chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
MIジャーナル https://blog.canpan.info/nougeiraku/

岩国を中心(広島〜周防大島)に、趣味のはたけや文化情報(読書メモ、地域活動や広島の映画情報)など。

村夏至
フォロー
住所
岩国市
出身
岩国市
ブログ村参加

2014/01/29

arrow_drop_down
  • 西ののんびり市10にマステカードづくりWSで参加してきた230205

    錦帯橋近くの臥竜橋通りに面した元古美術商を改修して、シェアオフィス的に活用しているライブデポで、のんびり交流するイベント「西ののんびり市」。 今回も、マスキングテープを使ったカードづくりワークショップと、少しの野菜(薩摩芋とつくね芋)で参加しました。

  • 広島市現代美術館リニューアルオープン「Before/After」230318~

    経年劣化などにより、2020年12月から2年3か月の長期改修工事休館をしていた広島市現代美術館が2023年3月18日からリニューアルオープン。

  • 10『名付けようのない踊り』2023BDにて

    『名付けようのない踊り』 (脚本・監督:犬童一心、出演:田中泯、石原淋、中村達也、大友良英、ライコー・フェリックス、松岡正剛、114分、2021年、日本ドキュメンタリー映画)

  • 1180_寒波で大根(ダイコン)がロゼッタ化

    私の住んでいる温暖な地域にしては、厳しい寒波がやってきて、大根がロゼッタ化してしまいました。

  • 9『イニシェリン島の精霊』2023サロンシネマにて8

    『イニシェリン島の精霊』 (監督:マーティン・マクドナー、出演:コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガン、114分、2022年、イギリス映画)

  • 『人体最強の臓器 皮膚のふしぎ 最新科学でわかった万能性』

    『人体最強の臓器 皮膚のふしぎ 最新科学でわかった万能性』 (椛島健治著、2022年、ブルーバックス)

  • 8『シスター 夏のわかれ道』2023八丁座にて7

    『シスター 夏のわかれ道』 (監督:イン・ルオシン、出演:チャン・ツィフォン、シャオ・ヤン、ジュー・ユエンユエン、ドアン・ボーウェン、ダレン・キム、ワン・シェンディー、127分、2021年、中国映画)

  • 西ののんびり市10にマステカードづくりWSで参加します230205

    2023年2月5日(日)10時〜16時 ライブデポ(岩国市岩国2−4−3)2階ほかにて

  • 7『そばかす』2023サロンシネマにて6

    『そばかす』 (監督:玉田真也、出演:三浦透子、前田敦子、伊藤万理華、伊島空、前原滉、浅野千鶴、北村匠海、田島令子、坂井真紀、三宅弘城、104分、2022年、日本映画)

  • 1179_スティックセニョールの脇芽の出方の差

    今年はブロッコリーとスティックセニョール(枝の伸びるスティックセニョール)を育てていて、メインの花芽を早めに採る場合と採らない場合でどの程度差がでるのかというのを比較してみています。 ブロッコリーは、今のところあまり差がでていないのですが、スティックセニョールのほうは、枝が伸びるのでわかりやすいのか、若干メインの花芽を早めに採ったほうが脇芽の成長が早いようです。 …

  • 6『人生クライマー 山野井康史と垂直の世界 完全版』2023八丁座にて5

    『人生クライマー 山野井康史と垂直の世界 完全版』 (監督:武石浩明、語り:岡田准一、109分、2022年、日本ドキュメンタリー映画)

  • Perfume LIVE 2021[polygon wave](初回限定版)(2枚組)[BD]を誕プレでもらった

    2021年に行われた「Perfume LIVE 2021[polygon wave]」の映像化作品。 私も…

  • 1178_ブロッコリーなどの収穫(ほぼろを使ってみた)

    大きくなったブロッコリーがあったので、スティックセニョールとともに収穫しました。ついでに苣(チシャ)の葉もあわせて(ブロッコリーは、紫色がかっているのですが、写真だときれいに撮れない)。

  • 月の満ち欠けと地球との距離が同時にわかるカレンダー

    月を観るのは昔から好きで、特に通勤時間とかに月が見えると気になるのでついつい観入ってしまいます。 たまたま月と地球の…

  • 1177_遅植えのブロッコリーや大根などの成育状況230121

    10月初中旬くらいにはたけに定植するブロッコリーを、12月に入って1週間ずらして植えたり、10月20日前後にはたけに直接タネ蒔きする大根(ダイコン)や小松菜(コマツナ)や蕪(カブ)を11月下旬にタネ蒔きしてみました。 改めて考えてみるとすべて菜の花系。 寒さに強いとは言っても、さすがに初期段階から寒いと成長がとても遅い。 ブロッコリーやスティックセニョールは、まだまだ…

  • 今季2回目の焚き火遊び230121

    冬季に知り合いの山を借りて、月一回ペースで開催している焚き火遊び。

  • 1176_玉葱(タマネギ)の一回目の草取り230121

    昨年の11月初めから中旬にかけて順次苗を植えていった玉葱ばたけ。 ほかのことにかまけていて、2か月以上経過した段階でようやく1回目の草取りを行いました。 全景はこんな感じで、

  • つくね芋と手羽元の煮付け

    近所の人に分けてもらったつくね芋を、種芋を越冬させては長年作り続けています(ここ数年は知り合いが錦町で育てている紫つくね芋も育てています)。

  • ふちがみとふなと LIVE at himaar 230211

    2023年2月11日(土)18時半〜(18時開場) 料金:3000円+1ドリンクオーダー(予約制・全席指定) ヒマールにて

  • 5『犬王』2023八丁座にて4

    『犬王』 (監督:湯浅政治明、声の出演:アヴちゃん、森山未來、柄本佑、津田健次郎、松重豊、97分、2022年、日本アニメーション映画) 2023…

  • 今年も味噌を仕込んだ230115

    味噌の仕込みも今年で3年目。 今年は、グリーンコープで買った大豆1キロ、米こうじは、同じくグリーンコープで買ったものを含めて、何か所かのスーパーで買った4種類のもの2キロ。そして、塩は花藻塩をメインに550グラムにしました。

  • 市民活動カフェ2023_230129

    2023年1月29日(日)10時〜15時 フジクラン岩国6階にて

  • 4『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』2023サロンシネマにて3

    『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』 (監督:ウィル・シャープ、出演:ベネディクト・カンバーバッチ、クレア・フォイ、アンドレア・ライズボロー、トビー・ジョーンズ、111分、2021年、イギリス映画)

  • 「ほぼろ」編み体験をしてみた230109

    連休最終日、田布施で「ほぼろ」(稲わらを使ったカゴ)づくりのワークショップがあるというので知り合いと参加してきました。

  • 『ちゃぶ台10』

    ちょっと変わった楽しい出版社「ミシマ社」が出版している生活者のための総合雑誌。雑誌とはいっても2015年創刊から2022年で10冊目なので、雑誌の範疇には入らないみたいだけど、岩国でも編集会議があったので参加してみたりして、とにかく型破りな本であることは確か。

  • 『星の王子さま サン=テグジュペリからの手紙』230208

    2023年2月8日(水)19時〜 アステールプラザ 大ホールにて 全席指定 一般7800円(中学生以下5800円)

  • 3『やがて海へと届く』レンタルにて

    『やがて海へと届く』 (監督:中川龍太郎、出演:岸井ゆきの、浜辺美波、杉野遥遼、中崎敏、鶴田真由、中嶋朋子、新谷ゆづみ、光石研、126分、2022年、日本映画)

  • 1175_ブロッコリーのメインの花芽を採るタイミング230109

    品種にもよるらしいのですが、ブロッコリーはメインの花芽を収穫した後に、脇芽がどんどん出てくるので、それを収穫して楽しみます。 スーパーなどで売られているのは、ある程度メインの花芽が大きくなり切った段階で収穫したもので、聞いた話では、あまり大きくならない段階でメインの花芽を採ったほうが脇芽がたくさん出ると言われていて、早めに採ったり採らなかったりしていたのですが、…

  • 西ののんびり市9でマステカードづくりWSを行ってきた230108

    錦帯橋近くの臥竜橋通りに面した元古美術商をシェアオフィス的に活用しているライブデポで、毎回少しずつ違った参加者で月一回ペースで開催されている交流イベント。 今回もマスキングテープによるカードづくりワークショップで参加させてもらいました。 今回できあがったカードはこんな感じです。

  • 『オスとは何で、メスとは何か? 「性スペクトラム」という最前線』

    『オスとは何で、メスとは何か? 「性スペクトラム」という最前線』 (諸橋憲一郎著、2022年、NHK出版新書)

  • 2『かがみの孤城』2023_109シネマズ広島2

    『かがみの孤城』 (監督:原恵一、声の出演:當真あみ、北村匠海、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、高山みなみ、梶裕貴、矢島晶子、美山加恋、池端杏慈、吉村文香、藤森慎吾、滝沢カレン、麻生久美子、芦田愛菜、宮崎あおい116分、2022年、日本アニメーション映画)

  • 1174_青いミニトマトの追熟経過観察

    今年は、寒波の到来が早く、まだたくさん成っていたミニトマトをそのままほおっておくと熟さないままにダメになってしまうので、いくらか青いまま収穫して、部屋に置いて観察することにしました。 2022年12月17日に収穫。一部赤くなりかけていますがほとんど青いまま。

  • 「異次元の少子化対策」って?

    ツイッターは2010年から登録しているものの、すぐに自分はつぶやくことがないんだと思ってしまって、もっぱら読む専になっています。 今は、何となく私に近い考え方の人のつぶやきやトピックを眺めるという感じなのですが、その時々のトピックに関する大喜利的なヒット作が時々あるのが楽しみです。 最近秀逸だと思ったのは、 「「異次元の少子化対策」というのはつまり2次元の子を子…

  • 1『November ノベンバー』2023横川シネマにて1

    『November ノベンバー』 (監督・脚本:ライナル・サルネット、出演:レア・レスト、ヨルゲン・リーク、イエッテ・ローナ・エルマニス、アルヴォ・ククマギ、ディーター・ラーザー、115分、2017年、ポーランド・オランダ・エストニア映画)

  • 西ののんびり市9でマステカードづくりWSします230108

    2023年1月8日(日)10時〜16時 ライブデポ(岩国市岩国2−4−3)にて 錦帯橋近くの臥竜橋通りに面した元古美術商を改修してシェアオフィス的に活用しているライブデポで、コロナ禍の休止から再開した交流イベント「西ののんびり市」。 マヤ暦占星術、わらしべknit、DOUZO BOX、など、その時によって若干変わるメンバーとのんびり過ごす、名前の通りのくつろぎの空間がそこにあります。 …

  • 1173_スティックセニョールの花芽230102

    久々に育てているスティックセニョール。 簡単に言うと、枝が長く伸びるブロッコリーなわけですが、メインの花芽はどんな感じになるのか覚えていませんでした。

  • 82『百姓の百の声』2022横川シネマにて54

    『百姓の百の声』 (監督:柴田昌平、出演:全国の農家、130分、2022年、日本ドキュメンタリー映画)

  • 『生成と消滅の精神史 終わらない心を生きる』

    『生成と消滅の精神史 終わらない心を生きる』 (下西風澄著、2022年、文藝春秋)

  • 恒例企画、極私的2022年に観た映画ベスト10+20

    2022年は、合計82作品、うち劇場や自主上映などで観たのは54作品でした。今年もそんなにハズレがなかった中で、私なりに良かった作品を選んでみました。ベスト10はなんとなく良い順で、+20は観た順です。 なお、タイトルの左側が通算番号、右側が劇場などで観た通算番号です。

  • 81『やまぶき』2022横川シネマにて53

    『やまぶき』 (監督・脚本:山�ア樹一郎、出演:カン・ユンス、祷キララ、川瀬陽太、和田光沙、三浦誠己、青木崇高、黒住尚生、桜まゆみ、謝村梨帆、西山真来、千田知美、大倉英莉、松浦祐也、グエン・クアン・フイ、柳原良平、斎藤徳一、中島朋人、中垣直久、ほたる、佐野和宏、97分、2022分、日本・フランス映画)

  • 1172_大納言小豆(だいなごんアズキ)栽培の結果

    自分でつくった小豆で餡を作るという野望の元、はじめて育ててみた大納言小豆。 順調に育っていたかに思えて、収穫時期になってみると、虫に食われたり、育ちが悪かったり、意外と難しいことがわかりました。

  • オペラシアターこんにゃく座『さよなら、ドン・キホーテ!』を観てきた221225

    アステールプラザで開催されたオペラシアターこんにゃく座の公演『さよなら、ドン・キホーテ!』 1940年代のフランスの片田舎を舞台に、「ドン・キホーテ」に憧れる性自認に悩む厩舎の娘を主人公、主人公をやさしく見守る妻に逃げられた父親、足のケガのため徴兵を免れていることを負い目に思っている馬丁、性被害を受けたことを理由に田舎に転勤になった教師、収容所に連行される途中で逃れ…

  • 80『夜明けの詩』2022サロンシネマにて52

    『夜明けの詩』 (監督:キム・ジョングァン、出演:ヨン・ウジン、イ・ジウン(IU)、キム・サンホ、イ・ジュヨン、ユン・ヘリ、82分、2021年、韓国映画)

  • 1171_冬に入ってきたはたけ

    寒さに強い、大根(ダイコン)、小松菜(コマツナ)、蕪(カブ)、ブロッコリー、スティックセニョールなど菜の花系は元気に育っていますが、寒波がやってきていミニトマトやピーマンなど細々と収穫できていた夏野菜たちに一気に終わりがやってきてしまいました。 ピーマンはこんな感じ。

  • オーケストラ・アンサンブル金沢230109

    2023年1月9日(月・祝) 16時開演(15時15分開場) シンフォニア岩国にて チケット全席指定:S席6000円(親子ペア7000円)、A席5000円、学生(25歳以下)1000円 予定曲目;ルーマニア協奏曲(リゲティ)、ロココ風の主題による変奏曲(チャイコフスキー)、交響曲第8番ヘ長調(ベートーヴェン)

  • 1170_失敗したブロッコリーとスティックセニョールの配置

    今年、久々にスティックセニョールを久々に育てていて、ブロッコリーと同じ場所に植えているのですが、あくまでメインはブロッコリーなので、何も考えずに、南側の1列だけにしていたら、大きくなってみると、スティックセニョールのほうが背が高い(写真ではわかりにくいです)。 北西から見たところ。手前の一列がスティックセニョール。

  • 79『ソウル・オブ・ワイン』2022八丁座にて51

    『ソウル・オブ・ワイン』 (監督・脚本:マリー・アンジュ・ゴルバネフスキー、102分、2019年、フランス映画)

  • 即身成仏?した蟷螂(カマキリ)

    ときどきこういう状態を見かけますが、何とも不思議な気分になってしまいます。

  • 1169_徐々にらしくなってくる大根(ダイコン)や蕪(カブ)の間引き菜221217

    毎週末、小松菜(コマツナ)、大根、蕪の間引き菜を取っています。 小松菜はほぼ、完成形になっていて、大根や蕪も、徐々にそれらしくなってきています。

  • 78『地球交響曲(ガイアシンフォニー)-第九番-』2022広島県立美術館講堂にて50

    『地球交響曲(ガイアシンフォニー)−第九番−』 (監督:龍村仁、出演:小林研一郎、スティーヴン・ミザン、本庶佑、123分、2021年、日本映画)

  • 1168_さらに遅く植えたブロッコリー・スティックセニョールの苗221217

    はたけに植えきれずに残っていたブロッコリーを通常だと10月中旬くらいにはたけに植えるのですが、12月6日に遅ればせながら南瓜(カボチャ)を植えていたはたけに耕起をせずに軽く草取りだけして植えて成長を見ています。 その後、つくね芋を収穫したあとをはたけにしたので、さらに遅れて植えてみました。 今年の冬の到来は早く、霜もおりはじめ、寒さが本格化してきた段階で植えて、ど…

  • ワインバー アペラシオンでちょっとした忘年会221214

    料理とワインのコースに1000円プラスで、格上のワインが楽しめる企画をやっているというので、知り合いと忘年会を兼ねて行ってみました。 シャンパンに前菜。

  • 1167_寒さにやられたバジルは・・・221217

    毎年、ちょっとした空きスペースに植えたり、前の年のこぼれダネから発芽するのを別場所にうつしたり、その場で育てたりしているバジル。 今年も、スープに入れたりパスタに使ったりしましたが、意外と長持ちしているなと思っていたら、このところの寒さで一気に枯れてしまいました。

  • テレビドラマ「エルピス-希望、あるいは災い-」が興味深い221024~

    10月24日(月)から始まって終盤にかかっているドラマ「エルピス−希望、あるいは災い−」。 …

  • 1166_まさかのあのキャラクター似の遅植え紫つくね芋221211

    芽が出た紫つくねいもの小さな零余子(むかご)がたくさん余っていたので、いつものように5月に種芋を植えるたあと、3か月くらい遅れて8月くらいに植えてみました。 12月に入って、こんな状態。

  • 『惑う星』

    『惑う星』 (リチャード・パワーズ著、2022年(原著は2021年)、新潮社) まず、日本語タイトルのことを。 原題が『BEWILD…

  • 1165_最近の収穫(人参(ニンジン)の採れ始め)221210

    意外と収穫のある最近。12月10日の収穫です。 蕪(カブ)が徐々に膨らんできているし、小松…

  • 1164_タネ蒔き1年差のブロッコリーの成長比較途中経過221210

    去年の9月初めに育て始めたブロッコリーの苗がたまたま残っていたので、今年育て始めた苗と隣同士に植えて成長の差を見守っている2つの苗の途中経過報告。 まずは参考に、最初に10月12日に植えたときの状態。

  • 流さない言葉①『ピアノマンつぶやく』

    流さない言葉�@『ピアノマンつぶやく』 (リクオ著、2022年、ヒマール)

  • 1163_スナップ豌豆(エンドウ)や絹莢(キヌサヤ)豌豆、葱(ネギ)の現状221205

    11月初旬にタネ蒔きをしたスナップ豌豆と絹莢豌豆は、一部猫に掘られてしまって成長が悪い部分もありながら、ぼちぼち育ってきています。

  • 『作りたい女と食べたい女』NHK夜ドラ221129~1214(全10回)が面白い

    2020年から個人配信していた漫画が人気を博し、漫画本化して既刊3巻となっている作品のNHKの夜ドラでのテレビドラマ化。

  • 1162_少し遅く植えたブロッコリーなどの苗や大根(ダイコン)などのタネ

    例年、ブロッコリーや芽キャベツなどは8月末から9月最初に育苗ポットにタネを蒔き、10月中旬くらいにはたけに定植。 大根(ダイコン)、小松菜(コマツナ)、蕪(カブ)などは、10月20日前後にはたけにタネを直蒔きします。 はたけに空きができたので、上に書いた通例の1か月から1か月半遅れで、タネ蒔きや残った苗の定植を行いました。 ブロッコリーとスティックセニョールはまだ…

  • 今期最初の焚き火遊び221204

    毎年冬季の恒例行事、地元の子どもたちや知り合いに呼びかけての焚き火遊び。 昨年は初日に、遊び場の桜の木の幹に空いている穴に雀蜂(スズメバチ)の巣があり、寒くなって動きが鈍くなっているとは言え、刺激しないように周りに竹の杭を打って子どもたちが近寄らないようにしたりと心配だったので、前日に下見に行ったところ、大丈夫でした。 今回は初日だったので、メインイベントは焼…

  • 1161_里芋(サトイモ)の収穫(初霜の日に)221203

    いつもは11月中下旬から収穫をはじめる里芋。 今年は、12月に入っての少し遅めの収穫になってしまいました。 温暖な瀬戸内海沿岸にも早めの初霜が降りました。苣(チシャ)の葉っぱにうっすらと。

  • 『地球交響曲(ガイアシンフォニー)—第九番—』221217

    2022年12月17日(土)13時〜15時03分 広島県立美術館講堂にて 入場料:大人1500円(当日2000円)、小人(18歳未満)800円(当日1000円)

  • 1160_里山ひよじ村での作業_水路の泥上げ221203

    里山ひよじ村では、11月20日に開催した大地の再生講座を終えて、水路の風通しを良くする整備などをぼちぼち行っていて、私自身は、用事が重なったりでようやく少しだけ参加。

  • 『なぜ私は私であるのか 神経科学が解き明かした意識の謎』

    『なぜ私は私であるのか 神経科学が解き明かした意識の謎』 (アニル・セス著、2022年(原著は2021年)、青土社)

  • まいにちノッティングin himaar(「ウールの椅子敷き」展示販売会)221206~

    ■四角 2022年12月6日(火)〜 ●丸 12月13日(火)〜25日(日)ともに12時〜18時(月曜休み) himaarにて

  • 「デイキャンプで移住者と交流しよう」に参加してきた221126

    岩国市美和町の旧長谷小学校に作られた長谷交流館周辺(グラウンド)で開催された「デイキャンプで移住者と交流しよう」。 キャンプやレクリエーションの達人が指導のもと、参加者みんなで、タープ設営やピザ焼き、塩麹に付け込んだ鳥手羽元とざく切り野菜たっぷりのダッチオーブン料理、お土産に牛乳パックを使った岩国寿司、北欧生まれの木を倒すゲーム「モルック」(ゲームを久々にしたの…

  • 1159_大根(ダイコン)の間引き菜

    例年10月20日前後にタネ蒔きをする小松菜(コマツナ)と大根と蕪(カブ)。 菜っ葉系は、温かい時期は虫に食べられてしまうので、真冬でも育つこの三種(と、ブロッコリー)は私がこの時期に育てる野菜です。 それでも、苗の時期は暖かいので、特に大根は、名前の真っ黒な青虫?背黒蕪葉蜂(セグロカブラハバチ)の幼虫に食べられてしまうことが多いのですが、今年は何の加減か全然食べら…

  • 100回目を迎えた森田真生さんの生命ラジオ221124

    京都在住の若き独立研究者 森田真生さんの話を、関東から周防大島に移住した中村明珍さんが聴き役として進行し、インターネット配信するちょっと怪しい名称の「生命ラジオ」。 コロナ禍の2020年の11月からはじまって、月4回のお話しと、月1回フリーアワーと称してズームを使ってそれぞれが生命ラジオで感じたことや思っていることを話し合っていて、私も参加させてもらっているのですが、こ…

  • 77『食草園が誘う昆虫と植物のかけひきの妙』2022横川シネマにて49

    『食草園が誘う昆虫と植物のかけひきの妙』 (監督・撮影・編集:村田英克、出演:永田和宏、奥本大三郎、中村桂子、大倉源次郎、JT生命誌研究館館員、ナミアゲハ、アマミナナフシ、イヌビワほか、73分、2022年、日本ドキュメンタリー映画)

  • 「さよなら、ドン・キホーテ!」221225

    2022年12月25日(日)13時開演 JMSアステールプラザ中ホール チケット:大人4000円、学生・こども3000円

  • 1158_里山ひよじ村での大地の再生講座221120

    大地の再生とは、一言でいうと、 「土の中にある“水や空気の通り道”が人工的な要因などで塞がれている。呼吸できなくなった土が原因で、植物の根が傷み、保水機能が損なわれ、“地力”が失われていく。 それを再び人々の手入れで分断された水脈・地脈をつなぎ直し、その土地の事前と人間の共存の関係を目指す環境再生施工。」 なのだそうです。 このブログでも紹介したドキュメンタリー…

  • 永寿園で夜のカレー会221119

    中国自動車道熊毛インターからほど近い自然豊かな場所(芝生広場的な場所も)にある霊園 永寿園で、10月にはじめて子ども食堂「山の中のカレー食堂」が開催され、私も縁あってマスキングテープカードづくりワークショップで参加させてもらって楽しませてもらいました。 その後、その時のスタッフを中心に、永寿園で夜にスウェーデン・トーチや焚き火をしながらカレーを食べる会のような催しを…

  • 1157_葱(ネギ)の植え替え221116

    春に一旦引き上げて干した後、夏の間、いろんな作物の端のほうに密かに育てていた葱。 これからシーズンを迎えるので、あらかじめ作っておいたはたけやこれから冬に育つ野菜の端に植え替えました。

  • 76『ピッグ』2022八丁座にて48

    『ピッグ』 (監督・脚本:マイケル・サルノスキ、出演:ニコラス・ケイジ、アレックス・ウルフ、アダム・アーキン、カサンドラ・バイオレット、91分、2020年、アメリカ映画)

  • 宏二郎 展「観ずる円」221123~1204はじまりました

    2022年11月23日(水・祝)〜12月4日(日)10時〜17時(28・29日休館) 幸明館(岩国市黒磯町2-71-29)にて (24・26日は特別企画の茶会があるため、入館できない時間がありますので事前に問い合わせてください)

  • 1156_玉葱(タマネギ)苗植え終了221116

    緑内障の病院通いで休んだ合間にはたけ仕事をいろいろとやるなかで、残っていた玉葱の苗植えも済ませました。

  • 長門湯本温泉観光まちづくりマークと長崎の教会のイラストを使ったマステをもらった

    最近のもらいマステ。違う人からもらったのですが、ほぼ同じ時期だったので一緒に紹介。 一つは、地元山口県の長門湯本温泉(最近、星のリゾートが進出したりして話題)の観光まちづくりマークをつかったマステ。

  • 1155_紫つくね芋の収穫221116

    普通のつくね芋と同時に、紫つくね芋も掘り始めました。 …

  • 『凍』

    『凍』(沢木耕太郎著、2008年(2005年発行したものを文庫化)、新潮文庫) 思わず引き込まれるノンフィクション作品。 2022年11月25日からドキュメンタリ…

  • 1154_つくね芋の収穫221116

    今年もつくね芋の収穫の時期です。 まだ元気なのですが、よく見ると葉…

  • 75『土を喰らう十二ヵ月』2022八丁座にて47

    『土を喰らう十二ヵ月』 (監督・脚本:中江裕司、出演:沢田研二、松たか子、西田尚美、尾美としのり、瀧川鯉八、檀ふみ、火野正平、奈良岡朋子、111分、2022年、日本映画)

  • 1153_落花生の収穫221112

    今年も落花生(ピーナツ)を育てていて、3株のうち2株は知り合いに掘ってもらって持って帰ってもらい、1株だけ残しておいたのを思い出して収穫しました。

  • 『汝、星のごとく』

    『汝、星のごとく』 (凪良ゆう著、2022年、講談社) 何度も書いて…

  • 1152_玉葱(タマネギ)の苗植え2回目にして終了間近

    今年の秋は日照り続きで、これまで乾燥に強い玉葱の水やりなどやったことないのに、水撒きをしながらの苗植えになっていますが、知り合いが手伝ってくれたりと、意外なほど早い進行。

  • 74『パラレル・マザーズ』2022サロンシネマにて46

    『パラレル・マザーズ』 (監督・脚本:ペドロ・アルモドバル、出演:ペネロペ・クルス、ミレナ・スミット、イスラエル・エレハルデ、アイタナ・サンチェス=ギヨン、ロッシ・デ・パルマ、フリエタ・セラーノ、123分、2021年、スペイン・フランス映画)

  • 宏二郎 展「観ずる円」221123~1204

    2022年11月23日(木・祝)〜12月4日(日) 10時〜17時(28・29日は休館) ※24・26日は特別企画のため予約制 幸明館(岩国市黒磯町2−71−29)にて 特別企画「観ずるお茶」 11月24日(木)・26日(土)各日10時〜、13時〜、15時〜 各席最大6人 御席料 6000円 申し込み、件名に「宏二郎展 茶会」と明記して、 �@氏名 �A希望日時(第3希望まで) �B電話番号 �C人数 を、メール…

  • 1151_スナップ豌豆と絹莢(きぬさや)豌豆のタネ蒔き221103

    11月に入ったので、例年通りスナップ豌豆と絹莢豌豆のタネ蒔きを行いました。 事前に作っておいたはたけに浅く穴を掘り、このところ雨が降らないので、いつもより多めに何度も水をしみ込ませ、タネを埋め、土をかぶせて、目印に燻炭を乗せ、さらに軽く水撒きをしておきました。

  • 「西ののんびり市7」にマステカードづくりWSで参加してきた221106

    錦帯橋近くの臥竜橋通りに面した元古美術商のお店を改修して、シェアオフィス的に活用しているライブデポで、月一で開催している名前の通りののんびりした行事。織りなどのWSや陶器や焼き菓子の販売など、そのときによって若干変わる出店があります。 日程があえば、私もマスキングテープを使ったカードづくりワークショップで参加させてもらっています。今回は午前中に行事があったので昼前…

  • 1150_偏在する大根や小松菜の苗を分散させてみた

    例年どおり10月下旬にタネ蒔きした、大根と小松菜と蕪(カブ)、順調に芽が出てきたのですが、タネをバラ蒔いたため、若干偏りが。 徐々に間引いていくにしても、生えていないところはさみしいので、密集している苗を植え直してみることに。 菜の花系は苗は、小さい段階だったら植え替えに強いと思うので、密集しているところを移植ゴテですくって、1本ずつ生えていないところに植えて、…

  • 73『ヒューマン・ボイス』2022サロンシネマにて45

    『ヒューマン・ボイス』 (監督・脚本:ペドロ・アルモドバル、出演:ティルダ・スウィントン、アグスティン・アルモドバル、ダッシュ(犬)、30分、2020年、スペイン映画)

  • あたたかな暮らし展2022_221111~27

    2022年11月11日(金)〜27日(日) 12時〜17時(月・火定休) ライブデポ(岩国市岩国2-4-3)1Fにて

  • 『原子論の歴史―誕生・勝利・追放(上)』『原子論の歴史―復活・確立(下)』

    『原子論の歴史—誕生・勝利・追放(上)』『原子論の歴史—復活・確立(下)』 (板倉聖宣著、2004年、仮説社)

  • 1149_みやた農園の野菜たち

    縁あって、周防大島で休耕田を開墾して、有機無農薬不耕起のはたけをして全国に農作物を直販しているみやた農園の玉蜀黍(トウモロコシ)と大豆と南瓜(カボチャ)のタネをわけてもらって育てています。 成長の早い玉蜀黍は、虫に食べられながらも早々と食べ、南瓜は熟さないままに本体が枯れてしまったものもありながら、置いておくと熟成が進んで食べられるので何個も食べつつあり、まだで…

  • 「苔途(こけのみち)」舛岡紀久子 個展~221114

    2022年11月1日(火)〜14日(月) 11時〜17時(水曜定休) いろやギャラリー(岩国市横山2-4-17)にて 苔に魅せられて、苔玉やテラリウム作品を制作している舛岡さんによる個展。かわいい作品がたくさんです。

  • 72『さがす』2022レンタルにて

    『さがす』 (監督・脚本:片山慎三、出演:佐藤二朗、伊藤蒼、清水尋也、森田望智、石井正太朗、松岡依都美、成嶋瞳子、品川徹、2022年、日本映画)

  • 1148_玉葱(タマネギ)ばたけのマルチ敷き完了221030からの、苗植え

    10月23日に芋の収穫をして軽く畦づくりをしたあと、草木灰と骨粉入り油粕を軽く施肥して最終的に畦を整えておいたので、あとは雨が降ってくれてはたけに適度な湿り気がもたらされれば、マルチを敷いて苗を植えるだけだと思っていたら、今年は雨が降らない。 しかも、しばらく雨が降りそうにない。芋と玉葱を交互に植えているはたけは、もともと蓮田(十数年前まで)だったので、ある程度保水…

  • コキアの紅葉?

    もしゃもしゃしてかわいいコキア。 あわい緑色の状態で徐々に大きくなって、秋になると赤く染まってきれいです。

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、村夏至さんをフォローしませんか?

ハンドル名
村夏至さん
ブログタイトル
MIジャーナル
フォロー
MIジャーナル

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用