searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

J-Blueの雑記帳さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
J-Blueの雑記帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/king20-io
ブログ紹介文
此のBlogを雑記帳代わりにしたいと始めましたが写真を中心に記録性を高めた内容にしたいと考えています。
更新頻度(1年)

44回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2015/06/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、J-Blueの雑記帳さんの読者になりませんか?

ハンドル名
J-Blueの雑記帳さん
ブログタイトル
J-Blueの雑記帳
更新頻度
44回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
J-Blueの雑記帳

J-Blueの雑記帳さんの新着記事

1件〜30件

  • 茨城県「国営ひたち海浜公園」コキアとヒマワリ

    2020年8月31日緑色のコキアが見たくて「国営ひたち海浜公園」迄行きました。あいにくの曇り空ベースで写真を撮るには条件は良くない。コキアの色も心なしかくすんだ色合いになって仕舞った。ウイークデーなので人出は少ない、COVID-19の影響もあり車のナンバーも地元のものが多いい、しかし人が少ないので余り気を遣う事も無く園内を廻る事が出来た。中央ゲートに駐車して入場する。今回の第一の目的は「コキア」を見る事なので、まず自転車を借りて、一番奥の「見晴らしエリア」へ行く、地図で赤い軌跡が円を描く様になっているのが「見晴らしの丘」、広大な園内を廻るには自転車が欠かせない。今回、風が強く南エリアは砂丘地帯があるので近寄らなかった。遠目にも砂埃が凄かった!自転車専用道を行くと最初に目に付くのがこの「パンパスグラス」高さが2m...茨城県「国営ひたち海浜公園」コキアとヒマワリ

  • 自転車で廻る「駒留八幡神社・世田谷観音・松陰神社」

    この日も暑かった!しかし何時までも自宅に引きこもりと言う訳にも行かない、外へ出て汗をかくのも有り!ただでさえ運動不足で体重が増えて仕舞い困った状態だ。熱中症にも負けず。COVID-19に負けず。夏の暑さにも負けず。。。。。。。タイトル写真は「松陰神社」最近整備され昔と違いずいぶん綺麗に成った。GPSデーターロガーは自宅からですがこの地図では小田急線「経堂駅」付近から始まります。世田谷区の外れから世田谷区中心方向へ向かい片道9km弱、帰路「豪徳寺」近くを通りますがここは今回パスします。写真は世田谷線(通称玉電)電車の写真は「宮之阪駅」に近い所で撮ったものBlog記事は「東急世田谷線」世田谷駅から始まります。(下の写真)写真は駒留公園、世田谷駅から世田谷通りを横切り駒留め通りを三軒茶屋方面に向けて走ります。環状7号...自転車で廻る「駒留八幡神社・世田谷観音・松陰神社」

  • 北八ヶ岳「麦草峠・丸山・白駒池」を周回する・後編

    【北八ヶ岳「麦草峠・丸山・白駒池」を周回する・前編】に続き「後編」を綴ります。今回、写真の枚数が多く3回に分けようとも思いましたがだらだらと続けるのも申し訳ないので二回にまとめました。タイトルの写真は「麦草ヒュッテ」に出る手前から撮った茶臼山と縞枯山です。右手の方が縞枯山、ここまで標高が下がると北横岳は隠れて仕舞います。北八ヶ岳「麦草峠・丸山・白駒池」を周回する・前編前編と同じ地図ですが参考の為に載せます。今回の後編は白駒池を離れる所から始まります。白駒池から麦草峠までは30分程で到着します、その途中の有料駐車場までは一般の観光客が沢山往来します。中には町中を散歩する感じの人も結構居て誰でも気楽にと言うキャッチフレーズが似合いそうです。白駒池から緩く登り、多少のアップダウンを歩きます。真ん中の写真は前編で紹介し...北八ヶ岳「麦草峠・丸山・白駒池」を周回する・後編

  • 北八ヶ岳「麦草峠・丸山・白駒池」を周回する・前編

    2020年8月19日お盆の民族大移動が終わり、と言っても今年はコロナウイルスのせいで毎年の喧騒は影を潜めとても静かなお盆の様だった。そんな中お盆のシーズンを避け久々に都会を離れてハイキングに出かけた。タイトルは「高見石から見た蓼科山と縞枯山」北横岳が間にほんの少し見える。麦草峠の無料駐車場に午前9時に付いたのですが早々に下山して帰路に付いた人達がいたらしく一台だけ空きが有りラッキーに止められました。区画外に駐車した車も多く帰り、駐車場を出る時に面倒でした。さすがに人気の山域です。自宅を5時半頃出発、途中双葉SAで朝食取り、おにぎり・水を買います。県外移動なので出来るだけ不必要な立ち寄りを避けます。写真の様に駐車場は満杯。此所のトイレは真新しく綺麗でした、この駐車場はいつ頃出来たのだろう、昔は無かったと思いました...北八ヶ岳「麦草峠・丸山・白駒池」を周回する・前編

  • 自宅から井の頭恩賜公園まで徒歩往復

    久々に自宅から井の頭恩賜公園まで歩く事にしました。往復9km弱ですが、復路最後の方はもうヘロヘロで初めの元気は何処かへすっ飛んで仕舞いました。兎に角暑い!ま~熱中症にならないだけ増しという感じで、自宅へ到着後直ちに缶ビールを飲んだ!これが又旨いのなんの!今回歩いたトレースです。黒で少し書き込みを入れました。赤いトレースラインはGPSの調子が今一で編集してカットなどをしました。往復殆ど同じです。午前11時前に自宅を出て炎天下を歩きます。写真は玉川上水遊歩道に入った所です。所々の木陰に入ると幾分涼しい。大きくなった「アオギリ」の木とその種の写真、今回はコンデジを使用したので画像や画角が思うに任せず良い写真が撮れず、不慣れも重なり少し残念な結果ですが。遊歩道は玉川上水に沿っていて、この部分はまっすぐな道で見通しが良い...自宅から井の頭恩賜公園まで徒歩往復

  • ギターが弾けなくなった!

    自宅待機が続き次第に焦りに似た気分になる。天候もすぐれず雨の日も続き外出をして気分転換もままならない。。。。。。漸く梅雨が明けたがCOVID-19の感染拡大が尋常で無い、ロックダウン当時の状況より一段と悪い状況だ。こんな状況でへらへらと脳天気に外出する気にもなれない。そこでギターを引っ張り出してきて「弾き語り」をしたが、数年間触っていなかったツケが見事に出た!其ればかりでは無い、この一年余り「SAXOPHONE」の練習もしていない。全く触っていない。タイトル写真は愛用のTenerSaxophone「KingSuper20」のアップ写真、このSAXの製造年月日は自分とほとんど同じ様な年齢、アメリカのオハイオ州で作られました。Kingと云う楽器メーカー製で今は在りませんが一番いい時期の楽器です。アメリカンオールド楽...ギターが弾けなくなった!

  • 御坂山塊「黒岳」を登る

    数ヶ月ぶりの山登りでした。と言っても足慣らしの意味合いも有り往復3時間程の行程で少人数の山行となりました。リーダーの配慮で可能な限り登山口まで行ける場所を選定、車使用なので少人数での行動と成りました。タイトル写真は山頂近く、登山開始点はガスが殆ど無かったのですが、標高が上がるにつれてガスって来ました。途中小雨に降られたりしましたが多少濡れた程度で済みました。昨年11月に反対側の御坂トンネル方面から登りましたが今回は笛吹市側から登ります。日向坂峠(どんべい峠)まで車で入りそこから登ります。ここまで来れば歩行時間が大幅に短縮されます。日向坂峠の標高は1,452m程、黒岳の標高は1,792m、標高差340m程なので高尾山を登るより楽かも知れません、途中急傾斜とアップダウンが有りますがリハビリ登山には丁度の感じです。御...御坂山塊「黒岳」を登る

  • 今年も梅干しと梅ジュースを作りました。

    今年も梅を収穫し梅干しと梅ジュースを作る事が出来ました。昨年は10kg以上の梅を収穫しましたが梅干しの漬け込みに失敗してカビを発生させてしまい梅干しはすべて廃棄しました。今年はその反省を込めてフリーザーパックで漬け込む事にしました。この方が簡単でコンパクトです。昨年の記事収穫した梅を処理するリンクが間違えていました修正しました2020-7-14写真は梅干しを漬け込んだ直後。今回は3kg程収穫出来ました。昨年は10kg程でしたが今年は梅の木の剪定をキツくしたので収穫量は少なく2kg程を梅干しにして残りを梅ジュースにしました。今年はすべて収穫し追熟は止めにしてほんのり黄色みがかった梅を選別し、青い方を梅ジュース用にする。すべて綺麗に洗った後乾かし梅干しは20パーセントの塩分濃度で漬けます。梅の実のへたを綺麗に取り、...今年も梅干しと梅ジュースを作りました。

  • アジサイが一杯「府中市郷土の森博物館」を廻る

    2020年7月2日好天に誘われてCOVID-19感染の常況を考えながらの「府中市郷土の森博物館」の見学散策でした。アジサイの季節と言う事で平日なのに結構な人出でしたがアジサイの花が見頃を迎えていました。今回も車使用で我が家から40分程、初めての場所なので頼り無いカーナビに案内させました。写真は入園の為のチケット売り場、駐車場料金は無料、市営なのでその点は良かった。大人300円を払い手の消毒を行いゲートを入る。出来るだけ園内はマスクを付けて下さいとの事ですが屋外では付けませんでした。写真は園内案内図。ゲートを入ると真っ先に見える博物館本館、取りあえずここはスルーしてアジサイが見られる所へ行きます。本館の前を左に入りケヤキ並木を行くと移築した邸宅があります(旧島田家と田中家)写真右手は薬種屋店舗と店先風景小川の流れ...アジサイが一杯「府中市郷土の森博物館」を廻る

  • 八王子市「八王子城跡」を廻る

    2020年6月24日久しぶりにハイキングに出かけた。と言っても「城跡」を廻る簡単な歩きだ。この所、遠出自粛の日が続き山歩きは全く行っていない。いきなり数時間も登る山歩きは歳から考えて難しい。「八王子城跡」は駐車場から歩き始め1時間程で頂上に有る「本丸」へ到達する。タイトル写真は「本丸」手前の尾根筋から見える八王子市内。左手方向が東京方面。今回は電車に乗りたくないので車での移動です。地図に青丸で囲んだ所が新たに書き入れた物です。赤い矢印は移動方向。駐車場から1時間弱で本丸に到達しますが、結構急な登りと階段が続く。なまった足腰には程良いリハビリになった。まず駐車場へ車を入れ「ガイダンス施設」へ見学を兼ね案内地図パンフレットを貰いに行く。展示品は説明看板が主な物で殺風景な物でした。駐車場の写真「ガイダンス施設」と合わ...八王子市「八王子城跡」を廻る

  • 自宅から自転車で調布飛行場を一周する

    2020年6月9日COVID-19で自粛要請ですが、素直に従っていては運動不足になる、この日天気が良いので自転車で自宅から調布市の調布飛行場へ行ってみた。タイトル写真は世田谷区北烏山に有る「寺町」高原院正門YAMAPにアップした記事高原院正門から中に入ると庭園が目の前に見える、写真中央を左手に入ると「弁天池」(鴨池)に出る。「寺町案内」この赤い橋を渡ると「弁天堂」です。「弁天池」(鴨池)はやたらと亀が多い。殆どが外来種のミシシッピーアカミミガメ、ここで大繁殖している模様です。以前にはイシガメもいたような気がしますが・・・・・朝はカモが結構飛来してます。写真は調布飛行場管制塔反対側の小高い丘でのんびりと飛行機の離発着をながめる!この飛行機は伊豆七島大島か八丈島へ行く便のようです。あとがき直後にYAMAPに記事をア...自宅から自転車で調布飛行場を一周する

  • 三鷹市 野川自然観察園にて

    漸く「野川自然観察園」が今月開園された。早速行ってみましたが園内はかなり荒れ模様、しばらく手入れがされていなかったようです。又、主立った花木も花が終わり色合いの無い緑の景色に成っていてチョイと寂しい感じでした。入り口を入ると真っ先に目立ったのがこの「ヒルガオ」でした。「ヘビイチゴ」赤いのでよく目立つ、雑草の下に隠れているが結構沢山有る。「オノグルミ」でしょうか!少し判りにくいのですが白い小さな花が「ドクダミ」何時もはあまりないのですが、COVID-19の影響で閉園になり全く手入れされていない状態が続き荒れた為に繁茂した模様。「フタリシズカ」すでに実が付いています。「ムラサキカタバミ」この花は日和見的な性質なのか余り沢山咲いてはいませんでした。「ロウバイの実」春先の黄色い花からは想像出来ない「実」です。「ザゼンソ...三鷹市野川自然観察園にて

  • いつもの道で

    2020年5月23日何時もの散歩コースを歩くのですが、今回後半は別の道を通り少し大回りですが周回しました。土曜日でも有るので、相変わらず人が沢山散歩していました。自粛要請が出ていても閉じ籠もるというのは本質的に難しいらしい・・・・と、思う。しかしランニングしている人が来ると思わず、マスクはしないので顔を背け下を向いたりして仕舞う。ま~お互い様という所か!タイトル写真は「牟礼の里公園」内の竹林フタリシズカが漸く咲きそろったようです。いつの間にか咲く花の種類が変化してきました。先々週辺りこの場所に「キンラン」が数株咲いていましたが、どなたかが管理しているらしく黄色いビニールテープで目印が立てられていました。いつになく目印が多くなりこの目印の傍に「キンラン」の株があるらしい事が判ります。(株が増えているようです)この...いつもの道で

  • 脳内登山「家に閉じこもって」

    COVID-19(新型コロナウイルス)で自粛要請のなか、長引くと同時に気分も次第に萎えてきて鬱々とした日々。運動がてら外へ出る事、それも飽きて来た。タイトル写真は2015年8月初日乗鞍高原から乗鞍岳を登った時のものです。畳平から乗鞍岳周辺の「国土地理院の地図」黄色の道路は乗鞍スカイライン、ここを自転車ツーリングで登ってくる人が沢山いる、畳平近くまで来るとヘロヘロになったチャリダーが目立つようになる、しかしその体力は凄いものだ。この時のBlog記事です。乗鞍岳と乗鞍高原を歩く2015年08月03日|アルプス登山「肩の小屋付近から見る剣が峰」本文と写真は直接関連はありません。COVID-19の影響はかなり深刻に日本中を覆っています。しかし政府・東京都・の発表するデーターは非科学的なデーターが多く、その発表をNHK-...脳内登山「家に閉じこもって」

  • 今年もキンランが咲きました。

    今日は同じ区内に有るお寺に自転車で墓参りに行って来た。往復12km弱前回の豪徳寺からさらに都心寄りに行った所ですが若干道が違うので距離的には同じ様な物です。それに先立ち何時もの散歩コースを歩いたのですが、漸く「キンラン」が咲き始めました。キンランと共にギンランも咲いていました。タイトル写真は近所の花壇に植えられていたツツジ。このキンランは何時も咲く場所と少し違う場所から咲き始めたようです。毎年咲く場所には「花を取らないで下さい」との表示が有るのですが、全く別な所から咲き始めたようです。この場所は数ヶ月前下草刈りを終えていて表示の有る場所は下草刈りがされていませんでした。キンランは菌床のある所から咲くので、下草刈りを行っても草刈りの時期で関係しないカモですね!2018年04月24日|近場の散歩キンラン「絶滅危惧I...今年もキンランが咲きました。

  • 世田谷区「豪徳寺・世田谷城趾公園・世田谷八幡神社」を廻る

    この所外へ散歩に良く出かける、と言っても近所を散歩するだけですが、出来るだけ人と接する事が無いように気をつけながら。今回は自転車で廻る事にした。何時もと場所的に違うのでBlog記事にまとめました。タイトル写真は豪徳寺参道入り口。自宅から自宅の軌跡が赤い線ですがこの地図上では時計回りで走りました。走行距離は13.8kmで時間は2時間8分(この地図の範囲では3km程)写真は「東急世田谷線」昔は玉電と言った。路面電車で渋谷から下高井戸までだったが今は三軒茶屋から下高井戸駅(京王線)まで。豪徳寺の山門、この日COVID-19の為中に入る事は出来ず閉鎖となっていました。このお寺は「井伊直弼」の菩提寺です。又1km程都心寄りに「松陰神社」がありこちらは「吉田松陰」の墓が有ります。因縁めいた感じです。一番下は参道山門の脇のフ...世田谷区「豪徳寺・世田谷城趾公園・世田谷八幡神社」を廻る

  • 世田谷区「蘆花恒春園」へウォーキング

    緊急事態宣言で外出自粛要請が出ている。今電車などに乗り遠くまで行く事がはばかれる、しかし室内に一家で閉じこもる事も大変。屋外へ近所のウォーキングに出かけた。最寄りの駅は京王線「芦花公園」と成ります。自分の自宅から歩いて往復1時間半ほど5km程でしょうか?赤い線が歩いた軌跡です。徳冨蘆花のエッセイ集「みみずの戯言」でこの辺り一帯の事を書き留めています。当時は千歳村字粕谷。今は芦花公園の一角に「蘆花恒春園」が有ります。「蘆花恒春園」は東京都の管理で無料で見学出来ます。芦花公園の片隅に恒春園が有り昔は全体が徳冨蘆花の住まいで有ったと思います。やはり人出がウイークデーにもかかわらず多い。皆さん自分達と同じように閉じこもりはかなわないという事でしょうか?芦花公園側(裏手)から「蘆花恒春園」へ入ります。最初に目に入る建物で...世田谷区「蘆花恒春園」へウォーキング

  • 月「スーパームーンを撮ってみた」

    2020年4月7日20時過ぎスーパームーンという事で月の写真を撮ってみました。「アストロアーツホームページより」引用します。月の公転軌道が楕円であるため月と地球との距離は約36万kmから40万kmの間で変化する。その最接近のタイミングと満月となるタイミングが近いと、月が大きく見えるというわけだ。今年の場合、8日の未明3時9分ごろに月が地球に約35.7万kmまで最接近し、約8時間半後の11時35分ごろにちょうど満月となる。つまり「7日の宵から8日明け方」にかけての満月がスーパームーンとなるAstroArtsホームページ通常の写真では小さいのでこの写真をトリミングしました。400mmズームISO1001/125秒f/6.3月「スーパームーンを撮ってみた」

  • 神田川のウコン桜・など

    2020年4月4日前日の強風に変わってこの日は穏やかな晴れとなった。暖かく20度を超える気温となったようだ。この天気に誘われて神田川を歩いてみた。タイトル写真は神田川久我山付近の「ウコン桜」今が満開の時期のようで八重系の桜です。今回歩いた軌跡、神田川から途中久我山駅付近から玉川上水方面へ行き周回します。今年のソメイヨシノなどの桜の開花期間が例年と比較して長いように感じます。温かい日と寒い日がうまい具合に桜の開花を長引かせたようです。上の写真は昨日の写真、下の写真は3月24日の写真、この写真は近所の学校のしだれ桜です。前日の強風にも負けず幾分花が残っています。この写真も神田川で上の写真は昨日の写真、下の写真は3月24日の写真、昨日の写真で右側には未だ満開に近いソメイヨシノが咲いています。この桜は開花が多少遅かった...神田川のウコン桜・など

  • キッチンペーパでマスクを作る

    マスクの在庫が無くなって来たので何とかしなければ成らなくなった。市販品を手に入れる事は殆ど不可能なので、自分で作るしか無い!タイトル写真は何とか完成した所。鼻の部分のビニタイが効いている!材料は写真の様なキッチンペーパー240mm*240mm。不織布で出来ているので柔らかくミシン掛けする時は注意を要する。これならたやすく手に入れる事が出来るし価格も安い、その他にも不織布で出来たペーパーが市販されているし「ユザワヤ」等で不織布を売っています。厚さによって数枚重ねると何とかなる。ロールから一枚切り取り写真のようにカットする、両端の切れ端は耳輪にする。真ん中の部分は赤矢印の様に二枚重ねる、伸び縮みが激しいのであらかじめ合わせ目を縫い合わせる。真ん中の部分を二つ折りにしたら合わせ目を縫い合わせる、伸び縮みが激しいのでア...キッチンペーパでマスクを作る

  • 塩原渓谷散歩と大谷石の里

    2020年3月21日この日は旅の最終日、ゆっくり目に宿を出てとりあえず近場の「塩原渓谷」付近を歩く事にします。しかし連休なので渓谷やハイキングの入り口駐車場が一杯で車を止められない、何とか見付けたのが「塩原渓谷遊歩道」2歳の子連れなので長い時間は歩けませんがそれでも楽しそうに歩きました。タイトル写真は「塩原渓谷遊歩道」から「布滝」を見下ろす展望台へ続く斜面「塩原渓谷歩道」入り口に有る案内板。赤い丸で囲みましたが「箒川ダム」へ向けて下り箒川を渡ります。歩く距離と時間はは大した事無く、2歳半になったばかりの孫も一人で往復歩き通しました。普通にハイキングに来たら一日かけて歩くとおもしろいコースと思えます。本日宿の朝食、相変わらず自分には量が多く何とか食べきりました。純和食でなかなかおいしい!宿を出た後、温泉街に近い見...塩原渓谷散歩と大谷石の里

  • 神田川から井の頭恩賜公園の「桜」を愛でる

    2020年3月24日好天に誘われて井の頭公園まで神田川を遡って歩いてみました。COVID-19の影響かウイークデーの為か井の頭公園ではシートを敷いて宴会という風景は例年に比べて少ない。気温も程ほどに暖かく絶好の花見日和。タイトル写真は井の頭線「三鷹台駅」付近の神田川沿いの「ハナモモ」井の頭線「富士見ヶ丘付近」から歩く。その手前の道にある「しだれ桜」神田川に掛かるソメイヨシノ、この場所は先日偶然「カワセミ」の撮影に成功した所です。「神田川のカワセミ」足下にはハナニラが咲き誇っていました。桜には青空がよく似合う!神田川の川面の一寸した島にはミシシッピーアカミミガメがひなたぼっこ!時たま蛇なども泳いでいる姿を見かける。久我山駅付近の「大島桜」この写真は「ウコン桜」・未だ蕾の状態で、開花するにはあと数日暖かい日が続かな...神田川から井の頭恩賜公園の「桜」を愛でる

  • 子供達と動物園見学をする「那須どうぶつ王国」

    3月20日日光東照宮見学の翌日は「那須どうぶつ王国」に行きます。この日天候は余り良くなく「那須どうぶつ王国」の有る高原地帯は雪模様で時折吹雪のような状況で寒い日に成りました。標高の低い所は日差しも出るような不安定な天候です。そのため屋外の「王国ファーム」は閉園になり、比較的屋内で飼育されているエリアの「王国タウン」の見学が出来ました。タイトル写真は「ミーアキャット」飼育室の温度が低いらしく赤外線電球の下に2頭仲良く暖まっていました。朝ゆっくり目の朝食、朝はバイキング形式の食事が良いのですが新型コロナウイルスの影響か個別配膳となりやはり量が多すぎる感じでした。(でもしっかり食べました)子供達(孫)の為にこの日は「那須どうぶつ王国」の見学をします。駐車場からゲートに向かう間雪が猛烈に降って来たり非常に寒い。下の写真...子供達と動物園見学をする「那須どうぶつ王国」

  • 数十年ぶりの「日光東照宮」巡り

    3月19日那須塩原温泉へ出かけました。家族旅行なのですが息子家族と現地「那須塩原温泉」ホテルに集合と言う事で、我が家はその道中「日光東照宮」巡りをする事にしました。タイトル写真は「陽明門」から左右につながる「回廊」この写真は「日光東照宮」のホームページから拝借したもので赤い線で主に移動した軌跡を書き入れました。さすがに静岡県の「久能山東照宮」と違い規模が大きい。大駐車場に車を止め「表参道」の途中に出ます。駐車料金一回600円、場所により500円の所も、連休前という事でそれ程混雑は有りませんでした。COVID-19(新型コロナウイルス)の影響か観光バスも殆ど無く、外国人も少ない殆ど日本人・・・・・ま~これが自分が知っている観光風景ですが!大駐車場から宝物殿の前を通り過ぎ「参道」の途中に出て左手を撮りました。長い参...数十年ぶりの「日光東照宮」巡り

  • 神田川のカワセミ

    2020年3月9日自宅から神田川を遡り井の頭恩賜公園から玉川上水へ出て周回する。重りを入れた10kgのザックを背負って久々にフルコース(自分なりの)散歩でした。タイトル写真は神田川で餌を狙っている「コサギ」今回は400mmズームを持って行かなかったのでこの写真はトリミングで拡大しました。この写真もトリミングで拡大しました。この辺の神田川に「カワセミ」が生息する事は解っていましたが、今日は本当にラッキーで、慌ててカメラを構えたのでまともに写っているのは2枚ほどでした。どうやら巣がある所が何カ所か有るようです。おなかの大きくなった鯉、こうした鯉が沢山泳いでいました。「ヒュウガミズキ」と思います。ツバキボケ夏ミカンヤブツバキマガモ大島桜の蕾毎年この桜は早めに咲きますが、かなり蕾も膨らんできています。スイセンあれこれセ...神田川のカワセミ

  • 庭の花(自宅にて)

    我が家の庭にも春が来た感じになって来た。天気が良い割に何処へも出かけず引きこもっているので小さな我が家の庭の花を撮ってみた。タイトル写真は白いツバキの花。この花は挿し木で育ったもので20年位に成るだろうか。日当たりの良い所に植えてある「ぼけ」未だ蕾が多いのですが、ヒヨドリが蕾をついばんで地面に沢山落ちています。この写真を撮ろうとしたら、「メジロ」が2羽慌てて飛んで行きましたが、こちらも気がつかずに不用意に近づいてしまった。これは「うめ」豊後梅で毎年梅干しを作りますが、今年は選定で枝をだいぶ切り落としたので花が幾分少ない、すでにこの写真の花も終わりに近く残り花です。タイトル写真に使用した「ツバキ」花を沢山付ける、実も沢山付けるので集めて椿油が取れそうな感じです。これは「ノビル」毎年元気に生えてくるが根の部分は小さ...庭の花(自宅にて)

  • 秩父市両神山系に「節分草と福寿草」を見に行く

    少し前、当BlogのフォロワーさんのBlog記事を拝見して、これは行かねば!と思い早速行く機会を得て行ってきました。場所は「埼玉県秩父郡小鹿野町両神地域」。ここに「節分草自生地」と「福寿草園」があり両方回ってきました。タイトル写真は「四阿屋山」の中腹から見える「武甲山」横から見ると立派な姿だ!両方の場所が接近していますが、ハイキングで歩くと程よい感じで歩けそうですが、今回の目的はハイキングでは無く「節分草と福寿草」の花の写真を撮る事が目的なので、山歩きは次回にします。四阿屋山山頂へ続く赤線ルートは通常の登山ルート、その下に短く周回しているのが今回歩いたルート途中からマップを起動させました。斜め下の「節分草自生地」の赤線ルートも車で移動して駐車場から歩いたルートです。関越自動車道花園ICを降りて国道140号線・国...秩父市両神山系に「節分草と福寿草」を見に行く

  • 千葉県「高塚山」ハイキングの続き その2

    「高塚山」から下山して道の駅ちくら潮風王国で昼食を採った後「野島崎灯台」まで足を伸ばします。距離的に近く帰路の途中にも成ります。タイトル写真は野島崎を一周し先端部の海岸線を撮りました。これは現地の観光案内板です。大雑把ですが位置関係が解ります駐車場から見える入り江と野島崎灯台入り江を回り込むと「厳島神社」の参道に出ます。この道は通らず右手方向へ島を一周するように回り込みます。南房総国定公園の碑野島崎灯台を中心に海岸線を回り込みます。伝説の岩屋。内部はタコのモニュメントが鎮座していました!最南端!朝日と夕日が見える岬・・・・・この日は曇りがちなのでサンセットは無理そう!一周して野島崎灯台の下を通り「厳島神社」の境内に出て駐車場へ戻り観光の歩きは終了。この後一路川崎へ向けて国道410号線・国道127号線を経て館山道...千葉県「高塚山」ハイキングの続きその2

  • 千葉県「高塚山」ハイキング

    2020年2月15日今回は千葉県房総半島の先端に近い「高塚山」へ登ります。何時ものコミュイベントに参加しました。数日前の天気予報では午前中は雨の予報でしたが、この日意外と天気は良く現地は割と濃いめの霧が立ちこめる感じでした。川崎駅で待ち合わせ、メンバーのR女史に車の提供をして頂き4人で出発、私の運転でアクアラインを使用し、千葉県千倉方面へ向かいます。タイトル写真は「高塚山」(標高216m)の山頂から東方面の海岸線を撮ったものです。青い線がGPSの軌跡です。赤い矢印線は歩いた方向。道の駅ちくら潮風王国駐車場へ車を止めて海岸沿いの道を南西方向へ歩きます。東方向からもゆけますが、こちらは帰路に使用しました。ソフトは「カシミール3Dスーパー地形」(地図国土地理院)写真は道の駅ちくら潮風王国の駐車場から撮ったもの、川崎駅...千葉県「高塚山」ハイキング

  • 日野市「百草園」ウメ祭り

    2月11日この日は祝祭日(建国記念の日)天気もよく行楽地はかなり人が出そう。ここ「百草園」も人出がかなりありましたが、ごった返すような事も無く落ち着いた雰囲気でした。タイトル写真は園内かやぶき屋根の「松連庵」越しに見える梅の木など京王線「百草園」駅から歩き「百草園」を見物した後帰り道は「百草園」から続く尾根道を歩きました、尾根道と言ってもすでに開発は進んで住宅がたくさん建てられています。それでも未開発の場所は山道の雰囲気がありちょっとしたハイキング気分が味わえます。多摩丘陵の一角、江戸近郊の名所として「江戸名所図会」などにも紹介され、徳冨蘆花、太田南畝、田山花袋、北村透谷、若山牧水らが訪れている・・・・・・等々(パンフより)「百草園」駅から少し歩くと急坂を登るようになります。登り詰めた所に「百草園」の入り口があ...日野市「百草園」ウメ祭り

カテゴリー一覧
商用