chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 高齢者に必要なもの。

    土曜日に前の職場のNさんに誘われて、笑点の公開録画へ行きました。でも、いつもクールな感じのイメージの彼女から、笑点の公開録画を誘われるとは思っていませんでした。「笑点って観てるの?」「うん、いつも観てるよ」「えっー、そうなんだ」「できるだけ笑うようにしてるんだ」1歳年上のNさんもひとり暮らし、ご主人は20年ほど前に亡くなり、ひとりっ子のお嬢さんは結婚して別に住んでいます。そして、健康のためにいろいろなことをしているのは知っていましたが、積極的に笑うようにしているとはスゴイです!!最近はテレビはニュースと大河ドラマぐらい。以前からずっと笑点は観ていませんし、他のお笑い番組も観ていませんでした。収録が始まるまでの20分ぐらい、前振りみたいなものがあって、前振りの司会者の人(落語家)が、観客を笑わせて本番に備え...高齢者に必要なもの。

  • きょうの満足、不満足。

    きょう『エリザベス女王陛下の微笑み』を観ました。6月に劇場上映されていましたが、エリザベス女王が逝去されて、追悼再上映されたので出かけました。再上映の初日とあって混んでいて、ほとんどの席が女性で埋まっていました。女王が生まれたころからの膨大な映像資料が、コンテンツごとに次から次へと映し出されます。テレビの特番かYouTubeのような感じでしたが、数えきれないほどの人たちに手を振り、乗馬と競馬を楽しみ、たくさんのユーモアのあるスピーチ、若かったころの女王の美しさを知った映画でした。そして、ドキュメンタリーというよも、女王の私的広告映画に感じました。追悼という意味では、確かに今観たほうがいいとは思いますが、わざわざ映画館へ足を運ばなくてもいいかな、とも思いました。映画の帰りは東京駅で寄り道。来年カニを食べに行...きょうの満足、不満足。

  • きちんと座りたい。

    コロナ感染者数が少し減り始めたので、月曜日に2カ月ぶりにジムへ行きました。翌日は腕、胸、お尻、お腹の筋肉が痛くて、きのうはお休みしました。きょうは行く気マンマンでしたが、犬の散歩から帰ると腰が痛くなり始めました。急いでストレッチをしましたが、ギクッとなりそうな感じで止めました。テレビを観るときは、処分したソファのマットを取っておいたので、それを重ねて座っていました。なんとなく不自然な姿勢で座っていたせいでしょうか。ここしばらく腰が重く感じていました。あした、ひとりがけのソファが来ます。処分することを考えると、初めは購入に気が進みませんでしたが、「そんな先のことを心配するよりも、今快適に暮らすことを考えたほうがいいよ」とKちゃんから言われ、以前からネットで見ていたものの現物を見に行きました。それに、この日の...きちんと座りたい。

  • ふたつの靴ひも。

    きのう映画館で『靴ひものロンド』と、Amazonvideoで『靴ひも』を観ました。今までAmazonvideoで観た映画はブログには上げていませんでしたが、対照的な内容の作品で、タイトルが似ているのがおもしろいと思いました。『靴ひものロンド』の家族4人はナポリで一見幸せそうに暮らしていました。ある日、アルドは妻のヴァンダに他の女性と肉体関係を持ったと打ち明けます。アルドは正直な関係でいたいからと言うのですが、それを聞かされたヴァンダの気持ちは収まらず、アルドを家から追い出してますが、アルドはローマにいる肉体関係を持った女性の家に行ってしまいます。何年もローマとナポリを行ったり来たりするアルド。そのたびに、ヴァンダはアルドに突っかかり、家の中はいつも小さな嵐。そして、それを小さなときから見て育った娘と息子。...ふたつの靴ひも。

  • やっぱり、ブラピでしょ。

    きょう、『ブレット・トレイン』を観ました。いつも空いている地元の映画館へ行きましたが、きょうは会員の割引日でけっこう混んでました。年齢層もバラバラで、若いカップルから70代の人までいろんな人で、座席の半分ぐらいが埋まっていました。YouTubeの『ブレット・トレイン』の広告を、何度も何度も観て楽しみにしていました。ブラピ主演だもの、面白くないわけがない!休養中だったレディバグの復帰後の仕事は、東京発京都行の高速列車の中にあるブリーフケースを盗んで、次の駅の品川で下車するという任務でした。ブリーフケースは簡単に見つかり品川で降りようとすると、ドアの向こうのホームでいかつい顔つきの男性が、レディバグに向かってナイフを振りかざして乗り込んできました。その男性に応戦するうちにタイミングを逃し下車し損ねます。そして...やっぱり、ブラピでしょ。

  • しぼんだ心の膨らまし方。

    きょうから9月、時間が過ぎるのがあっという間の感じがします。何もしないダラダラ生活で、暇すぎてちょっと心がしぼんでいました。そんなときEちゃんに誘われて、きょう『さかなの一週間®デザインの原画展』へ出かけました。田子いづみさんの海の生物たち、そのどれもが美しくイキイキと描かれていて、海の生き物たちに会いに行きたくなりました。その後、汗だくになっていたのでかき氷を食べることにしました。ちょうど帰り道に『虎屋赤坂本店』があったので入りました。3階は甘味の他、軽食もいただけます。目の前は赤坂御用地の緑が広がって、たいへん気持ちがいい。それに虎屋の建物が数寄屋造り風の内装になっていて、とても落ち着きます。ついでに、トイレの美しさはどの一流ホテルにも引けを取りません。いただいた宇治金時白玉乗せは、非常に美味!!!小...しぼんだ心の膨らまし方。

  • 放りっぱなしの片付け③。

    きのう不用品回収業者が来ました。「これ全部ですと7万円ほどになります」「えっー!!メールの見積もりでは3万円から4万円でしたけど」「ええ、でも、実際に見てみないと最終の料金は出せないんです」「そんなには出せないなぁ。ちょっと考えていいですか」すぐに片づけたかったので、大きなベッドマットレスとソファとテーブルを持って行ってもらうことにしました。イスとテレビ台は残して別の処分方法を考えることにしました。「じゃあ、これでお願いします」「それでは4万円になります」「う~ん。もう少し安くなりませんか」「ソファの重量があるのでこの料金になります。これでも勉強させてもらってます。これから全部分解分別して廃棄所へ運ぶんです」スマホの電卓で計算している業者の人、多分25歳ぐらいの男性。そのスマホには奥さんらしい若い女性と、...放りっぱなしの片付け③。

  • 放りっぱなしの片付け②。

    このマンションの内見したとき、家具と食器付きでした。ダイニングテーブルとイス4脚、3人掛けソファ、ソファ用のテーブル、テレビ台。プレート、ワイングラス、大きめのグラス、ゴブレットグラス、コーヒーカップ&ソーサー、フォークとナイフ、コーヒースプーン。それに、ソファの前にはきれいなラグ。内見したときのイメージがよくなるようにきれいにセットしてありました。確かに、今までいくつか見てきたマンションよりずっとオシャレに見えて、わたしのテンションも上がってしまい、購入を即決したのです。でも、ダイニングテーブルセットの高さが低くて、なんだか落ち着かないので新しいものを買いました。テレビ台は前の家からのお気に入りがありましたから、和室の奥へ押し込みました。ソファはテレビ前に置いてあるので、横になりながらテレビを観るのが日...放りっぱなしの片付け②。

  • 不条理の行方。

    きのう『アプローズ、アプローズ!囚人たちの大舞台』を観ました。舞台俳優のエチエンヌは、刑務所のワークショップの講師として、囚人たちに演技を教えていました。エチエンヌはかつて演じたことのある戯曲「ゴトーを待ちながら」が、囚人たちのと心理に通じるのではと思い演目に選びました。囚人たちはいつも待っています。なかなか叶うことのできない、面会に来る家族や友人を、欲しいものの差し入れを、そして、出所の日を・・・。やがて、エチエンヌの情熱は刑務所長を動かます。囚人たちは刑務所の外の一般の劇場で「ゴトーを待ちながら」を演じることになりました。ワークショップや休憩時間で、稽古に取り組んできた囚人たち。いよいよ本番、緊張マックスの囚人たちを舞台の袖で見守り励ますエチエンヌ。公演が終わると大きな拍手とスタンディングオベーション...不条理の行方。

  • 映画のような手紙の物語。

    少し前から観始めたYouTubeがあります。『英国暮らしmikazuki』は、イギリス人男性と結婚して、イギリスで暮らしている日本人女性(たぶん50代)の何げない日常の動画です。mikazukiさんの住むイギリスの田舎の町や、ご夫妻の旅行の様子、イギリスや日本の料理を毎回調理して、そのレシピを紹介、ボーダーテリアのちびも毎回登場します。『英国暮らしmikazuki』の魅力は、なんといっても撮影と編集が上手なこと。観てほしいものをゆっくり、わかりやすく撮って編集していると思います。まるで海外旅行でイギリスの田舎街を歩いているような気分になります。わたしはテリア好きなので、ボーダーテリアのちびに会うことも楽しみです。美しい街並み、ちびと歩く森の散歩、イギリスの行事や料理などが、わたしにはとても新鮮で、海外旅行...映画のような手紙の物語。

  • 放りっぱなしのものを片付け。

    ダラダラと暮らしておりました💦少し前から、片付けを始めました。やろうやろうとずっと思っていたことでした。まず始めは、このマンションに越して以来、開けずにいた引っ越し荷物の段ボール2箱を開けました。アルバムと書いてある段ボールを開けると、20代からの旅行や遊びの写真でいっぱい。2、3年前に整理した段ボールは、わたしの小さなころのものや、両親や妹のアルバム、それらは必要なものをまとめてすんなりと整理できましたが、自分の青春時代の写真は楽しい思い出、すぐには整理できず持ち越し。30冊ほどのアルバムはまず半分に、今年中の整理を目指します。次は、カメラたち。以前は大きなカメラや三脚を抱えて花の写真を撮っていました。父の介護、そして見送り、2匹の犬たちとの生活・・・と、生活環境の変化で撮影からは遠ざかっていましたが、...放りっぱなしのものを片付け。

  • 1枚から選べます。

    おととい、Eちゃんと『立ち食い焼肉治郎丸』へ行ってきました。A5ランクの和牛やホルモンを、立ち食いで食べる焼肉屋さんです。Eちゃんはお肉が大好きなので、以前から誘っていました。秋葉原駅で待ち合わせたふたりですが、なにせ地図を読めないふたりです。駅から徒歩5分ぐらいですが、途中で分からなくなり、電気店の店員さんに地図を見せながら場所を教えてもらいました💦「こちらは初めてですか?」「はい」(わたしは2度めですが、Eちゃんに注文のシステムを話してもらおうと思いました)「今LINEの友だち登録していただくと、3種類の肉がそれぞれ100円でお試しいただけます。それと飲み物は無料になります」A5ランクの和牛が1枚300円ほどなので、すごくお得です。すぐに友だち登録して、焼肉の注文しました。「ごはんは大丈夫ですか?」「...1枚から選べます。

  • B級グルメ好き。

    おとといはKちゃんの誕生日の食事会で帝国ホテルへ行きました。中華好き、ホテル好きのKちゃんの誕生日の食事会は、ここ3年続けてホテルの中華です。Kちゃんは知り合いから、中華を食べるならホテルじゃなくて、なんとか飯店へ行くんじゃないのと、言われたそうです。帝国ホテルの『北京』でランチコースは、とても上品なおいしさ、そして、サービスもすばらしかったです。食器は料理に合わせていろいろな温度にしてありますし、何度もおしぼりを替えてくれました。時々はおしゃれをして出かけることも必要ですし、落ち着いた雰囲気は、やはりホテルならではのものですから、特別な食事会にはホテルの食事会も大切にしたいと思います。でも、ただの食べ歩き感覚だと、味が上品すぎて物足りない・・・。普通のときは、普段着でも行ける〇〇飯店や町のラーメン屋さん...B級グルメ好き。

  • 愛のロードムービー。

    先日の胃カメラの日、映画を2本観ました。最初に観たのは『君を想い、バスに乗る』です。永年連れ添った妻のメアリーを亡くしたトムは、以前からメアリーと行こうと言っていたイギリス最南端の岬ランズ・エンドへ、イギリスの最北端の村から、路線バスのフリーパスで出発しました。バスを乗り継ぎ、途中、色々な出来事が起こります。ある日混雑したバスの中、目以外を覆ったイスラム教の黒い衣装の女性に、ひどい言葉で何度も突っかかっている男性がいました。あまりのしつこさを見かねたトムはやめるように言いますが、まったくやめようとしません。トムがバスを降りろ!と言うと、男性に突き飛ばされ倒れてしまいます。でも、他の乗客たちも、降りろ!降りろ!と言いだし、やっと男性はバスを降りました。そして、何人もの人が動画を撮っていて、それをSNSに上げ...愛のロードムービー。

  • あっという間。

    きのうは胃カメラの検査でした。9年前に区の健康診断でピロリ菌がみつかり除菌しました。そのとき初めて胃カメラで検査をしましたが、鼻からカメラを入れて、とても違和感があったので怖かったです。胃の調子がよくないので、それからは1年に1度胃カメラで検査をしています。いつも通っている病院は小さな病院ですが、内科のほかに胃腸科もあります。初めは麻酔なしで検査しましたが、やっぱり違和感があったので、今は麻酔をして検査をしています。「じゃ、マウスピースをつけますね」「はい」「外れてしまうと大変ですから、少しきつめにつけますね」「はい・・・」「pakuさん、終わりましたよ」「・・・」「立てますか?あちらの部屋で少し休んでください」先生がマウスピースをつけ終わったことも覚えていません。部屋を移動すると、看護師さんが荷物を持っ...あっという間。

  • 死者からの電話。

    先日『ブラック・フォン』を観ました。アメリカ・コロラド州の小さな町で、少年たちの連続失踪が発生して、フィニーの周りでも、何人もの少年たちの行方不明のビラが貼られていました。フィニーは予知夢を見る妹のグウェンと、乱暴で粗野な父親のショウの3人暮らし。フィニーの母はグウェンと同じように予知能力がありましたが、ショウにも周りにも理解されずに自ら命を絶ちました。そのことが原因で、ショウは子供たちに辛く当たっていました。ある日フィニーは日学校の帰り、マジシャンだという男に「マジックを見るかい?」と言われて、黒いバンに無理やりに押し込められてしまいます。しばらくして気がつくと地下室でした。そこには汚いベットと壁掛けの黒い電話があるだけ。でも、電話は断線していました。けれど、電話が鳴って、この地下室から脱出する方法を伝...死者からの電話。

  • 昼ごはん作りました。

    コロナ感染者数が急増して少しビビッていて、ジムを休んでいます。映画や買い物などで出かけることも、ちょっと消極的・・・。先週4回目のコロナワクチン接種をしました。副反応というほどでもないのだけれど、注射痕が赤く腫れて、痛いのと痒いのとで、気持ちも⤵。きょうは赤さが治まったし、痛みも少し引いた感じになりました。でも、鏡を見るとドョーンとした顔が映ってました💦Mちゃんはときどき夕飯の写真を送ってくれます。わたしより1歳年上で、今も働いていて、ジムをふたつ掛け持ちで通い、それでも夕飯はきちんと作っています。きのうのメニューは、イワシの生姜焼き、ナスの煮びたし、レバー花椒ソースがけ、キャベツサラダ、納豆と焼きのり、根菜とナメコの味噌汁、五穀米。すばらしすぎると思いますが、大病を乗り越えたMちゃんだからこその、このメ...昼ごはん作りました。

  • 甘いきらめき。

    きょう『エルヴィス』を観ました。カントリーミュージックが主流の1950年代のアメリカ、そこへ稲妻のように現れたのがエルヴィス・プレスリー。少し長い髪、ド派手なステージ衣装、甘い歌声、そして激しいダンスに、若い女性たちは熱狂し、あっという間にスーパースターになっていきます。その裏にはマネジャーのトム・パーカーの手腕がありました。しかし、当時のアメリカ社会では、ブルースやリズムアンドブルースなどの、黒人音楽を取り入れたエルヴィスの歌を危険視していました。たくさんの批判や中傷を切り抜けていくのですが、その対策のひとつとして陸軍の兵役に就きました。そして、その駐屯先の西ドイツでプリシラと恋に落ちて、帰国後結婚します。やがて、エルヴィスは海外ツアーを望むようになりますが、ことごとくトムが潰していきます。そのたびにエ...甘いきらめき。

  • ゆったり受け止めよう。

    先日、信号待ちをしていたとき、反対側にいる女性が着ているTシャツの、袖付けまわりと肩の所が少し出っ張ってヘンな感じでした。信号が青になってすれ違ったとき、その違和感の原因が分かりました。その女性のTシャツは裏返しだったのです。首の後ろにはユニクロのタグが見えていました。わたしより少し年上のでしょうか。わたしもそんなことはしょっちゅうです。Tシャツやショートパンツは後ろ前に着てしまうのはいつものこと。2種類ある目薬を洗面所に並べていますが、きのう、その目薬の補充交換で薬箱から取り出したら、2本とも同じ目と薬💦まただ・・・と思いながらもう一度薬箱から出しました。ガーン!!!また2本とも同じのを出してる💦💦💦2本は色が違うのですぐに分かるはずなのに、それに2回目だから気をつけているはずなのに、どーしてなんだ~!...ゆったり受け止めよう。

  • ワンダーランドへ。

    IKEAのサマーセールに行ってきました。先月もIKEAで買い物をしたので特に買うものはなかったのですが、先月は都心型店舗だったので、きょうは大型の店舗へ行きました。IKEAの魅力は、売り場の広さと、コスパのよい商品の豊富さ。そして、北欧のセンスが光る垢ぬけたモデルルームの展開。そのステキさを味わうには、やっぱり大型店舗だと思います。きょうはその雰囲気を味わいに・・・と出かけました。我が家のキッチンは作業スペースが狭くて、そのせいでいつも手抜き料理ばかり。・・・って、スペースのせいじゃないけど💦海外のキッチンは背が高くていいですね。うちはもう古いので、キッチンも洗面所も背が低くて、少し腰をかがめて野菜を切ったり、顔を洗ったりです。IKEAのキッチンに立って、いろいろ、たくさん、妄想しました。ここにはあれをし...ワンダーランドへ。

  • 予告編が1番おもしろかった。

    ちょっと重たい映画が続いたので、軽い映画を観に行きました。YouTubeで『ザ・ロストシティ』の予告編を何度か観ていて、とっても楽しそうだったのでぜひ観たいと思っていました。小説家のロレッタは新作本の『ザ・ロストシティ』の宣伝のため、全国ブックツアーに出かけようとしていましたが、世界的な億万長者のフェアファックスに、南の孤島へ連れてこられました。そこでは古代王国の遺跡発掘が始まっていましたが、まだ見つかっていない王妃の墓の場所を探すために、考古学に詳しいロレッタを誘拐したのです。墓の中の王妃の冠には、たくさんの宝石が使われていると彼は思っていました。誘拐を知った新作本の表紙モデルのアランは、広報のベスと対策を練ります。そして、知り合いのジャックにロレッタ探しを依頼します。多分、その道のプロであろうジャック...予告編が1番おもしろかった。

  • お気に入りの病院。

    きのうは、コレステロールと胃の薬をもらいに行きました。「最近はどうですか」「ここ1ヶ月ぐらい、1週間に1度ぐらい逆流性胃炎の症状が出て、みぞおちがとても痛くなります。すぐに水か牛乳を飲むと落ち着きますけど」「あっ、そうですか。ほかにありますか」「体重が少し増えました」「pakuさんさん、それですよ、原因は。体重が増えればウエスト周りに贅肉がついて、それが胃を圧迫するでしょ」「あっ、そうか。体重が増えだしたのもちょうど1ヶ月前ぐらいです」「そうでしょ」「先生のせいじゃなかったんですね」「そうですよ、僕のせいじゃないよ。ダイエット必要ですよ」逆流性食道炎の症状が出始めたのは15年ほど前。夜中にみぞおちの強い痛みで目が覚めて、その痛みは次第に上に上がって奥歯が痛み出しました。2、3日後にまた同じ症状になって、心...お気に入りの病院。

  • 管理人さんの退職。

    先日、マンションの管理人さんに久しぶりに会いました。3月上旬から2週間ほど膝捻挫のために、お休みをすると掲示板に貼りだされていましたが、その後、1ヶ月を過ぎてもお休みは続いたまま。掃除がゴミ出しなどていねいにされる方で、住人の方々にもよく声かけしていて、住人としてはとても頼りになる存在でした。もう復帰されないのかと心配していましたが、偶然にお会いできました。「あっ、ご無沙汰です」「あっ、pakuさん、お久しぶりです。今回のことで来月の初めに退職することになりました。きょうは管理室の引継ぎがあって来たんです」「えっー!!膝がよくないのですか」「ええ、そうなんです。すぐ治ると思っていたんですが力が入らないんです。なかなかよくならず今も通院しているんですよ。あと3、4年は頑張れると思っていたんですけどね」「あ~...管理人さんの退職。

  • どう生き、どう死ぬのか。

    きのう『PLAN75』を観ました。いつも、洋画しか見ないのですが、前に観た『ツユクサ』があまり好みでなく、やっぱり邦画は観るのはよそうと思っていました。でも、『PLAN75』の老人の生死問題は67歳のわたしにとって、邦画といえど他人事でない気持ちが強くて足を運びました。そう遠くない未来の日本は少子高齢化が一層進んで、超高齢化社会になっていました。老人にはいろいろなことの社会保障に税金が使われ、それを不満に思っている若者たちが、老人たちを殺害する事件が全国で頻発していました。そんなとき、「プラン75」が国会で可決され、満75歳になると個人で生死の選択できるというものでした。ひとり暮らしの78歳の角谷ミチは、ホテルの客室清掃員として働いていました。職場の同じ年代の女性たちとは、ときどき外でもカラオケなどで会っ...どう生き、どう死ぬのか。

  • 夢の国へ。

    きのう、『オザキフラワーパーク』へ行ってきました。ベランダにはもう花は増やせないので、植替え用のプランターと部屋に置く観葉植物を買いに出かけました。9:00オープンですが、家から2時間近くかかります。久し振りに朝のラッシュ時間帯と重なってしまいました。でも、オザキフラワーパークに着いた途端、早起きや満員電車のモヤモヤは、あっという間に消え去りました。その名前にふさわしい公園のような出で立ち、歩いても、歩いても、ずっと続く花苗たち。2階は観葉植物とプランターの売り場、大きな木もあって、まるで熱帯植物園のよう・・・、なんということでしょう、わたしは夢の国に来てしまったようです。会計をするとき係の人に、「初めて来たんですが、ホントにすごいですね!!」と言うと、「ありがとうございます。あら、そのスコップ」「はい、...夢の国へ。

  • まだ遠い海外旅行への道。

    Kちゃんの友人夫妻がハワイへ行きました。夫妻は昔からトライアスロンをやっていて、国内外の大会へ参加、そのためにいつもトレーニングをしています。今回はコロナの出入国規制が少し緩和されたので、ハワイ島で行われた大会に久々の参加でした。そのことでKちゃんのハワイ熱は急上昇⤴わたしにハワイ行きのお誘いがありました。「行かないのならわたしひとりでも行くよ!」「わたしはハワイよりもシンガポールへ行きたいな」「いいね、じゃ、シンガポールのいろいろ調べておいてよ」Kちゃんは帰国した友人夫妻からハワイでの様子を聞きました。帰国のためのPCR検査の日程調整、コロナ対策のためビジネスクラスとファーストクラスに、グレードアップした飛行機のチケット、日本帰国時の待ち時間も入れて2時間の入国検査、それ以外にも細かなことのいろいろを友...まだ遠い海外旅行への道。

  • 心の痛さが消えない。

    きのう『息子の面影』を観ました。メキシコの貧しい農村に住むマグダレーナ。アメリカで仕事を見つけるために、息子と幼なじみは国境行のバスに乗りました。しかし、息子たちからの連絡がなくなったので、幼なじみの母親と共に行方不明者のための相談室に行きました。すると、遺体写真の中に幼なじみがいたのです。ただ、マグダレーナの息子の写真はありませんでした。たくさんの若者が国境を越えようとして命を落としています。でも、確実な息子の生死が知りたいマグダレーナは、自分の息子を探すために村を出ました。国境行のバス会社の事務所、その近くの難民センターなど、いろいろな場所で、いろいろな人たちから、息子に関する情報を得ます。そして、息子と一緒のバスに乗っていた老人を探し当てました。その老人宅はある町のずっと奥の村にあります。町に入る道...心の痛さが消えない。

  • 久し振りの旅②。

    今回の旅のは季節の花を見に行くことのほかに、地元のおいしいものを食べたいと思っていました。初日のランチはクレマチスの丘にある『CIAOCIAO』で、シラスとフレッシュトマトのペペロンチーノのスパゲッティと、サクラエビのピザを頼みました。せっかく伊豆へ来たのだから海産物の料理にしましたが、スパゲッティはペペロンチーノといっているのになんだか寝ぼけた味。でも、ピザはサクラエビの風味がたっぷり感じられておいしかったです。クレマチスの丘を出て向かったのは三島のうなぎ屋さん。駅前の観光案内所でおすすめのうなぎ屋さんを聞いてみました。一番のおすすめのお店は駅前にはなくて隣の駅、歩くと20分ぐらいかかるらしい。それに老舗なので多分待つことになると聞かされて、駅前にある3店舗を見て歩き、駅のすぐ前にある『うなぎの坂東』に...久し振りの旅②。

  • 久し振りの旅。

    何回か行ったことのある三島の『クレマチスの丘』へ、1泊2日で出かけました。いつもは日帰りなのですが、今回は1泊して小田原城にも足を延ばしました。宿はヒルトン小田原リゾート&スパ、ホテル好きなKちゃんを誘いました。コロナ禍の影響のせいか、クレマチスの丘はいつもの人混みはなく、たっぷりとクレマチスの美しさに浸りました。ホテルではフロントの手違いがあり、お詫びということで予約していたツインをプレミアムスイートに、追加料金なしで変更してくれました。キャ~、ラッキーじゃありませんか💗小田原城にはショウブとアジサイを見に行きましたが、ついでに天守閣にも登ってみました。天守閣は1960年に再建されたもので、再建の歴史や小田原城を治めていた北条五代の歴史の資料が展示されていました。こちらも花以上に興味深かったです。そして...久し振りの旅。

  • 「恋してみない?」

    きのうはFちゃんとHちゃんと会いました。コロナ感染者が少なくなったので半年ぶりのランチ会。いつもはFちゃんの姑と小姑のグチなのですが、きのうはちょっと違いました。Hちゃんが先日LINEで送ってきたレストランのことを話しているときでした。「あっ、それ友達と行ったのよ」「いつも一緒に海外に行く人?」「ううん、じゃなくて・・・」「えっ、もしかして男の人?」「うん」「それって彼氏ってこと」「うん、それってダメかな」「いやいや、いいよ!」「そうよ、ダメじゃないわ」Hちゃんはわたしより1歳年下の66歳、Fちゃんは64歳。ふたりとも一番最初に勤めた会社の同期でした。そのころは海やスキー、飲み会でいつも一緒に行動していました。会社を辞めてからも、ときどき会っていましたが、定期的に会うようになったのは、この6、7年。Hちゃんが夫...「恋してみない?」

  • ツユクサの行く場所。

    きのう『ツユクサ』を観ました。いつもは邦画は観ないのですが、松重豊さんが出演しているので出かけました。松重さんというよりも、孤独のグルメの井之頭五郎ファン。伊豆のタオル工場で働いている芙美は、同僚の直子と妙子とたわいもない話をしながらの毎日。そんな日常のある日、夜空が明るくなっていくつかの隕石が落ちてきました。ひとつは直子の息子の航平が望遠鏡で星空を見ていた山の向こうへ、そして、もうひとつは芙美の乗っていた車に当たって、車は横転して芙美も軽いケガをしました。ある日、航平は隕石探しに芙美を誘いました。たくさんの石の中から隕石をみつけ、芙美はペンダントにしました。これは奇跡の証し、そう思いながらペンダントを首から下げました。芙美がジョギング中に、警備係の吾郎と何回かすれ違いました。そして食事に寄ったスナックで吾郎と...ツユクサの行く場所。

  • 今月のおいしい。

    先日久しぶりに外でランチをしました。口コミの評価が高いので、前から行きたいと思っていた『PizzeriaALLORO』です。以前通っていたスポクラの近くだったので場所は分かっていたのに、なんだかグズグズしていました💦店内はカウンター5席、テーブル2席と4席。13時少し前でしたがほぼ満席、でも、カウンターに2席空いていました。よかった~、待つのは苦手です。PizzeriaALLOROはナポリピザのお店です。なので、ナポリピザ代表のマルゲリータを注文。小さなサイズの20㎝にしました。飲み物付きで935円、プラス220円でモッツァレラチーズを水牛にもできますが、今回は初めてなので普通の牛乳のモッツァレラにしました。ランチはマルゲリータのほかにも7種類あって、ピザの種類やサイズやトッピングで料金が違います。どれもおいし...今月のおいしい。

  • 月給はTシャツ3枚分。

    きのう『メイド・イン・バングラデッシュ』を観ました。バングラディシュの首都ダッカの縫製工場で働くシム。家には働かない夫がいて家賃は数カ月も溜まっています。1日1,650枚のTシャツを縫っていますが、シムの月給はそのTシャツ3枚分。夫婦ふたりが生活できるものではありません。職場環境は劣悪というより最悪、ミシンで作業する女性たち30人ほどを2、3人の男性が監視して、製品の出来上がり具合などを厳しくチェックしています。ある日、作業中に火事になって従業員ひとりが亡くなりました。またある日は、残業になって全員が工場に泊まることになりました。寝具もないまま床の上で休みましたが、その日の残業代は支給されません。シムたちの不満はたまる一方ですが、とどうすることもできませんでした。そんな折、シムは労働者権利団体の人に声をかけられ...月給はTシャツ3枚分。

  • きょうの出来事、✕と〇。

    去年の12月末、1階のゴミ置き場の前にゴミやミカンの皮が落ちていたことがありました。そのときはわたしの部屋の上の階(何階かは不明)から、ミカンの皮を捨てている目撃情報があって、管理組合からの注意書きが掲示板に貼り出されました。その効果か、その後しばらくは落ち着きましたが、ここ3、4ヶ月、ゴミ置き場の前にゴミが散らかるようになりました。わたしは毎朝の犬の散歩のときに、犬を連れてゴミを出して、ゴミ置き場から外へ出ています。すると毎日何かしらのゴミが落ちているのです。今朝は起きてベランダに出てみると、スナック菓子の袋が落ちていたので、下を覗くとゴミ置き場前や道路にまでいくつもゴミが落ちていました。「あ~ぁ・・・」朝からちょっと気分は⤵⤵⤵なぜゴミを外へ捨てるのかしら?なんで平気なんだろう?これは直らないのかな・・・。...きょうの出来事、✕と〇。

  • ちょっと恐かった。

    今朝犬の散歩の出がけに信号を待っているとき、横からコンビニの袋を下げて来る男性が見えました。そのとき、ちょっと目が合いました。信号を渡って歩いて行くと後から、「すいません」振り返るとさっきの男性でした。「はい」「つ〇〇・・・って」「えっ?」「つ〇〇・・・って」「???」そんなやり取りを繰り返しているうちに、男性が言っている言葉が「つうじ」だと分かりました。そして、男性の表情は少しにやけていたのも分かりました。「だから、つうじって」「なにを言っているのか分かりませんけど・・・」「ちっ、・・・」そう言うと男性はわたしの横を通り過ぎて行きました。犬たちと散歩道を進むと、20メートルほど先をさっきの男性が歩いていました。わたしはその男性とは反対側の歩道を歩いていましたが、男性がどこを歩いて行くのかが気になりました。しば...ちょっと恐かった。

  • まとまりがない。

    ある日、ガーデニングのYouTubeを見ていたら、『挿し木や挿し穂はペットと同じ。自分が管理できる数にしよう』というようなことがテロップで流れていました。今までそんなこと考えてもいませんでしたが、まったくそのとおり。ガーンと頭を叩かれたような気がしました。今のベランダの様子は少しずつプランターが増えて、雑然としています。大袈裟に言えば、コロナ禍で海外に出かけられなくなって、植物を増やすことでコロナ禍のために失われた気持ちを、埋め合わせたり、紛らわせていたのかもしれません。でも、わたし自身のコロナへの反応も落ち着いてきて、ベランダを見てみると、なんだかな~ぁ、ゴチャゴチャだぁ。リビングから見えるようにと移動したクレマチスのフロリダは、咲き方がバラバラ💦犬の散歩道に咲いていた数種類のスミレの種を蒔いたけど、多すぎで...まとまりがない。

  • フリマを愛する人たち。

    幕張メッセで開催されていた『どきどきフリーマーケット2022』に出店してきました。コロナ禍だったので3年ぶりの開催です。コロナ対策として、今まで隣や後ろのブースと密着していましたが、ブースとブースの間は1メートル間隔をあけて設営され、他にも入場制限や開始時間を1時間遅くしていました。11年前から参加していて、わたしの1年のタイムスケジュールに組み込んでいて、日ごろから、着なくなった服、いらなくなった雑貨などを、段ボールに入れて準備をして、不用品を処分しています。そして、買ってくれる人とのやり取りも大きな楽しみです。わたしはYちゃんとふたりで出店しています。ふたりとも洋服サイズは2Lか3Lで、お店の名前はでぶ屋。同じタイプの人たちが寄ってくれます。「いゃ~、来れてよかったわ。人と関わりたいのよ」「ホントですね。わ...フリマを愛する人たち。

  • 犬たちの老後。

    先日犬たちの狂犬病の予防接種に行ってきました。注射はジークもモナも平気です。ただジークは12㎏もあるので、診察台に上げるのがたいへん💦通っている動物病院の料金はとても安くて、だけど、少し難しい治療や手術はできません。病院の設備もすっかり古くなって、先生もだいぶお歳です。少し前、ジークの胸にしこりがあるのに気がつきました。予防接種のついでにそのことを先生に訊いてみると、「最近大きくなったり、硬さが変わってますか」「いいえ、変化はないです」「それなら大丈夫だと思いますが、様子を見ていてください」「はい」9歳のジークはそろそろ高齢犬。高齢の病気や体調の変化が出てくる頃です。今まで健康面は問題がありませんでしたが、別の先生に健康診断をしてもらうのも必要かもしれません。今までわたしが飼った犬たちは3匹。最初のアイリーンは...犬たちの老後。

  • モノクロに沁みる。

    先週は『親愛なる同士たちへ』と、きのうは『カモンカモン』を観ました。どちらもモノクロ、画面サイズはスタンダードサイズとビスタサイズ。いつも観ている映画とは少し感じが違いました。『親愛なる同士たちへ』は1962年にソ連で起こったノボォチェルカスク虐殺事件を取り上げています。物価が高騰して食糧不足が続いていたノボォチェルカスクでは、大混雑の食料品店で毎日の食料を買うのも大変でした。でも、共産党の市政委員会メンバーであるスヴェッカは、いつも裏からたくさんの食料やアルコールを受け取っていました。そんな中、機関車工場でストライキが起こりました。なかなか沈静化しないストライキに業を煮やした共産党は、工場に幹部を送ります。でも、事態は好転するどころかますます硬化。やがて軍隊が突入して、無差別の発砲が始まりました。工場の敷地は...モノクロに沁みる。

  • 春を感じて。

    きのうは『昭和記念公園』へ行ってきました。土曜日は長距離のランニングをしているKちゃん。先日、昭和記念公園を走ったときにチューリップが見事だったので、わたしにも見てもらいたいとのお誘いでした。チューリップにはそれほど惹かれませんが、行ってみるととてもきれいでした。園内はどこもかしこも新緑が美しくて、足取りも心も軽くウキウキ。パークトレインに乗って、園内1周を1時間、のんびりと座りながら移動。まだ残っていた桜の花びらがヒラヒラと舞って、膝の上に落ちました。のんびりと、たっぷりと、春を感じた1日でした。所々に名残のサクラ。今年は長く楽しめました。春を感じて。

  • 航海者たち、心の明暗。

    きのう『ヴォイジャー』を観ました。わたしは宇宙スペクタクルの映画が好きで、この映画の予告編を観て、居ても立っても居られなくなりそうになりました。きっとエイリアンに襲われるに違いない、目標の惑星にはきっとだれもたどり着けない、どんどん妄想が膨らんできました。地球温暖化により飢餓が地球を覆っていました。人類の存亡の危機打開のために存続が可能な惑星を探して、そこへ探査隊を送るという計画が持ち上がります。そんな惑星がみつかりましたが、惑星到着までは86年かかります。その86年の間に子供が大人になり子供を作り、またその子供たちの代で惑星へ到着するという計画です。そのために、試験管ベビーの子供たちを閉鎖空間の中で育て、そして、宇宙探査のための訓練が続いていました。10歳に満たない男女の子供たち30人と、子供たちの教官だった...航海者たち、心の明暗。

  • いつまでも眺めていたい②

    きょうのスミレはツルスミレ。これは園芸種で10年ほど前に小さなポットをひとつ買いました。手がかからないし、どんどん増えるので、3個のプランターで増殖中。いくつもの花がスクっと立っている様子は、凛としている感じがして好きです。伸びたランナーも美しいのですが、これ以上増やせないので、晩秋にはランナーを切っています。いつまでも眺めていたい②

  • いつまでも眺めていたい。

    きょうはとても暖かでした。ネコの額のベランダガーデンも気温の上昇と共に、いろいろな花が咲き始めました。とくに白色のスミレが1度にプァーっと咲いたので、うれしくなってブログにあげちゃいました。他の色のスミレも咲き始めたら登場してもらいます💗いつまでも眺めていたい。

  • 二トラム。

    きのう『二トラム』を観ました。オーストラリア・タスマニア島で起こった無差別銃乱射、35人が死亡し、15人が負傷した事件を映画化しています。小さなころから二トラムという蔑称で呼ばれていたマーティンの、情緒不安定な日常を淡々と描いています。二トラムはマーティンのアルファベットを逆読みしたもの。毎日住宅街の中にある自宅で花火をあげるマーティン。隣家からは怒りの罵声が毎日あびせられます。そんなマーティンに両親は半ば諦め気味、興奮すると大声を上げて暴れるので、抗うつ剤の投与が続いていました。通院に付き添っていた母親は、主治医から投薬はマーティンのためか自分のためかと聞かれます。少しためらってマーティンのためと答えます。でも、家族なら毎日毎日何かの問題を起こす息子を、少しでも静かにさせておきたいと思う気持ちは当たり前だと思...二トラム。

  • ポンペイ2,000年前の暮らし。

    先日『ポンペイ展』へ行ってきました。あしたで東京の開催は終了して、4月21日からは京都の開催になります。西暦79年イタリアのヴェスヴィオ火山噴火によって、古代ローマの都市ポンペイが地中に埋まりました。その当時の人々が使っていた道具、フレスコ画、モザイク画、いろいろな像が展示されていました。写真撮影がOKだったのですが、とにかく展示物のすばらしさに見入ってしまい、1枚も写真を撮れませんでした💦道具の精密さにはびっくりしました。それに、ただの道具なのに、細かい装飾がなされているのにはさらにびっくり。ポンペイの人たちのクリエイティブを追い求める気持ちが、少し分かるような気がしました。溢れそうになる創造力を押し止めることはできなかったのでしょう。テーブルの脚はみなライオンの脚になっています。今なら猫脚のバスタブみたいな...ポンペイ2,000年前の暮らし。

  • しあわせな溜息。

    きょうは目黒川沿いの桜を見にEちゃんと出かけました。毎年テレビのニュースで取り上げられるほど有名なお花見スポットですが、合わせてすごい混雑具合も取り上げているので、人混みが苦手なわたしには縁がない所だとずっと諦めていました。でも、もう60代も後半、このままでは一生行けないかも、そう思ったら居てもたっても居られない気持ちになりました。Eちゃんは以前出かけたとき、身動きができないほどの混雑だったので、100メートルほど歩いて帰って来たそうです。さて、きょうはどうなることやら・・・。覚悟していた混雑はそれほどではなくて、中目黒駅からすぐの目黒川、その景色を見た途端、「うわぁぁぁぁぁ、きれいぃぃぃぃぃ」「どーしよー、きれいすぎるよ」ずっと、とってもしあわせな溜息が続きました。そして、来年も来ようねって約束しました。しあわせな溜息。

  • 疲れた・・・。

    パートの仕事をしていたとき、3人で月に1度ランチ出かけていて、わたしがパートを辞めてからも続いていました。コロナ感染者が増えたので去年の12月が最後。そのときは忘年会も兼ねて夜の食事会になりました。それぞれのこの1年を話すのかと思っていたら、最初から最後まで最近職場で受けているいやがらせについて、熱く、熱く、Sさんが話し続けたのでした。「それはもう無視するしかないよね」とNさん。「でも、Iさんはおかしいですよね」とSさん。「だって、Iさんは普通じゃなさそうだし、まともに受けたらダメじゃないい?」とわたし。その日はその繰り返しでした。「ちょっとすっきりしました。来月も楽しみにしています」とSさんからLINEが来たので少し安心しました。1月になるとコロナ感染者が増えたので、ランチ会はしばらくお休みすることにしました...疲れた・・・。

  • プチ海外旅行気分。

    きょうはKちゃんとレイクタウンでウィンドウショッピング。初めにとてもステキなインテリア関連のショップのZARAHOMEへ行きました。フレグランスのコーナーには、アロマキャンドルとスティックディフューザーがたくさん並んでいました。ひとつを手に取って香りをかぐとすごくいい香り。「ねぇねぇ、すごくいい匂だよ」「アッ、ホントだ」「これはシンガポールのフォーシーズンホテルの匂い。こっちはアメリカのスーパーの匂い💦」「そうだね」Kちゃんはスプーン、わたしはアロマキャンドルとグラスを買いました。ランチは一蘭のラーメンと決めていましたが、鼎泰豐の前を通りかかったとき、「ラーメンじゃなくて飲茶にしない?」「うん、いいね」「さっき、シンガポールの香りに出会ったから、ランチは鼎泰豐が運命だよ」「そうだね」飲茶が大好きなKちゃんとわた...プチ海外旅行気分。

  • 歳を感じるときは?

    きのうは三好貴子さんの個展にEちゃんと出かけました。毎回新しいテーマに沿って作品が展示されています。どれもステキなものなので、ひとつ買いたいと思うのですが、やはりちょっと手が届かないかな💦それでポストカードを何枚か買いました。個展のたびにポストカードを買っていますが、帰ってファイルすると何枚かダブっているのです。きのうも3枚ありました、トホホ・・・。ダブったポストカードは誰かに出すことにします。ランチはフレンチトーストが評判の『マーサーブランチ銀座』へ行きました。Eちゃんが予約してくれたのですぐに入店できましたが、予約していない人たちの行列ができていました。テラス席が人気のようなのですが、まだ寒そうなので、テラスの手前の窓側の席を予約しました。わたしが頼んだのはstabu鍋挽き肉とナスのトマト煮込にフレンチトー...歳を感じるときは?

  • 事故の目撃。

    今朝、犬の散歩をしているときでした。バーンという大きな音がしたので音のほうを見ると、自転車に乗った人が乗用車にはねられて飛ばされて道路に落ちました。小さな交差点ですがメインの通路の信号は赤になっていたので、小さな道路から出てきた乗用車は青信号のため直進したのだと思います。たぶん自転車は赤信号は気にせずに渡ったと思われます。ま、それにしても乗用車の前方確認ができていなかったのでしょう。道路に倒れた人は身動きしません。事故を目撃したタクシーの運転手さんが、その人を歩道側に動かそうとしました。すると、少し離れた反対側の道路から大きな声がしました。「動かさないで!頭打っているかもしれないから!」そう言うとその人はもう救急車を呼んでいました。わたしは何もできずに現場を見つめていました。「すごい音だったね」と隣にいたおばさ...事故の目撃。

  • アンネとキティ。

    きょうは『アンネ・フランクと旅する日記』を観ました。「アンネの日記」を原案にしたアニメショーン映画です。いつもはアニメショーン映画は観ないのですが、高評価のレビューが多かったので出かけてみました。大嵐の日、オランダのアンネの博物館で、展示されているアンネの日記のケースが壊れて、日記の文字がクルクルと回りながら少女が現れました。その少女はアンネの空想の友だちキティ、時空を越えて現代に現れたのでした。壊れたケースから日記を取り出すキティ。日記を開くと昔に戻って、アンネと再会してたくさんの話をしますが、日記を閉じると現代に戻ってしまい、アンネも消えてしまいます。博物館の中にいるときのキティの姿は誰にも見えず、博物館から出ると実在する少女に変化するのです。日記の中の時代と今自分がいる時代が違っていることに気づかず、アン...アンネとキティ。

  • 癒しの灯り。

    今朝、気がつきました。「このごろ夜中に目が覚めなくなった」去年の2月に仕事を辞めてから、夜中に1、2回、多いときは3回ぐらい目が覚めていました。そして、目が覚めるとなかなか寝付けずにいたので、心も体もくじけ気味でした。家でゴロゴロしているから、夜の睡眠が浅くなっているのだ・・・と、仕方がないのだと諦めていました。今年の初め、友人にそのことを話したら、「焚火の動画見ると睡眠が深くなるみたいだよ」と言われたので1ヶ月程、寝る前に焚火の動画を見るようにしました。確かに焚火や暖炉の動画は気持ちが落ち着くような気がしました。でも、相変わらず夜中に目が覚めることは続きました。先月に入ってキャンドル動画を見るようになりました。焚火や暖炉の関連でキャンドルが画面に出ていたのを、偶然見るようになったのですが、キャンドル動画がとて...癒しの灯り。

  • 懐かしい風景。

    映画を観るときに今のメガネでは、とても観ずらく感じていたので、予備に持っていたメガネを遠方用の単焦点のレンズに替えました。今年は無理かもしれないけれど、来年ぐらいには海外旅行もできるかも・・・と期待を込めて、古いサングラスもレンズを替えました。暖かかったので上野のメガネ屋さんから合羽橋へ出かけてみました。結婚式の引き出物の食器をフリマへ出そうと整理したら、残ったものは無印良品と、化粧品会社のおまけでもらった食器ばかりでした。化粧品会社のおまけの食器はわりと気に入っていますが、無印の白い食器は無難すぎて、少し違うものが欲しくなりました。カトラリーは全部バラバラで、フォークは無印良品、ナイフは母が大昔に買ったもの、よく使うスプーンはその都度いろいろなものを買ってました。なので、カトラリーセットも探したいと思っていま...懐かしい風景。

  • Happy birthday♡

    モナはきょうで7歳になりました♡小型犬のモナは人間でいえば44歳ぐらい、もう中年ですね。人間が大好き、やさしい犬にはフレンドリーです。でも、売られたケンカは買っています(笑)。わたしの言うこともおおかた理解していて、わたしにとって娘のような存在。あと10年は一緒にいられるといいのだけれど、どうでしょうね。きょうはモナの写真をいくつか載せたいと思います。しばし、親ばかにお付き合いください。(あっ、ジークも元気です)飼い主の満足度が高いプレゼントの首輪とリード💦モナの反応は薄かった・・・。Happybirthday♡

  • 初めてのクーリングオフ。

    去年末にネットをS社に申し込んだとき、電話がかかってきたのは代理店でした。それは電話の途中で代理店だと言う申し出があり、わたしはそれでも契約できるなら構わないと思って契約しました。長い契約内容を電話で話されましたが、なかなか頭に入って来ず、メモを取りながら、何度も聞き直していました。その後、S社とも4回ほど直接電話のやり取りがあって、いろいろな書類が送られてきました。今月初めに見知らぬ会社から、よく内容の分からない登録完了通知書が届きました。問い合わせ電話の受付時間が過ぎていたので、翌日、問い合わせのフリーダイヤルに電話すると、1が解約、2が〇〇サービス、3が△△サービスとのメッセージ。1の解約を選びましたが、それ以上進めません。2と3は登録完了通知書に記載されている契約サービスはありませんでした。3を押してオ...初めてのクーリングオフ。

  • たくさんの人生と出会う。

    きょうはマンションの消防用設備点検と、排水管清掃がありました。朝9時ごろから「火事です!火事です!」のアナウンスが入って、そのたびにジークとモナが吠えたてます💦10時には家にも係の人が来て作業を始めました。ソファとフェンスをバリケードにして作業の邪魔にならないようにしていますが、ソファによじ登り小さく唸りながら侵入者をチェック。小さなモナは隙間から出そうなのでずっと抱っこしていました。このマンションはペット可なので、他の部屋でも同じような感じでしょうか。うるさい犬たちにちょっと疲れました。しつけができない自分のせいなのですが・・・。さて、話は変わっておととい観た『ライダーズ・オブ・ジャスティス』、悪役でもいい人役でも、いつもとてもステキでカッコよいマッツ・ミケルセンなのですが、今回はなんだかヘン、役柄もいつもの...たくさんの人生と出会う。

  • 映画と外ごはん。

    先週3回目のコロナワクチン接種が済み、あれから10日ほど経ったので映画を観に行きました。きょう公開の『マヤの秘密』と、以前から観たかった『ライダーズ・オブ・ジャスティス』の2本です。両作品ともレビューはそれほどではありませんが、それぞれ主演のノオミ・ラパスとマッツ・ミケルセンが好きなことと、同じ映画館の上映で2本が続けて観られる時間帯で、一石二鳥な感じで出かけてきました。1950年代、アメリカ南部の郊外で、夫で医者のルイスと息子のパトリックと幸せに暮らしているマヤ。パトリックと広場で遊んでいると聞き覚えのある指笛を聞きます。それは何度も飼犬を呼んでいました。そのときマヤは心に抱えている闇に引き戻されるのです。マヤは第二次大戦後ドイツの収容所から数人の女性たちと共に、故郷のルーマニアを目指して逃げ帰る途中、ナチス...映画と外ごはん。

  • ソファの毒。

    この頃はずっと家にいて毎日変化なし。コロナ感染者の急増で、いつも無頓着なわたしも外出を控えています。朝の犬散歩、夕方の犬散歩、3日に1度ぐらいのスーパーへ買い物、それ以外のほとんどはソファに座ってYouTubeを観ています。しばらく腰の調子がよかったのですが、ソファに座り続けていたせいで、きょうプチギックリをやりました💦あ~ぁ、やっちまったか・・・。寝込むほどではありませんが、動くたびに痛くて・・・(涙)でも、冷蔵庫に食べるものなし、スーパーへ行かなくてはなりません。プチギックリなので少し動いたほうがいいと思って、いつも自転車で行くスーパーへ歩いて行きました。行きは順調、でも、途中でお米がなかったことに気がつきました。自転車で来ればよかった・・・なぁ。トイレットペーパーも買いたいし、でも、牛乳は今度にしようかな...ソファの毒。

  • 楽しみができました。

    毎年参加していたフリーマーケットですが、去年と一昨年はコロナ禍のため中止になっていました。でも、今年は開催が予定されたので、きょう申し込みをしました。コロナ感染の対策のためブースとブースの間を1メートルあけること、入場時間を遅らせること、入場者数の制限をすることなどの対策をするようです。そのためブース数が減るようで、出店料が今までの1.5倍になっていました。今までと同じように出店希望者があれば、狭き門となるかもしれない・・・。抽選で希望の日程がとれるように祈っています。1年に1度の楽しみでしたから、開催されなかったのはとても残念でした。従妹がメルカリにハマっていてわたしにもすすめてくれました。何回かメルカリに参加しようと思いましたが、フリマで買いたい人とおしゃべりしたり、値段交渉されたり、そんなことがとても楽し...楽しみができました。

  • 91歳もマッチョ。

    おととい歯の定期検診で歯科へ出かけました。勤めていたときに20年ほど通っていた歯科医院です。勤めを辞めてからは地元のいくつかの歯科医に行きましたが、どこもなんだか先生としっくりこなくて、前歯の歯並びが悪くなってきた2年ほど前から、また通い始めました。「また少し前に出てきてる気がするんです。先生はそれほどでもないと思っているかもしれませんが、わたしは毎日この歯を見てチェックしているんです」「でも、上の前歯にぶつかっているでしょ。これ以上は出ないから」「だけど、気になって舌でいつも触っちゃいます」「あっ、それはよくない。できるだけ触らないでください。小さな刺激でも毎日毎日だと歯並びに影響しますから」「えっ~、気をつけます」とにかく話しやすいので通っています。都心に出たついでに映画を観ようと思いました。観たい映画は都...91歳もマッチョ。

  • 花は少なかったけれど。

    きのう、とみやま水仙遊歩道へ行ってきました。3年前に行ったときとてもきれいだったので、また出かけました。前は遊歩道のどこもかしこも満開のスイセンに感激しましたが、今回はちょっと残念でした・・・。高速バスでハイウエイオアシス富楽里まで行き、そこから10分ほど歩いたら着くはずですが、なかなか見つかりません。農作業中の男性に場所を尋ねると、「今来た道に公民館があったでしょ。そのすぐ先に案内板があるよ。でも、今年はパッとしないな」とみやま水仙遊歩道は小高い丘に細い道が続いています。その両側の一面にスイセンの花が咲いているはずでした。でも、もうすでに茶色く枯れ始めた葉が・・・💦3年前は写真を撮りながら歩いて時間がかかりましたが、今年はあっという間に丘を登りきってしまいました。先回残雪のために登れなかった展望台へ行き、東京...花は少なかったけれど。

  • 海外交流。

    去年のクリスマスイブにレストランで食事をしようと思っていました。予約しようと思っていたときにYouTubeの、『孤独のグルメ』で見たごはん屋さんへどうしても行きたくなりお店を変更、御徒町にある『羊香味坊』へ行きました。クリスマスイブに中国東北地方の料理なんてオシャレじゃないけれど、もうすっかり花より団子世代ですからね。でも、この団子は最高においしかったのです。最初に来たラム5本セットを食べた途端、ハートと胃袋を一気に鷲づかみされました。ラムショルダー、ショルダーとエリンギ、ラムレバー、ラムランプ、ラムネック、5本がそれぞれに違うスパイスで調理されています。ラム肉と中華料理が好きならば心を奪われるのは必至。一緒に行ったKちゃんがまた『羊香味坊』に行きたいと言うので、きのう再訪しました。開店と同時に店内は人でいっぱ...海外交流。

  • 知らなかったこと。

    年末年始はKちゃんが泊まりに来て、元日にはYちゃん夫妻が来ました。新年会はおせちと鍋にしようと思っていたら、Kちゃんが「コロナがあるから鍋はやめてほしい」と言うのです。Yちゃんもわたしも鍋は大丈夫でしたが、Kちゃんがそういうのなら仕方ありません。慌てて別のメニューを考えました。最近はちゃんと料理をしていないので、YouTubeやレシピ本などで、いくつか考えましたが、お正月らしい華がない・・・。そこでお刺身盛り合わせを用意することにしました。Yちゃんから予定の1時間前に到着しそうだとLINEが来ました。まだ、ほとんどの料理ができていません。ちょっとパニくりながら準備💦💦💦コロナを気にしているKちゃんのために、おせちとお刺身は個別のお皿に盛り付け、他の料理には取り分け用のお箸をそれぞれにつけました。おせちは海鮮好き...知らなかったこと。

  • 人の振り見て・・・。

    今週の初めベランダに変なものが落ちていました。冷凍餃子の受け皿のようなものに酢醤油が入ってものでした。最近風の強い日が多かったので、どこからか飛んできたのかと思いました。すると、翌日はミカンの皮の一片が落ちていました。今度もまた強風の仕業だと思っていましたが、きのうエレベーターの壁に、「ゴミ室の前の道路にミカンの皮がいくつも落ちていましたが、ベランダから投げ捨てているという目撃情報があり、こういった迷惑行為はなさらないようにお願いします」という張り紙がしてありました。あらら、じゃあ、もしかしたら、うちのベランダに落ちていた冷凍食品の受け皿やミカンの皮も、そうなのかしら・・・💦そう思って今朝ベランダに出てみるとまたミカンの皮が落ちていました。まだ皮は乾燥していないのできょうの物なのでしょうね。うちのマンションは全...人の振り見て・・・。

  • 恥ずかしい話。

    以前ネスプレッソのカプセルが入らなくなって、修理依頼をしました。電話で対応してくれた人の指示に従って、何回かカプセルをセットしようとしましたが、うまくいかずに修理依頼になりました。翌日修理中の送ったものと同じ機種の代替品が届きました。まずは1杯コーヒーを入れました。久し振りに飲むネスプレッソはおいしくて、続けてもう1杯。・・・するとカプセルがうまく入らない。えっ、えっ、えっ~💦💦💦修理に出したもののときと同じ状態です。何度も繰り返してやってみましたが、どうしてもうまくいきません。また、ネスプレッソに電話して状況を説明しました。そして、また電話で操作の指示に従ってカプセルを入れてみました。とても丁寧で分かりやすい説明でしたが、やっぱり、うまくいかない・・・。「また別の代替品は送っていただかなくてけっここうです。わ...恥ずかしい話。

  • 60年前の100歳現役。

    Mちゃんに誘われて先日世田谷美術館で開催されている『グランマ・モーゼス展』に行ってきました。あんまり絵画には興味がないので、何も調べずに出かけましたが、グランマ・モーゼスは101歳で亡くなるまで絵を描き続けたというのでびっくり。グランマ・モーゼスは絵を描くお祖母さんという愛称。アメリカの国民的画家として知られているアンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼスの約130点の絵画が展示されていました。そのほとんどがアンナの暮らしていたアメリカの農村の四季折々の風景。クリスマスや結婚式、ハロウィンなどのアンナが見ていた日常がテーマです。作品は一貫して素朴なタッチで描かれていました。農場の主婦であった彼女が絵筆をとったのは、70歳を過ぎてからというので、また、びっくりしました。リウマチになってそれまで趣味だった刺しゅうがう...60年前の100歳現役。

  • 歳をとるということ②

    きのうからの続きです。Oさんからのメールはとても腹が立ちましたが、Yちゃんはわたし以上に怒っていました。いつもならわたしのなだめ役のYちゃんですが、今回は立場が逆転、わたしが「まぁ、まぁ」と言っていました。その日はふたりとも気が立っていていたので、一晩気持ちを寝かせてから返事をしようということにして、翌日、お詫びと旅行をやめるメールを送りました。言いたいことはたくさんありましたが、もうこれ以上Oさんとやり取りするのはイヤでした。Yちゃんもわたしのあとに旅行をやめる旨のメールを送りました。すると、またOさんからメールが来ました。今度は実に丁寧に、「今後のふたりの人生が充実しますように。」と結んでありました。はぁ~ん!!!何言ってんの!!!これって絶縁状じゃないの???ここまでしなければならない心理はなんなのでしょ...歳をとるということ②

  • 歳をとるということ。

    先日Oさんからメールが来ました。「大阪のご案内、拝見しました。が、なんとも分かりづらい。部屋割りのこと、日程のこと、これらのまとめの文章のがありません。これが幹事役の仕事?まとめのインフォメーションはゼロに近い。以前のpakuからは考えられない。やる気がないのなら、最初から言ってください。この程度の事務しかできない人と旅をしてもおもしろくなるはずがない。予約金を払ってでも、やめたほうがいいのでは?がっくりしています。」7月に昔の友人たちやわたしと長野に行ったのが楽しかったOさんは、そのことを昔からの友人、大阪のTさんにメールしました。するとTさんからOさんとYちゃんとわたしで大阪に遊びに来ませんか?とお誘いがありました。25年ほど前、OさんとYちゃんわたしとTさん一家で、3週間カリブ海を旅したことがありました。...歳をとるということ。

  • 年賀状の付き合い方。

    今年も何もせずに1年が過ぎました。コロナ禍で海外旅行にも出かけられず、代わりの楽しみも見つけられず、あっという間にダラダラした時間だけが過ぎて行きました。40年以上年賀状は前年の海外旅行の思い出を、写真やイラストで作っていました。去年はギリギリ2月に台湾に行って、それも楽しい旅だったので、1年の締めくくりのけっこう楽しい作業でしたが、今年はな~んにもなし・・・。どうしよう・・・、富士山か干支の年賀状か、まったく気持ちが盛り上がらない今日この頃です。出す年賀状数もいただく年賀状もだいぶ減ってきています。交際範囲が狭くなっているので、年賀状だけのお付き合いは、もうそろそろいいのではないかと思い始めました。好きな人、大切な人と思う人たちに、心を込めたおめでとうを言いたいなぁ。最近の連絡はLINEが多いので、LINE年...年賀状の付き合い方。

  • もう一度言ってください。

    友人たちと話していると、話の内容がよく分からないときがあります。ちっょっと話が込み入って複雑なときは、すぐに理解できずに、「もう一回言って・・・」と聞き直してしまいます。そして今度は、「それって一緒ってこと?」「あゆみはダンナの従妹で、ゆみこはダンナの妹?」などと確認しながら、話を聞くようにしています。以前なら少し複雑な話でも頭の中ですぐに組み立てができました。でも今はダメ、話がかたまってしまい、言葉のひとつひとつがほどけてきません。YouTubeとAmazonvideoを見るようになって、スカパーのスターチャンネルとJ:COMは見なくなりました。スカパーはすぐに解約しましたが、J:COMはネット回線とWi-Fi、固定電話、電気料金のセットで契約してあるので、ちょっと面倒くさそうなので放ってありました。でも、さ...もう一度言ってください。

  • 自分の中のもう一人の自分。

    おととい『ファイト・クラブ』を観てきました。最近観始めたAmazonvideoのメニューにも入っていましたが、日本橋で上映されていたので、スクリーンで観たくなり出かけました。10年ぐらい前にテレビで観てとても衝撃を受けて、またいつか観たいと思っていました。不眠症で眠れないジャックは、薬を処方してくれない医師から言われます。「世の中にはもっと大きな苦しみを持っている人がいる」そして、難病を抱えた人たちが集まる集会に行くようになりました。するとその夜ジャックはぐっすり眠ることができたのです。それで、色々な患者の集会へ通うようになりました。ジャックは出張の帰りにタイラーと名乗る男性と知り合います。バーで飲んだあとふたりは殴り合いを始めます。ケンカではなくて、まるでスポーツのように殴り合うのです。するとジャックは夜よく...自分の中のもう一人の自分。

  • プレゼント考。

    おととい、従姉妹たちとその夫たちの食事会に呼ばれました。従妹の家で手料理の食事会です。わたしの誕生月というので、従姉妹たちからはプレゼントをもらいました。わたしも従姉妹たちにちょっとしたもの、夫たちには日本酒を持っていきました。わたしのは食事に呼ばれたので手土産的なもので、全部消耗品なので使えばなくなっていくものです。従姉妹たちからのプレゼントは、手袋と靴下でした。家のチェストの中は、手袋も靴下もぎっしりです。でも、わたしへの心遣いは本当にありがたく思います。数年前わたしは親しい友人たちに、誕生日のプレゼントはやめてほしいと頼みました。いただくのは小物類がほとんどで、自分の好みにぴったりというわけにはいきません。もうずいぶん歳なのだから、自分の好きな物に囲まれて過ごしたい。友人たちには、誕生日には一緒に食事をし...プレゼント考。

  • 冷えた日。

    きょうは、Kちゃんと北千住の『ビリヤニ食堂』に行ってきました。11:30開店、わたしたちが着いたのが11:40ごろ。10席ほどの店内は満席で、順番待ちのリスト表に名前と電話番号を記入。「席が空きましたらお電話します」「だいたい30分ぐらいですか」「それは分からないです」順番待ちのリスト表の注意書きには、電話に出なかったときはキャンセル扱いになります、と書いてあったので、スマホを握りしめて、北風の吹く街をブラブラすることにしました。まだか、まだかと、スマホを見つめながら待つこと1時間、握ったスマホが震えました。「pakuさんですか。お席ができましたのでご来店ください」店内は古い住宅を小さな食堂にしてあって、テーブル席6名、カウンター席4名ありましたが、コロナの影響なのか、満席にはしてありませんでした。待たずに食べ...冷えた日。

  • かわいい認知症になれるでしょうか。

    先週『フォーリング50年間の思い出』を観ました。ウィルスは認知症になって、田舎の農場のひとり暮らしはできないと、息子のジョンと娘のサラの家の近くの施設探しのために、ジョンとジョンの家族の住む家に向かっていました。途中、飛行機の中では訳が分からなくなって大声を出したり、トイレの出入り方が分からずにと騒ぎを起こします。やっと着いたと思ったら、機内に忘れ物をしたとウイルス。忘れ物を持って戻ったジョン、でも、ウィルスの姿はありませんでした。どうにか自宅で合流できましたが、そこからは執拗と思えるウィルスの言葉の攻撃が始まりました。認知症だからなのか、元々の性格なのか・・・。50年前のウィルス一家の様子が、現在のジョン一家の様子と交互に現れます。若いころのウィルスは妻や子供たちにはやさしくありませんでした。ジョンの誕生日会...かわいい認知症になれるでしょうか。

  • 思い出回路の活性化。

    きょうは2年ぶりに友人たちと会いました。いつもなら1年に2、3回一緒にランチしていましたが、コロナ禍でなかなかタイミングが合いませんでした。友人たちは一番最初に勤めた会社の同期です。その同期会は7、8年前までなんとなく続いていましたが、ここ数年は沿線が同じ3人で会うようになりました。21、22歳のころ、海やスキーや飲み会、その他の催しで、いつもワイワイガヤガヤと一緒に行動していました。わたしとNさんのそのころの記憶は曖昧ですが、記憶力のいいFちゃんのおかげで、思い出が次々によみがえってきました。「〇〇さんと△△さんが廊下ですれ違ったとき、ふたりが目で挨拶するのを見たんだ。ふたりは他の人には分からないと思ってたと思うけど、社内恋愛って分かっちゃうよね」「うちの課の◇◇さんが△△さんと付き合ってて、結婚のことを親に...思い出回路の活性化。

  • 老化の年ごろ。

    先日、出かけたついでに従兄の家に寄ってきました。伯母が施設に入っていたときは1ヶ月に1度、従兄の車に同乗させてもらい、施設に着く前に昼食をしながらお互いの近況報告などしていましたが、去年からのコロナ禍で伯母との面会はできなくなりました。そして今年の2月に伯母が亡くなると、従兄からの電話は減り、わたしも特に用もないので連絡をしていませんでした。近くに来たから寄りたいと、突然電話をすると、おいで、おいでの返事。お土産を渡して家に上がると、片付けが得意ではない従兄嫁、台所も居間も散らかりっぱなし。ま、わたしも人のことは言えないけれど・・・。従兄夫婦の住まいは4階建ての3・4階、1階と2階はアパートになっています。4階には独身の息子が2人、その衣食住のほとんどが親がかり。従兄は腰が悪く手術をしましたが、リハビリはせず、...老化の年ごろ。

  • しあわせな胃袋。

    おとといはわたしの誕生日の食事会でした。以前から行きたかった横浜の中華街にある『南粤美食』へ出かけました。テレビ東京の孤独のグルメで登場した広東料理のお店です。番組で観た料理はどれもこれもおいしそうで、これは絶対に食べなくてはならないと強く思いました。ただ、店内は狭く行列は必至、少なくとも1時間は並びそう💦予約は4人からのコース料理のみを受け付けていて、5,000円、8,000円、10,000円、20,000円となっています。わたしのために高いお金を使わせるのが心苦しい・・・。でも、一緒に行くMちゃん、Kちゃん、Yちゃんは、並ぶのはイヤだからコース料理にしようと言ってくれました。開店10分前にお店に行くと、すでに50人ほどが並んでいました。いゃ~、びっくり、予約しておいてよかった。初めはクラゲ、キュウリ、チャー...しあわせな胃袋。

  • ご恩は忘れません。

    おとといはEちゃんと銀座で会う約束でした。その前の日は遅くまでネットでいろいろと調べていたので、ついつい、寝る時間が遅くなりました。翌日は時間ギリギリの朝寝坊💦慌てて支度をして、Eちゃんに渡す物は?、PASMOは?、お財布は?、ハンカチは?、食後の薬は?・・・と頭で確認しながら、持ち物を再チェック、よし!と思って家を出ると、駅へ向かうバスもちょうど来たところ、ラッキー!きょうは運がいいよ~、と満員のバスの最後に乗り込みました。ドアが閉まってバスは動き出し、そのとき、「あっ、マスク忘れた!!!」と思うより先に口走りました。急いでハンカチをバッグの中で探してゴソゴソ。するとわたしの横にいた中年の女性が、「よかったらこれ使って」と自分のマスクケースから1枚を取り出して渡してくれました。「ありがとうございます」そのとき...ご恩は忘れません。

  • 次の季節へ。

    11月になりました。ヒマだヒマだと言っているうちに、時間がどんどん過ぎてます。8年前に買った水仙がずっと植えっぱなしでした。去年からは花が咲かなくなって、今年の春に球根を彫り上げて、そのまま放っていたら、あ~ら、芽が出始めてる💦慌ててきのう植えつけました。狭いプランターの中でも球根は増えていて、きっとギュウギュウだったのでしょう。たくさん球根ができていました。ふたつのプランターに分けて植え、そこに入らないものは、あした会うEちゃんに渡そうと思って、小さなプランターに植えました。ハロウィンが終わったばかりで、クリスマスはちょっと気が早いかな・・・。でも、玄関にリースを飾りました。ためてあったリボンと100均のクリスマス用品でおととし作った簡素なものです。それでもなんだか、ほっこりとうれしくなります。去年は飾らなか...次の季節へ。

  • 大きな満足感。

    あるYouTubeでとてもよいと紹介されていた『最後の決闘裁判』を観てきました。そのYouTubeは中年男性2人が掛け合いながら、映画の紹介をしています。(おじさんといっても、ふたりともわたしより年下です)『ノー・タイム・トゥ・ダイ』では、突っ込みどころ満載で紹介をしていました。いくつかほかの映画紹介のYouTubeも見ましたが、とても評価が高くて、わたしが感じたものとはずいぶん違っていましたが、おじさん2人の『シネマサロン映画業界ヒットの裏側』を見たら、そうそう、そうそうと頷くことばかりで、わたしの中のモヤモヤしたものがスーッと消えていき、これで『ノー・タイム・トゥ・ダイ』を観終えた気持ちになりました。そして、そのおじさんたちが推している『最後の決闘裁判』なら観よう!と出かけて行きました。1386年、フランス...大きな満足感。

  • けいこちゃんのしあわせ。

    Eちゃんから横浜のイングリッシュガーデンに誘われました。園内はハロウィン風になっているらしいのです。ハロウィンの飾りつけを見て秋を感じてこようと出かけてきました。ハロウィンが日本に入ってきたころ、わたしはもうすっかり大人。わたしの周りには、子供たちや、ハロウィン好きな若者もいませんでしたから、きのうはハロウィン初体験でした。クリスマスは小さなころからあったような気がします。でも、家が商売をしていたので、家族でクリスマスパーティはしなかったです。近くのパン屋さんで、お菓子の入ったクリスマスブーツを買ってもらいました。社会人になってからは会社のパーティ、友人たちとの会食で、家族で過ごすことはありませんでした。そして、今はクリスマスイルミネーションを見て、食事をするぐらいです。結婚をして家族ができていれば、もう少しア...けいこちゃんのしあわせ。

  • 挨拶する人、しない人。

    少し前、朝の犬散歩から帰ってマンションのエレベーターを待っていました。エレベーターのドアが開くと、3人の小学生が降りてきたので、「おはようございます!」と言うと、「・・・」「・・・」「・・・」わたしと犬たちの存在をまるで感じないかのように、3人とも通り過ぎていきました。えっ・・・、と思ったものの、きっと、あの子の親たちも、こんなとき挨拶をしていないのだろうと、熱くなりそうな心に言い聞かせました。そして、その日の夜7時ごろ、夜の犬散歩へ出かけるとき、エレベーターホールで勤め帰りの女性に出会いました。「こんばんは!」「・・・」年齢はちょうど朝の小学生の親世代。う~ん・・・、なんだかね・・・。道で見知らぬ人とすれ違ったんじゃないですよ。同じマンションに住んで、顔を合わすことだってよくあることでしょ。以前からこのマンシ...挨拶する人、しない人。

  • 『イマドキの野生生物』

    きょう、東京都写真美術館で開催されている宮崎学さんの、『イマドキの野生生物』展に出かけてきました。宮崎さんは永年にわたって野生生物の写真を撮り続けています。先日、NHKの日曜美術館の再放送で、宮崎さんの最近の活動を見ました。そんな折、同じ番組を見ていたMちゃんから写真展へ誘われたので、ランチ付きならOKと返事しました。30年ほど前には、宮崎さんの写真展や講演会に何回か行っていました。宮崎さんの野生生物に対する情熱はすごくて、あるときの写真展の懇親会でイナゴの佃煮が出されたときは、びっくりもしましたが、納得する気持ちも強かったです。全ての自然をありのまま受け入れる、長野県の伊那で暮らしている宮崎さんには、イナゴの佃煮は、おしゃれなクッキーよりも、おもてなしの心が詰まっていたものだったかもしれません。NHKで見た再...『イマドキの野生生物』

  • 運動不足と股関節痛。

    朝起きると腰痛と左股関節痛があります。少しストレッチをしてから動き始めればいいのでしょうが、ベットから起きると2匹がわたしを見つめています。ごはん!お散歩!と言っています。なので、すぐに、犬たちのフードを出してから身支度をして出かけます。朝の散歩中は腰痛サポーターをしていますが、歩きは緩慢なので引きが強いジークには注意しています。まだジークが若いころ、強く引っ張られて、前のめりに転んで唇をひどく切ったことがありました。朝に入浴するので、散歩から帰って来ると浴槽にお湯を入れて温まると、腰の痛みも少し和らぎます。先日3カ月ぶりに整体に行きました。「お久しぶりです。体調はいかかですか」「腰が痛いのと、左の股関節が痛いんです」「そうですか。では、その辺りから始めましょう」左股関節の周りをマッサージしてもらうと、そのたび...運動不足と股関節痛。

  • おすすめします。

    きのうは『偽りなき者』を観てきました。7、8年前にテレビで観て印象に残っていた映画でした。3日間の再上映、料金は誰でも1,000円。中華街にも行きたかったのもあって、横浜へ1時間半かけて行ってきました。デンマークの小さな町で幼稚園の先生をしているルーカスは、園児たちに人気の男の先生。他の先生が女性ばかりとあって、男の子たちと取っ組み合いの毎日。その幼稚園にはルーカスの親友の娘クララも通っていました。忙しい両親に代わりクララと一緒に幼稚園に通うこともしばしば。クララにとってルーカスは、頼もしい先生というだけでなく、ほんの少し異性を意識するような存在でした。ある日、クララはルーカスに手作りのビーズのハートをプレゼントします。そしてルーカスの唇にキスします。ルーカスから唇のキスはダメだよと言われて、ビーズのハートは他...おすすめします。

  • 片づけ続いています。

    こちらでは台風16号の影響があまりなかったです。犬たちの朝夕の散歩はびしょ濡れを覚悟していましたが、朝少しだけ濡れただけで大丈夫でした。それでも雨降りの外出はイヤなので、家にいて洗面所の整理をしました。以前の台所と洗面所のシンク下の整理は比較的順調に進みましたが、洗面所のシンク周りの整理は大変でした。シンク下にあった物は目的別にケースに入れればよかったのですが、洗面所の上や横のケース、棚には、物があふれていて、使っている物、使っていない物、洗面所には関係ない物、それらがごっちゃになっていました。収納場所が狭いので工夫しなければなりませんが、どうやっていいのか分からずに、テレビ前に戻って収納のYouTubeを見ては、そのまま30分も見続けて、また洗面所に戻り、そんなことを繰り返していました。before↓afte...片づけ続いています。

  • フリーズドライの恋心。

    おととい『ホビット』シリーズの3部作を観に行きました。午前10時から午後7時までの長時間です。パンとおむすびと飲み物2本とアメ、そして腰用のクッションを持って出かけました。わたしは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズが大好きで、15回映画館で観ましたが、15年ほど前、同じ映画館で3部作も観ました。そのときの会場はほぼ満席でしたが、今回は3分の2ほどでしょうか。30代40代の人たちが多かったです。『ホビット』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の話で、人間、ドワーフ、エルフ、魔法使いたちや、悪の勢力のオークたちが暮らしています。ドラゴンに奪われたドワーフの金の王国の奪還の旅に、ホビットのビルボ・バギンズが同行しますが、前回の大戦で地下深く葬られたはずの、闇の帝王サウロンが復活の予兆が現れ始めていました。その...フリーズドライの恋心。

  • 敬老の日に思うこと。

    きょうは敬老の日ですね。よく知らなかったのですが、老人の日っていうのもあるようです。なんか、老人の日って???、敬老の日だけでよくないですか?老人って言葉もムムムって感じです。わたしは自分が高齢者であることには、自覚を持ち始めています。でも、老人じゃないぞ、わたし!と、息巻いていますが、最近は自分の老化現象に慣れてきました。でも、60歳を過ぎたころ、老化していく心身にとても戸惑いました。気持ちが落ち着かず苦しくて、このブログを始めました。自分の気持ちや体調を書きだすことで、自分の老化現象を少しは客観視できるようになりました。顔のシミやシワ、白髪、手のブシャール結節やヘバーデン結節などは、自分の体の一部と思って受け入れられるようになりました。手の爪の縦ジワもやっと自分のものだと思えるようになり、最近はどこへも出か...敬老の日に思うこと。

  • 収納の神たちに感謝。

    YouTubeをテレビで見るようになって、普通のテレビ番組を見なくなりました。犬や猫のチャンネル、いろいろなアーティスのコンサートやアルバム、食べ歩きや、DIY、不動産内見、普通の人たちのライフスタイル、ちょっと主張のある人たちのチャンネルなど、スマホでちょっと覗いていたときよりはずっとのめり込んでいます。中でも最近は収納のチャンネルにハマっています。無印良品、ニトリ、セリア、ダイソー、キャン★ドゥなどの収納用品を使って、キッチン、洗面所、リビングなどの収納を紹介しているのですが、ま、みなさん、ホントにお見事、すばらしく整頓されています。わたしは小さいころから整理整頓や片付けができなくて、20年ほど前には足の踏み場のなくなってしまった自分の部屋(続き2部屋)を、仲のよかった友人2人に片づけてもらったことがありま...収納の神たちに感謝。

  • 映画とランチ。

    相変わらず毎日暇です。でも、感染者数が減ってきているので、都心へ出かけようと思っています。きょうは日本橋に映画とランチに出かけました。観た映画は『モロッコ、彼女たちの朝』です。小さなパン屋を営むアブラの前に現れたのは、臨月のお腹を抱えたサミア。イスラム社会は未婚の母はタブー視され、サミアは仕事も家も失い、仕事を求め歩きますが、どこでも冷たくあしらわれてしまいます。アブラもまた、仕事はないと断りますが、夜になり路地の隅で横になっているサミアを見て、放っておけず1晩だけと言って家に招き入れます。そして、アブラと娘、サミアの生活が始まります。ワイドな画面が少なくて、アブラとサミラの表情をとらえたシーンが多く、彼女たちの心理を読み解くのは多少疲れました。前評判やレビューは高評価ですが、わたし好みではないかな・・・。最後...映画とランチ。

  • 前向きに生きるには。

    久しぶりに銀座で映画を観ました。『アナザーラウンド』はデンマーク、スウェーデン、オランダの制作で、第93回アカデミー賞国際長編映画賞を受賞しました。わたしの大好きなマッツ・ミケルセン主演です。マッツ・ミケルセン扮するマーティンは高校の歴史の教師。マーティンの授業は退屈で生徒たちはほとんど聞いていません。ある日、保護者から授業に対するクレームが出てしまい、落ち込むマーティン。仲の良い同僚4人の食事会でその話が出て、奥さんとうまくいっていないことも打ち明けます。車で帰るマーティンはアルコールを飲んでいませんでしたが、流れてくる涙をごまかすように、ウォッカやワインを一気に飲み始めます。そのとき、仲間のひとりがノルウェー人哲学者の、「血中アルコール濃度を一定に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論がある...前向きに生きるには。

  • 耳と映画の老化。

    9月になりました。なんだかあっという間ですね。去年からのコロナ禍で何もしないうちに時間がたっています。耳鳴りが始まって1年ぐらいたちましたが、これも何もしていませんでした。そのままでいいかと思っていましたが、この間内科の主治医に検診結果を持って行ったときに、聴力が落ちているので耳鼻咽喉科へ行くように言われました。それで、耳鼻咽喉科で聴力検査をしました。人間ドッグでは1,000Hzと4,000Hzの2種類の検査をしましたが、耳鼻咽喉科では125Hzから8,000Hzの7段階の検査と、鼓膜に圧をかける検査をしました。先生は検査結果の表を指しながら、「これを見てください。前の検査で聞こえなかった所は聞こえてるでしょ。人間ドッグのときは耳の具合というよりも、何かタイミングが悪かったんじゃないのかな」「あの、耳鳴りもする...耳と映画の老化。

  • 暗雲を払うもの。

    毎日毎日退屈で心がしおれるばかりです。コロナ感染者数も増加するばかり。いつになったらこの閉塞感から抜け出せるのかしら・・・。でも、世界中がコロナウィルスで大変なのだから、みんながとっても大変なのだから、そう思っても、買い物や外出を減らしていく毎日の生活で、やっぱり、煮詰まった思いがふつふつとしてきます。新しいテレビでYouTubeを観ることが増えました。小さなスマホの画面よりはとっても観やすい、テレビをつけているときはほとんどYouTubeを観ています。スマホで観ていたときは海外アーティストの歌や、不動産の内見チャンネル、飼い犬や猫のチャンネルを観ていましたが、テレビでは何人かの人たちの生活を流しているチャンネルを観るようになりました。そして、その人たちの前向きさ、チャレンジ精神に触発されています。みなさん、わ...暗雲を払うもの。

  • 力士への道。

    きのう、いつもの薬をもらいに病院へ行きました。「最近はどうですか?」「体重が増えています。健診の結果も持ってきました」「えっ、どれどれ、先回より4キロ増えてるね」「ええ、運動しなくなったので太ってしまいました」「それは違うでしょ。運動しないから太るってことはないよ。運動しないならその分を減らして食事をすればいいだけでしょ」「・・・」「このままだと相撲部屋へ行くことになるんじゃないの?」「・・・はい、相撲部屋に行きます・・・」「こういうこと言われると、ほとんどの人がムッとするんだ。だけどね、ずっとこの状態が続けばいずれ糖尿病になるよ」「・・・」「厳しい言い方をするけれど、pakuさんのことを思ってのことだ」「でも、やさしく言ってほしい・・・」「運動すれば何食べてもいいんじゃなくて、今の消費エネルギーに合わせて食べ...力士への道。

  • 耳の老化。

    お昼の食事のときでした。小さくピッピッと鳴ったような気がしました。ん?って思ったけれど、テーブルにはごはんもおかずもお味噌汁も並んでいます。きっと気のせいと思って食べ始めました。するとまたピッピッって聞こえた気がしました。2回目なら気のせいじゃないかも・・・。そう思って台所を覗くとガスのスイッチがつけっぱなし!!自動で火は消えていましたが、慌ててスイッチを切りました。あ~ぁ、やれやれ・・・。今年6月に人間ドッグを受診したとき、聴力検査でヘッドホンをつけて部屋に入りました。すると検査の方がドアを開けて、「ちゃんとヘッドホンつけていますか?」「はい」「そうですか」と言ってドアを閉めました。またドアが開いて「これ聞こえますか?」と言いました。「いいえ、全然聞こえません」「あっ、そうですか」60歳からは区の検診と人間ド...耳の老化。

  • ヒマな理由。

    なんだか、とってもヒマです。面接の結果は連絡がありませんでした。だから、余計に、とってもヒマ、ま、想定内ではありましたが・・・。4人のLINEグループで報告すると、みんなやさしい対応。やさしいのはうれしいけれど、わたし、そんなに気落ちしてませんよ。大丈夫、でも、ありがとね💗60歳を過ぎてすぐの事務系のパート募集の面接で次々と断られたときは、ちょっとショックでしたね。「あなたに指示する人は、みんな年下ですが大丈夫ですか」なんて言われたこともありました。「そんなこと、当たり前でしょ!!」と言いたい気持ちをグッと抑えて、「はい、それは大丈夫です」と、にっこり。就活はコロナが少し収まったらまた動こうと思います。テレビとブルーレイレコーダーのほとんどの設置とセットは、配達の人がしてくれました。オリンピックも終わってしまい...ヒマな理由。

  • 考えること。

    東京のきょうのコロナウィルス感染者は5,042人。いつかは5,000人を超えると思っていましたが、こんなに早くなるとは、ちょっとショックでもあります。札幌のオリンピック競歩をテレビで観ていましたが、沿道には見物の人がいっぱいでした。東京の人出が減らないのも、きっとオリンピックムードで、気持ちが昂っているのも一因だと思います。犬の散歩へ行く夜7時過ぎでも、公園で少年たちがスケボーに興じていました。今週の月曜日に前の職場のNさんとSKさんに会いました。先月出かけた八ヶ岳のお土産の賞味期限が迫っていたのです。最寄り駅の改札口で手渡ししようとしたら、少しならお茶しない?ということことになり、3人で1時間ほどおしゃべりしました。「コロナワクチン2回目はすごく腫れて熱が出たんだ」とNさん。「肺炎球菌のときもすごく腫れたよね...考えること。

  • 面接と出会い。

    きょうから8月です。仕事を辞めてから5ヶ月もダラダラと過ごしていました。このダラダラ感にもだいぶ慣れてしまって、このままでもいいかな・・・なんて思ったりもします。でも、人と接することがほとんどない今の生活では、老化が加速することは確実です。死ぬまでできるだけ自立していたいと思っているので、いろいろな老化のダメージは少なくしておきたいのです。それで、きのう仕事の面接に行ってきました。面接時間の15分前に到着できるように家を出ました。最寄り駅に着いてスマホで場所を探しました。家でも確認しておきました。でも、場所が分からない、同じ所を2回ぐるぐると歩いて、どんどん時間が過ぎていきます。やっと辿り着いたときは約束の時間に5分遅刻でした。「pakuさんですね」担当の方は待ちかねていました。イスに座ると顔の汗が滝のように流...面接と出会い。

  • 踏ん張りか、強がりか。

    きょう美容院でカットと白髪染めをしてきました。今は勤めていないから頻繁に人と会わないので、1ヶ月に1度のタイミングで間に合っていますが、勤めていたときは自分で3週間に1度の白髪染めをしていました。ホントにめんどくさかった白髪染め。あの頃は近いうちにグレイヘアへ移行しようと考えていました。去年の秋ぐらいに仕事帰りの電車の中で、わたしと同じ歳ぐらいの女性2人を見かけました。ふたり共グレイヘア、でも洋服が地味めなせいか、とても歳上に見えました。ちょっと失礼ですが、あれではただの白髪のおばさんです。その女性たちを見て、わたしのグレイヘアの認識がぐらついてきました。最近はシニア専門の美容院もあって、グレイヘアへのこだわりは強まっていると思っていました。グレイヘアにするならばファッションなどの身の回りは、髪の色やデザインを...踏ん張りか、強がりか。

  • 自分で決める人。

    きのう『やすらぎの森』を観ました。カナダの森に年老いた男性3人が、別々の簡素な小屋で、それぞれの犬と共に静かに暮らしています。結婚や仕事などの社会生活になじめずに、この森に辿り着きました。心臓が悪かったテッドが亡くなり、そこへ80歳の女性がやってきます。60年間、親族によって精神療養施設に入れられていた彼女は、強い薬や電気ショック、身体拘束、今までのそんな自分の本名を捨ててマリーを名乗ると宣言します。マリーに同情したチャーリー、厄介なことに関わりたくないと困惑するトム。そして、マリーの甥スティーブ、女性カメラマンのラフが絡んで、ストーリーは淡々と進んでいきます。生前のテッドとチャーリーとトムには約束がありました。自分の死は自分で決める、そのため3人は小さな小瓶を用意していました。その小瓶には青酸カリが入っていま...自分で決める人。

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、女ひとり、歳をとる。さんをフォローしませんか?

ハンドル名
女ひとり、歳をとる。さん
ブログタイトル
女ひとり、歳をとる。
フォロー
女ひとり、歳をとる。

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用