searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

yujiさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ぼくらラボ
ブログURL
https://bokuralab.com/
ブログ紹介文
ぼくらラボはみんなのやくにたつ、楽しくすごせるコンテンツをめざしています。たとえば、小説の書き方、文章の書き方をセカチューの作家、片山恭一さんが書いています。また、いろんなデザインを手掛けたデザイナーによるデザインやブランドの話など満載
更新頻度(1年)

62回 / 93日(平均4.7回/週)

ブログ村参加:2021/06/24

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、yujiさんをフォローしませんか?

ハンドル名
yujiさん
ブログタイトル
ぼくらラボ
更新頻度
62回 / 93日(平均4.7回/週)
フォロー
ぼくらラボ

yujiさんの新着記事

1件〜30件

  • 成功をデザインすることができるのか?

    誰もが願うのは成功ではないでしょうか? だから私たちは、成功した人が「何をやったか」に興味を持ちます。 毎年ビジネスで成功を収めた人の「成功本」「経営本」が山ほど出版され、セミナーなども多数開催されていますが、成功者であふれか

  • 21 スペシャルなものを書きたい

     やっぱりスペシャルなものを書きたいわけですよ。みんなと同じものを書いても面白くない。どうせなら自分だけのオリジナルなもの、独創性に満ちたものを書きたい。よくわかります。ぼくもできればそういうものを書きたい。  ぼくが学生時代から読

  • 8 悲観的に準備して、楽観的に行動する

    僕が卒業した高校は、文化祭や体育祭が活発なことで有名だった。 イベント事が好きな僕は、文化祭員や、体育祭の競技のリーダーとして参加することでそれらの行事を楽しんだ。 ただ、今その当時を振り返ると、その行事当日のことはほとんど覚

  • 8 悲観的に準備して、楽観的に行動する

    僕が卒業した高校は、文化祭や体育祭が活発なことで有名だった。 イベント事が好きな僕は、文化祭員や、体育祭の競技のリーダーとして参加することでそれらの行事を楽しんだ。 ただ、今その当時を振り返ると、その行事当日のことはほとんど覚

  • 求められるデザイン

    商品そのものを買うのではなく、商品を取り囲む雰囲気や世界観を買うのであって商品を取り囲む環境をつくらない限り、消費者はそれを欲しがらないのです。

  • 求められるデザイン

    商品そのものを買うのではなく、商品を取り囲む雰囲気や世界観を買うのであって商品を取り囲む環境をつくらない限り、消費者はそれを欲しがらないのです。

  • 20 「好き」の起源

     宮沢賢治のオノマトペにはどこか〈性〉のニュアンスがあります。ここで〈性〉と言っているのは自分と相手、自分と対象が未分化な状態、主観にたいして客観的な対象物という、はっきり分かれた関係になっていない状態のことです。賢治が自然の事物や事象に

  • 20 「好き」の起源

     宮沢賢治のオノマトペにはどこか〈性〉のニュアンスがあります。ここで〈性〉と言っているのは自分と相手、自分と対象が未分化な状態、主観にたいして客観的な対象物という、はっきり分かれた関係になっていない状態のことです。賢治が自然の事物や事象に

  • 7 「決め方」を決める

    経営者やリーダーは、大なり小なり、ほぼ毎日、意思決定を求められる。 取引先やスタッフ等から、最終的な判断を仰がれる際にどう決定していくかが、会社の方向性を左右する。 正しい判断をするために、詳細な情報や客観的なデータ、専門家や

  • 7 「決め方」を決める

    経営者やリーダーは、大なり小なり、ほぼ毎日、意思決定を求められる。 取引先やスタッフ等から、最終的な判断を仰がれる際にどう決定していくかが、会社の方向性を左右する。 正しい判断をするために、詳細な情報や客観的なデータ、専門家や

  • 19 宮沢賢治のオノマトペ(承前)

     もともとオノマトペ(擬音)というのは、かなり共同体的なもの、あるいは民族的なものです。民族語的なものと言ったほうがいいかな。たとえば犬は日本語では「ワンワン」と鳴きますが、英語では「バウワウ」、フランス語では「ウワウワ」、ドイツ語では「

  • 経営を変えるデザイン

    世の中の経営者のほとんどが、経営資源としてデザインの一部しか使っていないのがとても残念です。使っているのは、売るための宣伝としてのデザインだけです。 じつは、売るためには会社や商品を知ってもらう必要があります。つまり広告(PR)が必

  • 経営を変えるデザイン

    世の中の経営者のほとんどが、経営資源としてデザインの一部しか使っていないのがとても残念です。使っているのは、売るための宣伝としてのデザインだけです。 じつは、売るためには会社や商品を知ってもらう必要があります。つまり広告(PR)が必

  • 18 宮沢賢治のオノマトペ

     なんかずっと寄り道ばかりしている気がします。「文章の書き方」という主題はどこへ行ったんだ? あまり遠くへは行ってないはずだけど、とりあえず姿は見えません。まあ、この先もずっとこんな調子かもしれませんので、そのつもりでお付き合いください。

  • 18 宮沢賢治のオノマトペ

     なんかずっと寄り道ばかりしている気がします。「文章の書き方」という主題はどこへ行ったんだ? あまり遠くへは行ってないはずだけど、とりあえず姿は見えません。まあ、この先もずっとこんな調子かもしれませんので、そのつもりでお付き合いください。

  • 人生を二度デザインする。人生2.0

    いま人生を考え直す時が来ています。人生100年時代なんて言われる時代ですから、いままでの人生プランではちょっと無理がある。そこで人生は二度あると考えるLife reDesignがあってもいいでしょう。LIFE ver2であり、人生2.0で

  • https://bokuralab.com/2021/08/24/1300/

    17 梶井基次郎の檸檬と芥川龍之介の蜜柑

  • 17 梶井基次郎の檸檬と芥川龍之介の蜜柑

     前回取り上げた和歌の多くは、四季の風物を主題としたものですが、そこで取り上げられる花鳥風月や雪月花といった事物が内包している情感やイメージは、共同体的なものを志向しているように見えます。民族的と言ってもいいかもしれません。日本人なら誰で

  • 17 梶井基次郎の檸檬と芥川龍之介の蜜柑

     前回取り上げた和歌の多くは、四季の風物を主題としたものですが、そこで取り上げられる花鳥風月や雪月花といった事物が内包している情感やイメージは、共同体的なものを志向しているように見えます。民族的と言ってもいいかもしれません。日本人なら誰で

  • aaa

  • 自動下書き

    17 梶井基次郎の檸檬と芥川龍之介の蜜柑

  • 世界観ってなんだ?最重要戦略

    世界観を経営者が語ることができれば、デザイナーはそれをビジュアル言語化することができます。それによりプロダクトのデザインフォーマットがつくられ、そこから生まれるデザインテイストが同じ価値観を持つ人々をひきつける武器となります。

  • 世界観ってなんだ?最重要戦略

    世界観を経営者が語ることができれば、デザイナーはそれをビジュアル言語化することができます。それによりプロダクトのデザインフォーマットがつくられ、そこから生まれるデザインテイストが同じ価値観を持つ人々をひきつける武器となります。

  • 16 和歌に寄り道してみる

     小説はさまざまな事物(花や子どもや猫など)から成り立っています。崇高な観念や思想を主題とするものではありません。背後にそういうものがあっても、直接的には描かない。もちろん例外はありますが、多くの小説で中心的に描かれるのはあくまで諸事物で

  • 16 和歌に寄り道してみる

     小説はさまざまな事物(花や子どもや猫など)から成り立っています。崇高な観念や思想を主題とするものではありません。背後にそういうものがあっても、直接的には描かない。もちろん例外はありますが、多くの小説で中心的に描かれるのはあくまで諸事物で

  • アートはビジネスを救うのか?

    最近アートが世界のビジネスリーダーに必要にされていると言う話をよく聞くようになりました。そして、日本でも渋谷の若き経営者たちはアートに興味を示します。 そこで今回はアートとビジネスについて、デザイナーとしてずっと生きてきたぼくの考え

  • デザインの不思議

    モノとコトの関係によってデザインはその表情を変えなくては良いコミュニケーションはできません。

  • 15 個性ってなんだろう?

     写真でも、ただ巧いだけの写真って面白くないですよね。巧い写真なら、それこそスマホに内蔵されたカメラなんかはそつなく巧い。でも、それだけでは面白みがない。だって誰が撮っても一緒なんだもん。やっぱりその人のまなざし、感性みたいなものが写って

  • 15 個性ってなんだろう?

     写真でも、ただ巧いだけの写真って面白くないですよね。巧い写真なら、それこそスマホに内蔵されたカメラなんかはそつなく巧い。でも、それだけでは面白みがない。だって誰が撮っても一緒なんだもん。やっぱりその人のまなざし、感性みたいなものが写って

  • クリエイターが本当に世の中を変えるのか?!

    ちょっと仕事で、いろんなWeb系デザイン会社や広告デザイン会社のサイトを見ることがあって、クレドというか理念なんかをみると、どこもことばは違うんだけどおんなじようなことを発信している。 どんな理念かというと「クリエイティブが世の中を

カテゴリー一覧
商用