住所
舞鶴市
出身
舞鶴市
ハンドル名
かおりさん
ブログタイトル
石屋のカミさん日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kaori-isiyasan/
ブログ紹介文
仕事に趣味に子育てに・・興味のおもむくまま人生をエンジョイしてます
自由文
更新頻度(1年)

33回 / 2819日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2011/05/30

かおりさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 948907サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 10 30 10 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4106サイト
日本の伝統・文化 0 0 0 0 0 0 0 244サイト
地域生活(街) 関西ブログ 0 0 0 0 0 0 0 13798サイト
舞鶴情報 0 0 0 0 0 0 0 124サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 43985 47223 43041 36784 34411 35462 31264 948907サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 10 30 10 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 145 156 145 124 114 114 97 4106サイト
日本の伝統・文化 7 9 8 6 5 6 4 244サイト
地域生活(街) 関西ブログ 271 292 260 211 175 196 151 13798サイト
舞鶴情報 14 15 14 11 10 12 9 124サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 948907サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 10 10 30 10 20 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 0 0 0 0 0 0 0 4106サイト
日本の伝統・文化 0 0 0 0 0 0 0 244サイト
地域生活(街) 関西ブログ 0 0 0 0 0 0 0 13798サイト
舞鶴情報 0 0 0 0 0 0 0 124サイト

かおりさんのブログ記事

?
  • 屍人荘の殺人

    ミステリー1冊読了。今村昌弘「屍人荘の殺人」著者のデビュー作品なんだけど第27回鮎川哲也賞受賞作であり、2018年版国内編「このミステリーがすごい!」週刊文春ミステリーベスト102017年国内版「本格ミステリ・ベスト10」この三つの部門で第1位に輝いたんだって久しぶりにトリックの細かい、本格ミステリを読んだ。読みながら度胆を抜く展開に「ありえんやろ」「ありえんし~」と思いながらも先がどうなるのか知りたい!!というミステリーの醍醐味を存分に味わった。デビュー作でいきなりすごいわ。なんか、映画化も決まったそう。なるほど!これを映画にすると面白いかもしれない。舞鶴のお墓のことなら・・・伝統と信頼の辻石材店へ屍人荘の殺人

  • 茶道資料館 お茶会

    桐蔭席にて茶道資料館のお茶会だった。久しぶりの遠出のお茶会、見るもの聴くものすべてを吸収して帰ろう、と意気込んで参加した。濃茶席・薄茶席とも善田好日庵さま。点心はたん熊さん素晴らしいお道具をゆっくりご説明いただきとても良かった。茶道資料館のお茶会は、毎回全国各地から来られる。今回も正客さまは北海道からほかに四国・淡路島・越前・・・皆様、楽しみに遠方から来られている。お名前も、どこのどなたかもわからないけど、茶道を一生懸命学んでいるというだけで心に温かいものが通じる感じ。「一期一会」のお席を楽しませていただいた。会記をいただいたのでまたぼちぼちと辞典を見ながら復習しよう。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ茶道資料館お茶会

  • 2月 お香の会

    大切なひとから立春初しぼりのお酒を送っていただいた。ありがとうございます今年はじめてのお香の会。雪が降らないのでありがたい。。。というか、春が来たのかと錯覚するほどのあたたかさ。ちょっと怖い・・・。午前中、香道のお手前のお稽古をしている。先生も朝早くから舞鶴に来てくださって一生懸命教えてくださる。6名で習っているがみんなそれぞれに上達してきた。他の方のお手前を見せていただくのも大切な学び。組香は午前中立春香午後一枝香どちらも春さきがけての組香で気持ちもワクワクしてくる。四季のある日本では季節の少しずつの移り変わりがとても繊細で、それを表現する、美しい言葉がたくさん存在する。お香を学ぶなかで素敵なことを発見する喜び。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ2月お香の会

  • 節分、立春

    今年は暖冬・・・。雪が降らないのは有難いけどすこし怖い気もする。昨日は節分で母がつくってくれた巻寿司を家族で美味しくいただいた。きゅうり・かまぼこ・しいたけ・卵のシンプルながらとっても美味しい母の巻寿司は私達家族の大好物お寺さんの節分詣りでもらってきたお豆さんも豆まきせずに美味しくいただいた。子供達が幼いころ鬼のお面をかぶった主人が登場するだけであまりの恐怖に泣きわめいていたのを思い出す。懐かしい~。今日は早、立春。できるだけ五感で季節を感じ一日一日を大切に過ごしたい。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ節分、立春

  • 百年後は ほとんど灰か砂。骨。

    ひとつの禅語に出会った人生不満百常懐千載憂じんせいひゃくにみたずつねにせんざいのうれいをいだく人生、百年も生きられないというのに常にかかえきれないほどの悩みを抱いてしまう。もし千年も生きられたらこれ以上たくさん悩みを抱えどうなってしまうのでしょう!?だから、何年生きたとしても楽しいことあるかわりに悩みも尽きないのが人生。面白いように次から次へと悩みが浮上してくる。私はいつも悩みができたときは次のように考えている。今地球に生きているひとは100年後はほとんど灰か砂。骨。悩みも苦しみもすべてどこを探してもなくなっている。夏草やつわものたちの夢のあと・・だったっけ?極力悩まないように気を付けている。悩んでも悩んでもしかたないから。昨日から2月。ひさしぶりに商工会議所青年部(YEG)の新年祝賀会に参加した。懐かしいひと...百年後はほとんど灰か砂。骨。

  • 壇蜜 VS 林真理子

    インフルエンザで寝込んでたのでリアルタイムで感動を得ることができなかったが大坂なおみちゃんおめでとうございます!チーターや豹を彷彿させる凄まじいほどの俊敏さ美しい筋肉美、力強さ。そして一番すごいのが感情をコントロールする力だった。切り替え力がすごいとても茶目っ気があって可愛いし新しい時代の新しいヒロイン誕生日本の多くのアスリート達が希望を持ったと思う。今後が楽しみさて、1冊本を読了した。壇蜜と林真理子の対談集「男と女の理不尽な愉しみ」壇蜜のグラビアはとても綺麗で神秘的。無機質。世の男性陣のハートをギューッと鷲づかみにしてると思うけどこのひとがすごく頭がいいということいろいろなところで目にした。この対談集のテンポの良さ、本のなかに入って一緒に喋りたくなった。様々な職業を経験しててとてもよく考えてるなと感じる。「美...壇蜜VS林真理子

  • インフルエンザにかかっての様々な気づき

    インフルエンザにかかって寝込んでしまった昨年も。そう、たぶん同じ日に罹患した。学習能力がないのか。身体の免疫力が低下しているのか。。。ちょっとタカをくくってた。こんな猛威をふるってるインフルに自分がかかるはずはないだろうと。。。。予防接種も受けてないのにその自信、いったいどこから???子供達が小さいころは冬場は我が家は菌がいっぱいで。でも若くて体力あったんだろうか。私!?気力で健康体を維持してきてた。寝込むことなど数年に一度あるかないか。なのに、二年連続のインフルエンザ罹患いくら元気な私でも病気には勝てない。昨日熱は下がったけど今日は体がまだだるくてだるくて。。病気になってずっとベッドに横たわっていると一日24時間が長いと感じる。元気に働いているときはあっという間に時間が過ぎるけど明らかに時間の流れが違う。いろ...インフルエンザにかかっての様々な気づき

  • 感動経営

    JR九州会長唐池恒二さんの著作「感動経営」を読んだ。わかりやすく読みやすく楽しい本だった。あの有名豪華列車「ななつ星」の秘話や社員の皆様の想いが丁寧につづられている。自分の仕事のヒントになることや明日からでもできそうな、それでいてとても大切な心構え。そんなことに満ち溢れた本だった。商品をただ売るんではなくお客様に感動を与える。唐池会長は、それには「氣」が必要だと。人の気持ちを明るく元気にするのが「氣」パワーやエネルギーと同義かな。娘の成人式の日、寒く暗い冬の朝、到着した美容院の扉をあけるとずらっと並んだ若いスタッフの方々が晴れやかな笑顔で「いらっしゃいませ本日はおめでとうございます」大きな声でお辞儀をされたのを見て私はほんとうに感動した。あれこそが「氣」だったなあと思う。お客様をとことん感動させる。大切なことだ...感動経営

  • 若柳 舞い初め

    若柳流日舞「幸志郎の会」の新年会、お師匠さんと母と若手のMちゃんと一緒に参加させていただいた。「舞い初め」、今年は私達弟子の踊る番だったのでMちゃんと私は「扇の彩り」で踊ったものを編曲した曲をそれぞれ踊らせていただいた。25名くらいの方が練習したものを舞うので見ていても大変勉強になる。男踊り・女踊り・しっとりしたもの・元気なもの・・・着物や小道具もとても楽しい。自分のこれからのヒントをたくさん見つけることができた。緊張感のなかでの舞が終わったあとは楽しいお食事会。私達の「福」テーブルはくじで舞扇が当たった!!とても幸先がよくて嬉しい。仕事でも大変お世話になっている方が褒章受章され、その記念祝賀会で祝舞を・・と有難いお申し出をいただいた。これからそのおめでたい舞の練習に励みます。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と...若柳舞い初め

  • 伊勢物語

    今年初めての伊勢物語講座。95段から101段までを皆さんと一緒に学んだ。ずいぶん進んできて最後までもう少し。高校生のころ、数学や物理が苦手で大嫌いだったけれど国語とりわけ古文漢文は大好きだった。(世界史・日本史も好き)文法なんかは興味なかったけど、「枕草紙」「徒然草」など大昔の人々の感性がとても素敵なことにすごく惹かれた。若い時に興味をもったことは一生涯の楽しみになるんだなと感じる。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ伊勢物語

  • 稀勢の里、お疲れ様でした!

    今場所始まってからスポーツニュースを見るたび心痛めていた。どんなに辛かったか。大切に育てられた親御さん、どんなに辛いことだったろう。とても久しぶりの日本人横綱、稀勢の里。今日、断腸の思いで引退された。相撲のことはあまりよくわからないけれど稀勢の里には横綱の品格を感じていた。私も野球少年を育てていたので「けが」というものがどんなに選手にダメージとプレッシャーを与え,親にも子にも辛いことか察しが付く。小さな地域の野球少年でもそうなのだからいわんや天下の横綱。。。。でも、今日の会見は潔さを感じて胸いっぱいになった。涙をぬぐいながら一言一言じっくりと考えて発言されほんとうに心打たれた。考え抜かれたその言葉は深く心に響いた。師匠がいつも言われていた言葉「勝っても喜ぶな。負けても悔しがるな」土俵上での信念とは「絶対逃げない...稀勢の里、お疲れ様でした!

  • 社中 初釡式

    昨日成人の日には社中の初釡だった。1月はお茶のお稽古はお休みで、一年に一度社中の皆様と先生のお宅に集まる。インフルエンザで欠席された方が2名おられて全部で10名だった。神聖で静かななか、若いNさんの炭点前から始まり、先生の濃茶・そして若い男性のK君の薄茶点前・・このころには笑い声も出て和やかな雰囲気に。そのあとは皆でお食事。娘と同じくらいの年齢のOさんがとても明るく場を盛り上げてくれて賑やかな席となった。2月からお稽古が始まる。今年もお稽古、一生懸命励みたい舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ社中初釡式

  • カナ帰国、そして成人式!

    昨夜、中国は天津に留学していた末娘のカナが帰国した。関空に18時30分に到着なので迎えに行き、自宅に着いたのは22時前。そして今日は成人式で朝7時から着付けに行った。ハードスケジュールにぶつくさ文句を言うカナを叱りながら、まだ薄暗いなか向かった美容院。着いたら若いスタッフの方々がずらーっと並んでニコニコ笑顔で「おめでとうございま~す!!!!!」その力強いパワーに、私もカナも圧倒された。私が成人式のとき、親からつくってもらった着物を着せてもらった。私も、私の妹も、長女も、次女も、この着物を着た。なんだか歴史を感じて感無量。。。自分の成人式のことをぼんやりと思い出す。成人式の式場に送っていくとそこにはそれぞれに綺麗に着物を着た新成人のひとがいっぱい怖いもの知らずで大きな夢があって二度と戻ってこない20歳。おめでとう...カナ帰国、そして成人式!

  • 人を育てる

    年末に長年勤めてくれていた事務員さんが退職されたことはアップした。今週初めから新しい事務員さんが来てくれて今日で5日目。仕事の段取りはもちろん、掃除道具の場所からひとつひとつ教えて、覚えていってもらうので一日があっという間に過ぎていく。事務や接客、お香の販売などなど多岐にわたることを少しずつ。私自身も、改めて仕事の基本を再確認したりここ、もっと工夫したほうがいいなと気づいたり。どんな仕事でも、人をベテランに育てるというのはとても大変、自分ひとりでガムシャラにやるのよりももっと大変だと思う。でも、新しい人が加わるというのってとても新鮮で刺激がある。新しいさわやかな風が吹き抜けていく感じです。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ人を育てる

  • 友来たりて、蟹!

    主人は結婚前に大阪の石屋さんで修行していた。そのときのお友達夫婦が我が家に泊まりに来てくれた。そのお友達も、今、石屋さんをされている。前に一度舞鶴に遊びに来てくれたときは17~8年前。とても久しぶりにお会いし、すごく楽しい時間を過ごすことができた。共通の話題がたくさんあるのが楽しいし、勉強になるし、夫婦で頑張っておられる方の、良いエネルギーをいっぱいいただいた舞鶴に来てもらうなら蟹を食べに行こうと主人が前から計画を立てて楽しみにしていた。一天張屋敷お店から家に戻り、それからまたワインを出してきたり私達の結婚式の席次表や色紙やら引っ張り出してきて4人で話が止まらず盛り上がり、気が付いたら午前3時前!!友来たりて、蟹!

  • 人日の節句  七草がゆ

    さあ、お正月気分もすっかり抜けて今日から仕事本格始動いつもより早起きして七草がゆをつくりいただいた。今日から世間も始動したみたいで、ちょこちょことお客様も来られ、あわただしかった。出だし好調。今年も、いつも以上により丁寧な仕事・接客を心掛けたい。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ人日の節句七草がゆ

  • 新年会  2

    同じく保護司会新年会にて。お隣に座ったのはひとつ年上の女性、Iさん。Iさんは昨年、司法書士試験に合格されこのたび司法書士事務所を開業された。数年前から頑張って勉強していることがあるんだ、とおっしゃっていて何を勉強してるの?と何度聞いても、「合格したら言うわ」って。宅建の勉強でもされているのかなと思っていたら・・・主婦業のかたわら猛勉強のすえ司法書士試験に合格された。50歳のこと。素晴らしい努力に感服します。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ新年会2

  • 新年会 1

    舞鶴地区保護司会新年会に出席した。着物で行きましょう、と先輩方からお誘いをうけ今年初めて着物を着た。平成21年に保護司会に入ったのでなんともう今年で10年所属していることになる。少しでも社会が明るくなるようにできることをコツコツ、ぼちぼち、やっていきたい。昨年から中学校からの仲良しの同級生も会に入った。彼女も着物を着ていてとても素敵な松の文様の帯をしていたので素敵な帯ねと褒めたらメルカリで買ったらしい。最近、まわりで着物ブームなんだけど着物や帯や小物をメルカリで買ってる人が多い。とっても安いしほんとに良いものがたくさんあるそうだ。着物が不要な人と着物を着たい人スマホでマッチングするなんて世の中ってすごいと思う。一度やってみよう!新年会1

  • 壽 初春大歌舞伎

    4日、主人とふたりで大阪へ。松竹座に初春大歌舞伎を観に行ってきた。大阪はさすがの賑わい。東京とは違った独特の活気・パワーがあふれている。演目は土屋主税(つちやちから)寿栄藤末廣心中天網志摩「河庄」寿栄藤末廣は、舞踊で坂田藤十郎さんの米寿記念の演目。藤十郎さんと二人の息子、二人のお孫さん、の親子三世代5人で御目出度い舞を舞われるという素晴らしいものだった。新春にきれいなものを観劇できて良かった。今年もたくさんの歌舞伎・文楽を観れますように。。。。壽初春大歌舞伎

  • 2019年

    あけましておめでとうございます。本年2019年も「石屋のカミさん日記」をよろしくお願いいたします食べて飲んで寝ては食べて。飲んで寝て・・・・のダラダラお正月。子供達も帰省してお友達が来て一緒に飲んで食べて。。。の賑やかなお正月だった。上の子二人は社会人なので特に話が合うようでずっと会社のあり方や働き方・自分の目標・今後の展望など喋っている。志の高さや純粋に努力する姿勢・若さなど私が、もはや持っていないものを持っててうらやましくもありついていけないな。。と気おくれしたり。「お母さんの夢は何!?」「今年の目標は!?」と真剣に聞かれてタジタジ。。。みんなのために作った料理が次々となくなる嬉しさ。汚れたお皿が洗い物をしてどんどん綺麗になる達成感。そんなちっぽけなことで満足している自分は成長したのかしていないのか。平成が...2019年

  • 仕事納め

    28日で今年の仕事が終わった。まあまあ仕事にも恵まれ病気や怪我もなく無事に、一年の仕事が終わりほっとしている。この12月で18年お勤めしてくださった事務員さんが退職された。私がまだ32歳で4人の幼い子供達を育てながら仕事をしていたときから支えてくださった。お互いにとても若かったけれど月日が経つのは早い。彼女の退職により私も会社も節目を迎える。また新たなスタート。目の前にあることを地道に片付けていこう!舞鶴のお墓のことなら・・・・・伝統と信頼の辻石材店へ仕事納め

  • 紫のイタリアンで 女子会

    今年のクリスマスはケーキすら食べなかった。もちろんツリーも出さず、サンタさんからの贈り物もない。子供がいなくなるとこんなものなのね。主人とふたり普通の夕食、焼きそばを食べてワインを飲んだ。平成最後の天皇誕生日だからNHKで天皇皇后の特集番組がありお二人の人生に感銘を受けた。民間から嫁がれた美智子皇后、口には出されないがどんなにお辛いことが多々あったかわからない。お二人が寄り添うお姿、理想の夫婦像。ほんとうに長い間お疲れ様でした。26日は仲良しの女友達と忘年会。東舞鶴の「紫」さんの息子さんが隣にイタリアンのお店をオープンされたのでそこで集まった。紫のイタリアンで女子会

  • 女神隊 忘年会 ☆

    長男の小学校少年野球クラブのときのママ友たちと有難いことにいまだ交流が続いている。少年を常に見守る「女神隊」と名前をつけてかれこれ一年に1~2度集まって近況報告している。少年だった子供たちはもう24歳、パパになっている子もいる。私達「女神」も子育てを終えそれぞれに新たなステージに立っている。親の介護趣味の充実仕事の再開夫婦関係の見直し(!)何歳になっても子供への心配や楽しみは変わらず女神隊は不滅です!いつも集まりを企画してお店の予約や連絡をしてくれるKちゃんのおかげでこころ温まる集まりができて感謝。。。これから結婚やベビー誕生の報告も聴けるだろうな美味しいお料理をたくさんいただいたけど写真をとるのをデザートまで忘れていた。女神隊忘年会☆

  • 師走のある一日。

    地域の燃えないゴミ当番。12月に当番がまわってくるとは。。。6時過ぎに外に出るとまだ暗い。そして寒い~!1時間外に立ってると体の芯から冷えた。でも、隣組組長としての仕事が無事終わりひと安心。午後、乳がん検診。50歳ジャストだからか、診察無料券をいただいたので行ってきた。マンモグラフィー検査の映像をみて「乳腺の線がいっぱいあって、とっても見やすい」!?と、先生からほめていただいて、尚且つ何も変なものは見当たらないとこちらも一安心。ほめてもらうということはどんなことでもものすごく嬉しいこと。検診の帰り、心が弾んだ。そして夜は、近所の奥さん二人とささやかな忘年会。同じ地域で一生懸命子育てをしてきた仲間であり、三人ともダンナさんと一緒に家業に励んでいる。お互いのことをよくわかっているのでほんとに話は尽きない。あっという...師走のある一日。

  • 茶事のお稽古

    お茶を習っている社中のなかで同じ年頃の方が茶名をとられた。先生と、お仲間と一緒に茶事形式でお祝いした。茶名をとられたDさんが正客さん、私が炭点前・先生が濃茶点前・Kさんが薄茶点前、そしてお昼を皆さんでいただいた。とても勉強になるお稽古茶事となった。つい先日、映画「日々是好日」を観たところでお茶ってお稽古ってやっぱいいなあ~としみじみ思い、またこつこつと頑張ろうと意欲がわいた。茶事のお稽古

  • 日日是好日

    息子が少年野球をしている頃からのママ友と久しぶりに楽しい休日を過ごした。まずランチ。「うな鶴」さんにて女性好みのお料理をたくさんいただいた。どの器も可愛くて素敵鰻丼をおだしでいただきます。お互いの近況・友達の近況、話は尽きない。そのあと「サクレ」の掘り出し市へ。いいものを安く売ってるアウトレット、暖かい服をゲットした友達とショッピングなんてすごく久しぶり赤レンガ喫茶「JAZZ]でお茶をして、いよいよメインの映画「日日是好日」を観た。森下典子さんの原作を子育て時代に読み、ママ友におすすめしたら彼女はとても気に入ってくれて3回も読んだそうだ。樹木希林さんと黒木華さん出演で映画化されたと聞き、これはぜひ彼女と一緒に観に行きたいと思った。原作と同じく、心がすーっと清められていくような映画だった。お稽古の本質を静かに物語...日日是好日

  • 贈り物

    12月は贈り物の季節。日頃の感謝を込めて贈り物をするのに少しでも気の利いたもの、素敵なものを選びたいと思う。82歳の方が送ってくださったもの。お庭の柚子と畑でお育てになったじゃがいもとサツマイモ、そして信州のりんご。早速、ポテトサラダをつくった。あわただしい師走、ほっこりする贈り物。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ贈り物

  • 祇園ミクニ

    今年をあらわす漢字は「災」だそうで。一年をあらわす漢字が災なんて嫌だけどほんとに今年は水害・災害・台風・猛暑・・・すごかった。来年は「愛」や「和」や「優」みたいな一年になりますように。素敵な人たちの集まりに主人と参加させていただいた。祇園ミクニ。祇園ミクニ本格的フレンチというより「洋食」お洒落で美味しいお料理だった。お店もこじんまりして隠れ家的。2階にはバーもあるそうで、夜にも来てみたい。舞鶴のお墓のことなら・・・・伝統と信頼の辻石材店へ祇園ミクニ

  • 扇の彩り

    昨日、日舞の会「扇の彩り」が無事に終わった。いろいろとハプニングも起こったけれど、心配していた雪もそんなに降らず和やかに穏やかに済んでやれやれホッとしている。白塗りのお化粧をしていただきかつらをつけて本衣裳を着付けしていただくとそれだけで気分が上がり心は娘さんに!(笑)屋敷娘という踊りは江戸時代初演の常磐津で大名屋敷に行儀見習いしていた町娘が休みをもらい実家に帰る風情を舞踊化したもの。心浮き立つ娘さんの心情を表現しなければいけない。会が終わったあとは娘さんどころでなく、ただただ体がくたくた。でも日舞って面白いなって改めて思った。良い経験をさせていただいた。扇の彩り

  • 扇の彩 リハーサル

    いよいよ「扇の彩り」明日になっちゃった。今日はお昼からリハーサルだった。衣裳をつけて舞台に立ち「屋敷娘」を踊った。11月に入ってから週に3回ほど真剣にお稽古に通い先生と二人三脚で頑張ってきたけど舞台というのは魔物!!甲子園が魔物というように私にとって舞台は魔物だ。お稽古場とはまったく違う!明日は観客の方がたくさんいらっしゃるし衣裳とかつらをつけての本番、リハーサルとはまた違うと思う。明日は全力を尽くして踊るのみ。。。明日が終わると今年が終わったのも同じだ。頑張ります扇の彩リハーサル