searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

うのんさんのプロフィール

住所
奈良市
出身
奈良市

奈良の歴史 社寺仏閣の本 写真集 随筆集等など 専門家の方からお子様まで読んで頂けるもの揃えました。飲物とスイーツで一息出来る喫茶店初めました

ブログタイトル
奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん
ブログURL
https://unon.muragon.com/
ブログ紹介文
奈良薬師寺南門から徒歩5分にある多くの本ある小さな喫茶店
更新頻度(1年)

505回 / 365日(平均9.7回/週)

ブログ村参加:2017/05/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、うのんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
うのんさん
ブログタイトル
奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん
更新頻度
505回 / 365日(平均9.7回/週)
読者になる
奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん

うのんさんの新着記事

1件〜30件

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「川上村の昔話」から 「伯母峰の一本足」 まあ、いろんなことを言うてますけども、やっぱりあの伯母ヶ峰峰にもう毎日のように怪物が、まあ、出没して、そして、その、、通行する人を悩ましたと。それで、猟師がこの鉄砲でも、てうちに行ったけえども、弾がはねかえってきて、どうしても、その...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「川上村の昔話」から 姥捨て山の話 6 むかしむかしな、お爺な、長いこと長いこと病めとって、もうそそうは出るし、どうもかなわんからな、ほかしに行こなちゅうて、モッコ入れてな、ほいで、そのお爺を、もう足腰立たへんし、長年寝とるし、まあ、半死みたいになとんて死なんだんやろうか。...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    赤膚焼き 外部資料 赤膚焼きの窯元 大塩昭山 があります。陶芸体験もできます。なかなか興味深いものです。

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「川上村の昔話」から 姥捨て山の話 5 息子がなあ、あの、お婆さんを捨てに行くんでしょう。もうな、こんな年寄ってな、なんぼ生きたってなあ、もうお婆さんはもうあれやから、 「わしはな、姥捨て山に捨ててくれたらええさかいに、ほんでもう、わしはもうこの世に何にも未練がないから」と...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    赤膚焼き 赤膚焼きは奈良を代表する焼き物です。始りは垂仁天皇の弟が亡くなった時に殉死する人々に大変心を痛められました。それを知った 野見宿禰(のみのすくね)の発案で人の代わりに埴輪を提案。その埴輪作りが赤膚焼きの初めです。 外部資料 美しい形の垂仁天皇陵です 天皇陵は垂仁天...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    赤膚焼き 外部資料 赤膚焼きは土が良いとのことで、今の赤膚山にて作られるようになりました。そして安土桃山時代に豊臣秀長が大和郡山城主になって お茶に親しんでいたことから 赤膚焼きは高級なものとなっていきました。薬師寺から西に徒歩20分ぐらいでしょうか 窯元さんがあります。

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「川上村の昔話」から 姥捨て山の話 3 背負うてもとうて行って、息子も泣き泣きお婆さんを連れていったら、その、背中に負われたたお婆さんが、あの、木の枝を一つずつ折って、そして、往き道のところへ落としていったと。それで、 「わしはもうこれで、もう捨てられて山で死んでしまうけえ...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「川上村の昔話」 姥捨て山の話 4 親を捨てかねて、連れて帰って隠してあったと。そして、殿様が難題を出したと。それがなんであったかというと、あの、灰でもって縄をのうて持ってきたら、その、許してやろうということで。息子が悩んでしておったところが、母親が、 「ああ、その、何を悩...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    赤膚焼き 赤膚焼きは奈良を代表する焼き物です。 垂仁天皇の時代に始まった埴輪作りからです。その窯跡が残っています。近鉄西大寺駅から徒歩10分ほど南です。 当時の窯跡がそのまま保存されています。住宅地のなかにある公園のようにだれもが行きやすく しかしあまり知られていないのか ...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    市販されていない本です。 「川上村の昔話」これは地元の方に聞きながら書かれたものです。岡節三様が中心にまとめられたモノです。私が所蔵いたすものはゲラ刷りのものです。同じ話が語り部にの方により表現が違うことも非常に興味深いものです。 「姥捨て山」 お婆さんが年寄って、姥捨て山...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「玉置の神さまの水浴」 吉野群十津川村の玉置山に鎮座される玉置神社は、十津川村で一番尊ばれている神さまです。 私も環山に登ったことがあります。玉置神社には樹齢三千年という神代杉など大杉が何本もあって、大むかしそのままのような神々しい所でした。 ...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「叔母子岳の一本足」(おばこだけのいっぽんあし) 十津川村の西の方み、叔母子岳という標高1347㍍の高い山があり、高野山から、熊野街道がここを通って、上下20㌔の叔母子岳という難所になっています。 むかし、この峠に一本足という化け物がいて、美し...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「腰抜田」 吉野郡十津川村五百瀬(いもせ)は、五百瀬の荘司の宅があった跡と伝えられていますが、この田を一名腰抜田ともいわれています。 元弘元年十月、護良親王が熊野へ落ちて行かれる時、従者数人を従え、芋瀬の庄司が守っている関所をすぎようとされまし...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「五百瀬の淵の河童」(いもせのふちのかっぱ) 牛はハチ人力だが、河童は七人力で、一人力弱かったが、牛をひっぱりこんだという話が十津川村の神納川にあります。 また、五百瀬の淵のまわりで、十津川村中南の人が仕事をしていて、鎌か斧かを落としました。す...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    薬師寺 東院堂 外部資料 薬師寺境内 南東にあります。 東塔と同じく国宝です。 入るのには靴を脱ぎ静かに入って お詣りできます。

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「泣き坂」 吉野郡迫川今井の近くに泣き坂という坂があります。 むかし、弘法大師が、高野山に水が少ないので、よい水を得たいと思って、天川村坪の内の弁財天社へお通いになりました。 それは、この坪の内の弁天さんは水晶の玉を持っていらしゃるので、それが...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    薬師寺から少し離れて 吉備姫王墓、猿石 皇極天皇 孝徳天皇の御母吉備姫王の墓で、はじめ真弓の岡に葬られたが、のち現在地に改葬されたといわれる。墓城内に猿石と呼ばれる石が置かれている。元禄15年(1702)10月5日平田字池田から発掘したもので、4体9面とも見える男女猿法師を...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「明神池の浮木様」 吉野郡下北村の海抜六百メートルもある高い山の上に、池峯という村があります。この村には池の神様をまつる明神池という池があります。 この明神池に浮木様といわれる一種の浮島があります。古い大木の末木のようなもので、苔むして、いろい...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    薬師寺から少し離れて 鬼の俎 鬼の雪隠 鬼の俎  鬼の雪隠 外部資料 鬼の俎は道路より高い方にあり、雪隠は道路より低い方にすべり落ちた姿になっている。 横口式石と呼ぶもので、俎の石槨の上に雪隠のカマボコ型が上にかぶさっていたものである。鬼がこの道を往来する人々を捕らえ、俎の...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「篠原殿」 足利時代のこちょだといいますが、篠原という武士が吉野郡大塔村の篠原へやってきまをした。 村人は、おとなしい彼を篠原殿と呼んで尊敬していましたが、やがて傍若無人なふるまい、人を人とも思わなぬ悪いことをするようになりましたので、たまりか...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    薬師寺から少し離れて 欽明天皇陵 外部資料 欽明天皇は継体天皇の第3皇子磯城島金刺宮で天下を治められた。治世中仏教が百済から伝わり、蘇我氏、物部氏の対立が激化した時代である。在位23年で崩御、皇太夫人堅塩媛を合葬。推古天皇28年(620)砂磯を以って陵上を築く。 近鉄飛鳥駅...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    今日夕方大池(勝間田池) 昨日はパソコン不具合のためブログお休みしました。 本日復旧しました。 天武天皇と皇后の持統天皇を合奏した陵墓である。天武天皇の御名は大海人皇子、天智天皇の弟、朱鳥元年(686)正殿にて崩御。持統天皇は天智天皇の第2皇女、大宝2年(702)崩御。翌年...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「源十朗橋」 西吉野村和田の中ほどに、南の山腹から丹生川に流れる小川があり、そこに源十郎橋という石橋がかかっています。 むかし、この村の辻内家の先祖に、源十郎という強いえらい人がありました。生まれつき大力と豪快のような勇気のある人でした。 ある...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    薬師寺 南門 薬師寺南門から東へいくと すぐ池があります。少し南門から歩いて ご覧頂きたい風景です

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「黒淵と乙姫淵」 西吉野村の黒淵は、丹生川(にうがわ)の流れにそい、「淵は四十八淵、森は四十八森」といわれ、たくさんの淵があります。そのうちに乙姫淵というのがあります。 むかし、大日川の音右衛門という人が、この淵へナタを落としましたので、すぐ飛...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    薬師寺南門前道路 外部資料 薬師寺南門 歩いて 駐車場からお詣りされる方はこの門から入られることでしょう。この前車で通られることも ただ道が狭く一台は通行離合出来にくい道 部分的にはできますが いぬい川が横にはしり雰囲気がいいと思われますが 車の通行には互いに譲り合いがスム...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「五郎宗とユルギ岩」 大和と伊勢の境に立つ高見山に、国見岩という大きな岩があります。神武天皇が大和平定のはじめ、親しくハ方を望まれた所だといいます。 また、ユルギ岩といって、誰かがここへ持ってきて置いたかと思うような、不安定な岩があります。大き...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    「子供のための大和伝説」から 「蟻通明神」 吉野郡東吉野村の小村というところに、丹生川上神社の中社があります。もとの名を蟻通明神といって、こんな伝説があります。 むかし、曲がりくねった細い穴いのある七つの王を造って、これにひもを通してくれと申しこんできました。 わが国では、...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    外部資料 法相宗大本山薬師寺の末寺で養老五年(722)に行基菩薩によって創建された寺です。菅原寺ともよばれています。聖武天皇がご参詣になられた時に 不思議な光明が放たれていることで 喜光寺 と改められました。 北側近くに 菅原神社があります。

カテゴリー一覧
商用