searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ぺがさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ペガサス三郷の風景
ブログURL
https://hiroharumaki.hatenablog.com/
ブログ紹介文
全国の小中学生対象にオンライン指導を行っています。このブログでは、塾長の想いや生徒・保護者の方へのメッセージなどをお送りいたします。基礎から学び、共に成長しましょう!
更新頻度(1年)

13回 / 30日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2020/10/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぺがさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぺがさんさん
ブログタイトル
ペガサス三郷の風景
更新頻度
13回 / 30日(平均3.0回/週)
読者になる
ペガサス三郷の風景

ぺがさんさんの新着記事

1件〜30件

  • 受験ができるかどうか判断してください

    こんばんは。 今日は度々登場している6年の中学受験生Fさんの授業です。 先日受験した志望校のプレテストの結果。 成績表を見たら「合格努力圏」に入ってきました。 Fさんは、今年の1月に入塾しました。 それまでは大手進学塾に通っていたので、いわゆる「転塾」です。 授業体験に来てくれた時に、授業で使っているテキストや実施したテストの成績表を見せてもらいました。 算数は「相似な図形」を学習中。しかも基本を飛ばして応用レベル。 国語の塾内テストの偏差値は18。 正直、こんな偏差値って出るんだと思いました。 保護者からは 「一度国語の状態を見てください」 「そして、受験ができるかどうか判断してください」 …

  • お菓子屋さんから学ぶこと

    こんばんは。 今日は小5のK君の授業です。 算数は「売買損益」を初めて勉強します。 ここは入試でも必須単元ですが、なかなかイメージしにくいところです。 そこで、いきなりですが「K商店」をオープンしてもらいました。 この店で何を売りたいかを聞くと「ガム」だそうです。 ということは「お菓子屋さん」で決まり。 子供らしくてかわいいですね。 仕入れ値、定価、売値、利益の説明を一通りした後 お店をオープンする場合の数値をそれぞれ考えてもらいました。 ○K商店の商品は「ガム」 ・仕入れ値:100円 ・定価 :250円(150円の利益) ・売値 :200円(50円引き) ・最終利益:100円 もっと飛びぬけ…

  • うちの子理解できていません

    こんばんは。 以前、大手進学塾に務めていた時代に 中学受験生の保護者からこのようなご指摘を受けたことがあります。 「うちの子は、塾の授業で習ったことを全然理解できていません。」 生徒が授業で解いた問題や解説された内容を写したノートをもとに、家では復習や宿題を進めるわけですが、保護者が生徒のノートを確認して「理解できていない」と判断される場合があります。 教科は算数でしたが、生徒はノートを写すのに必死で解説の内容まで理解できていませんでした。集団授業の場合これはひとつの「穴」かもしれません。 今は個別指導なので、授業中の生徒の表情やノートの内容は十分に注意して確認しています。 先日、国語の時間に…

  • 成績を上げるためのお手伝い

    こんばんは。 私は小学生に「お手伝いをする」という宿題を出します。 お手伝いというのは 「人の言うことをしっかり聴いて、何をすべきかを理解する」 「言われた通りにきちんと行動する」 「終わったら結果を正確に報告する」 「よくできましたと褒められる」 という一連の流れがあり、成績が上がる学習法の基本になっているからです。 どうしても成績が上がらない生徒は 上記の通りに動いていない場合が多いですね。 「先生の説明をきちんと理解しないまま放っておく」 「言われた通りに学習できていない」 「終わったつもりのまま報告する」 「できていないと注意される」 小学生は中学入試前 中学生は定期テスト前 家庭学習…

  • この時期のテキスト活用法

    こんにちは。 この時期はどうしてもやるべきことが多すぎて 何をやっていいのか戸惑う受験生がいます。 メインの学習は入試対策になるので 受験校の過去問や類題に慣れていくことが中心です。 このような学習は塾での授業で行われますが 家庭学習でも十分な復習が必要ですね。 整理をすると 塾では「入試対策(問題演習)」「テスト」 家では「授業の復習」「解き直しの強化」「弱点克服」 といったところでしょうか。 ここでテキストの使い方についてですが 現在使用しているテキストはおそらく 入試演習用がメインになると思います。 しかし、受験校によっては、あるいは時期的に 全ページを網羅するのは厳しいかもしれません。…

  • ゲーム好きな子の勉強法

    こんばんは。 以前こんな生徒がいました。 その生徒(A君)はとてもゲーム好きで 6年の秋ごろまで勉強はほどほどにゲームばかりしていました。 その結果、成績は上がったり下がったりを繰り返しました。 さすがに、このままでは志望校に合格できないと 保護者の方から相談があり、急遽三者懇談することに。 話を聞いていると、家では約束も守らずゲームばかり。 でも、ゲーム中はとても集中しているということ。 ならば。。。 絶対に志望校へ合格したいのであれば このタイミングでけじめをつけようということで 保護者の了解のもと、本人を説得し 入試が終わるまでゲームは私が預かりました。 本人もこの状態ではさすがにゲーム…

  • 入試という舞台で結果を出すために

    こんばんは。 現在、男子プロゴルフ界では世界最高の舞台 「マスターズ2020」が開催されています。 ある優勝候補の選手がこのようなコメントをしていました。 「コースは知り尽くしている。」 「目をつぶっていてもどのように打てばいいかわかる。」 「あとはそれをやるだけ。」 さすが世界を制する選手らしいコメントですね。 現地では何度もプレーしていると思いますが イメージトレーニングもしっかりとできているんでしょうね。 試合で結果を出すためには 現地のコンディションにきちんと対応でき キャディとのチームワークも大切でしょう。 学生界では最高の舞台である「入試」 生徒が同じようなセリフを言えれば頼もしい…

  • 頑張っているふたりの背中

    こんばんは。 昨日は2人の小学6年生が同じ時間帯での授業でした。 ひとりは中学受験生、もう一人は公立中進学生。 目の前にある教材や学習内容は全く違います。 中学受験生は4教科を奥深く学習して 数か月後の中学入試で志望校合格を目指します。 入試問題は小学校で学習する範囲というのが前提ですが 受験する学校によっては応用レベルが異なります。 例えば、合同や相似な図形の考え方が必要であっても これは算数からの出題ということになります。 一方、公立中学に進学する6年生については 弊塾ではすでに中学校の学習内容に進んでいます。 算数ではなく数学、そして英語です。 目指すところは3年後の高校入試です。 同じ…

  • 正しい成績表の見方

    こんばんは。 生徒が受けたテストの結果は必ず確認するようにしています。 生徒には正確に自分の位置を把握するように 正しい成績表の見方を説明します。 先日、中学受験生Fさんの校外模試の結果が届きました。 得点、平均点、偏差値、受験者数、合格判定。 まずはこのあたりが気になりますね。 全体の成績表を見ると 前回と比べて得点 ↓、偏差値 ↓、平均点 ↑ ここだけ見れば残念な結果と思いがちですが 今回のテストは受験者数が増えており Fさんよりも学力が高い生徒が増えたと考えられます。 そこで、学校別の資料を確認します。 Fさんの志望校データを確認すると 前回と比べて受験者数は増えていますが、平均点は ↓…

  • 受験校選びの基準

    こんにちは。 先日、卒業生のK君が進学した高校の先生が挨拶に来られました。 K君は現在トップクラスで頑張ってくれているとのこと。 卒業生の様子はなかなか把握できないので 現状を伝えてもらえるのはうれしいですね。 K君は昨年の秋 突然「〇〇高校を受けます」と言ってきました。 それは私立高校の専願希望でした。 ただ学校にはまだ行ったことがないそうで。 志望した理由を聞くと 「進学説明会のブースで先生と話をしてビビっときた」 ということでした。 なるほど! 受験校を選ぶ基準はいろいろあります。 数字や環境、部活なども大切な要素ですが 最も大切なのは 「どれだけ生徒を成長させてくれるか」 です。 進学…

  • テストの後に力をつけるには

    こんばんは。 中学受験生が先日受けたプレテストの解き直しをしています。 本番と同じように時間を計って全問をもう1度解きます。 採点してみると本番の時と点数は同じ。 でも、間違えている箇所が違います。 ① 本番で正解していた問題をいくつか間違える。 ② 本番で間違えていた問題をいくつか正解している。 ①の場合は、解き直しでのケアレスミスが理由です。 入試などでは、このようなミスが不合格に繋がります。 ②の場合は、本番でできなかった問題を解き直しで 正解していれば、現時点で解く力があるということなのでOK。 ということは、「プレテスト本番」と「解き直し」の いいところだけを取れば点数はグンとアップ…

  • みんなで勝ち取った合格

    こんにちは。 今日は生徒のうれしい報告をさせていただきます。 高校3年のR君が見事志望校の大学に合格しました! この生徒は過去に書かせてもらったことがありますが 高校1年の途中高校から徐々に遠ざかり、いわゆる不登校に。 そして高2の5月に、転校しようか迷っている段階で これまでの復習を進めたいということで入塾されました。 その後R君は転校し、新たな環境で頑張ります。 hiroharumaki.hatenablog.com 高3になると自分の夢や志望校も口から出るようになり 勉強を頑張る目標ができました。 そして、9月からスタートした大学の入試。 学校や塾で学んだことを十分に活かして 見事志望校…

  • テストとの正しい付き合い方

    こんにちは。 「テストをします」と言った後の生徒の反応は様々です。 あまり勉強ができていない生徒からは 「え~!!!」 「今はちょっと。。。」 という声が返ってきます。 勉強が順調に進み、気持ちが充実している生徒からは 「やったー!!!」 「早くやろう!!!」 という声が返ってきます。 テストは生徒を育ててくれます。 「この問題はきちんと解けるようにしましょう」 「ここはしっかり覚えておこう」 と叱咤激励してくれます。 「ここはきちんと解けているね」 「頑張っているね」 と褒めてくれます。 テストが✖をくれたところを解き直して きちんと復習すると必ず力がつきます。 テストが〇をくれたら嬉しくて…

  • 成績を上げるために必要なモノ

    こんばんは。 私が小学生だった時、ある友達がいました。 その子は学年でも1、2を争うほどいい成績でした。 ある日、その子の家に遊びに行った時のこと。 その子は、塾へ通っていませんでしたが、学年でトップの成績を取るほどなんだから部屋には大きな本棚があり、教科書以外にもたくさんの問題集や辞典が山積みになっていて勉強するための教材が全てそろっているというイメージを勝手に持っていました。 ところが、実際に部屋へ入ってみると、、、 何と6畳の和室には学習机しかありません。 しかも、問題集が山積みどころか、ほとんど教科書しかなかったような。。。 抱いていたイメージとは正反対の部屋だったことに 当時の私はか…

  • 本物の受験生になる瞬間

    こんばんは。 私が進路指導の中で最終的に受験校を決める時は 生徒本人に必ず声を出して行きたい学校を言ってもらいます。 過去にこんな生徒がいました。 その生徒は小4から塾に来ていましたが お母さんは中学受験をさせたいと思っています。 でも本人は内気な性格で、人前ではほとんど声を出さず表情も変えません。 その後、その生徒は中学受験コースに進みますが 面談で志望校の話になってもお母さんと私が話をするだけで本人は黙ったまま。 受験をしたいのかどうかも分かりません。 お母さんもさすがに困っておられました。 成績もほとんど変化なく、いつも平均より下という感じでした。 そして、いよいよ6年生の秋。 具体的に…

  • 一緒に頑張れる環境

    こんばんは。 ロボットプログラミング教室にて 普段は生徒がロボットの組み立てやプログラミングを行う際に 私が横で様子を見ながら声かけをするようにしています。 しかし、そのような授業形態では私自身が授業を楽しめない。 生徒との会話も一方通行のような感じで違和感あり。。。 そこで、先日の授業では 私も生徒と一緒にプログラミングをしてみたら、、、 やはり私自身がとても楽しめました。 生徒にとっても 私と一緒に進めることができるので とても楽しかったようです。 会話もとても盛り上がりました。 1人ではなかなかうまくできないことでも 誰かと一緒にやっているから頑張れるということがあります。 授業前は教室…

  • 直前期の頑張りに期待

    こんばんは。 地元の中学校では、明日から中間テストが始まります。 幣塾では数日前から対策授業を実施しており 生徒達は毎日、長時間教室で勉強に励んでいます。 やはり直前ともなると勉強の仕方も変わります。 目標とする点数が明確になり 自分の達成度が明確になり やるべきことが明確になり あとは全力でやるだけ という状態です。 「先生、質問です!」 「先生、○○のテストください!」 生徒からいろんな声が飛び交い 教室全体がまとまっている感じがして 授業していても心地が良いです。 普段と違って、生徒達の伸びも顕著です。 テストの結果も期待したいと思います。 このような状況は、長いスパンで考えると 受験生…

  • 入試の予行練習をしましょう

    こんにちは。 娘の保育園では今週運動会の予行練習がありました。 今までは自分たちだけの練習をしてきたましたが その日は本番をイメージしながら、全員の種目を一通り進めていきます。 多少のミスは当日までの課題として、出来る限り止めないで進めます。 ある程度の緊張感と達成感を経験して後日本番に臨みます。 予行練習の目的はこんな感じだと思います。 さて、私立中学校ではそろそろプレテストが実施されます。 また、校外模試も多数の生徒が受験します。 プレテストは解答用紙だけでなく成績表が返却され 学校によっては解説授業や個別相談会も実施されます。 受験生はこの時期に入試の予行練習をすることができます。 実際…

  • 受験生にとって大切な経験

    こんばんは。 9月から半年の期間限定で、60~80代の方を対象に 「脳の健康教室」のサポーターをしています。 具体的には、、、 ・国語:簡単な文章の音読と読み取り ・算数:足し算、引き算 1~100までのマグネットを順番に並べる数字盤 ・レクリエーション:簡単にできる体操やゲーム 「脳の活性化」を目的とするプログラムを週1回行っています。 自分一人ではなかなかできないことを 友達やサポーターと一緒にできるのでとても楽しいようです。 実際に効果が出ている方もたくさんおられます。 それは、問題に対する取り組み方に理由があるように思います。 問題を全部解くことができると 満面の笑みで喜んでくれます。…

  • 問題を理解するために~図の活用法~

    こんにちは。 私が大学生の頃のお話です。 写真にとても興味がある友人がいました。 特に人物写真が好きで、よく写真を撮ったり 著名な写真集もたくさん集めていました。 ある日、私が友人の写真集を「パラパラと」観ていると 彼にこんなことを言われたことがあります。 「ちゃんと写真を読んでるか?」 「はあ? 写真を読む?」 彼に言わせれば、「写真を読む」とは、、、 その写真に写っている人物や周りの風景から 当時の状況や撮影者の意図などを想像し、考えることだそうです。 その後は、1枚の写真から想像できることをお互いに伝え合うことをしました。 私自身、写真の捉え方が一変しましたし 友人がどのような感じ方をし…

  • 受験生におススメの学習

    こんばんは。 最近、中3生の入試対策授業で口癖になっている言葉があります。 「教科書レベルの問題やで~!」 つまり、扱っているほとんどの問題で教科書や基本テキストに載っている問題の解き方が必要であるということです。 そのレベルの問題をきちんと解くことができれば6割は確保できます。 もちろん、後半に出てくる応用問題も解き方の基本は教科書レベルです。 入試と言えば「応用」「発展」というイメージがあって 「基本」とはかけ離して考えがちですが、そうではありません。 入試に必要な力の大半は「教科書レベル」の「基本」です。 中学入試は、高校入試と性質が違いますが 普段勉強している「基本テキスト」の例題レベ…

  • 「ちょこっと作戦」大成功!

    こんにちは。 小学生は、毎回授業の最初に百マス計算をしています。 その都度タイムを用紙に記入して、新記録が出れば、、、 今のところは、私からのお褒めの言葉のみ(汗) まぁ何か景品を考えねば。。。 百マス計算は授業の一部になっているので 生徒は教室に入れば勝手に始めています。 そして、先日の小3R君の算数授業で たまたま思考力の話になったので 「こんな問題あるけどやってみる?」 と思考力テキストの問題を見せると、ゲーム感覚で楽しく解いてくれました。 そして、いろいろな種類の問題を数問チャレンジした後 「このテキスト欲しい!」 と言ってきたのでお母さんと相談しようということに。 私が予想した以上に…

  • 集中できる環境選び

    こんばんは。 中学受験生のFさんは、問題を解いている時も ボーッとしていることがよくあります。 私と対面式にする等、今までにいろいろと座席の工夫をしてきました。 でも、あまり効果はありませんでした。 そこで、、、 たまたまなんですが、Fさんが教室に来たとき 「今日は自分の好きな席に座ってもいいよ」 と言うと、Fさんは教室の隅の壁際の席に 背中を向けて座りました。 「そんな座り方では表情が分からない。。。」 と思いながら、その席を選んだ理由を聞くと 「周りで何かが動いたら集中できないから」 という返事。 なるほど! 私はどうしても自分の目の届くところに彼女を座らせていましたが それが、彼女にとっ…

  • 本物の力を身につける

    こんばんは。 所属しているソフトボールクラブで、今のポジションはレフトなんですが、最近ピッチャーもしたいと思っています。 とは言っても、ソフトボールは未経験なので ピッチャーの基本を身につけるのは大変です。 そこで、まずはユーチューブで有名選手の動画を見てフォームを研究し、チームメイトからのアドバイスをいただきながら何とか知識は身につけました。 頭の中では完璧なフォームが出来上がっているつもりでも 実際にボールを投げてみると。。。 イメージと全く違う自分がいます(悲) 自分がインプットしたイメージ通りに 今度はアウトプットが出来るかどうか。 そのためには、何度も練習し 改善点をしっかりと考え …

  • 志望校への思い

    こんにちは。 9月に入って、多数の中学受験生が 志望校判定型のテストを受験する時期です。 さて、実際に志望校への判定が出た時 どんな気持ちになるでしょう? 私が以前勤めていた大手進学塾では 難関中学を受験する生徒を対象とした ○○中学模試を実施していました。 実際にテスト名になっている学校で受験し テスト後すぐその学校内で合格発表を行うという 生徒にとってはとても刺激的なテストでした。 (その分、採点する塾関係者は必死でした^^;) 発表時に合格した子は当然喜びます。 しかし不合格だった子の表情は様々です。 あまりピンと来ていない子もいれば その場で号泣する子もいます。 帰ってからジワーッと悔…

  • 好き+継続=力なり

    こんばんは。 私はソフトボールチームに所属しており 毎週日曜日の午前7時から練習に参加しています。 チームにはいろんな年齢の人が所属しており その中には知的障害の人も数人います。 その人たちは、道具を持つのも慣れておらず 投げたり打ったりがなかなかできません。 でも、とにかく練習が楽しそうなんです。 仲間とソフトボールをするのが好きなんですね。 毎回きちんと参加し、練習後も自分の成績を振り返って反省会をしています。 周りの人が親切に教えてくれるので 少しずつ上手になっています。 他のことはあまり考えず ソフトボールに打ち込む姿勢には感心させられます。 彼らがいることでいつも現場が明るくなるので…

  • 思い立ったがやっぱり吉日

    こんばんは。 普段よく思うことが 「あの時やってればよかったな~ (^^); 」 ということ。。。 どんな些細な事でも、後回しにしていれば 結局大きな代償となって帰ってくることがありますね。 逆に、やろうかどうか迷った時に 「今でしょ!」 精神で今すぐ動くことで後になって清々しさすら感じることがあります。 やっぱり、思った時にすぐ動くことが大切ですね。 当然この考え方は学習についても言えることです。 学校の宿題 その日の復習 テスト勉強 問題の解き直し 後回しにしていけば、そのうちやるべきことが蓄積され 正しい学習のスパイラルが成り立ちません。 もちろん消化できなければ「伸び悩み」に繋がります…

  • まるちゃんからのメッセージ

    こんばんは。 先日、久しぶりにテレビで「ちびまる子ちゃん」を観ていました。 まるちゃんが夏休みの絵日記のネタに苦労する内容でした。 ある日、お母さんとまるちゃんがお出かけします。 買い物が終わって、帰りの途中で喫茶店に入ります。 そこで、2人はかき氷を頼みます。 お母さんは、抹茶あずき まるちゃんは、イチゴ イチゴをおいしそうに食べていたまるちゃんは、お母さんが頼んだ抹茶あずきも少しもらって食べます。 そして、その日の晩。。。 お母さんは、まるちゃんが書いた絵日記をそっと覗きます。 そしたらこんな感じの内容が。。。 「今日はお母さんとかき氷を食べました。」 「抹茶あずきを初めて食べましたが、と…

  • 親に言われて嫌だった言葉

    こんばんは。 以前勤めていた大手進学塾で、中学受験を経て難関中学に進学し 難関大学に合格した生徒を呼んでインタビューしたことがあります。 その中で、印象に残っている質問を2つ紹介します。 Q1 中学受験の思い出 子供達は大人が思っているほど中学受験については印象に残っていません。 当時はまだ小学生なので、周りの大人に言われるがまま 「自分は中学受験をするんだ。。。」 「◯◯中学へ行くんだ。。。」 ということを何となく感じながら、ただただ勉強していたに過ぎません。 なので、大学生になった時点で改めて振り返った時に 中学受験に対して「自分の意志」というものはあまりなかったという意見が多かったです。…

  • あと1歩前へ踏み出す

    こんばんは。 10年程前に、元女子卓球選手の平野早矢香さんとお話しする機会がありました。 その時はすでに世界で活躍されていたので 「力をつけるために普段から気をつけていることは何ですか?」 と質問すると 「練習では限界を感じた後に必ずあと1歩前へ踏み出す努力をしています。」 と答えてくれました。 平野選手はその後2012年、ロンドンオリンピックで福原選手、石川選手と共に銀メダルを獲得されましたね。 そして、先日放映された24時間テレビで募金ランをされたマラソンの高橋尚子さん。 放映時間も終わりに近づいて、みんなに迎えられながらゴールした後 少しの時間しか残っていなかったにも関わらず 再び走り続…

カテゴリー一覧
商用