chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
茶の湯徒然日記 https://blog.goo.ne.jp/m-tamago

m-tamagoの茶室でほっと一息していきませんか。 大学時代に裏千家茶道に出会い、様々な刺激を受けました。 茶道のことを中心に、日本文化、日々の生活のことを思うままに書き留めています。

m-tamago
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2020/02/19

1件〜100件

  • 6/25(土)&7月 『茶遊庵』体験のお知らせ 

    今年もあっという間に6月中旬も過ぎて、半年が終わろうとしています。『茶遊庵』を始めてそろそろ半年弱。おかげさまで生徒さんに恵まれ、定期的にお稽古をしています。嬉しいことです。私も一生懸命精進して、皆さんに少しでもよいものを伝えていきたいと思います。やってみると色々見えてくるものもあるわけで、目下、私の最大の悩みは、和室の使用時間の制約があること、です。午前中9:00-12:00、午後13:00-17:00、夜間18:00-22:00週末のお稽古は午前午後続けて予約、週末は早め(6か月前)に抑えないと予約がとりずらい。平日の大人のお稽古は午前中のみ。準備片づけにも時間がかかるため、実際のお稽古ができる時間は一時間半ほどになってしまう。お稽古の時は、しっかりお点前した後はゆっくり座学をして、ゆったりとした気持...6/25(土)&7月『茶遊庵』体験のお知らせ

  • 6/11&25『茶遊庵』のお知らせ と 夏休みの抹茶企画

    『茶遊庵』楽しく抹茶体験、はじめてのお点前体験のお知らせです。6月は以下の日程にてご案内できます。ご希望の方がいらっしゃいましたらお早めにご連絡下さい。6月11日(土)⑤12:00-12:45⑥12:45-13:306月25日(土)①10:00-10:45②10:45-11:30③11:30-12:15④12:15-13:00楽しく抹茶体験は一コマ(①~⑥)、はじめてのお点前体験は二コマ(例えば①+②)でお申込み下さい。申込・問合せフォーム〆切6月10日(金)先着順で、問い合わせに対し、私からのメール返信をもって予約確定とさせて頂きます。夏休みに、主に親子向けに、単発の講座を考えています。勿論大人の方や中学生以上の参加も歓迎です。楽しみながらも、きちんと和室での所作・茶道の作法を指導します。座学も加えます...6/11&25『茶遊庵』のお知らせと夏休みの抹茶企画

  • 一語一会 今を輝く

    朝日新聞の木曜版に、一語一会という欄があり、毎回、その方が大切にしている言葉が紹介されている。毎週楽しみに拝読している欄である。2022年5月12日(木)は、教育評論家の尾木直樹さん。母の静枝さんからの言葉だった。****以下引用****講演先で色紙を頼まれたときは、<<ありのままに今を輝く>>と書く。保護者に書くときは「輝く」と漢字、小さな子どもには平仮名で。最後にハートマークをつける。テレビで見るのとまったく同じ柔和な笑顔と優しい口調で話を続けた。「こう書くと、親御さんの中には『そんなこと言うとうちの子、何も勉強しなくなってしまいます』という方がいるんです。そうじゃないんです。自分らしく輝く。その子らしさを生かしながら、日々、ベストを尽くす。なまけるということとは違うんですよ、と説明しています」今を輝...一語一会今を輝く

  • 天声人語 太陽と水と大地の総合芸術

    4月末から5月は茶摘みあり、新茶あり、茶の話題の尽きない時期。私の母は、ずっと母の日になると祖母に新茶とお菓子を贈っていました。私もそれに倣って、大きくなってからは母の日には新茶とお菓子を贈っていました。新茶を見ると今は亡き母を思い出します。先日の「茶遊庵」のお稽古後の座学も、”お茶について考えよう”でした。クイズ形式で、知っているお茶の名前を挙げたり、生産量ランキングを書いてもらったりしました。先日の天声人語にもお茶の話が載っていたのでご紹介しておきます。****天声人語2022.5.20より引用*****東海道新幹線で旅するとき、車窓の楽しみは富士山だけではない。この季節、静岡では茶畑の畝が美しい。萌黄色の新芽は刈られ、濃い緑一色。時折見える黒い畝はなんだろう。静岡県茶業研究センター(菊川市)を新茶の季節に...天声人語太陽と水と大地の総合芸術

  • 『茶遊庵』のお知らせ

    『茶遊庵』楽しく抹茶体験、はじめてのお点前体験のお知らせです。以下の日程にてご案内できます。ご希望の方がいらっしゃいましたらお早めにご連絡下さい。楽しく抹茶体験は一コマ、はじめてのお点前体験は二コマ(例えば①+②)でお申込み下さい。5月28日(土)①9:45-10:30②10:30-11:15③11:15-12:00満席④12:00-12:45満席6月11日(土)⑤12:00-12:45⑥12:45-13:30先着順で、問い合わせに対し、私からのメール返信をもって予約確定とさせて頂きます。『茶遊庵』HPhttps://sayuuan.amebaownd.com/『茶遊庵』のお知らせ

  • こどもの日スペシャル企画「茶遊庵」楽しく抹茶体験 報告

    今月ももう中旬!GWはいかがお過ごしだったでしょうか。我が家は剣道稽古と『茶遊庵』の抹茶体験会で終了しました(´∀`)ブログでのご報告が遅くなりました。インスタではアップさせて頂きましたが、はじまる学び場。さんで開催された抹茶体験。お菓子は感染対策もあり、パックのままの上生菓子と、琥珀糖と和三盆の干菓子セットを用意しました。上生菓子は、端午の節句にちなんで、お子様には兜、大人にはあやめ。まずは、私のお点前で薄茶を召し上がって頂き、その後、それぞれに茶筅を振って抹茶を点てて頂きました。茶筅を振うのは初めて、自分で点てた抹茶を飲むのは初めて、の方が多く、楽しんで頂けたようです。みんな沢山泡を立てようと一生懸命でした。自分で点てたお茶を美味しそうに飲んで。。。床の間の説明の後、じっと見つめる少年。「好日」の掛軸に何か...こどもの日スペシャル企画「茶遊庵」楽しく抹茶体験報告

  • 近況 卯月は?も!茶道尽くし

    4月もあっという間に過ぎ去っていきました。GWも始まりましたね。皆様、お変わりなくお過ごしでしょうか。新学期が始まり、「茶遊庵」は大人茶道と親子茶道と月に4~5日ほどお稽古をしております。教える立場になると、また別な意味での課題や様々なことが見えてきて、茶道の世界は本当に深く楽しい、一生勉強だと改めて感じています。お稽古に来て下さる生徒さんと共に、私も学びつつ、少しでも多くのことをお伝えできたらと思っております。私自身も先生のお宅で、今月は相伝稽古と台子のお稽古、久しぶりに花月もできました。研究会もあり、業躰先生のご指導も受けることが出来ました。私が「茶遊庵」を始めるきっかけの一つとなった、まき先生が、西小山で、茶道カフェをオープンされたのでさおりさんと行ってまいりました。素敵なお店なので是非いらしてみて下さい...近況卯月は?も!茶道尽くし

  • 5/5㈷ こどもの日スペシャル 楽しく抹茶体験

    ものづくりラボ大船の黒川先生のご縁で繋がった、はじまる学び場どこがくさんで、『茶遊庵』楽しく抹茶体験を開催する運びとなりました。はじまる学び場どこがくは、昨年8月に始まった、大船駅から徒歩2分のビルの5階にあるスペースで、ワーキングスペース、また学生たちの集まる場所となっています。「学びたいひと」と「共に学ぶひと」がいればそこはいつだって学校になる。をコンセプトに学校の先生が中心となって運営されています。​<開催日時>2022年5月5日(木)第一席10:00-11:10第二席11:30―12:40第三席13:00-14:10第四席14:30-15:40各席に最大4組8名まで。先着順。(お客様は椅子席)<開催場所>はじまる学び場。【どこがく】(@hmanabiba)https://www.instagram.co...5/5㈷こどもの日スペシャル楽しく抹茶体験

  • 春らしいモチーフでも注意が必要 ”蝶々” ”花筏” ”夢”

    ここのところ、雨続き、寒い日が続いていますが、三寒四温で季節は徐々に移っているようです。近所の満開の桜もここ数日の雨で大分散ってしまいました。茶席においても、春らしいモチーフのものがよく登場する季節。例えば、”桜”や”蝶々”。以前、桜の打ち菓子と蝶々の琥珀の盛り方について書いたことがありました。干菓子の並べ方https://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/a7e46d2a75eaf97be1fd30b6e99ad481”蝶々”も”桜”もとても美しくかわいらしくもあるので、つい春らしい!とワクワクしてしまいますが、実は使う時には注意が必要です。茶道の世界では、どちらも儚さを表わすものでもあるからです。特に、”蝶々”は、追善茶会によく使われます。これは、中国の荘子が詠んだ詩に由来します。荘子があ...春らしいモチーフでも注意が必要”蝶々””花筏””夢”

  • 楽しき和菓子作り 桜尽くしなり

    ここのところ、晴れと雨を繰り返して季節は徐々に進んでいるようです。近所の桜も満開になって、青空に美しい日と、寒そうな日と、桜も天気に合わせて違う表情を見せてくれます。桜以外にも、ミモザ、雪柳、貝母、連翹、木瓜、菜の花など、様々な花が美しく咲いています。『茶遊庵』の方は、お子さんだけのお稽古も始まりました。お母様と親子でお稽古された日からしばらくしてのお稽古。なんと、家でお母様と帛紗捌きを練習したそうで、3人とも私がいちいち順番を口出ししなくても自分で手を動かし帛紗をたたんでみせてくれました。当然、出来上がった形はまだそれなりですが、正しい順番で捌いて、棗や茶杓を清めることができました。新米先生は、驚きと嬉しさでいっぱいになりました。そしてもっと頑張らなきゃとやる気が出てきました。お茶や点前以外のことも勉強しなく...楽しき和菓子作り桜尽くしなり

  • 5/1(日)『茶遊庵』楽しく抹茶体験 開催のお知らせ

    先日、4/23(土)に抹茶体験会を開催しますとお知らせしましたが、追加で5/1(日)にも開催することにしました。GW中ではありますが、ちょうど風炉に切り替わった日、ゆったりとした茶道の時間を楽しみに是非お越し下さい。4/23(土)『茶遊庵』楽しく抹茶体験開催のお知らせhttps://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/1d9b64af3aed13c463e63887ac03fbf6①~⑥まで全ての回、手ぶら、普段着で参加できます。親子(幼稚園生~小学生)での参加も可能。美味しい和菓子と抹茶、茶道についてお伝えする座学プリントつきです。①4/23(土)15:30-16:30②5/1(日)10:00-11:00③5/1(日)11:15-12:15④5/1(日)11:30-13:30⑤5/1(日)13...5/1(日)『茶遊庵』楽しく抹茶体験開催のお知らせ

  • 親子茶道 初めてのお稽古 小さな手と帛紗捌き

    3月13日(日)より、親子茶道と、大人の通常お稽古が始まりました。親子茶道は、午前中は、小学一年生と四年生、お母様の三人でのお稽古。午後は、小学一年生尾お母様の二人でのお稽古。和室での所作、襖の開け閉め、畳の座り方、立ち方、歩き方から始まり、盆略点前の道具の説明、帛紗の扱い、帛紗捌き。元々、子供と接するのは大好き。大学時代も子供たちと遊ぶワークショップに参加したり、中高教員免許取得のための教育実習を楽しみ、小児病棟での遊びのボランティアしたり、と様々な形で子供たちには接してきました。なので、子供たちと話したり、伝えたり、お稽古することには不安はありませんでした。それでも、小学生との初めての茶道のお稽古には、1回のお稽古でどこまで出来るのか、どれくらい集中できるのか、まさに手探り状態。やることはリストアップしてお...親子茶道初めてのお稽古小さな手と帛紗捌き

  • 4/23(土)『茶遊庵』楽しく抹茶体験 開催のお知らせ

    先日から、週末の親子茶道、大人の通常茶道教室が始まりました。皆さん、とても熱心で、楽しみながらもしっかりお稽古をしています。その様子は近日中にアップします。今日は、体験会のお知らせです。1-3月、好評のうちに終了した『茶遊庵』楽しく抹茶体験、ピンポイントではありますが、以下の通り、開催致します。2022年4月23日(土)15:30-16:30コロナ下につき、先着順で2組、最大5名までとなります。参加ご希望の方は、『茶遊庵』HPの問合せ・申込フォームよりご連絡下さい。折り返し、詳細をご連絡させて頂きます。前回迷っていた方や、茶道に興味のある方はこの機会に是非ご参加下さい。美味しい季節の和菓子で、一服の茶をいかがですか?心を込めて点てさせて頂きます。4/23(土)『茶遊庵』楽しく抹茶体験開催のお知らせ

  • 大人茶道 はじめてのお点前コースStep.1 初めて先生になる

    2月21日(月)から全三回で始まった『大人茶道はじめてのお点前コースStep.1(盆略点前)』が終了しました。「茶遊庵」HP生徒さんの声https://sayuuan.amebaownd.com/pages/5601655/page_202112051513HPの内容とちょっと重なりますが、ブログにも所感を記載しておきます。通常、茶道教室では月2回とか、毎週1回といったお稽古をします。繰り返していく内に一つ一つお点前ができるようになっていきます。『茶遊庵』では、月2回の通常稽古の他に、忙しい大人は何回で何ができるというように、形で示した方がわかりやすく学び始めやすいのではないかと考え、3回で盆略点前を形にできるようなコースを作りました。そして、体験にいらしたお二人が、早速申し込んでくださったのです。嬉しさと共に...大人茶道はじめてのお点前コースStep.1初めて先生になる

  • 「茶遊庵」楽しく抹茶体験 2022.2

    早くも今年も六分の一が過ぎ去って、、、、3月です!!早すぎる。しかも、今日は雛祭り。先日のお稽古でも雛祭り(上巳の節句)の由来などお話をしたところです。さて、2月の体験会について。当日の様子は、「茶遊庵」のHPとインスタの方にアップしていますが、今日はお道具の紹介と共に、所感を。「茶遊庵」HPhttps://sayuuan.amebaownd.com/pages/5747977/page_202201241310「茶遊庵」インスタhttps://www.instagram.com/p/CZErv9KPtAk/2月13日(日)は、親子一組、3名様。2月17日(木)は、大人の方お二人をお迎えしました。まずは床の間のご紹介から。茶道では季節を先取りします。お雛様のお取合せで楽しんで頂けたらと設えました。掛軸は、お雛様...「茶遊庵」楽しく抹茶体験2022.2

    地域タグ:鎌倉市

  • 利休忌に思う

    すっかりご無沙汰してしまいました。『茶遊庵』の2月の体験も終わり、大人茶道はじめてのお点前Step1(盆略点前)のお稽古も始まり、毎日慌しくも充実した日を過ごしています。体験会の様子についてはHPとインスタに簡単にアップしております。今週中にはブログにもお道具組み含め、様子を書きたいと思っております。さて、今日で2月も終わり。2月28日は利休忌です。命日は旧暦の2月28日で、新暦で、表千家は3月27日、裏千家は3月28日に追善茶会を行っています。朝から利休忌のことを思い、大人茶道のお稽古の準備をして、新聞に目を通すと、天声人語にまさに利休忌のことが書かれていました。興味深い内容だったので、以下に引用記載します。2022年2月28日天声人語より******************2月28日は利休忌である。茶人、千...利休忌に思う

  • 奈良の和菓子  樫舎の上生菓子

    初日に頂いた、樫舎のぜんざい。初日に下見した、樫舎の上生菓子。奈良紀行2樫舎のお善哉を独り占め素朴で深い和の味を味わうhttps://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/f1d54571888aff7603c3614a3ddecae5奈良紀行2最終日の薬師寺よみがえった東塔https://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/79abdf024df3aa4359c7f3f4ef4ef98a最終日に時間ができたので、旅の最後に購入することができました。家に帰って家族で頂きました。皆、どれも味わってみたくて三分の一ずつ。その中で、銘みよしのとされた葛焼きは絶品でした。説明には、丹波大納言の自家製こし餡と極上吉野本葛と合わせて蒸し上げました。さらに本葛を粉にしてまぶし表面を焼き上げた昔な...奈良の和菓子樫舎の上生菓子

  • 奈良紀行2 日本聖公会 奈良基督教会に出会う

    昨年10月末の奈良紀行、書き溜めていた記事で下書きになったままのものがいくつか見つかりました。編集してアップしておきます。奈良紀行2最終日の薬師寺よみがえった東塔https://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/79abdf024df3aa4359c7f3f4ef4ef98a********************************旅の最終日、薬師寺の帰り、ひがしむき商店街の中をそぞろ歩きしていて偶然出会った教会。日本聖公会奈良基督教会教会は商店街から階段を上がった高いところにあります。商店街の道沿いに、日本でも珍しい和風建築の礼拝堂です、どうぞご覧になって下さいとの看板が出ておりました。階段を上がると、入り口で、どうぞどうぞお入りくださいとパンフレットを渡されました。外側も和風なら、中...奈良紀行2日本聖公会奈良基督教会に出会う

  • お茶筌守り 「おちやせん」で落ちやせん

    面白いものを見つけました。茶筌について調べていて、目についた写真。「お茶筌合格守り」きちんと神社で合格祈願もされているお守りです。おちゃせんって、落ちやせん、って変換できたんですね!ずーっとお茶筌とおつきあいしてきたのに、全く気付きませんでした。こういうアイデア楽しくて大好きで、私の中では超ヒット!!今はちょうど受験シーズンですし、受験生の皆様、おちやせんよ、頑張って!!の気持ちで、お茶筌振っちゃいます。本物を見たいから一つ欲しいなと思って「竹茗堂」のHPをみましたが、1800円もして、送料もかかる。しかも、今年は我が家にも親戚にも受験生がいるわけでもない、ということで、今回は拝見しただけとなりました。(写真もウェブから拝借しています。)まねっこして、自分で、フェルトで作ってみようかなあ。。。周囲に広めたいなあ...お茶筌守り「おちやせん」で落ちやせん

  • 大事な想いは次の人に伝えたい

    昨年12月、「茶遊庵」準備の最中、私の茶道の世界を広げて下さった尊敬する先生が12月8日に亡くなられ、家族葬を済まされたと聞きました。そして、1月22日に四十九日を終えたと本日連絡がありました。2年前に白寿のお祝いで久しぶりに社中の皆で先生を囲んだ後、コロナ下になってしまい、社中での百歳のお祝いはできませんでした。それから覚悟はしていたものの、本当に寂しくなりました。先生と私は、出会った時点でちょうど半世紀(50年)年齢差があったので、そもそもずっと習い続けられるとは思っていませんでした。実際、出産直前までお稽古に通っていたものの、出産後は何度かお稽古場に顔を出した程度で、その後、先生から教えを乞うことはできませんでした。もう少し先生と早く出会えていたら、、、などと、茶道の楽しさ・奥深さに目覚めた後はよく考えた...大事な想いは次の人に伝えたい

  • 「茶遊庵」楽しく抹茶体験 2022.1

    早いものでもう2月。1月は、「茶遊庵」の体験会もあり、あっという間に過ぎた気がします。おかげさまで無事、日曜日と平日の2日間の『はじめての抹茶体験』を終えることができました。初日の様子は「茶遊庵」HP、「茶遊庵」インスタからご覧になれます。https://sayuuan.amebaownd.com/pages/5747977/page_202201241310https://www.instagram.com/p/CZErv9KPtAk/初日は、4組の親子、大人のお客様お二人、25日は、大人の方お二人をお迎えしました。まずは、床の間のお話から。掛軸は、前大徳宗鏡寺戸上明道老師の”好日”竹一重切の花入に水仙。お正月ならではの”ぶりぶり香合”この字を一目見て、好き!と思って求めた掛軸。”好日”は”日日是好日”の下の...「茶遊庵」楽しく抹茶体験2022.1

  • 2022年 夢を形に

    あまりに遅まきながら、ですが、あけましておめでとうございます皆様、どんな年末年始をお過ごしだったでしょうか。昨年はコロナで初詣も控えるお正月でしたが、今年は例年通り川崎大師にお参りをし、露店も楽しむことができました。あっという間に松の内が過ぎゆき、早くも1月も後半。これまた遅まきながらですが、昨年の目標の振り返りです。新しい年2021新しい生活新しい目標https://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/445bdae7b83feb4cb636e6c018c168241.茶道の点前表の完成一昨年持ち越し、昨年は仕上げると目標に立てたはずなのに、、、、すみません。お恥ずかしい限りです。今年こそ。(といいながら、揺らぐ自分がいる)お稽古は、コロナの影響で社中の方がお休みすることが多い中、先生と1対1...2022年夢を形に

  • 2021年 ありがとうございました

    2021年も終わろうとしています。おかげさまで健康に一年を過ごせたこと、大晦日を迎えられたこと、感謝です。なんだかんだで今年もギリギリの更新になってしまいました。一年の目標の振り返りは、今年もまた新年に持ち越しとさせて頂きます。今年は一つ大きく進展したことがありました。先日お知らせした「茶遊庵」の発足です。茶道のよさを伝えたいということが私の長年の思いとしてあり、どう形にするかが課題でした。それが、10月末からどんどん形になっていき、2022年1月にお客様を迎えるまでになりました。親子と大人のための茶道の会「茶遊庵」へようこそ様々な方が協力して下さり、応援して下さり、感謝しかありません。今日は、ブログで繋がり、もう15年近く折にふれ様々なご指導、アドバイスを下さった京都の丹治伊津子先生とお電話でお話することがで...2021年ありがとうございました

  • ものづくりラボ大船 素敵な先生とスペース

    メリークリスマス!!ちょっとすぎてしまいましたが~(´艸`)最近は、クリスマスをモチーフにした和菓子が沢山あって、楽しいですね。ここのところ「茶遊庵」の準備と、お知らせの活動で毎日慌しく過ごしていました。インスタの方には、ネットで知り合った方々からも温かなお言葉を頂きました。ありがとうございました。長いつきあいの友人達や、ママ友達、お世話になった同僚・先輩など、様々な方に久しぶりに「茶遊庵」発足のお知らせがてらメールをしましたら、懐かしい返事がもどってきました。来年は懐かしいメンバーと会う機会に恵まれそうです。おかげさまで予約が入って、徐々に枠が埋まってきています。親子で参加して下さる方もいらっしゃるので、ワクワクしています。色々な方にお目にかかれること、一服の茶をご一緒できること、楽しみです。私も気合をいれて...ものづくりラボ大船素敵な先生とスペース

  • 親子と大人のための茶道の会「茶遊庵」へようこそ

    親子と大人のための楽しく本格的な茶道の会「茶遊庵」を2022年1月から月1回~2回のペースで始めます。対象は、茶道に興味のある方、どなたでも。ただ、内容は茶道の世界への入り口として作っていますので、初心者向きです。場所は、公共の施設内にある和室(広間)です。コンセプトやお稽古の内容、日程については以下のホームページをご覧ください。私の手作りのため、見づらいところもあるかと思います。わかりにくいところがありましたら、遠慮なくお問合せ下さい。「茶遊庵」ホームページhttps://sayuuan.amebaownd.comコロナ下の為、感染対策を万全にして、時間も区切っての予約制。1回に2組様だけとなります。見学も受け付けますので、その際も予約をお願いします。皆様にお目にかかれるのを楽しみにしております。<ご参考>茶...親子と大人のための茶道の会「茶遊庵」へようこそ

  • 茶道はどこで習う? 茶道教室?「親子・大人のための楽しく本格的な茶道」の会 

    ずっと前から、茶道を、日本文化のすばらしさを、沢山の人に、特に未来の子供たちに伝えたいとの思いを持ち続けていました。それをどんな形で行うか、私の課題でありました。そして、2022年1月より、「親子・大人のための楽しく本格的な茶道体験」ができる会を開催することにしました。この活動から、茶道の魅力を多くの親子、大人に知ってもらい、楽しく茶道のお稽古を始めるきっかけになれば嬉しいなとの思いです。茶道は、習うほどに、書道、陶芸、華道、香道など他の分野にも知識が広がり、教養が身に付き、心豊かに過ごせるようになります。まさに、目福、口福、心福(こんな言葉はないけれど~)の習い事だと個人的には思います(´艸`)師走も半ばの忙しい時期ではありますが。。。。。。具体的な内容や日程について最終の詰めに入っており、来週中にはご紹介し...茶道はどこで習う?茶道教室?「親子・大人のための楽しく本格的な茶道」の会

  • 奈良の和菓子  千代の舎 の「火燧(ヒウチ)」

    奈良旅行中に出会った和菓子たち。今回の旅(2021年10月30-31日)では、大好きな和菓子に沢山出会えました。それも偶然歩いていて、、、というのも多くて。我ながら引き寄せてる?なんて思いました(´艸`)ただ、食い意地が張ってるだけかもしれませんが。。。。出会って嬉しかったお菓子の一つ。「火燧(ヒウチ)」御菓子司千代の舎本家竹村元禄年間の、千代の舎竹村創業時(1701年)からの歴史のあるお菓子。江戸時代に、春日大社前の茶店で売り出して、奈良名物に。寛政年間(1789-1801)に刊行された大和名所絵図にも、その人気ぶりが描かれているそう。当時は、つぶし餡を新粉餅でかしわ餅のようにくるみ、表面を鉄板で焼き清めて出したので、「火打焼」という名がついたとか。現在は春の桜開花時期と、秋の正倉院開催時期に期間限定で販売さ...奈良の和菓子千代の舎の「火燧(ヒウチ)」

  • 奈良の和菓子 茶店のお団子 最高のお味

    奈良では美味しい和菓子に沢山出会いました。東大寺から正倉院展に向かう途中の、美味しそうなお団子が並んだ露店。奈良紀行2東大寺はやっぱり凄い、麗しの大仏様に拝謁https://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/a6cc82acd8dc70d20b75305dbf74a2a7おばちゃんが忙しそうに手を動かしお団子を焼いていた。結局、奈良に到着してすぐ、樫舎のおぜんざいを食べたきり、あちこちお寺めぐりしていたので、さすがにおなかが空いていた。16時からの正倉院展に行く前に何かおなかにいれたい。みたらし団子で一服。あーもー、おなかも空いてたし、忘れられない美味しさ。これでまた頑張って歩けそう。ということで、正倉院展に向かったのでした。奈良紀行2正倉院展&夜の奈良公園に不安https://blog.go...奈良の和菓子茶店のお団子最高のお味

  • 奈良紀行2 最終日の薬師寺 よみがえった東塔

    万灯篭を見て、宿に帰って、、、、大分時間が過ぎてしまいました。来年に向けて準備していることがあり、慌ただしく過ごしています。ともあれ、ゆっくり休んだところで、翌日。いよいよ最終日です(´艸`)奈良紀行2春日大社夜間拝観&万灯篭ところが、iPhoneの写真をとりすぎて、キャパを越えてしまったせいか、何度やっても写真を取り込むことができず、今日は写真なしで行きます。復旧したら、写真を加えることにして。。。スミマセン。朝食は宿で。前日は、お昼は樫舎のおぜんざい、夜はコンビニおにぎりという状態でしたので、茶粥とおかず、奈良漬けの美味しいこと~~。あいにくの小雨でしたが、興福寺の中を通り抜けて、近鉄奈良駅前のバスターミナルへ。人通りも少なく、しっとりと、いい味わいでした。バスに揺られて、少しずつ素朴な風景に変わって、遠く...奈良紀行2最終日の薬師寺よみがえった東塔

  • 奈良紀行2 春日大社夜間拝観&万灯篭

    暗い奈良公園を歩き始める。多分、こっちの方向?特に案内板もなく、不安に思いながら。こんな時間に夜道を歩いているのは、きっと万灯篭を見に行くんだと信じて、若いカップルと数人の団体を頼りに同じ方向へ。緩やかな坂道を登っていくと、ようやっと春日大社の入り口に到着。よかった、こっちで間違っていなかったと一安心。手水の前には鹿さんが鎮座しておられました。さすが春日大社。そのまま奥に進むと、結構な列が。とりあえず並ぶ。少しずつ列が動き出して、夜間拝観料を払って進むと、もうそこは、幻想的な世界。入り口で皆写真を撮りだし、止まってしまうんだけれど、「まだ先までありますから、進んで下さい~」の声がかかる。長い回廊に沢山の釣り灯篭が。。。。。奉納された灯篭には様々な思いが込められているようです。本殿が近づいてきます。本殿は明るく、...奈良紀行2春日大社夜間拝観&万灯篭

  • 奈良紀行2 正倉院展&夜の奈良公園に不安

    16時から予約した「正倉院展」。長い列に並び、検温、消毒を経て、建物内に。「正倉院展」は毎年、秋の正倉院御物の虫干しを兼ねて一般に御物を公開する展覧会。期間も2週間ほどと限られています。小学生の頃から耳にしていた正倉院、御物、校倉造り、やっと実物を見ることができました。古の工芸品の美しさ、その保存状態の良さ、どれを見ても感動です。正倉院展2021https://www.narahaku.go.jp/exhibition/special/202110_shosoin/今回、正倉院展に行く前に、御物倉庫の開封儀式のYouTubeを見ました。御物は、今はホンモノの正倉院からより保存保管のしやすい建物に移されています。御物の納められた倉庫の入り口は厳重に天皇陛下の書の編み込まれた鉤によって封がされており、毎年秋に天皇の...奈良紀行2正倉院展&夜の奈良公園に不安

  • 奈良紀行2 東大寺はやっぱり凄い、麗しの大仏様に拝謁

    興福寺から東大寺まで大分時間がかかってしまいました。奈良紀行2興福寺と言えば・・・仏頭、阿修羅、五重塔https://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/b6e6eb1eee7c98e5aba9aadbaef232a1ここのところ、色々な人に会う機会が多く、ゆっくりパソコンに向かう時間がありませんでした。その上、月曜朝から寝違えたのか、体重かけて寝ていたのか左腕に違和感があったのが、徐々に痛みに変わり、火曜には力が入らないほどに。。。。使えなくなると左手のありがたみがよくわかりました。湿布と十分な昼寝&睡眠(寝不足が続いていると自覚はあった)で復活し、今日ようやっとほぼ普通の状態に。。。。体のメンテナンスが大切な季節、年齢を迎えているようです。さて、沢山の鹿さんに出会いながら、途中、正倉院展が開...奈良紀行2東大寺はやっぱり凄い、麗しの大仏様に拝謁

  • 奈良紀行2 興福寺といえば・・・仏頭、阿修羅、五重塔

    昼食をとってから動き出そうと思っていたものの、樫舎さんのおぜんざいでおなかが満たされたので、そのまま興福寺に向かう。奈良紀行2樫舎のお善哉を独り占め素朴で深い和の味を味わうhttps://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/f1d54571888aff7603c3614a3ddecae5猿沢池から階段を昇れば、そこは興福寺。とにかく広い。天気もよく、修学旅行と思しき集団もいて、にぎわっていました。まずは国宝東金堂から。聖武天皇が造立。薬師如来、文殊菩薩、十二神将におまいり。そのあと、国宝館へ。こちらには、興福寺の歴史を伝える仏像や絵画、文書などが収蔵されています。興福寺といえば、「仏頭」。私が歴史を学んだ時代は、教科書に大きな興福寺の仏頭の写真が載っていて。。。。同世代の方はおわかりになると思い...奈良紀行2興福寺といえば・・・仏頭、阿修羅、五重塔

  • 襲名記念 十六代 楽吉左衛門展 

    奈良紀行の途中ですが、昨日訪ねた「襲名記念十六代楽吉左衛門展」2021年11月3日~6日日本橋高島屋美術画廊開催について書き留めておきます。庭のように闊歩していた日本橋ですが、あれから20年近く経ち、街は益々賑やかになったように思いました。美術画廊の前は、お祝いのお花で埋め尽くされていました。茶道関係はもとより、茶道を習っている、関わっていると思われる芸能人の方のお名前もちらほら。お花の写真撮影はご遠慮下さいとの張り紙もあるほどでした。遠慮して少し離れた場所から写真を撮りました。広い会場の中に、二列の段がぐるりとできており、交互に赤楽茶碗、黒楽茶碗が飾られていました。その数40点あまり。ほとんどがお茶碗でしたが、獅子瓦と、花入、水指も。図録は既に完売でした。父である直入さんが語っていた通り。「僕の茶碗は大ぶりだ...襲名記念十六代楽吉左衛門展

  • 奈良紀行2 樫舎のお善哉を独り占め 素朴で深い和の味を味わう

    「樫舎」の”ブリッジ”という名のきんとんを「茶論」で食べてから、奈良に行った時には必ず行ってみようと思っていました。茶論テーブル茶道の体験その1https://blog.goo.ne.jp/m-tamago/e/8b13b866a56f2d62395947b9c585ed5bその時、聞いた話によると、今はコロナで休止しているが、「樫舎」の店主は出来立ての和菓子を目の前で提供したいと、4種の和菓子とそれに合う4種の茶をふるまう和菓子懐石のようなコースを催しているということでした。そんなコースが?是非行ってみたいとワクワクした記憶がある。10月初め、私は奈良訪問の初日に喫茶の予約をしました。当日空いていれば喫茶も入れるようですが、コロナ下なので、予約する方が確実とのことだったので。JR奈良駅に到着して、猿沢池近くの...奈良紀行2樫舎のお善哉を独り占め素朴で深い和の味を味わう

  • 奈良紀行2 JR奈良駅舎 寺院建築

    先週、奈良へ一人旅に出かけました。コロナで取りやめになった剣道の夏合宿が、10月末に決まったので、主人と子供が留守の週末、フリーの時間ができたのです。何故、奈良か?奈良にはまた行きたいなあと思っていたこともありますが、なんとなく、今回は直感で、東大寺の大仏像に会いたくなったことと、一度は行ってみたいと思っていた正倉院展の開催、秋の特別拝観開催が決定打でした。まずは、往復の新幹線と宿の予約だけ取りました。それから、奈良に行ったら行きたいと思っていた和菓子の「樫舎」に喫茶の予約をとるべく電話を入れました。あとは、直前になってから気の向くままに。久しぶりの新幹線は早い時間でもあったせいか、ゆったりと過ごせました。雪を被った富士山が青空に見事でした。味わいのあるJR奈良駅の旧駅舎は、観光案内所になっていました。私の中で...奈良紀行2JR奈良駅舎寺院建築

  • りんごかもしれない ヨシタケシンスケさん

    絵本作家のヨシタケシンスケさん。ご存知ですか?私が初めてその名を目にしたのは、4歳の子どもと一緒に行った病院の待合室でだった。娘は「りんごかもしれない」というその絵本を本棚から選んできて、一緒に読んだ。なかなか面白くて、その病院に行く度に読んだ。りんごかもしれない[ヨシタケシンスケ]価格:1,540円(2021/10/2420:54時点)そして、本屋さんで見つけた「ぼくのニセモノをつくるには」ぼくのニセモノをつくるには[ヨシタケシンスケ]価格:1,540円(2021/10/2420:58時点)娘と一緒に購入して何度も読んだ。独特な視点で、なるほどなと思う。それ以降、ヨシタケシンスケさんの絵本を見つける度、読む。面白い。自分が当たり前と思っていたことは実際そうなのか?もう一度考えさせられる。そのヨシタケシンスケさ...りんごかもしれないヨシタケシンスケさん

  • 楽 十五代 直入 新聞記事から

    千家十職の楽家、一昨年、代を譲った直入さんが、朝日新聞の文化欄の「語るー人生の贈りものー」に2021年10月12日~記事を寄せています。社会人になって間もない頃、直入(当時は当代吉左衛門)の茶碗を初めて美術館で拝見しました。それは、大きくて、ゴツゴツして、どこからお茶を飲むんだろう?口をつけるんだろう?と思うようなお茶碗でした。実際に茶碗として使用するようには見えず、芸術作品として飾っておくためのような主張の強いお茶碗。そういった作品を作った想いなどもわかって、興味深く拝読しました。楽焼を作りだすまでには様々な葛藤があった、そうですよね。また、楽美術館を設立した十四代覚入の思いも知ることができました。以前、京都を訪れたときに、楽美術館に伺いました。その時、お茶室でお茶碗を手に取ることができて、本当に感動したこと...楽十五代直入新聞記事から

  • 京うちわ 阿以波 伝統文化の美と力

    高島屋京の名舗展をそぞろ歩きしていて出会った京うちわ『阿以波』https://www.kyo-aiba.jp/芸術的なうちわが沢山並んでいて、感動。昔から切り絵風のデザインが大好きな私。中学生の頃は、自分で切り抜いたりもしていました。そんなわけで、こういう作品には目がなくて。あまりの感動ぶりに、ご一緒したさおりさんも驚いていたに違いない。素敵~とじっくり見ていたら、店主の方がご丁寧にご案内下さいました。〇コロナでなかなか機会がなかったので、今回、色々見て頂こうと沢山持っていらしたこと〇うちわというと夏の物と思いがちだけれど、ある時、冬の柄のうちわはないのか?とお客様から聞かれ、季節の柄を取り入れるようになったこと〇同じ景色の図柄でも、先代と当代ではそれぞれ個性がでるということ〇骨が透けているうちわとそうでないも...京うちわ阿以波伝統文化の美と力

  • 可愛らしい香合たち

    先日出かけた高島屋京の名舗展の「求仙大原亭」には永樂さんのお茶碗以外にも可愛らしい茶道具が飾られていました。その中で、特に香合は味わいのあるものが沢山あって、写真に収めさせて頂きました。お多福さん。ちょうど目が合う?!古帛紗ともぴったりの雰囲気で、思わず見入ってしまう。そろそろ、来年の干支のお道具が出てきていますね。ガオーと口を開けて、ちょっとびっくりしたような表情の寅。緑と黄色のコントラストがよい。音楽好きにはたまらない。楽器の香合。どんな取り合わせで使いましょうか。茶道具として使わなくても、インテリアとして飾ってもよさそうです。そうそう、ピアノの鍵盤を象った羊羹があるのをご存知ですか。可愛らしくて、これまた音楽好きには堪らないのではないでしょうか?その名もジャズ羊羹香合は小さくて可愛らしく、形やデザインも多...可愛らしい香合たち

  • 『求仙亭大原』永樂而全と即全の茶碗 +SGC黄金

    昨日、アマビエの写真をアップして思わせぶりなまま外出してしまいました。アマビエの・・・そして、永楽さんのお茶碗大黄金展に飾られているものは、当然すべて黄金、なんとなく見ているだけでもご利益がありそうで、金の輝きを沢山浴びてきました(´艸`)写真NGだったのでご紹介できませんが、黄金のお茶碗も数点ありまして、デザインによって輝き方も色々で面白かったです。今回この展覧会をされた金を扱うSGCという会社のオンラインショップに茶碗が1つ載っていました。ご参考まで。https://sgc-online.co.jp/collections/teaset?colltitle=%E3%82%AB%E3%83%86%E3%82%B4%E3%83%AA%EF%BC%9A写真OKは、アマビエと、黄金の食卓、そして、来年の干支の寅のオ...『求仙亭大原』永樂而全と即全の茶碗+SGC黄金

  • アマビエの・・・・そして、永樂さんのお茶碗

    リヤドロ特設コーナーをあとにして、催し物会場8階へ向かいました。沢山の催しが開催されていて!大黄金展この道ひとすじ日本の伝統展京の名舗展エレベーターをあがってすぐの大黄金展。その名の通り、金で作られて様々な作品が並んでいます。中でも正面に鎮座していたのは金のアマビエ様~。存在感ありすぎです。そして、京の名舗展の方へ向かいました。そこで、沢山の永樂さんのお茶碗や花器に出会います!詳しくは後日書きますが、実物を見たい方は本日迄のはずなので、是非お出かけくださいませ。お店の方が詳しくご説明下さいますよ。和陶器を扱う「求仙亭大原」さんです。これから出かける為、今日はこれまで。アマビエの・・・・そして、永樂さんのお茶碗

  • リヤドロの 抹茶茶碗 ならぬ ご飯茶碗

    以前ご紹介したさおりさんから、知り合いの作家さんが出店されているから行きませんか?とお誘い頂いて一緒に高島屋デパートに出かけました。伝統工芸の魅力を発信さおりさんの魅力お知り合いは、波佐見焼の作家さん長山陽一さんと田口紀美子さんのお二人。長山さんの作品はシンプルで爽やか。青磁に黄色が混じった青黄磁(あおこうじ)が味わいあり。田口さんの作品は女性らしい、優しい絵付けが特徴的です。小鳥や兎がひょっこり。大胆な女の子のお顔もかわいらしい。一頻りお話して、周辺の食器売り場をそぞろ歩き。おとなりは安藤統さんによる青と赤の色が印象的な知山窯器展。青がなんともきれいで。一言に陶芸といっても色々な色、形、表現があって、楽しませて頂きました。なんといっても作家さんと直接お話できるのが楽しく、作品がほしくなります。10月19日(月...リヤドロの抹茶茶碗ならぬご飯茶碗

ブログリーダー」を活用して、m-tamagoさんをフォローしませんか?

ハンドル名
m-tamagoさん
ブログタイトル
茶の湯徒然日記
フォロー
茶の湯徒然日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用