searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

女ひとり、歳をとる。さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
女ひとり、歳をとる。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/mona1112
ブログ紹介文
お金なしの60代、犬2匹と同居中。
ブログ村参加
2018/01/18
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、女ひとり、歳をとる。さんをフォローしませんか?

ハンドル名
女ひとり、歳をとる。さん
ブログタイトル
女ひとり、歳をとる。
フォロー
女ひとり、歳をとる。

女ひとり、歳をとる。さんの新着記事

1件〜30件

  • プレゼント考。

    おととい、従姉妹たちとその夫たちの食事会に呼ばれました。従妹の家で手料理の食事会です。わたしの誕生月というので、従姉妹たちからはプレゼントをもらいました。わたしも従姉妹たちにちょっとしたもの、夫たちには日本酒を持っていきました。わたしのは食事に呼ばれたので手土産的なもので、全部消耗品なので使えばなくなっていくものです。従姉妹たちからのプレゼントは、手袋と靴下でした。家のチェストの中は、手袋も靴下もぎっしりです。でも、わたしへの心遣いは本当にありがたく思います。数年前わたしは親しい友人たちに、誕生日のプレゼントはやめてほしいと頼みました。いただくのは小物類がほとんどで、自分の好みにぴったりというわけにはいきません。もうずいぶん歳なのだから、自分の好きな物に囲まれて過ごしたい。友人たちには、誕生日には一緒に食事をし...プレゼント考。

  • 冷えた日。

    きょうは、Kちゃんと北千住の『ビリヤニ食堂』に行ってきました。11:30開店、わたしたちが着いたのが11:40ごろ。10席ほどの店内は満席で、順番待ちのリスト表に名前と電話番号を記入。「席が空きましたらお電話します」「だいたい30分ぐらいですか」「それは分からないです」順番待ちのリスト表の注意書きには、電話に出なかったときはキャンセル扱いになります、と書いてあったので、スマホを握りしめて、北風の吹く街をブラブラすることにしました。まだか、まだかと、スマホを見つめながら待つこと1時間、握ったスマホが震えました。「pakuさんですか。お席ができましたのでご来店ください」店内は古い住宅を小さな食堂にしてあって、テーブル席6名、カウンター席4名ありましたが、コロナの影響なのか、満席にはしてありませんでした。待たずに食べ...冷えた日。

  • かわいい認知症になれるでしょうか。

    先週『フォーリング50年間の思い出』を観ました。ウィルスは認知症になって、田舎の農場のひとり暮らしはできないと、息子のジョンと娘のサラの家の近くの施設探しのために、ジョンとジョンの家族の住む家に向かっていました。途中、飛行機の中では訳が分からなくなって大声を出したり、トイレの出入り方が分からずにと騒ぎを起こします。やっと着いたと思ったら、機内に忘れ物をしたとウイルス。忘れ物を持って戻ったジョン、でも、ウィルスの姿はありませんでした。どうにか自宅で合流できましたが、そこからは執拗と思えるウィルスの言葉の攻撃が始まりました。認知症だからなのか、元々の性格なのか・・・。50年前のウィルス一家の様子が、現在のジョン一家の様子と交互に現れます。若いころのウィルスは妻や子供たちにはやさしくありませんでした。ジョンの誕生日会...かわいい認知症になれるでしょうか。

  • 思い出回路の活性化。

    きょうは2年ぶりに友人たちと会いました。いつもなら1年に2、3回一緒にランチしていましたが、コロナ禍でなかなかタイミングが合いませんでした。友人たちは一番最初に勤めた会社の同期です。その同期会は7、8年前までなんとなく続いていましたが、ここ数年は沿線が同じ3人で会うようになりました。21、22歳のころ、海やスキーや飲み会、その他の催しで、いつもワイワイガヤガヤと一緒に行動していました。わたしとNさんのそのころの記憶は曖昧ですが、記憶力のいいFちゃんのおかげで、思い出が次々によみがえってきました。「〇〇さんと△△さんが廊下ですれ違ったとき、ふたりが目で挨拶するのを見たんだ。ふたりは他の人には分からないと思ってたと思うけど、社内恋愛って分かっちゃうよね」「うちの課の◇◇さんが△△さんと付き合ってて、結婚のことを親に...思い出回路の活性化。

  • 老化の年ごろ。

    先日、出かけたついでに従兄の家に寄ってきました。伯母が施設に入っていたときは1ヶ月に1度、従兄の車に同乗させてもらい、施設に着く前に昼食をしながらお互いの近況報告などしていましたが、去年からのコロナ禍で伯母との面会はできなくなりました。そして今年の2月に伯母が亡くなると、従兄からの電話は減り、わたしも特に用もないので連絡をしていませんでした。近くに来たから寄りたいと、突然電話をすると、おいで、おいでの返事。お土産を渡して家に上がると、片付けが得意ではない従兄嫁、台所も居間も散らかりっぱなし。ま、わたしも人のことは言えないけれど・・・。従兄夫婦の住まいは4階建ての3・4階、1階と2階はアパートになっています。4階には独身の息子が2人、その衣食住のほとんどが親がかり。従兄は腰が悪く手術をしましたが、リハビリはせず、...老化の年ごろ。

  • しあわせな胃袋。

    おとといはわたしの誕生日の食事会でした。以前から行きたかった横浜の中華街にある『南粤美食』へ出かけました。テレビ東京の孤独のグルメで登場した広東料理のお店です。番組で観た料理はどれもこれもおいしそうで、これは絶対に食べなくてはならないと強く思いました。ただ、店内は狭く行列は必至、少なくとも1時間は並びそう💦予約は4人からのコース料理のみを受け付けていて、5,000円、8,000円、10,000円、20,000円となっています。わたしのために高いお金を使わせるのが心苦しい・・・。でも、一緒に行くMちゃん、Kちゃん、Yちゃんは、並ぶのはイヤだからコース料理にしようと言ってくれました。開店10分前にお店に行くと、すでに50人ほどが並んでいました。いゃ~、びっくり、予約しておいてよかった。初めはクラゲ、キュウリ、チャー...しあわせな胃袋。

  • ご恩は忘れません。

    おとといはEちゃんと銀座で会う約束でした。その前の日は遅くまでネットでいろいろと調べていたので、ついつい、寝る時間が遅くなりました。翌日は時間ギリギリの朝寝坊💦慌てて支度をして、Eちゃんに渡す物は?、PASMOは?、お財布は?、ハンカチは?、食後の薬は?・・・と頭で確認しながら、持ち物を再チェック、よし!と思って家を出ると、駅へ向かうバスもちょうど来たところ、ラッキー!きょうは運がいいよ~、と満員のバスの最後に乗り込みました。ドアが閉まってバスは動き出し、そのとき、「あっ、マスク忘れた!!!」と思うより先に口走りました。急いでハンカチをバッグの中で探してゴソゴソ。するとわたしの横にいた中年の女性が、「よかったらこれ使って」と自分のマスクケースから1枚を取り出して渡してくれました。「ありがとうございます」そのとき...ご恩は忘れません。

  • 次の季節へ。

    11月になりました。ヒマだヒマだと言っているうちに、時間がどんどん過ぎてます。8年前に買った水仙がずっと植えっぱなしでした。去年からは花が咲かなくなって、今年の春に球根を彫り上げて、そのまま放っていたら、あ~ら、芽が出始めてる💦慌ててきのう植えつけました。狭いプランターの中でも球根は増えていて、きっとギュウギュウだったのでしょう。たくさん球根ができていました。ふたつのプランターに分けて植え、そこに入らないものは、あした会うEちゃんに渡そうと思って、小さなプランターに植えました。ハロウィンが終わったばかりで、クリスマスはちょっと気が早いかな・・・。でも、玄関にリースを飾りました。ためてあったリボンと100均のクリスマス用品でおととし作った簡素なものです。それでもなんだか、ほっこりとうれしくなります。去年は飾らなか...次の季節へ。

  • 大きな満足感。

    あるYouTubeでとてもよいと紹介されていた『最後の決闘裁判』を観てきました。そのYouTubeは中年男性2人が掛け合いながら、映画の紹介をしています。(おじさんといっても、ふたりともわたしより年下です)『ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、突っ込みどころ満載で紹介をしていました。いくつかほかの映画紹介のYouTubeも見ましたが、とても評価が高くて、わたしが感じたものとはずいぶん違っていましたが、おじさん2人の『シネマサロン映画業界ヒットの裏側』を見たら、そうそう、そうそうと頷くことばかりで、わたしの中のモヤモヤしたものがスーッと消えていき、これで『ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観終えた気持ちになりました。そして、そのおじさんたちが推している『最後の決闘裁判』なら観よう!と出かけて行きました。1386年、フランス...大きな満足感。

  • けいこちゃんのしあわせ。

    Eちゃんから横浜のイングリッシュガーデンに誘われました。園内はハロウィン風になっているらしいのです。ハロウィンの飾りつけを見て秋を感じてこようと出かけてきました。ハロウィンが日本に入ってきたころ、わたしはもうすっかり大人。わたしの周りには、子供たちや、ハロウィン好きな若者もいませんでしたから、きのうはハロウィン初体験でした。クリスマスは小さなころからあったような気がします。でも、家が商売をしていたので、家族でクリスマスパーティはしなかったです。近くのパン屋さんで、お菓子の入ったクリスマスブーツを買ってもらいました。社会人になってからは会社のパーティ、友人たちとの会食で、家族で過ごすことはありませんでした。そして、今はクリスマスイルミネーションを見て、食事をするぐらいです。結婚をして家族ができていれば、もう少しア...けいこちゃんのしあわせ。

  • 挨拶する人、しない人。

    少し前、朝の犬散歩から帰ってマンションのエレベーターを待っていました。エレベーターのドアが開くと、3人の小学生が降りてきたので、「おはようございます!」と言うと、「・・・」「・・・」「・・・」わたしと犬たちの存在をまるで感じないかのように、3人とも通り過ぎていきました。えっ・・・、と思ったものの、きっと、あの子の親たちも、こんなとき挨拶をしていないのだろうと、熱くなりそうな心に言い聞かせました。そして、その日の夜7時ごろ、夜の犬散歩へ出かけるとき、エレベーターホールで勤め帰りの女性に出会いました。「こんばんは!」「・・・」年齢はちょうど朝の小学生の親世代。う~ん・・・、なんだかね・・・。道で見知らぬ人とすれ違ったんじゃないですよ。同じマンションに住んで、顔を合わすことだってよくあることでしょ。以前からこのマンシ...挨拶する人、しない人。

  • 『イマドキの野生生物』

    きょう、東京都写真美術館で開催されている宮崎学さんの、『イマドキの野生生物』展に出かけてきました。宮崎さんは永年にわたって野生生物の写真を撮り続けています。先日、NHKの日曜美術館の再放送で、宮崎さんの最近の活動を見ました。そんな折、同じ番組を見ていたMちゃんから写真展へ誘われたので、ランチ付きならOKと返事しました。30年ほど前には、宮崎さんの写真展や講演会に何回か行っていました。宮崎さんの野生生物に対する情熱はすごくて、あるときの写真展の懇親会でイナゴの佃煮が出されたときは、びっくりもしましたが、納得する気持ちも強かったです。全ての自然をありのまま受け入れる、長野県の伊那で暮らしている宮崎さんには、イナゴの佃煮は、おしゃれなクッキーよりも、おもてなしの心が詰まっていたものだったかもしれません。NHKで見た再...『イマドキの野生生物』

  • 運動不足と股関節痛。

    朝起きると腰痛と左股関節痛があります。少しストレッチをしてから動き始めればいいのでしょうが、ベットから起きると2匹がわたしを見つめています。ごはん!お散歩!と言っています。なので、すぐに、犬たちのフードを出してから身支度をして出かけます。朝の散歩中は腰痛サポーターをしていますが、歩きは緩慢なので引きが強いジークには注意しています。まだジークが若いころ、強く引っ張られて、前のめりに転んで唇をひどく切ったことがありました。朝に入浴するので、散歩から帰って来ると浴槽にお湯を入れて温まると、腰の痛みも少し和らぎます。先日3カ月ぶりに整体に行きました。「お久しぶりです。体調はいかかですか」「腰が痛いのと、左の股関節が痛いんです」「そうですか。では、その辺りから始めましょう」左股関節の周りをマッサージしてもらうと、そのたび...運動不足と股関節痛。

  • おすすめします。

    きのうは『偽りなき者』を観てきました。7、8年前にテレビで観て印象に残っていた映画でした。3日間の再上映、料金は誰でも1,000円。中華街にも行きたかったのもあって、横浜へ1時間半かけて行ってきました。デンマークの小さな町で幼稚園の先生をしているルーカスは、園児たちに人気の男の先生。他の先生が女性ばかりとあって、男の子たちと取っ組み合いの毎日。その幼稚園にはルーカスの親友の娘クララも通っていました。忙しい両親に代わりクララと一緒に幼稚園に通うこともしばしば。クララにとってルーカスは、頼もしい先生というだけでなく、ほんの少し異性を意識するような存在でした。ある日、クララはルーカスに手作りのビーズのハートをプレゼントします。そしてルーカスの唇にキスします。ルーカスから唇のキスはダメだよと言われて、ビーズのハートは他...おすすめします。

  • 片づけ続いています。

    こちらでは台風16号の影響があまりなかったです。犬たちの朝夕の散歩はびしょ濡れを覚悟していましたが、朝少しだけ濡れただけで大丈夫でした。それでも雨降りの外出はイヤなので、家にいて洗面所の整理をしました。以前の台所と洗面所のシンク下の整理は比較的順調に進みましたが、洗面所のシンク周りの整理は大変でした。シンク下にあった物は目的別にケースに入れればよかったのですが、洗面所の上や横のケース、棚には、物があふれていて、使っている物、使っていない物、洗面所には関係ない物、それらがごっちゃになっていました。収納場所が狭いので工夫しなければなりませんが、どうやっていいのか分からずに、テレビ前に戻って収納のYouTubeを見ては、そのまま30分も見続けて、また洗面所に戻り、そんなことを繰り返していました。before↓afte...片づけ続いています。

  • フリーズドライの恋心。

    おととい『ホビット』シリーズの3部作を観に行きました。午前10時から午後7時までの長時間です。パンとおむすびと飲み物2本とアメ、そして腰用のクッションを持って出かけました。わたしは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズが大好きで、15回映画館で観ましたが、15年ほど前、同じ映画館で3部作も観ました。そのときの会場はほぼ満席でしたが、今回は3分の2ほどでしょうか。30代40代の人たちが多かったです。『ホビット』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の話で、人間、ドワーフ、エルフ、魔法使いたちや、悪の勢力のオークたちが暮らしています。ドラゴンに奪われたドワーフの金の王国の奪還の旅に、ホビットのビルボ・バギンズが同行しますが、前回の大戦で地下深く葬られたはずの、闇の帝王サウロンが復活の予兆が現れ始めていました。その...フリーズドライの恋心。

  • 敬老の日に思うこと。

    きょうは敬老の日ですね。よく知らなかったのですが、老人の日っていうのもあるようです。なんか、老人の日って???、敬老の日だけでよくないですか?老人って言葉もムムムって感じです。わたしは自分が高齢者であることには、自覚を持ち始めています。でも、老人じゃないぞ、わたし!と、息巻いていますが、最近は自分の老化現象に慣れてきました。でも、60歳を過ぎたころ、老化していく心身にとても戸惑いました。気持ちが落ち着かず苦しくて、このブログを始めました。自分の気持ちや体調を書きだすことで、自分の老化現象を少しは客観視できるようになりました。顔のシミやシワ、白髪、手のブシャール結節やヘバーデン結節などは、自分の体の一部と思って受け入れられるようになりました。手の爪の縦ジワもやっと自分のものだと思えるようになり、最近はどこへも出か...敬老の日に思うこと。

  • 収納の神たちに感謝。

    YouTubeをテレビで見るようになって、普通のテレビ番組を見なくなりました。犬や猫のチャンネル、いろいろなアーティスのコンサートやアルバム、食べ歩きや、DIY、不動産内見、普通の人たちのライフスタイル、ちょっと主張のある人たちのチャンネルなど、スマホでちょっと覗いていたときよりはずっとのめり込んでいます。中でも最近は収納のチャンネルにハマっています。無印良品、ニトリ、セリア、ダイソー、キャン★ドゥなどの収納用品を使って、キッチン、洗面所、リビングなどの収納を紹介しているのですが、ま、みなさん、ホントにお見事、すばらしく整頓されています。わたしは小さいころから整理整頓や片付けができなくて、20年ほど前には足の踏み場のなくなってしまった自分の部屋(続き2部屋)を、仲のよかった友人2人に片づけてもらったことがありま...収納の神たちに感謝。

  • 映画とランチ。

    相変わらず毎日暇です。でも、感染者数が減ってきているので、都心へ出かけようと思っています。きょうは日本橋に映画とランチに出かけました。観た映画は『モロッコ、彼女たちの朝』です。小さなパン屋を営むアブラの前に現れたのは、臨月のお腹を抱えたサミア。イスラム社会は未婚の母はタブー視され、サミアは仕事も家も失い、仕事を求め歩きますが、どこでも冷たくあしらわれてしまいます。アブラもまた、仕事はないと断りますが、夜になり路地の隅で横になっているサミアを見て、放っておけず1晩だけと言って家に招き入れます。そして、アブラと娘、サミアの生活が始まります。ワイドな画面が少なくて、アブラとサミラの表情をとらえたシーンが多く、彼女たちの心理を読み解くのは多少疲れました。前評判やレビューは高評価ですが、わたし好みではないかな・・・。最後...映画とランチ。

  • 前向きに生きるには。

    久しぶりに銀座で映画を観ました。『アナザーラウンド』はデンマーク、スウェーデン、オランダの制作で、第93回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞しました。わたしの大好きなマッツ・ミケルセン主演です。マッツ・ミケルセン扮するマーティンは高校の歴史の教師。マーティンの授業は退屈で生徒たちはほとんど聞いていません。ある日、保護者から授業に対するクレームが出てしまい、落ち込むマーティン。仲の良い同僚4人の食事会でその話が出て、奥さんとうまくいっていないことも打ち明けます。車で帰るマーティンはアルコールを飲んでいませんでしたが、流れてくる涙をごまかすように、ウォッカやワインを一気に飲み始めます。そのとき、仲間のひとりがノルウェー人哲学者の、「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論がある...前向きに生きるには。

  • 耳と映画の老化。

    9月になりました。なんだかあっという間ですね。去年からのコロナ禍で何もしないうちに時間がたっています。耳鳴りが始まって1年ぐらいたちましたが、これも何もしていませんでした。そのままでいいかと思っていましたが、この間内科の主治医に検診結果を持って行ったときに、聴力が落ちているので耳鼻咽喉科へ行くように言われました。それで、耳鼻咽喉科で聴力検査をしました。人間ドッグでは1,000Hzと4,000Hzの2種類の検査をしましたが、耳鼻咽喉科では125Hzから8,000Hzの7段階の検査と、鼓膜に圧をかける検査をしました。先生は検査結果の表を指しながら、「これを見てください。前の検査で聞こえなかった所は聞こえてるでしょ。人間ドッグのときは耳の具合というよりも、何かタイミングが悪かったんじゃないのかな」「あの、耳鳴りもする...耳と映画の老化。

  • 暗雲を払うもの。

    毎日毎日退屈で心がしおれるばかりです。コロナ感染者数も増加するばかり。いつになったらこの閉塞感から抜け出せるのかしら・・・。でも、世界中がコロナウィルスで大変なのだから、みんながとっても大変なのだから、そう思っても、買い物や外出を減らしていく毎日の生活で、やっぱり、煮詰まった思いがふつふつとしてきます。新しいテレビでYouTubeを観ることが増えました。小さなスマホの画面よりはとっても観やすい、テレビをつけているときはほとんどYouTubeを観ています。スマホで観ていたときは海外アーティストの歌や、不動産の内見チャンネル、飼い犬や猫のチャンネルを観ていましたが、テレビでは何人かの人たちの生活を流しているチャンネルを観るようになりました。そして、その人たちの前向きさ、チャレンジ精神に触発されています。みなさん、わ...暗雲を払うもの。

  • 力士への道。

    きのう、いつもの薬をもらいに病院へ行きました。「最近はどうですか?」「体重が増えています。健診の結果も持ってきました」「えっ、どれどれ、先回より4キロ増えてるね」「ええ、運動しなくなったので太ってしまいました」「それは違うでしょ。運動しないから太るってことはないよ。運動しないならその分を減らして食事をすればいいだけでしょ」「・・・」「このままだと相撲部屋へ行くことになるんじゃないの?」「・・・はい、相撲部屋に行きます・・・」「こういうこと言われると、ほとんどの人がムッとするんだ。だけどね、ずっとこの状態が続けばいずれ糖尿病になるよ」「・・・」「厳しい言い方をするけれど、pakuさんのことを思ってのことだ」「でも、やさしく言ってほしい・・・」「運動すれば何食べてもいいんじゃなくて、今の消費エネルギーに合わせて食べ...力士への道。

  • 耳の老化。

    お昼の食事のときでした。小さくピッピッと鳴ったような気がしました。ん?って思ったけれど、テーブルにはごはんもおかずもお味噌汁も並んでいます。きっと気のせいと思って食べ始めました。するとまたピッピッって聞こえた気がしました。2回目なら気のせいじゃないかも・・・。そう思って台所を覗くとガスのスイッチがつけっぱなし!!自動で火は消えていましたが、慌ててスイッチを切りました。あ~ぁ、やれやれ・・・。今年6月に人間ドッグを受診したとき、聴力検査でヘッドホンをつけて部屋に入りました。すると検査の方がドアを開けて、「ちゃんとヘッドホンつけていますか?」「はい」「そうですか」と言ってドアを閉めました。またドアが開いて「これ聞こえますか?」と言いました。「いいえ、全然聞こえません」「あっ、そうですか」60歳からは区の検診と人間ド...耳の老化。

  • ヒマな理由。

    なんだか、とってもヒマです。面接の結果は連絡がありませんでした。だから、余計に、とってもヒマ、ま、想定内ではありましたが・・・。4人のLINEグループで報告すると、みんなやさしい対応。やさしいのはうれしいけれど、わたし、そんなに気落ちしてませんよ。大丈夫、でも、ありがとね💗60歳を過ぎてすぐの事務系のパート募集の面接で次々と断られたときは、ちょっとショックでしたね。「あなたに指示する人は、みんな年下ですが大丈夫ですか」なんて言われたこともありました。「そんなこと、当たり前でしょ!!」と言いたい気持ちをグッと抑えて、「はい、それは大丈夫です」と、にっこり。就活はコロナが少し収まったらまた動こうと思います。テレビとブルーレイレコーダーのほとんどの設置とセットは、配達の人がしてくれました。オリンピックも終わってしまい...ヒマな理由。

  • 考えること。

    東京のきょうのコロナウィルス感染者は5,042人。いつかは5,000人を超えると思っていましたが、こんなに早くなるとは、ちょっとショックでもあります。札幌のオリンピック競歩をテレビで観ていましたが、沿道には見物の人がいっぱいでした。東京の人出が減らないのも、きっとオリンピックムードで、気持ちが昂っているのも一因だと思います。犬の散歩へ行く夜7時過ぎでも、公園で少年たちがスケボーに興じていました。今週の月曜日に前の職場のNさんとSKさんに会いました。先月出かけた八ヶ岳のお土産の賞味期限が迫っていたのです。最寄り駅の改札口で手渡ししようとしたら、少しならお茶しない?ということことになり、3人で1時間ほどおしゃべりしました。「コロナワクチン2回目はすごく腫れて熱が出たんだ」とNさん。「肺炎球菌のときもすごく腫れたよね...考えること。

  • 面接と出会い。

    きょうから8月です。仕事を辞めてから5ヶ月もダラダラと過ごしていました。このダラダラ感にもだいぶ慣れてしまって、このままでもいいかな・・・なんて思ったりもします。でも、人と接することがほとんどない今の生活では、老化が加速することは確実です。死ぬまでできるだけ自立していたいと思っているので、いろいろな老化のダメージは少なくしておきたいのです。それで、きのう仕事の面接に行ってきました。面接時間の15分前に到着できるように家を出ました。最寄り駅に着いてスマホで場所を探しました。家でも確認しておきました。でも、場所が分からない、同じ所を2回ぐるぐると歩いて、どんどん時間が過ぎていきます。やっと辿り着いたときは約束の時間に5分遅刻でした。「pakuさんですね」担当の方は待ちかねていました。イスに座ると顔の汗が滝のように流...面接と出会い。

  • 踏ん張りか、強がりか。

    きょう美容院でカットと白髪染めをしてきました。今は勤めていないから頻繁に人と会わないので、1ヶ月に1度のタイミングで間に合っていますが、勤めていたときは自分で3週間に1度の白髪染めをしていました。ホントにめんどくさかった白髪染め。あの頃は近いうちにグレイヘアへ移行しようと考えていました。去年の秋ぐらいに仕事帰りの電車の中で、わたしと同じ歳ぐらいの女性2人を見かけました。ふたり共グレイヘア、でも洋服が地味めなせいか、とても歳上に見えました。ちょっと失礼ですが、あれではただの白髪のおばさんです。その女性たちを見て、わたしのグレイヘアの認識がぐらついてきました。最近はシニア専門の美容院もあって、グレイヘアへのこだわりは強まっていると思っていました。グレイヘアにするならばファッションなどの身の回りは、髪の色やデザインを...踏ん張りか、強がりか。

  • 自分で決める人。

    きのう『やすらぎの森』を観ました。カナダの森に年老いた男性3人が、別々の簡素な小屋で、それぞれの犬と共に静かに暮らしています。結婚や仕事などの社会生活になじめずに、この森に辿り着きました。心臓が悪かったテッドが亡くなり、そこへ80歳の女性がやってきます。60年間、親族によって精神療養施設に入れられていた彼女は、強い薬や電気ショック、身体拘束、今までのそんな自分の本名を捨ててマリーを名乗ると宣言します。マリーに同情したチャーリー、厄介なことに関わりたくないと困惑するトム。そして、マリーの甥スティーブ、女性カメラマンのラフが絡んで、ストーリーは淡々と進んでいきます。生前のテッドとチャーリーとトムには約束がありました。自分の死は自分で決める、そのため3人は小さな小瓶を用意していました。その小瓶には青酸カリが入っていま...自分で決める人。

  • 友人の老化と歩む。

    先日、Oさんから小包みが届きました。開けてみると、Daisoの電子レンジ用の調理器、ひとつはポーチドエッグ用、もうひとつはどんぶり・目玉焼き用でした。なにもDaisoのものを小包みで送らなくても思いましたが、どこのDaisoにも置いていないようなので、ぜひ使ってほしいと手紙が入っていました。Oさんは寝たきりの奥さんの介護をしていますが、食事作りにとても便利で重宝しているとも書いてありました。今月の初め、OさんとYちゃんとYちゃんの夫とわたしで、PURINの別荘へ遊びに行きました。みんな20代から40代の間、同じダイビングクラブにいて、海以外のこともよく一緒に行動していました。年長者のOさんはクラブのリーダーで、運営のほか、写真や文章、イラストなど、メンバーに教えてくれることが多く、みんなはとても頼りにしていまし...友人の老化と歩む。

カテゴリー一覧
商用