searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

J-Blueの雑記帳さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
J-Blueの雑記帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/king20-io
ブログ紹介文
此のBlogを雑記帳代わりにしたいと始めましたが写真を中心に記録性を高めた内容にしたいと考えています。
更新頻度(1年)

41回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2015/06/04

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、J-Blueの雑記帳さんをフォローしませんか?

ハンドル名
J-Blueの雑記帳さん
ブログタイトル
J-Blueの雑記帳
更新頻度
41回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
J-Blueの雑記帳

J-Blueの雑記帳さんの新着記事

1件〜30件

  • 蓮田から薬師池を巡り薬師堂へ(前回の続き)

    薬師池公園の蓮田を見てから公園の中心「薬師池」を廻ります。薬師池は「福王寺池」ともよばれ水田用水池として天正18年まで開拓されと言う事です。1982年に「新東京百景」、1998年には「東京都指定名勝」に指定。HPよりタイトル写真は「薬師堂」手前の大銀杏は樹齢800年とか、薬師池から山の斜面を登り尾根筋手前の小高い場所にあります。この公園の簡易地図HP・PDFより転載。薬師池公園はこの他に「四季彩の杜西園」「南園(町田えびね苑)」「ぼたん園(町田ぼたん園)」「ダリア園(町田ダリア園)」「町田リス園」等が同地域に点在していて一日では見て回れそうにもなさそう。蓮田からフォトサロンの建物を通り過ぎると、この写真の景色となります。太鼓橋の左右に池が広がります。この橋の袂でコンビニで調達した握り飯などで昼食にします。休憩に...蓮田から薬師池を巡り薬師堂へ(前回の続き)

  • 町田市「薬師池公園」付近を歩く

    梅雨が明け暑い日が続きます。部屋の中に居るより車に乗り冷房を効かせて走る方が涼しくて良い。そこで町田市にある「薬師池公園」へ行きました。蓮が見頃とHP案内には書いてありましたが、時期が少し遅い感じでした。今年の蓮の開花は何処も早いようです。赤線は歩いた軌跡ですが「薬師池公園一帯」に住宅地が広がり分散した感じに成っています。世田谷から車で町田市の「薬師池公園」へ行くと成ると結構時間が掛かる、東名高速・中央高速道を使用するには中途半端な位置にある為一般道を走る事になります。写真は「薬師池公園」北駐車場。昨年から有料になったようです。駐車場隣の「蓮田」余り花が目立たない!蓮田の中央に木道が作られています。そこを歩くとチラホラ花が見えます。高い位置からだと花が見えないこの写真は「蓮の台(うてな)」と云うらしい、この中に...町田市「薬師池公園」付近を歩く

  • 「空」

    久しぶりにBlogを更新します。この所のコロナ騒ぎで完全に意欲をそがれてBlog記事の更新がストップして仕舞いました。一応記事にしようと何本か書いていますが、アップしないまんま今日まで来てしまいました。大きな原因は何処へも出掛けられず悶々とした日が続いた事ですが、旅行や山登りが出来ないと、こうまで意欲がそがれるかと自分でも驚きです。昨日何気なく「空」をボーッと眺めていて雲の動きを写真に収めました。全くつまらない、何の変哲も無いBlog記事ですが「J-Blueの雑記帳」その物のBlog記事です。以下余り写真と関係ない文章になると思いますが、ご了承の程を!コロナ・ワクチン2回の接種はとっくに終わっていますが、だからといって積極的に何処かへ出掛ける気にもなれず、人混みに行くだけの勇気も無く気力も無い。ワクチン2回接種...「空」

  • 蓮とネジバナとヤマモモと

    昨日は曇りがちの天気でしたがこんな天気の日には意外とアジサイが綺麗に写る、そこで府中市郷土の森公園博物館へ「アジサイ」を見に行こうと思い立ちましたが、月曜日は休園日で入園する事は無理、そこで急遽隣の府中市郷土の森公園「修景池」の「蓮の花」を見に行く事にしました。ここはフォロアーの「otomisan08さん」の(Photo散歩)のBlog記事を参考にさせて頂きました。タイトル写真は「西湖蓮」(さいこれん)と云う品種の「蓮」で未だ蕾で開花まで後1日程掛かりそうです。この蓮は「廬山白蓮」(ろざんはくれん)蕾は堅く開花まで2~3日掛かりそうです。いずれも「大賀蓮」で幾つかの塊に分かれていましたが、どれも全面開花まではもう少し先で主に開花が進んだ塊を撮りました。「舞妃蓮」(まいきれん)「修景池」の側に植物学者「大賀一郎博...蓮とネジバナとヤマモモと

  • 再び「川崎市東高根森林公園」へ

    昨年12月に行った川崎市の「東高根森林公園」へ再度行きました。冬場の景色と違い野草などが結構咲いていました。公園全体が緑で覆われていて多少新緑の雰囲気が残っています。秋色を求め(2)「川崎市高津区東高根森林公園」にてまず園内の地図。右下の駐車場へ車を入れ平日なので無料でした。パークセンターの脇から谷に沿って木道を歩きます。そこは湿地帯ですのでそれなりの植生が在ります。昔はそれ程整備されていなかったので葦が殆ど占めていましたが、今は様々な野草が植栽されたようで表示版も設置されていて判りやすい。入り口付近にはアジサイが咲いていました。木道を歩くと左右に様々な植物が咲いています、これは「トキワツユクサ」「オオハンゲ」花はすでに終わっているようでした図鑑で見るとマムシグサの様な花ですね!ノハナショウブキショウブでしょう...再び「川崎市東高根森林公園」へ

  • 川崎市「生田緑地」に遊ぶ

    この日天気もまあまあなので久々に気晴らしにと近場で川崎市の生田緑地公園に出掛けました。車使用ならそれ程気を遣う事も無く気楽です。タイトルは生田緑地入り口ビジターセンター脇から入ると真正面に見える菖蒲園からです。生田緑地東駐車場へ車を入れます生田緑地内施設を2カ所以上使用すると駐車料金が割引になるようです。ビジターセンタ脇から入ると真っ先に花菖蒲園が見えます。今が見頃で品種は多く無くこぢんまりとしています。今回は緑地内をあちこち動き回らず日本民家園と岡本太郎美術館を廻って見ようと思います。写真は日本民家園正門。ここで入場料を払います。中の展示館で民具などの常設展示がされています。その内の大工道具です。私の親父が大工だったのでここに展示されている道具は殆ど家にあり子供の頃から色々と使っていました。日本民家園は各地に...川崎市「生田緑地」に遊ぶ

  • 何時もの玉川上水ウォーキング

    玉川上水沿いの道はそろそろ春の花から初夏の花に入れ替わりが始まった感じです。1週間に一回の程の割でウォーキングしますが、先々週に歩いた時には「キンラン」が咲いていましたが、今はすっかり無くなり「ドクダミ」が繁茂しています。「ドクダミ」の八重咲きの物を探しましたがやはり見つかりませんでした。タイトルは三鷹市のジブリ博物館近くのソメイヨシノのサクランボです。自宅から歩き始めると庭のあるお宅には季節の花が咲いています。この日は天気が良くムラサキに色づき始めたアジサイがとても目立ち始めました。つい先日「キンラン」が咲いていた付近にドクダミが繁茂していました。以前ドクダミの花が綺麗なので一度我が家の小さな庭先に植えた事がありますが、条件が合ったらしく凄い勢いで繁茂し、これはまずいと全部引き抜きましたがほんのわずかな地下茎...何時もの玉川上水ウォーキング

  • コロナワクチン接種1回目完了

    この所山登りや旅行など外出が出来づらい状況で、Blog記事もそれなりの内容に成らざるを得ません、読者の方々には申し訳ないのですがご了承をお願い致します。本日。かねて予約していたコロナワクチンを接種して来ました。第一回目ですが、2回目はパソコンで予約を取った時すでに一義的に次の予約日が決められていました。次回は6月9日という事です。朝一番の予約時間で若干早めに受付に到着、そのまんますんなり待たず順番通り順調に手続きが進みます。タイトルの写真は「砧総合支所」(区民会館・区民集会所)ホームページからダウンロードの為画像が小さめです。以前のBlog記事コロナワクチン接種予約奮戦記(世田谷区の場合)写真はあらかじめ封書で送られて来た。予約表の実物の写真です。プライバシー保護の為黒塗りにしました。その部分が本人確認出来るI...コロナワクチン接種1回目完了

  • 室内ドアーハンドルを交換する「GOAL・LYシリーズ」

    連休中もCOVID-19の影響で何処へも出掛けず引き籠もりの日が続きます。毎年連休は混雑で嫌な思いをしたくないので、出掛けないようにしていますが今回の連休はなおさら出掛ける気がしません。そこで室内のドアーノブユニットが壊れたので交換する事にしました。家を新築してから26年になりますが色々な所で故障が目立つようになり始めています。細かい所の可也の部分、自分で出来る所は修理してきました。今回もその一つで当時の部品が無いかとNET検索、「モノタロウ」にて同じシリーズの物が存在していて交換可能と判明、さすがに26年前の製品となると全く同じ物は無く「GOAL・LYシリーズ」のよく似た色と形状の物を通販で注文しました。注文する時、左勝手と右勝手の仕様が在りますので間違えないように注文します。タイトル写真は「モノタロウ」から...室内ドアーハンドルを交換する「GOAL・LYシリーズ」

  • コロナワクチン接種予約奮戦記(世田谷区の場合)

    4月28日午前8:30分パソコンによる予約受け付け開始、が始まった「新型コロナワクチン接種券」は数日前に郵便で送られてきました。75歳以上の方10万7千人に接種券を送って、予約枠を10万5千人分確保したとの事です。予約受け付け開始時は電話・ネット共つながりにくい状態が続くとの「保坂展人」区長自らのTwitterにてアナウンスされていましたので状況が逐一判りました。とは言うものの人口が多い区なので接種会場は沢山設定されますので、自宅に近い所の会場を予約したい所。まず予約の仕方などを調べます。PCで世田谷区のホームページにアクセスして調べて行きます。この予約システムは自治体によって仕様や開発業者が違うようで、使い勝手もそれぞれずいぶん違うようです。接種券は全国で若干に違いはある物の殆ど同じ仕様の様子。どうせ繋がらな...コロナワクチン接種予約奮戦記(世田谷区の場合)

  • 水上温泉街で見学三昧と撮り鉄(群馬サファリパークで遊ぶ)の続き

    群馬サファリパークで遊んだ次の日はゆっくりしてこの日水上温泉街・上牧温泉近辺で一日過ごす事にしました。予定は全く立ててい無いのでその日に何処へ行くか決めるような感じです。最初にガラス工場の見学から始まりました。タイトル写真は午後遅く宿に帰る途中、国道から撮影した谷川岳、高曇りの状態ですが低い雲が無く山の輪郭がスッキリして特徴的な双耳峰がよく見えました。まずは「月夜野びーどろパーク」で工場見学します。工場のガラス細工の体験は子連れでは無理なので見るだけにします。職人さんの馴れた手順で次々と製品が出来て行く様は見事です。次に全員で体験館(ガラス製品販売店)の方の体験工房で好きな体験を選んでガラスの工作をします。息子夫婦達の作品私はステンドグラスの写真スタンドを作りました。次に水上駅へ向かいます。その途中上牧駅付近か...水上温泉街で見学三昧と撮り鉄(群馬サファリパークで遊ぶ)の続き

  • 群馬サファリパークで遊ぶ・甘楽町「楽山園」の続き

    群馬県甘楽町「楽山園」を見学した後、群馬県サファリパークの待ち合わせ場所に直行しました。ウィークデーなので人混みは無く駐車場の隅で大道芸のお兄さんが中国コマ回し(ディアボロ)の演技をしていましたが観客が10人前後と少なくかわいそうな感じでした。待ち合わせ合流後、直ちに入り口のレストランで昼食にしましたが、食事を終え大道芸のお兄さんの所を見ると相変わらず観客の少なさでした。タイトルは観覧車から見えた「妙義山系」いわゆる表妙義と言われる所で中心は「白雲山」若い時分裏妙義山は登りましたが、表妙義はロッククライミングのエキスパートで無いと縦走は無理なので見るだけでした。何とかは高い所に登りたがる・・・・・・だいたい観覧車があると何時も乗ります。今回も全員で乗りましたが全体の景色の感じをつかむのには丁度良い乗り物です。写...群馬サファリパークで遊ぶ・甘楽町「楽山園」の続き

  • 久々の旅行・群馬県甘楽町「楽山園」を廻る

    緊急事態宣言に関わらず、遂に我慢できず2月初旬に3月26日から二泊三日の旅行を計画しましたが、幸いと言って良いのか悪いのか3月21日に緊急事態宣言解除となり、他人の目を憚る事無く旅行出来ました。群馬県水上温泉に二泊して界隈をゆっくり廻る事にしました。息子夫婦と子供二人・此方は3人計七人・車2台群馬サファリパークで待ち合わせ。我が家は群馬サファリパークへ行く前に群馬県甘楽町「楽山園」に立ち寄ります。タイトルの写真は「楽山園」池線回遊式庭園一段高い所にある「梅の茶屋」を中心とした風景。(国指定名勝)○楽山園の由来江戸時代初期に、織田信長の次男・信雄(のぶかつ)によって築庭された楽山園。群馬県唯一の大名庭園である。10年に及ぶ復元工事を経て、2012年に一般公開。(大名庭園:江戸時代に作られた庭園)ガイドHPより駐車...久々の旅行・群馬県甘楽町「楽山園」を廻る

  • 城山カタクリの里「前編」の続き・花木が沢山!

    昨日に続き城山カタクリの里続編を綴ります。今回は花の成る木を集めました。山野草はこれら木の根元に咲いています。園内は山林の為上り下りが結構ありますが一番高い所まで行く間に沢山の山野草・花木に出会います。タイトル写真は赤花ミツマタ地図を示します。書き込みを入れました。赤い線が歩いた軌跡です。駐車場は書き入れた場所の他にも臨時の場所が沢山有るようです。入場ゲートを入りトイレの裏に有る「シデコブシ」。此の木は普通のコブシと少し違い花がピンク色に見えます。このコブシは「ヒメコブシ」とても小振りですが花は普通のコブシ並みの大きさです。ミツマタ、この山林にはミツマタが多い。ボクハンツバキゲンカイツツジヒュウガミズキサンシュユ本日は出発時間が遅く途中のコンビニで買ったおにぎり・生野ステック・味噌汁などで昼食にします。確かこの...城山カタクリの里「前編」の続き・花木が沢山!

  • 城山カタクリの里・雪割草・カタクリ・雪割イチゲ等・(前編)

    自宅へ閉じ籠もる日が多くフォロアーさんのBlog記事を拝見するに付け、春の到来を感じ、行くなら「今でしょ!」てなもんで神奈川県城山カタクリの里へ行きました。城山カタクリの里は3月13日から開園となり4月18日まで。タイトル写真は「カタクリ」。漸く咲きそろってきた感じです。黄花カタクリはまだ、蕾が小さい状態でした。写真は無料駐車場の脇からの入り口で、此所は私有の山林をカタクリの里として解放しています。階段を上がり民家の庭に入ると地元の方の販売所や喫茶室が有ったりします。写真の左横を進むと右手に入り口が有り入園料500円を払いパンフレットなどを取ってから山林に進みます。トイレも新たに完備されていました。以下、花の種類別に記載して行きます。カタクリの里と名前が示すようにカタクリが沢山、その間に他の野草が見られる感じで...城山カタクリの里・雪割草・カタクリ・雪割イチゲ等・(前編)

  • 冬枯れ

    今日は天気が良い、この所歩くと膝が痛むハイキングなど長時間の歩行は自信が無い、そこで自転車で都立「野川公園」まで出掛ける事にしました。自宅から片道8km程。風が冷たいが少し走ると汗ばんでくる。野川公園「自然観察園」には私と同じ様な世代の方が結構多く居ました。人が多いのでマスク装着ですが、眼鏡が曇ったりカメラのファインダーが曇ったり、やりにくいですね。今は冬枯れ状態で花の咲く野草や花木は少ない、それでも春を待ちかねるように早春の植物たちがちらほら咲き始めています。タイトル写真は「節分草」3つ程の群落が有りました。写真はトリミング済。赤線が歩いた軌跡地図アプリを野川公園「自然観察園」に到着時に起動。青で書き込みを入れました。「東八道路」に3本程跨線橋が有りますが今回は渡らず東八道路の北側の広場を周り戻りました。「自...冬枯れ

  • 三浦半島「ソレイユの丘」菜の花が満開 動物編

    前回に引き続き、三浦半島「ソレイユの丘」(長井海の手公園)でのリポートをします。今回は園内施設の「ふれあい動物村」の生き物達を中心に記録を綴ります。タイトル写真は「ふれあい動物村」のウサギコーナーに居る「アンゴラウサギ」真っ白の毛並みで当初上から見ると目が何処か判らなかった!前回と同じ菜の花畑の別ショットから!富士山に雲が重なり残念な感じでした。前回の地図と範囲を変えて青色の書き込みを多くしました。「ふれあい動物村」には草食動物が主な物で直接触る事が出来ますが私は触りません・・・赤い軌跡はほぼ園内を一周して居ます。入り口からほど近い所に野鳥が結構居ます。鳥の事は殆ど判りませんが上の写真は何という鳥か?不明下の写真は「ツグミ」と思えます。鷲の訓練風景が見られました。動きが速く撮影が難しい!動物ふれあい村にて訓練士...三浦半島「ソレイユの丘」菜の花が満開動物編

  • 三浦半島「ソレイユの丘」(長井海の手公園)情景編

    東京23区と云うのは自然志向派に取っては余り面白みのある所では無い様に思える、コロナ禍騒ぎで都心町中方面に出掛ける事や公共交通機関を利用する事もはばかられる人間にとっては超引き籠もりの日々が続く。町中ハイキングなども有るがいずれも人混みが避けられそうも無いし大自然の空気を吸う事も出来ない。何とも我慢できなくって、車使用で三浦半島(正式名)長井海の手公園「ソレイユの丘」へ出掛ける事にした。タイトル写真は「ソレイユの丘」外周道路から海岸に降り海辺から相模湾越しに富士山を撮ってみました。午後14時を廻った時刻なので霞が掛かり遠くの景色はスッキリと撮れない。早朝に来れば綺麗な写真が撮れると思いますが、良い写真を撮るなら労力をいとわない根性が必要ですね!地図は三浦半島先端に近い所。長井地区です。周辺の畑は今、キャベツが収...三浦半島「ソレイユの丘」(長井海の手公園)情景編

  • 郷土の森(梅園など) 梅編

    ロウバイ園から離れて隣の「梅園」へ行きます、早咲きの梅がちらほらと咲いていますが殆どの種類が未だ蕾が小さく堅い。この時期他に目立つ花木が殆ど無いのが寂しい。タイトル写真は園内にある「水車小屋」昔は府中付近にこうした水車が沢山有り粉挽き等が盛んに行われていた。との解説付でした。「前編」郷土の森(博物館)蠟梅編この梅は「玉牡丹」と云う種類野梅性(野梅系・はより原種に近い「性」は性質を指すようです)八重系で全体に小ぶりの感じでした。写真の様に殆どの梅の木がまだ咲いていません、その中で木の個性か、種類の違いかでポツンと咲いています。この梅は「唐梅」緋梅系紅梅八重系(緋梅系は枝や幹の内部が赤い・白い花もある)ネットで調べると沢山の種類がある事が判りました。さて梅園から離れて子供エリアと思える所へ行きます。さすがに平日なの...郷土の森(梅園など)梅編

  • 郷土の森(博物館)蠟梅編

    意を決して「府中市郷土の森博物館」まで出掛けて来ました。この時期「蠟梅」が見頃と成り、遠くへ出掛ける事ははばかれるので、近場と言う事で車で出掛けました。タイトルは園内に入り一番奥の「蠟梅の道」迄直行します。多摩川縁に沿った形でロウバイが沢山植えられています。「府中市郷土の森博物館」は有料で、入場料大人300円です。写真は入り口ゲート付近撮影の立ち位置左手は「物産館」で府中市の農産物販売などが常設されています。駐車場は無料で利用できます。今回は地図アプリのデーター取得に失敗したので残念ながら地図は無しです。出発が遅かったので現地到着が丁度12時頃でしたので「物産館」内のレストランで昼食にしました。ま~鮭定食と言った所です。何とか御膳とか名前が付いていたと思いますが・・・・・880円入場ゲートを通り「博物館本館」の...郷土の森(博物館)蠟梅編

  • 蕾はまだ堅いしかし春はそこまで!

    このコロナ禍、緊急事態宣言中移動自粛要請が出ているのでむやみに移動する事も出来ないので、それを良い事に無精を決め込んで自宅に咲いている花を撮ってみた。タイトル写真は「ツバキ」の花、蕾が沢山付いていますが開花したのはこの花だけ、これから3月下旬にかけて次々と咲いてくれます。この写真は昨年3月中旬に咲いていた物です。完全に開ききっています。この後茶色い反転が出てきて半分程茶色になった所で落花します。この写真はタイトル写真と同じ花で前日に撮影した物です。マクロレンズで手持ち撮影の為ピントが甘くカメラブレがあり被写界深度が浅い為にぼけた写真に成っています。タイトルの写真もマクロレンです。被写界深度が浅い為に三脚を使い、絞り込んで撮影、その為に広い範囲でピントが合っています。他のつぼみはこの写真の様にまだ堅い蕾でした。此...蕾はまだ堅いしかし春はそこまで!

  • 新年あれこれ

    昨年の暮れからCOVID-19(コロナ感染症)の感染爆発で根本的に出鼻をくじかれた感じに成り、何処かへ出掛ける事が出来なくなった。それでも近所へ運動不足解消の為散歩に出掛けるが毎日という訳でも無い。タイトル写真は「井の頭弁財天」1月3日の写真です。多くは歩いて「井の頭恩賜公園」迄行く事が多いのですが、この日は午後でしたので自転車で廻りました。正月らしく和服姿の人、家族連れなど、人出は多く、特に子供の姿が多く見られました。井の頭の池には手こぎボートや足こぎボートが沢山出ていました。写真はボート乗り場から離れた所で、タイトルの弁財天から続く場所です。本来このような好天の日には山登りに出掛けたい所、しかし近場で手軽な「高尾山」辺りは人が殺到するのは目に見えているので無理、電車で2時間も3時間も掛かる場所に行くのも考え...新年あれこれ

  • 2021年 元旦

    訪問者の皆様新年おめでとう御座います。昨年中は思い通りに彼方此方へ出向く事が出来ず。Blog記事も思うようにアップできませんでした。昨年初旬からCOVID-19の猛威に翻弄され年末最後にはSARS-CoV-2の感染者が1337人となり実態が判るに連れ感染力の変異など変化の早い病原体の実態が明らかに成って来ました。余り良くない感じの新年ですが、どうか皆様も健康に十分留意の上お過ごし下さい。2021年元旦

  • 神田川から玉川上水周回ウォーキングする

    天気が良いとカメラを持って外へ出たくなる。コロナ禍がいよいよ酷くなり引き籠もり感も一層強くなり、出歩く事に抵抗感がある、かといってジッとしている訳にも行かない。ここは近場で我慢するしかなさそうです。タイトル写真は途中の「塚山公園」のイロハモミジ今回は神田川を下流方面へ向けて歩いてみます。いつも上流側の井の頭公園へ向けて歩く事が多いのですが、下流側は住宅も多くなり遊歩道は整備されていますが、何となく狭い感じに成ります。写真はスタート地点の公園脇に有る「しだれ柳」緑色が目立ちました。地図左側の「スタート・ゴール」から時計回りに一周する事になります。途中寄り道した公園や神社を黒い文字にしました。中央の緑線は中央高速道です。地形的に谷底に流れる神田川、今回は京王井の頭線富士見ヶ丘近くの「あかね橋」から主に左岸を歩いて行...神田川から玉川上水周回ウォーキングする

  • 秋色を求め(2)「川崎市高津区東高根森林公園」にて

    2020年12月11日都内の紅葉もそろそろ終盤に成り、次第に冬枯れが始まる、それでもまだ残りの秋の色と感じを求めて、今回は川崎市と横浜市の県境に近い高津区川崎市宮前区「東高根森林公園」へ行ってきました。この公園の麓で数十年前新婚生活を始めた場所でもあります。2年程住んでいました。その時の事を思い出しながら公園内を廻りました。案内表示と歩いた軌跡の地図です。地図に緑色で描かれる道路は東名高速道です。赤い軌跡が歩いた所ですが、この地図では等高線が無いので判りませんが結構高低差があります。なるべく電車に乗りたくないので車で行く事にしました。川向こうと言っても自宅から40分程でしょうか!駐車場も整備されています。今の時期は無料となっています。出入り口は数カ所有り、駐車場の有る南口から昔住んでいたアパート付近を歩きながら...秋色を求め(2)「川崎市高津区東高根森林公園」にて

  • 都会の秋色を探す。

    コロナ禍の中そうそう遠出は出来ない。引きこもる日が続くが初夏の頃と同じように近場でお茶を濁す事が多くなった。今回は杉並区の「太田黒公園」に出掛けた。日曜日なので案の定、可也の人出で賑わっていた。自宅から自転車で行く、漸く11月らしい気温になり少し寒い。午後から出掛けたが「太田黒公園」の駐輪場は可也一杯だった。表門を入ると銀杏並木が出迎えてくれる。人が多くカメラを水平に向けて写真を撮る事がはばかれるので頭上越しに撮るしか無く、どうしても不自然な感じが残る。この日天候は曇り、紅葉もどことなく渋い感じの色に成って仕舞う。モミジの赤い色も曇り空を反映した色だ。都会では寒暖の差があまりなく郊外や山岳部の様な見事な発色は期待できないらしい。曇り空が映り込み少し見にくいが、錦鯉が戯れている。池の周りを一回りする。しかし何処も...都会の秋色を探す。

  • 都会の秋色を探す。

    コロナ禍の中そうそう遠出は出来ない。引きこもる日が続くが初夏の頃と同じように近場でお茶を濁す事が多くなった。今回は杉並区の「太田黒公園」に出掛けた。日曜日なので案の定、可也の人出で賑わっていた。自宅から自転車で行く、漸く11月らしい気温になり少し寒い。午後から出掛けたが「太田黒公園」の駐輪場は可也一杯だった。表門を入ると銀杏並木が出迎えてくれる。人が多くカメラを水平に向けて写真を撮る事がはばかれるので頭上越しに撮るしか無く、どうしても不自然な感じが残る。この日天候は曇り、紅葉もどことなく渋い感じの色に成って仕舞う。モミジの赤い色も曇り空を反映した色だ。都会では寒暖の差があまりなく郊外や山岳部の様な見事な発色は期待できないらしい。曇り空が映り込み少し見にくいが、錦鯉が戯れている。池の周りを一回りする。しかし何処も...都会の秋色を探す。

  • 八王子市「陣馬高原」周回ルートを行く

    高尾山は人混みが凄いので行く気になれず。かといって近場で利便性の良い山は見当たらないそんな中で多少バス使用で面倒ですが「陣馬高原」が有ります。主稜線が高尾山に続き、若い時高尾山から良く縦走しました。今回も急遽行く事になり慌てて支度した物の遅れを取りました。今回「陣馬高原下」から反時計回りで周回します。当初SNSのフォロアーさんデータを見てピストンで山行しようと思っていましたが、同じ林道歩きがあるのなら周回するコースの方が合理的と判断しました。当初出遅れた為JR高尾駅から「陣馬高原下」へ行くバスが1時間に一本と少なく時間の無駄をなくす為他の山へ変更しようと考えましたが結局迷った挙げ句予定通り「陣馬高原下」行きのバスを待つ事にしました。高尾駅北口のバスターミナルは改装中で以前の所から少し西寄りに移動していました。高...八王子市「陣馬高原」周回ルートを行く

  • 立川市「昭和記念公園」秋の色を求めて編

    20年11月10日(火)昭和記念公園の銀杏が色づき始めた様なので、好天に誘われて行って来きました。今回も電車利用でJR立川駅で降り昭和記念公園立川口から入りました。タイトル写真は昭和記念公園「日本庭園」芝生広場にてオブジェのイベントでした。JR立川駅から空中回廊を降りて多摩都市モノレールの下を歩500m程歩きます「あけぼの口」の入り口から入る、昭和天皇記念館を右手に見て歩くとみどり橋の袂にススキが輝いていた。今回歩いた軌跡を赤でプロットしてあります。約10km近く歩きました。自宅から往復で約18.000歩程歩きました。結構疲れました。黒い字で多少書き込みを入れました。ウイークデーに来ると隣の自衛隊基地ヘリコプターの爆音がうるさい、離着陸するのに時間も掛かりエンジンを切らず常に爆音がする。爆音を聞きながら入場ゲー...立川市「昭和記念公園」秋の色を求めて編

  • 山中湖夕焼けの渚・もみじ祭

    2020年11月5日(水)好天に誘われるように、今山梨県山中湖湖畔で「もみじ祭」開催されている事が判り行きました。さすがシーズンなので人出がかなり有ります。2年前にも同じ時期に来ましたが、その時より人の数が多く感じられました。この会場の紅葉の種類が14・5種類有るそうですが素人目には色合いの違いぐらいしかわかりません・・・・・イロハもみじ位は判りますが、同じ場所でこれ程種類があるとは正直驚きです。中央付近の駐車場へ車を止め、緑地公園会場の会場へ入ると真っ先に、この赤い紅葉が目に入ります。このもみじ祭の会場は「旭日丘湖畔緑地公園」無料駐車場から湖畔の渚に降りて歩いたり湖畔の道路へ出て歩いたり出来ます。程良く色づいた紅葉はグラデーションも綺麗で、晴天の青い空に良く映えます。このケヤキは御神木とパンフレットに記載され...山中湖夕焼けの渚・もみじ祭

カテゴリー一覧
商用