chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん https://unon.muragon.com/

奈良薬師寺南門から徒歩5分にある多くの本ある小さな喫茶店

奈良の歴史 社寺仏閣の本 写真集 随筆集等など 専門家の方からお子様まで読んで頂けるもの揃えました。飲物とスイーツで一息出来る喫茶店初めました

うのん
フォロー
住所
奈良市
出身
奈良市
ブログ村参加

2017/05/14

1件〜100件

arrow_drop_down
  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 12 〇山上火焚き 四国では讃岐地方が殊に盛んなようにであるが、例えば栗町付近ではもと村の一番高い所に祀ってあったリュウグウ(竜宮)サンに松明を持っ登り、山上でそれを燃やして、洗米を供えて祈った。また多度津の沖にある高見島では、山頂の竜王に松明を持って登った...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 12 〇金毘羅山の火 外部資料 讃岐の金毘羅山琴平宮の火も四国では一円に広い信仰を持っている。香川県三豊郡本山村ではモライ火といって ここの御祈禱火を男たちが裸道中で持ち帰り、村で火を焚いた。 (「民族」三冠五号田井信之)というが琴平宮で聞いたところによりと...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    ♯讃岐の雨乞い ⒒ 雨乞の神水 〇讃岐の神水 香川県では三豊郡山本町「もらい水」といって 三里か四里はなれた山中の、竜神が棲むという黒田渕から御祈祷してもらった水を樽に入れてリレー式に持って帰る。この村では琴平宮から神火をも受けて来るが どいらも途中で止まることを忌んだ。 ...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 10 水かえ行事 汚穢と雨乞材 香川県三豊郡財田村の釜ケ渕は傍らに竜王を祀る祠があるというから 竜王の棲むという信仰があったのであろう。昔 ここでの雨乞は、塩入村の荷間屋山内方に集まる荷場の糞をこの渕に投げ込んで、水をかき回すと、白色の蛇が現れて黒雲を呼び、...

  • 薬師寺近くの うのん から 師走のお知らせ

    お勧めの本 春日大社 若宮国宝展の紹介されてます。 うのん から今月のお休み予定 5日(月)6日(火) 12日(月)13日(火) 18日(日)19日(月)20日(火) 26日(月)27日(火) 30日(金)31日(土)から新年1月3日(火) 花の名所 さざんか 新薬師寺 ...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 9 水かえ行事 〇水をかえ乾す 外部資料 香川県香川郡安原村(現塩江市)の百々渕の水かえ乾すと大雨になるという。 ある年の旱りにこの渕をかえ乾したところ、三日三晩にわたって大雨が降ったのち、渕の堤に白い玉が見出された。これは竜神の落とし玉といって、由佐の天福...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    讃岐の雨乞い 8 雨乞の甕 香川県木田郡川島町(現高松市)上田井の清水神社は古来より雨の神として知られているが 外部資料 この社の境内に大甕二個を埋めた塚がある。甕は古く十二個あったものが三個となり今は二個となっている。 外部資料 社伝では景行天皇の皇子で封を木田郡に受けた...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 竜女成仏譚 〇香川県坂出町福江の笠山は雨乞の山である。「古今讃岐名所図会」には 「笠山、又挿山 福江村 にあり 行基菩薩説法の時 竜女姿を現し 玉の笄を残して天上す。後これをこの山の峯に埋めて竜神を祀る。故にこの名あり。夏旱の時 此峯に祈雨すれば必ず験あり」...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 7 雨乞の家筋 〇雨乞師 香川県観音寺神恵院の観臨和尚が裏山で修行中、本尊の妙見菩薩が現れ汝の前身は大蛇である。当山の岩洞中で常に読経を聞いたので人間になったのである。汝の妻は竜女で雨を降らす力を持っているといって消えた。後一美女が現れ 吾は汝の妻たりし竜王...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 6 雨乞の司祭たち 〇竜王の知己 香川県高松市三番町の竜松山法泉寺の了応和尚は高松藩租源英から雨乞を命ぜられ、いったんことわった、たっての請により引き受けた。 十六人漕ぎの大船を大槌島と小槌島の間の槌の瀬戸に出させ、懐中より一通の書状を取り出海中に投じた。...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 5 竜王と竜神 〇四国地方の竜王信仰 香川県についてみると「香川県神社誌」の載せるところによれば、この地の竜王社は28社に達し、このほか靇社 このほか高靇社という名の社も、この地ではこれをリュウまたはリュウオ社と読むことが多いらしいから(同上書の「社名一覧...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い 4 各地の雨乞いの紹介 〇祭場・祭具の浄化・祭場標示 幡立て 香川県大川郡長尾町前山 雨乞の山である女躰山に幡を立てる。(他にもある) 〇神宝開扉 香川県高松市旧川島町上田井 神社境内の塚から大瓶うぃ掘り出して洗う ...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記さむ

    #讃岐の雨乞い ③ 雨乞踊り 三豊郡大野村(現山本町)では雨乞踊りには、豊後・小原木踊りがあり、これは村が二組に分かれ、上が豊後踊り・下が小原踊りを踊る。 中心には筥傘として花を飾った傘を立て、その周辺を花笠(花笠を着た七、八歳の童子四十人ばかり)その外側には小踊り(一、二...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い ② 雨乞踊り 四国では讃岐が雨乞踊りの最も盛んな土地である。「西讃府志」は特にこれに関する記事が詳細である。その中でも著名なのは綾歌郡滝宮村(現綾南町)の滝宮念仏踊りであった。これは毎年の夏祭に出るほか雨乞にも踊った。下知といって頭役の者が一人あり、花笠をか...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #讃岐の雨乞い ① 香川県は雨量が少ないことで知られている。 そのため 雨乞い神事は種種あったと思われる それを 日々少しづつ紹介させて頂きます 雨乞いの歌 「笈埃随筆」によれば正徳2年(1712)讃岐観音寺町の坂本天神で興行された雨乞の俳諧で 「神風の雨こそにほへ夏の草」...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #旱魃と雨乞い神事 №2 外部資料 奈良県五條市西吉野村八王神社 「雨タンモレ」という言は、古老の話によると、白銀地方の言葉であると教えられたが、後日民族学研究者から「大和地方独特の雨乞いの言葉である」と教えられた。 神輿は川の中央の屋形に安置して、各人一応自宅に帰り夕方か...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #旱魃と雨乞い神事 外部資料 大正2年8月 西吉野村一帯は前後にない日照りが続き、各地でみられないような大被害が発生した。その内池のかかる水田、湧水のみに頼る水田の大半は、枯死状態になり農民はカンカン照りの空を見上げるばかり。何等手の施しようもありませんでした。 それで、あ...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の気象 №5 正倉院宝庫の気象観測 宝庫内の気象観測は正倉院気象調査の主体をなすものである。ところが、既にのべたとおり、宝庫は曝涼といって毎年10月から11月にかけて20日ないし30日ほど開扉され、点検 手入れ 展観などが行われているほか、1年中の大部分は閉鎖されて...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の気象 №4 環境による物質の品質劣化の程度を直接的にしらべる目的で、金属板のきうもり方を測定することを考えられた。定量的な測定が比較的容易なためである。昭和25年(1950)予備テストとして磨き上げた真鍮板(10×10㎝)を、大阪 生駒 奈良(正倉院中庭)に数日間...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の気象 4 正倉院事務所(鉄筋コンクリート)の室内においた唐びつ(杉材118㎝×185㎝ 高さ49.5戦深さ6せんの冠せ蓋つき 板の厚み2㎝ 塗装なし 有脚と無脚のものは脚の高さ2.3㎝天平時代の品)の中へ自記器と扇風機を入れ、時々スイッチを入れて扇風機をまわした。...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の概要 ④ 奈良国立博物館収蔵庫の気象観測 奈良国立博物館の収蔵庫は、床の高い瓦葺き2階建ての鉄筋コンクリートの庫で、壁面と屋根の間には広い隙間があっけてある。内部は新宝庫と同じようにコンクリート壁面から約60㎝はなして木造の部屋をはめこんだ形になっている。 観測は...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の概要 3 聖語蔵の気象観測 外部資料 正倉院宝庫では人が入って実験観をすることは許されない。それで、同じ校倉造りの聖語蔵について宮内庁の許可を得て昭和25年(1950)6月5日までの期間に実験観測を行った。 この期間中は庫内数か所に週巻きの自記温度計と湿度計を設置...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の概要 ② 外部資料 勅封と曝涼 宝庫がいつから勅封となたかは詳かではないが、宝庫の開閉は当初から頗る厳重であって、勅許を必要どし、事実は勅封である。 都が平安京に遷る頃から宝庫の曝涼と開検、つまり通風と点検が始められたが、その都度勅使が立てられている。 宝庫の品...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の概要 ⓵ 外部資料 外部資 正倉院は、奈良東大寺の北西にあり、宮内庁に属する正倉院事務所が管理している。 正倉院については 多くの出版物があるが、宮内庁書陵部から昭和23年10月に発行された「正倉院棚別目録」を参考にしている 1,「正倉院小引」抄録 宝庫 宝庫は...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #正倉院の気象 先日から 大和の宝庫内の管理について ブログしました その中でも 正倉院に内容を中心にしました その 元になっている資料をご紹介していきます。 外部資料 内容は昭和24年から34年(1949から1959年)までの10年以上の調査結果です。 正倉院宝庫は120...

  • 薬師寺近くの うのん から 霜月のお知らせ

    今月のお勧めの本 奈良は日本の始まり 歴史書にない 歴史が豊富に あります。 いろいろ 歴史に思いを巡らせてください。 今月のお休み予定 1日(火) 7日(月)8日(火) 14日(月)15日(火) 20日(日)21日(月)22日(火) 28日(月)29日(火)

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #校倉構造のなぞ 外部資料 正倉院の倉 の中は もととも気温変化が小であるから、湿度変化も小なのは当然であって、気象学理上からも不思議ではない。一方、湿度の年変化を考えると、6月から9月ごろまでのいわゆる湿潤期には70%以上になっているが、その他の期間には65%前後に下...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    大和の古文化財と気象 校倉造りのなぞ 外部資料 正倉院に限らず一般に宝庫は三角財の積み重ねのような恰好をしたものが多い。この特殊な建築構造に対して、後世の人々は、防湿建築法だと言い伝え今日大部分の人々はそれを信じている。 湿度観測の結果、正倉院聖語蔵(校倉構造)内でも、また...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    大和の古文化財と気象 気流 気温の一年間の変化の方は、日変化とは大分様子が違っていて、庫内でもかなり顕著な年変化を示している。すなわち庫内でも、八月ごろには30度前後の最高気温を示し、1月下旬から2月上旬にかけて0度近くの最低気温になる。ただ、わずかに庫外より最高気温は低く...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    大和の古文化財と気象② 外部資料 庫内に宝物を保存しているが どうのような状態か? 庫内の気温日変化は非常に小さい。普通の気温は一日中でも最高気温と最低気温との差は相当大で、天気がよければ15度以上にもなることは珍しくない。ところが宝庫内では2度程度に減少する。これは庫外の...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    古文化財と気象 大和は歴史の国であるので、古文化財が至ところにあり、その宝庫であるといえる。これらは古文化させ財は永久保存さるべきものであって、保存と気象との関係はどの程度に結びついるのか? 一般に物資を保存する館内の気象のうち、保存に関係するのは気象と湿度だといわれている...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    外部資料 お天気 #ことわざ お子様も楽しめることわざです。 ①梅雨明け後 10日は良い天気 ②消えない飛行機雲は24時間以内に雨 ③夕焼けの翌日は晴れ 朝焼けの日は天気くずれる。 ④東の雷 雨ふらず ⑤冬 雷の大ひびきあれば、大雪のまえぶれ ⑥朝虹は雨 夕虹は晴 ⑦南東か...

  • 仏様たちの家の住み心地

    外部資料 仏様たちの家 お堂は一体おのような住み心地の状況なのか 日本は非常に湿度が高い国。特に夏の多湿は世界的にも有名なぐらいである。もちろん大和も湿度は高い。 しかし お堂のなかは温度は低い。湿度がは温度と逆で、温度が低いほど湿度が上がる。したがって大和のお堂の中は...

  • #正倉院 校倉の秘密

    正倉院展今年は 10月29日から11月14日です 毎年素晴らしい宝物をみることが 楽しみです そこで 以前にも正倉院のことはブログしましたが 再度ブログしてます。 大和の古文化財と気象 だれがいいだしたのか「校倉は積重ねてある三角の校木(あぜぎ)が空気の乾いている時はちぢん...

  • #吉野杉

    吉野の美林 外部資料 外部資料 長い歴史を持ち 杉の美林で全国に知られている吉野美林の特徴は密植にある。ふつう一町歩あたり3,000から4,000本の苗をうえるが、吉野では一万本以上植え付ける。そして植え付け後、10年たったころから、間伐を繰り返し、100年以上におよぶ長期...

  • 吉野の水

    奈良県は日本最初の国造りの地 それには 稲作による支配階級が設立し 国の形が出来てきた。 その中で稲作には水が必要 しかし、奈良は雨量が少ないため ため池が多く奈良にはある 昭和22年からは十津川紀の川総合開発事業計画がすすめられ 25年から奈良和歌山で協定が成立し、猿谷ダ...

  • #石標奈良県

    外部資料 二月堂 外部資料 外部資料 奈良町 外部資料 奈良には今も石標が残っています。石の道標です。それぞれの方向をしめしてくれてます。 外部資料 珍しいものとして東吉野村鷲家には 江戸を示しているものがある。 ■住所630‐8053奈良県奈良市七条1丁目11‐14 ■℡...

  • #魚梁船「やなふね)

    奈良県の発展には交通網を整備する必要がある。 とりわけ鉄道の敷設は悲願とでもいえるものであった。 奈良盆地の水を集めて流れる大和川は、江戸時代から水運が発達し、下流の河内側は剣先船(けんさきぶね)が、か亀の瀬から上流の大和側には魚梁船が通っていた。 外部資料 魚梁船は小型で...

  • #奈良県庁舎

    一昨日と同様のものです 建物についてふれたい たくみに和風の様式を取り入れ、画期的な洋風建築のこころみともいえる新庁舎を設計された。設計にあたっては、「奈良県の地は我美術の粋」であり、「本邦建築の優点を探るべし」という注文がつけられた。 外部が純日本風。正面しびのあがった入...

  • ♯奈良県開庁式

    外部資料 奈良県は堺県に併合され 堺県が大阪府に併合された過去があるが、明治20年(1887)奈良県が独立した。 奈良県庁式が明治20年12月1日に挙行された。 新県庁舎にあてられたのは奈良公園内の旧寧楽書院である。 開庁式当日は、奈良の町では、家ごとに日の丸の旗をかかげ ...

  • #大和売薬

    外部資料 -大和の売薬は富山県とならんで名高い。古くから「陀羅尼助」(だらにすけ)「豊心丹」(ほうしんたん)「真土膏」(まつちこう)などが知られているが、これは薬草栽培が盛んだったためである。 大和では18世紀ごろ御所を中心に売薬業が成立したといわれている。文政年間(181...

  • #奈良漆器

    外部資料 大和の工芸品のなかで奈良漆器の歴史は新しく明治20年代に入ってからである。 第一次奈良良博覧会に出品された正倉院宝物の精妙さに着目した奈良博覧会社では、県内の漆工 金工 木地師 彫刻家を集めて宝物の摸造・模写事業をおこした。 作家たちの技術を高め、伝統工芸の販...

  • #筆と墨

    大和の伝統工芸品の「筆と墨」 外部資料 社寺を中心に栄えた大和では、古くから筆や墨がつくられ、江戸時代になると特産品として全国にその名を知られるようになった。社寺参拝のために大和を訪れた人々が、みやげものとしてもとめ各地に広まったと思われる。 明治になってペン インクが入っ...

  • 薬師寺近くの うのん から 神無月のお知らせ

    今月お薦めの本 花の名所 バラ 霊山寺 松尾寺 コスモス 喜光寺 正暦寺 般若寺 萩 新薬師寺 百毫寺 元興寺 唐招提寺 円成寺 般若寺 薬師寺 西大寺 秋篠寺 ススキ 奈良公園 佐保路 正暦寺 曽爾高原 ...

  • #奈良公園と鹿

    外部資料 奈良公園を歩いてみると、樹林が密生しているところも、比較的遠くまで見通しがきくことに気がつく。下層の植物や樹木の下の方の枝がすっきりとないのである。だいたい2メートルぐらいまではきれいに刈りとられているが、これは鹿の仕業である。Dear Line (鹿摂食線)とい...

  • #奈良公園

    外部資料 奈良公園は街の中に公園 公園の中に街と広大な公園であり 範囲がわからない。 明治9年に民間人有志が14人が興福寺の境内外を向こう10年間拝借し風景を整へ観光に力を入れ奈良への来客を増やしたいといいう内容の願書を 当時堺県に提出した(当時堺に併合されていた)興福寺も...

  • #明治天皇の大和巡行

    外部資料 たびたびの巡行で全国で知られる明治が、この大和の地にはじめて足を踏み入れたのは、明治十年(1877)2月のことである。畝傍陵参拝がそのおもな目的であった。 5日間の滞在とはいえ、奈良の人々にとって大変な出来事であった。 天皇のお供には150人が選ばれた。 天皇一行...

  • 明治の #シルクロード博

    正倉院は管理が厳重で、天皇の許しがないと扉を開けることのできない勅封の倉である。そのため、一般の人の目に宝物が触れる機会はまったくなかった。 したがって奈良博覧会大会に正倉院の宝物が展示され公開されたことは、まさに史上初の画期的なことであった。大会に訪れた人々は、遠くシルク...

  • #奈良博覧会 開催

    外部資料 第一次博覧会は明治8年(1875)春、80日間にわたって開かれた。会場は東大寺で、東西の両回廊に社寺や旧家の書画・道具類・県内の名産品が陳列された。また大仏殿内には宮内省の許可を得て正倉院宝物を展示した。第一次大会は17万人をこえる観客を集め、盛況のうちに終えるこ...

  • 統一 奈良県

    明治2年(1869)版籍奉還ののち 藩政の改革に成功した藩もあったが、河内国狭山藩などのように、藩の財政が極端に悪化したために廃藩を願い出て、近くの府県に合併されたものも少なくない。 この時期、府・藩・県が入り混じって存在し、その行政区域の広さもまちまちで、なかには飛び地も...

  • 悲劇の #柳生藩

    外部資料 外部資料 柳生藩と聞く 柳生十兵衛 柳生宗矩など 徳川家将軍の剣術指南役として有名である。また 代々藩主が参勤交代をしない大名だった。 そのため、幕末のぎりぎりまで江戸を離れることができず、幕府の指示にしたがって江戸周辺の警備などにあたっていた。しかし、王政復古令...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #五條県 明治3年(1870)2月27日 奈良県のうち 宇智 吉野両郡および堺県のうち錦部・石川両郡をあわせて五條県が成立した。ついで、堺県の管轄のもとに置かれていた高野山領の紀伊国伊都・那賀領郡の村が五條県に編入され さらにその範囲は大きくなった。県庁には #旧五条代官...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #南都県 or #奈良県 or #奈良府 江戸時代から明治にかわるめまぐるうしいなか 慶応4年(1868年)に大和国鎮撫総督府をあらためて奈良県が置かれることになった。もっとも当初は「南都県」という名前も考えていたらしい。 投書旗本領や社寺領を府や県で管理するようにと命じた...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #奈良 「なら」とは草木を踏みならし、平にするという意味からきたと考えられている。「日本書紀」崇神天皇十年の記事に「進みて #那羅山(ならやま)に登りて軍(いくさ)す」とみえるのが最初である。 古代以来、楢 寧楽 乃楽 奈羅 平城などの文字があてられてきた。 県名の由来は、...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    外部資料 (他の廃校) 小学校をつくろう 明治5年(1872)8月3日、「かならず,邑に不学の戸なく、家に不学の人なからしめんこと」を目標に、近代化で最初のまとまった教育制度として、学制が制定された。 すべての子どもを学校に 平群郡八条村では、明治7年(1874)3月6日に...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    ♯神仏分離 笛吹神社 (葛木坐火雷神社) 外部資料 今の新庄町に笛吹神社がある。この神社に江戸時代の終わりごろ上之坊恵証(かみのぼうえしょう)という社僧がいたが、神仏分離の騒動のなか、明治3年(1870)ごろに神社をおわれ、行方不明となってしまった。 その後しばらくして 笛...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    #お月見 昨日のお疲れ様です。 山影から出てきたところです。 薬師寺の双塔とともに 中央のゴルフネットが邪魔してます。 ■住所630‐8053奈良県奈良市七条1丁目11-14 ■℡0742‐43‐8152

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    神仏分離 まぼろしの寺 #永久寺 外部資料 天理教本部から2キロメートルほど東南に入った山の中に、神仏分離のころまで永久寺という大きな寺院があった。平安時代の終わりごろ、当時の天皇の命令によって、建てられた由緒深い寺院である。 この寺では、慶応4年(1868)9月に僧侶全員...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    外部資料 神仏分離 吉野 金峯山寺 蔵王権現の信仰や山伏で有名な吉野山の金峯山寺では、新政府から蔵王権現は仏ではなく神だと決めつけられ、寺を神社にあらため、僧侶全員が神官になることを命じられた。金峯山寺では、民衆のあいだに蔵王権現への根強い信仰があることを知っていた五條県か...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    神仏分離 興福寺 外部資料 私が好きな光景 その興福寺五重の塔と猿沢池 古代から神社や寺院の勢力が非常に強かった大和国では、神仏分離には言い尽くせられないほどはげしいものになった。 興福寺では、すでに慶応4年(1868)3月下...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    神仏分離 日本人の不思議な信仰 江戸時代から明治に変わる騒動のなかで 興福寺 外部資料 江戸時代までの日本人の信仰は、社寺と寺院を同じ場所に建てたり、神も仏もあわせて信仰するなどという不思議なものであった。この習慣を神仏習合といい、仏教がひろがっていった奈良時代の終わりから...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    天誅組 2 天誅組は統幕からそんのうへの先駆けと思われる。それを奈良の五条で起こり失敗に終わっている ならでもこのことを知る人々は少なくなっていいるが 日本中に影響を与えた事件であった。 外部資料 そこで 「残念さん」信仰 天誅組の指導者であった吉村寅太郎は今の東吉野村で戦...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    天誅組 1863年文久3年 天誅組の乱がおきた。 江戸時代末 古くから大和の南の玄関口としてひらけていた五条の町で封建社会をゆるがす大事件であった。江戸幕府を武力で倒そうといた幕末最初の反乱として知られている。 アメリカペリーが、浦賀に二度目の来航により、日米和親条約をむす...

  • 薬師寺近くの「うのん」から大和気象歳時記

    幕末の大和 嘉永7年(1854)6月、近畿地方の中南部に大地震 大和の各地には大きな被害が起こった。春日大社の灯ろうが倒れ下敷きになってけがをする人もいた。また奈良町の町家が一割ほど倒れ、数百人の死亡があったといわれている。 外部資料 また添上郡 古市村では、村の山間をせき...

  • 薬師寺近くの うのん から大和気象歳時記

    いつも ブログをご覧頂きありがとうございます。 この写真の撮影場所から徒歩3分ぐらいのところでカフェを営業しています 奈良の大和の深い話 民話 伝説 歴史等 奈良 大和に関する書物をご覧いただけます。 先月 「まち ライブラリ-」に参加させて頂きました。 まだ概要はわかって...

  • 薬師寺近くの うのん から 長月のお知らせ

    お勧めの本 ならら 9月号です 豊臣秀吉の弟 秀長 奈良を僧侶が守ってきたが 秀長によって武家の秩序が入ってきた。 郡山城は筒井順慶の城であったが 武士の勢力で追い出され 秀長が城主となった。 秀吉による秀長自害の命により 秀長の妻子供たちも亡くなった。 妻 子供たちの墓...

  • 奈良の伝説 聖徳太子

    矢継の森 昔聖徳太子が居を定めるによい土地を求め、矢を放ってその地を定めようと、南から乾のほうを向いて矢を放たれた。その矢が今の矢継の森に落ちた。だがまだよくないと、ふたたびそこから矢を射られると今の法隆寺のところに落ちたので、そこを永住の地と定められたという。矢継の森には...

  • 大和の伝説 卑弥呼の墓?

    箸墓古墳は卑弥呼の墓 外部資料 外部資料 三輪山の北西側の前方後円墳 この辺りは多くの古墳がある。 その一つが箸墓古墳です。 ここに祀られているのは このの域の豪族の娘の墓を箸墓といわれている。 この姫は大物主神の妻となったが、夜だけやってきて、昼には姿をみせないため、この...

  • 緒環塚 大神神社

    外部資料 三輪山は神のいます山。大和国一の宮・日本国総鎮護といかめしい名をもつ大物西主大神を主祭神とした三輪明神が祀られている。いわゆる大神神社である。全山を神体とし、拝殿の奥に三輪鳥居と称される三つの鳥居があり、その奥禁足地になっている。また三輪の祝がいわう神杉には触れて...

  • 芋洗い地蔵

    大和三山の一つ 畝傍山の南側が神武天皇を祀る 橿原神宮。 外部資料 橿原神宮を南に行くと 久米寺がある。古くは神武天皇の大和入りにしたがって久米部の住地とされ、また寺伝では聖徳太子の弟来目皇子の草創という。寺のかたわらに芋洗い地蔵が祀られている。 外部資料 昔、久米仙人が飛...

  • 宝剣小狐丸 石上神社

    外部資料 布留に昔、一人の婦人がいた。冬に菅田の森を通ると、一匹の小狐が子をかかえながら、乳がなくて困っているのに会った。婦人は狐をあわれんで、毎夜そこに通って小狐に乳ををやった。狐はそのお礼に一口の剣を婦人に贈った。この剣は、狐が刀鍛冶の弟子に化けて向こう槌を打ってつくっ...

  • 布留石上

    外部資料 今の天理は布留石上といわれている。 「石上布留の神杉神さびし恋をも吾はさらにするかも とあるように、神秘の山之辺の里であった。 昔、布留川の上流から一口の剣が流れてきた。触れるものは石でも木でもみなスッスッと切った。それが川端で洗濯していた一人の女の布にまといつい...

  • 業平道

    在原業平にまつわる伝説はきわめて多い。櫟本の東南方、天理市別所の小字ナリヒラには業平溝があり、井筒井というものもある。これも河内姫の身を投げたところろいうし、同じところに業平道・烏帽子すて塚というのもある。また、天理市田部町にクラガリというところに業平が河内姫から逃げてここ...

  • 在原神社

    外部資料 昔、河内姫が長谷寺に参る途中、在原寺に水を飲みに寄り、水を飲みに寄り、水を汲んでくれた在原業平と恋仲になった。その後、業平が河内姫に会いに行ってそっと家をのぞくと、ちょうど食事中で、姫が父の給仕をしながら、ほこりのある畳の上に落ちたひとかたまりの飯を、手づかみで拾...

  • 弘仁寺

    外部資料 清澄の里に十三参りで有名な弘仁寺がある。 弘仁五年(814)に小野篁が嵯峨天皇の勅使で建てたというで、その年号をとって寺名とした。嵯峨天皇の夢枕に一人の老人が立ち、 「奈良の南に七仏舎利山がある。もろもろの仏があらわれてお経の声が絶えない。ここに堂舎を建てて衆生を...

  • 帯解地蔵

    外部資料 奈良から南に行くと帯解寺がある ここの本尊は地蔵尊で、帯解地蔵とよばれ、毎年7月23日24日の地蔵祭には女性が多く集まりお参る。 昔、文徳天皇の皇后明子、すなわち染殿皇后は懐胎され、月が満ちてみ生まれないので、宮中では大変心配していた。ところがある夜皇后の夢に、 ...

  • 狐塚 奈良古市

    外部資料 山之辺の道を南に行くと 古市の集落がある。その中央部の田の中に、約10㎡の塚がある。昔ある人が、田を耕すのにこの塚が邪魔になるというので、開墾しかけに見慣れなぬ火が見えるので、怪しんでその方へいくと、そのままついにかえらなかった。それからこの塚を狐塚とよび、人々は...

  • 新薬師寺&大江山

    外部資料 昔 新薬師寺に一人の稚児がいた。ある日、付近の山で新しい死体をみつけた。好奇心のあまり稚児はその肉を切り取り、寺に帰って師の僧にすすめた。僧は人肉をは知らず珍味だと喜んで食べた。稚児はその後もたびたび肉を持ち帰った。どうもおかしいと僧がある夜稚児をつけてみると、稚...

  • 山の辺の道

    外部資料 北山之辺の道は 新薬師寺の南門を出ると、右側に小さな社がある。鏡神社といって天平12年(740)橘諸兄 僧玄昉 吉備真備らを除こうと乱をおこした藤原広嗣の霊を祀る。鏡神社の前から田園がひらけ、東に高円山がやわらかな曲線を描き、小高い丘を越えてつづく道。「山之辺の道...

  • 薬師寺 西ノ京

    外部資料 外部資料 外部資料 有名な国宝薬師寺東塔は大屋根が三つと小屋根が三つ 五重とも六重とも見えるが、実際は三重の塔に小屋根(もこし)が一つずつけられているれているのである。この塔は「竜宮の塔のうつし」だという。昔、ある工匠に、夢に薬師如来が天竺から渡ってきて塔の建立を...

  • 嫁取り橋 奈良県筒井

    大和郡山市の南 昔の筒井村に一軒の茶屋があった。十八になる こま という生娘がいた。娘は毎日ここを通って大阪に通う二十四、五の業平を思わせるような美男子の飛脚を恋い慕うようになった。ある日、飛脚が夕方おそく通りかかったので、娘は無理に男を泊まらせた。夜更けて娘は異様な姿をし...

  • 牛の宮 大和平野

    大和郡山市の町から斑鳩への道をとると小泉の慈光院に至る。自光院は晩年の片桐石州が隠居したところで、その茶室は不味堂(ふまいどう)と、大刈込を配しただけだが、大和平野を背景としたじつにダイナミックな構成美をを持つ庭は名高い。この手前に池之内という集落があるが、そこに牛の宮とい...

  • 垢かき地蔵 大和郡の洞泉寺

    外部資料 洞泉寺の境内に垢かき地蔵がある。昔、郡山城主大納言秀長と洞泉寺開山宝誉上人が、天正14年(1586)六月十四日夜の卯の刻に、同じ夢を見た。その夢に教えられて郡山城大書院西庭の沓脱石を掘り起こすと、それは立派な地蔵像であった。寺社奉行に命じて調べさすと、光明皇后祈願...

  • 源九朗狐

    外部資料 大和郡山市に洞泉寺町に祀られる稲荷は源九郎狐といい、日本三大稲荷の一つとして知られ、また童謡に、 「大和の大和の源九郎さんあそびましょう」 というのがあるように、人々に親しまれていた。源九郎というと源九郎義経のことだが、「義経千本桜」という芝居にでてくる狐忠信は...

  • 弁慶の足型 大和郡山城

    外部資料 大和郡山は、県下随一の城跡をもつ典型的な城下町である。「洞が峠の順慶」といわれるように、豊臣秀吉の山崎合戦で汚名をうけた筒井順慶が最初の城主。のち秀吉の弟秀長が封ぜられてから、いらい城主はたびたびかわるが、一時は奈良を圧する繁栄を示し、享保以後は柳沢氏15万石の居...

  • 鳩の門 大安寺

    外部資料 大安寺の八幡神社の一の鳥居を北に出ると県道と合する道の角に、鳩の門というのがあって、今もそのあたりを鳩の門という。昔、大安寺の僧行教和尚が宇佐から八幡神を勧請して帰る途中、西ノ京で休んだ。そこは今の休岡八幡の地である。 そのとき、 「これからどこへ行くか」 と尋ね...

  • 大安寺 と「笑」

    外部資料 大安寺大師堂の前に小さな森がある。ここは「笑うという字」のできたところであるという。昔、弘法大師がこの寺で修行して文字を作っていたが、どうしても「わらう」という字ができなかった。その時むこうから念仏をとなえながら旅僧がきた。あたりにいた犬が驚いてほえた。旅僧も驚い...

  • 薬師寺 割れ鐘

    外部資料 私の親しんでいる薬師寺の鐘楼にヒビの入った大鐘があsる。俗に西ノ京の割れ鐘と呼ばれている。昔、弁慶があちこち引き回して割って捨てておいたのを、誰かが拾ってきたのだという。 今は 新しいものになっている。 ■住所奈良県奈良市七条1丁目11-14 ■℡0742‐43‐...

  • 法華寺

    外部資料 法華寺はもと藤原不比等の居宅であったが、彼の娘、光明皇后に伝えられ皇后宮となり、さらに寺になったものとされる。皇后はここに伽藍をおこし法華滅罪之寺と称し、総国分尼寺とされた。創建当時は寺運も隆盛をきわめたが、平安遷都とともに衰え、のち豊臣秀頼によって再興され、よう...

  • 薬師寺近くの うのん から 葉月のお知らせ

    お勧めの本 大仏様造営に尽力された行基様のことが特集されたます。 奈良に住む我々はよく知っている僧侶です。 近鉄奈良駅の東側の噴水の上に像があります。 親しみを感じる僧侶です 今月のお休み予定 1日(月)2日(火) 8日(月)9日(火) 15日(月)16日(火) 21日(日...

  • 佐保路

    転害門 外部資料 転害門からまっすぐ西にのびる大通りが一条通り。平城京の南一条大通りにあたる。途中で道が佐保川を渡り、川が道とほぼ平行して流れるのでこの道を昔は「佐保路」とよんだ。この道筋には、聖武天皇陵・光明皇后陵 外部資料 興福院 外部資料 不退寺・うわなべ・こなべ古墳...

  • まんなおし地蔵

    外部資料 東大寺の大門、転害門の北東一帯が雑司(ぞうし)町。大仏殿の裏側になる。二月堂の北側を東へ100メートルほどのぼると小さな石地蔵がある。 まんなおし地蔵という。商売繁盛にご利益があるといい、お詣りすると地蔵さんの近くの土中に銭を埋め、前に誰かが埋めた銭を探して持って...

  • 奈良町

    春日大社 東大寺 興福寺の大社大寺や目抜き通りの散策は欠かせないが、裏通り歩きや周辺の散策もまた奈良の町の素顔が見られて楽しい。狭い横丁や、ゆるやかな石畳みの道、草むすお堂やひっそりとたたずむ小社など、また軒の低い間口のせまい町並みもまた趣がある。 大仏前を南に行くと高畑破...

  • 奈良町

    春日大社 東大寺 興福寺の大社大寺や目抜き通りの散策は欠かせないが、裏通り歩きや周辺の散策もまた奈良の町の素顔が見られて楽しい。狭い横丁や、ゆるやかな石畳みの道、草むすお堂やひっそりとたたずむ小社など、また軒の低い間口のせまい町並みもまた趣がある。 大仏前を南に行くと高畑破...

  • 春日野 新薬師寺

    外部資料 昔 春日大社に夜な夜な子供の泣き声がした。神人があやしんでその声を求めていくと、本殿の中からその声が出てくる。おそるおそる聞いてみるとか春日様は地蔵様の姿であった。そして、 「新薬師寺へいきたい」 と言われた。それですぐに新薬師寺に移し、毎年春日から五升の米を寺に...

  • 転害門

    外部資料 東大寺西北の大門を転害門という。手貝門・手搔門・手蓋門とも書いた。東大寺創建にさいして、宇佐八幡が迎えられたとき、八幡がこの門から入って、みちみち殺生禁断されたので、転害門と名づけたというし、手向山八幡の転害門の渡御がこの門まで行われるからだともいう。また大仏開眼...

  • 春日野 采女

    采女神社の祭りは、采女が月夜に身を投げたということから、毎年中秋の名月の夜に行われる。 外部資料 十五夜の月が春日山と高円山の谷あいから美しい姿を現すころから、舳にみごとな竜頭をつけ、舷にはきれいな雪洞を立て、真ん中に花扇を立てた花扇舟が猿沢池を周り、花扇を水面に浮かべて采...

  • 奈良の伝説 春日野

    奈良の三条通りはメインストリート。 平城京の三条大路にあたる。この道を東に向かう坂道の南側に猿沢池が見える。周囲360メートルのささやかな池、興福寺の放生池としてつくられた池で、昔から 水三分に魚七分、すまず、にいごらず、でずいらず、かえるわかず、もはえず と七不思議が語ら...

  • そうめん節

    外部資料 三輪素麺は素麺の元祖です。 その素麺は有名ですが 節はあまりみかけないものです。 三輪神社の近くの素麺屋さんでは店頭でよく見かけます。 ■住所奈良県奈良市七条1丁目11-14 ■℡0742‐43‐8152 ■✉honcafeunon.nara.nisinokyo@...

  • 吉野川のアユ

    外部資料 アユはあ川魚の中で最も気品の高いものとして賞味される。 アユは「’鮎」と書き、また年魚 香魚 とも書く。 年魚よは、一年きりのはかない生命の魚ということである。晩秋のころに河口近くでふ化したよう魚は、海に下り、翌年の早春に川に戻ってさかのぼる。五~六月ころは若アユ...

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、うのんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
うのんさん
ブログタイトル
奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん
フォロー
奈良薬師寺近くの本のある喫茶店 うのん

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用