searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

本猿さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
書に耽る猿たち
ブログURL
https://honzaru.hatenablog.com/
ブログ紹介文
本と猿をこよなく愛する。本を読んでいる時間が一番happy。読んだ本の感想、本の紹介、本にまつわる色々な話をしていきます。世に、書に耽る猿が増えますように。
ブログ村参加
2020/02/09
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、本猿さんをフォローしませんか?

ハンドル名
本猿さん
ブログタイトル
書に耽る猿たち
フォロー
書に耽る猿たち

本猿さんの新着記事

1件〜30件

  • 『からゆきさん 異国に売られた少女たち』森崎和江|こんなことが150年前の日本であった

    『からゆきさん 異国に売られた少女たち』森崎和江 朝日文庫 2021.11.27読了 何年も前に新聞の書評にこの本が載っていた。気になってすぐに購入していたのだが長く家に眠っていた。このタイミングで読んだのは、つい先日岩波文庫から、『まっくら』という同じく森崎和江さんの本が出版されたことで思い出したからだ。 「からゆき」とは漢字で書くと「唐行き」である。江戸末期、朝鮮・唐天竺へ働きにいくことを「からゆき」と呼び、そういった出稼ぎをする人は「からゆきさん」と呼ばれていた。それがやがて海外に売られた少女を指す言葉になっていった。 森崎さんは、友人である綾さんが複雑な家庭にあることを知る。綾さんの母…

  • 『鏡は横にひび割れて』アガサ・クリスティー|マープルは安楽椅子探偵さながら

    『鏡は横にひび割れて』アガサ・クリスティー 橋本福夫/訳 ハヤカワ文庫 2021.11.26読了 クリスティーさんの作品群のなかには、タイトルが斬新で目立つものが何冊かある。この作品もその一つだ。ミス・マープルシリーズの8作めである。 導入はミス・マープルがその住み慣れた家、住み慣れた街(ロンドンからほど近い架空のセント・メアリ・ミード村)の記憶とともにもの想いにふける場面だ。クリスティーさんの作品は単にミステリ手法が長けているだけでなく、さりげない情景を奥深く表現し、人間の心理をうまく捉えている。それがミステリファンのみならず、世界中で多くの読者に愛されている所以だろう。 アメリカの名女優と…

  • 『ほんのこども』町屋良平|言葉の独り歩き

    『ほんのこども』町屋良平 講談社 2021.11.24読了 全ての小説家にはもちろんのこと、何らかの形で文章を書き、読み、そして言葉を愛する人にとっては、少なからず心に響くものがある小説である。私小説のようなエッセイのような、いや、でもやっぱりこれはフィクションだよなと思いながら、言葉の渦の中に飲み込まれていった。 作中で町屋さんは、「おもう(思う)」「かく(書く)」「はなす(話す)」という、文章で表現するために必須の感情や行為をひらがなで示している。小説では、よく漢字を使わずに平仮名を用いて何かの意図を印象付けたり、表現を和らげることが多いが、この作品では他にも何か思惑がありそうだ。 思えば…

  • 『侍女の物語』マーガレット・アトウッド|女性が監視させられるサスペンスフルな世界

    『侍女の物語』マーガレット・アトウッド 斎藤英治/訳 ハヤカワepi文庫 2021.11.22読了 オブフレットという女性の目を通して「侍女」として生き抜く様を描いたディストピア小説で、アトウッドさんの代表作のひとつである。この作品でいう「侍女」は、子供を産むためだけの道具として扱われている。全ての女性が仕事と財産を取り上げられ、妊娠可能な女性はエリート男性の元に派遣される。 作中に出てくる「司令官」「保護者 」「 代用紙幣」「救済の儀」など聞き慣れないワードが不穏な空気をもたらす。よく比較されている通り、ジョージ・オーウェル著『一九八四年』を彷彿とさせる。健康な身体を持つ女性が監視された社会…

  • 『平場の月』朝倉かすみ|口調だけで年齢はわからない

    『平場の月』朝倉かすみ 光文社文庫 2021.11.20読了 大人の恋愛小説と謳われているこの作品、50歳の中年男女を主人公にした小説である。かつての同級生と再会し、この年齢でこんな関係になるなんてなかなかないだろうと思いながら読み進めた。決してドロドロの不倫でもなく、純粋な恋愛をしている2人が一途である。 一文が短い。歯切れがよく無駄なものがない。地の文も会話もとても短い。見たもの、思ったものをそのまま表現している感じ。だからなのか、初めは青砥と須藤がまだ若者であるかのように感じた。それでも考えている内容は大人のそれであって、よく考えたら大人だからといって長い文章になるのは小説の中だけかもし…

  • 『パワー・オブ・ザ・ドッグ』トーマス・サヴェージ|鳥肌が立つほど感性を揺さぶられる名作!

    『パワー・オブ・ザ・ドッグ』トーマス・サヴェージ 波多野理彩子/訳 ★★ 角川文庫 2021.11.18読了 今日から一部の映画館で公開される同名映画の原作である。この作品自体かなり気になっていた。というのも、なんと『ブロークバックマウンテン』を彷彿とさせるとあるから。私は映画のなかでは『ブロークバック〜』が5本の指に入るほどお気に入りなのだ。 だから、少しだけ期待しながら映画の原作であるこの作品を読んでみたのだが、、なんと期待以上に素晴らしかった。こんな小説は今までに読んだことがなく、読み終えた直後は衝撃を受け鳥肌が立ってしまったし、暫くしてからもぼうっと放心状態。とんでもないものを読んでし…

  • 『ゴリラの森、言葉の海』山極寿一 小川洋子|因果という考えを持たないゴリラ

    『ゴリラの森、言葉の海』山極寿一 小川洋子 新潮文庫 2021.11.16読了 霊長類学者の山極寿一(やまぎわじゅいち)さんと、小説家小川洋子さんの対談集である。なんと、ゴリラにまつわるもの。猿好きとしてはもちろんたまらない。山極先生は、ゴリラ研究の第一人者であり私も尊敬してやまない存在。小川さんも繊細で美しい文章を奏でる好きな小説家の1人である。 山極さんはゴリラのことを「人間の模範であるということ、人間の本当の姿を映し出すことから、人間の鏡である」という。小川さんは「言葉で代用できない部分に実は真実が隠れている。言葉によらない共感を小説に書かなくちゃいけない」と考えている。 ゴリラの生態を…

  • 『都会と犬ども』マリオ・バルガス=リョサ|塀のなかでの人間関係

    『都会と犬ども』マリオ・バルガス=リョサ 杉山晃/訳 新潮社 2021.11.15読了 ペルー・リマにある軍人士官学校を舞台とした、寄宿舎に住む10代の少年たちの群像劇である。これがリョサさん初の長編小説で、しかも20代に書かれたものであることが信じがたい。自身の体験を元に創り上げたようだが、作中で「詩人」と呼ばれるアルベルトが彼自身のイメージに近いのであろうか。 語り手も時間軸も行ったり来たりするので、最初は戸惑いがあったが、意外と読むペースはスムーズだった。リョサさんの作品は読みやすいもの(『楽園への道』『悪い娘の悪戯』など)と読みにくいもの(『緑の家』『ラ・カテドラルでの対話』など)が二…

  • 『雲上雲下』朝井まかて|古くから伝わる民話の復興を

    『雲上雲下(うんじょううんげ)』朝井まかて 徳間文庫 2021.11.13読了 子供の頃にテレビで観た「まんが日本昔ばなし」を思い出した。必ずあのテーマ曲とセットだ。「ぼうや~ 良い子だ ねんねしな」という歌声とともに、竜に乗った男の子が画面いっぱいになって映し出される。懐かしいなぁ。当時は特別好きなアニメだったわけではないけれど、いま思えば良い番組だったと思う。今の子供達は、昔ばなしは寝る前に読んでもらったり、絵本で読んで知るのだろうか。 そう、この『雲上雲下』という小説は、古来から伝わる昔ばなし・民話を元にした小説である。「草どん」という植物の視点で話が始まる。金色の子狐が草どんのところに…

  • 『断片的なものの社会学』岸政彦|言葉にするほどのない物事を絶妙に表現する

    『断片的なものの社会学』岸政彦 朝日出版社 2021.11.11読了 岸政彦さんといえば、東京に暮らす150人にインタビューしそれをまとめた『東京の生活史』が話題になっている。かなり分厚くて値段もまぁまぁなのに、すでに4刷の増刷が決まったらしい。私が岸さんのことを知ったのは柴崎友香さんと共著の『大阪』を読んでからだ。岸さんの文体が気に入ったので、他の作品も読みたいと思っていた。 honzaru.hatenablog.com 社会学とは何か。思えば大学の学部を選ぶ際に社会学部というものがよくわからなかった。曖昧で抽象的な概念であるが、岸さんは「仕事として他人の語りを分析する」という表現をしている…

  • 『サイラス・マーナー』ジョージ・エリオット|人生の晩年に幸せがやってくること

    『サイラス・マーナー』ジョージ・エリオット 小尾芙佐/訳 光文社古典新訳文庫 2021.11.10読了 機織り(はたおり)という職業については、現代社会で、さらに日本ではなかなか想像しにくい。サイラス・マーナーとは、この小説に登場する孤独な機織りの主人公の名前である。地味で、はたから見ると幸せにみえない彼の人生ではあるが、晩年に得たものは何だったのか。 友と恋人に裏切られたサイラス・マーナーは、絶望のなかで故郷を捨てた。ラヴィローという小さな村に辿り着き、機織りをして質素にひっそりと暮らす。楽しみは機織りで得た金貨を貯めて眺めて触れること。これは、今でいう通帳を見てにんまりするようなイメージだ…

  • 『叫び声』大江健三郎|青春時代の難所

    『叫び声』大江健三郎 講談社文芸文庫 2021.11.8読了 悩み大き青春の時代を歩む若者にこの本を読んで欲しい、そして人生の最初の難所を克服する助けとなれば、という思いで大江さんはこの小説を書いたそうだ。でも、若者でこの作品が理解できる人はそうそういないのではないか。もう人生半ばを過ぎた頃に書かれたものかと思いきや、大江さんがこれを書いたのは20代後半だと言うから驚きだ。 大江さんの小説を読むと、いつものっぴきならない空想の世界に足を踏み入れてしまい、彼の頭の中は一体どうなっているんだろうと、その想像力に圧倒される。それでもこの小説はまだわかりやすいほうだ。私が読んだいくつかの作品のほうが確…

  • 『やさしい猫』中島京子|日本の入国管理制度をすぐにでも考え直すべき

    『やさしい猫』中島京子 ★ 中央公論新社 2021.11.6読了 今年の5月まで読売新聞の夕刊に連載されていた作品が単行本化された。ジャケットだけみると、猫が出てくるほのぼのとしたお話なんだろうと予想してしまうが、これがどっこい、とても重いテーマなのだ。でも、心に残る良い小説だった。涙してしまうような場面が何度もあった。 タイトルの『やさしい猫』とは、スリランカ人のクマさん(本当はクマラさん)がまだ小さかったマヤに話し聞かせてくれた母国に伝わる童話のようなもの。優しくておもしろいクマさんは色んなことを教えてくれる。 語り手のマヤは、母親のミユキさん(この作中ではさんづけ)と2人暮らし。ミユキさ…

  • 『エリザベスの友達』村田喜代子|忘れられない大切なひととき

    『エリザベスの友達』村田喜代子 新潮文庫 2021.11.3読了 千里(せんり)の母親初音(はつね)さんは97歳、認知症のため施設で暮らしている。千里は週に2回、千里の姉の満洲美は歩行が困難なため千里と一緒に週に1回母親に会いに行く。千里と満州美のそれぞれの視点で現実が語られる。また一方では、初音さんが20歳の頃満州で暮らしていたときの記憶とともに過去に遡る。 認知症が悪いところばかりでないのは「認知がある人は死に別れた人たちと夢の中で会うことができる」からだという。元気に100歳まで生きていても、現実で大切な人と会うことはできない。夢のような世界を想い描き幸せに暮らすことができるのなら、とも…

  • 『皇帝のかぎ煙草入れ』ジョン・ディクスン・カー|日本語以上に流暢な文章で傑作ミステリを

    『皇帝のかぎ煙草入れ』ジョン・ディクスン・カー 駒月雅子/訳 創元推理文庫 2021.11.3読了 この作品はジョン・ディクスン・カーの多くの小説の中でも名作と名高く、そのトリックはアガサ・クリスティーをも脱帽させたと言わしめている。クリスティー作品を読むことをライフワークにしている者にとって、これは読むしかない。 前夫ネッドと離婚したばかりのイヴは、トビイ・ローズと知り合う。ローズ家の人たちにも気に入られ、トビイからの求婚を受けて婚約をした。ところがトビイの父親が書斎で殺害され、その容疑がイヴに降りかかる。何故、ありもしない証拠がー。 この小説のタイトルである「かぎ煙草入れ」がどんなものなの…

  • 『アレグリアとは仕事はできない』津村記久子|機械との付き合い方

    『アレグリアとは仕事はできない』津村記久子 ちくま文庫 2021.11.1読了 てっきり同僚の女子社員のことだと思っていたら、このアレグリアって複合機だったのか…。地質調査会社で働く事務員のミノベは、高機能と謳われた複合機と格闘する。1分間機能を果たしては2分の休憩をする、すぐに壊れる、メンテ会社にも判断できないエラーをする…。コピー機に八つ当たりしても仕方がないのに。 わかるなぁ。コピー機にもその機械なりの癖があって、詰まったら叩けば何とかなるみたいなところがあるからそれなりにうまく付き合っていくしかない。それでも機械にはたまにポンコツが存在するし、電化製品は運もある。スマホやパソコンなんて…

  • 『ウォーターダンサー』タナハシ・コーツ|未だなお続く差別問題

    『ウォーターダンサー』タナハシ・コーツ 上岡伸雄/訳 新潮クレスト・ブックス 2021.10.31読了 美しい装丁である。そしてタイトルもまた美しい。だけど、この美しい本の中に書かれているのは、自由を奪われたアメリカ南部の奴隷制度のことだ。現代でもなお社会問題として切り離せない人種差別をテーマとした心をえぐるストーリーだ。 白人で農園主の父と黒人奴隷の母を親に持つハイラムは、兄メイナードに仕える者として暮らす。ハイラムには、物事を絵画のように記憶できるという特殊な能力があり、それを見込まれて教育を受けることになる。 奴隷の逃亡を助けるネットワーク「地下鉄道」の話であることは知っていたが、ストー…

  • 『夜が明ける』西加奈子|「助けてください」と言える、言わせる社会に

    『夜が明ける』西加奈子 ★★ 新潮社 2021.10.28読了 圧倒的なパワーがある。西さんの文章は誰でも読みやすくてすらすら頁が進むのに、魂がこもっていて重たい。この小説の主人公とその友人がたどる道は正直つらい。読んでいて結構苦しかったのだけれど、最後は心が洗われて少しの希望が生まれる。この作品、何かの文学賞を取るんじゃないかと思う。 西加奈子さんは、思春期の男子の心情を描くのが本当に上手い。言葉遣い、男同士の友情、性への目覚め。そもそもこんな過酷な生活環境で育ったわけけではないのに、どうしてこんな気持ちがわかるのだろう?どうしてこんなにリアルで、まるで現実に起きているかのように感じるのだろ…

  • 『ワインズバーグ、オハイオ』シャーウッド・アンダーソン|ある街での人々のいとなみ

    『ワインズバーグ、オハイオ』シャーウッド・アンダーソン 上岡伸雄/訳 新潮文庫 2021.10.25読了 前から読みたかった小説である。期待していた通り、なかなか好みの作品であった。大切に、じっくりと、耳を澄ませて、街並みと人物を想像しながらゆっくりと読み耽った。 オハイオ州にあるワインズバーグという架空の街を舞台としたそこに住む人々の群像劇である。地元の若手新聞記者ジョージ・ウィラードは、この街に住むちょっと変わった人々に耳を傾ける。20を超える短編が積み重なる連作になっているが、ウィラードがほとんどに登場することで一貫性が生まれている。 訳者の上岡さんは「グロテスク」な人々を「いびつな」人…

  • 『作家は時代の神経である コロナ禍のクロニクル2020→2021』髙村薫|コロナ禍でみえたもの

    『作家は時代の神経である コロナ禍のクロニクル2020→2021』髙村薫 毎日新聞出版 2021.10.23読了 新型コロナウィルスの新規感染者が急激に減り、このまま第6波も来ないで完全に収束して欲しい。国民の誰もがそう期待し、私たちの生活は実際にコロナ禍以前の日常に少しづつ戻りつつある。 この本は、『サンデー毎日』の時評欄に2020年3月から2021年5月まで連載されていた髙村薫さんのコラムを1冊にまとめたものである。毎週書かれた時評をまとめて読むことで、日本のたどった過程がわかる。 こういった本を出す小説家は稀である。私は髙村薫さんのことを尊敬しており、彼女が書く作品を愛読しているが、小説…

  • 『自転車泥棒』呉明益|心を込めて修理し、大切に使われるモノ

    『自転車泥棒』呉明益 天野健太郎/訳 文春文庫 2021.10.21読了 台湾の情景を想像すると、なぜか懐かしく感じる。一度しか行ったことがないのに何故「懐かしさ」を感じるのだろうか。おそらく過去に台湾を舞台にした小説を読みそう感じたのだろう。台湾の歴史には「日本時代」が存在し身近であること、そして実際に田舎ののどかな土地が舞台になっている作品が多いから懐かしく感じるのかもしれない。 呉明益さんの小説は少し前に『複眼人』を読んだのだが、読みやすさからいえばこの『自転車泥棒』のほうが圧倒的であり、かつとてもおもしろく読めた。『複眼人』がファンタジー・SF丸出しで「未来を想像する」のに対して、この…

  • 『リトル・シスター』レイモンド・チャンドラー|マーロウ、余裕がないぞ|突然の山本文緒さんの訃報

    『リトル・シスター』レイモンド・チャンドラー 村上春樹/訳 ハヤカワ文庫 2021.10.18読了 雑誌『BRUTUS』とても売れているみたい。それもそのはず、村上春樹さんの特集が組まれているから。やっぱり彼の人気は改めてものすごい。村上主義者(本人はハルキストよりこっちのほうがいいらしい)まではいかないけれど、私も彼が作る物語世界に惹かれるし何より文体が好きだ。 最近村上さんの本を読んでいないなと、ふと思ったが特に新刊も出ないし、、では翻訳家村上春樹のものを読もうかと、チャンドラーさんのこの作品を読んだ。訳者といえども訳し方や言葉の選び方によって、その人なりの癖みたいなものが確実にあって、村…

  • 『さよなら、ニルヴァーナ』窪美澄|人間の中身を見たい

    『さよなら、ニルヴァーナ』窪美澄 文春文庫 2021.10.16読了 衝撃を受けた事件といえば、私の中ではオウム真理教による地下鉄サリン事件、4人の幼児・幼女を誘拐し殺人した宮崎勤事件、そして、神戸児童連続殺傷事件である。子供を殺し首を小学校の門に置いた自称酒鬼薔薇聖斗(さかきばらせいと)。衝撃だったのは、加害者がまだ14歳という中学生だったこと。子供なのにあのような残忍なことができるなんてと、同じくまだ子供だった私も恐怖に慄いた。 少年法に守られ、加害者の名前や住所だけでなく処遇についても明らかにされないことから、少年法の意義や問題点がたびたび論点になった。私が大学で法学部を選び、「犯罪心理…

  • 『狭き門』ジッド|宗教的信念を貫くアリサ

    『狭き門』アンドレ・ジッド 中条省平・中条志穂/訳 光文社古典新訳文庫 2021.10.14読了 聖書・マタイによる福音書七章抜粋 狭き門より入れ、滅びにいたる門は大きく、その路は広く、これより入る者おほし。生命にいたる門は狭く、その路は細く、これを見出す者すくなし。 この小説の『狭き門』というタイトルは、聖書の中のこの一節からきている。大きく門戸が開いた路には入りやすいが滅びの運命がある。救いがある狭い路に入るのは困難であるという意である。 こんな恋愛小説はまぁ読んだことがない。ジェロームは従姉妹である2歳年上のアリサと相思相愛になる。周りからみても、そしてお互い愛し合っているのにもかかわら…

  • 『長い一日』滝口悠生|断片的な知識やエピソードが息づいている

    『長い一日』滝口悠生 ★ 講談社 2021.10.12読了 これは私小説になるのだろうか。日記のようなエッセイのような。語り手が個人事業主、青山七恵さんや柴崎友香さんが登場、極め付けは滝口さんと呼ばれている箇所を読んだこと。いや、これはもう滝口悠生さん本人が主人公の話なんだ。8年間住んでいた家から新しい住まいに移る話を軸として日常のことが書かれている。滝口さんの周りにいる人(窓目くんなど)も含めて、知り合いになったかのような気分になった。 青山七恵さんが紹介したという、画家の不染鉄(ふせんてつ)さんの回顧展が出てくる。さっそくググってみるとなんとも味わいのある画を描く人だ。また、しわ犬と呼んで…

  • 『狼王ロボ シートン動物記』シートン|動物たちも感情豊かに生き抜くのだ

    『狼王ロボ シートン動物記』シートン 藤原英司/訳 集英社文庫 2021.10.10読了 子供の頃に夢中になって読んだ『シートン動物記』と『ファーブル昆虫記』。全巻揃えたのか図書館で借りて読んだのかは覚えていないけれど、動物や昆虫など生き物について学ぶのにとても役に立ったことは確かだし、何よりも本を読む楽しさを教わった。多くの話を読んだはずなのに、狼王ロボと熊の話しか記憶にない。それだけ印象深かったのだがストーリーが曖昧である。急に、無性に読みたくなってしまった。 『狼王ロボ』 アメリカ・ニューメキシコ州のコランポーに1頭の灰色狼がいた。牛や羊をくい散らかし、人間の罠も見事にかわす、頭の良い巨…

  • 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼|話題作は気になりますね

    『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 講談社文庫 2021.10.9読了 単行本が刊行された2年前、かなり話題になっていたのも知っていたが、私は読まないだろうと思っていた。美少女チックな表紙のイラスト、城塚翡翠(じょうづかひすい)なんていうキラキラネームのような名前の主人公、私には合わないだろうなと感じていたのだ。 売れるにはそれなりの理由があるのだろうし、また「読まず嫌い」は良くないと感じ、文庫化されたタイミングで「えい!」と買った。霊媒探偵自体が胡散臭く「犯人が見えました」なんていう結論も本格ミステリじゃないよな〜と思いつつも、霊的な存在自体は嫌いじゃないし京極堂シリーズも鬼太郎も大…

  • 『ソラリス』スタニスワフ・レム|3つの問題意識を読み解けるか

    『ソラリス』スタニスワフ・レム 沼野充義/訳 ハヤカワ文庫 2021.10.6読了 今年はポーランドの作家スタニスワフ・レムの生誕100年になるという。先月、国書刊行会から『インヴィンシブル 』が新訳で単行本として刊行され、かなり売れているというから、日本でも人気があるということが頷ける。 惑星ソラリスの謎は深まるばかり。ソラリスを観察するステーションに降り立ったケルヴィンは、異様な雰囲気に戸惑う。先陣として到着していた学者たちの様子もどこかおかしい。一体何が起きているのかー。 地球以外の惑星への接触(コンタクト)をめぐるSF小説であるが、今までに読んだことがない類の作品であった。SFといえば…

  • 『ミシンの見る夢』ビアンカ・ピッツォルノ|手に職をつけること

    『ミシンの見る夢』ビアンカ・ピッツォルノ 中山エツコ/訳 河出書房新社 2021.10.4読了 手に職をつけること。いくら時代が変わって、工場生産やAIでほとんどのものがまかなえるとしても、最後は人の手による細かな技術と知恵が必要である。これだけは未来永劫変わらないと思う。この作品は「お針子」、つまり「縫製」という技術を身につけた、イタリアのある女性の生涯を描いたストーリーである。 完全にこの装丁に目を奪われてしまった。こんなにも手に取りたい意欲をくすぐる表紙は滅多にない。特に女性にとっては。小説自体もイタリアの国民的作家のベストセラーとあり、読んでみたらとてもおもしろく、物語を読む醍醐味が感…

  • 『旅する練習』乗代雄介|好きなものと一緒に生きる

    『旅する練習』乗代雄介 講談社 2021.10.1読了 中学受験を終えた亜美と、小説家の叔父さん(作品の中で語り手のわたし)は、コロナ禍の中ではあるが旅に出る。それも、千葉から利根川沿いを歩き、埼玉の鹿島アントラーズの本拠地スタジアムに向かうというもの。 今でこそオリンピックなどの国際大会では女子サッカーやソフトボールという種目は違和感なくある。元々男子しかやらないスポーツだったのに、いつの間にか女子にも広がり、誰でも楽しめる。私が小中学生の頃なんて、ソフトボールは(若干だけど)あっても、女子サッカー部なんてなかったもんなぁ。そう、亜美はサッカーをやっているのだ。 旅の目的はカシマスタジアムに…

カテゴリー一覧
商用