searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あきつさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

オリジナルBL小説です。お気楽ハピエン。R18です。敏腕プロデューサ社長の工藤×その部下良太、傲岸不遜男×強気、野球選手×美形、業界、バンド、学園BL、高校、大学生からリーマン、イケオジ多。BL、ML。

ブログタイトル
月夜の猫−BL小説です
ブログURL
https://www.tsukiyononeko.com/
ブログ紹介文
オリジナルBL小説です。お気楽ハピエン。R18。オヤジ×健気、俺様×強気、美形×ワンコ年下、学園、バンド、業界、海外etc。
利用SNS・
コンテンツ
Twitterアイコン

Twitter

https://twitter.com/sakitsu2018
Instagramアイコン

Instagram

https://www.instagram.com/sakitsu2018
更新頻度(1年)

1457回 / 237日(平均43.0回/週)

ブログ村参加:2013/11/02

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、あきつさんをフォローしませんか?

ハンドル名
あきつさん
ブログタイトル
月夜の猫−BL小説です
更新頻度
1457回 / 237日(平均43.0回/週)
フォロー
月夜の猫−BL小説です

あきつさんの新着記事

1件〜30件

  • そんなお前が好きだった16-18 アップしました。

    そんなお前が好きだった16-18 アップしました。高校時代一学年下の大らかな井原渉に懐かれていた和田響。井原は卒業式の後、音大に進んだ響に卒業したら、このポプラの樹の下で逢おうと勝手に約束させたが、響は結局行かなかった。言葉にしたことはないが思いは互いに同じだったのだと思う。だが未来のない道に井原を巻き込みたくはなかった。時を経て郷里に戻った響はピアノ教室の傍ら母校で非常勤講師となるが、4月、アメリカに留学していたはずの井原が物理教師として現れ、響は動揺する。

  • そんなお前が好きだった18

    back next top Novels 今どうしているのか、と時々井原のことを思い出す時、胸の奥に鈍 … "そんなお前が好きだった18" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった17

    back next top Novels 人前ではもう弾きたくもないと思っていたピアノだが、授業をやる … "そんなお前が好きだった17" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった16

    back next top Novels 店では猫グッズの販売もしていて、寛斗がてきぱきとキャリーケー … "そんなお前が好きだった16" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった13-15 アップしました。

    そんなお前が好きだった13-15 アップしました。高校時代一学年下の大らかな井原渉に懐かれていた和田響。井原は卒業式の後、音大に進んだ響に卒業したら、このポプラの樹の下で逢おうと勝手に約束させたが、響は結局行かなかった。言葉にしたことはないが思いは互いに同じだったのだと思う。だが未来のない道に井原を巻き込みたくはなかった。時を経て郷里に戻った響はピアノ教室の傍ら母校で非常勤講師となるが、4月、アメリカに留学していたはずの井原が物理教師として現れ、響は動揺する。

  • そんなお前が好きだった15

    back next top Novels いきなり寛斗が傍に来て言った。 「は?」 「ヒロってば、失礼 … "そんなお前が好きだった15" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった14

    back next top Novels 響は思わずコートで猫が駆けだそうとしたところを阻んだ。 猫 … "そんなお前が好きだった14" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった13

    back next top Novels お調子者的なところがあるが、陽気で人気者だ。 「んなこと言っ … "そんなお前が好きだった13" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった13

    back next top Novels お調子者的なところがあるが、陽気で人気者だ。 「んなこと言っ … "そんなお前が好きだった13" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった10-12 アップしました。

    そんなお前が好きだった10-12 アップしました。高校時代一学年下の大らかな井原渉に懐かれていた和田響。井原は卒業式の後、音大に進んだ響に卒業したら、このポプラの樹の下で逢おうと勝手に約束させたが、響は結局行かなかった。言葉にしたことはないが思いは互いに同じだったのだと思う。だが未来のない道に井原を巻き込みたくはなかった。時を経て郷里に戻った響はピアノ教室の傍ら母校で非常勤講師となるが、4月、アメリカに留学していたはずの井原が物理教師として現れ、響は動揺する。

  • そんなお前が好きだった12

    back next top Novels 戻れるものならあの頃に戻って、もう一度高校生をやりなおしたく … "そんなお前が好きだった12" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった11

    back next top Novels 美しくて華奢でどこか女優のような華があった品のいい母親は、響 … "そんなお前が好きだった11" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった10

    back next top Novels 年を取ったなというのが第一印象だったが、頑なで毅然とした冷た … "そんなお前が好きだった10" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった6-9 アップしました

    そんなお前が好きだった6-9 アップしました高校時代一学年下の大らかな井原渉に懐かれていた和田響。井原は卒業式の後、音大に進んだ響に卒業したら、このポプラの樹の下で逢おうと勝手に約束させたが、響は結局行かなかった。言葉にしたことはないが思いは互いに同じだったのだと思う。だが未来のない道に井原を巻き込みたくはなかった。時を経て郷里に戻った響はピアノ教室の傍ら母校で非常勤講師となるが、4月、アメリカに留学していたはずの井原が物理教師として現れ、響は動揺する。

  • そんなお前が好きだった9

    back next top Novels だが響は、昔ほどではないが人とのつき合いは苦手だ。 「じゃあ … "そんなお前が好きだった9" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった8

    back next top Novels 東は元気を見ながら眉をひょいと上げてみせる。 「お、きたな」 … "そんなお前が好きだった8" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった7

    back next top Novels 元気は微笑んだ。 「お前はきれいだからいんだよ」 「響さん可 … "そんなお前が好きだった7" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった4-6 アップしました

    そんなお前が好きだった4-6 アップしました高校時代一学年下の大らかな井原渉に懐かれていた和田響。井原は卒業式の後、音大に進んだ響に卒業したら、このポプラの樹の下で逢おうと勝手に約束させたが、響は結局行かなかった。言葉にしたことはないが思いは互いに同じだったのだと思う。だが未来のない道に井原を巻き込みたくはなかった。

  • そんなお前が好きだった6

    back next top Novels 「ウソつけ。ほんとはGENKIのメンバーだったんだろ? ロック … "そんなお前が好きだった6" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった5

    back next top Novels それももう昔の話だ。 卒業以来会うこともなければ、消息も知 … "そんなお前が好きだった5" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった4

    back next top Novels 卒業生を送る別れの歌にしても古きよき時代の名残とはいい難く、 … "そんなお前が好きだった4" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった1-3 アップしました

    そんなお前が好きだった1-3アップしました 時々高校生を書きたくなって、 でもすみません、高校生もどきです。 元気の店にやってくる響のお話です。高校時代一学年下の大らかな井原渉に懐かれていた和田響。井原は卒業式の後、音大に進んだ響に卒業したら、このポプラの樹の下で逢おうと勝手に約束させたが、響は結局行かなかった。言葉にしたことはないが思いは互いに同じだったのだと思う。だが未来のない道に井原を巻き込みたくはなかった。

  • そんなお前が好きだった3

    back next top Novels 「きらいなんだよ、手袋とか」 「わがままなんだから」 元気は … "そんなお前が好きだった3" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった2

    back next top Novels カウンターの中の青年は、響を見るとにっこりと笑いかけた。 「 … "そんなお前が好きだった2" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった1

    next top Novels ちらちらと白いものが空から落ちてきた。 濃いねずみ色の空は青い空より何 … "そんなお前が好きだった1" の続きを読む

  • そんなお前が好きだった

    ■そんなお前が好きだった(井原×響) 高校時代一学年下の大らかな井原渉に懐かれていた和田響。井原は卒業式の後、 … "そんなお前が好きだった" の続きを読む

  • 秋の陽13-15 ラストまでアップしました

    秋の陽13-15 ラストまでアップしました ショートのつもりがまた長めになってしまいました。 お付き合いいただき、ありがとうございました。 くれぐれもコロナにはお気をつけてお過ごしくださいませ。出自に曰くありな青山プロダクション社長工藤と健気なワンコ受け部下良太のほのぼのBL、R18

  • 秋の陽15

    back top Novels 「青山プロご一行様でハワイかグアムでも行くか? 福利厚生で」 頭の後ろか … "秋の陽15" の続きを読む

  • 秋の陽14

    back next top Novels 「ガキの頃、俺を育てたひいばあさんが秋になると、庭に落ちた栗で … "秋の陽14" の続きを読む

  • 秋の陽13

    back next top Novels 良太もそこのところはわかっているのだろうが、良太は何でも美味 … "秋の陽13" の続きを読む

カテゴリー一覧
商用