searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

禅蔵さんのプロフィール

住所
東京都
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
新・からっぽ禅蔵
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/logos1961
ブログ紹介文
行雲流水・水辺を愛する禅宗僧侶のブログ
更新頻度(1年)

54回 / 365日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2009/02/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、禅蔵さんの読者になりませんか?

ハンドル名
禅蔵さん
ブログタイトル
新・からっぽ禅蔵
更新頻度
54回 / 365日(平均1.0回/週)
読者になる
新・からっぽ禅蔵

禅蔵さんの新着記事

1件〜30件

  • 波乗り雑記帳2(6)ー夏の日の出来事ー

    さて、僕(当時24歳)は、Wサーフィンクラブのクラブメンバーの中で、特に、尾藤さん(仮名:25歳)と仲良くなった。そして、彼の車に乗せてもらって海に行く事が多かった。その日も、僕は尾藤さんと海へ向かった。このとき、僕はまだ、これから不思議な事が起きるとは知るよしもなかった。ところで、Wサーフショップ、及びそのサーフィンクラブは、都心部の僕の地元の街にある。従ってサーフィンをするための海まではそれなりの距離がある。そこで、このサーフィンクラブは、海の近くにクラブハウスを所有していた。そこは、千葉の某サーフポイントの直ぐ近くで、海までは徒歩3分ほどの最高の場所だった。僕らクラブメンバーは、海の行き帰りにそのクラブハウスに立ち寄ってシャワーを浴びたり、休憩したり、宿泊するなどしてハウスを活用する事が出来た。さて、その...波乗り雑記帳2(6)ー夏の日の出来事ー

  • 禅ネタ本37ー儒家まとめー

    さて、本論の性格上、仏教の一翼を担う禅と、中国古典思想の一翼を担う道家すなわち老荘思想に触れながら、儒家について見てきた。本項を簡単にまとめれば次の如くでる。儒家の祖である孔子の父母は正式な婚姻関係になかったが、尼丘山に祈りを捧げて孔子を授かった。だが父母は早くに亡くなった。孔子の思想を伝える基本的書物には『論語』がある。『論語』は、孔子自身が著したものではなく、孔子を信奉する弟子たちによって書かれた。現行本『論語』は全20篇から成るが、前半10篇が古層に属し、後半10篇は後から付加された部分であろうと考えられている。そして、前半を「上論」、後半を「下論」と呼ぶ。その『論語』の内容の基本的な主題は道徳であり、それを以て潤滑な人間関係の形成を目指す現実社会の指針の書といってよい。『漢書芸文志』の著者班固は、儒家に...禅ネタ本37ー儒家まとめー

  • 波乗り雑記帳2(5)ー夢の続きー

    ●訂正●訂正すべき点が見つかった。「波乗り雑記帳2(1)ー水没ー」(2020/8/9UP)に於いて、僕がディズニーランドで働いていた頃の年齢を「当時22歳」と記したが、正しくは23歳だった。従って、「波乗り雑記帳2(4)ー新たなサーフポイントー」(2020/9/27UP)に於いて、Wサーフショップがオープンした年に「僕は23歳になった」と記したが、正しくは24歳になった年だった。以上、当時の僕の年齢が1歳ズレていた点を訂正する。以下は本文。さて、Wサーフショップのサーフィンクラブに入って、その店のオーナーをはじめとして仲の良いサーフィン仲間が何人か出来た。その中でも、特に仲良くなったのは、当時24歳の僕より1つ年上の尾藤さん(仮名:25歳)。彼は、H大学の大学院生で、マイカーを所有していたので、僕は、彼の車に乗...波乗り雑記帳2(5)ー夢の続きー

  • 禅ネタ本36ー宗教臭が希薄で現実重視ー

    前回、中国古典思想の「不言の教え」に関連して、仏教禅宗に於いて尊(たっと)ばれる「世尊拈華微笑(せそんねんげみみしょう)」のエピソードを紹介した。釈尊が霊山会上(りょうぜんえじょう)に在(あ)って、弟子たちの前で花を拈(ひね)って見せた。弟子たちは皆その意味がわからず黙っていた。しかし、ただひとり摩訶迦葉(まかかしょう)のみが、師・釈尊の不言の教えを汲み取って微笑(ほほえ)んだ。これにより釈尊は、「われに正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)、涅槃妙心(ねはんみょうしん)、実相無相(じつそうむそう)、微妙(みみょう)の法門有り。不立文字(ふりゅうもんじ)、教外別伝(きょうげべつでん)、摩訶迦葉に付嘱す」と述べる。こうして釈尊から摩訶迦葉へ仏法が授受される、というお話しである。この話しは、中国で作成された偽経『大梵天王問...禅ネタ本36ー宗教臭が希薄で現実重視ー

  • 波乗り雑記帳2(4)ー新たなサーフポイントー

    サーフィンをやめて、湘南から地元の街に戻っていた僕だったが、その地元の街に、Wという店名のサーフショップが出来た。これを期に、僕は再びサーフィンをやろうと決意した。そしてそのWサーフショップを訪ねた。店のオーナーは、僕(当時22歳)より10歳ほど年上で、茶髪で真っ黒に日焼けしたサーファーだった。彼は、笑顔で「いらっしゃい!」と声をかけてくれた。僕は、さっそく、この店で新しいサーフボードを買った。オーナーは、Wサーフィンクラブに入らないか?と誘ってくれた。このクラブは、Wサーフショップオープンと伴に立ち上げたクラブだそうだ。要するに、みんなで集まって一緒にサーフィンに行ったり遊んだりしよう。それから、店の商品も、クラブ員なら多少の割引もしますよ、というものだ。で、既に20~30人ほどの人がこのクラブに入会していて...波乗り雑記帳2(4)ー新たなサーフポイントー

  • ブログのお休み

    基本的に、最近は毎週日曜日にブログ記事をアップしているが、都合により、今回はお休みします。【写真:某観光ホテルの客室内の置き物。】◆新・からっぽ禅蔵◆ブログのお休み

  • 禅ネタ本35ー不言の教えー

    まず余談だが、昨日、先輩のお誘いで、大学時代の友人(先輩)数人とZOOMで楽しくお話しさせて頂いた。ほとんどが卒業以来お会いしていない方々なので、とても懐かしく、ついつい話し込んで、予定時間を過ぎてお喋りしてしまった。そこで一番感じた事は、みなさんが元気そうで良かった、という事。それが何よりである。以下は本題。『老子』『荘子』に代表される老荘思想といえば、「無為自然(むいじねん)=為(な)すこと無(な)く自(おの)ずから然(しか)る」を理想として掲げていることは周知の通りである。先に見た『論語』「衛霊公篇」と同様に、無為(むい)を理想とする箇所を、ここでは今本『老子』から、訓読で2つ示そう。①無為を為さば、則(すなわ)ち治(おさ)まらざること無し。(『老子』3章より)②道は常に無為にして、而(しか)も為さざるこ...禅ネタ本35ー不言の教えー

  • 最悪すぎた安倍政権

    ネット上のニュースで、安倍晋三氏の大学時代の恩師の言葉が紹介されていた。僕が安倍晋三氏に対して感じている事と矛盾しないし、大いに共感できる内容だったので、以下に引用紹介したい。【以下引用文】成蹊大学名誉教授の加藤節(たかし)氏は、同大法学部の教員として2013年に退職するまで40年以上教壇に立ち続けてきた。数多くの学生を指導してきたが、その中に若き日の安倍晋三首相もいた。安倍首相の恩師である加藤氏からみて、「教え子」安倍首相の電撃辞任と7年8カ月の政権運営はどう映ったのか。まず、安倍首相の突然の辞任について、どう思われましたか。加藤氏難病を抱えていたのだから、本当はもっと早く辞めるべきだったのかもしれません。持病である潰瘍性大腸炎は完治しない病気だと言われます。自分ならやれるという思いもあったのでしょうが、そこ...最悪すぎた安倍政権

  • 波乗り雑記帳2(3)ー再び海へ!ー

    「おらぁ!」ドカッ!ある晩、僕(当時22歳)は地元の駅に近い飲み屋街で、3対1でケンカをしていた。相手は3人、対するのは僕1人だけである。経緯はこうだ。その晩、僕は僕の遊び仲間と2人で一緒に街でお酒を飲み、店を出たところで3人組の連中に絡まれた。因みにこの3人組もお酒が入っている様子だった。いずれにせよ、こっちは2人、相手は3人だから、相手のほうが1人多い。だが、ケンカに負ける気がしなかった。「俺ら2人でテメーら3人ぶっ潰してやるよ!なあ!」と言って、僕は僕の後方に居た仲間の方を振り返った。すると、僕の仲間の姿は無かった。彼は、物凄い逃げ足の速さで、もうその場から逃げて消えていたのだ。「あれ?」と言って呆然としている僕に対して、相手の3人組は次のように言った。「ああ⁉何だって?コラァ!」「テメーの仲間はもう逃げ...波乗り雑記帳2(3)ー再び海へ!ー

  • 禅ネタ本34ー為す事なく治めるー

    皇侃が生きた時代は、次のような時代だった。西暦200年前後に始まった道教が、老荘思想や仏教教理などを取り入れて教団の組織化に成功し大きな勢力になっていたのだ。(尚、道教と、老荘思想の道家は、全くの別物。これは以前に詳しく書いた。)504年に梁の武帝が道教を捨てて仏教を奉ずる「捨道奉仏」の式をあげているが、それは、仏教を奉ずるにあたって、捨道せざるをえないほど道教が盛んであったことを証明している。また、以前にも触れたように、梁の時代、仏教や道教の垣根を越えて盂蘭盆会を営んでいた可能性もある。そうであるならば、武帝の捨道奉仏によって道教が消滅したわけではあるまい。また、皇侃の『論語義疏』の特徴の一つとして、道家の用語を使っている点が見られるようである。このようなことを考え合わせれば、皇侃が、老彭を800歳の長寿者と...禅ネタ本34ー為す事なく治めるー

  • 波乗り雑記帳2(2)ーマリアとの別れー

    東京ディズニーランドのカヌーアトラクションで、僕(当時22歳)がキャスト(スタッフ)として船尾を担当していた時。僕は、うっかりミスをしてカヌーから落ちてしまったwもちろん全身ずぶ濡れである(笑)この瞬間、カヌー乗り場に行列を成していた数百人ものゲスト(お客さん)たちから、僕は大爆笑されてしまった。少し前には、湘南でトリプルサイズのビッグウェーブに乗って千人以上のギャラリーから賞賛の歓声を浴びた僕が、サーフィンをやめて街に戻った今、ディズニーランドのカヌーアトラクションでミスを犯して水没。数百人のゲストたちから失笑を買ってしまったわけだ。元湘南サーファーの僕が、ずいぶんと落ちぶれたものである。さて、そんな僕は、この頃、アパートの一室でマリア(当時18歳)と一緒に暮らしていた。そう。マリアは、僕が湘南の海でトリプル...波乗り雑記帳2(2)ーマリアとの別れー

  • お盆とお葬式

    まず余談だが、「インド洋の島国モーリシャスの沖合で大型貨物船が座礁して重油が流出した事故で、船を運航していた商船三井は、流出した重油は1千トン以上だったと明らかにした。現地の業者などに依頼して回収を進めているらしいけど、いつ終わるか見通しはたっていないという。」この事故について、僕は、強い憤りを覚える。「わざとやったわけではないにせよ、どんだけ自然を破壊するんだよ!どんだけ多くの海洋生物が命を落とすと思ってるんだよ!油1滴さえも海にこぼさない位の気持ちでやってくれよ!」と言いたい。以下は本題。毎年のように書いているが、我々僧侶は、基本的に、お盆供養がある7月・8月が1年で1番忙しい。東京盆は7月だが、最近は、東京都内でも8月にお盆供養をなさるお宅も少なくない。それは多分、そのお宅が、元々8月にお盆供養をなさる地...お盆とお葬式

  • 波乗り雑記帳2 (1)ー水没ー

    「波乗り雑記帳」は、既に~さよなら湘南の海~(2020/6/7UP)で最終回とした。ビーチで見ていた千人以上ものギャラリーの歓声を浴びながら、僕は、トリプルサイズのビッグウェーブに乗った。その後、僕は湘南を離れて、生まれ育った都会の街へ戻った。サーフィンは、やめたのだ。そして、ここからが新シリーズ「波乗り雑記帳2」である。「皆さん!アメリカ河へようこそ!それではカヌー探険に出発しましょう!」僕(当時22歳)は、インディアン(ネイティブアメリカン)のようなコスチュームを着て、笑顔でそう叫んでいた。そしてインディアン風のカナディアンカヌーにゲスト(お客さん)たちを乗せて、カヌー探険に出発した。そう。湘南から、地元の都会の街に戻った僕は、サーフィンをやめて、東京ディズニーランドのウエスタンランドエリアにある「デヴィー...波乗り雑記帳2(1)ー水没ー

  • 禅ネタ本33ー清談ー

    まず余談だが、先日、数年ぶりに大学時代の友人Kさん(1学年先輩)から連絡を頂き、初めてリモート飲み会(zoom飲み会)をして楽しい時間を過ごした。Kさん、その節はありがとうございました。Withコロナ時代の今、直接会って居酒屋などで飲み会をするのは基本的に危険だし、場合によっては無責任すぎる事でもある。なので、こうしたリモート飲み会(オンライン飲み会)は、時代に合ったとても良い方法だと思う。僕は、今までzoomもSkypeも全く使った事が無かったし、使い方も知らなかった。だがこれからは、積極にこういう方法に慣れていく必要がある、そういう時代なのかも知れない。少なくとも、爆発的に感染者が増えてきている今、直接会っての会食は控えるべきだろう。さて、以下は本題。以前にも引いた『論語』「述而篇」の「述べて作(つく)らず...禅ネタ本33ー清談ー

  • 禅話130ー私には及ばない!ー

    まず余談だが、昨今、コロナの影響でマスクゴミが増えている。きちんとゴミとして処分するなら良いが、その辺の道端や川や海にマスクが捨てられいる。その多くが、プラスチック原料で出来ている不織布マスクだ。プラスチックゴミが地球環境に悪影響を及ぼす事は、もう説明するまでもないであろう。そしてこの地球上には、我々人類以外にも沢山の生き物が暮らしている。であるならば、他の多くの生命の安全な環境のために、僕は、地球環境を破壊し続ける人類の滅亡を祈るしかないのかも知れない。人類は、まるで地球に寄生した最悪のウィルスだ。この最悪のウィルスの終息を、僕は、真摯に願おう。どうか、地球上の様々な生命体を、人類という名の最悪のウィルスから守りたまえ。合掌さて、以下は本題。◆中曹山和尚○原文問、「佛未出世時如何?」師云、「曹山不如。」曰、「...禅話130ー私には及ばない!ー

  • NALU

    新型コロナウィルスの世界的なパンデミックが無ければ、今年2020年7月24日には東京オリンピックが開催されるはずだった。そして、サーフィンもそのオリンピックの競技の1つとされていた。このような事から、おそらく今年の初め頃には、「よし!今年からサーフィンを始めよう!」と思っていた人も多いのではなかろうか。ところが、コロナの影響でオリンピックは来年に延期。その上、緊急事態宣言などに伴い各地の海辺の駐車場は閉鎖されるなどした。こうした事から、今年からサーフィンを始めようと思っていた人達が、結果的にサーフィンを始める事を断念した人も少くないのではなかろうか?まあ、僕はオリンピックには反対で、延期ではなく中止を望んでいる。海も、変にサーフィンブームになって混雑が酷くなれば、様々なトラブルの原因になるので、ブームにならない...NALU

  • 禅ネタ本32ー未来など待つものではなく、過ぎた過去は追っても無駄ー

    『論語』の下論に属す「微子篇」から、道家との交渉を窺わせる例を一つ挙げよう。(訓読)「楚の狂接輿(きょうせつよ)が歌いて孔子を過ぎる、曰く、鳳(ほう)よ鳳よ、何ぞ德の衰えたる。往(さ)ったことは諫(いさ)むべからず、來(き)たることには猶(な)お追(したが)うべし。已(や)めよ已めよ、今の政に從(したが)う者は殆(あや)うし。」つまりこうだ。楚の国の接輿という隠者(いんじゃ=俗世を離れて隠れ住む老荘的な自由人)は、孔子の近くを通り過ぎるときに、狂人のまねをして歌った。「鳳よ鳳よ(孔子を、想像上のめでたい鳥・鳳凰(ほうおう)にたとえる)、なんと徳の衰えたことか。過ぎ去ったことをとやかく言うのはやめて、これからのことを大切にしなさいな。やめておきなさい、今の政治にかかわるのは危険なことだ」と。歌の内容の意図するとこ...禅ネタ本32ー未来など待つものではなく、過ぎた過去は追っても無駄ー

  • それ、間違ってますよ!

    最近、物凄く変なテレビCMがテレビから流れている。僕は、このCMが異常なほど変だ!と感じている。それは、「お坊さんのいないお葬式」という名の会社CMである。CM内容はこうだ。年輩の男性が次のようなセリフを言う。「無宗教なのに、なぜ、お葬式ではお坊さんを呼ぶのだろう」と。このセリフが異常に変なのだ。いや、葬儀のやり方が多様化している現在、お坊さんを呼ばない葬儀があっても良い。僕は、僧侶として葬儀や法事で忙しいので、寧ろ、我々僧侶(お坊さん)を呼ばない葬儀が増えてくれたほうが有り難いくらいだ。更に言えば、これから1年で1番忙しいお盆の時期を向かえるので、なおさら僧侶としてのお勤めを減らしたいと個人的に思っている。変なのは、お坊さん抜きのお葬式という事ではない。「無宗教」という点である。一般的に、特に何の宗教信仰も持...それ、間違ってますよ!

  • スナメリ

    僕は、サーフィン中に頻繁にスナメリ(イルカの一種)と遭遇するが、その事は、なるべくブログには書かないようにしてきた。しかし今回は、自分のためのメモ書きとして少々記しておく。僕は、18歳~38歳の20年間サーフィンをしていた。そして現在、18年ぶりにサーフィンを再開してまだ3年も経たない。で、前の20年間にサーフィン中に野生のスナメリと遭遇した回数は4回。一方で、現在サーフィンを再開してから僅か3年弱で、スナメリと遭遇した回数は、なんと40回を越えている。この回数の差は一体どういう事か。野生のスナメリの個体数は減っているという話しを耳にする事はあるが、増えているとは聞いた事がない。にもかかわらず、これほど頻繁に遭遇するのは何故か?もしかしたら、若い頃の20年間にも、本当はもっと頻繁にスナメリと遭遇していたのかも知...スナメリ

  • 禅ネタ本31ー亀は、高貴な甲羅にされるより、自然の泥の中で生き生きと暮らすことを望むー

    『漢書芸文志』の著者班固は、儒家をどのように評価しているのか、『漢書芸文志』「諸子略」に於ける「儒家」の項に目を向けたい。(訓読)儒家の流は、蓋(けだ)し司徒(1)の官に於いて出、人君を助け陰陽に順じ教化を明らかにする者なり。文を六経(2)の中に於いて遊ばし、意を仁義の際に於いて留め、堯舜(3)を祖述(4)し、文武を憲章し、仲尼(5)を宗師とし、以てその言を重んじ、道に於いて最も高しと為す。孔子曰く、「もし誉むるところ有れば、それ試(こころ)むるところ有り」と。唐(とう)虞(ぐ)の(6)隆、殷(いん)周(いんしゅう)の(7)盛、仲尼の業、已(すで)にこれ効を試むる者なり。然れども惑(まど)う者は既に精微(せいび)を(8)失い、而して辟(よこしま)な者はまた時に随いて抑揚し、道の本に違離し、苟(いやしく)も衆に譁...禅ネタ本31ー亀は、高貴な甲羅にされるより、自然の泥の中で生き生きと暮らすことを望むー

  • 禅話129ー過去に従うのではなく、今を生きる!ー

    まず余談だが、最近、僕は1人で海辺のゴミを自主的に拾って海辺を綺麗にしておくように努力している。その事は、既に何度か当ブログに書いている通りだ。(但し、雨天時や強風の日はゴミ拾いはしていない。)そのゴミだが、僕は、他所から来たサーファーか釣り人が捨てているものだと思い込んでいた。勿論、そういう人達の中にも海辺でゴミを捨てる輩はいるだろう。ところが、先日、地元の人が海辺でゴミを捨てている姿を見てしまった。それだけではない。早朝にペットの犬の散歩をしている地元民が、犬の糞もその辺でさせたまま片付けていないのも見てしまった。従って、海辺近くの道のアチコチに、ゴミだけではなく犬の糞も落ちている。まったく、困ったものだ。いずれにせよ、海辺にゴミを捨てたりペットの糞を片付けない非常識でマナーの悪い輩は少くないようだ。要する...禅話129ー過去に従うのではなく、今を生きる!ー

  • 波乗り雑記帳51《最終回》ーさよなら湘南の海ー

    当時の彼女マリア(18歳)と千人以上ものギャラリーが砂浜で見守るなか、当時22歳の僕は最大級のジャイアントウェーブが立つ海に1人で挑んだ。その大波のサイズは、トリプル(人の背丈の3倍)にも達していた。まず、その大波が立っているアウト(沖)へ向かってパドリング(ボードに腹ばいになって手で漕ぐ)してゆく。その日の大波は、間近で見ると、まさに巨大な水の山だった。僕は、そいつに飲み込まれた。その大波の大きさから比較すると、僕は小さな木葉のようなものだ。あまりにも巨大なその大波に、僕のドルフィンスルー(ボードごと水中に潜って波の下を潜り抜ける事)は全く通用しなかった。両手でしっかり握っていたサーフボードは一瞬で吹き飛ばされ、僕は、猛烈にパワフルなホワイトウォーターにグシャグシャに巻かれながら水中深くに引きずり込まれた。そ...波乗り雑記帳51《最終回》ーさよなら湘南の海ー

  • 波乗り雑記帳50ー THE DAY ー

    最初で最後、ただ1度だけ出場したサーフィンコンテストはメチャクチャだった。試合中に同じ色のゼッケンの選手と混ざったり、初め「1位」と貼り出された僕の結果を、後から「4位」に張り替えられるなどの行為があった。いずれにせよ、なんだかよく理解できない結果で終わったわけである。しかし、僕はこの大会で負けたら、この湘南・鵠沼海岸を離れて生まれ育った都会の街へ帰ろうと決めていた。サーフィンはやめるつもりだ。そして、湘南を離れるための引っ越し準備などを始めようとしていたある日。思いもよらず、ついに、最大級のビッグウェーブの日がやって来た。それは、地獄の底からの地鳴りのような恐ろしい音を立てていた。思えば、僕は18歳の時に湘南・茅ヶ崎に住んで、19歳で頭サイズ(人の背丈の高さ)の波で溺れて死にそうになった。それはまだ全くの初心...波乗り雑記帳50ーTHEDAYー

  • 「誰も見てないからいいや」じゃないだろ?

    以前、ずいぶんと誤解された事があったので、僕の基本な立場・考え方、いわゆる僕のスタンスを改めて明らかにしておきたい。まず、「禅蔵さんはお坊さんのクセに、欲があるじゃないか」というような誤解。当たり前である。そもそも我々僧侶であろうと誰であろうと、全くの無欲の人などこの世に存在しない。もしも全くの無欲だったら、食事を欲する事もなく、呼吸のための空気を欲する事もないだろうから生きる事は不可能。直ぐに死んでしまう。大切なのは、〝無欲〟ではなく、〝少欲知足〟(しょうよくちそく)だ。つまり、可能な限り欲は少なく、「もっと、もっと」と欲張るのではなく、必要なものは既に足りている、即ち足るを知る事が大切。金と権力を貪る安倍晋三氏のような、私利私欲な輩は言うまでもなく論外である。安倍晋三氏は、問題が発覚する度に毎度毎度「責任は...「誰も見てないからいいや」じゃないだろ?

  • 波乗り雑記帳49ー第1回渋谷109サーフィングカップー

    僕(当時22歳)は、ついにサーフィンコンテストにエントリーした。僕が出場するためにエントリーしたサーフィンコンテストは、「第1回渋谷109サーフィングカップ」であった。会場は、僕が住む湘南・鵠沼海岸である。その第1回渋谷109サーフィングカップの内容は、次のようになっていた。出場可能なクラスは、次の4クラスに分かれている。Sクラス(プロ級のトップレベルクラス)。Aクラス(上級者クラス)。Bクラス(中級者クラス)。Cクラス(初心者クラス)。当時の僕のサーフィン経験とレベルを考えれば、僕はAクラスにエントリーするべきだったかも知れない。しかし、エントリー費用(数千円)を支払って出場するからには、確実に上位入賞してトロフィーの1つくらいゲットしたい、と考えた。そこで、ワンランク下げて、僕はBクラスにエントリーした。大...波乗り雑記帳49ー第1回渋谷109サーフィングカップー

  • 禅ネタ本30ー絶學無憂ー

    『論語』には、下論を中心に孔子の言行として疑わしい部分もある。この件については、津田左右吉氏の研究成果を参考にしたい。例えば、孔子の言として『論語』「顔淵篇」に、「君、君たり、臣、臣たり、父、父たり、子、子たり」と見える。これと同じ文が、荀況(じゅんきょう前320前後~前230年前後)の思想を伝える『荀子(じゅんし)』「王制篇」にも見える。また、『論語』「憲問篇」に、同じく孔子の言として「古(いにしえ)の学者は己(おのれ)の為(ため)にし、今の学者は人の為にす」とあり、これと同文が『荀子』「勧学篇」にもある。荀況は、孔子の没後160年ほど後に誕生した儒者である。従って、『論語』と『荀子』の双方に同文が確認出来る場合、時系列的に考えれば、先行する『論語』の文を、後から『荀子』が引いたのだろうと思うところである。し...禅ネタ本30ー絶學無憂ー

  • サーフィンによって新型コロナウイルス に感染するのか?

    新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の、当初の期限5/6を過ぎた。そこで今回は、以下の記事をアップしたい。過日、4月19日に「サーフィン自粛に関する私見」という記事を書いた。今回はその第2弾として、ズバリ「サーフィンによって新型コロナウイルスに感染するのか?」という事を考えてみたい。まず、新型コロナウイルスの感染拡大抑止には、3密(密閉・密接・密集)を避ける事が大切とされる。そのために、出来る限り不要不急の外出を控える事が求められる。但し、専門家によっては、「どこかへ出かける・出かけないが問題なのではない。問題は、3密状態で他者と接する事だ」と述べている専門家もいる。なるほど、その通りであろう。つまり、海へ行く事がダメだという事にはならないのだ。具体的には、ソーシャルディスタンスと称するように、他者との距離を2...サーフィンによって新型コロナウイルスに感染するのか?

  • 波乗り雑記帳48ーそして最後の夏へー

    さて、その年僕は22歳になり、マリアは高校2年から3年生に進学し18歳になった。僕とマリアが2人で過ごす事が増えるに従って、N島さんと会う回数は減っていった。一方、以前、鵠沼海岸の海に近いK荘で、僕は、MやHとルームシェアして一緒に生活しながら日々サーフィンを楽しんだ。その辺りの事は以前書いた通りだ。そのMやHはどうしているのか。Mは、東京渋谷のディスコKで企画リーダーをしていたが、この頃か、もう少しあと位に転職し、今度は東京六本木のディスコMの黒服店員になり、昼間はデザイン関係の専門学校へ通うようになった。しかし、勿論サーフィンは続けていた。一方、Hは、この頃プロの歌手をしていた彼女とは別れた。そして、サーフィン生活からも離れて、「フランスへ渡って絵を描きたい!」として、その準備に取り組んだ。以前書いた通り、...波乗り雑記帳48ーそして最後の夏へー

  • 禅話128ー禅問答の基本パターンとその解き方ー

    前回はサーフィンの話しに触れたが、今回は、「禅話」を書こう。「禅に興味はあるのだが、禅の問答って難解でよくわからない」と思っている人も少なくないと思う。そこで、今回の禅のお話しは、そうした問答の攻略法を意識しながら紹介したい。以下は今回の本題。◆睡龍和尚〔道溥〕○原文問、「如何是學人自己事?」師云、「不是尓自己、是什摩?」○試訳問う、「如何(いか)なるか是(こ)れ学人(がくじん)の自己の事?」師云わく、「尓(なんじ)自己でなくて、是れ什摩(しゅうも=いかに)?」●超訳とコメント○学人(=修行僧)が師匠に問う、「私の真の自己、本源たる真の姿とは、どのようなものでしょうか?」師匠が云う、「は?キミがキミじゃなくて、いったい何なの?」○「誰か」ではなく、「あなた本人」が常に大切。そして、「これから気づく・いつか悟る、...禅話128ー禅問答の基本パターンとその解き方ー

  • サーフィン自粛に関する私見

    現在、新型コロナウイルス問題で緊急事態宣言が発令されている。これに伴い、千葉や茨城の多くのサーフポイント(サーフィンする海)の駐車場が閉鎖されている。主に他の都県からやって来るサーファーを減らし、新型コロナウイルスの感染拡大を抑止しようという目的のようだ。なるほど、この方法により一定の効果はあるのだろう。しかし、どうもスッキリとしないというか、いまいち納得できない面がある。まず、新型コロナウイルスの感染拡大抑止には、三密(密閉・密接・密集)を避け、出来る限り不要不急の外出を控える事が求められる。但し、自宅にこもったままだと極端に運動不足になるので、発熱などの自覚症状が無ければ、ジョギングや公園の散歩などの外出は認められている。勿論、この場合にも三密には気をつけなければならない。公園などで密接に密集して、集団で談...サーフィン自粛に関する私見

カテゴリー一覧
商用