chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
世界日報を検証する会 https://kennsixyou.blog.fc2.com/

近年日韓関係が危機を迎えました。ではそれは何が原因で私達には何ができるか?まず自分の矛盾を取り除き、次に自分の属する集団の矛盾を取り除いてから、他に言及しなければなりません。様々な歴史問題を言及しながら、世界日報を検証します

検証する会
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2021/03/21

1件〜100件

  • 日韓関係ー現状の把握と今後の方針

    21日、韓国を訪問し、尹錫悦新大統領と会談したバイデン大統領は、23日今日、日本の岸田首相と会談する事になる。共同声明によると●「対北朝鮮抑止力を高めながらも、北朝鮮での新型コロナについて韓米の支援の提供」の方針●「中国に対抗する新たな経済連携」●日韓関係の改善などが、話合われているようだ。https://news.yahoo.co.jp/articles/127d726b52b264f2a4cd5b46ef69252bcc4bb6ddジャーナリストの青木理氏は、「尹錫悦大統...

  • 【コラム】地震の周期と『聖書』の原理数

            400年前と似た大地震の経過2016年5月20日の『週刊朝日』、林真理子氏のインタビュー記事に歴史学者の磯田道史氏が登場し、興味深い話をしている。磯 田  そ う で す ね 。 1 6 1 1 年 に 東 北 で 慶 長 三 陸 地 震 が 起 き て 津 波 が 襲 い 、 そ れ か ら 8 年 後 、 熊 本 で 断 層 地 震 が 発 生 し て い る ん で す 。 林  ど う し て み ん な そ う い う こ と を 言 わ な か っ た ん ...

  • 復活した〔ユダヤ陰謀論〕と高橋史朗氏のWGIP論(1)

                1、第二次世界大戦までの〔ユダヤ陰謀論〕1919年にヒトラーがアードルフ・ゲムリヒ(訓練生仲間)に宛てた書簡では「ユダヤ人の金融資本の強欲問題」に触れており、1920年代、ヒトラーの最初の講演ですでにユダヤ人について述べている(芝健介『ヒトラー虚像の独裁者』p42~43)。金融資本の中心がユダヤ人であり、強欲な彼らは世界支配を狙っているという。ナチスのこうした主張を裏付けるものとして使...

  • 【コラム改憲運動】 「改憲は反対ですか?」という質問、自民党憲法案への疑義

    「右翼の中の左翼思想② 日本人がダーウィニズムを吸収した事を自慢し、フォイエルバッハのような主張をする加瀬英明氏」https://kennsixyou.blog.fc2.com/blog-entry-120.htmlという記事の中で、憲法改正運動について触れました。「御言葉の中に、改憲に触れたものがあるか?」とこちらから聞きましましたが、どこからも答えはありません。私たちの調査ではまったく見当たりませんでした。御父母様の御言葉の中に、改憲に触れたも...

  • 「日本人洗脳計画(WGIP)」論説の源としての『神社新報』

                         1 「中国共産党の洗脳」論1953年頃、捕虜にされた兵士たちの「共産主義への転向」に驚いた米国のタブロイド紙が「中国共産党の洗脳」を騒ぎはじめ、日本でも『洗脳 中共の心理戦争を解剖する』(E・ハンター)が出版された。言論界でも「洗脳」という言葉が使われはじめた。1954年6月5日の読売新聞には「洗脳」と題された記事があり、そこには「中共で流行の洗脳」という文字列が見...

  • 【コラム】 讃美歌「アメイジング・グレイス」ー神の摂理としての奴隷貿易廃止運動

    アメイジング・グレイス という讃美歌をご存知だろうか?昔、はじめてこの曲を聴いた時、涙が止まらなかった。別に、感動したわけではない。いい曲だとは思ったけど・・・ただ涙が勝手に溢れ出て来ただけだ。その頃は、曲の名前も知らなかったし、由来も何も知らなかった。そしてその後、長い間忘れていた。何十年か・・・だ。やがて、何かのきっかけで「奴隷制度」について調べ始めた。古代、あらゆる国、あらゆる民族が戦勝する...

  • 「洗脳(マインドコントロール)」論の虚偽性ーー何でも「洗脳」にしてしまう「洗脳」論者たち

       ザックリ説明●人間は他人と交流すると、そこで観念のやりとりをしている。Aさんに影響を受けることは、Aさんの価値観や人生観に影響を受けるという事である。●洗脳(マインドコントロール)論者たちは、その観念のやりとりを「洗脳(マインドコントロール)」と呼んでいるだけである。彼らは自分が批判したい対象を「〇〇の洗脳」という。●洗脳(マインドコントロール)論は、ただの恣意的判断の産物である。「占領軍の洗脳...

  • 右翼の中の左翼思想② 日本人がダーウィニズムを吸収した事を自慢し、フォイエルバッハのような主張をする加瀬英明氏

                          ◇19世紀に生まれ、20世紀の人類に強い影響を与えた思想の一つ。それがダーウィニズムである。無神論にとって都合のいいダーウィニズムは、共産主義に吸収、活用されている。ジャック・アタリの『世界精神マルクス』は次のように書いている。「カール・マルクスの葬儀」(『マルクス=エンゲルス全集 第19巻』)には、マルクスの死に際してエンゲルスが、「ダーウィンが生物界の発展法...

  • 右翼の中の左翼思想① 靖国崇敬の唯物論者・石原慎太郎

    (https://kennsixyou.blog.fc2.com/blog-entry-116.html からの続き)                        ◇数年前、『死という最後の未来』という著作を読んだ。別に目的があって読んだわけではない。なんとなく・・・だ。なんとなく読んでいて、ビックリした。え~この本の中で、石原慎太郎氏は、「人は死んだら無になる」「死は虚無だ」と繰り返していたからだ。『死という最後の未来』は、曽野綾子氏と石原慎太...

  • 唯物思想の産物としての「洗脳(マインドコントロール)理論」と「WGIP論」

                  1、行動主義心理学1913年、J.B.ワトソンはそれまで主流だった意識心理学を否定し、行動主義心理学を提唱する。パブロフが条件反射の考え方を吸収し(*1)、人間の行動を<刺激>=<反応>で説明しようとするワトソンの行動主義は、当時としては科学的であると考えられ、20世紀前半の米国心理学会の主流となる。ワトソンは1915年にアメリカ心理学会の会長に就任している。以後、約50年間が行動主義...

  • 反米感情の産物としてのWGIP論 ーまだ「大東亜戦争はつづいている」と叫ぶ人々

                       1 江藤淳のウォー・ギルト・インフォメーションプログラム1999年、突然自殺した江藤淳氏が、その10年前の1989年に出した『閉された言語空間』を発端としたWGIP(ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム War Guilt Information Program)論とはいかなるものなのか?この著作は江藤氏が1982年2月号から86年2月号まで4年間をかけて月刊誌『諸君』に連載した文章をまとめたものだ。...

  • 「洗脳(マインドコントロール)理論否定論」と「日本人は洗脳された(WGIP)論」の深刻な矛盾

           1 「洗脳理論(マインドコントロール理論)」を否定してきた教会アメリカで脱会者たちによって裁判が起こされた1980年代、「米国心理学会(APA)」などの法廷助言書が「マインドコントロール」や「洗脳」を否定した事は、増田善彦氏の著作『マインド・コントロール理論」その虚構の正体 知られざる宗教破壊運動の構図』によって教会員にはよく知られている話だろう。モルコとリール裁判以来、日本における「青...

  • 自公政権がいずれ終わるとき

    自公政権が、大幅に議席を減らす見込みだという。...

  • 韓国(朝鮮)人差別・迫害はいつから始まったか?

                         1 『朝鮮回顧録』大正4年に中井錦城が書いた『朝鮮回顧録』(糖業研究会出版部)という著作物がある。中井錦城は、明治25(1892)年に韓半島に渡るが、そこでこんな光景を見る。・・・(略)・・・それから又日本居住地に帰り、飯を喰ひにさる宿屋に入り、其の2階から街を眺めていると、日本人が韓人を過酷に取り扱うのが目につく、それが二三十分に四五度も韓人を撲るのである。中にも...

  • 自民党総裁選について一言

    自民党総裁選がなされている。今回の総裁選挙は、安倍晋三氏の影響力がどの程度残るかが焦点となるだろう。安倍晋三氏とつながりが濃い一部の家庭連合の幹部たちは、安倍氏の強い支持と応援を受けている高市早苗氏を支持しているだろう。しかし高市氏が総理総裁になれば、日韓関係はさらに悪化することになる。その他の候補が総理総裁になったとしても、現在日本政府が、産経新聞社に引っ張られながら行っている”<歴史戦>なるも...

  • 永井荷風・田中 艸太郎が記録する戦前の韓国(朝鮮)人迫害

                 『断腸亭日乗』永井荷風氏の名前は、誰でも知っていると思う。明治から昭和を生きた作家だが、永井氏には1917年からの出来事を詳細に記した『断腸亭日乗』という日記がある。その日記の 昭和11年4月13日には『東京日々新聞』に報道されたこんな話が書かれている。   (『荷風全集第23巻(断腸亭日乗』永井壮吉 p416)「日本人の小児、朝鮮人の小児が物を盗みたりとてこれを縛り、さかさに吊して打ち...

  • ハッシュタグ「小池百合子は9月1日に追悼文を送れ」「都知事は追悼文出しましょう」

                  朝鮮人犠牲者追悼墨田区の横網町公園には、朝鮮人犠牲者追悼碑がある。碑が造られた1973年以来、毎年9月1日には追悼式典がこの公園で開かれている。(当会では2013年、有志で荒川河川敷で行われているほうせんかの追悼式に参加したことがある。)今では教会内で、犠牲者の解怨も進んでいるが、そのころは犠牲の多かった地域でさえ解怨を進めることが困難な傾向があった。青年や壮年の中には、「虐殺...

  • 『朝鮮同胞に對する内地人反省資録』解題

    前回の記事 からの続き           『朝鮮同胞に對する内地人反省資録』の内容全てをここに張り付けるわけにはいかないので、掲載しない部分は、国会図書館などで自分で目を通していただきたい。https://iss.ndl.go.jp/books/R100000096-I006172400-00『植民地社会事業関係資料集 朝鮮編 34』などにも全文が掲載してある。<目次>機会があれば、相手をバカにし、からかう不徳な日本人の姿はあらゆる国で見られたが、植...

  • 大日本帝国・戦争中の傲慢と植民地支配の傲慢

                 戦争中の傲慢1930年代、大日本帝国は満州に侵出して以来、中国をはじめ各国各地に軍隊を送り支配しはじめた。するとどこでも、【日本人がイバり(威張り)ちらす光景】が現出し始めた。田中隆吉氏は「外地における軍隊の暴状」(『敗因を衝く』p175 中公文庫)と嘆いたが、日本軍が威張りちらし、わけもなく殴った様子は様々な国で書かれた回想記に確認することができる。例えば、シンガポール首相と...

  • 冷戦の終結による【過去の亡霊の復活】2、排外主義と日本優越思想

                   オリンピック・パラリンピックの隠れた焦点今回のオリンピック・パラリンピックで隠れた焦点が3つある。一つは「竹島問題」で、日韓関係を考察する上で避けて通れないのだから、これについてはいつか整理しよう。<東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の公式ホームページの日本地図に独島が表示されている>二つ目の問題は「ホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)」であり、開閉会式の制作・演出チ...

  • 冷戦の終結による【過去の亡霊の復活】 ネオナチ ネオファシスト IHR アーヴィング 排外主義 靖国神社遊就館 歴史修正主義

                冷戦の終結とネオナチ・ネオファシストの活性化1990年ころ起こったソ連とその衛星国の解体は、世界に劇的な変化をもたらした。それまで世界を規定していた大きな対立の構造=「冷戦構造」の影に隠れていた民族主義が浮上してきたのだ。旧ユーゴスラビアでは内戦が続き、欧米では統一ドイツを中心に外国人テロを繰り返す自称”愛国者”集団、ネオナチやネオファシズムが活性化した。  平成4年1月24日 の参...

  • 小堀桂一郎氏の侵略否定論とInstitute for Historical Review(歴史修正研究所)

    https://kennsixyou.blog.fc2.com/blog-entry-37.html の続き林健太郎氏と小堀桂一郎氏の「侵略戦争」論争で、小堀氏が書いた論文は次の3つである。▼『正論』1994-8「五十年の後に」小堀桂一郎▼『正論』1994-11 「歴史の事実と解釈」 小堀桂一郎▼『正論』1995-2「東京裁判の自覚せる信奉者たち」 小堀桂一郎(対する林健太郎氏の論文は、林氏の著作『歴史からの警告』にまとめられているので興味のある人は読むべきだ。)小堀...

  • 真のお母様のみ言 (2021.05.29)

    http://japan.ipeacetv.com/vod/vod_view.asp?vId=12693&page=1“真の母とともにある天の摂理に同参できるように 強く大胆に叫びなさい”Heavenly Japan TOP GUN Assembly 真のお母様のみ言ありがとうございます。あなたたちこそ天一国の変わらない青い松であり、未来の希望です。独り娘、真の母の夢を実現するのは、孝情郎、あなたたちだけです。あなたたちが準備した報告を、深い感動をもって傾聴しました。人類歴史は、人間始祖の...

  • 【コラム】 日本に[進化論]を伝えたモース・・・『日本その日その日2』を中心に考える

    チャールズ・ロバート・ダーウィンが『自然淘汰による種の起源』を著わしたのが1959年である。唯物論的な啓蒙思想の影響を多分に受けてうまれたこの説は、生まれて150年以上経てもいまだに証明されているとは言い難いが、科学の名の下にキリスト教会の「創造説」にとって代わろうとしてきた。そして今西 錦司進化論のフアンとしては唾棄すべきものだが、「突然変異」と「自然淘汰(自然選択)」という二大原理は、今日ではより近代...

  • 「侵略否定論」を唱える靖国神社崇敬者たち

                     1 『産経新聞』『正論』『世界日報』の転身ここで永野氏の発言として伝えられたような考えの人々がかなりいる事は確かで、またその声がここ数年強くなっている事も事実です林健太郎氏が、こう嘆いたのは、は1994年7月の『文芸春秋』だった。ちょうどそのころ、『世界日報』は桜井環境庁長官の「侵略」否定発言を批判して、「上昇気流」 にこう書いている。(1994年8月14日 世界日報)満州国...

  • 戦後の保守論壇の動向ー「侵略論」と「侵略否定論」

    戦後の保守論壇をリードしていた人達は、多くが”あの戦争”を体験し、それゆえにかなり批判的な意見を述べていた。このような論者に田中美智太郎、竹山道雄、猪木正道、林健太郎、西義之、関嘉彦、池島信平、福田 恆存、吉田満、山本七平(各氏)などがいる。このうち、「侵略否定論」に反論したのは猪木正道、林健太郎、西義之、関嘉彦等であり、歴史学にも通暁し、日中戦争や第二次世界大戦に関しても多くの著作を書いてきたのは...

  • 我々が語るべき歴史とは何か?=天の父母様聖会 『神統一世界安着のための 神日本第二地区希望前進礼拝』(21.04.11)の御言葉

    2021年、我が国日本はコロナ禍の真っただ中にある。5月も中盤にさしかかり、オリンピックまでわずか2カ月にせまっているが、コロナ禍は相変わらず猛威をふるっている。欧米はピークを超えた感があるが、日本では変異株の流行によって拍車がかかり、ワクチン接種もままならない。コロナ禍はまだまだ続くだろう。人々は苦しみ、あるいは死に向かっている。経済活動は停滞し、回復はいつになるか分からない。文鮮明師、韓鶴子総裁のど...

  • 御言葉に反する記事を量産する「世界日報」ー侵略戦争に関する御言葉

    『世界日報』はこの10数年間、柳寛順(ユガンスン)について記事にした事が一度もない。3月1日になれば、【三一独立万歳運動】に関する記事や柳寛順に関する記事を毎年書くべきだし、9月1日には、関東大震災で殺害された朝鮮人への追悼の記事を毎年書くべきだ。それは日本人がやってしまった罪であり、連帯する子孫として無視してよい問題ではないからだ。『原理講論』を読んだ事が無いわけではないだろうに。柳寛順(ユガンスン)...

  • 日本の右傾化と迫害を預言する 御言  『神様の摂理と日本』

               『神様の摂理と日本』の御言『神様の摂理と日本』は、教会員がたいていは知っているはずの御言集です。常々訓読する人は何度もこの部分を訓読したのではないでしょうか?『神様の摂理と日本』P93〜P96です。まず文鮮明師はこう言われています。今、日本はそれほど統一教会に反対していないように見えます。究極的な迫害は、まだしていません。しかし、そのような平穏な時代が、そのような環境がいつまでも続...

  • 世界日報と国粋主義 ②竹田恒泰氏の著作の国粋主義的偏向

                  【国粋主義】 【神道主義】 【歴史修正主義】竹田恒泰氏の著作の特徴は、極端な【国粋主義】(日本中心主義)と【神道主義】(神祇崇拝・天皇中心主義)、これらに基づく【歴史修正主義】である。【国粋主義】についての『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』や『世界大百科事典』、『日本大百科全書(ニッポニカ)』に共通する定義は、「日本の優越を強調する思想」と言えるだろう。「日本主義」...

  • 世界日報と国粋主義 ①竹田恒泰氏の国粋主義的著作『天皇の国史』を読者に読ませたい世界日報

    今年の正月頃に送られてきた世界日報ダイジェスト版には竹田恒泰氏の新著『天皇の国史』が紹介されていた。2020年11月21日のこの記事である。【「和」の精神は先史時代から】https://vpoint.jp/syakai/182819.html           <世界日報ダイジェスト版より>             竹田恒泰氏はどんな人か?竹田恒泰氏と言えば、明治天皇の玄孫として有名だが、差別主義者としても有名である。「韓国は、ゆすりたか...

  • はじめに

    2017年の秋ころから真のお母さま(韓鶴子総裁)は、「(日本の政治家たちに)過去の過ちを認めるように」そのメッセージを語られはじめた。《新時代、天の摂理から見た歴史の真実と日本の使命》では神様の願いである「真の父母の理想」が実現し、日本はエバ国であり「韓国、日本、米国を中心とした、太平洋文明圏時代」が始まっている」こと、そして「日本が神様の摂理の中で重要な使命を帯びている」ことを話され、【歴史の真実を...

ブログリーダー」を活用して、検証する会さんをフォローしませんか?

ハンドル名
検証する会さん
ブログタイトル
世界日報を検証する会
フォロー
世界日報を検証する会

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用