プロフィールPROFILE

J-Blueの雑記帳さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
J-Blueの雑記帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/king20-io
ブログ紹介文
此のBlogを雑記帳代わりにしたいと始めましたが写真を中心に記録性を高めた内容にしたいと考えています。
更新頻度(1年)

51回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2015/06/04

読者になる

J-Blueの雑記帳さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(IN) 23,824位 23,979位 24,034位 23,837位 23,894位 26,374位 26,396位 980,362サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 10 40 20 20 20 10 20 140/週
アウトドアブログ 300位 307位 300位 311位 315位 344位 341位 11,951サイト
軽登山・トレッキング 12位 14位 13位 15位 16位 18位 18位 658サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(OUT) 72,630位 72,633位 圏外 56,878位 56,710位 56,744位 56,440位 980,362サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 10 40 20 20 20 10 20 140/週
アウトドアブログ 1,363位 1,365位 圏外 1,039位 1,033位 1,031位 1,023位 11,951サイト
軽登山・トレッキング 87位 83位 圏外 61位 57位 56位 57位 658サイト
今日 12/10 12/09 12/08 12/07 12/06 12/05 全参加数
総合ランキング(PV) 16,706位 16,488位 17,004位 17,040位 16,746位 16,767位 16,066位 980,362サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 0 0 10/週
PVポイント 10 40 20 20 20 10 20 140/週
アウトドアブログ 359位 352位 363位 365位 359位 357位 346位 11,951サイト
軽登山・トレッキング 21位 22位 23位 24位 23位 23位 23位 658サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、J-Blueの雑記帳さんの読者になりませんか?

ハンドル名
J-Blueの雑記帳さん
ブログタイトル
J-Blueの雑記帳
更新頻度
51回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
J-Blueの雑記帳

J-Blueの雑記帳さんの新着記事

1件〜30件

  • 武蔵野殿ヶ谷戸公園と国分寺跡を歩く

    2019年11月29日この日は朝から天気が良い、電車を乗り継いでも我が家から1時間と掛からない距離で気楽に行ける。「殿ヶ谷戸公園」へ紅葉を見に行く事にしました。さすがにシーズン中なので金曜日にもかかわらず人が多い。タイトル写真は殿ヶ谷戸公園中心部でカメラを真上に向けて撮影した物。今回の地図はGPSアプリは使わなかったので軌跡データーは無く。国土地理院の地図だけを切り取りました。判りやすい様に廻った地域を青丸で囲みました。結果的に歩いた距離は6~7km位と思います。「周辺案内MAP」殿ヶ谷戸公園入り口の写真です。「JR国分寺駅」南口からほんの1~2分程にあり非常に近い。写真左はチケット売り場一人150円シニア料金70円チケットを買ってから歩いて行くと真っ先に目に入る光景更に進むと左手に大きなケヤキが見えてきます。...武蔵野殿ヶ谷戸公園と国分寺跡を歩く

  • 御坂山塊「旧御坂峠から黒岳」を周回する(後編)

    「旧御坂峠から黒岳」を周回する(後編)は「黒岳展望台」からの景色から始まります。この地域は先日の台風の影響は殆ど受けなかったようで心配は無用でした。タイトル写真は富士山を右端に捕らえ「山中湖」方面を撮った物です。方角としては南から少し東よりへ向いた方角です。位置をずらすと「山中湖」が入るのですがこの写真では手前の木が邪魔しています。御坂山塊「旧御坂峠から黒岳」を周回する(前編)前編と同じ地図ですが、展望台で少し休んでから再度「黒岳」山頂へ戻り稜線西方向へ進路を取り「破風山」迄往復するつもりでした。しかしこの急傾斜を「すずらん峠」迄下り「破風山」まで再度登り返し往復となると可也時間と体力が必要そう!「すずらん峠」の標高が1,620m程「破風山」の標高が1,674m「黒岳」の標高が1,792.7mよく考えると難しそ...御坂山塊「旧御坂峠から黒岳」を周回する(後編)

  • 御坂山塊「旧御坂峠から黒岳」を周回する(前編)

    2019年11月12日予め天気が良さそうなので御坂山塊「黒岳」に行く計画を実行する事にしました。この所の台風などの影響と天候の不安定さ等から久々のハイキングに出掛ける事が出来た感じです。タイトル写真は「黒岳」展望台から河口湖を隔てて雄大な富士山を撮りました。「黒岳」山頂は展望が効かず、山頂から南へ200m程歩いた所にあります。ここは今回の下山道の途中でも有ります。国土地理院の地図に書き込みと歩いた方向を青矢印で入れました。地図左「破風山」方向は「すずらん峠」手前で引き返します。ここの下りは「黒岳」から標高差100m以上下るので「破風山」迄往復するつもりで居ましたが登り返しがキツく途中北側の景色の良い所で写真を撮った後引き返しました。今回使用した下山道は初級者にはお勧めできません。それと雨の日も下りに使用するのは...御坂山塊「旧御坂峠から黒岳」を周回する(前編)

  • もみじ祭山梨県「河口湖」にて

    2019年11月6日朝から快晴の天気になった。先日の玉川上水探訪の時、足の痙攣の後遺症で筋肉痛が残り未だ痛い、こんな天気の日は登山日和ですが今日は歩くのを止めて、ドライブ中心の歩きにしました。タイトルは河口湖もみじ祭会場からの富士山、丁度12時近くなのと方角も逆光気味と成り画像が白っぽくなって仕舞った。赤い線が走行の軌跡です。GPSアプリを停止するのを忘れ自動車走行の軌跡が湖を半周してます。歩いたのは青丸で囲んだ部分位で歩数にして2千歩ぐらいでしょうか!写真は富士河口湖もみじ祭会場、到着したのは12時30分位、自宅を出たのが10時半なので渋滞無しで順調に到着。会場入り口近くの駐車場にすんなり入れました。しかし紅葉には少し早く、会場は屋台が沢山出ていました。屋台村をさっさと通り過ぎ道路を渡ると湖畔に出るそこで撮っ...もみじ祭山梨県「河口湖」にて

  • 玉川上水を歩く「久我山付近から笹塚付近まで」約10km

    2019年11月02日(土)珍しく2日連続で晴れの日が続いた。この日某万歩グラブのイベントが有る事を前日に知り一般参加者枠で飛び入り参加させて頂いた。前日には自宅から笹塚駅迄玉川上水を自転車に乗って下ってみましたが、自転車だと写真を撮る事が殆ど出来ないので、此ではブログ記事も書けないと思い再度イベントに参加して同じ様なコースの写真を撮ることにしました。全体で10km程の距離に成りますが1枚の地図にすると見にくくなるので4枚に分けました。焦げ茶色の線が今回歩いた軌跡です。スタートは京王井の頭線「久我山駅」に集合で、リーダの方達を含め総勢六~七十人位の大人数で3班に分かれて歩行開始でした。(係りでは無いので正確な人数は不明)京王井の頭線は神田川の流れに沿っていて久我山駅は神田川の脇にあります。駅構内では集合せず、神...玉川上水を歩く「久我山付近から笹塚付近まで」約10km

  • さいたま市大宮区「鉄道博物館」見学!

    10月17日(木)本来この日は富山県に行っていたはずですが、台風の影響を諸に受けて旅行が中止と成り仕方なしに、ここ埼玉県さいたま市大宮区の鉄道博物館に来ました。タイトルの写真は蒸気機関車C57・135号車貴婦人と呼ばれる機関車です。鉄道博物館-THERAILWAYMUSEUMこの日台風の被害が無ければこの電車「北陸新幹線」に乗っていたはずですが、現実にはTVニュースなどを見ると長野県にある「北陸新幹線」の車両基地が水没し120両の車両が水に浸かった。線路も被害を受けて不通と成っていた。実は富山県の「立山カルデラ・砂防体験」を廻るツアーに二泊三日で行く予定でしたが、2日前になり此方から連絡して中止が判明。だからといって今更変更して他の場所へ行く事も無理そう!仕方なく予定がな無くなったこの日、何処か一日楽しめる場所...さいたま市大宮区「鉄道博物館」見学!

  • コスモスが咲きそろった「昭和記念公園」にて

    2019年10月9日(水)昨日は朝から好天で秋の空がスッキリとしていた。湿度も低いせいか風もさわやかです。近頃山などに登った後、腰の痛みや体力の回復が遅くどうも歳と共に体力低下が気になり始めました。前日に山へハイキングに行こうとしましたが、夜中に結構強い風が吹いていたので此は山方面は無理かな?と考え、途端に気持ちが萎え近場の公園で過ごす事にしました。(汗)タイトル写真は昭和記念公園「みんなの原っぱ」、秋らしいスッキリした空と雲が上空に広がり原っぱの広さと相まって何とも開放的です。地図はYAMAPの地図を修正してダウンロードしました。元の地図は「国土地理院」軌跡がヤマップのデーター。青線の囲みが「昭和記念公園」。スタート・ゴールはJR西立川口から。歩数計データー12,801歩距離10.240km(ドアーtoドアー...コスモスが咲きそろった「昭和記念公園」にて

  • 日和田山ハイキング・その2

    日和田山を登り巾着田へ・その1の続き、今回は前半部分の「日和田山ハイキング」の場面を展開して行きます。日和田山は今年の2月に一般的なルートで登っています。今回は一応国土地理院の地図には記載されていますがマイナールートで「山と高原地図」には記載無い様です。埼玉県日高市「日和田山」周回コースを歩くタイトル写真は「日和田山山頂」(標高305m)から下りに使う「男坂」の岩場の上から巾着田を撮った物です。写真円形緑地左側のこんもりした森の下に「彼岸花」が群生しています。今回歩いた地図と赤い線が歩行の軌跡です。赤と青い字が書き入れた物です。全体で10kmチョット歩きました。登山口取り付きに案内表示が無く登山口を目指して「赤岩」まで行った所で地図を確認したら行き過ぎた事に気が付き戻りました。写真は西武池袋線「高麗駅」9時03...日和田山ハイキング・その2

  • 日和田山を登り巾着田へ・その1

    9月27日(金)前日に天気が良さそうな事が判り、急遽埼玉県日高市の「巾着田」へ行く事にした。巾着田だけでは勿体ないので前段に「日和田山ハイキング」の計画としました。しかし後半に立ち寄った「巾着田」の方を単独のBlog記事として取り上げ、その後「日和田山を登り巾着田へ」をその2として綴ります。タイトル写真は日和田山下山後、巾着田に向かう途中の民家の入り口に植えてあった「白花彼岸花」普通彼岸花は赤系の物が殆どですが、白系・黄色系・赤系の三種を見ています。日和田山下山から巾着田までは徒歩で15分程度、写真は「武蔵自然歩道」(県道)ここから国道299号線へ出ると巾着田が見えてくる。写真は国道299号線を渡り巾着田へ入ると「高麗郷古民家」の入り口標識と「酔芙蓉」の花壇酔芙蓉は白からピンクそして赤と成って散って行く。そして...日和田山を登り巾着田へ・その1

  • 黄花コスモスが一杯

    2019年9月19日。昨日は久々の良い天気でした。こうなるとジッとしていられなくなるのが何時もの事。しかし歳と共に体力的に自信も無くなり行動力も落ちてくる。その時の気分でいきなり山登りも出来なく成りつつ有る。そんな訳でこの日は久々に「昭和記念公園」に向かった。タイトル写真は「黄花コスモス」咲いている場所は東花畑。9月14日からコスモス祭りとの事ですがコスモスが咲いているのはこの場所だけでした。10月に入れば色とりどりのコスモスが咲き乱れる「花の丘」が良さそうです。昭和記念公園「カタクリ」と「シュンラン」が沢山昭和記念公園立川口から入場ゲートを潜ると真っ先に見えてくる景色です。広い公園内のほぼ中央に位置する「原っぱ東花畑」此所に咲いているのは「イエローキャンパス」と云う品種らしい玉川大学で開発された様です。時期的...黄花コスモスが一杯

  • 夏から秋へ花も変わる。野川公園にて

    「野川公園」へは一年近く訪れていなかったみたいで、時の経つのは早い物です。調べてみたら昨年10月に台風の後にに行ってました。今回その時に見た「ママコノシリヌグイ」の事が気になり、今年はどうなっているか確かめに行きました。雑草という部類にされそうな花ですが良く見ると可憐でかわいい。そこでこの花を中心に記事を構成します。タイトル写真は紫色に染まり始めた「紫式部」です。台風の後「ママコノシリヌグイ」2018年10月26日青い線がGPSの軌跡、黄色が「東八道路」でその両側に野川公園が広がって居ます。水色の川の上が野外植物園に成っています。野川公園までは自宅から自転車で行きました。往復18km程有ります。この日は天気が良く非常に高精度でトレースしています。この「ママコノシリヌグイ」の画像は全てトリミングしました。なにせ小...夏から秋へ花も変わる。野川公園にて

  • 栃木県 佐野ラーメンを食べに行く

    毎年恒例でお盆休みは余り出掛けず。かえって都心が空いているのでそちら方面を巡りましたが、都会で人が一杯の写真を撮る気には成れずBlog記事にする程のネタにも成らない。又この暑さと天候不順で山登りは出来ず。かといって近場にも出掛ける気にもならずに居ましたが漸く重い腰を上げ栃木県佐野市まで「佐野ラーメンとイモフライ」を食べに行く事にしました。タイトル写真は「イモフライ」に使うソースを買いに製造元の「ミツハソース」に行き「イモフライ用ソース」1リッター600円を買い求めました。そのお店の写真ミツハソース早川食品株式会社商品一覧工場と商品販売店舗の写真です。個人商店と思いますが地元ではイモフライ用に無くては成らないソースの様で地元の「イモフライ店」に下ろしている様です。別に宣伝料を貰って居る訳では無いのですが、おいしい...栃木県佐野ラーメンを食べに行く

  • 長野県北八ヶ岳「北横岳」ハイキングと坪庭周回

    2日前、南アルプス前衛の「入笠山」に登りましたが。今回は前から計画していた北八ヶ岳の「北横岳」を登りました。此は一昨年のリベンジの意味もありました。今回は好天に恵まれ絶好の登山日和!待望の「北横岳登山」が出来ました。今回も車使用です。タイトル写真は北横岳南峰山頂から八ヶ岳「赤岳」を中心に撮った物です。今回歩いた軌跡です。赤い太い線です。始めの軌跡が飛んでいきなり山頂に行っていますが此はスマホの節電機能を切り忘れていた事からデーター収集が遅い為です。縞枯山荘迄は往復しました。北八ヶ岳ロープウェー山塊駅入り口の写真です。早朝自宅を6時前に出発して、9時過ぎに現地に到着しました。此の時間なら余裕で「北横岳登山」が出来ます。しかし今回は家族で来ましたので他の険しい山道を歩く事は難しく「北横岳」と「坪庭」位で計画しました...長野県北八ヶ岳「北横岳」ハイキングと坪庭周回

  • 山梨県「入笠山ハイキング」往復登山

    この日、山登りに行こうと思ったのは出発の30分程前、何時もながらの行き当たりばったりの山登りです。家の中に居て余りの暑さに今日一日、此ではたまらん!と云うので幾らか高い山へ行けば涼しいだろうと・・・・・勝手に思い込み。車にザックを押し込み我が家を飛び出した。車の中は冷房が効いているので涼しく快適、問題は場所!手軽に行けると云う事で「入笠山」に・・・・此所なら2,000m近くまで一気に登れる!タイトル写真はゴンドラリフトから御坂山塊方面の入道雲!青い線が軌跡です。ゴンドラに乗っている時もしっかりトレースしています。今回も思いつき登山なので「大阿原湿原」へは行けず。往復とも殆ど同じコースを歩きました。何しろ現地到着が12時45分なので遅すぎ!!車に乗っている時間の方が長い位。それから大急ぎで行動しました。ゴンドラ山...山梨県「入笠山ハイキング」往復登山

  • 国分寺市「殿ヶ谷戸庭園」を廻る

    関東・東京も漸く梅雨が明けたようです。この時期いきなり山登りは今の自分にとっては危険な感じで、まずは暑さに身体を慣らす必要を感じて適度な歩きで身体を慣らすつもりでJR国分寺駅近くの「殿ヶ谷戸庭園」を見て回ることにしました。地図に書き込みを入れましたが地図左方面へ1.5km程歩くと「国分寺公園」に成りますが駅前を通り越し谷となった道を下り再度登ります。「殿ヶ谷戸庭園」国分寺駅から直ぐです。おおむね2回程廻りました。新しくしたスマホのGPS機能のテストも兼ねて軌跡を記録してみました。この地図の拡大率から云ってかなり正確にトレースしていますが途中軌跡がはねている箇所があり不安定さもあるようです。国分寺駅から徒歩約2分程駅前と云っても良い位です。入り口で入園料を払います。とても安い。この庭園は明治・大正時代の実業家「江...国分寺市「殿ヶ谷戸庭園」を廻る

  • スマホの機種変更てんまつ

    スマホを使い始めて3年程に成るが、現行機種「MotoG4Plus」最近電池の性能が少し落ちて来た。そこで機種変更を検討する事にした。又、一番の決め手がGNSS(日本版GPS衛星みちびき)が使用出来る機種が出始めた事だ。山歩きの時のGPS精度が良くなるはず・・・・時々谷筋などでGPSロガーなどの軌跡が飛んでいる事があり、何とかしたいと思っていた所です。タイトル写真は以前に使用していたスマホからデーターを移行している所。画面に出ている様に71本ものアプリが入っていた。今回の記事はオタッキーな内容なので、眠くなる方もいらっしゃりそうなので恐縮です。今回の機種「ZenFoneMaxPro(M2)」は今月初旬8日にネットで買った物ですが、これがとんでもない初期不良で、電源が直ぐ落ちてしまう、何とか騙しながらいじくってみた...スマホの機種変更てんまつ

  • 我が家で収穫した梅を処理する

    今年は我が家の梅が以外と沢山実を付けた。それもゴルフボール大の立派な梅になった。今年は四月にアブラムシを寄せ付けない為に一回消毒しただけで済んだ。全部で8kg以上収穫できたのでは無いかと思います。タイトル写真は収穫した梅の一部。収穫すると云っても梅干し用には熟した物が必要なので黄色く色づいた物から収穫して行き、冷蔵庫に保存しておく、少し青い物は常温で2~3日放置して追熟させる。最後に青い物を収穫したら梅ジュースにする。写真は一番最後に収穫した青い梅、此は即梅ジュースにする。以下その様子の写真を記載します。梅は水で綺麗に洗いへたを取ります。その後よく水気を拭き取ります。写真の様に茶色く傷の入った物はその部分を切り取ります。青い梅は金槌(プラスティック製)でたたき割り中の種を取る。ネット検索などでは種を取らずそのま...我が家で収穫した梅を処理する

  • 雑草になれなかった草花たち

    変なタイトルですが雑草という花の名前は無い、何時も路傍の花などを見てこの花はナンという名前なのだろうかと思う事がよくある。何時も見る草花だと「雑草」と言うカテゴリーに入れて仕舞い、それ以上知ろうとしない傾向が有る、そこでよく見る花を集めてみた。タイトルは写真を撮った玉川上水三鷹側の入り口です。東京都側は都道放射5号線の完成で整備されすぎで面白味が無くなってしまった。此から歩きながら写真を撮って行く道、井の頭公園迄歩きます。ノカンゾウタケニグサイラクサヤブガラシヤブミョウガヒメヒオウギズイセン「あじさい」あじさいの花は終わりに近い、しかし個体差が結構あり未だ見られそうな状態の物を集めてみました。あじさいは枯れ始めても落ち花とならず。惨めな感じになるので絵にならない。ヨウシュヤマゴボウオカトラノオトラノオの仲間は沢...雑草になれなかった草花たち

  • 足柄上郡「大野山ハイキング」周回コースを行く 後編

    2019年6月13日(木)急遽好天に誘発されて「大野山ハイキング」の為我が家を出発し。さわやかな登山道歩きが始まる。前回Blogは山頂に到達した所で終わりました。前編に引き続き後編を綴って行きます。タイトル写真は山頂から東方向に見えるお椀の様な山、現在名称は「大野山かどやファーム」の牧場風景、写真左中央付近から中央下へ向けて下山道があり長い階段を下ります。足柄上郡「大野山ハイキング」周回コースを行く前編前回の地図に更に黒色文字で追加書き込みしました。地蔵岩からの下りは舗装道路で意外と傾斜がきつく廃校になった共和小学校辺りから案内表示に従い集落の生活道路を歩きました。さて山頂に到着して昼食休憩にします。山頂は広くベンチや東屋が有り車で来た人などが何組かいました。パーキングが山頂直下にあります。時間的に余裕があるの...足柄上郡「大野山ハイキング」周回コースを行く後編

  • 足柄上郡「大野山ハイキング」周回コースを行く 前編

    朝起きたら快晴の空が広がっていた。梅雨時の今このチャンスに行かないと何時行けるか判らないとの思いでザックに道具を詰め込み我が家を飛び出した。タイトル写真は大野山山頂から北方向に見える「丹沢湖」と「三保ダム」此所から流れ出た川は「酒匂川」となり各支流からの流れを集め小田原市内を流れ相模湾に出る。全長46kmの二級河川。今回調子に乗りすぎ意外と写真の枚数が多く前編と後編の二回に分けて綴って行きます。今回歩いた周回コースの軌跡、山頂付近まで牧場と成って居て舗装道路が山頂付近まで付いている為「谷峨駅」から登ると何回か一般道を横切る事になる。途中つづら折りの登りが有るがそれ程傾斜はきつくない。むしろ「山北駅」に下る場合の方がキツく感じられ膝に来るし、太ももの筋肉痛になる程だ。「地蔵岩」位から下は村落の道となり舗装道路を歩...足柄上郡「大野山ハイキング」周回コースを行く前編

  • 群馬県渋川市「赤城自然園」にて花と遊ぶ

    新潟県の入広瀬村からの帰路「赤城自然園」に立ち寄り、季節の花を見に行く事にした。「赤城自然園」へは2016年6月にも立ち寄っています。タイトル写真は「赤城自然園」内シャクナゲ・ゾーンの少し上「見晴台」からの展望。写真は「赤城自然園」の入場ゲートを入った所の写真です。入場料は民営の植物園と云う事から少し高めです。園内はレストラン、飲料水自動販売機等が無く、この日は日曜日でしたのでゲートの所にパン屋さんとお弁当屋さんが出張販売をしていました。「マムシグサ」なにやら可哀想な名前ですが茎の部分の模様がまむしの様な縞模様が有ります。このテンナンショウ属の仲間には幾つか種類が有り花がそれぞれとてもよく似ています。「シャクナゲ」。個別の種類名は省略しましたが、沢山の種類が有りました。「ミヤコワスレ」「ギンパイソウ」「シラー」...群馬県渋川市「赤城自然園」にて花と遊ぶ

  • 群馬県渋川市「赤城自然園」にて花と遊ぶ

     新潟県の入広瀬村からの帰路「赤城自然園」に立ち寄り、季節の花を見に行く事にした。「赤城自然園」へは2016年6月にも立ち寄っています。タイトル写真は「赤城自然園」内シャクナゲ・ゾーンの少し上「見晴台」からの展望。写真は「赤城自然園」の入場ゲートを入った所の写真です。入場料は民営の植物園と云う事から少し高めです。園内はレストラン、飲料水自動販売機等が無く、この日は日曜日でしたのでゲートの所にパン屋さんとお弁当屋さんが出張販売をしていました。「マムシグサ」なにやら可哀想な名前ですが茎の部分の模様がまむしの様な縞模様が有ります。このテンナンショウ属の仲間には幾つか種類が有り花がそれぞれとてもよく似ています。「シャクナゲ」。個別の種類名は省略しましたが、沢山の種類が有りました。「ミヤコワスレ」「ギンパイソウ」「シラー...群馬県渋川市「赤城自然園」にて花と遊ぶ

  • 新潟県魚沼市大白川「守門岳」を撮る

    新潟県の「入広瀬村」は今は無い、以前は北魚沼郡入広瀬村だったが小出町、堀之内町、湯之谷村、広神村、守門村が2004年町村合併により魚沼市となった。魚沼市観光協会は「入広瀬地区」と云う表記を使っていますが、しかし長年の習慣で当Blog記事は「入広瀬村」を使い続けている、今年も恒例行事で民宿「休み場」へ行って来た。タイトルは只見線大白川駅からほど近い山村の農道から撮った物で「守門岳」がよく見える位置まで歩いて行く。新潟県入広瀬村民宿「休み場」の山菜料理URL過去の記事今回は「守門岳」を撮る為に100mm~400mmのズームレンズを持ち、早朝の散歩となった。地図に書き込みを入れました。赤い線が往復歩いた道です。毎年恒例なのですが、今回は少し趣向を変えて記載して行きます。写真は毎年同じアングルで恐縮ですが早朝5:40分...新潟県魚沼市大白川「守門岳」を撮る

  • 群馬県高崎市「保渡田古墳群」見学する

    2019年5月25日群馬県高崎市井手町に有る「かみつけの里博物館」を見学しました。「かみつけの」とは(上野毛)と書く、古墳時代群馬県地域がこう呼ばれたそうな。この博物館の周囲が「古墳群」と成って居て薬師塚古墳、八幡塚古墳、二子山古墳の3基の前方後円墳がある(国指定史跡)タイトル写真は駐車場から見た八幡塚古墳高崎市保渡田古墳群URL八幡塚古墳は発掘整備され1996年から4年程を掛け保存復元がされたようです。写真は前方後円墳外堀手前から撮った物で、空堀と成って居ます。外堀を渡ると埴輪がや土器が並んだ一段高くなった所に上がります。そして又内堀を越えた所の墳墓本体に登ります。写真は前方後円墳の円形の部分、一番高い所でこの足下に石棺が埋葬されています。そこから北西方向、榛名山、二ッ岳、写っていませんが右手の方は赤城山が見...群馬県高崎市「保渡田古墳群」見学する

  • 茨城県大子町「八溝山」周回コースを行く 後編

    「八溝山」山頂から少しの間、登って来た登山道を戻ります。登る時にスルーした「銀性水」を見る為に脇道にそれ往復した後「日輪寺」の裏手へ直接出る登山道へ分岐します。タイトルは坂東三十三観音札所22番の佐竹寺山門を潜り振り向いて撮った物です。茨城県大子町「八溝山」周回コースを行く前編前回の地図はゴチャゴチャでしたので新しく書き直しました。下り方向は「銀性水」近くの分岐から左方向へ分かれ「日輪寺」の裏手へ下る登山道です。「日輪寺」の駐車場までは30分程で下山してしまいます。山頂から同じ道を又戻ります。登りの時にスルーした「銀性水」へ立ち寄ります。ここの湧き出しも殆ど無く水たまりにオタマジャクシが沢山居ました。。。。。。「銀性水」から元の登山道に戻り少し行くと「日輪寺」へ直接下る分岐に出ます。下りはこの分岐を左方面へ行き...茨城県大子町「八溝山」周回コースを行く後編

  • 茨城県大子町「八溝山」周回コースを行く 前編

    019年5月19日今回も何時ものSNSイベント参加です。JR土浦駅8:00集合、レンタカーを借りて茨城県久慈郡大子町迄移動する。現地まで100km以上の移動になりますが「八溝山」は交通機関使用の場合不便なので車使用が良いようです。常磐自動車道「土浦北IC」から入り「那珂IC」で降ります。国道118号線を北上し「大子町」で県道28号線に入る。目標は「日輪寺」駐車場。タイトルの写真は「八溝山」山頂標高1,021m。山頂付近は栃木県・福島県・茨城県の3県の境界となっています。県道28号線(28号線は不通区間があり栃木県には抜けられない)を更に北上して途中から林道に入り「日輪寺」の駐車場へ進路を取る。車道が「八溝山」山頂直下まで有りますが、「日輪寺」駐車場へ車を止め、まずは仲間がお参り「日輪寺」の御朱印を頂いてから地図...茨城県大子町「八溝山」周回コースを行く前編

  • 武蔵丘陵森林公園・春編2019年5月9日

    平成だ令和だとがなり立てるメディアや10連休の喧騒とした騒ぎにウンザリししながら、多くを引きこもっていましたが漸く静かになり、好天のこの日、武蔵丘陵森林公園へ行く事にした。この場所は何回も来ていますが不思議とBlog記事にはしていませんでした。園内は広大な敷地で徒歩ではとても廻りきれず自転車で廻る事になる。しかしそれでも園内の通路は歩車分離となっていて自転車専用道を歩く事は禁じられている。その為目的地に到着後色々と歩き廻る事になる。URL武蔵丘陵森林公園この地図は新たなGPSアプリの導入で計測した軌跡を国土地理院の地図にプロットした物です。縮尺をこれ以上細かくすると分割しなければならないので、見にくいですが複雑な軌跡が判ります。駐車場は空いていて楽に止める事が出来ました。入り口は4カ所有りますが、今回は中央口か...武蔵丘陵森林公園・春編2019年5月9日

  • 高尾南陵ルートから高尾山へ周回する 後編

    2019年4月20日高尾駅8:00集合、今回の高尾南陵ルートは高尾駅から数分歩くとすぐに登山口となる。今回は「高尾南陵ルートから高尾山へ周回する前編」の続きです。漸く西山峠の手前まで来た所から続きが始まります。タイトル写真は西山峠付近回り道をした所からの北東側の展望です。すでに午後に成って居るので霞んでいます。高尾南陵ルートから高尾山へ周回する前編2019年04月23日前回と同じ地図に休憩場所などを新たに書き入れました。私のヤマップデーターは迂闊にアプリを終了してしまった為途切れて仕舞まったのと大垂峠付近で電池残量が規定以下に成って仕舞いデーターが飛んでしまいました。その為に国土地理院の地図に直接ルートを赤線で書き入れました。さて写真は西山峠付近のベンチで30分程昼食休憩をした後出発、メインルートから少し脇道に...高尾南陵ルートから高尾山へ周回する後編

  • 高尾南陵ルートから高尾山へ周回する

    何時ものSNS仲間と高尾山南陵ルートを歩く事になりました。このルートは過去に逆コースで歩いていますが、今回は「高尾駅」から直接尾根に取り付き大垂峠から高尾山へ廻るコースを取ります。歩行距離が長時間歩く事になります。タイトルは「見晴台」からの景色。下は津久井湖。高尾山から大垂水峠・高尾南陵ルートを周回する2018年06月12日国土地理院の地図上に書き込みを入れました。地図右上の高尾駅から出発すると「大洞山」(標高536m)までじわじわと登りになりアップダウンを繰り返すので、標高差も有り微妙に時間と体力を使う。前2回程歩いた時は「大洞山」から今回と逆方向、高尾山口駅方面へ下りながら歩くので、今回と比較すれば楽でした。今回は時計回りで歩き最後は高尾山からケーブルカーで下山になります。高尾駅から6分程歩いた所に「金比羅...高尾南陵ルートから高尾山へ周回する

  • 相模原市城山カタクリの里にて「黄花カタクリと御衣黃桜」

    今年も「城山カタクリの里」へ行きましたが、今回は時期が少し遅かったようです。カタクリがすでに終わり同時期に咲く山野草も開花が終わり、早い物はすでに「実」が大きくなっていました。それでもなじみのある山野草の残り花に出会えて得した気になります。「城山カタクリの里」「イカリソウ」2種、この花もすでに残り花の感じでした。「ミツマタ」(赤)「長寿桜」「ヒトリシズカ」「シラネアオイ」「シラネアオイ」と「イチリンソウ」普通自然の中では両方仲良く同じ所に咲いている事は無いと思われる。人の手が加わった感が有る。「オオバ・キスミレ」なんだか大きすぎてスミレらしくないですね!「イワカガミ」「小岩ウチワ」「竜田草」シベリア東部から朝鮮半島原産。「ハナイチゲ」「黄花カタクリ」今回城山カタクリの里に来のはこの花を見る事が目的で。今年は立派...相模原市城山カタクリの里にて「黄花カタクリと御衣黃桜」

カテゴリー一覧
商用