住所
-
出身
-
ハンドル名
新宿会計士さん
ブログタイトル
新宿会計士の政治経済評論
ブログURL
https://shinjukuacc.com
ブログ紹介文
まとめサイトに物足りないあなたへ、知的好奇心を刺激するハイレベルな話題を提供します
自由文
金融規制の専門家で中小企業経営者でもある新宿会計士が、独自の視点から政治、外交、経済、そして金融について、解説します。そこらの新聞・雑誌やまとめサイトでは絶対に読めない、ハイレベルな論考をお届けします。
更新頻度(1年)

200回 / 796日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2016/12/12

新宿会計士さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(IN) 11328 13182 22922 0 0 0 0 948912サイト
INポイント 10 80 70 0 0 0 0 160/週
OUTポイント 30 400 220 280 280 190 170 1570/週
PVポイント 49290 376610 430800 401270 346180 238590 249590 2092330/週
政治ブログ 98 110 149 0 0 0 0 4500サイト
政治・社会問題 38 39 52 0 0 0 0 1097サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 7073 7302 7990 8014 8013 8058 7567 948912サイト
INポイント 10 80 70 0 0 0 0 160/週
OUTポイント 30 400 220 280 280 190 170 1570/週
PVポイント 49290 376610 430800 401270 346180 238590 249590 2092330/週
政治ブログ 19 19 22 22 21 22 22 4500サイト
政治・社会問題 8 8 9 9 8 8 8 1097サイト
今日 02/15 02/14 02/13 02/12 02/11 02/10 全参加数
総合ランキング(PV) 6 6 7 7 6 6 4 948912サイト
INポイント 10 80 70 0 0 0 0 160/週
OUTポイント 30 400 220 280 280 190 170 1570/週
PVポイント 49290 376610 430800 401270 346180 238590 249590 2092330/週
政治ブログ 1 1 1 1 1 1 1 4500サイト
政治・社会問題 1 1 1 1 1 1 1 1097サイト

新宿会計士さんのブログ記事

?
  • 【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ?

    すでに複数のメディアが報じていますが、昨年10月30日の「徴用工判決」で敗訴した新日鐵住金に対し、原告側の代理人は差し押さえているPNR社の株式を売却する手続に入ると宣言したようです。ただ、私などはこの報道を見て、頭の中に真っ先に浮かんだ疑問符が、「いったいどうやって換金するつもりだろう?」というものです。一般に譲渡制限が付されているケースも多い非上場株式を売却するためには、かなりの時間とコストが掛かりますし、下手をすればせっかく勝ち取った損害賠償金が吹き飛ぶくらいの費用を取

  • 議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事

    韓国の国会議長である文喜相(ぶん・きそう)氏が天皇陛下を侮辱した問題と、これに関連する日韓両国政府、政治家らの発言などを巡っては、昨日、『転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト』にまとめたばかりです。まさに日本国民の多くが韓国に対し怒りを抱いている状況だと思いますし、韓国はそれだけの無礼を働いたことは間違いありません。ただ、韓国に対する怒りの気持ちが生じるのは正当な話だと思いますが、怒りのあまり、現時点ではわからない内容まで踏み込んで断定するのはいかがなもの

  • 金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか?

    私は日本国民の1人として、韓国の相次ぐ不法行為に腹が立ちます。読者の皆さまのなかにも、同じ気持ちを共有している方は多いと思います(韓国にまったく腹を立てていないという人もいるとは思いますが…)。ただ、対韓制裁を議論するなかで、一部の経済評論家の方が、あたかも「金融庁が銀行に対して窓口指導すれば韓国への融資をやめさせることができる」、と受け取られかねない主張をされているようですが、基本的に銀行自己資本比率規制上は、特定国のリスク・ウェイトを引き上げるように個別指導する、といった

  • 転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト

    本稿では韓国の国会議長が天皇陛下を「戦犯の息子の日王」などと呼んで侮辱した問題を巡り、最新の報道をリストに追加するとともに、当ウェブサイトの「転載自由」という方針にも合致するように、一種の資料集として、文喜相氏による天皇陛下侮辱問題の経緯を、証拠となるリンク付きで、貼りやすいようにリスト化して提示したいと思います。 韓国側「韓日議連」会長が河野外相に逆ギレ 当ウェブサイトでも精力的に取り上げている、韓国の文喜相(ぶん・きそう)国会議長による天皇陛下侮辱発言を巡っては、

  • 【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる

    最近流行しているネット・スラング「おまゆう」という言葉が、思わず口を突いて出て来そうになりました。時事通信の報道によると、韓国の李洛淵(り・らくえん)首相が14日、「日本の政治家らが信頼に反する言動をしている」などと言い放ったからです。そこにはもはや、「国を挙げて信頼に反する行動を取っている」という自覚すら見えません。「ウソにウソを重ねると、善悪の判断が付かなくなる」、という話を聞いたことがありますが、まさに現在の韓国は、司法、立法、行政という「三権」が揃いも揃って日本を侮辱

  • 徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ?

    ちょうど1週間前、『【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行』のなかで、日韓請求権協定第3条第1項に基づく協議が拒絶された場合、日本政府は迅速に仲裁手続に移行するのではないかと申し上げましたが、不思議なことに、現時点においてまだこの「仲裁手続」に移行したという報道がありません。そればかりか、外務省の課長が密かに訪韓していただの、韓国側に「協議に応じるよう督促した」だのといった報道が見えてくるのですが、いったい日本政府の対応はどうなっているのでしょうか?

  • BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験

    本日の「速報」?です。昨日放送されたBSフジの『プライムニュース』という番組で、なかなか生々しい体験が語られていました。語ったのは愛知淑徳大学の真田幸光教授で、1997年のアジア通貨危機当時、日本の銀行が韓国に対する協調融資をまとめ上げたというものです。ただ、その後、韓国では「韓国が1997年の通貨危機に巻き込まれたのは日本のせいだ」、といった「逆恨み」が語られていることは、いまさら指摘するまでもないでしょう。 プライムニュースのウェブ視聴のおススメ BSフジに『プラ

  • ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は?

    天皇陛下を侮辱した韓国の文喜相(ぶん・きそう)国会議長を巡っては、昨日、韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、ナンシー・ペロシ米下院議長と会談をし、ペロシ氏が「日本が」慰安婦合意を守るべきだと述べた、という記事が掲載されていました。これが事実ならば、日本の同盟国たる米国の下院議長という要職者がこの手の低レベルな認識を示したこと自体、おそるべき話です。ただ、よくよく調べてみると、どうも米国は政府、議会、メディアを挙げて韓国にほとんど関心がないらしく、本件についても裏取りができ

  • チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか

    本日は「バレンタインの日」(Barentain-no-Hi)と呼ばれ、女性が男性にチョコレートを贈呈する風習が、日本では根付いています。 もともと、この「バレンタインの日」とは、キリスト教の聖人ウアレンティヌス(Valentinus)にちなんだ欧米の祝祭(たとえば英語では Saint Valentine’s Day、フランス語でle jour de la Saint-Valentin)に由来するものだそうです。 ただ、日本では女性が好きでもない男性に対して贈与するチョコレ

  • 韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は?

    謝罪するつもりがない文喜相 昨日の『「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係』や先ほどの『文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」』のなかで、韓国の文喜相(ぶん・きそう)国会議長による天皇陛下侮辱事件について取り上げました。 https://shinjukuacc.com/20190213-02/ その「補足」として、この記事も取り上げておきたいと思います。 韓国国会議長 日本の抗議に「謝る事案ではない」=天皇に謝罪求める発言(20

  • 文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」

    またしても韓国の話題です。読者の皆さまも私自身もこの国の話題にはいいかげん食傷気味かもしれませんが、それでも「誰かが書かねばならないこと」を「勇気を持って書き続けること」は必要です。本稿では韓国の文喜相(ぶん・きそう)国会議長の天皇侮辱事件について、現時点までの状況をまとめるとともに、それが「逃亡」「逆ギレ」「論点ずらし」という韓国の政治家ならではの特徴を余すところなく示しているという点を指摘し、あわせて日本が韓国との関係をどう再構築するのか(あるいは再構築しないのか)につい

  • 鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符号とは?

    当ウェブサイトをご愛読頂いている皆さまのなかには、日本経済新聞社元編集委員にして日本を代表する韓国観察者である鈴置高史氏の論考を楽しみにされている方も多いでしょう。非常に嬉しいことに、『デイリー新潮』に2回目の鈴置論考が掲載されています。しかも、今回の記事は文在寅で進む韓国の「ベネズエラ化」という、なにやら非常に不穏当なタイトルの記事です。鈴置説を知らない方がタイトルだけを見ると、「トンデモ言説の一種ではないか?」と思ってしまうかもしれませんが、パズルのピースを集めていくと意

  • 天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に

    先週末の米ブルームバーグのインタビューで文喜相(ぶん・きそう)韓国国会議長が昭和天皇を「戦犯」と呼んだうえで、天皇陛下に対して自称元慰安婦らへの謝罪を求めた問題で、案の定、文喜相氏自身が釈明に追われています。ただ、韓国メディアに掲載された釈明記事を読んでも、どこか中途半端であり、心の底から反省していないことは明白です。なお、私は本件とはまったく別に、少なくとも日本の治安維持という観点から、入国ビザ制度については抜本的な見直しが必要ではないかと考えています。 韓国国会議長

  • 「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派

    昨年秋口以降、日韓関係が急速に壊れて来ています。しかし、私に言わせれば、これは単なる「日韓関係の悪化」ではありません。もっと大きな、東アジア全体の混乱の導火線になりかねない兆候ではないかと思えます。ここに来て、韓国のメディアからは、ひと昔前の「密室で無理を聞いてくれる外交」を懐かしむ論調が出て来ました。そして、驚いたことに、中央日報などでは、「菅義偉官房長官がそのコネクションの窓口になってくれるのではないか」、とする議論が出ているようなのです。呆れて物もいえません。 天

  • 「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義

    先ほどの『「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派』の冒頭で、日韓関係が崩壊に向かうなか、「徴用工判決」問題や「天皇発言」問題については「別稿で取り上げる」と宣言したばかりで恐縮ですが、やはり、取り上げるべき話題が多すぎるため、すべてを取り扱うことが困難です。こうしたなか、「徴用工判決」問題を巡り、本日以降、日本政府が「仲裁手続」に移行することが予想されるため、本稿では主にこの「仲裁手続」についてざっとおさらいするとともに、「日本政府の狙い」や「経済制裁」などの

  • 文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ

    最近、当ウェブサイトではわざと「韓国ネタ」から少し距離を置いていたのですが、本稿では久しぶりに、じっくりと日韓関係について考えてみたいと思います。読者の皆さまは意外と感じるかも知れませんが、私が現在、一番心配しているのは、「日韓関係の破綻」ではありません。「文在寅政権の崩壊」です。あえて独断で申し上げれば、文在寅氏は「大韓民国」を北朝鮮に貢ぐために働いています。いっそのこと、文在寅政権下で日韓関係の破綻が実現してしまったほうが、あとあと日本にとっても都合が良い気がするのですが

  • 天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説

    先週水曜日に「辻元違法献金事件」が発覚して以来、当ウェブサイトでは、疑惑の渦中にある立憲民主党の対応をウォッチしています。こうしたなか、「もりかけ問題」を舌鋒鋭く追及してきた朝日新聞が、この事件を社説でどう取り扱うのか、数日前から注目して来たのですが、残念ながら本日に至るまで、朝日新聞の社説ではこの事件が取り上げられていません。ただ、その「朝日新聞ウォッチング」の副産物といえば良いでしょうか、なかなか興味深い社説を発見したこともまた事実です。 朝日新聞社説の闇 辻元違

  • ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由

    先日、大阪府守口市にある「くら寿司」で、アルバイト従業員がわざと捌く前の魚をゴミ箱に捨て、それを再びまな板に載せるという動画をインターネット上に投稿する、という事件が発生しました。(株)くらコーポレーションは当該従業員に対し法的措置を検討しているそうですが、企業のリスク管理として当然の対応であるだけでなく、私自身は「ウェブ評論家」の端くれとして、こうした対応を強く支持したいと思います。というのも、インターネットという「新テクノロジー」の過渡期だからこそ、「やって良いことと悪い

  • 立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」

    立憲民主党といえば、私に言わせれば「人材の宝庫」ではなく、「人罪の宝庫」です。最近だと外国人からの献金を受け取った辻元清美・国対委員長が話題になっていますが、やはり「人罪」を集めたゴミ政党のトップの発言は、清々しいほどにダブル・スタンダードです。ただ、立憲民主党を批判するのは簡単ですが、冷静に考えてみると、彼らに「野党第1党」という絶大な権力を与えてしまっている構造については、誰の責任なのか、そして私たち有権者にできることは何なのか、じっくりと考えていくことが必要です。そうな

  • 【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法

    以前からほぼ週1回のペースで続けている「ブログ講座」、今回で第6回目となりました。前回までの議論では、ブログを書く方法、考え方、技術面などについて言及して来ましたが、今回のテーマはもっと踏み込んで、「ずばり、ブログで生活はできるのか?」というテーマを取り上げてみたいと思います。といっても、私自身がウェブ評論だけで生計を立てられるという状況には達していないため、私が申し上げても説得力はないのかもしれませんが、ただ、「ブログによるマネタイズ」、つまり「ブログで飯を食う」という手法

  • 何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚

    久しぶりに驚いてしまいました。韓国の文喜相(ぶん・きそう)国会議長がブルームバーグのインタビューに応じ、天皇陛下に自称元慰安婦らへの謝罪を求めたからです。2012年に李明博(り・めいはく)元大統領が島根県・竹島に不法上陸し、天皇陛下を侮辱した事件を思い出します。私の理解だと、私自身を含めた日本国民の多くは、天皇陛下を公然と侮辱されて平然としていられるほど寛容ではないと思いますし、もしそうだとしたら、文氏のこの暴言は、ただでさえ破滅の淵にある日韓関係に影響を与えないはずはありま

  • 韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか?

    韓国銀行が外貨準備統計を公表しているようです。『聯合ニュース』によると、同国の外貨準備高は過去最高となる4055億ドルに達したのだそうですが、以前から『日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」』や『総論:外貨準備の虚実 韓国の外貨準備の額は信頼できるのか』などで説明してきたとおり、韓国が公表する外貨準備の値は非常に不自然です。というのも、国際通貨基金(IMF)データなどから非ユーロ圏の国の外貨準備高は7~8割が米ドル建てであると推察できるのですが、米国側の統計

  • 【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ

    新宿の住人としては、到底看過できない話題が出現しました。昭和末期の人気アニメだった『シティハンター』が劇場版で復活するのにともない、JR新宿駅に同アニメにちなんだ掲示板が出現しているのだそうです。ところで、意外と思われるかもしれませんが、私自身は昔はマンガやアニメが大好きでした。最近だと、あまり時間が取れないのですが、それでも久しぶりにこの手の話題を目にすると、時代の変化を痛感します。 新宿に「シティハンター」の掲示板が出現! 「新宿の住人」としては、とうてい看過でき

  • 共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道

    自称徴用工が起こした訴訟で日本企業が敗訴した「徴用工判決」問題を巡っては、報道によると、本日、日本政府が日韓請求権協定第3条第1項に基づき韓国政府に申し入れた協議の期日だそうです。これについては昨日も『【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行』で、韓国政府は協議に応じないのではないかとする韓国メディアの報道を紹介したばかりですが、これにくわえて日本の共同通信は、「日韓関係筋の話」として、「韓国からの輸入品に対する関税の引き上げ」などが検討されている、と報じてい

  • 【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行

    本日付の韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の報道によると、自称元徴用工らに対する日韓請求権協定違反の判決を巡り、日本政府が先月9日、韓国政府に申し入れた「日韓請求権協定第3条第1項に基づく協議要請」を受け入れない方針だそうです。私の予想では、日本政府は来週の早い段階で韓国政府に対し、今度は「仲裁手続」の開催を申し入れる公文を発送するのではないかと思いますが、見方を変えれば、これは一種の時間稼ぎであるとともに、「韓国が国際条約破りをする無法国家」「日本はそんな韓国との関係

  • この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人

    俳優・タレントの石田純一さんが昨日、『デイリー新潮』に「日韓相互不信」というテーマの論考(?)を寄稿されています。日米韓3ヵ国連携が大事だから、日本は韓国に対して「歴史に謙虚になる」という姿勢を示し、安倍総理は文在寅・韓国大統領と膝突き合わせて話し合え、という主張ですが、そもそも前提として法律を無視すれば争いに収拾がつかなくなるという事実を無視している時点で、「論考」と呼ぶ価値すらないお粗末な駄文です。ただ、こんな文章であっても、「逆から読む」ことで、安倍総理の真の狙いを浮き

  • 外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード

    立憲民主党の国対委員長という要職者でもある辻元清美衆議院議員(大阪10区)が外国人から献金を受けていた問題については、本人が昨日、記者団に対してその事実を認めたようです。昨年の「もりかけ国会」や財務省の公文書偽造事件、財務省事務次官のセクハラ疑惑などの不祥事を巡り、麻生太郎副総理兼財相に辞任を求めたのが立憲民主党であり、それを後押ししたのが朝日新聞ですから、当然、立憲民主党は辻元国対委員長と枝野幸男代表が同時に辞任しなければおかしいですし、朝日新聞もそのような論陣を張るのが筋

  • 果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か?

    岩屋毅防衛相が韓国に対してやたらと弱腰だと批判されています。保守系メディアの代表格である産経新聞は今週月曜日、『韓国との「未来志向」を連発する岩屋防衛相』と題する記事で岩屋氏を批判的に取り上げているほか、保守系オピニオン誌『正論』3月号にも、『韓国にモノ申さず』といった批判が掲載されています。ただ、確かに発言だけを切り取ってみると、岩屋氏が「日韓友好」論者であるように見えますが、果たしてそう短絡的に見ることは正しいのでしょうか?むしろ、現実には、防衛省は韓国との防衛協力の象徴

  • 「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑

    疑惑の総合商社といえば辻元清美さんだと思うのですが、産経系のウェブサイト『zakzak』に、辻元清美氏が韓国籍(在日三世)の弁護士から献金を受けていたと報じています。これが事実ならば、政治資金規正法違反に該当しますが(※ただし時効にかかる可能性もあります)、ただ、記事本文をよく読むと、肝心の寄付金額は少なく、どこか不自然な気もします。 辻元清美氏に外国人寄付疑惑 立憲民主党の辻元清美衆議院議員(大阪10区選出)を巡って、夕刊フジの電子版『zakzak』に、こんな報道が