searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あきのさんのプロフィール

住所
金沢区
出身
松本市

目下83歳、人生のどん尻まで来て感じることを日々綴って4500回近く。 文章修行、文字だけで綴っています。

ブログタイトル
あきの80路を歩む
ブログURL
http://aterayama.seesaa.net/
ブログ紹介文
80歳を超えた今、自由と退屈と、ときどき懸命に何かをしながら生きています。
ブログ村参加
2016/11/27
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、あきのさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あきのさん
ブログタイトル
あきの80路を歩む
フォロー
あきの80路を歩む

あきのさんの新着記事

1件〜30件

  • NO...6240

    昭和30年8月、弟は慢性腎炎で信州大学病院へ入院しました。 まず布団をリヤカーに積んでの入院。この布団も夏用などはなかったので、木綿綿の入った厚い布団でしたから、2人部屋のベッドの上の弟は、大きな足を布団から出して暑そうでした。 母が付き添いました。ご飯作りはコンロに炭、団扇で扇いでいる母を思い出します。 弟は、5歳のときに、扁桃腺炎から腎臓炎になりました。かなり重かったようで、医者を5人も変えたよ…

  • NO...6239

    何事も、本当のことは体験してみないとわかりません。「老い」についても同じです。わたしのブログに毎日来てくださる方々へ、正直に感じたままを書くので参考にしていただけたらと思います。 それで現在まで分ったことは、老いは坂道を下るようにではなく、ある時突然に「ガーッ」と追い込むような感じで老けていきます。つまり坂道ではなく階段のようにです。 わたしの一年前までは、あまり体が不自由になったとは思わずに暮…

  • NO...6238

    「オミクロン」なんて、「オ」なんかつけて敬うなよ。冗談じゃあねえよ。どこまで人々を不安がらせれば気がすむのだ? 「コロナ」よ、妹か何だか知らねえが、「オミクロン」なんて言うのを連れてきて、またまた嫌がらせか? どこまで人々をがっかりさせるのか? と、思っていると、今度は地震、地震親父よ、今ぐらい人間様に同情したらどうだ。同じ朝に2所をユッサユッサと強請りやがる。こちとらだって、もう我慢も限界だぜ。オ…

  • NO...6237

    人と話している時、何かの拍子に言葉の使い方が気になることがあります。わたしの場合は相手が何気なく使った「学生時代」という言葉でした。 言葉を正確に使うことにこだわるのは、本作りという仕事に携わった経験があるからと思いますが〜。 そこで、忘れないうちに確かめておこうと思い、検索すると下記のように出ていました。 『学校教育法に定義があります。 「児童=初等教育=小学生」 「生徒=中等教育=中・高校」 …

  • NO...6236

    わたしは再放送の「ドラマ」を見るのが好き。ことに「日本人の人情もの」、時代劇ではなく、終戦直後を描いた「純ちゃんの応援歌」のようなドラマです。 このドラマは、1988年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説ですが、そのころは仕事が忙しくて、見ていないので、新しい気分で楽しんでいます。 夕方4時20分から毎回2話。びっくりするのは鶴瓶さんに髪の毛がふさふさしていること。改めて大昔のテレビだなあと感じます。 純…

  • NO...6235

    余分なものを買って家の中をゴチャゴチャにしたくないと考えているのに、いつの間にか宣伝に負けることがあります。 ことに「ブラックフライデー」のメールがあちこちの会社から毎日10通も入ると、中身を見ないでどんどん消していたのに、犬のぬいぐるみの写真が載っていて思わず見てしまいました。 何だか本物のような感じです。それで思い切って「ヤーッ、」。 昨日、実物到着。待っていましたとばかり出すと、顔が大きすぎ…

  • NO...6234

    独り暮らしは好き勝手。急にシジミの味噌汁が飲みたくなって、買い物から帰ると真っ先につくりました。味噌汁で好きなのは、玉ねぎとジャガイモというのもあります。 昨日つくったのは、ゴボウとニンジンのきんぴら。それから今日は沢庵を買いました。タラを単純に焼いたのも好きなので買ってきました。カブの漬物も、今夜のうちにつけることにします。 ドイツ系の固いパンは、すぐに柔らかくなるので帰宅してすぐに切って、凍…

  • NO...6233

    近くの長浜ホールにS画伯の主宰する水彩画グループの展覧会があり、Nさんと行きました。昨年はN氏が元気で張り切って出かけた展覧会ですから、ちょっと寂しさを感じながら奥さんとご一緒したのです。 展覧会はもう17回目。長く続いているというのは、その会が楽しいからだと、出品されている方々が言われるのを聞いて、全くその通りだと思いました。 わたしは4月に画伯ご夫妻と小笠原にご一緒したので、そのときの絵を特別に懐…

  • NO...6232

    わたしは4人の子持ち。女の子が一番上で後3人は男の子。 今までの人生で何が面白かったかと言えば、子育て。何しろ産まれたばかりのくしゃくしゃな顔が、いつの間にか一人前になっていくのですから〜。 「どこの親でも思います。末は博士か大臣かと? 」ところがそうはうまく行きません。結果、丈夫に育ちさえすれば〜なんて考えるようになります。 自立してしっかりやってくれさえすれば文句無し。幸い親の援助なしに家も建…

  • NO...6231

    「ブラック・フライデー」ジャスコに行くと、そう書いて売り出しをしています。Amazonからのメールもブラック・フライデーの安売り案内が届きました。 それで、検索してみました。 『ブラックフライデー」は、アメリカの感謝祭(Thanksgiving)11月の第4木曜日)の翌日の金曜日を指す。1960年代からアメリカで言われるようになり、1970年代には全米中に広まった』とあります。 思い出しました。ブラックフライデーにはNYの北の…

  • NO...6230

    近ごろのAIの進歩は並大抵ではないと、よくわかっていたつもりですが、まあ今日録画しておいた「クローズアップ現代「ピーター2.0サイボーグとして生きる」を見てびっくりのびっくり。こんなことが起こる可能性なんて信じられませんが、実際に起こっているのです。 「私はこうしてサイボウグになった」に出てくるピーター氏はアガサクリスティーを生んだ街で生まれた人です。 ピータースコット-モーガン、63歳。全身の筋肉が麻…

  • NO...6229

    朝方、寝ていて寒いと思ったので、起きて毛布を追加しました。テレビをつけながら朝飯を食べていると、どうやら本格的な寒さがやって来ると言います。 そうだ、コタツ布団も厚いのにしょう、ついでに掃除も。テレビの前など埃が薄っすらかかっています。雑巾を絞り拭いたついでに、テレビも拭きました。久しぶりに、コタツをあげて掃除をし、下に敷いてあるのを毛布に取り替え、掛け布団も厚くて濃い青色に替えると、見るからに…

  • NO...6228

    コタツの上のお盆にのっている薬は、右目に挿す目薬だけで7種類あります。そして挿すのは朝・昼・夕・寝る前など、薬によって指定されています。薬と薬の挿す間隔はそれぞれ5分。 まあとにかく頭の悪いわたしは常にゴチャゴチャ。間違わないために自分で理解し納得すべきだと考えるのでパソコンで調べました。 抗菌・副腎脂質ホルモン剤・はれと痛みを取る・目の緊張を緩和・眼圧を下げる・緑内障眼圧を下げる。 これらが1日…

  • NO...6227

    寂聴さんが亡くなる2日前、市民図書から「寂聴・源氏物語」1と2を借りてきました。読み始めて感じるのは、わたしには無理、こういう傾向の物語が好きではないのです。寂聴さんは生涯こんなテーマで押し通したなあ〜。ついに友が市民図書に行くというので読まないまま返してもらいました。 ここで話は変わります。昨日、向田邦子さんのドラマ「あ・うん」の一挙放送を録画し、今日はじっくり観ました。会話の運び方がうまい。 …

  • NO...6226

    相撲を見ながら、今日はなにを書こうかなと、ブログのことを考えていました。 正面の解説席に垣根親方(白鵬)の姿があります。 前に繰り広げられる相撲を見ながら、日本に来た頃の話、まるきり細かった白鵬。「稽古をやり過ぎても良くないし、あくまで自分の体にあった量の稽古を考えなければと思うし、とにかく稽古のやり方も人によって違う。自分で自分の体を知って考えるより仕方ない」と。 「相撲は、土俵に上がって、考…

  • NO...6225

    冷たい飲み物の好みはよく変ります。 今日買ってきたのは100%のオレンジジュース2本、炭酸水大きなサイズ3本など。カルピスの時もあるし、ファンタの時もある、そしてお茶という時もあります。お茶はなかなかおいしいのに出会えません。 先日スシローに行った時に買った粉茶、これを1回に2袋、お茶を点てる茶碗にいれて、湯煎がガチャガチャと前後に強く振り、最後に「の」の字を書いて真ん中からそっと引き上げると、それら…

  • NO...6224

    わたしは買い物とご飯作りを人生最後までやりたいと考えています。ところが今週は病院通いがあったので、金沢八景でバスをモノレールに乗り換える時に外食を試してみようと思い立ちました。あのカーネルおじさんの看板で有名な店に入りました。写真を見るといかにもおいしそうです。パンもおいしそうです。これらにコーラを飲みながら楽しめそうです。注文して、さていよいよ食べようと外の見えるイスに座り、大きな唐揚げにかぶ…

  • NO...6223

    今朝も三男に迎えに来てもらいました。一人で行くことができると言ったのですが、施術後ガーゼの上をカネでできた眼帯で覆っているので、それが取れるまでと言うことで〜。 医院に9時に着くように出かけました。待合室に腰掛けると、昨日の人当たりの良い看護師さんが来てくれ、15分置きに、4種類の点眼薬をしてくれ、診察の準備に入りました。 待合室が混み始めたころ、検査を済ませ待合室で座るところを探していると、Vivaさ…

  • NO...6222

    今朝は指定された10時に間に合うように行きましたが、もういっぱい。ここは一昨日の病院の前にある眼科専門のところ。前の大病院で患者を受けきれないようで、回していると見ました。 わたしの場合はここだけではダメでもう一度元の大病院へ戻るようになりました。だから明日は今日の手術のチェックに、明後日は大病院へ難しい手術の相談にいきます。忙しい中、大変良心的にやってくれていると感じます。 とにかく午前中にはい…

  • NO...6221

    「ガソリンが高くなると言います。」これは仕事をする人たちにとっては大変なことと思っていると、ある程度まで上がると、それ以上は上がらないように「国が元売りへの補助をする」と、相撲の時間のニュースでやりました。 なるほど、岸田内閣は仕事が早い。そしてやり方に納得がいきます。「なかなかよくやるなあ〜」というのがわたしの感想です。 何かをやる時に期限を切って「いつまでにやる」というのも、ものごとをはっき…

  • NO,,,6220

    健康保険証がどこかへ行ってしまい、再申請しています。ところが昨日のこと。散々探して出てこなかった保険証が見つかったのです。領収書に包んであったので見失うしなったのでした。 今朝は早速、及川眼科へ行きました。どうしてこんなになるまで放っておいたのかと言われ、失明するところだったと脅かされ、紹介状を書くからすぐに南共済病院へ行くようにと言われて、いくらのんびり屋のわたしも少々慌てました。 11時には共…

  • NO...6219

    連日40年も前に戻ったことばかりを書いていますが、それほどわたしの人生で外国生活は、強烈な体験だったのです。 今夜の「青天を衝け」は前のアメリカ大統領が日本に来て、そのもてなしに「あたふた」するところがドラマになっていました。 「もてなす」ということがどういうことか分かっていなかったのです。ここで大喜びされたのは、渋沢の奥さんが「ほうとう」をご馳走したこと。 そうなんです。相手は違った文化を知りた…

  • NO...6218

    夜中に突然メール音が〜。 マーサ ・ウォングからです。友のアリスがマーサに会ったとメールをくれ、アドレスを教えておいたからと書いてあったので驚きはしませんでした。でも懐かしくて興奮し目が覚めてしまい夜中に何度も寝返りを打ちました。 わたしの三男と、マーサの長男がキンダーガーデンのときに別れたまま。この2人は今は51歳。浦島太郎のような感じ、マーサも今は81歳になったと。 その後、子供はどのように育った…

  • NO...6217

    朝、セントラルスポーツクラブに行くと、圧倒的に多いのはおじいちゃんたち。大きな筋トレマシンを使って体の足・腰・腕など部分的に鍛えたいところにこだわってがんぱっています。わたしも行くと最初にそれらを各20回から30回ずつ4種類ほどをやります。そのおかげで階段の下りが楽にできるようになりつつあります。これが終わると、歩くマシーンへ移動、10分ほど早歩きをします。終わってプールへ移動、首から上の体操と250m泳…

  • NO...6216

    わたしがピカソの「ゲルニカ」を観たのはニューヨーク、絵がスペインへ帰る前でした。 今朝「アナザーストーリーズ運命の分岐点」という番組で「ゲルニカ」を観ました。ピカソがゲルニカを描いたのは、内戦状態にあったスペインに、反政府側のフランコ軍を支援するナチス・ドイツ軍がスペイン北部の町ゲルニカを無差別爆撃したときで1937年4月のことです。 当時パリにいたピカソ(ピカソはスペイン人)は怒って「ゲルニカ」を…

  • NO...6215

    年取ると、郵便はほとんど来なくなります。たまに来るのは年金振込通知など公のものと銀行の口座の支出報告くらい。 ところが昨日は分厚い大きめの封筒が入っていました。なんだろうと差出人を見るとK氏からです。家に入り、楽しみに開けました。何とK氏と夫人が書かれたお手紙と手編みの毛糸のソックス。最初はびっくりして、それからじわじわと嬉しさがこみ上げてきました。 わたしは冬でも靴下を履きません。訳はコタツ党だ…

  • NO...6214

    佐伯啓思著「反・幸福論」は、何だかいろいろ世間に物申しているような本、だらだら読んでいましたが、最期にわたしと考えが一致したことが書いてあったので、書き止めます。 〓️「民主党、この逆立ちした権力欲」ーーこれが章題。 佐伯氏は言います。『民主党政権のひどさは度を越していました。菅(かん)さんはほとんど無免許運転のように、行方もしれず迷走・暴走し、ただハンドルにしたがってしがみついているといった有…

  • NO...6213

    月曜日、スポーツクラブは休み。朝食の後、まず録画してある「草間彌生・富士山」を観ることに。これは数日前に見始めたのですが、長いので一旦やめて後日に回していました。アダチ木版画研究所の足立氏が、伝統のものばかりを手がけているのではなく、思い切って草間彌生さんに富士山を描いてもらおうと提案し、実現した話です。 世界文化遺産に登録されている日本の象徴・富士山。その秀麗な姿は古より浮世絵をはじめ、多くの…

  • NO...6212

    「小春日和」、英語で言うと「インディアンサマー」。こんな日は、大きな木の下を歩きたくなります。そこで10時から12時まで解放される第四小学校の図書室へ行くついでに遠回りをしようと決めました。まず南に向かって歩くことに。信号を渡ったところで右に折れると大きな木がたくさんある団地に入ります。歩いているのは、わたしだけ、静かです。そこをぐるっと回って再び大通りに出たら、帰りの道に。 花の咲いている団地を通…

  • NO...6211

    今年はコロナで、カフカの「ペスト」という作品が今の世界のコロナ禍に似ていると 評判になりました。日本にも、似た傾向の作品を志賀直哉が書いていることを知りました。志賀直哉著「流行感冒」。発表したのは1919年ですから、スペイン風邪(1918〜20年)がヒントになったものと思われます。 感冒流行の中、理性を失いむやみに人間不信に陥った主人公が、人への信頼を取り戻し日常に帰るまでの‘心理的な綾’を、軽妙かつ鋭い…

カテゴリー一覧
商用