プロフィールPROFILE

amenouzmetさんのプロフィール

住所
世田谷区
出身
深谷市

自由文未設定

ブログタイトル
雲は完璧な姿だと思う。。
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/amenouzmet
ブログ紹介文
千変万化自由自在。現れ消える雲が好き。晴れ、のち珈琲。所により神社。トトロ時々アインシュタイン。
更新頻度(1年)

90回 / 354日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2013/01/12

amenouzmetさんのプロフィール
読者になる

amenouzmetさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(IN) 10,919位 10,417位 13,197位 12,516位 14,174位 16,091位 16,105位 978,509サイト
INポイント 10 60 10 30 40 30 0 180/週
OUTポイント 0 30 0 20 20 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 67位 61位 91位 83位 100位 124位 127位 27,359サイト
日々のできごと 10位 10位 14位 13位 15位 18位 19位 2,629サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 40,024位 39,360位 46,480位 46,341位 49,355位 52,784位 49,298位 978,509サイト
INポイント 10 60 10 30 40 30 0 180/週
OUTポイント 0 30 0 20 20 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 381位 360位 494位 483位 551位 624位 543位 27,359サイト
日々のできごと 28位 27位 37位 38位 42位 46位 38位 2,629サイト
今日 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 11/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,509サイト
INポイント 10 60 10 30 40 30 0 180/週
OUTポイント 0 30 0 20 20 10 0 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,359サイト
日々のできごと 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,629サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、amenouzmetさんの読者になりませんか?

ハンドル名
amenouzmetさん
ブログタイトル
雲は完璧な姿だと思う。。
更新頻度
90回 / 354日(平均1.8回/週)
読者になる
雲は完璧な姿だと思う。。

amenouzmetさんの新着記事

1件〜30件

  • 月と夜と黄泉と読見

    時期的には「即位の礼」以降でしょうか。僕のスマホには沢山の「月」の写真が送られてくるようになりました。特に、このブログを覗いてくれるような方々に関しては、色々と気づかれていることもあるようで......ポンチキーズのみゆきちゃんからも。お友達のkobaさんからも。ハワイからはレディYUさんから......どーも、最近、月が劇的に変わったようなのです。特に光。透明感も。奥ゆき感も。月独特の影も無さすぎる......という感覚。太陽!?なんていうイメージも......ま、ヨタ話ですけど。ね。(^^)ここまで大きい月の変化?というのは、僕の中では今までに無かったようなことなのですが、とにかく、10月末頃からの月というのは、これまでとは全く違う、別物に見えていたりします。日本神話において、多くの神々の中でも特に重要な神...月と夜と黄泉と読見

  • 大嘗祭

    「即位の礼」という記事の終わりに、こんなことを記していましたので......====================================令和天皇の即位の日である5月1日から、この「即位の礼」の日までは、僕の中では「令和」という時代のアイドリング期間であり、本格的なスタートを切る前の点検、補正期間でもある、と。そんな感覚でした。そんなスタート準備的な期間も今回の「即位の礼」で終わり、ゆっくりとローギアで動き出し。大嘗祭からは完全に通常のドライブギアにシフトアップしていくのではないかと。そんな新時代にもしっかりと乗っていけるよう、がんばりたく思う次第なのです。(^^)====================================先日行われた、その「大嘗祭(だいじょうさい)」に関しても、少しだけ...大嘗祭

  • Shima Blue

    圧倒的に苦手なハロウィン・モノモノが幅をきかせる時期があって。それが終わると、翌日から、ここ数年。今度はすぐにクリスマス・モードのお店やモールや、街の装飾なんてものが表れてきたりするのですけど。2ヶ月前からの演出開始☆色々な事情があるのでしょうけど。ね。ええ。大きな演出ものになると、シーズン近くになると発注先業者さんが足りなくなっちゃう、とか。色々な建て込みやグッズやモノもなくなっちゃう、とか。この時期に言われても、そんなの忙しくて出来へんでー、とか。でも、ちょっと......僕さんには違和感強すぎちゃって。今わ11月の初めだよね!?(・・;)まだ年末の空気にひたりたくないんすけど!?心が落ち着かなくなっちゃうから......なんて。年越気分はせめて12月迄、もう少しの猶予をいただきたく。そんなお気持ちは仕事だ...ShimaBlue

  • かつ丼ベイベ

    ドーーーーーーン!(=゚ω゚)ノと、カツ丼のお話しなんすけど。ええ。ついつい、戦艦「三笠(みかさ)」の主砲写真を使ってしまいまちた。すいませぬ。神奈川県の横須賀って街の方にありますので。ええ。興味の湧いた方は乗り込みに行ってもらえたらと。で、その、肝心のカツ丼の方はコチラ。どーん!と。東京、渋谷、「瑞兆(ずいちょう)」さんのカツ丼。逸品中の逸品でして。大盛にすると蓋すらも閉まってくれないんす。(〃∇〃)ポッ♡先日、「おいしいカツ丼が食べたい!」と言っていた御仁(♀)がいて、「そーかー、、、でわわ!100円玉はあるのか!?ちみ。あったらソレをしっかりと、ギューギューに握りしめたまえ!握りしめたら!カツ丼が美味しくなるおまじないを教えるぞよ!」と、僕さんは話してみたのです。すると、「握りしめました!」と、すかさず...かつ丼ベイベ

  • ランプの精の湯 7

    ということで。次回は待望の!?第1位!のお話となるのでございまつ。秘湯中の秘湯っす。。(*´ー`*)第一位!世界自然遺産、北海道、知床半島!の、原生林の中の砂利道を、土ぼこりを巻き上げながら車で奥へ奥へと走って行った突き当り......半島において一般車が入っていける限界地点。そんなトコロにある温泉。その名も......カムイワッカの湯の滝!ええ!?(O_O)滝?温泉じゃないの?って?そーでちゅ。滝が温泉なんす。というより、世界遺産「知床」の大地を流れる清廉なる渓流そのものが!全て!まるごと!温泉!なんす......すげーっす......絶句ッス......アイヌ語で「カムイ=神」「ワッカ=水」の湯。まさに神の水の湯。川底は硫黄成分がこびり着いていて、緑色となっています。そんな「温泉川」を好きなように辿り、登り...ランプの精の湯7

  • ランプの精の湯 6

    ランプの精のレコメンド温泉というのは、毎度、温かい気持ちとともに、何かしらに驚かされてしまうのでございまつ。次回は2位のお話へと続きます。ええ。第2位!言わずと知れた!大分県、由布院温泉!この由布岳(ゆふだけ)の麓に広がる、最早、大メジャーの温泉地さんで。最近は「湯布院温泉郷」という名称も使用しているらしく......北九州が近いということもあり、最近は外国人観光客さんがとても多く。特に韓国の方々が異様に多い場所となってもいて。街などは温泉風情を通り越して京都の新京極の様な、東京の浅草界隈の様な、激しく「観光立国ジャパン!」と化していまする。「古き良き」的な風情は薄まっている感じでしょうか。ただ、賑やかな温泉タウンが好き!退屈はキライ!なんていう人にはサイコーだとも思われまする。街中には外貨両替所なんかも沢山あ...ランプの精の湯6

  • ランプの精の湯 5

    「残りの3つはまた近く記せたらと。はい。(^^)」と。今年の3月14日の記事に記していましたが。今回はその続きを記そうかと。ええ。言わずと知れた!?「ランプの精の湯」シリーズっす。なんで?いま?と?そりわですね、最近寒くなって来たから!温泉に行きたくなってきたの!ってなことでして。ええ。思い出したんす。罪はないっす。あしからずっす。以下にはシリーズ過去記事とココまでのチャートまとめを置いておきまする。「ランプの精ってなんなのさ?」という方も、以下の記事を順番に読んでもらえれば、晴れ時々ポンチキンな僕さんを取り巻く雰囲気も......ちょっとわかってもらえるのではないかと。ええ。ええ。(*´ω`*)なにとぞー。☆ランプの精がオススメする日本の温泉ベストテン☆1位———近日UP!秘湯中の秘湯!2位———近日UP!九...ランプの精の湯5

  • 即位の礼

    昨日、午後一時。東京の皇居にて。「即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)」が執り行われていました。世界各国から集まった賓客は180以上の国々からとのことで。個人的にとても印象的だったのは、そんな各国を代表する皆さんの服装であったりもしていて。TV中継で見ていた限りではありますが、それでも、その美しさにはこの上ない品格と奥ゆかしさみたいなものも感じられ。ため息が出てしまうほどの美麗さがありました。そんなところからもこの式典の格式と雅(みやび)さとを強烈に感じられもしましたし、この日本という国に対する誇りみたいなものも、少なからず感じることが出来ました。僕個人としては、前日と当日と、なぜか?「梅ご飯」を炊いて。新しいお酒やお水とともに神棚や御先祖様の位牌に差し上げ。食し。儀式の一時間ほど前には神棚の前に立ち、普段...即位の礼

  • 地震雷火事親父

    「恐いものの筆頭!」として、江戸の昔から語呂も調子も良くまとめられた慣用句に「地震、雷、火事、親父」「じしん、かみなり、かじ、おやじ」というものがあります。昭和までの世代なら?一度は耳にしたことがある方も多いかと。そして、その言葉の最後の「親父=オヤジ」に関しては、実は、本来は「大山嵐」とか「大嵐」という文字であって、「おおやじ」だったのではないかと。そんな俗説があるようなのです。「オヤジ」というのは、それが後に短く、語呂良く変化していったものではないのか?と。しかし、この説には明瞭な根拠が無く。証明できるものでもないようなのですが、あながち嘘とも言い切れない感もあり。確かに、錚々(そうそう)たる自然災害の中に台風が入っていないということは少々不自然とも思えますし。江戸時代のオサレで茶目っ気の利いた方々がギャグ...地震雷火事親父

  • Tough

    「なすスベがない」とか。「絶望的」とか。そんなことを強く味あわされたのが今回の台風19号でした。とても当たり前の話ではありますが、自然の力の前では人はかくも無力なものなのか、と。あらためて、骨身に染みて感じている今であったりします。僕の家は東京の南の端を流れる多摩川という川のほとりにあって。まだ、太平洋のはるか沖にある今回の台風の写真を最初に見た時、日本列島と同じ大きさの姿に驚愕し、子供の頃のかすかな記憶......それは、埼玉県の実家で経験した洪水の記憶......を蘇らせました。上陸前には、家の一番低いところに置いている車だけは、高台にある、タフなコンクリートの屋根を持つ有料駐車場に移動させておくことに決めました。最悪な状況となった時には、この車の中で過ごそう、と。車は大きなハイブリッド型の4WDで、こうい...Tough

  • 桜のジャージ

    前回のラグビー・ワールドカップの時にも、この「HAKA」と言う記事を記していましたが、あちき、けっこー、ラグビー好きなのです。なんだか、とても感動するのです。ラグビーって。高校からの親友の1人に日本代表クラスの奴がいたというのもかなり影響してますけど。そんなハードな奴と一緒にトレーニングをしてた時期とかもあって。そヤツから貰ったラグビーボールが長いこと、いつも部屋の片隅にあったりもして。それで、僕さん、すごく思うのが、ラグビーだけはできないっす。ほんと。スポーツは大好きだけど、体も大事♡っていう、とてもヤワなヤツなので。ラグビーだけは無理っす。ええ。マトモなカラダを捨てるような気持ちがないと、無理っす。プロレスや格闘技と同じ、とは言わないですけど、命を危険にさらすような部分も濃厚にあるわけで......だから、...桜のジャージ

  • TRANSIT 4

    生誕と受難。喜びと悲しみ。天国と地獄。そんな両極を行ったり来たりする旅の「受難」を中心とするお話は、もう一度だけ続かせていただきまちゅ......書ききれない......そもそも今回の旅はコニャ(奥さん)の仕事に付き合うということで、日程や準備は全て彼女に任せていたのです。勿論、ラテンの血が流れるコニャですから、そのいい加減さは極まりなし。深い考えなど一切無し。泊まるホテルや旅程なども旅の二日前にラインで知らされたくらい。旅行保険なんてかけているハズもなく。中でもイビサ島に荷物を忘れた「ブエリング」というエアラインはLCCというやつで。「LowCostCarrier=ロー・コスト・キャリア」格安だけど、いろいろなコスト圧縮をしていて。その分、何かとリスクは高く。それでもって、タダでさえケセラセラなラテンの血がさ...TRANSIT4

  • TRANSIT 3

    本当なら、この「TRANSIT」というシリーズ?記事は、前回で終わるはずだったのです。というか、最初の記事だけだったハズで。だから前の記事には二つとも「つづく」なんて書いてもいなくて。なのに、また、飛行機の乗り継ぎでヒドイことが起こってしまい......たった一つの短い旅の中で、こんなことが何度も起こるものなのか?やはり、前回記した通り、サグラダファミリアの二つのファサードの影響なのか......ツカヘイさん達との神ごとの影響なのか......まさに生誕と受難。喜びと悲しみ。天国と地獄。今度はイビサ島(Ibiza)からバルセロナ(Barcelona)に戻る飛行機で、またもや滑走路まで出た飛行機が......飛ばなくなったのです。ラテンの国とはここまでいい加減なものなのか!?みたいな......コヤツ。忘れ得ぬブ...TRANSIT3

  • TRANSIT 2

    緊急滞在したホテルも含め、結局、成田空港には27時間いたのです。飛べなかったイスタンブール行きの便の再出発は翌朝になったのですが、バルセロナへはイスタンブールで10時間以上ものトランジット時間がかかると。他の便はないのだと。その際、成田同様、イスタンブール空港内か近くのホテルを用意しますが、今現在、どこのホテルになるかはわかりません、と。ホテルによってっは一旦バゲージを受け取り、空港を出て、また早朝に空港に戻って、再度チェックインをしてバルサに向かってもらうという可能性もあるのだ、と。もしくは、昨日飛べなかった同じ便まで成田で過ごしてもらえれば、イスタンブールからバルセロナへ行く便はどのみち同じ便なので、その場合、成田で時間をツブシタ分、トランジットは3時間ほどで済むと。「どっちが良いか?」トルコ航空はそんなこ...TRANSIT2

  • TRANSIT

    スペインのカタルーニャ州、バルセロナの北方にウロット(Olot)という街があるのだそうです。オロット?とも言うのでしょうか。そんな街。なんでも、沢山の火山に囲まれた自然豊かな美しい街だそうで。大都市バルセロナを東京とすると、イメージ的には那須高原?とか、軽井沢?水上?日光?とか。そんな感じらしく。そんなところでコニャ(奥さん)が何かの仕事が?あるとのことで。じゃあ、ってんで、コニャの仕事終わりにバルセロナで待ち合わせをして、そのままガウディ建築でも観ようかと。そんな感じで動いていまちて。今はちょーど、トランジットのイスタンブール空港でトルコアイスを食べながら、コーヒーでも飲んで......って......まだ。成田にいるんす。なぜか。なりた。しかも、トルコ航空が押さえてくれてた空港近くのJALホテルで、一人、寂...TRANSIT

  • 深いところ

    写真の隻眼(せきがん=片目)の女性は、戦場ジャーナリストの「メリー・コルビン(MarieCatherineColvin)」さん。凛とした芯の強さを感じる、アメリカ合衆国の方で、数々の凄惨な戦場からスクープニュースを世界中に届けてきた方。写真の通り、彼女の左目は失われていて。それも戦場で対戦車弾の爆発に巻き込まれて失明してしまったのだそうです。その後は、痛めた目を隠すために巻いていた黒い眼帯が彼女のトレードマークともなっていったようなのですが、あまりに悲惨な戦場を見過ぎてしまった結果、一時期PTSD(心的外傷後ストレス障害)にもなってしまい。かなり長い期間の療養を強いられていたそうです。しかし、それでも彼女は、「自分の使命なのだ」という強い気持ちで戦場取材に出かけ続け、その病いすらも戦場の中で克服してしまいました...深いところ

  • 自分ならざるもの 2

    その当人は、真っ白な、美しく創られた桐の箱を用意し、ピカピカに磨かれた、直径一センチの、とても美しい天然水晶の小さな玉を、その箱の中に納めました。その玉は結構長い間、身近に置いてとても大切にしてきた玉でもあって。しかし、その箱の蓋は二度と開けられることはない......のでしょうか。場合によっては、大地の中に埋めてしまうかもしれない......と。そんなことも、その当人は考えている様でした。自分ならざるもの====================================上にテキストリンクをしていますが、今回は、少し前の記事の続編となります。その記事にはアチコチから色々なお話や質問を沢山頂いていたのですが、今回の記事が、それらに対する答えになれば......と。大切な方々へ、そんな気持ちで置いておきます。...自分ならざるもの2

  • おもむろに

    キンドル(Kindle)さんを筆頭に、デジタルブックもドンドコと広がっているようで。ただ、僕さんは、いたく気に入った本に関してはアーカイブとして実書を買ったりもしていて。そして、そんな真新しい本を手にすると、真っ先にやってしまうことというのがありまちて......先ずはテキトーにページを開き。その広げた本の間に、おもむろに......鼻をつっこみます。くんくんくんくん........イイにおーーーーーーーーーいいいいっ!(●´∀`)ノ+゜*。シアワセなんすぅぅぅぅーーーーーーーっ!これぇぇーーっ!と。そんな新しい本の匂いに似ているのが?お気に入りのパンを焼いた時の匂い!んな、わけない!?とか!?あくまで個人的な「イメージ」のお話しなのですけど。ええ。先日、友達と街を歩いていた時に、このドンク(DONQ)というパ...おもむろに

  • 自分ならざるもの

    「どんなものでもよいので、石を一つ用意してください。それは、今、持っていなくても、いつか、きっと、これだ!と思えるものが見つかります。その石が自然と見つかった時でいいですので......」と、その、何の変哲もない、普通の身なりをした御人は言います。「その石を、これも何でもいいので、気に入った箱に入れて、蓋をして、先祖代々の位牌の下に置いてください。そして、二度と、それを開けないでください。それが必要だと、そう言っています。意味は......わかりませんが.......」ごく普通の服装とは裏腹に、どこか特別な空気を纏った御人を通して、そんなことを話してくれている存在とは、それは、表現をするなら「尊い存在」であって。当然、そんなコトの意味もあるわけで。わからないといっている御人も、本当は、勿論、わかっているわけで。...自分ならざるもの

  • ツカヘイ無双♪( ̄  ̄)

    おまたせしまちた!お久しぶりのツカヘイさんです!ファンの方以外にわ恐縮でちゅ!あらかじめ!お断りをしておきまちゅが!..............ここで引き返す方が心身の健康のためにわ良いかと!(=゚ω゚)ノ我こそわ!ポンチキなり!という方だけ!ここから先、ご入場いただけたらと。ええ。座敷わらしの「ツカヘイ」さんのお話でちゅので。ちなみに、こちらがツカヘイ初心者様用過去記事リンクっす。ええ。ええ。なにとぞ。====================================☆ツカヘイさんの関連記事☆【大切なもの】【大切なもの2】【イカスのね!】【ナポリタン!の巻】【銀座試合(* ̄^ ̄*)】【ガラスの靴の物語6】【時ならぬ】【イカスのね!】【ほろり。】【ほろり。2】【ほろり。3】【ほろし。4】【ほろり。5】【ほ...ツカヘイ無双♪( ̄ ̄)

  • The Guuchan

    ........ぶつぶつ........ぶつぶつ........なんすかねー........ヒドイっす、まったく........ぶつぶつ........なんか......もぉぉ、落ち込む.......っす、ぶつぶつ........なんなのよ!......ぶつぶつ......知床と羅臼と月山から戻って、「中断」っていう記事を書いた後からっす.......ぶつぶつ.......先ずはパソコン。二台壊れたんす。3年ほど使っていたマックさんと、会社支給の仕事用マックさん。2台同時にぼーーーん!と。ウンともスンとも。マジか!?Σ(゚д゚lll)って、ね......ぶつぶつ.......しばらくウインドウズPCで頑張って対応してたんすけど......ぶつぶつ.......そしたら今度は、2008年の発売時から誰にも負けない...TheGuuchan

  • 五行

    ここ数年。我が家の中や外で暮らす植物さん達がとてもスクスクとしていて。やたらと元気。特に、夏がちゃんと暑くて、雨もしっかり降ってくれていると、どこか喜んでいるようでもあって。そんな元気な植物さん達の姿を見るのはいつもとても嬉しく、お部屋や土地の「気」のバロメーター的なものであったりもして。そして、どーも、感じる!?に、植物さんと石さんはとても相性が良い様でして。なぜでしょう?か。植物さんの傍に気の合う?石さんがあるのと無いのとでは、その元気さもかなり違ってくるように思えるのです。そしてまた、石さんの方にしてもそんな感じで。よく「庭石」なんてものがあったりもしますけど。草木の多い庭に石を置く理由も、実は?視覚的な美しさを追求するというためだけでなく、その実は、庭にいる植物さん達のためでもあるのではないか?なんて。...五行

  • 谷根千徒然

    「根津神社って行ったことありますか?」というラインが、しばらく前にポンチキーズのみゆきちゃんから入ってきて。「325回ぐらい行ってるかな。スサノオさんが降りるとこよ」と返すと。「325回ですか!」と。真っ直ぐなお返事が......「あ......も、もちろん、その回数わ、う、ウソ、、でちゅけど......」と言える雰囲気はマッタク漂っておらず......ラインの上には僕さんの汚れた大人の空気だけがプカプカと.......「さ、さすが、ピュア一直線のみゆきちゃんやな.....コリわジョーダンのセンスが問われるな......」と、汚れた僕さんはラインを見ながらどう返すのか?戸惑っていました。すると、すかさず、「この間、来てほしいって感じたんですけど、すっかり忘れていて、さっきテレビでまた根津神社とカキ氷が流れてきた...谷根千徒然

  • マイルストーン

    このブログは2012年の7月14日から記し始めました。あの、東日本大震災の後からです。書き始めたのには幾つかの理由があったのですが、その時からマイペースで、内容もグダグダのまま、よくもまぁ続いているな、と、自分でも驚いていたりします。ただ、サブタイトルにあることに関してはいつも大切に思っていて、守り通せる様に頑張っているつもりではあります。==========================いつの日か、愛する誰かが「アイツはこんな事考えて生きていたのか、、」と見つけてもらえたら。そんな思いで書き記してます。==========================そんなブログの最初の記事は、スタートの記事らしくブログタイトルの由来の話だったのですが、それは「螢(ほたる)」という13歳の少女詩人と僕とのエピソードが元と...マイルストーン

  • セント・オブ・ウーマン

    「嗚咽級に泣ける映画求む」セクシーダイナマイト「レディYUさん」から、ある日、突然、そんなラインが届きました。なんでましょ!?難しい漢字使っちゃって。おえつきゅう、ですって。何かあったの!?でしょうか。「過去のものを探してるのーおうちでゆっくりと。最近泣いてないなーって、ふと。感動系でもなんでも。時間ある時でいいから教えてね(^ν^)♪」「りょー。ちなみに何系で泣きたい?人生とか、恋愛とか、そういうの」「そーだねー。人生かなー。例えば、終わった後に悲しさの残るのは、嫌かな。誰かが死んじゃうとか。どちらかというと感動したいというか。明日から頑張ろっかなとか。人生何とかなるかなっとか。そんな感じ?(笑)こんな注文で大丈夫かしら。感じ方は人それぞれだから、単純にUZMETが泣いてしまったやつでイイよー(^ν^)」ふー...セント・オブ・ウーマン

  • The Pale Blue Dot

    ヨーロッパで記録的な猛暑を引き起こしていた熱波が、今年は北極圏にも達している様で。北極圏では珍しい森林火災が史上最多数を記録していたり。グリーンランドでは氷床が観測史上最も多く溶け出していたり。北極海では過去例を見ないプランクトンの大量発生が起きていたり......と。ちょっと、漠たる不安を抱かせる様なニュースが届いてきたりもしていますが......見える.....でしょうか。上にある写真の、右端にある薄オレンジの縦筋の中央、やや下。筋の中に写っている小さな点。わかるでしょうか?ウィキペディアにある青い丸で囲んだアップ写真はこんな感じで......この写真は知る人ぞ知る!?世界的に有名な写真で、「ペイル・ブルー・ドット(PaleBlueDot)」と呼ばれています。日本語にすると「淡い、青い点」とでも言いましょう...ThePaleBlueDot

  • やらかすよね。7

    次回は、今回の古墳の神様のお話を記しておきます。最後にもう一話だけ、続きます。日本の建国記念日となっている「2月11日」は、初代天皇とされている神武天皇(じんむてんのう)が、奈良の橿原の地に宮殿を建て、即位をした日とされています。その神武天皇の後、第2代天皇から第9代天皇までは実在の証拠が乏しく、歴史が欠けた8人の天皇......「欠史八代」と呼ばれています。実在はともかく、この「欠史八代」の天皇の宮跡だと伝わっている史跡を巡っていくと、そのほとんどが奈良盆地の南の奥地である明日香から葛城、御所の辺りにかけて散らばっていて、古い代になればなるほど平地から山寄りにあるように思えます。これはきっと、奈良地域における人々の生活形態の変遷が表れていることではないかとも思われ。縄文の初、中期に、山野や河川、海での狩猟採取...やらかすよね。7

  • やらかすよね。6

    「大丈夫っすよ。とにかく、すぐにでもやってあげて下さい」「今、夜中だし、揃えられるとして明日になるけど、それでもいいよね?」「ええ。そんなに急がなくてもいいって言ってます」「でも、足が、さ......(* ̄ω ̄)」「ですね( ̄ー ̄)。ま、頑張ってください」「はいー。。(* ̄ω ̄)」つづく。翌日、僕は夕方ぐらいに仕事を切り上げ、色々なお店を駆け回り、Mさんに言われたモノモノを揃えて帰宅しました。ただ、ハチマキだけは手に入らず、最終的に近所の手芸屋さんで白い帯布を80センチぐらいに切ってもらい、それを結んで用意しました。さて。問題はオムスビっす。僕さん、実は、これまで「おにぎり」なるモノを握ったことがありません。ダメダメぷーなコンビニ世代。記憶にある「オムスビ握り」は、何かのパーティーの時に?かなりおふざけチックに...やらかすよね。6

  • やらかすよね。5

    「あーー。なるほどー。。ちょっと待ってください。聞いてみますね......」つづく。「えーっと、けっこうありますね。色々と............あの、UZMETさん、最近どこか行きました?」「行った(* ̄ω ̄)」「その行った場所で、なにか?踏んではいけないものを踏んだみたいなんですよ。左足で。」「や、やっぱり......自覚あり、っす(* ̄ω ̄)」「なにか、すごく昔の大王様の近衛兵?の様な人達がズラッと並んでいて、踏んだのは、その人達が大切に護り通して来た大事な石?だったみたいです。それをUZMETさんは踏んだと。それで怒ってます。かなり。命取るっていってます。けっこう尋常じゃないですね。」「あ、そー。。(* ̄ω ̄)やっぱり。いや、実はね......」と、僕はココで初めてMちゃんに事の経緯を全て、詳しく話しま...やらかすよね。5

  • やらかすよね。4

    さて、この話はここからが本編。僕さんが如何にダメな人間かということがよくわかる、お恥ずかしい話へと続いていきます。どうやら僕は、決定的なことをやらかして......しまったようなのです。続きます。この「やらかすよね。」シリーズ冒頭の記事にある通り、僕の左足の親指の付け根が突然痛み出し、徐々にひどく腫れ上がっていったのは、実はこの古墳から帰った直後からだったのです。なので、医者から「原因不明ですねぇ......」と言われた時、実のところ僕は、その原因がこの時の古墳にまつわるものであろうと、「ピーン!......」と、来てはいました。が、医者の言う様に雑菌が入り込んで!?腫れているのかもしれないし、取り敢えずは、痛み止めを飲んで様子を見ながら数日を過ごしていました。それでも足はドンドンとヒドクなる一方。そして、そん...やらかすよね。4

カテゴリー一覧
商用