searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

管理人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
天釣会 ヘラブナ釣り愛好会
ブログURL
https://tenchoukai.muragon.com/
ブログ紹介文
京都府久御山のヘラブナ専用釣り池「淀の釣天狗」を中心に釣りを楽しむ自称釣り迷人の天狗達の会です
更新頻度(1年)

364回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2018/08/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、管理人さんをフォローしませんか?

ハンドル名
管理人さん
ブログタイトル
天釣会 ヘラブナ釣り愛好会
更新頻度
364回 / 365日(平均7.0回/週)
フォロー
天釣会 ヘラブナ釣り愛好会

管理人さんの新着記事

1件〜30件

  •  西池 釣行記 9月23日(木) 秋分の日

     本日は堺市東区にあるヘラ釣り西池に行ってきました。しかしいつもと初めての池に行きますと少し緊張をします。やはり自分の釣り方に合っているのかいないのか、池の雰囲気も含めまして違った楽しみ方があります。池によって尺数の違いやヘラブナの平均サイズの違いなどと、それこそ色々と楽し...

  •  ヘラブナ釣り ヒロキューのヘラ餌 新発売

     今年の7月末で達人シリーズの餌が販売を終了してしまいましたが、それと入れ替わるように新しいヘラ餌が出ていました。私の周りにはまだ取り扱いされていないのですが、全国のヘラブナ釣具専門店で早いところでは約2ヶ月ほど前から取り扱いが開始されている様子です。  種類そのものはまだ...

  •  清風池 釣行記 9月20日(木) 敬老の日

     敬老の日に清風池に行ってきました。とっても盛況で多数の釣り人が竿を曲げていました。自分の行動を棚に上げてしまいますが、緊急事態宣言中だということを忘れてしまいそうです。  来月には清風池としては今年最後の大会となります。事前調査にはまだ早いので先にポイントを決めないで、ど...

  •  ヘラブナ釣り 9月20日(月)敬老の日に思う

     気がつくと敬老の日を祝ってもらう歳となっていますが、自分ではまだまだ青春まっただ中・・・とは欲張りでしょうか。昔テレビコマーシャルでいっていたように髪は長い友達のはずです。それにも拘わらず自分勝手に髪の毛は三行半を突きつけて去って行くのです。何をしようが留まってくれないの...

  •  淀の釣り天狗池 釣行記 9月19日(日)

     今日もいつもの釣り天狗池です。台風一過の良い天気になりました。  慣れている池はなんと気楽なんでしょう。空気感も違って感じてしまいます。このところダンゴ系の餌で釣っていましたので、やはりうどん池で両うどんのカチッとした当たりを合わせるのはとても気持ちが良いですが、団子釣り...

  •  ヘラブナ釣り 30秒で開く餌

     両うどんの底釣りをしている限りたいした苦労もする必要がないのですが、団子餌に至っては試行錯誤の繰り返しです。釣れるときは苦労することなくポンポンと快調に釣れるのですが、当たりが出ないとなると全く当たりが出なくなってしまいます。そんな時はいったいどうすれば良いのでしょう。 ...

  •  ヘラブナ釣り 水温と風の関係

     単純な話として南風が吹くと水温が上がり、北風が吹くと水温が下がります。では水温が上がると釣れるのか。反対に水温が下がると釣れないのかですが、どうもそうとばかりいえないような気がしています。  ただもう少し単純な話として風が吹くと波立ちますので、水中の溶解酸素量は増えるわけ...

  •  ヘラブナ釣り ヘラブナは餌で寄せられるのか

     ヘラブナ釣りで根本的なところからの疑問のお話です。餌を打ち返すことでヘラブナはポイントに寄せることが出来るのかどうかです。  今まで如何に寄せて釣り上げるかを腐心していました。何度も何度も打ち返すことで必然的にヘラブナが寄ってきて、その中から食い気のあるヘラブナだけを釣り...

  •  ヘラブナ釣り 餌の思い込み的解釈

     ヘラブナは目が悪い事になっています。目より臭覚と側線による振動などの察知や聴覚的感覚が発達しています。そのために濁り水の中でも餌が取れる事になっているはずですが、もっと濁っている水中にする魚類ではヒゲなどのセンサーを備えていて、それこそ目などは全く必要のない状態にまで触角...

  •  ヘラブナ釣り 団子餌の性質を変える

     ヘラブナ釣りでは団子系の餌を使われることが主流だと思います。私のように両うどんの底釣りをしている者は希少生物かそれとも生きた化石的存在かも知れません。ただうどんでの釣りをこよなく愛する者にとっては、うどん池が減少していることは嘆かわしくもあるのですが、だったら自由池でもう...

  •  ヘラブナ釣り ヘラブナの脳を読み解く

     ヘラブナの心理なんてわかるわけがありません。同じ人間同士であっても全く理解し合えないのですからね。そうそう一番身近な夫婦間ですら心理なんて読み取ることは出来ないのですから、ヘラブナの心理なんてものはわかった気になるかどうかだけでしょう。  そんな解りもしない心理を探ろうと...

  •  ヘラ竿を磯竿に持ち替えて いつもの海へ

     今回もいつもの海にやってきました。まだ明るい時間に到着して仕掛を作って釣り準備です。やや薄暗くなる時間帯のいわゆる夕まずめから夜釣りとなります。  その昔は毎週のように海まで出かけていました。それこそ夜に出発してまだくらい午前2時や3時から磯に渡してもらい、朝8時には納竿...

  •  第26回ダイワへらマスターズ2021開催

     私自身トーナメントには興味を持っていませんので大会については無頓着なのですが、多分知る限りではダイワだけが今年の大会を開催すると思いますので、その情報を取り上げたいと思います。また協議内容やルールについても載せておきますので興味のある方はご覧下さい。  今年はコロナ禍でも...

  •  ヘラブナ釣り 沖打ちの底釣り

     私の釣り方の基本がこの沖打ちの底釣りです。餌は両うどんが中心ですが池によっては団子餌やグルテン餌を使います。  釣り場で見かける釣り方としては11尺までの比較的短い竿が多く見かけます。確かに9尺前後の竿がとても釣りやすいのですが、釣り味は短くなればなるほど良くないと感じま...

  •  天釣会お知らせ 10月3日(日) 44回大会 清風池釣り座

     天釣会の第44回大会釣り座です。  この度は急遽天狗池から清風池に変更となってしまいましたが、天狗池を予定していた皆さんには大変申し訳ありませんでした。合議制を取ってしまったことを反省していますが、今後天候不順など特別な事がない限り年間開催予定を変更することなく、皆さんの...

  •  ヘラブナ釣り 見たこともない餌で釣れる不思議

     ヘラブナ釣り用の餌は多数用意されています。それこそ釣り具店に行くと餌選びにマ迷って仕方ないのですが、それらのどれ1つとして自然界に存在しない成分です。養殖魚だとしてもそれは同じなのですが、それ以上に同じ池の中で産まれたヘラブナでも釣り餌で釣れてくる不思議を感じたことはない...

  •  ヘラブナ釣り ヘラ餌の達人シリーズ販売終了

     ヘラブナ釣り用の餌としては数社から出ているのですが、マルキューのフィールドテスターをされていた杉山氏がマルキューサイトから消え、暫くすると新ブランドとして立ち上がった達人シリーズの代表?として登場されていました。   その時の様子がこのYouTubeです。 注目の新へら餌...

  •  天釣会 2021年度 年間成績中間発表 1月~9月

     今年も月日は早く進み既に9月大会が終了いたしました。なんとなく今年の夏は例年より涼しかったと思うのですが、そんな中でも私は脱水症に陥り辛い日々を過ごしてしまいました。これから少しずつですが日に日に過ごしやすい季節となりますので、益々楽しいヘラブナ釣りライフを過ごせるのでは...

  •  第43回天釣会 釣り大会 清風池 9月5日(日)

     昨日は仏滅でしたが今日は大安の日曜日です。環境の良い滋賀県の清風池で先月に引き続いての大会となりますが誰の頭上に栄冠が輝くでしょう。しかし昨日の豪雨が嘘のように晴れ渡りました。  今年の清風池での大会は今月が最終ま予定で次に大会を開催するのは翌春の3月になるはずでしたが、...

  •  清風池 釣行記 9月4日(土) 雨のち晴のち豪雨

     今日は滋賀にある雨の清風池にやってきました。到着は8時半頃でしたが流石に釣り人は先着1人だけでした。最終的に私を入れて4人ですが池主の奥さんも参加して5人となりました。  先月の第一日曜に清風池で大会をしたのですが納得出来る餌作りまでは行き着いていませんので、今回も色々と...

  •  ヘラブナ釣り 獅子吼の動画がアップされました

     先ずは普天元 獅子吼の動画を見ていただきましょう。 一竿風月 番外編「獅子吼でなければならない理由」  シマノのテスターである岡田清氏によるデモンストレーションですが、どのような感想を持たれましたでしょうか。動画再生後1分50秒を過ぎた当たりで1枚目を釣り上げられています...

  •  ヘラブナ釣り ファッションから見る暑さ対策

     ヘラブナ釣り師の平均年齢は相当上ですから格好なんて全く構っていないというのが結論です。ってことになると話は進まないのですが、ここまで夏の暑さがまたまた戻ってきてきていますのでそれについてとりあげたいとおもいますが。  ただ昔ながらの感覚でいうと汚れても良い釣りスタイルが主...

  •  ヘラブナ釣り なじみ巾で当たりを待つ

     ヘラブナ釣りで当たりを待つのは至極当然のことですが、私自身でも色々と迷いがあって何時打ち返せば良いのか、どの当たりを取れば良いのかなどの迷いがありますが、人の釣り姿を見ていますと実に不思議なことがあります。  先ずはどんな釣り方でも良いのですが、取り敢えずは底釣りに限定し...

  •  ヘラブナ釣り 食い上げ当たり、その時

     ヘラブナ釣りではとても小さな当たりを取っていることが多々あります。他の魚に比べると当たりが小さいと感じるのですが、もう50年以上昔の話ですが乗っ込み期のヘラブナの当たりを覚えているのですが、葦の中を釣っているイメージですが浮き下がとても浅く、浮きがしっかりと馴染んだ後に出...

  •  ヘラブナ釣り 1本針禁止の理屈

     過激な内容となっています。内容的にも問題があるとは思っていますが、個人的感覚でしかありませんので先にお詫びしておきます。  また話に入る前に結論からいうなれば段差の釣りは成立すると思っています。だったらなにも話題にする必要もないのですが、極々普通に考えてみるとどうなんだろ...

  •  淀の釣り天狗池 釣行記 8月29日(日)

     翌週に控えた釣り大会に備えて天長会の皆さんは清風池に試し釣りへ行かれました。私は朝に用事がありそれから清風池まで走るのは時間が掛かりますので、9時を過ぎてからですが近場の天狗池へとやって参りました。  長年通い慣れた釣り天狗ですから空いている場所であれば気にせず入るのです...

  •  ヘラブナ釣り プロ用・競技用餌はホント?

     ヘラブナ釣りではメーカー主催のメジャー大会が開催されるのは有名なところですが、各クラブでも独自に大会を開催されていると思います。私もご多分に漏れず天釣会なる大会専門組織に所属していますが、ノンビリと釣りを楽しむような釣り方も重々承知しているつもりですが、競い合って勝つ喜び...

  •  シマノよりヘラ竿 朱紋峰 鉾(しゅもんほう ほこ) 新発売

     シマノより2021年9月に朱紋峰 鉾(しゅもんほう ほこ)が新発売されます。  コマーシャルメッセージとしては次のように書かれています。 誘い、喰わせ、取り込む。力強い胴寄り本調子に操作性を求めた、攻めの新機軸「朱紋峰 鉾」。 そして「操作の利く本調子へら竿、それが『朱紋...

  •  ヘラブナ釣り クーラーボックスのお話

     夏場には冷たい飲み物が欠かせないのですが、ポット程度では量が少なく何度も自販機で購入するのも高く付いてしまいます。そこでクーラーボックスが必要となるのですが、案外釣り場にクーラーボックスを持ち込んでいる筆は少なく、皆さんどうしているんだろうと思うのです。私自身脱水症に陥っ...

  •  ヘラブナ釣り 合わせの論理

     魚釣りで当たりが出ると合わせます。これは釣りをしているものにとっては当たり前のことですが、初心者や釣りなど経験した事のない人に合わせろ!といっても何のことかわかりません。竿を立てないと!といったところで???と疑問なだけで、やっと上げたかと思ってもそーっと立てている程度で...

カテゴリー一覧
商用