searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

やぐちゆみこのブログさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
やぐちゆみこのブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yyinsectbird52127
ブログ紹介文
虫や鳥と植物を水彩と色鉛筆で描いているイラストレーターです。小さな生きものたちの楽しく温かい世界を表
更新頻度(1年)

188回 / 365日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2016/09/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、やぐちゆみこのブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
やぐちゆみこのブログさん
ブログタイトル
やぐちゆみこのブログ
更新頻度
188回 / 365日(平均3.6回/週)
読者になる
やぐちゆみこのブログ

やぐちゆみこのブログさんの新着記事

1件〜30件

  • やぐちゆみこのブログ823

    雨つぶとハムシけっこうな雨の中、ヤブカラシの花の中にいたハムシのなかま。雨つぶがきれいに乗って、宝石みたい!どんより空も映っています。別の場所にいたハムシは金色に輝いています。昆虫原っぱの林ではこんなきのこ。ノイバラの実が色づいて、秋らしくなってきました。練馬弁天通りが楽しいイベント!チラシデザインの仕事をいただきました。コロナ禍でたいへんな思いをしている商店のみなさん、商店会で力を合わせてこんなイベントを。買い物した4店舗でスタンプを集めると、500円のお買い物券をもらえます。練馬駅近くにお出での際にはぜひ!コロナ禍商店主、演劇音楽美術関係、フリーランス、非正規や派遣社員、明日の仕事も収入も不安定で先の見えない中で生きていますね。以前にずいぶんとお世話になった商店主は、命を絶たれました。今朝の新聞では「19歳...やぐちゆみこのブログ823

  • やぐちゆみこのブログ822

    タブレットで牛さんリアル鉛筆、色鉛筆、不透明水彩をパレットから選んで、やっと形に。線画のレイヤーに色鉛筆塗ってしまったり、乗算の意味もまだ理解できずに、描いているのに描けない〜!塗り方が丁寧でないとあちこちはみ出ていたり、間抜けなことばかりです。小学校からパソコン触っている若い世代は、何も考えずに操作を覚えてしまうそうですね。なんでこうなるの?と思う私は、いちいち滞ってしまいます。それでもなんとか牛さんが5つ描けて、連れ合いに年賀はがき用にデザインしてもらいました。郵便局の年賀はがきに印刷して委託販売お願いしますと、『ビーンズアクト』にメールしたら、今年も快く引き受けていただけました。10作品は作らないと、アイデア出るかなあとここ10日が勝負です。毎年『アクト』ファンの方々の反応が楽しみ、あの鳥は何?とかこれが...やぐちゆみこのブログ822

  • やぐちゆみこのブログ821

    目覚めた卵ふたつ大雨の直後に突如現れた卵。ハタケチャダイゴケが大発生したあたりに、ゴロゴロ。踏まれていた卵を割ってみたら、おまんじゅうを割ったような感触。オレンジ色がないのでツマミたけやカニノツメではなさそうですが。白いヒモのような菌糸が網目のよう!ギャラリーに一部搬入オーナー河野さんが車で運んでくれました。兵頭さんの作品も少し搬入されており、気持ちが引き締まる思いでした。スラッシュアート『気楽な家』オーナーの渡辺さんの布作品。質のいい古布を洗ったり裂いたり縫ったり、手の込んだスラッシュアート。富士山とまわりの山々と雲、古布を集めて色合わせ。80代とは思えない渡辺さんのセンスが光ります。兵庫県の山栗学生息子が送ってくれた山栗で、栗ご飯を炊きました。小さい子がいた頃はよく作りましたが、久々です。♪タブレットで描く...やぐちゆみこのブログ821

  • やぐちゆみこのブログ820

    作品展案内はがきギャラリーオーナー作成の案内はがき、今回は二人展。ここで知り合った兵頭さんに「いっしょに開きませんか」と声をかけられての開催です。石神井公園あたりの地図『カフェ水曜日』に頼まれて作ったイラストマップ。『プルシアンブルー』や『気楽な家』『石神井観光協会』『オリエンンタルハートギャラリー』がちょうど入ったので、印をつけて見ました。デフォルメして、やっと形になったマップでした。浮身堂とメタセコイア黄葉の美しい景色と三宝寺池の名所、浮身堂。見たときの感動を絵にするのはむずかしいです。マスク新作作りのいい布マスク、ラッキーなことに少しいただきました。市販されていないそうなのは残念。で、どんぐりを描いて見ました。自己満ですがやる気が出ます。やぐちゆみこのブログ820

  • やぐちゆみこのブログ819

    冬のススキと水鳥三宝寺池で見た冬の印象。石神井公園のポストカード委託の店では、やっぱり公園の風景を描いたポストカードが好まれるようです。観光地で写真のポストカードをお土産に、という感じらしい。季節感のある絵に、私らしく必ず虫や鳥を描くことにしています。作品展の絵、クリスマスの絵、年賀はがきの絵を描かなければいけない時期。『ビーンズアクト』からはクリスマスフェア参加のお誘いメールが。うれしくもあり、間に合うかなあとの思いもあって、細切れの時間を自分で決めて解決しかありません。できなかった自分にがっかりするのが悲しく、どれも並行して描きたい。そんな中、連れ合いの印刷物デザインの仕事で、タブレットで描いた小さなイラストを使いました。どんな風に仕上がるか、冒険です。きのこたち栗の木の下、薄紫のきのこはなんでしょう。昨年...やぐちゆみこのブログ819

  • やぐちゆみこのブログ818

    ツバキとカタツムリ早春、ツバキキンカクチャワンタケを探しに行った時に見つけた思い出。紙に水彩です。小さいカタツムリは宝石のよう、チャワンタケも右に描きました。10月28日からの作品展は、いつもは季節感を出すのですが今回は宝石のような虫たちが多くなりそうです。ヒヨドリジョウゴ久しぶりに見つけたヒヨドリジョウゴの実。かわいくぶら下がっています。花はこんななんですね。初めてです。下の方にはまだ青い実があります。この間ヤモリの少年に案内してもらったあたり。イボバッタすご〜い顔、強面です!3センチほどのオンブバッタ。こちらの様子をうかがっています。シロテンハナムグリ。この夏がんばった高齢のようですが、メタリックな輝きは健在。社会の「男らしさ」を問い直す本効率とらわれ、ハラスメント無自覚も。性差別的な価値観、子どもに日々影...やぐちゆみこのブログ818

  • やぐちゆみこのブログ817

    十五夜私の腕とカメラではこれが限界。ウサギがお餅をつく様子は見られません。きれいな月でした。椿の実、こんな風に割れるんですね。ほんのり赤が秋らしい。エンマコオロギ。ビロウドコガネが歩いていました。葉っぱの上にいた別のは、コロンと落ちて死んだふり。テントウムシと同じ、生きる知恵です。晴れた昼間にはクマバチ。ゆで落花生静岡ではこの季節ならではの味、ゆで落花生は産地の千葉でもあるらしい。私の家族は「ゆでた落花生なんて」と誰も食べないので、私一人で楽しんでいます。ブログにいただいたコメント知らない方からのうれしいコメントに、いつも幸せな気持ちになります。ですが最近まで、コメントにお返事する仕方がわかりませんでした。無礼をいっぱいしてきたなあ、と穴があったら入りたい思い。いろんな方々が、ご自分のブログに返信してやりとりす...やぐちゆみこのブログ817

  • やぐちゆみこのブログ816

    アキアカネとナツアカネからだが焦げ茶色で尻尾が真っ赤なのはアキアカネ。先日見つけた全体が真っ赤なのは、ナツアカネのようです。ハラビロカマキリの卵四季の香公園、人が通る場所で発見。持って行かれちゃうかもしれないけれど、雪が積もる卵も見て見たい!ツマミタケタコの足が入っていそう!春にも卵を見つけた夏の雲公園。直後に緑化協力員さんに、抜いた草で埋め尽くされてしまった所。菌は残っていました!屋敷森、カラカサタケのなかまでしょうか。カナヘビさん。月まん丸に近い月と雲、趣があります。このあとすぐ雲に隠れてしまいました。右下の青い光はスカイツリーです。鳥のうんちシール今日の夕刊に出ていたすごいアイデア!こんな自転車誰も盗まないだろうと考えられた、自転車ドロ対策のシール。貼る場所も鳥のフンが垂れるところもリアル。こんなこと考え...やぐちゆみこのブログ816

  • やぐちゆみこのブログ815

    きのこいっぱいの絵タブレットできのこ狩りの絵。色鉛筆のはずが水彩の筆になっていたり、描くレイヤーを間違えていて、塗っても塗っても色がつかなかったり・・・。試行錯誤しています。ツノマタタケ雨の降る中、落ち葉を取ったらお花のようなきのこ。やぐちゆみこのブログ815

  • やぐちゆみこのブログ814

    紙の上の水彩タブレットで描いた後に、紙に水彩で描きたくなりました。光ってきれいなどんぐりとピカピカのナナホシテントウを描いて見ました。明日の午前中はまたタブレットで描こうと思います。涼しくなって、クリスマスっぽい絵も描きたい気分!やぐちゆみこのブログ814

  • やぐちゆみこのブログ813

    タブレットで色鉛筆画色鉛筆タッチで描いて見ました。レイアーを何枚も作るとわけがわからなくなります。アニメを制作する若い方々はすごいなーと思いました。毎日午前中の少しの時間、修行です。やぐちゆみこのブログ813

  • やぐちゆみこのブログ812

    みずみずしいきのこツノマタタケはこの雨でオレンジが楽しい!雨水がたまっているハタケチャダイゴケ。雨の中でイキイキコオロギのなかまでしょうか、種類わかりません。松葉と比べると小さ〜いオンブバッタ。外来種のチャコウラナメクジ。背中にまあるい甲羅の名残。日本のフタスジナメクジより勢力を増しているのでしょうか。洗濯洗剤新商品を出す前の洗剤が安く売られていて、稼ぎ仕事の年配同僚に聞かれました。「買わないの〜?」「洗濯は夫の担当でどの洗剤使っているか知らないから」と伝えたら。「えーっ、そんな奇特な人がいるの〜??」と驚かれてしまいました!「探したらいたんです。でも朝夕の食事は作ってくれないから私が」と言うと、「それぐらい当たり前よ!」と同僚。洗濯掃除、どちらもしてもらっているから描けるし散策も行ける。この会話で、ありがたさ...やぐちゆみこのブログ812

  • やぐちゆみこのブログ811

    きれいな三日月細くてきれいだな〜と思い、風景を撮るモードで撮影。これは簡単にきれいな写真を撮れるモードで。ぼんやりしています。息子にもらったカメラも普段は宝のもちぐされ。こうやって比べるとこんなに違いました。雨の合間のきのこかわいいのが身近に出ています。オンブバッタ褐色、緑の小さい子たちもピョンピョンしています。彼女の羽はボロボロ。苦楽を共にしてきたカップル?タブレットで描く練習連れ合いのリラックス時間に教えてもらいながら、進めています。おちおち好きな録画も見ていられないと言われています。一番描きやすそうなサインペンで描くことから、なんとか2作完成。操作がわからなくなると、描きたい気持ちが飛んでしまいそうでイライラ。寝る前の作業は、夜中に描いている夢を見て寝不足でした!やぐちゆみこのブログ811

  • やぐちゆみこのブログ810

    ピカピカのナナホシテントウ生まれたばかりの輝き。セセリチョウの卵再び産卵する蝶に遭遇、今回は少しピントが合いました。ブログ繋がりのsaiun090320さんが撮る美しい蝶の卵の写真を見てから、見つけて撮ってみたいと思うようになりました。いつも感動する自然ブログです。蝶の卵は宝石のようです!ハタケチャダイゴケは静かにエリアを広げています。菌輪を描いた昨年ほどではありませんが、ジロジロ見る目がいっぱい!ウッドチップの上のきのこは、ツルタケでしょうか。イチョウの木の下に何やら株が。次の日は引き抜かれていましたが。椿の木の下、傘がくっついてなかよしです。いただいた小さめの北海道産かぼちゃ、武者小路実篤作の絵を思い出します。ラッキーなこと定収入を得るための稼ぎ仕事中、近くの美容室スタッフに頼まれたカットモデル。熟年顧客が...やぐちゆみこのブログ810

  • やぐちゆみこのブログ809

    タブレットで描いた絵!紙ではない描くタブレットで練習を始めました。だいぶ時間かけてやっとここまで、汚れも消してない・・・。パソコン音痴、スムーズに操作できるまでどれだけ時間がかかるでしょう。連れ合いがいる時だけ立ち上げて終了しないと、何があるかわかりません。まだまだ不自由です。椿園のきのこ前からの黄色いきのことコラボ。生まれたばかりなのに食痕が。トチの実、滝平二郎作の絵本『もちもちの木』を思い出しました。ヤマボウシの実がいっぱい。熟れた実で2種類のアリさんが食事中。サイダーハウスルールメインテーマブログつながりのcocchiyさんのブログを拝見して、知った曲。心がとっても豊かになる曲で、コーヒータイムに時々聴いています。気合を入れて出かけたいときは、コートニー・ハドウィン13歳のオーディションでの歌。これもco...やぐちゆみこのブログ809

  • やぐちゆみこのブログ808

    ハタケチャダイゴケ発生昨年と同じ9月の夏の雲公園で。前のには生まれたてばかりだったのに、目を開いたのがこちらを見ています。怪盗ミニオンズの一つ目くんの目つきに似ている〜。含んだ雨水なのか、水滴がきれい。動きがゆっくりのシロテンハナムグリ、メタリックです。褐色型のオンブバッタ、枯れ草に紛れています。ショウロまたはホコリタケのなかまがゴロゴロ。雨が降る中では雫も立体的、椿園の地上に増えているきのこ。台湾のお菓子いただいた台湾のお菓子は、漢字が日本の字とは違うんですね〜。笑顔がいい台湾出身の女性との、たまにわからないやりとりが楽しいのです。相手が日本人だと言わなくても当たり前と思っていたことが、彼女には言葉を尽くして丁寧に説明することが必要と気がつきました。インドネシア人の知人もそう。日本人だから常識、わかるでしょと...やぐちゆみこのブログ808

  • やぐちゆみこのブログ807

    深い赤のナツアカネ四季の香公園で見つけた赤とんぼ、曇っていたからか赤が深い。赤とんぼしかわからず、アマチュア写真家で昆虫に詳しい小口深志さんに聞きました。ナツアカネ、これから胸まで真っ赤になるとのことでした。小口さんが撮ったナツアカネ。また見つけたムーアシロホシハムシに近い小ささ、もしやと見るとムーアシロホシテントウ。またいた、これも目の上に並ぶ星が4つのムーアです。昨年見つけたのはすべてシロジュウシホシテントウかシロホシテントウ。光が丘公園の東側と北側の散策が中心でした。西側の四季の香公園ではムーアシロホシテントウが繁殖しているのかも。ゾウムシカメムシか何なのかわからない小さめサイズ。横から見たらゾウムシ、昔の人はよく名付けたものと感心します。ゾウさんにそっくり!やぐちゆみこのブログ807

  • やぐちゆみこのブログ806

    ヤモリの赤ちゃん!見つけた男の子に撮らせてもらいました。雨の中のきのこ新しいウッドチップ上は茶色いきのこだらけ。雨水が溜まっています。イグチ科のきのこ。栗のイガイガのそば、昨年はカニノツメが大発生していた場所。カレエダタケでしょうか。小さ〜いきのこのそばに小さいカタツムリ。かなり大きいカタツムリ。予想外の1日朝、ポストカード委託の店オーナーから「来ませんか?」とお誘いメール。絵を描く予定でしたが、それではと支度して地下鉄に乗ったら・・・。メールと電話があり、明日と今日を間違えていた。私もこれから出かける予定だったとのこと。すでに乗ってしまったので、ついでに行くつもりの『ビーンズアクト』で納品。帰ろうと地下鉄駅に戻るところで、また電話が。出ると今度は『ビーンズアクト』オーナーから。久しぶりのコーヒータイムのお誘い...やぐちゆみこのブログ806

  • やぐちゆみこのブログ805

    カラスウリとキカラスウリカラスウリの花が咲いていたと、菌友Tさんがアリさんつきの写真を送ってくれました。これがカラスウリ!より繊細な印象です。私が見つけたのはキカラスウリ。キカラスウリは昼間でも咲いていることがあり、夜しか咲かないカラスウリの方が珍しいそうです。そもそも図鑑でしか見たことがなかったので、カラスウリに種類があるなんて知りませんでした。いいタイミングで勝手に私にメールを送ってくれる菌友Tさん。返事は要りませんと言い、見つけた自然を見せてくれます。私が聞きたいことを返すと、こうやってマメに教えてくれて談義を楽しんでいます。Tさんとやり取りするたび、新たに知り合った人とのつながりは大事と思います。収入ではないどんな利益をもたらしてくれるかわからないから。フリーランスで仕事を始めた30代、先輩たちを見て教...やぐちゆみこのブログ805

  • やぐちゆみこのブログ804

    ムーアシロホシテントウ!黄色の小さいテントウムシ、なんてかわいい!ちょろちょろ動いてなかなか撮れな〜い。目の上に並ぶ4つのホシ、これは見たことのないムーアシロホシテントウ!シロホシテントウ黒地に白いホシも色違い、以前撮ったのはどれも目の上はホシ2つ。シャリンバイで。シャリンバイで撮ったのは白渋病の病原菌を食べるシロホシテントウ、クワの葉のキジラミ類を食べるのはシロジュウシホシテントウと調べたことがありました。どちらも目の上のホシは2つです。黄色い点々のテントウムシ、今まではどれも同じように見えていたのが、これからはホシを数える楽しみが増えました。闇に白く輝くカラスウリの花たちそこだけ白い花が咲く植え込みがあったのです。つまり手入れのしていない場所、ヘクソカズラやヤブカラシの花も。花はいくつもあってどれも違う表情...やぐちゆみこのブログ804

  • やぐちゆみこのブログ803

    クサカゲロウの卵ひとつ!ピントが合わなかったのが残念。一昨年以来の発見。椿の下では小さいきのこ村が生長しています。マダラコガネかセマダラコガネ。コメツキムシ、カメラのシャッター音に緊張する触覚!夏の夜、いろいろな虫たちと出会います。またカラスウリの花がひとつ開いていました。ひと雨降るごとにきのこが気になり、。制作中の秋の絵は下書き途中で、これも気になっています。ドキドキ体験稼ぎ仕事の人つながりもおもしろい体験が日々ありまして。品出しと接客ですが、Gメン(保安員)がなぜか話しかけてきて仲良しに!先日は万引きおじさんを追跡していることを教えてくれて、捕まえて連行するところを見ました。暴れて逮捕したことなど事後報告までしてくれます。まるで刑事もののドラマを見ているようで、ドキドキ!単なる品出しとレジの仕事なのに、私の...やぐちゆみこのブログ803

  • やぐちゆみこのブログ802

    カラスウリの花写真でしか見たことのないカラスウリの花に遭遇!夏の夜に咲く花が、身近な植え込みで見られるとは。咲いて少し経った感じ、開いた直後も見てみたい。夜11時過ぎの写真なので、8時過ぎごろ行ってみたいと考えています。白い壁にはクサカゲロウ。影も美しい!セセリチョウの卵セセリチョウが飛び立った後に宝石が1つ!小さすぎてなかなかピントが合いません。雪見だいふくみたい!この直後土砂降りに、卵は大丈夫だったでしょうか。ワタムシ漢字は綿虫、何かな〜と思って撮ったらアブラムシのなかまのようです。コバネイナゴ少し前見つけたバッタはコバネイナゴでした。こうしてひとつずつ覚えていくことを楽しんでいます。稼ぎ仕事の帰り、夜な夜な10分の道のりをカメラ片手にワクワク。ヤモリはなかなか見つかりませんが、思いがけない出会いあり!ちょ...やぐちゆみこのブログ802

  • やぐちゆみこのブログ801

    生き物実態調査仕事の古い資料を整理していたら出てきた冊子に、社会人息子が写っていました。手前右の髪の長いの、ジャニーズが好きでこのころから親の床屋を嫌がり美容室でカット。小柄で華奢だったから、すれ違いざまに「女?男?どっち!」と言われたことも。性別に関わらず自由に生きて欲しいと願っていたので、私は面白がっていましたけど。20年近く前の区の緑地調査とイベント写真です。子どもが小さいころ、自然に親しむ無料の講座によく参加しました。土日の半日お弁当持参で、有識者と生き物探しと結果発表会。ずいぶん楽しんでいたと思いましたが、上の息子の反抗期は、それすら「親の都合の迷惑」だったらしい。子育ては忍耐。すこ〜し成長した今、なつかしく振り返ることができました。シオカラトンボのオスきれいな色。夕陽に輝くハムシのなかま。ホシホウジ...やぐちゆみこのブログ801

  • やぐちゆみこのブログ800

    トンボ池とオオシオカラ沼のような感じを水彩で、やっと完成しました。うちわより大きいきのこ菌友Tさんから「何でしょうか?」と送られてきた写真。調べてもホウロクタケかベッコウタケが似ている、くらいしかわかりません。乾燥している時はサルノコシカケ科のこんなきのこばかり。ネンドタケこれも大きなきのこ。アミスギタケ少し前に見つけたきのこはアミスギタケ、図鑑で調べていたら発見。ヒダの網目が印象的、ハチノスタケとなかまのようです。図鑑見るたびに、新たな発見が!やぐちゆみこのブログ800

  • やぐちゆみこのブログ799

    としまえんの花火94年の歴史に幕を降ろすとしまえん、8月31日最後の花火!夜の8時、近くの棟の南側の階段を駆け上って間に合いました。先客がいて、どんどん登って7階で撮影。8分程度で終了。上京した高校の同級生と遊んだこと、息子たちと行った暑かった思い出。地元練馬の方々は生まれた時からあるとしまえんには、もっともっと格別の思いがありそう。開園当時は、近場にできた最高の娯楽だったんでしょう。練馬では成人式と言えばとしまえん、そう言えば私もそこで、練馬の「ねりコレ」商品としてポストカード販売したことがありました。お化け屋敷は古臭い、回転木馬のエルドラドはディズニーランドのより小さくて酔いそう。なんて言っていましたけど、閉園となると残念です。いろいろありがとう、としまえん!!オンブバッタ昼間出会えたオンブバッタ、乗ってる...やぐちゆみこのブログ799

  • やぐちゆみこのブログ798

    息子からの招待コロナ感染拡大が再び心配な中、息子の誘いで新宿方面へ。彼女の親と自分の親の顔合わせでした。今どきは、つきあい初め記念の指輪、婚約指輪、結婚指輪と揃えるものらしいです。今回の会食は、婚姻届を出す前の顔合わせ、彼らなりの形。来年予定の結婚式で親同士が初めて会うのはちょっとね、ということみたい。会場は、婚約式などで若い人たちに有名な和食の店のよう。ドライな私と連れ合いは「形から入るんだねぇ〜」。私たち親とはこだわるところが違いすぎ。結婚は婚姻届を出すことでもなく、式を挙げることでもない。結婚は毎日の生活っていう考え方。二人で稼いだお金は指輪や豪華な結婚式につぎ込みたくないと若い頃主張していました。いらないというのに連れ合いの父親が無理やり揃えてくれた結婚指輪は現在机の中・・・。親の私たちが平均的な考え方...やぐちゆみこのブログ798

  • やぐちゆみこのブログ797

    クサカゲロウ発見!夜の電話ボックスに張り付いていました。黒い目が印象的。これがクサカゲロウの卵、昨年見つけたものですが、まるで繊細な芸術作品!抜け殻ふたつカマキリの抜け殻をよく見ます。白いドレスのようです。色が薄くてスマートなのは、ツクツクボウシの抜け殻。カラカラな時のきのこツルタケでしょうか、暑い日を浴びています。裏のヒダが網目状できれい。椿の下で酷暑にもめげす群生。雨が降るたびにきのこ事情がかわるので、ワクワクです。特別定額給付金支給決定通知書8月14日付で届きました。振込予定日が6月11日と記載されています。すでに引き出して使い終わっている人も多いのでは。今ごろ届いても・・・、税金使って発送する意味はある?無駄とわかっても、この発送に携わらなければいけない職員さん。仕事とはいえその気持ちはいかに。勤めてお...やぐちゆみこのブログ797

  • やぐちゆみこのブログ796

    ヒラフスベは菌友情報カラカラできのこなんてないと思っていたら、菌友Tさんからメールが。まったく意識して見たことのない近所にヒラフスベ発生と聞けば、行かないわけにはいかない。上の上部は引きちぎられて落ちていましたが、他は健在。下のきのこ、ベーキングパウダーで膨らました感じ。大きいのや小さいの、キノコムシがいっぱい。おいしいんでしょうね〜。つぶらな瞳、赤い模様は宝石のよう!先日見つけたホオズキタケと思ったのも、ヒラフスベと菌友Tさん。昨年この切り株に発生していた黄色いきのこ、図鑑見てホオズキタケと思い込んだのですが。これもTさんによればヒラフスベとのことでした。まだまだ修行が足りません!カラカラの暑い時期にも発生するきのこみたい。マメコガネムクゲではマメコガネが食事中!花びらは食べられてそのうち穴だらけなんでしょう...やぐちゆみこのブログ796

  • やぐちゆみこのブログ795

    石神井池のカルガモたちカルガモの羽の間から見える青がきれいで好き。夏空が映る水面、アメンボの作る波紋が美しい。ムラサキシキブの実。ミノムシ。バッタ、このあと近くにいた男の子の虫かごに!ヤブカラシにはマメコガネがいっぱい。ルリハムシもいます。マメコガネの後ろ姿。三宝寺池では小学生たちが「でっかいカモみたいなの!」と言っていたので「アオサギだよ」と教えてあげました。水辺観察園のノカンゾウ。樹液のレストランは出始めなのか、ルリタテハだけ。『気楽な家』で販売している不揃いの野菜たちは、新聞紙の袋入り。私がナスを買ったあと、高齢のおなじみさんが残りのほとんどを買っていました。ナスを使ったあと、この新聞を広げて読みたくなります。ホオズキタケ漢字は鬼灯茸、鬼のともし火なんて思いもしませんでした。ちょっと見に行かなかった椿園、...やぐちゆみこのブログ795

  • やぐちゆみこのブログ794

    木彫昆虫展の虫たちオニヤンマ。彫刻家/島田紘一呂さん作、子どもの頃から昆虫好きだったそうです。カマキリが獲物を狙う、拝み虫のポーズ。カナブン。タマムシ。セミが飛んでいます。本当のセミみたい!ツマグロヒョウモンがリアル!ミンミンゼミ。島田紘一呂木彫昆虫展オリエンタルハートギャラリー石神井公園駅からボート池に行く途中。8月21日(金)〜9月23日(水)11:00〜18:00木曜定休今日の石神井公園で島田紘一呂さんのミンミンゼミとおんなじ柄!シオカラトンボのオス。ウチワヤンマ、コシアキトンボもいました。シギゾウムシのなかま。相変わらずの暑い日中ですが、自然の風を求めてベンチで本を読む人やギターを弾く人、家族連れ。3つのお店にポストカード委託の目的で出かけました。どんなに暑くてもせっかく行ったのですからやっぱり公園を歩...やぐちゆみこのブログ794

カテゴリー一覧
商用