chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
えまちゃんと https://blog.goo.ne.jp/slice_ultra

車とチャリの気まぐれ日記 車は、BMW、VWなどを主体に、輸入車から国産まで多岐にわたって触れていきます

スライス
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/06/14

1件〜100件

arrow_drop_down
  • IONIQ5に遭遇

    すれ違って驚いたのは、ヒョンデこと旧ヒュンダイのIONIQ5。カーシェアに100台ほど投入すると書いたのが今年2月のことなので、驚くことはないはずなのですが、その存在感に驚いた。遠目に見て、随分とデコラティブな車に見えたのですが、新しい車なのか、カスタムカーなのかとっさに区別がつきにくい雰囲気で、そのデザインは微妙。驚くのは、小さくないとは知っていながらも5ドアハッチという頭があるだけに、その表面積の雰囲気はマツダCX-60並みに見えるほど。(ちょっと大げさか)なんにしても、今までのジャンルのハッチバック車にはとても見えない大きさは、4635×1890×1645というサイズを知れば想像できるでしょうか。簡単に言えば、Eセグメントのハッチバックという事です。大まかなサイドデザインなどVWのT-rocに似てい...IONIQ5に遭遇

  • 結局乗った308

    プジョー308へ乗るのはプラグインハイブリッドモデルが配備された頃、なんて書きましたが、ディーラーも一段落した様なのでお邪魔しました。話を聞くと、PHEVモデルよりも、ディーゼルの方がスポーティとして売る位置づけであると。ディーラーの方がいうので嘘ではないでしょうけれど、1.5Lの130馬力でスポーティと言われてもというところあります。プラグインモデルの配備など、いつになるか分からないという事でスポーティと言うので1.5ディーゼルに乗ってみることにしました。エンジンをかけた車外にいると、明らかにディーゼルですというガラガラ音はせず、鈍い人ならば特にディーゼルとは分からないかもといった音質です。BMWのディーゼルよりもガソリンエンジンモデルに近く感じるのは、排気量の大きさもあるのでしょうか、、そこは不明です...結局乗った308

  • 肥大化続く

    どこまでボディを大きくしてしまうのだろうか。ほぼCX-5と同じ大きさなるという、新型X1を見て思う事。そのサイズがいけないわけではなく、BMWとしてエントリーSAVの大きさがここかと。ウチはプレミアムブランドを目指すので、収益率の高い車しか作りませんという声が聞こえてきそうです。衝突安全性や乗員の快適さを考えれば自然と大きくなるというのは分かりますが、セグメントというものがあるだろうと思うのです。意地悪な言い方をすれば、プライスを上げるにはその見た目を立派に仕立てるのが一番容易い。日産がマーチを捨て、コンパクトのスタートをノートに託したのと同じように、小さな車は売れなくなっているのかもしれない。Bセグメントはおろか、いったいCセグメントらしい大きさの車ってどれだけ残っているのだろうと考えたりもします。全幅...肥大化続く

  • ザリガニ(映画)

    久しぶりに、感想の述べ難い映画でありました。ここのところラジオなどでよく耳にしますし、ベストセラー小説からのものですから興味を持ったのです。そして多くの方が、情景が美しい、世界観に圧倒されたなど、話自体は単純でありがながらも肯定的な意見がほとんどでした。私は、「ザリガニの鳴くところ」というタイトルが魅力的には感じませんでしたが、ちょうどよい時間に見れるタイミングであったので、ポチっとしてささっと出掛けて観てみました。その舞台は、戦後間もない1950年代から70年ころの話であると言いますが、湿地が舞台であることと、登場人物が少ない関係で、よくよく見て考えないとそういった時代であることが分かり難いと感じました。映画を見て時代を感じるに、車や家の造り、服装などが分かりやすいものかと思います。湿地にある家は質素で...ザリガニ(映画)

  • 飛ばすだけなら最高(AMG編)

    これほどまでに興奮した車は、いつ以来だろう。おそらく、987ケイマン以来という事になるでしょう。初めてポルシェに触れ、ポルシェのフィロソフィーを感じたとでもいいましょうか、速くなくとも楽しいという事を改めて知った。(もちろん遅くはありません)それ以降では、当時乗っていたM135iと現在の愛車335iあたりが速いものの部類である。3000㏄の6気筒からなる300馬力オーバーと、2000㏄から絞り出す300馬力超えの違いなど、気持ちの良さでは明らかであると思っていました。しかし、AMGというブランドネームは伊達ではなく、A35というセカンドラインであっても素晴らしいものであったのです。そもそも、派手な赤のバケットシートを備え、控えめな外観からは想像できない程に派手な内装を持つ。最初に腰を下ろした時には、大げさ...飛ばすだけなら最高(AMG編)

  • 進化したスピンドル

    RXの新型がお目見えした。なんだか随分と待たされた気がしますが、どうなのでしょう。知り合いの息子(小学生)に自慢されたのが、もう6年くらい前になるから、なかなかのロングライフだったのだろう。当時200tを買ったので、当時の価格Fスポで600万。お父さん、随分と頑張ったんだなぁと思いましたが、今じゃこの価格帯はざらにあるのですから怖いものです。さて新型となったRX、外すなんて誰も想像していないでしょう。不動の人気というほどではないLSに代わり、RXは手堅く攻めると予想されましたが、期待を裏切りません。全体のプロポーションとか、そんな事よりも、次に繋ぐスピンドルグリルを備えたのは流石と感じました。各プレミアムメーカーが、次なるアイデンティティを模索している中、サラリとこのスピンドルを出してくるのだから恐れ入り...進化したスピンドル

  • 狭山湖deパンク

    先日、秋も深まったので紅葉を見がてら狭山湖までチャリで出かけました。寒くもなく、快調に多摩湖自転車道を走って見晴らしのいい人工池に到着しました。お昼を食べる予定はなかったので、バナナを食べようとチャリを持ち上げて置く際に、何か違和感を感じました。そう、接地が柔らかいのです。イヤーな予感がし、タイアを触ってみると後輪が少し柔らかいのです。6.5Barくらいで出発しており、おそらく3Bar程度の硬さ。抜けているのは明らかです。しかし、とても緩やかな抜けのようですから、狭山湖を半周し降りるとワイズロード東大和店がありますので、そこまで持つか一か八か急ぎました。問題なく走っていましたが、コーナーでぐにゅっとリアがしたのです。圧がなく、タイアが潰れているのです。その証拠に、サイドウォールが汚れていました。これは遺憾...狭山湖deパンク

  • 休日の山中湖

    法事からの親戚旅行でしたが、午後3時近くに出発したにもかかわらず、高速も通行量は多めであり目的地の山中湖ではインター出口や湖畔にあたる手前が渋滞をしていました。これが箱根だったら、どんなことになっていたのだろうと考えたくもない程に込み合っていたのです。宿泊施設に入ったのは17時ですが、続々とチェックインの波がありました。20時スタートの夕食でしたので、余裕をもってひとっ風呂浴びて、一仕事終えた後のカンパイ。私は夕食に行く前にたくさん飲むのは嫌いなのですが、もう皆飲みたくてしょうがないらしく次から次へと缶が空く。私は2本にしておきましたが、できればロング缶1本が望ましい。20時の食事は忙しく、食事が終わると22時を過ぎる。そこから風呂に入ったり、飲み直したりするとあっという間に0時を過ぎる。朝からの疲れが出...休日の山中湖

  • 時代の移り変わり

    昨日、仕事場から昼飯に出た際、車が双方向に3台ほど走り去った。なにも珍しい事ではないのですが、その3台ともに音がしなかったのです。つまりエンジン音が無かったという事で、タイアが路面を滑る音がほとんどであった様に思います。初めて、このエンジン時代の末期が近くにあることを知ったのでした。ちょっと大げさですが、それくらいに未来を感じたのです。1台は、ノートepower1台は、RAV4PHV1台は、プリウスでありました天気の良いきれいな空のもと、音もなく走り去る姿を見て、これからの時代が見えたように思います。SF映画ではないが、シュルシュルと言った程度のロードノイズであると、街を耳の面からも汚していないと感じたのです。オイルの焼けた匂いや、排気ガスなどに目が行きがちでしたが、ここかと今更ながらに思ったのです。その...時代の移り変わり

  • 苦手

    路面が悪い際に思うこと。扁平率の高い幅の広いタイアでは、当然に轍などにとられやすくなるので走りにくさを感じます。更には乗り心地も顕著に悪くなりますので、苦手なところであると思うのです。車格にもよりますが、Dセグならば高速道においても一般道においても225/45-18あたりが使いやすいと思うものです。同じ様に、ロードバイクも軽量化することでスポイルされる部分があると知りました。先日アップダウンの多いコースを走って感じたのが、2号機のほうが安定感があるのかもと、、コントロールするにおいてというのではなく、単にフレームからハンドルにまで伝わる感覚としての収まりとでもいうのでしょうか。LOOK675よりも明らかに薄いフレーム構造を持つR5は、どこを持っても繊細な薄さを持つフレームであると知れるほどです。その何百グ...苦手

  • メンテナンス(エアーポンプ編)

    自転車の空気入れですが、ここに私はこだわります。安くていいものがあるのも知っておりますが、飽きっぽい私でも10年以上使える逸品を使います。2台続けてスペシャライズドのポンプを使用しています。1台に10年というのは大げさではなく、前のポンプはスペシャのバイクを持っていないのに購入したものになります。今ではあまりイメージがないかもしれませんが、スぺシャといえば赤がコーポレートカラーでした。真っ赤なポンプは、消火器を思い出させるほどに赤かったのです。そして何より、高級感があふれていました。4、5千円のポンプが蔓延る中、1万円位したと記憶しています。今では、レザインなどデザイン性に優れるものもありますが、私はデザインと使いやすさの両立したスペシャライズドがお気に入りなのです。そして、高級機種については、リペアパー...メンテナンス(エアーポンプ編)

  • AMG A35

    モータージャーナリストではありませんが、少し先にAMGA35を2日間借りることになりました。調べてみると、驚いたことに2Lターボではありますが、306馬力と400Nmを発生するのは自身の乗るF31型335iとほとんど同じスペックであるのです。7速ツインクラッチを使う事と、4WDという駆動方式ではありますが、リアルに比べられるのは楽しみです。A45となると見た目も派手になりやんちゃ系でありますが、このA35は上質な滑らかさを持つという。強烈な剛性を持ち、ワインディングロードを得意とするとか、、0-100が4.7秒という事なので、相当に速い部類に入ることが知れます。(私の335iは5.2秒)AMGらしくスポーツプラスモードにすると、DCTの切れやサウンドも勇ましくなるとか。そして4WDがもたらす安心感は相当で...AMGA35

  • 海外ドラマ

    海外ドラマにハマったきっかけは、忘れもしないビバヒル(ビバリーヒルズ青春白書)でした。私も若かったので、もう引き込まれるように見入ったものでした。それから幾つもの海外ドラマを見ましたが、私の中の傑作といえば、ERデスパレートな妻たちグッドワイフ(グッドファイト含む)メンタリストモンクこのあたりが私のトップ5です。24やツインピークスは、ちょっと見方が違ったのでこのジャンルにはありません。(つまり一気見)毎週毎週楽しみに録画し、これを見る時間は至福の時であったのです。ERでは真摯に仕事に向き合う姿を、デスパレートでは遊園地にいるような快感と驚きを、メンタリストでは他人の行動の読み方を、グッドワイフでは人生の立ち回り方を教えてもらいました。現在ロードショーしている、ダウントンアビーも外せません。海外ドラマ

  • 親戚旅行

    コロナに入ってから、当然ですが親戚一同で毎年行っていた旅行が中止となっています。この年月は、年配の方には長い時間であったとつくづく思うのです。幸いどなたも亡くなっていたりはしていませんが、もし旅行が再開するとなっても参加できない方がいらっしゃいます。病気とかではありませんが、色々な人に交じっての日程をこなすにおいて自信のなくなったであろう人がいます。おそらく本人は行くといっても家族にとめられてしまうでしょう。さて、この秋に実家の法事を行いますが、それに合わせて母が旅行に行きたいとか。次の法事に私はいないしねぇ、なんて必殺技を使います。ちょうどコロナ禍、呼ぶ人も少ない関係で、ちょっとした身内旅行が決まりました。これを企画したころ、旅行割がまだ出ておらず、宿の予約を急ぎませんでした。予約を見ていたところ、まだ...親戚旅行

  • デザインとは

    今日、マツダの前を通ったら外の展示スペースにCX-5、CX-60、CX-8が並んでいた。(すべてソウルレッド)その幹線道路に対して斜めに余裕をもって停めてあったので、そのスタイルをまじまじと比較することができたのです。もちろん似ているとは思っていましたが、クォーターウィンドウの処理の仕方までそっくりでありました。CX-60に関しては、フロントフェンダーと前ドアの間にin-line6なるオーナメントがありますし、その部分がFRらしいフォルムを作るために長い物ですから、知っていれば見分けるのは簡単です。しかしですよ、本当に似ています。私の様に、年中車の事を考えている者ですら、似すぎていると感じるのです。これはある意味このデザインしか作らず、お客のニーズによってパワーソースや乗車定員、駆動方式、ボディサイズを決...デザインとは

  • New CROWN(クラウンクロスオーバー)

    ちらほらと、トヨタ店にはクラウンがお目見えしています。クラウンがどの様になったのか、知らずして日本車を語れませんので突撃です。予約を入れた店舗には、ブラック×プレシャスブロンズのバイトーン(2色使い)が配備されています。現車を見ると、それほど大きいようには見えないのですが、2色使いの作用があると聞きました。モノトーン(単色)で見ると、大分大きく見えるのだと言います。確かに全長が4930㎜もありますから、現行型のEクラスとほぼ同じ大きさとなったものです。テールを見ていると、どこかMIRAIを思わせるところもありますが、フロントを見ていると無国籍な印象です。BYDですと言われても、違和感のないものと感じます。これを見ていて私が思うのは、プリウスPHVあたりの延長にある車作りです。トヨタ品質があり、その上に成り...NewCROWN(クラウンクロスオーバー)

  • 国際郵便

    コロナ禍になって、困ったものの一つに国際郵便が挙げられるでしょう。バンデミックの最中には、大方の国際郵便が止まったくらいですから、動いているだけ有難いのかもしれません。私が国際郵便を使うのは、遠い親戚に味噌を送るためではなく、趣味に限られます。チャリのパーツやウェア、車のちょっとしたパーツなど、明らかにお得である場合に使います。今では、大手の通販サイトにおいてある程度の金額を購入すると送料無料となる事が多いものです。当然に、チャリ用のウェアなど日本ではなかなかお目にかかれない様なブランドもあります。その様な人と被らないモノは、わざわざ海外から取り寄せる醍醐味と言ってもいいでしょう。しかし、ほとんど見たこともないメーカーですから、サイズ感を掴むのが難しい場合があります。商品説明に、そのサイズチャートなど載っ...国際郵便

  • ツールの覇者

    今年のツールを制したのは、ユンボ・ヴィズマのヨナス・ヴィンゲゴーが総合優勝となりました。ユンボ・ヴィズマの使用機材が、サーヴェロでありました。私のR5は2020モデルとはいえ、その系譜にあるフレームが優勝したという事です。フレームカラーだけではなく、若干の軽量化と剛性の分散などをしたようですが、素人には同じと思います。そんな思いがあるのかどうなのか、乗ると踏むのです。いままで抜きをかけるのに40キロ以上でする脚などありませんでしたが、ここ2回ばかり41キロで抜きをかけ、そのまま43キロ程度まで上げて引き離すパターン。そもそも、河口に向かう若干のフォローとはいえ37キロ巡行など、いままで自分の脚ではあり得なかったと思うのです。ショップのオヤジさんが言ってました、「ある程度の距離まではホント走るよ」と、、「し...ツールの覇者

  • 板金修理

    早いもので、来月には有償で加入した保証が切れる時期となったF31こと3シリツーリング。まだベタ踏みにしていないのは自身でも驚きですが、それをせずとも満足できているという部分はあるのでしょう。とても調子よく、気になる点は今のところないし、エアコンも大阪以来再発はしていない。前オーナー様の遺産でもある後バンパーにある傷、あまり目立たずに使っていますが、思い切って直そうと思うのです。まぁ家族からの評判は良く、車でのお出かけも増えつつあるほど皆に気に入られているF31です。バンパーに、ちょっとしたつぶし傷(丸状)と、片手程の薄い擦り傷があります。この擦り傷は片手程の大きさがあるのに、ここだよと言わなければほとんどの方は見つけない程度のもの。ですから納車時には直さなかったのです。今思えば直しておけば実費で済んだのに...板金修理

  • 庶民を捨てたゴルフ

    現行8型ゴルフヴァリアントにも、2.0ディーゼルが搭載されました。トルクを360Nmまで上げ、燃料消費率もWLTCモードで19.0km/Lを達成したそうである。最新世代のエンジンとは言うが、最高出力は150馬力のままで、実用域を充実させたのだろうと思われます。150馬力とはいえ、高速で踏んでいく方でなければ足りないと感じるシーンはないでしょうし、実用域でのトルクの太さは狂暴に感じるほどでしょう。新しいシャシに載った新しいボディ、そのデザイン云々はいいとして、使い勝手も良いものと推測されます。いくら立派な体躯となっても、「ゴルフはゴルフである」という方程式が当てはまらないほど高額に感じるのは残念に思います。売れセンと思われるTDIRラインというグレードは441.6万円であり、実質的なエントリーグレードのアク...庶民を捨てたゴルフ

  • サイクルソックス

    チャリに乗る際、当然ソックスを履くわけですが、この部分を蔑ろにするかどうかで見えるものがあります。サイクルソックスもそうですが、スキーソックスにしても、ゴルフにしても普段と兼用してしまう方もいらっしゃいます。それはそれで構わないところもありますが、少しでもマナーを分かっている者として堂々と乗りたいならば、専用のものを用意するべきと考えます。スーツに白い靴下を合わせないように、サイクルジャージにくるぶし下のソックスを合わせないのがセオリーです。諸説ありますが、くるぶしが出ていれば転倒の際のダメージも大きいでしょう。プロ選手の傾向として、長くなっているのが特徴です。大きな大会などを見てみれば一目瞭然ですが、100%と言っていいほどフルレングスのソックスを履いています。フルレングスを履くか、クォーターを履くかは...サイクルソックス

  • BYD既に上陸

    BYD(比亜迪汽車)がグローバル市場14か国においてテスラを抜き、EVの世界販売トップに躍り出たのは今年7月の事。(グローバル市場14か国とは、世界自動車販売の80%を占めるものです)日本では、テスラが一番と思っている方がほとんどと思われます。当然にテスラは優秀なEVであり、世界のEV普及をけん引してきただけのことはあるメーカーというのは皆の認識でしょう。BYDは中国の電池メーカーから転身をした会社であるが、既に日本市場に上陸しているものです。普通乗用車の販売は2023年からの予定であるが、既に企業向けのバスなどの事業のほか、ITエレクトロニクスや都市モビリティ分野に参入している。ヒュンダイ(ヒョンデ)が基本ネット販売であるのに対し、BYDは既存の自動車と同じ体制で全国に100店舗展開を目指すという。電池...BYD既に上陸

  • サーヴェロ卿

    納車して3カ月以上放っておいたでしょうか、最初に良い印象を持ちたくて何時か何時かと決めかねていたら、一夏超えてしまいました。いよいよ乗らねばなるまいと思い立ち、乗ってみたのです。ステム高の調整や、Di2のワイアレスユニットを入れるかどうかなど、決めなくてはいけないものがあり渋々です。何がって、今年のツールを制した「サーヴェロ卿」ですから、チンタラ走るわけにもいきませんし、カモられるなんてもってのほか、フレームに申し訳ないものです。跨って10mも進まないうちに、身軽さと、癖のないニュートラルなハンドリングに、1級品である事を知らされます。2号機とは、1.4kgくらいの違いだと思っているのですが、走るにおいての軽さはまた別であることが知れます。持って軽く感じるのは当然ですが、走って(加速して)の軽さというのは...サーヴェロ卿

  • ジェニと思ってた

    ジェニじゃなくてジェニーこと、BLACKPINKのリードボーカルでソロシンガー。韓国のガールズグループなのですが、何故オヤヂの私が知っているかって子供に嫌というほどMVを見せられていますから、、割とジェニは好きなタイプである。(どうでもいいこと)さてそのジェニーですが、ポルシェとコラボしたそうで、ジェニー・ルビー・ジェーンモデルを製作したとか。確かにジェニは、歌唱力もあり、ソロでも売れて、媚びない姿勢が受けていると思われます。この時代にマッチした女性像でもあり、快進撃は続くように思われます。しかしポルシェがコラボするって、どういう客層を見ているのかと考えました。トヨタがオーリスでガンダム仕様を作ったのとはわけが違うと思うのです。(いや実は同じなのか、、)何にしてもK-popグループなども、男性グループであ...ジェニと思ってた

  • 異音により交換

    多分ですけれど、バックランプをLEDに交換後、異音が出ます。キーンという音で、ラジオを消しても聞こえますので、気持ちの悪いものです。ずっと聞こえているわけではないのですが、出始めると15分くらい続きます。コーディングを施してありますが、年式や他のパーツとの兼ね合いもあるのでしょう。ウィンカーも前後LEDに交換してありますが、全部付けたタイミングが違っており、バック球を交換した後に出たと記憶しています。当初、コーディングは考えていませんでしたから、割と高級なキャンセラー付きのLEDを入れました。その後コーディングしましたから、完璧だろうと考えていたのですが、そうはいきませんでした。一番手っ取り早いのは、バック球をハロゲンに戻して異音が出るか、しばらく様子を見る事です。しかし、何度も作業するのは面倒ですし、ど...異音により交換

  • トラックボールマウス(人差し指型)

    トラックボールマウスはご存じでしょうか。マウスを動かすのではなく、大きな球が乗っていて、それを回してポインタを動かすタイプです。5年ほど前からこのタイプを使っていましたが、この度動きがぎこちなくなりました。掃除をしても変わらず、ストレスのたまるものですから、買い替える事になったのです。今まで使っていたのは親指でボールを回すタイプで、当時はそれしか無かったように思います。それが最近、人差し指型のものが出ており、球の色も黒や赤もあります。(ブルーがスタンダードでしょうか)今までのもの、ロジクールのものでとても使いやすかったのですが、また同じようなものを買うのもつまらないと感じ、人差し指型をチャレンジしたのです。当然に買う前に、人差し指での作業などイメージをしてみて、使いやすさを考えたら親指なのだろうと感じまし...トラックボールマウス(人差し指型)

  • ご当地ナンバー

    ご当地ナンバーが、町興しに役立っているのかどうかは知りませんが、着々と進んでいるようです。私、割になじみがあったのですが、令和2年5月から始まっていた「船橋ナンバー」を始めて認識したのが先週です。船橋には、割と長く付き合った彼女が二人いて、後者の子からは「随分と詳しいのね」なんて言われたこともあるほどである。近かったわけではなく、遠くて困るといったほどの距離でないながらも、高速代が痛かったのは生々しい記憶として蘇ります。さてそんな与太話はいいとして、船橋は習志野管轄のエリアです。隣が習志野市ですから、県外の者から見ると、そこまで違うかなぁというのが第一印象です。このご当地ナンバー、町興しといったものよりも希望ナンバーの人気集中による発行枚数を稼ぐものなのかと察します。オリンピックナンバーや、ラグビーワール...ご当地ナンバー

  • 馬力孝

    馬力について考えてみたくなったので、馬力孝です。ダウンサイジングターボが当たり前になってから、昔の280馬力自主規制が嘘の様にハイパワー車がお目見えする時代です。特に感じるのは2Lターボでありまして、イマドキは320馬力も普通に発売されるものです。私が最初に感じたのはランドローバーグループで、もう10年も前に発売されたイヴォーグを覚えています。私はどちらかというとスタイルありきで乗りに行ったものですが、2Lターボが240馬力と34.7キロのトルクを持ち合わせていました。重いとはいえ1.7t程度のもので、こういったタイプの車がこれほどの最高出力が必要なものなのだろうかと思ったものです。更に現行型では、300馬力の2Lターボも用意しているものです。特に馬力では話題になりませんが、ランドローバーというブランドは...馬力孝

  • トレンド(テール編)

    どこのメーカーも、フロントグリルが大きくなり、それを存在感と言い放つ時代です。人気があって売れるのですから、それがトレンドなのでしょう。フロントフェイスに限っては、アウディが施したシングルフレームグリルが有名でしたが、レクサスのスピンドル巨大化も、BMWのデカ鼻も要はそれの部類なのでしょう。テールデザインの一文字型スタイルのハシリと言えば、ポルシェを思い浮かべます。その昔から911などでは左右のライトをガーニッシュで繋いていたのですから、先人と言えるでしょう。それを最近のデザインに取り込んだポルシェ、妙に先進的に見えたものです。レクサスは、私の知る限りUXとISにそのテイストを盛り込みました。ポルシェ同様に、それは新しい時代を感じさせるものに見えます。現在は他社にもあるのでしょうけれど、一文字型として私が...トレンド(テール編)

  • 初めてニセコへ

    コロナに入ってから顕著なのですが、毎年の様にツアー代金が上がっています。今年の正月近辺は、本当に高いもので、10年前の倍はするのでしょう。となると、正月休みのスキーを諦めざるを得ない状況で、2月を視野に入れました。しかし正月を外すと、修学旅行や学校単位のスキー教室が増えるのです。行ける日程でホテル予約窓口に数件確認をとると、すでに入っているところや、入る可能性が高いといいます。安く行くには平日を含める必要があり、平日を入れ込むと団体と当たる可能性が高くなります。そこで私は、ツアー料金の高い日程でいつものクラスのホテルを取るより、平日を含めた日程でホテルのクラスを上げることを選んだのです。つまり、修学旅行などでは使われないクラスのホテルという事です。スキー以外では、修学旅行生と同じ宿になるなんて事はあまりな...初めてニセコへ

  • 配信停止

    迷惑メール等、あって当たり前の世の中になってしまっているかと思います。プロバイダーやキャリアなど、いろいろな対処をしていただいているとは思いますが、いたちごっこは続きます。巧妙なフィッシングと思われるメールも多く、本物を見極める力が必要となってきています。先日、ETCサービスなるものから来ていたのですが、よくあるサービスの停止などではなく、今月時点でのポイント実績でした。そんなものかと不思議に思うことはなく、張り付いていたURLから飛びはしませんでした。その翌々日、同じメールが入ります。あれっと思い、両メールを確認すると、会員番号が違いました。つまり、フィッシングメールと思われます。私、相当に疑い深い質ですが、敵も中々の物を作ってきていますので更なる注意が必要です。話は変わりますが、先日一括査定サイトを使...配信停止

  • 話題性の低いVW

    私がとりわけ感じていることなのだろうか、ここ最近のVWにニュース性がないと。トヨタと世界最多の販売台数を争うメーカーとしては、日本において話題性に欠けると感じます。そのトヨタのお膝元の日本であるのは加味しても、影は薄い。EVに注力しているのは知っていますが、ワーゲンバスなどのキャラクター製品を除くとここのところ存在感が弱い。ゴルフにフルモデルが入ったタイミングがコロナ禍であったこともあるのでしょう。更に半導体不測の関係でデリバリーが遅れるという追い打ちもありますが、そこは他社も一緒です。今、日本市場においてVWはどの車種が売れているように見えるでしょう。私は8代目ゴルフでないのは明らかで、T-crossなのだと感じます。ティグアンはモデル末期とはいえ、マイナーが入って明らかに良くなった割には出ていません。...話題性の低いVW

  • 即時キャンセル料発生

    コロナでの中断はありましたが、基本毎年お邪魔させていただいている北海道です。スキーに行くだけの私は、冬の北海道しか計画せず、家族からは不評である。そこで今年、大きく舵を切ったのである。ここ数年、富良野を基本に考えていましたが、レストランにしてもゲレンデにしてもマンネリ化しているのは否めない。しかし子供を連れていく手前、ゴンドラやロープウェイで1発頂上へ上って、初級の上くらいの者が苦労なく降りてこれるゲレンデが欲しいところです。プラス温泉大浴場があること、この二つ私には必須であります。更に、通い慣れたゲレンデとホテルは楽ですし、不要な動きをせずに済みます。このパターン、効率的ではあるのですが新しい発見がなく、刺激も少ないのはお察しの通りです。そこで今年、何度も行っている富良野、留寿都、トマムを候補から外しま...即時キャンセル料発生

  • メーガン妃

    エリザベス女王がお亡くなりになって、エリザベス女王の功績を改めて知り、偉大なリーダーの損失と惜しまれた。その女王人気ゆえ、イギリスの注目度が上がったが、同時にネガティブな方向に注目度が上がってしまったのがメーガン妃であろう。いろいろと情報操作されているとはいえ、マスコミが伝えるものの方向や温度は、ヘンリー王子とメーガン妃に好意的ではない。もともとやんちゃな王子でしたから、当時こういう結婚もあるのかと思いましたが、聞こえてくる声は日に日に悪くなります。どこまで本当なのか知りませんが、王室スタッフへの対応などについて、メーガン妃は王女から諭されたとも聞きます。この様な言動に対して、ヘンリー王子が王室での振る舞いというものを忠告していないのか、というところでしょう。そこへ、当時交際中にメーガンが恋人であるという...メーガン妃

  • 349馬力のクラウン

    この画像を見ても明らかなように、クラウンであってクラウンでない新型。来年には米国でも発売が決定しているらしい。その米国仕様の2.4Lターボ搭載のHVは、2モーター式の4駆でシステム出力340馬力を誇るという。2.5Lを搭載する自然吸気の方は、従来からあるTHSIIを使う3モーター式となって、こちらも4輪駆動です。2.4Lの方、日本では「デュアルブーストハイブリッド」というネーミングらしいのですが、日本仕様は349馬力という。5ドアクーペになったことばかりが話題となった気がしていたが、そんなにパンチのある心臓を搭載したとは知りませんでした。ダイレクト感あふれる走りと謳っておりますから、ちょっと乗ってみたい気もします。我が信条に鑑みると、買う可能性は限りなくゼロに近い。となると、ワゴンやセダンが発売になった際...349馬力のクラウン

  • わかりずらいネーミング(AUDI)

    最初に申しておきます、アウディに対してちょっと批判的な内容です。アウディは、A42.0TFSIとか、A31.4TFSIという感じのネーミングが付いていました。それが最近、A445TFSIとか、A335TFSIという感じに変わっています。これがどういう物差しで表されているのを知っている方は、ごく一部だと思われます。私も知りませんでしたが、言い訳の様な基準があるようです。最高出力をキロワット換算したものをベースに、こういった表があるようです。表示最高出力2570〜80kW3081〜109kW35110〜124kW40125〜168kW45169〜209kW50210〜244kW55245〜319kW60320〜419kW70420kW〜なんの脈絡のない、といったら怒られてしまうでしょうか。シンプルに、25表示...わかりずらいネーミング(AUDI)

  • e:HEV(シビック編)

    先ずは、先日シビックHVについて書いたこと、訂正させていただきます。補助金が入ると、実質ガソリンモデルと同じような価格で買えると書きましたが、シビックのe:HEVとは2モーター式のハイブリッドモデルでEVではありません。よって補助金が使える車種ではないものでした。そんなシビックのハイブリッドモデルに試乗してきたのです。アコードを置いている店は少なく、旬なシビックに乗ることになりました。オーソドックスなデザインになった11代目、10代目(FK7)を良く知っている人であれば分かると思いますが、変わったようで変わっていないフォルムがあります。横姿を見て、リアフェンダーと後輪のバランスなんて、そのままの様に見えるものです。あくまでデザインだけで見れば、私はタイアの扁平率を5%ほど上げた方がバランスが良いと感じます...e:HEV(シビック編)

  • ノイエクラッセなるか

    地味ではあるが、良い車と感じるのは新型シエンタです。ノアボク(ノアとボクシー)も完全に既定路線(アルファード路線)に乗っけてしまい、稼げるうちに稼ぐといった雰囲気です。戦略と市場がマッチしているのですから、商売としては正攻法なのでしょう。予想されていた新型シエンタのデザインは、どちらかと言うと2代目を尖らせたようなデザインが多かったように思います。しかし、発売された姿は予想を反しシトロエン(洒落たかわいらしい)な雰囲気です。シトロエンの様な車が街に増えれば、ギクシャクした世の中にゆとりを生むようにさえ思います。トヨタの得意としているアルファード路線から外れたのは、一つの戦略であるのでしょう。私が考えるに、「アウディ化させない商法」とでも名付けましょうか。いくら当たったとしても、すべてが同じテイストでは飽き...ノイエクラッセなるか

  • 親父の車

    ふっと懐かしくなったのは、親父の最後の車です。実質という意味ですが、最後はY32型のセドリックでした。あまり運転の上手でない父は、中年に差し掛かったころ一度スピード違反で捕まったのを機に、ノロノロ運転となったらしい。性格的に考えると、よほど悔しかったのだろうと思う。きっと、若い警察官の高圧的な態度にでもあったのだろうと予測するものです。そんな父も若いころ(つまり私が小学生の頃)には、親戚に数人車好きな者がおり、それを譲り受けたりしたこともあった。ブルーバードSSSなどもあったと思いますが、子供心に気に入っていたのですが父にはスポーツモデル過ぎたのでしょうか、早々に手放してしまったのです。その後は、家業で付き合いのあったトヨペット店でコロナを購入し、何台かそれを繰り返していた。そうして兄が免許を取り、私が免...親父の車

  • 335i(箱根編)

    満を持して、箱根に持ち込んでみたのです。また秋の行楽シーズンに入ると、驚くほどに混む箱根ですから今しかないと思ってのアタックです。一人箱根に向かい、箱根口で蕎麦を食べ、お土産用(夕飯用)の特選アジの開きとかまぼこの詰め合わせを買う。これをクーラーバックに入れ、保冷材で最高の状態を作って、さぁターンパイクを上ります。730円を下のゲートで払って登り始めます。今日に限っては、その730円が惜しくなく、この為に来たことをひしひしと感じ、気分はカーグラの田辺氏である。工事が入っているらしく、ところどころ工事車両が止まっていたりするが、大勢に影響はなし。ノーマルモードで登っていき、アクセルを開けていきながら感触を確かめる。直線区間であっても脚の柔らかさは感じるが、曲がってみてロールし過ぎるって程でもない。それなりの...335i(箱根編)

  • 意気地なし

    ズバリ書きます。3シリにLCI(マイナー)が入ったといいます。タイトル画がその様なのですが、私は気に入らない。BMWはグロテスクなブス路線をひた走ることに決めたと思っていましたが、3シリに関しては怖くなったのでしょうか。F30からのフルモデルチェンジで今の形になったのは、まぁ分かります。屋台骨の3シリでコケるわけにはいきませんから、安全策を取ったのは分かります。3シリフルモデルチェンジ以後、色々なモデルが発表となり、7シリやX7までもが大きく変化しました。1シリ、2シリ、4シリ、7シリには出来ても、屋台骨の3シリにはできないってのは、潔くないと感じます。今回のLCIでは、少しは振ってくれると思っていましたが、これは意気地がないと思うのです。今までの様なフェイスを1車種でも残すことに、何の意味があるのでしょ...意気地なし

  • New CR-V

    現行CR-Vの生産が8月をもって終了したとのことですが、北米では次期6代目が9/22の発売であったらしい。190馬力ターボ搭載とありますが、現行型もそうでした。e:HEVである2モーター式も同じようなもので、パワートレーンに関して再チューニングはしているものの、キャリーオーバーとなるようです。このCR-Vという車種は、国内ではご存じの様に売れておりません。一番ネックになったのは、言うまでもありませんが北米に向いたボディサイズでしょう。ヘヴィな4駆として、又はラクシャリーなSUVとしてなら国内でも需要はあると思われますが、1.5Lベースのガソリンモデルでこの大きさが欲しいと思う方は多くはないでしょう。そこで大きなエンジンを積むことをやめたホンダですから、このパワートレーンで売れる車にシフトするのが「ZR-V...NewCR-V

  • 買わない、乗らない

    週末、プジョー308の試乗を再度試みたのですが、叶いませんでした。まぁ正式に配備されてから日が浅いと思われるので、当日予約が難しいのは分からないでもありません。ならば明日はどうかと聞いてみれば、商談が2件ほど入っていますのでとつれない。そこまでの人気なのか、308。何が皆を駆り立てるのか?新しくなった家紋(エンブレム)なのか、それともあのカメムシ色にやられたのか、、確かに今までのモデルであると、VWやBMWからの乗り換えに装備の違いを感じたり、質感やデザイン性に踏み止まった方はそれなりにいると思われます。今回のニュー308シリーズは、評論家の方たちがゴルフに肩を並べたとか、抜いたとか論じています。そんなこんなの人気なのか、コロナ生活のうっぷん晴らしなのか、真相は不明であるが人気なのは確かである。これほど試...買わない、乗らない

  • 田宮に限る

    フジミのNSR500(プラモデル)の製作を途中で断念し、すぐさま買い直したタミヤのNSR500でした。年式こそ違えど、同じように見えるものをまた買いましたが、定価4,000円程になる最近のものはパーツが細かく、色の塗分けも時間のかかるものです。夏の暑さもあり、エンジンとフレームを組んで2カ月くらい放っておいたでしょうか。台風が来るという週末、久しぶりに手を付けたのです。幸い埃など被っておらず、リアホイールを付ける辺りからは見栄えがするようになるのでテンションが上がります。塗って塗って、組み立ててを繰り返し、フロントホイールを装着し上下逆さまとなる燃料タンクの取り付けまで終わりました。ここまでくると組み立て自体は9割方終えているのですが、一番気の重いカウリングの塗装に入ることになります。3色使いのカウルは、...田宮に限る

  • ネットショッピング(車編)

    今どき、車をネットで買う(予約)事は、珍しくはないのかもしれません。先行発売とか、超の付くほどの限定車とか、全国津々浦々の方に公平に販売したいという意図は汲めるものです。しかし、そうでない車のオンライン限定車なんてものも存在するのである。BMWから発売となった116iである。1シリーズのエントリーモデルで、118iと同じ1.5Lターボをデチューンしたものを搭載し、装備を簡略化したものと思われます。398万円という、昔からのお決まりプライスである。では118iの最廉価モデルとは50万円ほどの違いであるのです。そこで気になったのは、値引きという部分です。試しにオンラインストアを覗いてみると、簡単に仕様を選べるようになっています。まぁ仕様と言っても、色など極わずかでありますが進むと、ディーラーを選び、申し込みと...ネットショッピング(車編)

  • BMW 335i(N55B30A)

    久しぶりに335をネタに書きます。M135iの時と違い、エンジンに不調はなく、いまのところ何処も壊れずにあるものです。なぜ書かないのか、記事の本数が進まないと自身でも心配になります。正直にお話しするならば、驚きが少ないからなのでしょう。3シリというものの装備は、F20型の1シリを熟知していれば、その延長線上にあるというよりも乱暴に言えば同じである。ドアだって、エアコン、ナビ、シートに至るまで共通部品と言っても通る程に似通っている。一番違うと感じるのは、リアシートの専有面積であって、そこはかなり快適である。走りにおいては、以前320dのセダンを数日借りて走り回った際には感じなかった重さの様なものを感じるのは、きっとツーリングのせいでしょう。見た目の重さが自分には効いているのだと思います。その証拠に、慣らしを...BMW335i(N55B30A)

  • 二段フェイス(X7編)

    化粧直しの仕上がったBMWX7。その姿を見たのは、「M60i」というトップグレードでのこと。これを見て、ここのところのBMW路線に対し今まで通りの酷評を吐くものや、エクストレイルと変わらないといった意見もあるようです。デザインなんて好き好きですから、ある程度しょうがありません。私も現行型X7に関しては、当初パルテノン神殿などと揶揄したものです。このLCIを受けて、私はBMWの作る新たな方向性を垣間見た気がしました。もちろんひどい鼻の大きさ(キドニーグリル)であるし、ゲテモノテイストは変わっていない。しかし、デザインがちぐはぐという方もいるようですが、私はこのLCIモデルに限っては前後のバランスは悪くないと思います。更に言ってしまえば、売れるテイストを備えたと感じたのです。この過渡期、パワーソースだけではな...二段フェイス(X7編)

  • CIVIC(11th)

    元10代目オーナーとしては、現行型(11代目)の注目度が高いのは嬉しいが、キャリーオーバーのガソリンモデルに乗って「正直そんなに変わりましたか?」という思いもある。デザインについては、好き好きと言うか名実ともに尖っていた10代目とは打って変わって落ち着いた11代目です。セダンが無くなったことにより、シビックと言うキャラクターが立ったのも分かりますが、HVが出たことで各媒体での露出も続いています。ちょっと調べてみると、このHVは2モーター式のプラグインハイブリッドモデルで、エンジンは2Lとなり更にモーターを合わせる。驚くのは、2Lエンジンが141馬力しかないという事ではなく、モーターの最高出力が184馬力ある事です。つまり、10代目シビックの最高出力をモーターだけで達成し、それに140馬力以上乗っかるという...CIVIC(11th)

  • 大人気(プジョー編)

    F31ネタが少ないですが、ウロチョロしているわけではありません。さて、プジョー308が配備されているという情報を元に、仕事途中に寄ってみました。何処の店舗も試乗車を用意している様子で、最初に訪れた店にはGTとアリュールの両方があったものです。どちらもディーゼルモデルですが、装備の違い(グレード)で、価格差は結構大きいのですが、現在受注いただいている客の大方はGTであるという。シートや装備の違いはもちろんの事、ヘッドライトやテールライトが差別化されているのは地味に大きい。つまりぱっと見でグレードが分かってしまうものですし、明らかに欲しい装備がそこにある。マトリックスヘッドライトやかぎ爪デザインのテールはアリュールには無いのである。仕事途中に寄ったので、当然に予約などしていませんが、なんと平日なのに先客がいま...大人気(プジョー編)

  • この手の輩

    先日、仕事途中にあるディーラーへ寄りました。どうしても色の確認をしたいと思った車種があり、自身のエリア外の店舗にスルっと寄ってみたのです。ちょうど見たい色がありましたので、「〇〇のボディカラーイメージを見に来ました」と伝えました。すると、どうぞと言ってはくれたものの、明らかに値踏みをする目線を感じます。大体の理由は分かります。1、営業車である事2、近所ではないナンバーが付いていることこの2つのファクターにより、営業マンとしての熱量が極端に下がる方がいらっしゃいます。ちょっと嫌だなと思う事、あります。(むこうもそう思っているでしょう)例えば横浜ナンバーで宇都宮エリアであれば分かりますが、隣くらいであれば、その店舗での購入もあり得ます。営業車で見に来ているというのが、どうにも納得できない雰囲気の方がいらっしゃ...この手の輩

  • WHT

    ここのところ、服を買う頻度がめっぽう減った代わりではありませんが、靴を良く買います。靴と言っても、ドレスシューズを買うわけではなく、スニーカーやスリッポンが主体となります。コロナ禍で、ドレスシューズの出番が少なくなりました。そうなると運転に楽なスリッポンや、キレイ目ファッションに合わせられるスニーカーが多くなります。とはいえ、仕事をするには幾らキレイ目であってもスニーカーは履きません。スニーカー好きですが、私ホワイトのスニーカーはあまり得意ではなく、飛行機や新幹線に乗るときに使う物と、洗車用に1足ずつあります。あまり出番の多くなかった白ですが、合わせやすさと洒落感に増量することにしました。オヤヂになって、何より清潔感は大事なものです。そこへホワイトは、文句なしに使えます。ただホワイトの場合、白に履かれてい...WHT

  • Be a driver. (CX-60)

    ひっそりと配備されたということで、CX-60の試乗に行って参りました。まだ店舗によってはナンバーのついていない車両もあるらしく、私の乗った車両のオドは48キロほどで、その店舗では社員以外の試乗1号ということでした。まずは、切り立った断崖の様なボンネットフードからフロントフェイスに落ちるライン。とても迫力があり、マツダの作った独自性を際立たせています。とても大きな車に見えるもので、正直現行X3などに負けていないほどの迫力を持つ。運転席に腰を下ろしても、その張りのあるレザーシートの座りは良く、更にはホールドも悪くないのはなかなかのものです。用意されていたのは、3.3Lディーゼルにマイルドハイブリッドを組み合わせたモデルでした。どれくらいの音がするのか興味津々でしたが、割に主張するものではありませんでした。前情...Beadriver.(CX-60)

  • 財布のひも(オークション編)

    このコロナになってから、大きな変化を感じている事の一つに「オークション相場」があります。それなりにオークションを使わせていただいておりますが、私は買いだけでなく売りも行います。顕著に感じるのは「売り」で、今までであれば売れたような価格では落ちないものが多い。購入者側の目が肥えたとでも言うのでしょうか、とにかく渋いと感じます。今までに思っていたよりも高く売れたという事は多々ありましたが、肩透かしをくらうものはそれほど多くはなかったと感じています。昔に比べ、低額スタート物の数が減ったのは皆さん感じていることでしょう。それこそ低額(1円など)でのスタートは、自信のある物ですから、とにかくウォッチを稼ぐのが王道です。しかしそのウォッチが伸びないと感じています。これはある程度、競りをしたくないといった購入層がいると...財布のひも(オークション編)

  • 続報(稲城梨)

    不作と書いた東京特産の稲城梨ですが、少し訂正をさせていただきます。今年はあまり期待をせず、買い続けない様な事を書きましたが、やはり稲城好きの血が騒ぐのでしょう。贔屓のお店で予約をしたり、ちょっと通りがかりの店で自宅用の特価品を買ったりしてみていました。するとどうでしょう、贔屓のお店では例年に比べて劣るという程のモノではなく、相変わらず美味しいのです。この店は、他の店に比べて仕上がりが遅いのが特徴です。しかし、老舗と言われる店舗を覗いてみると、自宅用であればと出してくれた梨は大玉。大玉ですが、虫食いが多いので自宅用との事。お幾らかと聞いてみれば、キロ900円くらいだったかと随分高いものでした。ふつうその額を取るならば、かなり美味しいものですから買って帰ると、カメムシの食べたという跡は剝いてみると深い。表面か...続報(稲城梨)

  • もし

    待ちきれない試乗として書いた、308とCX-60です。ここまで期待してしまうのは、新車検討もあり得るからなのだろうと思います。最近の車、装備を考えると上げ幅はしょうがないものがあるというのは定説です。それでも、賃金の上がらない日本において、高くなってしまったという輸入車は多い。いいな、欲しいなと思っても、新車ではとても手の届かない車種が多く、必然的にUsedを使うことになって15年が経ちました。Usedといっても、本当に昔ながらの中古車といったものから新古車に近いものまで色々なものに乗りました。経済的な理由で始まったUsed生活ですが、有名な自動車評論家の「ポルシェは新車で買うものではない」といった一言が私のUsed生活の一端を担ったのは間違いない。とりわけ古い車が好きなわけではありませんので、やはり綺麗...もし

  • 満足度の戻ったカローラ

    何時の時代もカローラは、良くも悪くも大衆車の代表でありました。しかし、そのオーナーの満足度というのはモデル(時代)で違ったのでしょう。私の時代で言えば、86は当然に、カローラFXやカローラⅡ、そしてスプリンター名ではありましたが、カリブなどありました。これらは、営業車とは一線を画し、オーナーカーとして満足度の高かったものと見ます。しばらくカローラには辛い時代が続きましたが、現行のカローラワゴンとカローラクロスの勢いは起死回生と呼ぶにふさわしい。国産ワゴンといった枠で見れば、コレかレヴォーグが王道でしょう。そして以前にも書きましたがカローラクロス、これに尽きるような気がします。この車を見る頻度は高く、さして特徴的ではないデザインですが、どうも目に馴染んできてしまった様に思います。ヴェゼルの様に癖はなく、かと...満足度の戻ったカローラ

  • 不作

    毎年の様に応援する梨「稲城」ですが、今年はどうも様子がおかしい。例年は、温暖化などの影響もあり8月のお盆頃には出回っていました。本当に短い間のものですし、小規模農家ばかりなので地産地消で出回るものではありません。シャキシャキとみずみずしく、甘さが上品で独特な味は、ファンの心をつかみます。先日、初物をいただきましたが、どうも美味しくないのです。贈答グレードに値するほどのものを食べましたが、甘さが弱く玉も小さい。まぁ当たり外れのあるのが農産物ですから、すぐさま良く買うお店を3店ほど回って味見をしてみたのです。確かにもう少し稲城っぽい玉もありましたが、例年に比べれば圧倒的に甘さが弱い。私の感覚では、甘さは3割減といったところ。農家さんに聞いてみれば、確かに今年は不作で、球も小さく量も少ないと言います。例年、終わ...不作

  • 味違う?

    先日、気の重い渋滞に巻き込まれました。全く予期していたものではなく、なぜこの曜日のこの時間にと思うものでした。たかだか90キロにも満たない場所に行くのに、普段ならば高速を使ってのんびり走っても2時間の場所です。その日、高速道路は真っ赤な状態で、1つボトルネックを過ぎてもその先でまた詰まるという状況でした。悩んだ末、下道(バイパスを含む)で行くことにしたのです。途中まで下道は渋滞していないものの、やはり信号は多いですし、夕食の予定が押しています。昼食を途中のSAで取りながら行く予定でしたが、高速に乗りませんから変更となります。そもそも、どれくらい時間がかかるのか分かりませんから、ある程度目処が立つような場所に行ったらと考えて走りました。高速も混んでいますので、バイパスも当然に混むものです。グズグズとやり過ご...味違う?

  • LEDフォグ(H8)

    フォグライトにイエローバルブを入れましたが、少し問題がありました。F31(前期型)のフォグはH8なのですが、私の手持ちはH11でした。このH8とH11のバルブ形状は同じで、そのままポン付けできます。しかし、H8の35Wに対してH11は55Wとなります。当然55Wの方が発熱量は多く、フォグライトの様に小さなスペースに入れる場合には、そのバルブの高温化以外にも、レンズなどの樹脂類に与える影響も考えないわけにはいきません。と言いますのは、7年物の愛車はフォグに限ってはキレイな透明レンズを保ってはいません。少-しだけくもり気味な感じです。現時点、気にはならないレベルですので、これ以上痛めたくはありません。そこでH8バルブに買い替えるとしました。そうなると考えるのは、イエローバルブにするのか、はたまたLEDにしてし...LEDフォグ(H8)

  • 待ち遠しい試乗

    今、試乗車待ちの状態であるのが「プジョー308」と「マツダCX-60」である。怖ろしいほどに変貌を遂げた308は、イメージカラーのせいだけではないと誰もが分かるデザインです。ボディサイズも伸び伸びと造られ、セグメントリーダーのゴルフなどよりも立派に見える体躯をしているのでしょう。その動力源も、ガソリン、ディーゼル、HVと抜かりはない。そのシャシ性能も、ゴルフに引けを取ることはないと誰もが評価する。リップサービスを抜きにしても、どれくらいのレベルにあるのかは分かるものです。私が狙うならばHDiディーゼル、396.9万というプライス。しかしこのディーゼルは、130馬力といかにも実用車種としての心臓を持つ。システム出力290馬力を誇るHVであると515万円となり、ちょっと初めて乗るブランドの車に出したいと思う額...待ち遠しい試乗

  • 手間なし

    交換をしたホイールですが、思わぬ副産物がありました。途轍もなく、掃除が楽なのです。5スポーク自体楽なものですが、汚れが目立つような部位がガンメタリック処理してありますから、ほとんど目立ちません。関西を往復し1000k以上走ってからの洗車では、403Mではあれほど汚れていたのが嘘の様に目立ちません。とはいえダストは出ているのでしょうからとブラシで掃除をしますが、あっという間に終わります。分かりやすい例えとして、403Mの1本分の時間で3本は洗えます。回っている姿が美しいか、、よくわからないというのが本当のところです。もちろん403Mの様に隙間が無いように見えるタイプとは違いますが、切削タイプであったり、その細さで違って見えるものです。言えるのは、19インチもあってリムまで伸びるストレートスポークは、大きく見...手間なし

  • 黒いプリンス

    なんでもっと早くにしなかったのだろう。。私のコスミックプロカーボンのリムは、既に黄色の帯が出来ている。ここはタイアまで黒一色でつながるから、ハイトリムの良さが出るところ。それが台無しとなるのは、純正装着品であったスイスストップのイエローキングのせいである。まぁ制動力にも、リムの攻撃性も少なく定評のあるものですからと使っていましたが、見た目が悪くなりすぎます。サーヴェロに移植した関係で、黒いボディに目立ってしまいます。そこで調べてみれば、今はシマノからもカーボンシューが出ていますし(しかも安い)、スイスストップもブラックタイプがあったのです。(意味不明だがブラックプリンスというらしい)ぜんぜん知らなかったのですが、すぐさまポチリました。とりあえずスイスストップを買ったのですが、この黄色のバンドの上にこすりつ...黒いプリンス

  • 日産SAKURA

    キャッチーな車であるかどうか、確かめるため久しぶりにディーラー訪問してきました。ご存じの方が多いとは思いますが、軽自動車EVで巡行距離を思い切って実用域に絞ったというモデルです。私は今回、日産のSAKURAに試乗してまいりました。試乗予約を入れ、お店に到着すると車も人も用意が出来ており、すぐに案内されて試乗に入ります。アウディの様なシフトレバーを動かして、電磁式パーキングを解除して発進します。まぁ普通にEVですが、回生モードを選択すると、お馴染みのワンペダルドライブが可能かと思いきや、思い切った減速はするものの信号手前で止まりはしない。よってブレーキを踏むことになる。やはり重量増がいい意味で車体に与える影響として、しっとりとした乗り心地に貢献していると思われます。内装もおしゃれにコストをかけて作っていると...日産SAKURA

  • ディーラー行くか

    日産と三菱から、最新の軽自動車型EVが発売になったのは、皆さまご存じでしょう。評判がいいとか悪いとかではなく、軽自動車という立ち位置の車と、適度な巡行距離というベストマッチ。これに乗らず何に乗る?といった新型車両でしょう。乱暴に言ってしまえば、普通車のEVに乗っての驚きは、ある程度自分の中で想像がつきます。(テスラは分かりませんが)そんな中、軽自動車という特殊な枠の中で設計をしたEVです。特にトレッドの限られる中どんなバランスを見せるのか、また重量増があのボディサイズに与えるプラス方向への影響など興味は尽きない。馬力は自主規制通りですが、トルクに関しては巷にあふれる軽ターボの倍近いものです。シティコミューターとしては、抜群の使いやすさでしょう。助成金を加味すると、実質200万円程度になるという。個人的な好...ディーラー行くか

  • 一括査定サイト

    ハイエースの売り依頼を受けました。春先におおよその額を出してほしいと言われたもので、車検を前に売ることになったもの。この値の上がっている時期もそうですが、売れっ子のハイエースですから、春の数字から1万円も落ちず。とはいえ、白ではないが不人気色というほどのものではないし、距離も年式からすれば若い。オークション相場からすると、だいたいMax近くをつけてもらっていたが、1円でも高く売りたいのは誰も一緒です。私の手数料もあります関係で、もうひと搾り頑張ることにしました。試しに、コマーシャルしている一括査定サイトを初めて使ってみようと思いました。鬼のように高く売れるというサイトです。ネットからある程度の情報を入れ、送信を押して2分後くらいからでしょうか、鬼の様に携帯電話が鳴ります。電話に出てみると、次から次へと着信...一括査定サイト

  • 暗いキセノン(HID)

    今回、夜間に長距離を走ってみて思ったのは、ヘッドライトが明るくないと。この時代、HIDかLEDなので暗いと感じることは少ないのですが、やけに黄色みがかっているのです。降りて確認をしたほどに白くないもので、確かに正面から見れば間違いなくHIDではあります。調べてみると、純正装着のHIDは4300kあたりのものを使っているらしいのですが、経年劣化によりその光量は最大70%ほどに落ちるという。距離は多いというほどのものではありませんが、7年物ですからくたびれているのかもしれません。消耗品ですし、安全にかかわる事ですからケチるところではないでしょう。調べてみるとD1Sという規格のHIDで、2010年代半ばころには有名どころでは4万円くらいしたらしい。しかしLED全盛の今、HIDバルブはお得になっているのです。そも...暗いキセノン(HID)

  • 関西旅行最終日と335i

    最終日は7時に目覚め、朝一番の温泉に向かう。お仲間が数名居りましたが、広く快適な施設に幸せを感じた瞬間です。いや宿もそうであるが、ユニバを終えられたという充足感からもあるのでしょう。とびきり美味しい朝食を済ませ、名残惜しくもチェックアウト。あまりの暑さに、京都市内の観光から比叡山延暦寺へシフトしました。ケーブルカーとロープウェイに乗り、更にバスに乗って琵琶湖側に少し降りたところに延暦寺はあるのです。根本中堂が国宝ですから行ってみると、修繕工事中です。大きな建物が、おおきなプレハブ小屋に収まってしまっているような状態です。私は初めての参拝でしたから、その全景のイメージはつきませんが、まぁお参りをすることに意義がありますから。日本一の高低差を誇るケーブルカーと、京都市内だけでなく大阪までもが見えるという絶景に...関西旅行最終日と335i

  • 灼熱のユニバ

    ご機嫌に後ろ向きコースターを乗り終えました。次のアトラクションは何なのか?どれくらい並ぶのだろうと?と恐る恐るついていくと、ハリーポッターの様でした。そもそもハリーポッターなんか観たことないじゃないか?と思いながらも文句は言わない約束です。何とか持ちこたえたのは、屋外施設ではないので待ち時間も室内であったところです。15分くらいで乗ることができたのは、ラッキーだったのかどうなのか、、、乗ってみると、これもしっかりとホールドするシートに押し込められます。えっそんなに激しい乗り物なのか?と思っている間もなく出発すると、ほうきに乗った子に付いていくという設定。ほうきは魔法のほうきで空を飛ぶ、、つまりグラグラ。。あまりの気持ち悪さに目をつぶる。いやだめだ、二日酔いと同じく焦点を合わせていないと余計に気持ちが悪い。...灼熱のユニバ

  • Shake It Off

    大阪遠征に行ってまいりました。何もこんな時期にと思うほど暑い、思い出に残る様な夏を体験してきました。渋滞予測のもと朝5時50分に出発し、東名渋滞情報が2キロと出たがまだまだ平均速度が落ちているくらいのもので60キロ以下には落ちることなく厚木を通過。これは幸先良いと、同乗者の寝る中ひたすら西を目指します。ノンストップで岡崎SAまで走り、ここまでくれば安心と昼食にしました。とはいえ、9時15分のお昼です。ちょっと前日に調べた際に見た漁師食堂の三河シラス丼が食べられるとは思っていませんでした。朝一番の油で揚げたアジフライは、まったく油を感じさせないほどさっぱりしていて、繊細な味付きシラス丼とのマッチングは見事でありました。そのまま伊勢湾岸自動車道を抜け、一気に大阪に迫ります。吹田を抜け、阪神高速に入ったところ辺...ShakeItOff

  • ブランディング(下剋上編)

    乗換えの話。(私のことではありません)ちょっと前に、シビック(FK7)からゴルフ2に乗り換えた方の話をしました。実際に知っている人ではないのですが、良く通る道にあったシビックがある日ジウジアーロのゴルフ(2nd)に変わっていたのです。駐車場の借主が変わった可能性もありますが、私は乗り換えと読みました。今度は、もっと確信の持てる乗り換えです。こちらもシビック(FK7)から、アウディのQ3スポーツバックへの乗り換えと見ました。こちらも月極駐車場なのですが、Q3スポーツバックのフォルムを見て合点がいったのです。フォルムとしては、どちらも5ドアハッチバック形式です。強引に言ってしまえば、シビックの背を高くして、グラマラスに品を良くすればQ3SBの様な車になる気がします。なんとなく自身も含め、この手のフォルムは癖に...ブランディング(下剋上編)

  • ホイール換装

    私の335iは、オプション装着であったと思われる、Mスポーツの403Mというホイールを履いています。わざわざ18インチから19インチにするものですから、デザイン的にも凝っている雰囲気があるのですが、ダブルスポーク×7となり見た目にさっぱりしていません。これで2インチ小さかったならば、間違いなく落ち着いたホイールの部類に入るでしょう。ガリ傷もあったコレ、どうしようか悩みに悩んだ結論がリペアではなく交換となります。交換に比べて若干は安く済むとはいえ、4本リペアをする労力は相当です。また、綺麗になったところで、満足できない自分がいるのです。それこそ社外品に行くか、とも考えていましたが、弄り感を出して飽きるのが嫌ですから、考えあぐねました。403の何が嫌か、それは回っている姿が美しくないというのが第一で、落ち着き...ホイール換装

  • MOMO

    タイトルは、ステアリングで有名な「モモ」であります。最近では、ステアリングの交換が基本純正ものになってしまった関係で、モモと言えばTWICEのモモを連想するでしょう。閑話休題、知人から良いタイア無いかと聞かれました。その車と乗り方にマッチするものを見付けるなんて朝飯前と豪語したが、レアサイズが含まれていたのです。その車種は、トゥインゴの特別仕様車でありました。フロントが185/50-16、リアが205/45-16という。このフロントがレアなのです。探してみると、有名どころではコンチネンタルとBS、ミシュランがありますが、とにかく高い。足元を見られているとしか考えられないほど高い。どれくらい高いかって、GTIに入れたポテンザ(225/45-17)の方が全然安いのです。普通に需要のあるサイズであったなら、この...MOMO

  • マツダブランド

    マツダのCMを見て、マツダブランド戦略の本気度が、伺い知れた気がします。そのCMを見て、身近にいるマツダユーザーを思い浮かべたのですから相当なものと感じました。その方は、割と特徴的な方であるのですが、一言で言えばお洒落な方です。マツダのCMを見て「おしゃれ」というキーワードが浮かんだのですから、これは間違いなくブランド戦略なのでしょう。マツダは、プレミアムブランドを目指すと公言しています。現在おおよそ世界シェア1.5%ほどであると言いますが、大きくシェアを伸ばすのではなく、マツダブランドを愛してくれる2%を確保するといった戦略です。簡単に言えば、その昔BMWがとったターゲットを絞り込んだ戦略というものだそうです。装備も価格も似ているが、総合的な安心感でトヨタを選ばれてしまうというような車づくりをしないとい...マツダブランド

  • コネクション?忖度?

    最初に申し上げておきますが、私は山下達郎さんの歌が好きですし、ラジオも聞くくらい人間性も好いております。そんな山下達郎さんが11年ぶりにニューアルバムを出したのは皆さんご存じでしょう。SOFTLYですが、私はまだ購入していません。出たらすぐに買うほどのファンでもありませんが、耳に馴染んできたころに欲しくなったら買う程度のファンです。そのアルバムの発売の頃、山下達郎さんがやけにラジオに出演しておりました。最初は、ゲスト側で聞く山下達郎さんに新鮮さを感じていたのですが、この番組も、これもと続いた出演に不自然さを感じたのです。確かにビッグネームで11年ぶりとなれば話題なのだろうけれど、ここまで宣伝をするものなのかと思ったものです。正直なところ、こうやってヒットは作られるものもあるのだろうって。こんなに自ら宣伝し...コネクション?忖度?

  • コーディング天国

    バックランプを高級なプロミナ製にしたにもかかわらず、ノイズが入る事で始めることとなったコーディング。このコーディング、最初は恐る恐る使いますが、慣れるともうサクサクと使えます。ターンシグナルはフロントのみとしていましたが、コーディングができるのですからリアを我慢する必要はありません。気になっていたのは、F31(F30)のテール側のウィンカー球があまり明るくないということです。前に走っている車を見て思ったものですが、なんとも冴えない光り方です。ちょっと調べてみれば、S25の180度ピンであり、更にはアンバーでなくとも構わないものでした。(つまり電球の外側にオレンジのカバーがかかるもの)これだけ車を乗り換えていると、S25球が余っている可能性は高いと思い、ゴソゴソとすれば見つかりました。アンバーではなかったの...コーディング天国

  • ホンダとアキュラ

    タイプR(シビック)が出るとか、ZR-Vの公開があったとか、気を吐くホンダです。先日のN-ワゴンにしてもそうですが、どうにも私の感性には響かないものです。唯一響いているのが「ステップワゴン」であるのですが、こちらはなかなかの評判の様で嬉しいものです。北米を中心に展開するアキュラブランドですが、これを日本で展開をしないのは理解できます。おそらく、この先も日本においてアキュラ店を作ることはないでしょうから、アキュラのテイストだけでも入れたらどうかと素人考えでは思うのです。シビック10代目ではカローラに惨敗をしましたが、勝つつもりはなくなってしまったのだろうか。カローラクロスに対してのZR-Vでしょうけれど、そこそこ善戦はしたとしても、勝ちに行くといったデザインには見えない。その昔、マークⅡに挑んだインスパイア...ホンダとアキュラ

  • リペア

    リペアと書くと、私の場合ホイールリペアしか浮かばないと思います。しかし今回リペアをしたのは、なんと先日ビニールテープで縛って捨てる用意をしてあったパトリック(スニーカー)なのです。燃えるゴミの日を待っていた間に、パトリックの公式サイトを覗いておりました。相当に履きましたから、また持っておこうかと考えたのです。定番モデルですので、まったく同じものが売っています。すると、その商品名の上に「オールソール交換対象商品」とありました。つまりリペアということです。ドレスシューズのリペアならしましたが、スニーカーでリペアなんて考えたこともありません。確かに、アッパー部分はボロボロなわけではありませんので、オールソール交換で生き返るかもしれないのかと電話を入れました。交換費用は8,800円(税込)で、1カ月半程度かかると...リペア

  • 失敗から学ぶもの

    誰しもが、とは言いませんが、人生の中で車選びに失敗をした経験のある方も一定数いるでしょう。それが勉強になった、という部分があればまだしも、買う必要さえなかったと今思う車種さえ私はあるのです。その車の出来が悪いというのではなく、私の欲しているものがその車に備わっていないのに買ってしまったという過ちです。以前にも一度、自分の失敗談として書いたことがありますが、なぜ今こんな事を書くかというと、クラウンです。トヨタの作るクラウンですから出来が悪いわけはないでしょう。そして生まれ変わったというにふさわしいラインナップを揃える予定です。クロスオーバーからセダン、ワゴン、スポーツとありますから、この手の大きさのものを検討していれば、検討車種の中にはどれかは入るだろうと想像します。私が思うに、セダンとスポーツは危うくない...失敗から学ぶもの

  • N-WGNと三本さん

    ホンダ、本当に分かっていないのか、、Nワゴンのマイナーが入るというので、その化粧直しを見てみれば、メインはフロント。元々のフェイスは、独特ではありましたが悪くはありませんでした。バンパーにつなぐラインの修正程度なので気になりませんが、テールの形状を変えていません。そりゃ同じパネルを使えるならば、コスト面でメリットがあるのは分かりますが、そのテールデザインでどれくらいのユーザーを逃がしているか分かっていないのだろうか。もう少し落ち着いたラインに、形状にしてくれたなら、私は買いたいと思う。(営業車として)フルモデルで変化のなかったN-ONEに比べ、大きく進化したボディは広く、そして静かである。シティコミューターとして、大満足の一台となるのは間違いない。N-BOXほど横風を受けず、そしてなりより軽量だ。私が唯一...N-WGNと三本さん

  • 是枝作品(ベイビーブローカー)

    私は、それほど多くの作品を見ているわけではありませんが、韓国映画にも良いものが多いと感じています。恋愛ものからハードボイルド、コメディタッチなものまで、見てきたつもりです。カンヌでノミネートされた今回のベイビーブローカー、主演は半地下家族でサラリと熱演をするソン・ガンホ氏と組んだのですからつまらないわけがないと見に行ってきました。130分と長めの作品であるのですが、前半に時計を何度見てしまっただろう。始まってからの1時間ほど、展開が遅く、その描写描写はいいものの、退屈に感じるシーンが多い。それが折り返しを過ぎるころから、徐々に感情移入ができるようになってきて、映画に引き込まれていくものでした。最終的な着地は悪くないものの、やはり前半に引き込まれる要素が少ないように思います。不思議に思って考えてみると、是枝...是枝作品(ベイビーブローカー)

  • クラウンのすべて

    クラウンのお披露目がありました。セダンを捨てて、SUVになるという噂は、驚きと衝撃を与えました。その噂が信憑性のあるものと分かるまでに時間はかかりませんでした。正直なところ、クラウンって車が売れていなかったとは感じません。ただクラウンという車を市場に送り出して、採算をとるには少ないという事なのでしょう。そこでトヨタが考えたのが「クラウンのSUV化」です。確かに、今セダンが売れませんから苦肉の策として生き残りをかけたのだろうと思いました。そして今日、その姿が明らかになったのです。クロスオーバーと名を付けたその車、コンビネーションカラーをまとったりして話題性には十分ですが、よく見れば5ドアクーペ風。そうか、BMWやメルセデスの作るニッチなモデルを参考にしたのかもしれません。言ってみれば、3シリのGTにアメリカ...クラウンのすべて

  • 洗車料

    先日、VWディーラーへ1年点検入庫に立ち会いました。私がゴルフ5に乗っていた頃と比べ、1年点検もオイル交換代も微妙に値上がっていると感じながら見守っていました。整備担当から最後に「洗車はどうされますか?」と聞かれたのです。どうされるって、してくれるならして欲しいものですが、矢継ぎ早に「有料で1,100円かかります」と言う。手洗いで、きっちりシャンプー洗車してもらって1,100円は高くないけれど、1年点検にオイル交換で5万円を超える料金を支払います。それで洗車もしてくれないの?と思ってしまうのです。サスティナブルな生活の実現、とでも言うのでしょうか。高い整備に、きっちりと法定点検の期日通りに入れてくれた客から、良くとれるものです。私の使うメルセデスやBMWのディーラーでは、こういった対応は今のところありませ...洗車料

  • ホイール傷

    今回の335i、程度は悪くないのですが、ホイールの傷が多いのが玉に瑕です。そもそも、昔はホイールに傷の入ったような車は、下手な方が乗っていたと踏んで買わなかったものです。実際にそうなのでしょうけれど、球数が少なくお得であれば致し方なしという事もあるのです。これが、ガリガリというほどの傷だとウンザリして買わないのかもしれませんが、微妙な傷なのです。本当に、少しだけ縁石に寄り過ぎました⤵といった程度の深さなのです。しかし長い、、しかも多い。。4本すべてに傷があるのです。気になるのは2本、いや3本か、、、直すのか、そのままか、はたまた買い替えか?なんて思ったり。ミシュランPS4を入れた関係で、インチは変えられないものです。となるとてっとり早いのは、同じホイールがオークションなどに出てきた際に落とすという手もあり...ホイール傷

  • 日和らない

    BMWは何処へ向かっているのだろう。迷いがあるように見えるメータークラスターデザインもそうですが、大型化しているキドニーグリルデザインを好意的に見れていません。4シリについて、あの縦長となったグリルに文句は付けませんが、あれは4シリというニッチな市場であるから良いと思うのです。しかも横には広げ過ぎておらず、バランスとしてはギリギリかと感じます。2シリのグランドツアラーが、本国などで発表になったようです。全体的なフォルムは、どう見ても2シリに見えますし、垢ぬけましたから余計に目立つものです。このキドニーグリルの大きさとデザイン、本当にスタンダードになるのでしょうか。メルセデスのSクラスだって、あんなに大きなグリルを付けているのだから文句ありますか?みたいに感じます。八角形をつないだデザインは張りぼての様、形...日和らない

  • スニーカーの賞味期限

    ここのところ、スニーカーの捨て頃は難しいと感じます。キャンバス地のものであれば、黄ばんだり、ほつれが出たりとサインを見つけやすいものです。しかしレザースニーカーであると、ソールこそ減ってはきても、アッパー部分については一見すると年季が入っているようには見えないものもある。私が使うスニーカーで、超の付くほどにヘビロテなのがパトリックです。柔らかいソールとアッパーが、ドライビングに馴染むため、つい履きがちです。そんなパトリックが、いつからか歩きにくいと感じました。最初は気のせいくらいに思っていたのですが、他のスニーカーを履くと明らかに歩きやすいのです。歩きにくいだけでなく、膝の痛みもあったので他の物を積極的に履いて、その後にパトリックに戻るとやはり歩き方が変になる程に歩きずらい。これは明らかに、正常なソール機...スニーカーの賞味期限

  • コーディングに手を出す

    一貫して手を出してこなかったコーディングですが、ここで手を出すことになりました。コーディングが巷にありふれてから、何台ものBMW(MINI含む)を乗り継いできましたが、それなりのLEDを付けたりしてクリアしていました。それが今回、バックライトをLED化することにより、ノイズの発生が起きました。廉価版の物だけでなく、CORE社などを使っても出ましたので、LEDをやめるかコーディングするしか方法はないでしょう。しかし高額なLEDを無駄にするのも勿体ないですから、コーディングに手を出すことになったのです。それこそ昔とは違い、アダプターとスマホアプリ課金を合計しても1万円もかからずに出来るようでした。副産物として、デイライトのONや照度の調節、走行中のナビ操作、エアコンの初期始動解除、スタートからのアイドルストッ...コーディングに手を出す

  • 内臓ケーブル交換

    チャリにおいて、内臓ケーブル式が当たり前になってどれくらい経つだろうか。少なくとも10年以上なのは間違いない。空気抵抗だとか言われていますが、どれくらい違うのか疑問ではあります。当然に、見た目にスッキリしますから良いのですが、メンテナンスとしては有難いものではありません。私は、ターマックを手放してからは内臓式のものを3台乗っています。そのどれもが、しっかりと完成されたもの、もしくは整備されたものであったので、自身でシフトケーブルの張替えをしていませんでした。しかし2号機のブレーキの引きが若干重く、シフトケーブルもポジションを変えた関係で長めでありました。そのうちに替えようと思いながら、伸ばし伸ばしにしていたケーブル換装を行いました。初めての内臓ケーブル式、気の重い作業であるのは言うまでもありません。なかな...内臓ケーブル交換

  • エラー頻発

    私史上最速で商談となったゴルフヴァリアントですが、エラーと言われる類が頻発しているようなのです。1、ナビのフリーズとブラックアウト2、警告灯のエラー点灯3、シフトアップ不良4、ディスカバリープロのワイアレス接続エラーどれも当たり前に起きてしまっているようで、2度の点検修理時には確認できなかったものらしい。そうなると厄介で、故障個所が特定できれば修理交換ということもありますが、履歴にも大したものは出ないとか。1のナビのフリーズは担当者曰く「よくある事です」と言う。「私の車も良くフリーズします」なんて言ってましたが、同じ年代の私の兄弟の乗るGTIは一度もない。そもそも、大した機能も載せていないくせに年中フリーズ起こすなんて、そんなもの売るなって思います。ナビが使えないのも地味に不便でしょうし、警告灯のエラーも...エラー頻発

  • 久々のグランドツーリング

    この夏、関西まで走らせることになりました。コロナ禍で、一人乗車ではそれなりに走ったものの、家族でのロングは久しぶりとなります。正直なところ、いつだったか思い出せないほどです。子供からのリクエストがあり、ユニバーサルスタジオに行くことになりました。「真夏にユニバ」、私からすると想像するだけで疲れますが、卒業旅行がコロナで中止になってしまったので叶えてあげるものです。車で行きたいというので、ひとっ走りする事になりました。昨年、関西からのクラブマン引き取り納車は余裕でしたが、ユニバで朝からラストまで乗るらしいので2泊となります。1日目の16時頃には到着するつもりで出かけ、大阪の街で夕食をとる。(宿はユニバのパートナーホテルで、持ち上がらない気分を盛り上げます)2日目は終日ユニバとなり、閉園してから京都のホテルま...久々のグランドツーリング

  • 矢の如く

    親戚の乗る「レンジローバースポーツ」を長時間走らせました。ちょっと頼まれごとがあって、約一日乗り回し仕事をしたのです。試乗と、ほんの数キロ乗ったことはありましたが、インプレができるほど乗った事はありませんでした。パワートレーンが豊富なランドローバーですが、親戚の車は3LのV6ディーゼルターボとなります。258馬力と60キロのトルクを誇り、0-100キロ加速を7.6Sで走り抜けるものです。7.6秒か、と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、2.4tを超える車両を矢の如く走らせると感じます。ひとたび踏み込めば、爆発的なトルクで前を持ち上げるように怒涛の加速体制に入ります。こういった激しさって必要なのだろうかと思うほどに、トルクでかきむしるのです。当然、どんなペースで走ろうが、ちょっと足を乗せただけで戦闘態勢...矢の如く

  • じわりと値が下がる

    調べものついでに、久しぶりに「Ⅿ135i」のUsed検索をしました。すると、驚いたことに50台以上がヒットしたのです。私が売った時点では10数台でしたから、これには驚きました。今までで、こんなに台数が出回っているのを見たことがない気がします。当然に市場は、需要と供給のバランスで成り立っているわけで、競合し値が落ちるわけです。変に高値を維持していましたから、これくらいが普通なのかもしれません。そのほとんどが白か黒ですが、いまならば選り取り見取りであります。低年式のお得な車両から、高年式のバリものまでありますから、商談を請け負いたいくらいです。とはいえ、なぜ3倍近くの台数が出回ったのか。年式的には、2012から2019あたりとなります。古いものが出回るのはたかが知れておりますが、2017、2018あたりのもの...じわりと値が下がる

  • 600k走った感想

    納車して、600kほど乗ったでしょうか。嬉しいことに、だんだんと印象が良くなります。最初に感じた脚の柔らかさは、やはりクラブマンのダウンサスの影響が大きかったと感じます。1年近く、それを常態としていましたから、それに慣れてしまうのは当たり前ですが、割に好きだったのかと思い返してみたり。これがG20であったなら違和感が少なかったでしょうし、Usedcarでなく新車でも違ったと思います。中古車というものを乗る始める際、どれくらいヤレが見えるか、という事を考えて乗るものです。2~3年落ちの車両で、走行距離も常識的であれば考えもしませんが、7年落ちともなると、その7年にどれくらいのダメージがあるかを想像するのです。私の車両は3万キロ台であり、1オナものですから期待をしてしまう分、厳しい目を持ってしまうのです。首都...600k走った感想

  • CX-60がもたらすもの

    CX-60について書くのは3回目だろうか。もちろん好意的にとってのものでありますが、発売になったという。素のガソリン2.5Lモデルが299万からというプライスで、最上級のPHEVが626万というもの。諸元表を見ると、そのPHEVのエンジンやモーターに関する性能部分が未定となっており、金額だけ先に決めたのでしょうか。まぁそんな事よりも、このCX-60の目玉は直列6気筒でしょう。ディーゼルターボの6気筒は、モーターの付くハイブリッドモデルと、ディーゼルターボ単体が選べるというもの。最上級グレードはハイブリッドとPHEVのみに設定され、ディーゼル3.3Lモデルは323-443万というバンドの様です。ハイブリッドのディーゼルとディーゼル単体はもちろん同じエンジンを使いますが、16馬力ほどのモーターは当然に、そのエ...CX-60がもたらすもの

  • 蔓延るLED

    私の335iは、F31型の前期モデルになりますので、フルLEDにはなっていないものです。正直なところ、Used道を行く関係でフルLEDの車は未だ乗ってはいません。とはいえ、この時代LEDが多用されてきておりますから、そうでない車を買った際には古く見えるハロゲン球などの交換作業を強いられます。F30(ツーリングはF31)は、コードネーム的にもF20のすぐ後の様に、時代的な装備が酷似しています。ドアトリムなんて同じに見えるほど似ていますから、それはライト類に至ってもそうであるのです。F20時代のS25球LEDを、売らずに取っておいたのは何かの縁かもしれません。それをちゃちゃっとフロントに入れれば、まぁーキレイに発光します。後もやりたいところですが、前後ですると高級な球であってもハイフラが出てしまうこと多いので...蔓延るLED

  • カフェラテ(コンビニ編)

    正直なところ驚いています、コンビニで売るアイスカフェラテに。私は自他ともに認めるコーヒー通であると思っていましたが、最近はドリップバックの便利さに現を抜かしている程度の者です。とはいえ、スペシャリティコーヒーを久しぶりに購入し、朝一番に挽いて飲む一杯は、やはり柔らかい。マイルドだとかいうのではなく、嫌な酸味に侵されていない豆を丁寧にドリップしたものは、その特徴が引き立つものです。久しぶりに飲んでいるのは、タンザニアのキリマンジャロモンデュール農園産。大手のコーヒーチェーン店などで味わうものとは、明らかに違うものです。私のおすすめのMAMESでは、沢山のスペシャリティコーヒーありますのでご興味ありましたら、、大手のチェーン店といえば、スターバックスを挙げないわけにはいかないでしょう。今となってはメニューが増...カフェラテ(コンビニ編)

  • 911カブリオレ

    知人を介して相談があったのですが、911カブリオレが欲しいのだとか。996型あたりの年式を考えていて、予算を500万円程度で見ているという。時間をかけて探せば難しいものではないと思われます。それよりも驚いたのは、「911カブリオレがどんな車だか知りたい」というものです。そういわれても困りますね、、何が困るってポルシェのUsedを買おうとする人が、911がどんな車だか知らずに検討するのかと、、そもそも、性能の事なのか、使い勝手、はたまた維持費なのかも分かりません。潤沢に予算があるわけでもないらしく、定年後暇に任せて興味を持ったというところなのかもしれません。それも悪くはないのでしょう。実際に新車店舗は敷居が高いでしょうから、とにかく足を使って市場の感触を掴むしかないのでしょう。MINIもそうでしたが、カブリ...911カブリオレ

  • アリアあります

    ここのところ、日産ディーラーの一番目立つところにアリアが置いてあるのが目につきます。ちょうど店の前で止まれば、旗に「アリア試乗できます」的な感じでしたので、久しぶりに突撃してきました。目立つフォルムは独特で、鮫型形状の仲間と思われます。今は何でもかんでもSUVにジャンルされてしまうので、これもSUVに入ってしまうのでしょうけれど、本当は違うだろうと思う。乗るにドアを開けると、そのドアの大きさにまず驚きました。なんでしょう、ドアが縦方向にも大きいのです。そして開けて乗り込めば、なんだかラウンジの様。走るというものの内装というよりも、家具調というのでしょうか、どうも私はピンときません。同じラウンジ系であれば、ホンダeの方が全然シャレています。さて、スイッチを入れて走り出すと、いつもの日産EVです。コツコツと、...アリアあります

  • 王道ミシュラン

    15年ぶりに、ミシュランを履いています。お得に探すことができず、渋々選択をしたのがミシュランのパイロットスポーツ4Sです。最近のミシュランのパターンも、サイドデザインも好みではありませんでしたが、実際に使ってみて思うのは、やはり売れるには訳があるってことです。まず何が違うかって、小石の拾い上げが圧倒的に少ない。こんなにも小石があるのかと思うほどに拾い上げたピレリのPZ4でしたが、同じ道とは思えないほど静かです。これには、ブロックパターンの面取りが功を奏していると考えます。ただ面取りすればいい、というものではないのは子供でも分かるでしょう。接地面積や剛性確保といった側面も考慮しての事になりますから、どこのメーカーでも当たり前にしないことを見ると高度なテクノロジーが潜んでいるのかもしれません。またサイドデザイ...王道ミシュラン

  • N55B30A(335i編)

    ズバリ、M135iのN55B30Aと335iのN55B30Aは違うものかもしれません。当たり前といえば当たり前です。どれくらい違うのか、というところ。最初は、1シリのボディより200キロ重いことによる影響なのかと思っていましたが、やはり鋭さが違うように感じます。正直300馬力以上の世界で、14馬力の差なんて分かる程のものかと思っていました。しかしトルク値は5キロ近く違いますし、精度の高さは気のせいではありません。再加速をする際に、アクセルペダルに置いた足に力を入れるか入れないかという程度で、モリモリと力を感じるM135iのようにはいきません。335iでは、気持ち踏むという作業をすることになります。また、ホイールベースの違い、重量増による動きの違いを感じます。ズバリ、塊がジグザグ走るというものではありません...N55B30A(335i編)

  • クラブマンの行方

    今回売却をしたクラブマンですが、その消息がつかめませんでした。私はいつも、店に売ったならばその店が幾らで売りに出すかを予測して、そのおおよその額を当てるのが楽しみの一つでもあります。しかし今回、それが叶いませんでした。媒体に全く出てこないので、どうしたのかと担当者に聞いたくらいです。すると担当者は、買い取って直ぐに媒体に出したところ、引き合いがあって飛ぶように売れてしまったと言います。私は、これ事実ではないと思っています。実際に媒体に出せば痕跡は残りますし、それすら探すこともできませんでした。となると普通に考えられるのは、オークションに流したというパターンです。しかし、あの額で買い取ってもらっているので、オークションに出したとは考えにくいのです。すると、残るは「身内に売った」というところでしょうか。まぁ小...クラブマンの行方

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、スライスさんをフォローしませんか?

ハンドル名
スライスさん
ブログタイトル
えまちゃんと
フォロー
えまちゃんと

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用