chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 将棋雑談(免状が届いた!)

    母が「羽生善治会長、藤井聡太竜王・名人の時に免状が欲しい!」と言うので、私と父で協力しまして、初段免状を取得しました。こちらの毛筆での署名はもちろん両先生の「自筆」で、超多忙な中でも時間を見つけて千駄ヶ谷の連盟事務所で署名してくださっている

  • ネット観測いろいろ

    ネタが無いので、最近私がXでRPしたものから、特に印象的だったものをご紹介します。まずはこの賢いホワイトライオンでしょう。こういうバカな客がバカなことをしないように、日本の動物園ではこんなに近づくことはできないはずですが、いやぁ、東南アジア

  • エドゥ・ファラスキのペガサス幻想!

    なぜか、YouTube Musicのオススメに出てきていてビックリしました。エドゥ・ファラスキは、かつてブラジルのレジェンドメタルバンドAngraに在籍していました。彼と聖闘士星矢との縁は、2004年まで遡ります。Angraに在籍していた2

  • 音楽・健康雑談(「21世紀のメタル100枚」へ!)

    このシリーズもついに3冊目まで来ました。「メタルの古典100枚」「メタルの基本100枚」の計200枚をクリアして、本日から「21世紀のメタル100枚」に突入します。ちなみにこのシリーズは、「現代のメタル100枚」が最新刊としてこの後に控えて

  • 近況・雑談など

    藤井八冠の対局は6月17日(月)まで無く、フィギュア雑誌もQuadruple・Ice Jewelsともにもう紹介する所が無く、いよいよネタ切れで困りました(*もちろんメンシプ動画は視聴済です)。風邪も怪我もなくジョギングは続けているため、1

  • 「Ice Jewels Vol.19」(6)

    今回で「Ice Jewels Vol.19」のレビューもラストです。田村岳斗さんのインタをご紹介しましょう。――羽生結弦さんについて。東北高校の後輩でもあり、仙台のリンクの後輩でもありますよね。高校の後輩って言っても、年齢がだいぶ違うので在

  • 健康雑談(ランニングする前に読む本)

    『運動脳』を読んだら、誰もが身体を動かずにはいらないでしょう。でも、あの本の中ではランニング・ジョギングの「具体的な走り方」の説明はありません。世の中にはランニング・ジョギング関連の本は山ほどありますが、健康目的で走るのであれば「スロージョ

  • 「Ice Jewels Vol.19」(5)

    引き続き、「Ice Jewels Vol.19」のレビューです。今回は「UNDERTALE」の開発者のトビー・フォックスさんのインタから。この「UNDERTALE」というゲームには、「2つの攻略ルート(敵を全部倒してクリアを目指す殺戮ルート

  • 「Ice Jewels Vol.19」(4)

    まだまだ「Ice Jewels Vol.19」のレビューは終わりません。今回はMIKIKO先生と清塚さんのインタをご紹介しますが、Quadrupleと重複が無いように、「おっ?」と私も思わず声を上げてしまった2つだけピックアップしてみます。

  • 健康雑談(久々に走った!)

    せっかくポケモンスリープは継続しているのに、睡眠が浅くてヘンな時間に目が覚めるのは運動不足が原因だろ?と、さすがに再開しました。前回走ったのが5月4日だったので、1ヶ月かぁ・・・さすがに体力落ちてるだろうしスピード落とすかなぁ・・・と思って

  • 藤井棋聖、本日対局!(棋聖戦第一局)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は「1勝1敗」です。山崎隆之八段の挑戦を受ける棋聖戦五番勝負、いよいよ開幕です。山崎八段の棋風を何と表現すればいいか・・・。常人には理解不能なキュビズム期のピカソのような作風という

  • 「Ice Jewels Vol.19」(3)

    まだまだ「Ice Jewels Vol.19」のレビューは続きます。今回は「『RE_PRAY』総括」からピックアップしてみます。『宮城』は、もう思い残すことはない、と言えます。実は初日はノーミスができて、しかもほとんどほころびがなく、ハマり

  • FaOI関係などいろいろ雑談

    能登さん、いつもありがとうございます。今年はAツアーのみなので、これで終わりというのもちょっと寂しい気がしますね。そして、私もTシャツの販売サイトにアクセスしてみたら、「本当に品切れ」ですね!そもそも、FaOIのオフィシャルグッズ自体が、「

  • 音楽雑談(カバー曲について色々)

    FaOIのAツアーで、田中刑事君と西川貴教さんとのコラボでTM NETWORKの「Beyond The Time」をやっていましたよね。あの曲は、劇場版ガンダム作品の主題歌として有名ですが、私にとっては、TMの『CAROL』というアルバムに

  • 「Ice Jewels Vol.19」(2)

    引き続き、「Ice Jewels Vol.19」のレビューです。仕切り直しで「ユヅに聞いた56のクエスチョン」からいろいろとピックアップしてみます。Q. プロ転向後、選曲の基準は?直感?「聴いた時にイメージできるかどうかとか、自分のスケート

  • 「Ice Jewels Vol.19」(1)

    2024年5月15日発売。定価「1,760円」。FaOI愛知開幕前にようやくジュエルズを読むことができました。Quadrupleと比べるとテキストの量は物足りないですけど、本書における羽生さんの発言は貴重なものだらけで、十分に入手する価値は

  • 藤井叡王、本日対局!(叡王戦第四局)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太叡王から見て「11勝2敗1持将棋」です。藤井聡太さんのデビュー戦は2016年12月24日の加藤一二三九段との一局でしたが、あれから443局の公式戦を戦ってきて、もしかす

  • 将棋情報(棋聖戦挑戦者決定戦!)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。今期も、藤井聡太八冠へのタイトル挑戦者が続々と決まっています。名人戦七番勝負は、先日北海道紋別の地で豊島将之九段を4勝1敗で退けて、名人位の初防衛に達成。叡王戦五番勝負は現在進行中で(伊藤匠七段

  • 音楽雑談(八十八ヶ所巡礼)

    過去の自分の投稿を見ると、このバンドについては、「2019年8月5日」と「2022年11月11日」の2回マイブームが来ていたようですが、何年かぶりぐらいに久々にCDを買ってしまうほどガツンと来てしまいました。「八十八ヶ所巡礼」は、日本人男性

  • 「FaOI2024 幕張」関連いろいろ

    お写真は幕張初日公演のフィナーレで、毎日新聞の貝塚太一カメラマン撮影の「こちら」のフォトギャラリーから。幕張2日目のCS放送は、羽生さん出演分のみ確認しましたが、いやいや、これ、実質4プロでしょ?と思ったのは私だけでしょうか。今回は振付にジ

  • 藤井名人、今日も対局!(名人戦第五局2日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。カニ爪オブジェの全景写真は「こちら」。いやぁ、前夜祭から凄いです。なんですかこの蟹タワーは!これはさすがに現地に行かないと、とい...

  • 藤井名人、本日対局!(名人戦第五局1日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太名人から見て「25勝12敗」です。第四局の別府対局は豊島将之九段が1つ返して、藤井名人が3勝1敗で第五局の北海道・紋別対局を迎えます。別府での名人戦は71年ぶりの開催.

  • チーム藤井、本日(収録)対局!(ABEMAトーナメント2024 予選Cリーグ 第一試合)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。ABEMAトーナメント2024の各リーグについては「こちら」。放送開始時刻は、「5月25日(土)19:00」です。これまでのABEMAトーナメントでは、ひとつのリーグの放送を勝ち抜けチームと敗退

  • GUCCI銀座ギャラリー情報など(まだ行けてませんけど)

    「LINEで事前予約かぁ・・・行けなくはないけどもなぁ・・・」なんて思っていたんですが、Xの動画レポートを見ると、こんなに凝ってるの?と、これまでの写真展とははっきり異質な感じがしますね。銀座というと、実はつい最近仕事で行く機会があって、夜

  • 「Quadruple Axel 2024 羽生結弦 SPECIAL」(6)

    いよいよ「Quadruple」のレビューもラストです。今日は宇都宮直子さんのコラムから。都築章一郎先生のコメントが紹介されています。現役選手はエレメント的にレベルの高いものをやっていますが、演じるという意味では、羽生のほうが上でしょうね。あ

  • 「Quadruple Axel 2024 羽生結弦 SPECIAL」(5)

    まだまだ「Quadruple」やっていきます。今日は衣装デザイナーの原孟俊さんのインタから。MIKIKO先生や清塚信也さんと比べると、羽生さんとそこまで関わりが深くないことがむしろ「プラス」になっていて、分析的で興味深い仕上がりになっていま

  • 将棋情報(18歳vs15歳の注目対局!)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。竜王戦6組トーナメント表は「こちら」。奨励会三段リーグ戦表は「こちら」。解説・聞き手はつきませんが、注目の対局の放送が決まりました。藤本渚五段は18歳の新鋭で、藤井聡太八冠へのタイトル挑戦も時間

  • 「Quadruple Axel 2024 羽生結弦 SPECIAL」(4)

    「Quadruple」のレビューに戻ります。今日は清塚信也さんのインタですが、MIKIKO先生とはまた違った視点で羽生さんを見つつも、どこか「家族的」な目線の発言にホロリとさせられる部分もありました。以下、いくつかご紹介します。(横浜公演を

  • 藤井名人、今日も対局!(名人戦第四局2日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。1日目から将棋の内容も面白かったんですが、まずこの料理ですよ。特に挑戦者の豊島将之九段の舟盛り定食!舟盛りと小鉢だけ先に出してもらって、ビールからの日本...

  • 藤井名人、本日対局!(名人戦第四局1日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太名人から見て「25勝11敗」です。第一局、第二局は、終盤で二転三転する場面があったんですが、第三局は藤井名人の完勝。挑戦者の豊島将之九段は完全に「崖っぷち」という感がし

  • 「Quadruple Axel 2024 羽生結弦 SPECIAL」(3)

    今日も「Quadruple」のレビューをやっていきます。今回はMIKIKO先生のインタをご紹介しますが、読む前からある程度予想できていたとはいえ、すごい内容です。まず、「RE_PRAY」に関する制作過程について、彼女はいろいろな「仕掛け」を

  • 「Ice Jewels Vol.19」購入報告

    「Ice Jewels Vol.19」ですが、Amazonはどうやら在庫を確保していないようで、発売日当日になっても正規の値段で取引されていない状況が続いていました。というわけで、直接書店へ。羽生さんの書籍・雑誌は発売日にほぼ確実に並ぶ多摩

  • 「Quadruple Axel 2024 羽生結弦 SPECIAL」(2)

    引き続き、「Quadruple」のレビューです。今日は無良君のインタをご紹介しますが、すでに読まれた方は納得していただけると思いますけど、「知らない情報だらけ」でビックリしましたね。引用したい所だらけなんですが、以下、泣く泣く厳選してピック

  • 「Quadruple Axel 2024 羽生結弦 SPECIAL」(1)

    「Quadruple」のレビューの1回目は、まずは羽生さんのインタから。取材が実施されたのは、「Notte Stellata 2024」を終えた翌日、3月11日の仙台市内のホテル。「RE_PRAY舞台裏SP」と若干かぶるやりとりもあったので

  • Quadruple購入報告など

    「Quadruple Axel」をAmazonで購入して、発売日に到着しました。レビューは明日からゆっくりやりますが、写真は田口有史さんで「おっ!いいじゃん!」と、パラパラとめくっていくと、羽生さんの独占インタがものすごいボリュームです。他

  • 音楽雑談(永野CHANNELで印象的だった部分)

    私も東京ドームではエアロスミスのLiveを観たことがあるんですよ。たぶん1998年のNine Livesツアーだった気がします。私はスタンド席だったんですが、その時の音響を一言で言うと「大浴場」というか、音がボワーンと反響していて、歌が数秒

  • RE_PRAY舞台裏SP(5/5)感想

    「new every.」の短時間でコンパクトに凝縮した特集も秀逸でしたが、こちらの「3時間をまったく飽きさせずに見せる構成」も素晴らしかったです。今回の舞台裏SPを見てまず感じたのは、「チームに支えられているがゆえの孤独」という部分ですね。

  • news every.(5/6)感想

    いろいろあって出遅れましたが、めっちゃ良かったですね。実は、4月のeveryは録画を失念していたので、もしかしたらその時の映像も入っていたのかもしれませんが、私にとって初見だったのが、以下の4つのシーンでした。・Permission to

  • 藤井名人、今日も対局!(名人戦第三局2日目)など

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」で。1日目、後手番の豊島将之九段が4手目△4四歩と角道を止めて「雁木」系の将棋を目指した展開については、先手の藤井聡太名人も本命に近い戦型として想定していたと思います。私...

  • 藤井名人、本日対局!(名人戦第三局1日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太名人から見て「24勝11敗」です。第一局は、豊島将之九段は後手番ながら序盤・中盤を有利に進めて、最終盤に勝ちに近づきながらも痛恨の逆転負け。第二局では、豊島九段の先手番

  • 音楽雑談(永野CHANNEL)

    4日に友人と秋葉原・御徒町で飲んでまして、久々のアルコール注入でタガが外れたのか、その後、5日・6日は家で酔っ払いならがらひたすら「永野CHANNEL」を見ていました。永野さんの芸人としての仕事はほとんど知りません。このチャンネルも本業のこ

  • 雑誌情報(Quadruple Axel 2024)など

    急に表紙が差し替えになった例の号は今年2月に発売されたんですけど、そもそも時期的に中途半端でしたよね。RE_PRAYの公演もまだ残っていたし、ノッテもある。仕切り直しで5月発売のオンリー本としてまとめてくれたのは賢明な判断でしょう。発売日は

  • 「GQ JAPAN 6月号」感想

    2024年5月1日発売。定価「980円」。表紙からパラパラとめくりながら、ハイブランドばかりでこんなの買えないなぁ・・・なんて思っていたら、「TOM FORD EYEWEAR」の広告も掲載されていて嬉しかったです。4万円ぐらいで作れるので、

  • ABEMAトーナメント2024 エントリートーナメント

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。放送時刻は、5/4(土)夜7時からです。先日の「ドラフト会議」では、11人のトップ棋士(藤井八冠と順位戦A級在籍10名)が集い、各人がチームメイト2人を指名しました。しかし、その指名を受けた棋士

  • GQ購入報告など

    近所の書店にて、無事に「GQ」を発売日に購入できました。駅直結の近所の普通の本屋さんなので封はされておらず、棚に星野源さんバージョンと並んで、羽生さんバージョンは7~8冊ほどありました。源さんの方が少なかったんですが、羽生さんの方を多めに仕

  • 藤井叡王、本日対局!(叡王戦第三局)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太叡王から見て「11勝1敗1持将棋」。4月20日の第二局では、伊藤匠七段が待望の「対藤井戦」で初勝利。13局目にしてようやく勝ちを掴んだのです。その第二局の勝ちも、伊藤七

  • 続・つらつら雑談(生ラーメンうまっ!)

    本日発売のGQを本当に買うことができるのか若干不安ですが、とりあえず近所の書店から攻めてみようと思います。通販サイトも、新刊雑誌・書籍のタイムリーな発送はアテにできないし、GWに入ってますからね。いやはや、どうなることか。さて、とある日のこ

  • つらつら雑談(読み始めた本とか)

    Amazonをいろいろと物色していて、おすすめに挙がっていたのが本書で、まったく買うつもりもなく、そもそも近々プレゼンやスピーチをする予定も無かったんですが、「本書の紹介ページ」の著者本人による紹介動画を見て、即ポチりました。話し方が完全に

  • 健康雑談(有酸素運動時の目標心拍数)

    再開したメタルジョギングも4日間継続していて、いい感じでルーティンができつつあります。今年のGWは特に遠出する予定もないので、このまま連休を乗り切って、5月・6月と継続していきたい所。私のこのジョギングは、ジムのトレッドミル(ランニングマシ

  • 音楽雑談(緑黄色社会)

    数日前、Official髭dismをYouTube Music Premiumで聴いていたら、こちらの「緑黄色社会」が「おすすめアーティスト」に挙がっていたので、予備知識ゼロで聴いてみたんですが、以来かなりハマっています。いつも狂暴な音楽ば

  • 「ABEMAトーナメント2024」ドラフト会議!

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。番組は、4/27(土)「夜7時」からの放送です。1月から放送されていたABEMA地域対抗戦は、「勝った棋士は負けるまで強制連投」とか「負けた棋士も復活登板できる」とか、ルール的にヌルく感じる部分

  • 読書雑談(習慣と脳の科学)

    Amazonレビュー経由で気になっていたのが、「こちらの本」。アメリカの心理学者の書いた学術書の邦訳で、多少値は張りましたがとても良い本でした。内容としては、「なぜ悪い習慣・癖は簡単に直せないのか?」という疑問を、様々な臨床実験や調査を通じ

  • GQすごっ!

    昨年の「ELLE 8月号」でのコラボは「スペシャルムービー」の公開も相俟って気合いの入った良企画でしたが、今回情報解禁となった「GQ 6月号」もかなり期待できそうですね!まず、雑誌の発売日は、2024年5月1日(水)。価格は980円。羽生さ

  • 藤井名人、今日も対局!(名人戦第二局2日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」で。挑戦者の豊島九段の注文したお昼ご飯のネーミングが、「NARITAのとなりまち ハワイ名物 ポキ重」で、じゃあ、成田から直行便のあるすべての都市にちなんだご飯もののメニューがあ...

  • 藤井名人、本日対局!(名人戦第二局1日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井名人から見て「23勝11敗」です。第一局は終盤まで豊島九段がリードしていたものの、122手目の△4四香という痛恨のミスにより逆転負け。しかも、豊島さんはその時点で持ち時間を

  • 藤井棋聖への挑戦者を決める戦い!

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、山崎八段から見て「6勝5敗」です。将棋ファンの間で大注目のカードなんです。お二人のどちらが勝っても、タイトル戦で藤井聡太さんと初めて戦うという点で新鮮であること。そして、何と言

  • 祝・プロローグ&GIFT映像商品化!

    久々にプロローグのロゴを見た気がしますが、このカタカナも味わい深くていいですね!DVDの発売日は、プロローグが「7/19(金)」、GIFTが「8/20(火)」だそうです。ちょうどアイスショーも無いですし、良い時期かもしれません。商品の詳細は

  • 藤井叡王、本日対局!(叡王戦第二局)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太叡王から見て「11勝0敗1持将棋」です。4月7日の叡王戦第一局、そして、4月10・11日の名人戦第一局ともに、挑戦者の伊藤匠七段、豊島将之九段の作戦はヒットしていたんで

  • 読書雑談(SOLO TIME)

    精神科医の名越康文先生の本をもう1冊読了しました。『SOLO TIME(ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』というタイトルなんですが、べつに「いますぐ独身になれ!」といった本ではありません。「ひとりの時間(ソロタイム)を

  • お食事雑談(はま寿司)

    ウチの近所には、サイゼリア、マクドナルド、庄や、そして今回ご紹介する「はま寿司」があって、「家族で軽くなにか飲み食いしにいきますか?」という時には、昼ならサイゼか、夜なら庄やで、まぁ、はま寿司ってほとんど行かなかったんですよ。というのも、寿

  • 観光雑談(花景の湯@よみうりランド)

    3月下旬頃の話なんですが、よみうりランド内でリニューアルオープンしたばかりの温泉施設「花景の湯」に行ってきました。京王線の「京王よみうりランド」という駅は、調布から3駅で、方向は逆ですがウチから15分ほどで行ける場所です。駅からは無料のシャ

  • 音楽雑談(Royal Blood)

    メタル以外で最近よく聴いているのが、イギリスの2人組バンドのRoyal Bloodです。どういう編成で2人かと言うと、1本目のライブ映像からも明らかなんですが、ベース兼ボーカルの人と、キャップにタンクトップのドラム担当の2人のみなんです。私

  • 『地上を救う者~エストポリス伝記Ⅱメドレー~』感想など

    宮城2日目のディレイビューイングも終わったことで、RE_PRAYツアーのエンドロールで流れる映像がそのまま公開されると思って油断していたんですが、いやいや、これ、すげー手間がかかってるじゃないですか!なんだかんだで、羽生さんのアイスショーの

  • RE_PRAYツアーが閉幕して思うこと

    テレ朝チャンネルのRE_PRAY宮城2日目の放送で、私も、羽生さんが会場のお客さんの「出身」を聞く部分はライブで視聴していました。中国のファンが多いのは、例の「結弦幸あれ」の黄色いバナーをたまアリ公演の放送でも見かけていましたし、知ってはい

  • 藤井八冠、本日(収録)対局!(ABEMA地域対抗戦 決勝)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。年始の1月6日にドラフト会議、対局自体の最初の放送日が1月20日でしたから、この地域対抗戦をなんと丸々3ヶ月もやっていたことになります。今年2024年は、日本将棋連盟の設立100周年。それにちな

  • 読書雑談(「超訳 ブッダの言葉」からの・・・)など

    ふと興味があって、購入&読了しました。本書の紹介ページにもあるように、例えば「対人関係」に悩む人に対するブッダの教えって、「あなたも、そのイヤな奴もどうせ死ぬんだから、気にすんな」といったスタイルと理解していました。これを書いていて思い出し

  • 藤井名人、今日も対局!(名人戦第一局2日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。振り駒で先手番は藤井聡太名人に。となると、藤井名人得意の角換わりを挑戦者の豊島将之九段が受けるかどうかという話になるんですが、やはりそれを「拒否」して、用意の作戦をぶつけてきま...

  • 藤井名人、本日対局!(名人戦第一局1日目)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太名人から見て「22勝11敗」です。日曜日の叡王戦第一局(挑戦者・伊藤匠七段)は、伊藤挑戦者が後手番ながら角換わり腰掛け銀の最新研究を藤井叡王にぶつけて、終盤の入口まで互

  • 健康雑談(ナイキのシューズ感想)

    ジムのランニングで使い始めたナイキの「レボリューション6」について。購入後、実際に走ってみての感想です。・2年ほど使っていたAdidasの「コアランナー」から1サイズ大きいものを買いましたが、それでも今回のNikeは「くるぶし~アキレス腱・

  • 「KISS & CRY 羽生結弦 ーTHE STAGE 3ー」(2)

    本号の写真についての感想は「こちら」。テキストの方も目を通しましたが、まぁ、アッと驚くようなサプライズ情報は無かったですね。以下、ノッテ出演のジェイソンと刑事君のインタから、羽生さんについて言及していた部分をピックアップしておきます。(1)

  • 藤井叡王、本日対局!(叡王戦第一局)

    叡王戦主催の不二家さんの特設ページが「春のリクルートスーツフェア」風で話題になっています。ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太叡王から見て「10勝0敗1持将棋」です。いよいよ、藤井八冠の2024年度の戦い

  • 「KISS & CRY 羽生結弦 ーTHE STAGE 3ー」(1)

    2024年4月3日発売。定価「1,430円」。羽生さんのプロ転向後のキスクラ・オンリー本については「こちら」も参照ください。今日は、写真の構成と特徴についてまとめておきます。個々の写真に撮影者のクレジットは無く、目次に坂本清さんの名前もある

  • 雑誌購入報告など

    「キスクラ」がアマゾンから届きました。発売日前日予約で、当日の夜7時に届いたので、まずまずという所でしょうか。残念な点が2つあります。今回、ポスターがありません。そして、THE STAGEのバックナンバー2冊と比べて6ページ減りましたが、値

  • 糸井重里さんとの対談<第12回>「ゲームがあってよかった」感想

    対談の第12回は「こちら」。ここまでの11回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回><第5回><第6回><第7回><第8回><第9回><第10回><第11回>。糸井「なんかいいなあ。羽生結弦は、ゆとり世代だっていうのは、み

  • 糸井重里さんとの対談<第11回>「ふつうが憧れ」感想

    対談の第11回は「こちら」。ここまでの10回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回><第5回><第6回><第7回><第8回><第9回><第10回>。たとえばふとマラソンとか駅伝を見て、その選手をとくに応援してたわけでもない

  • 糸井重里さんとの対談<第10回>「いつ世界が終わっても」感想

    対談の第10回は「こちら」。ここまでの9回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回><第5回><第6回><第7回><第8回><第9回>。ぼくは、スケートをはじめたころ、親から「勉強がおろそかになるんだったらやめなさい」って、

  • 糸井重里さんとの対談<第9回>「ややこしいものとキャッチ―なもの」感想

    対談の第9回は「こちら」。ここまでの8回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回><第5回><第6回><第7回><第8回>。糸井「・・・谷川俊太郎さんがおっしゃってたんだけど、「ぼくが書いた詩のなかで、みんなが一番よく知って

  • 「FaOI2024」続報など

    2024年の出演アーティストも発表がありました。パッと見では、Bツアーの方が知名度の高い方が揃っている感じなので、羽生さんもよっぽど外せない「先約」があったのでしょうね。さて、Aツアーですが、普通に考えたら、羽生さんのコラボ相手は西川貴教さ

  • 藤井八冠、本日(収録)対局!(ABEMA地域対抗戦 準決勝第一試合)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。放送開始は、土曜日の午後7時からです。「勝った棋士は負けるまで指し続けなければならない」という今大会のルールにより、例えば藤井八冠の5人抜き、広瀬九段の5人抜き、羽生九段の4人抜き、久保九段の4

  • 糸井重里さんとの対談<第8回>「100年後に見てくれた人が」感想

    対談の第8回は「こちら」。ここまでの7回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回><第5回><第6回><第7回>。「100年」という数字でつい連想したのは、先日の大相撲春場所で尊富士が達成した「新入幕優勝」という快挙を、11

  • 糸井重里さんとの対談<第7回>「限られた時間のなかで」感想

    対談の第7回は「こちら」。ここまでの6回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回><第5回><第6回>。羽生「いまフィギュアスケートをやってる子たちは、たぶんもっとスポーツとして考えているというか、『ジャンプをどれだけ跳べる

  • 糸井重里さんとの対談<第6回>「フィギュアスケートは難しい」感想

    対談の第6回は「こちら」。ここまでの5回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回><第5回>。だから、最近思ってることのひとつが、フィギュアスケートってすごく難しいっていうことで。単純に、やらなきゃいけないことがあまりにも多

  • 糸井重里さんとの対談<第5回>「余白と表現と得点」感想

    対談の第5回は「こちら」。ここまでの4回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回><第4回>。ただ、ぼくが目指してたのは、ある意味では、ジョニーさんが4回転までやれなかった世界、プルシェンコさんが4回転を3回跳んだりとか、4回転3回転

  • 尊富士、優勝!

    いやぁ、間違いなくニュースターの誕生でしょう!写真は「スポニチ」さんの記事から。NHKの「動画集」もどうぞ。初土俵から10場所での幕内優勝、110年ぶりの新入幕優勝という記録も凄いんですけど、大関の豊昇龍に敗れた12日目、負傷して車椅子で引

  • キスクラが出る!

    プロ転向以降、数々のアイスショーを成功させてきた羽生結弦選手。初のツアーとなる「Yuzuru Hanyu ICE STORY 2nd “RE_PRAY”TOUR」埼玉・横浜公演と「羽生結弦 notte stellata 2024」を特集リポ

  • 糸井重里さんとの対談<第4回>(ほぼ日刊イトイ新聞 3.4)

    対談の第4回は「こちら」。ここまでの3回分の感想はこちらで<第1回><第2回><第3回>。糸井「すごく強いんだけれども、邪の剣、妖刀、みたいなほうに行ってしまうと、やっぱりどこかで負けちゃうじゃないですか。だから、強さや技術だけじゃなく、人

  • 糸井重里さんとの対談<第3回>(ほぼ日刊イトイ新聞 3.3)

    対談の第3回は「こちら」。これまでの2回分の私の感想はこちらで<第1回><第2回>。東日本大震災が起こってから、ぼくは、ひとりのアスリートであるという以前に、「被災地の人間」として、すごく注目されるようになったんです。当時は、ぼく自身、実力

  • 「FaOI 2024」出演スケーター続報など

    ちょうど私も旅行中だったのでXのポスト自体を見逃していたのですが、18日(月)に神戸・静岡公演の日程変更(土日開催で、土曜は2公演)があり、19日(火)にスケーター発表がありました。18日の日程変更の段階で、「羽生さんの神戸・静岡INは無さ

  • ブログ再開のお知らせ

    8日ほどお休みをいただきました。元々は風邪をひいて体調を崩したことが理由だったんですが、その後に旅行を予定していたこともあり、再開が遅れてしまって申し訳ありません。7日分の薬を飲み切って、体調が旅行に間に合って良かったです。(1)熱海旅行1

  • 体調不良により、しばらくお休みします。

    先週末あたりから体調は良くなかったんですが、特に日曜から喉の腫れと鼻水が酷くて、本日内科でお薬を出してもらいました。家族も順番に体調を崩しているので、家庭内で蔓延していますね。高熱は出ていないので、検査という話にはなっていません。週末に重要

  • 「notte stellata 2024(2日目)」ライブビューイング感想

    同行予定者が風邪でダウンし、私自身も体調万全からは程遠い状況ながら、特に第二部からは見ていて元気と勇気が沸いてくる感がしました。以下、感想をまとめておきます。・このショーのコンセプトから3月10日前後という日程を動かすことができず、したがっ

  • 藤井八冠、今日も(収録)対局!(NHK杯準決勝・新人王戦記念対局)

    番組HPは「こちら」。両者の対戦成績は、藤井八冠から見て「13勝3敗」です。放送は、Eテレにて、3月10日(日)午前10:30からです。昨日に続いて、日曜日も将棋ファンは大変なんです。どちらも収録対局ですが、いずれも対局結果は未公表。私の予

  • 藤井八冠、本日(収録)対局!(ABEMA地域対抗戦 予選Bリーグ 1位決定戦)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。放送は、3月9日(土)19:00から。藤井聡太八冠擁する「チーム中部」は、予選Bリーグ1回戦で「チーム関西B」を5勝1敗で退けて(2月3日放送)、Bリーグの1位決定戦に進出しました。その「チーム

  • みやびやかなひと刻(第十八夜)など

    公式インスタは「こちら」。「サードシーズン最終回」ということですが、「でも、4th、5thと続くんでしょ?」と軽い気持ちで聞いていたら、「羽生選手が幸せを感じる時は、どんな時ですか?」という質問をきっかけに、いつも以上に気持ちの入ったメッセ

  • りっ、RE_PRAY追加公演ですって!!&大地真央さんインタビュー(スポーツ報知 3.6)にFaOIもイン!

    朝起きて、報知の大地真央さんのインタさんを読んで、「このインタだけでも、最高の人選でしょ!」と感激していたのですが、いやはや、ものすごいサプライズが待ってましたね。横浜公演2日間ともに完璧な演技で本人もやり切っていた感じなのに、この流れはま

  • 糸井重里さんとの対談<第2回>(ほぼ日刊イトイ新聞 3.2)など

    対談記事の第2回は「こちら」。こちらの対談は12回で終わってしまうことが分かっているので、更新頻度に無理に合わせず、ゆっくり追いかけていこうと思っています。うーん、ただ、やっぱり、いまは、社会的なこととか、知識とか、いろんなことを知ってしま

  • news every.(2024.3.4)感想

    日テレNEWSのYouTubeチャンネルは「こちら」で。録画してしっかりチェックしました。時間にして10分ぐらいでしたが、初出の情報もあり、週末に向けて期待感が膨らみますよね。ちなみに、私は2日目(3月9日・土)をライブビューイングで参加予

  • いろいろ近況(病院・薬局が激混み!)

    2月下旬の某日、花粉症の薬をようやくもらい、その翌日の健康診断も終わっての一段落で、3月を迎えることができました。花粉症の薬は、かかりつけの内科で毎年2~3月頃に2ヶ月分出してもらうんですけど、いやぁ、めちゃくちゃ混んでいてビビりました。朝

  • 藤井棋王、本日対局!(棋王戦第三局)

    ABEMA将棋チャンネルでの放送は「こちら」。両者の対戦成績は、藤井聡太棋王から見て「8勝0敗1持将棋」。第一局は挑戦者の伊藤七段の「秘策」が炸裂しての持将棋(引き分け)。第二局も、伊藤七段が角換わりの研究手をぶつけたものの、その事前研究を

  • 糸井重里さんとの対談<第1回>(ほぼ日刊イトイ新聞 3.1)

    対談記事の第1回は「こちら」。まず、MOTHERというゲームについて補足すると、1作目がファミリーコンピュータで発売されたのが1989年7月でした。ファミコンは、いわずと知れた任天堂のハード機ですけど、任天堂から発売されたRPGとしては「ゼ

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、Junさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Junさん
ブログタイトル
On the Back of the Flyer
フォロー
On the Back of the Flyer

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用