searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
どこか遠くへ行きた〜いっ!
ブログURL
http://pirori718.blog93.fc2.com/
ブログ紹介文
好きなこと…旅行♪読書♪SMAP観賞(特に稲垣吾郎) 読めば、旅に出たくなるブログを目指しています。
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2009/11/17

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、PIRORIさんをフォローしませんか?

ハンドル名
PIRORIさん
ブログタイトル
どこか遠くへ行きた〜いっ!
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
フォロー
どこか遠くへ行きた〜いっ!

PIRORIさんの新着記事

1件〜30件

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.30 ぶらぶらブラチスラヴァ旧市街

    ブラチスラヴァ訪問で最初に思い出すのは…、大道芸人によるしゃぼん玉パフォーマンスの前で、はしゃいでいた子供たちの姿。写真を見る度に幸せな気持ちになります♡さて、ブラチスラヴァ旧市街をお散歩しましょ♪中央ヨーロッパにうす暗いイメージを持っていたけれど、とても明るく開放的な雰囲気。路面電車が旧国立劇場の横を通り、1ブロック先のドナウ川のほとりへ向かって行きました。ホテル前に広がっているのはフヴィエズドスラ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.29 立地◎『ラディソン・ブル・カールトンホテル』

    予約したのは、プレミアムルームwithテラス。窓が開く素敵なお部屋です。扉を開けると、左にクローゼット、右にバスルーム。クローゼットの先はミニバーになっていて、冷蔵庫と電気ケトル、カップ類が揃い、ネスプレッソマシーンも備わっていて完璧です。清潔感あふれるバスルームは深めのバスタブ付き。バスタブの仕切はガラスだし、洗面台を挟んだ場所にあるトイレには仕切がなくて、開放的というか、恥ずかしいというか…。客室...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.28 初入国♪スロバキアという国へ

    ブダペストからバスに乗ってスロバキアへ。最終目的地ウイーン(オーストリア)へ移動する途中、スロバキアの首都ブラチスラヴァに立ち寄りました。スロバキア共和国は北海道の3/5程の小さな国。チェコとオーストリア、ハンガリー、ウクライナ、ポーランドに囲まれた内陸国です。チェコスロバキアという国がチェコとスロバキアに分かれたということしか知らなかったけど…、そもそもチェコスロバキアは1918年から1992年までだけ存在...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.27 ハンガリー料理を知ってますか?

    「ハンガリー料理って、どうなの?」と聞かれた事があります。海に接してないので新鮮な魚介類は期待できないし、大きな山もない平原にある国だから美味しいモノがなさそうなイメージなのでしょう…、わかります(*´∇`)そもそも私もハンガリー料理未体験の状態で初めてハンガリーを訪ねた時に思ったこと。ところが…、日本人の口に合うと言われていて、とても美味しいのです。ハンガリー人の8割以上を占めるマジャール人の祖先は、中...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.26 観光施設充実♪市民公園

    さて、聖イシュトバーン大聖堂から南へ100mほど行くとアンドラーシ通りにぶつかります。アンドラーシ通りとは、エルジェベート公園から北東の市民公園まで続く全長2.5kmの大通り。1876年開通という古い歴史を持つ道路で、沿道にはネオルネッサンス様式の美しい建造物が建ち並んでいます。また、道路の下にはヨーロッパ大陸初の地下鉄が走っており、共に世界遺産に登録されているのです。そしてこの『英雄広場』は市民公園の一角に...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.25 必見!!『聖イシュトバーン大聖堂』

    380mあるというくさり橋を渡り、ペスト地区最大の見どころ・聖イシュトバーン大聖堂へ。王宮の丘からペスト地区を見下ろした時、くさり橋の先に見えていたひときわ凜々しい建物です。覚えていたより近くて、真っすぐ続く道の向こうに大きなドームの堂々とした姿を発見!ペスト側のくさり橋麓にある公園から東へ進んで500m程の場所にあります。この『聖イシュトバーン大聖堂』はブダペスト最大のカトリック教会で、高さ96mの中央...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.24 世界遺産の橋・くさり橋とケーブルカー

    ケーブルカーに乗って、王宮の丘からペスト地区へ行きましょう♪マーチャーシュ教会から南へ5分ほど歩くと王宮(ブダ城)が見えてきます。王宮とマーチャーシュ教会は似たような歴史を辿っているため破壊と修復の繰り返しで、現在の姿は20世紀に修復されたもの。手前にあるのは、19世紀初めに新古典主義様式で建てられたシャンドール宮殿です。現在は大統領官邸になっているということで、門前に凜々しい衛兵の姿。そしてシャンドー...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.23 優美で可愛い『マーチャーシュ教会』

    ブダの丘に建つ『マーチャーシュ教会』は、スラッと聳える尖塔とカラフルなモザイク屋根に心惹かれる、とても美しい教会です。大きな教会ではないけれど、夕暮れ時やライトアップされた夜の姿も印象的。このように優美さと可愛らしさを併せ持つ教会には、なかなか出逢えません。2002年にこの教会を眺めた頃は、まだ視野が狭くて観るもの全てに感動していたからよくわからなかったけど…。その後色々と見学してきた今、この教会は別...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.22 世界遺産が集まるブダ地区『王宮の丘』

    王宮の丘に在るメゾンビストロ&ホテルからブダ地区の見どころまでは400mほど。道々に並ぶ小さなホテルやレストラン、雑貨店の可愛らしい街並みを楽しみながら歩いていくと、三位一体像にぶつかります。このバロック様式の像は、中世ヨーロッパで猛威を振るったペスト(黒死病)終焉を記念して18世紀に建てられたもの。目の前に広がるのは、三位一体広場、マーチャーシュ教会、漁夫の砦と、すべて世界遺産です。カラフルなモザイ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.21 『メゾンビストロ&ホテル』プチメゾンスイート

    メゾンビストロ&ホテルは、本館・別館合わせて25室のブティックホテル。マチャーシュー教会、漁夫の砦、王宮などブダ地区の見どころまで1km前後と、歩いて世界遺産観光できるところが魅力のひとつです。グランドフロアがハンガリー料理のビストロ『MaisonBistro』になっていて、レセプションは左側の一室。本館を出て右に50mの場所に別館・プチメゾンがあり、予約したプチメゾンスイートはこちらの建物でした。ということで、チェ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.20 美しい都☆ドナウの真珠・ブダペスト

    トルコ滞在後は中央ヨーロッパへ。イスタンブールからトルコ航空でブダペスト(ハンガリー)に向かいました。ハンガリーは、ウイーンやルーマニア、ウクライナ等7ヶ国に囲まれていて、中欧とも東欧とも呼ばれている国。60万年前まで浅い海だったというこの辺りは、長い時間をかけて遊牧に適した大平原になりました。やがて1世紀にはローマ帝国の属州になり、その後ゲルマン民族の移動が始まるとゴート族、フン族はここを拠点に置い...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.19 モスクに戻る!?波乱万丈『アヤソフィア』

    トルコ滞在最終日は曇り時々小雨。イスタンブールを訪ねたらアヤソフィアだけは観ておきたいと思っていたのですが…、2016年に起きたテロ現場は向かいに建つブルーモスクのすぐ近くです。あれから日本人観光客は激減しているということで旅行計画中からビビっていたため、見どころが多い旧市街なのにたったの2泊というスケジュール。どんよりした空を眺めながら行くか行かないかグズグズと悩み、昼過ぎまでお部屋で過ごしていました...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.18 路面電車が走る街♥イスタンブール旧市街

    好きだなぁ〜と感じる街の多くに路面電車(トラム)が走っています。街の風景に路面電車があるだけで、その国の主要都市なのに都会過ぎない雰囲気になるから不思議。そしてここイスタンブールにも路面電車が走ってました。新市街にあったのは100年前と同じ姿だというレトロなものだったけど、旧市街の車輌は近代的な面持ち。旧市街こそレトロな姿が望ましいと思いますが…。さて、宿泊したユーロスターズホテル・オールドシティはと...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.17 便利♪『ユーロスターズホテル・オールドシティ』

    イスタンブール2軒目のホテルは『ユーロスターズホテル・オールドシティ』。旧市街に建つヨーロッパ風の4つ星ホテルです。一番の魅力は、国鉄とトラムが乗り入れるシルケジ駅まで徒歩3分、アヤソフィア、グランドバザール、ガラタ橋など見どころが1km圏内にあるという便利なロケーション。街中に立つためホテルから一歩出れば商店が並んでいて、入口の前にはトルコ料理店、路地の奥にも飲食店があるのです。お部屋は最上階のバルコ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.16 お散歩👣イスタンブール新市街

    イスタンブール新市街の中心地『タクシム広場』は、ホテルから歩いて10分ほど。地下鉄、地下ケーブルカー、トラムの駅があり、地下階には大きなバスターミナルもあるそうです。広場の真ん中にはトルコ共和国の建国を記念して造られた『共和国のモニュメント』。中央に堂々と立っているのは、トルコ建国の父・初代大統領アタチュルクです。ここからガラタ塔に向かうイスティクラル通りはイスタンブール随一の繁華街。歩行者天国にな...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.15 ヒルトン☆エグゼクティブラウンジとレストラン

    高級ホテルには「ホテルの中のホテル」と呼ばれる、特別なラウンジがあります。エグゼクティブラウンジとかクラブラウンジとか、名称はホテルによって様々。観光三昧でホテルは寝るだけという人にはあまり魅力がないけれど、私のようにホテルでのんびり過ごす事が楽しみのひとつであれば、エグゼクティブラウンジはとても嬉しい施設です。ヒルトンイスタンブールボスポラスのエグゼクティブラウンジは、9階。大きな窓からボスポラ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.14 なんてったって眺望!『ヒルトン・ボスポラス』

    イスタンブールはヨーロッパ大陸とアジア大陸の交差点。2つの大陸にまたがる世界で唯一の都市です。ヒルトン・イスタンブール・ボスポラスはヨーロッパ側に立っているので、ボスポラス海峡の向こうに見えるのはアジア側になります。そしてこの眺望抜群のホテルは全室バルコニー付き♪客室によってボスポラスビュー、ガーデンビュー、シティビューの眺望を楽しめるのです。シティビューとボスポラスビューの差額は1泊30ユーロほどなの...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.13 飛んでイスタンブール。安心のヒルトンへ

    カッパドキアから飛行機でイスタンブールへ。ケメルハンケーブスイーツからカイセリ・エルキレト空港への移動は車で40分程、タクシーが混んでいて手配できないからと、ホテルのオーナーが送ってくれました。到着時にも感じたように、国際線が就航しているとは思えない本当に小さな空港だから「お土産は空港で」などと計画してはダメですよ。小さな売店とカフェがあるだけなので、覚悟して下さい。そんなつまらない空港で1時間ほど...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.12 お馬に乗ってローズバレー観光♪

    ピンク色の波打つ岩肌が美しいというローズバレー。夕暮れ時はさらに美しさを増すというので、サンセットツアーに参加しました。ホテルで手配してもらい、お迎えの車に乗って『CEMAL RANCH』へ。バギーや車、ハイキングと、観光方法は色々ありますが、私たちは乗馬で行きます。面白い岩や地層を眺めながら緩やかな山道を登っていくのは爽快♪馬を誘導している子供たちはシリア難民です。オーナーが引き取って世話をしていると言って...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.11 ユルギュップの街並み

    ケメルハンケーブスイーツから5分程歩くとユルギュップの繁華街。道端には陶器屋やワイナリー、ハマムがポツポツとあり、キョロキョロしていたらあっという間に中心地の端っこに着きました。聳え立つ時計塔は目印になり、あてどなく街を彷徨ってもここへ戻ればホテルに帰れるので安心。街の背後にある大きな岩は展望台になっているみたいです。もう少し進むと岩山を背後に商店が並ぶ広めの道路。メインストリートかな?ユルギュッ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.10 テラスで朝食『ケメルハンケーブスイーツ』

    はい、お部屋に行きましょう♪エレベーターがないので、短い階段を登って4階へ。入口の手前にテラスがあります。湾曲した細長い客室で、ベッドの向こうにリビングエリア。プレミアムスイート70㎡は、テラスを入れると100㎡あるそうで、このホテルで一番良いお部屋だといオーナーが言ってました。左手前にはシングルベッドが置かれた小さな部屋があり、その先、ベッドの真ん前にバスルームの入口。ゴロゴロできそうな長〜いソファー...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.9 洞窟ホテルをハシゴ♪

    ハシゴした洞窟ホテルのもうひとつは、ギョレメから東へ10kmほどのユルギュップという街にありました。アリフケーブホテルからタクシーで15分(50TL)、『ケメルハンケーブスイーツ』です。広々とした敷地にゆったりと建つケメルハンケーブスイーツは2つ星ホテル。低層だけど幅広く、客室が8部屋だけには見えません。壺や流木、農具を無造作に配置したエクステリアがのどかな雰囲気を醸しだし、レセプションも趣があって良い雰囲気...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.8 洞窟教会が集まる『ギョレメ野外博物館』

    お天気が良いので『ギョレメ野外博物館』へお散歩。ギョレメの街から20分ほど歩いた場所にあります。途中に陶器屋さんとカフェ、乗馬やバギー、トレッキングのツアー会社が点在していて、その背景が奇岩という風景がおもしろい♪街もホテルもここら辺も世界遺産登録されているギョレメ国立公園内。グランドキャニオン(アメリカ)でも世界遺産の国立公園内に宿泊したけれど、建築物は規制されているのでホテルや商店が少なくて、こ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.7 カッパドキアの郷土料理に出会う

    トルコ料理を食べようと、ギョレメの小さな街をウロチョロ。観光地特有のどこも同じようなメニューだったので、テラス席が賑わっている『KALE TERASSE』を選びました。あら、屋内に素敵な座敷席。敷物、クッション、壁掛けと、キリムに囲まれて可愛らしいので、この席にしましょ♪さて、トルコ料理といえばケバブ。ですよね?肉の塊をそぎ落として野菜と一緒にクレープのような生地で巻いた『ドネルケバブ』とサイコロ肉を串で刺し...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.6 ギョレメの街並み

    ホテルからギョレメ中心街までは徒歩10分弱。奇岩が並ぶ街並みを眺めながら坂道を下りました。洞窟ホテルと土産物屋と奇岩が点在する道のりは、どこを歩いても珍しくて面白い風景。広々とした場所に行き着くとモスクがあり、沿道には絨毯や気球の飾り物、陶器などの土産物屋とレストランが並んでいます。トルコのびよ〜んと伸びるアイスクリーム『ドンドルマ』の露店も多く、注文したアイスを手に取ろうとするとヒョイッと引き上げ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.5 熱気球が目の前に!バルコニー付き客室が最高

    ギョレメの洞窟ホテルに滞在してわかったことは、バルコニー付きが欠かせない条件だということ。早朝、窓の外から聞こえるゴーッという音で目覚め、寝ぼけながらバルコニーに出てみると、気球がふわふわ〜。奇岩に朝日があたる美しい朝焼けの中に熱気球が漂っています。熱気球ツアーは朝日を眺めるものが人気だと聞いていたけど、まさかバルコニーからの眺めがこんなに壮観だとは思ってなかったので、興奮状態。空気を温めるバーナ...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.4 遊び心いっぱい『アリフケーブホテル』

    それでは洞窟ホテル『アリフケーブホテル』の客室をご案内しましょう♪廊下は薄暗く、人感センサーでライトアップ。扉を開けると「ここでチャイを飲みましょうね」というような、クッションと座布団、小さなちゃぶ台が置かれたシッティングスペースがあります。トルコ風?オスマン風?よくわからないけど、エスニック。右手はバスルームですが、左へ進みましょう。大きなソファーがあるエグゼクティブケーブスイート、75㎡。レイア...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.3 ワクワク宿泊♪洞窟ホテル初体験

    カイセリ空港からギョレメ地区にある洞窟ホテルへ向かいま〜す。カイセリ・エルキレト空港は、とても小さいけれど国際空港。イスタンブール、アンタルヤ、イズミール、サビハのトルコ国内都市とドイツ、オランダ、オーストリア、ベルギーへ就航しています。ホテルで手配した送迎バスは30TL(トルコリラ)、600円弱。どーせ空港を出た途端タクシーの客引きに囲まれてイヤな思いをするだろうと予測して送迎バスを選びましたが、客引...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.2 始まりは6千万年前!?カッパドキアの歴史を知る

    羽田空港からエアチャイナ(中国国際航空)で北京へ行き、ターキッシュエアラインズ(トルコ航空)に乗り継いでイスタンブールへ。再び乗り継ぎ1時間半、カイセリ空港に到着しました。エアチャイナの機内食が思っていたより美味しかったり、乗り継ぎ地の北京でデュポンのライターを没収されたり、イスタンブールへ向かうターキッシュエアラインズの機内食メニューと塩胡椒がモスク型で面白かったり、憧れのワゴンサービスがなくて...

  • トルコ+中欧夫婦旅Vol.1 4ヶ国5都市を巡る♪トルコと中央ヨーロッパ

    2018年のヨーロッパ旅行は、トルコ、ハンガリー、スロバキア、ウィーンを巡る16泊19日。前年同様カタール航空の激安セールを待っていたら8月になってしまったので、ANAマイレージを使ってスターアライアンスの無料航空券を手配しました。往路:羽田(中国国際航空)→北京(トルコ航空)→イスタンブール復路:ウィーン(オーストリア航空)→上海(全日本空輸・ANA)→羽田ビジネスクラスでの直行便はすでに満席。何日か前まではウィー...

カテゴリー一覧
商用