住所
松本市
出身
松本市
ハンドル名
バッタモンさん
ブログタイトル
ポタリング日乗
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/osyaka3/
ブログ紹介文
自転車散歩日記です 時々鉄道、カメラの話題も。
自由文
更新頻度(1年)

13回 / 4200日(平均0.0回/週)

ブログ村参加:2007/08/21

バッタモンさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(IN) 0 0 0 0 0 0 0 949237サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
自転車ブログ 0 0 0 0 0 0 0 9593サイト
ツーリング 0 0 0 0 0 0 0 454サイト
ポタリング 0 0 0 0 0 0 0 1039サイト
ロードバイク 0 0 0 0 0 0 0 3869サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 97640 53322 53370 56646 56739 56723 56652 949237サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
自転車ブログ 1058 580 578 615 611 610 612 9593サイト
ツーリング 48 27 28 30 29 28 29 454サイト
ポタリング 83 36 34 40 40 40 41 1039サイト
ロードバイク 603 478 481 488 480 481 484 3869サイト
今日 02/18 02/17 02/16 02/15 02/14 02/13 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 949237サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
自転車ブログ 0 0 0 0 0 0 0 9593サイト
ツーリング 0 0 0 0 0 0 0 454サイト
ポタリング 0 0 0 0 0 0 0 1039サイト
ロードバイク 0 0 0 0 0 0 0 3869サイト

バッタモンさんのブログ記事

?
  • 新府城跡

    南アルプス市立美術館でピカソ展を見たついでに寄った新府城跡武田勝頼が長篠の戦いの大敗後築城したしかし勝頼がここにいたのは60数日で結局信長に滅ぼされてしまったのだ馬出し出構えや堀跡など比較的広いエリアに往時を偲ぶ遺構が残されている新府城跡

  • ファットバイク

    国営アルプスあづみの公園でファットバイクの雪上試乗会見た目鈍重だけど走り出すとそんな感じはまるでなく雪をがっちり捉えて気持ち良く走ってくれるのはまるで軽快にビヨンセを踊る渡辺直美のようなものだなかなか面白い乗り物だけど価格と折り合いのつかないのが問題かな?ファットバイク

  • 日本を変えた千の技術博

    フェルメール展のついでに寄った科学博物館の特別展江戸から明治になって高々150数年ここまで技術進歩をもたらした先人たちの英知は素晴らしいこの国産初の日立大型コンピューターはもの造りへの執念の固まりだ日本を変えた千の技術博

  • 大岡村の道祖神

    テレビのニュースで大岡村の道祖神の神面がリニューアルしたと報じていたので久しぶりに行ってみた正月の注連飾りで作られた神面は相変わらずユーモラスでこれを見た疫病や悪霊はやる気が失せてしまうに違いない神面の視線の先には雪化粧したアルプスの山々が素晴らしい大岡村の道祖神

  • 尾道みたいな・・・

    正月も4日になると諏訪大社もだいぶ日常を取り戻しつつある春宮から秋宮まで旧中仙道をぶらぶら歩いている途中坂道に誘われて上っていくとふっと違った景色が現れる規模はぜんぜん違うけれどなんとなく尾道を思い出した尾道みたいな・・・

  • 久々の更新久々の京都

    BSの「ぶらぶら美術館」で取り上げていた藤田嗣治展を見たくなって京都へついでに以前から一度はってみようと思っていた京都鉄道博物館へ行ってみた京都は何度か来ているけどここは初めて鉄ちゃんではないがなかなか面白いものがいっぱいだ特にこの梅小路蒸気機関車庫に鎮座するSL8両と転車台はなかなかの見ものだったまたNゲージ再開しようかな?久々の更新久々の京都

  • 諏訪イチ

    連休の一日は近場&平地と言うことで諏訪湖周辺でもちょっと横道に逸れてみると新しい風景が現れる道の数だけ自転車の走るルートはある諏訪イチ

  • 西天竜発電所

    灌漑用水路沿いはアップダウンがないので貧脚化しつつある身にはありがたい西天竜幹線用水路沿いのコースもお気に入りのひとつで秋の取り入れを眺めながらのんびりポタリングまずは以前松ぽたで訪れた水路橋跡へ行ってみよう今は道路として使われているが戦時中ここに屋根をかけて軍需工場にしようとする計画があったそうだ何と切羽詰ったことか用水路沿いにほとんど道路が並走しているが舗装が結構がたがたなのがちょっと残念だ所々で用水路が消えるのはサイホンで谷を横切るからだ対岸に渡るとまた忽然と湧き出てくるそしてこの用水路の末端は何と発電所になっているのだ西天竜発電所ちょうど今は工事中で完成は平成31年と言うことだがもう平成ではないなぁ完成したらまた行ってみよう西天竜発電所

  • 押すな八海

    もう4半世紀ほどまえになろうか?写真雑誌で見た雪景色の古民家と富士山の絵葉書的風景に一度は訪れてみたいと思っていた「忍野八海」富士山の伏流水に水源を発する湧水池が点在する地だポタしながら巡ろうとミニベロ持って行ったのだが池は比較的狭いエリアに集中してあり遊歩道で結ばれているのでほとんど乗る余地なしさらに観光客も多くて中国語や英語もあちこちから耳に入る忍野八海の定番風景の涌池辺りは特に混雑押すな!池に落ちる水深8メートルの涌池は湧き出る水量も多くなかなか見応えあるが他の池はまぁそれなりか・・・しかし雪のないすっぴんの富士山はちょっとねぼけ顔だな押すな八海

  • 木曽路ぽた:三留野宿

    中山道を走破しようと思い立ってから約10年軽井沢宿と御嵩宿間で走ってなかったのがこの三留野宿だ前回は野尻宿を過ぎたところで雨が降ってきたので十二兼駅でエスケープそれ以来ずっと気になっていたので今回木曽路ぽたの二つ目の目的はここを走る事だ円空も滞在したという三留野宿はこじんまりした佇まいだ階段とか民家の軒先に中山道の案内表示があったがこれが江戸時代の正規のルートをトレースしてると思うとなんとなくうれしいこれで中山道走破は軽井沢宿から御嵩宿間垂井宿から武佐宿間を走ったことになる次回は御嵩から垂井間を走ろういつになることやら・・・・木曽路ぽた:三留野宿

  • 木曽路ぽた:無名吊り橋

    これも中央西線の車窓から見える気になっていた吊り橋だ十二兼の駅に向かう旧道から農道を下りていくとそこにある対岸は山林で集落はないし入口にはシリンダー錠が掛けてあるもう使われていないのかなと思いながら眺めているとちょうど軽トラで通りかかった人の良さそうなおじさんが車を止めて話しかけてきた橋はまだ現役で山仕事に行く時など使っているそうで地元の人たちが維持管理しているということだ橋の袂には交換した橋板がブルーシートの下に見えたよく見るとワイヤーも錆のない部分もあるまた対岸には道ができる予定だとも話していた詳しくは聞かなかったが木曽街道の迂回路なのだろうか?いつできたかは記憶にないようだが構造がほとんど同じ諸原橋と同じ頃だろう橋名板とかは見当たらないしまった!橋の名前を聞くのを忘れた木曽路ぽた:無名吊り橋

  • 木曽路ぽた:発電所

    上松と大桑の間は発電所の宝庫で地図上で数えてみたら9か所もあった関西電力の発電所でそれぞれ特徴的な外観を見せているこの大桑発電所は大正10年運転開始の水路式発電所で「近代化産業遺産群」の一つとして認定されているということだ今度木曽路発電所巡りなんてのも面白いかもしれない読書発電所や柿其水路橋なんか魅力的だ南木曽には電力王福沢桃介記念館もある調べてみると施設見学できるところもあるが平日限定ということだ残念!木曽路ぽた:発電所

  • 木曽路ぽた:諸原橋

    寝覚めの床や小野の滝は軽く流し本日の目的の一つへそこは名古屋方面へ行くときにしなのの車窓から眺めいつも気になってチェックしておいた所だ木曽寝覚学園を過ぎたあたりから旧道沿いの集落に入るとあった!長年の恋慕が成就した瞬間だその名は諸原橋と知った昭和31年竣工とあったから自分とほぼ同じ年月を歩んできたことになるさすがにワイヤー類は赤く錆びつき欄干の栗の木だろう木材も補修はしてあるものの長年の風雪に白っぽくひび割れているのはまるで橋の白髪だ対岸の10軒余りの集落が諸原で街道側には30数件の荻原という集落がありそこには郵便局やかつては商店もあったので生活には欠かせない橋だったのだ橋を渡りながら上流を見るとそれほど遠くないところに新しい橋が見えるこの橋は新しくかけ直されることもなくやがて通行止めになり朽ち果てその使命を終...木曽路ぽた:諸原橋