とりあえず自宅で練習して、なんとか指は動くようにしてレッスンに臨みました。 レッスンで弾いて、ひとつずつ指摘を受けて、練習方法を教えて頂いて、何にもや…

  • レッスンに通いはじめて半年。

    ピアノ教室に通うようになって約半年が経ちました。 週に一回レッスンがあるので「次のレッスンまでに〇〇できるようになる」と目標があって、メリハリのある練習ができているのかなと思います。 子どもとは違って、大人から始めると自分から希望して時間のやりくりをしてレッスンに臨むので、モチベーションも保ちやすいような気もします(レッスン料への意識も違いますしね😙)。少しがんばれば弾けるようになる、弾けたらやっぱり楽しい。この半年はその繰返しでした。先生がそのポイントを見定めて毎週課題を出してくださっているのだと思います。 少し前にトンプソンのピアノ教本からスケールの練習曲を弾きましたが、その時の弾き方を見…

  • 練習曲が増えてきて、バラエティに富んでいる。

    前々回のレッスンはトンプソン現代ピアノ教本の中からスケールの練習曲でした。 (スケール?!なんかよくわからないけどよく聞くスケール?!😃とちょっとテンションあがりました。音階のことだと知った時はちょっと拍子抜け。横文字にして聞くと一瞬かっこいいと騙されます。) トンプソンの曲はなかなか上手く弾けず、とりあえず合格になったものの『大人からはじめるハノンピアノ教本』からスケールも練習することになりました。指と頭がこんがらがっています。 ハノンの17番とスケール。それと『リトル・ピアニスト』、トンプソン、『プレ・インベンション』から各1曲ずつ。それぞれ短い曲とはいえ、練習時間が足りません。今までハノ…

  • 【LIFEシンフォニーノート】を練習ノートに、【MIDORI検索ノート】をレッスンノートに。②

    LIFEのシンフォニーノートA5方眼とMIDORIの検索ノート ピアノの練習関連のノートは2冊。毎日の練習を書く「練習ノート」とレッスンで教えていただいたことを記録する「レッスンノート」。 レッスン の最中はノートなんてとっていられないので、とりあえず楽譜にキーワードや矢印などの記号をその場で書き込みます。そしてレッスン後すぐに、キーワードを頼りにどんなお話があったか思い出してノートにまとめています。おかげで楽譜は汚い文字で書かれた単語だらけ😅でもそのおかげで「こんな会話した」と比較的すぐに思い出せます。 (録音という方法もあるのは知っているのですが、まだなんとなくこの方法でやっています。下手…

  • 【LIFEシンフォニーノート】を練習ノートに、【MIDORI検索ノート】をレッスンノートに。①

    LIFEシンフォニーノートA5方眼・MIDORI検索ノートA5 ピアノ練習をする時にすぐ側にあるノートが2冊あります。 LIFEのシンフォニーノートとMIDORIの検索ノート、この2冊をそれぞれ「練習ノート」「レッスンノート」として使っています。 ブログを見ていても子どものお教室では「レッスンノート」をよく見かけますが、大人はどうやっているのかしら?とよく思います。ほぼ日手帳やバレットジャーナルなど「こんなふうに手帳を使っています!」と手帳の紹介が多くあるように、ピアノレッスンやピアノ以外の習い事も「こんなふうにノート使ってます!」と、どこかで拝見できる機会があるといいなぁ。 ピアノを独学では…

  • 再びこんにちはのチェルニーさん『リトル・ピアニスト』

    再びこんにちはのツェルニーさん。「ツェルニー」or「チェルニー」? なんとなく「ツェルニー」なのかなと思っていましたが「チェルニー」のほうが発音が近いようなのと、教本のタイトルに合わせて今後はチェルニーと言うようにします。 他言語の発音や表記って難しいですね。私の名前もヨーロッパ人には発音しにくい&アルファベットで表しにくいようで、全然違うスペルで書かれていたことがあります。参加者一覧だったので、しばらく眺めて「あ、これ自分か。」と気づきました。バッハも英語での発音だと「バァッ(ク)」のように聞こえるし、母語にない音だと表すのが難しく、だんだん母語の発音になっていくのだろうなと思いました。 さ…

  • 好きな曲ばかり練習してしまう…

    先週のレッスンはお休みでした。2週間の間の宿題は『プレインベンション』から1番の小フーガ、『トンプソン現代ピアノ教本』から1曲、そしてドツボにハマっている「速度の遊び」。 案の定、自宅での練習は、小フーガは楽しくて楽しくてスムーズで、トンプソンはイマイチ。「速度の遊び」はさらにわけわからなくなり。 先生もわかっていらっしゃって、レッスンではニッコリ笑って「速度がどうなってるかみたいです♪」と、まず「速度の遊び」から。そしてトンプソンのもう1曲と続き、小フーガは「弾けていると思うけど♪」と一番後のレッスンでした。 弾けていないところをやるのがレッスンなのね、とごく当たり前のことを思った日でした……

  • やってしまった…

    今回のレッスンは仕事の後で、いったん帰宅して食事をしてからといつもとちがうパターンの日でした。「ちょっとだけ練習してから行こう」とギリギリまで練習、そしてそのまま電子ピアノの上に楽譜を忘れました… 忘れた楽譜は『大人のハノン』で先生もお持ちではなく、でもハノンなので?「覚えている範囲でいいいですよ」と、うろ覚えのハノンを聞いていただきました。わりと覚えてないもので混乱。次回2曲分みていただくことになりました。 けっこうな自己嫌悪。イレギュラーがある時はいつもより確認をしっかりと。仕事でもなんでもそうですが、やらかした感が半端ないです。 (それでも他の本でなくてよかった…) レッスンは相変わらず…

  • THINK!

    ピアノ教室に通うことになった時、楽譜を入れるレッスンバッグを手作りしました。はじめは普通のトートバッグを使っていたのですが、楽譜がペンケースや水筒、ハンカチなどと一緒にごちゃつくのが嫌で、仕切りを入れて楽譜専用スペースがあるものをナイロンで作りました。そのレッスンバッグのアクセントにと思い、革タグに(100均のクッキースタンプを使って・笑)”THINK!“と刻印。当時も「考えて弾く」のは大事だなと思っていたから。 そして最近もやっぱり「考える」ことは大事だなぁと思います。 ローリーの小フーガ2番を弾いていて、「フーガは『とりあえず』弾けるようになってからが難しいと思う」と先生。 テーマがどこか…

  • みになる練習をしたい

    レッスンがありました。 『プレインベンション』の小フーガが楽しくて、ほぼ練習していなかったハノンの13番、レッスン直前に慌てて練習しグダグダで臨みましたが、そもそも手首の使い方が違います、と。拍の頭を意識すると手首の使い方も自然とわかるはず。これもまた以前から指摘されること…指摘されて「あーそうだった」となります。 直前の練習では指、手首の使い方を考えずに「とりあえず!」で弾いていたのは事実で、ちゃんと一週間練習していたら違ったのかしら。 はまっていた小フーガについては、テーマをはっきりさせることや、そのために音を切る箇所の確認、手の動き、何となく弾いてしまっているから丁寧に、などなど、指摘は…

  • 『プレインベンション』の小フーガ♪

    『プレインベンション』の2番目にある、ローリーの小フーガ。フーガ! 私にとってフーガはクラッシック音楽のなかで一番馴染み深いもの。いつかフーガ形式のものを弾きたいと思っていましたが、まさかこんなに早く来るとは! 『プレインベンション』を購入してすぐにどんな曲があるのかYou Tubeできいてみたので、このフーガをいつやるのか楽しみにしていました。 これまでのレッスンでは、先生が易しい曲を選んで3曲練習してきました。『プレインベンション』は作曲家ごとに曲が掲載されていますが、本の後ろに難易度順の、練習をするのに適した順番が書いてあります。それによるとこのフーガは4番目。「フーガは難しいんだけどな…

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、クラさんをフォローしませんか?

ハンドル名
クラさん
ブログタイトル
Pianotid ピアノの時間
フォロー
Pianotid ピアノの時間

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用