プロフィールPROFILE

斉藤 単己さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自燈明・法燈明
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/jitou_houtou
ブログ紹介文
日蓮をきっかけとして仏教への考察。またこの世界への考察についての「備忘録」として、このブログで自分の思考内容をまとめてみたいと思います。
更新頻度(1年)

3回 / 3日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/11/04

斉藤 単己さんのプロフィール
読者になる

斉藤 単己さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,589サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,264サイト
人文・社会科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 142サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,198サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,095サイト
東洋思想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 58,486位 61,213位 61,304位 69,461位 69,612位 85,898位 圏外 977,589サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 149位 157位 154位 182位 186位 230位 圏外 2,264サイト
人文・社会科学 4位 5位 5位 5位 6位 9位 圏外 142サイト
歴史ブログ 302位 314位 310位 356位 364位 420位 圏外 4,198サイト
考古学・原始・古墳時代 23位 23位 22位 29位 29位 34位 圏外 210サイト
哲学・思想ブログ 944位 995位 1,003位 1,221位 1,256位 1,487位 圏外 13,095サイト
東洋思想 6位 6位 6位 6位 6位 11位 圏外 125サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,589サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 20 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
科学ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,264サイト
人文・社会科学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 142サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,198サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 210サイト
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,095サイト
東洋思想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 125サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、斉藤 単己さんの読者になりませんか?

ハンドル名
斉藤 単己さん
ブログタイトル
自燈明・法燈明
更新頻度
3回 / 3日(平均7.0回/週)
読者になる
自燈明・法燈明

斉藤 単己さんの新着記事

1件〜30件

  • 日蓮は末法久遠の本仏か

    末法の御本仏・日蓮大聖人。日蓮系の宗派や宗教団体のうち、日蓮正宗大石寺の系統の人達は、日蓮は仏教の開祖の釈迦をも凌ぐ、久遠の本仏だと信じています。少し専門的な事をいうと、釈迦は日蓮の「迹仏(仮の仏)」であって、釈迦とはいえ、その本体は日蓮であり釈迦はその影の様な仏だと言うのです。物凄く単純に言えば、これが「日蓮本仏論」と呼ばれているものです。しかしこれって、本当に日蓮はそんな事を主張していたんでしょうか。同じ日蓮系の宗派でも、身延山を中心とした処では、日蓮の立ち位置は「上行菩薩」という、法華経従地涌出品で登場する六万恒河沙という地涌の菩薩の上首の再誕だと考えています。同じ日蓮門下から始まった宗派であるにも関わらず、どうしてこうも違ってしまったのでしょう。私も某巨大宗教団体で活動を始めた頃、日蓮の本地(本当の姿)...日蓮は末法久遠の本仏か

  • 日蓮について

    「法華経の行者をば梵釈左右に侍り日月前後を照し給ふ、かかる日蓮を用いぬるともあしくうやまはば国亡ぶべし」(種種御振舞御書)日蓮仏法を語る人達であれば、この日蓮の言葉を知らない人はいないと思います。しかしながら、ここで日蓮が何故、この様な言葉を書いたのか、その真意を理解している人というのは、以外と少ないのではないでしょうか。「日蓮大聖人と呼びなさい。単に”日蓮”なんて呼ぶ事は、不敬の極みである」「末法の御本仏の真意を知らない増上慢め」ネットで日蓮系の宗教団体の人達は、この日蓮の言葉を解釈し、日蓮の事を人間として見て、その思想の本質を探ろうとする人達を、この様な言葉で愚弄するところを、私は多く見てきました。そもそも「日蓮を用いぬるともあしくうやまはば」とは、どういった言葉なのでしょうか。これは単純の名前の呼称に「尊...日蓮について

  • 「宗教」に関して思う事

    さてこのブログに興味を持つ人、見て頂いている人の中には、何かしら宗教団体に所属している人も多い事でしょう。かくいう私も日蓮系の某巨大宗教団体に所属していましたし、一時期はその宗教団体の活動にエラく没頭した時期もありました。その宗教団体では「人間主義」を標榜し、「世界平和」を詠い、「永遠の幸福境涯の確立」なんていう事を主張していて、自分たちが信じる教えが「絶対正義」であるという事を主張していました。若い頃の私は、その言葉に共感を憶え、自分たちの宗教団体の組織が拡大し、そこで自分たちの教えが人々の間に広がり拡大する事で、本当にこの世界は平和になり、人々の中には幸せが拡大すると、真面目に信じていました。だから宗教活動を始めた頃には、その教えを学び、実践し、実際に様々な宗教体験(その団体では信仰体験と呼んでいましたが)...「宗教」に関して思う事

カテゴリー一覧
商用