searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

tamacafeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
歌う珈琲屋さん
ブログURL
https://tamacafe.hateblo.jp/
ブログ紹介文
クラシック歌曲・オーガニック珈琲・合気道・ウクレレ & Books Healing
更新頻度(1年)

99回 / 95日(平均7.3回/週)

ブログ村参加:2020/02/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、tamacafeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
tamacafeさん
ブログタイトル
歌う珈琲屋さん
更新頻度
99回 / 95日(平均7.3回/週)
読者になる
歌う珈琲屋さん

tamacafeさんの新着記事

1件〜30件

  • やっかいな性格

    新しいのを なかなか 受け入れられないのに 人が「いいよ」と言うと すぐ 飛びつく 頭は固いくせに 優柔不断

  • 自分とくつろぐ

    良い人間に見せかける かんちがいでも相手には 立派な人だと思われたい そんなだから 苦しくなるんだなぁ モデル用の高価な服に むりやり体を合わせるようなもんだよ 普段のままでいいじゃない 等身大の自分で 何の不都合がある?

  • まだ お会いしていない 皆さまへ

    ブログ初心者講座を受け、 今年の元旦にブログ発信して以来 早 五か月が経過いたしました。 この間 沢山の方々にお越し頂き コメントもいただきました。 ありがとうございます。 ただ 未だ 絵を描き それをスキャンして記事に貼り付け 文章を書く、 という作業以外は とても 苦手です。 ブックマークが何たるかも知りません。 初めの頃、読者登録してくださった方全員を こちらも 読者登録させていただきました。 ところが、購読中のブログとして 立ち上がってくるたびに 丁寧に読ませていただいていると、 私の頭の中が 人様の言葉で一杯になり 自分の文章に支障をきたしてしまいました。 私の脳のキャパを超えてしま…

  • 確認したこと

    わたしが求めているのは サクセスストーリーじゃない

  • 目隠し弁

    中学生の頃 アルマイトの弁当箱を包んできた 新聞紙を そのまま目隠しにして食べる生徒がいた。 パッキンがないのも多くて 野菜炒めの汁が染み ネズミに食われ 穴が開いた鞄を持って来る子もいた。 私の弁当は 高校生の姉が作ってくれていた。 当時「鯛のかまぼこ」という名の缶詰があって 「タイ」とつくからには 「高級な魚」と思ったのか 姉は ほぼ毎日入れるようになった。 最初は喜んでいた私も 弁当箱の蓋を取り 甘ったるい醤油味の 丸くて茶色い物体がごろごろしているのを見ると 新聞紙を立ててみたくなるのだった。

  • 愛 - 歌う珈琲屋さん

  • 恥ずかしいこと

    ご夫婦で家へ来られたお客さんを ショッピングモールに送った時、 車の中に忘れ物があったので、急いで追いかけました。 開いていると思ったガラスドアに したたかぶつかりました。 眼鏡をしていたので、 鼻のところがすごく痛かったです。 その上、自分のバッグの中身も飛び出して、 入り口であたふたしました。 ご夫婦は、ガラス戸の向こうで笑っています。 しかも ご主人は声を立てていました。 私は痛さと恥ずかしい思いでいっぱいでした。 中学生の時、英語の授業が始まる前に 男の子がふざけて 座ろうとしていた子の椅子を引きました。 その子は 思い切り尻餅をつきました。 周りの子たちは大笑い。 その時、アメリカ人…

  • おいしい お薬

    忍者とお医者さんごっこ おすくりは~ なぜか いつも言葉が入れ違う。例えば「どろぼー」は「どぼろー」 え~っと~ 小指と薬指を立てながら りんごのグミ ふた~っつ と~ ぶどうのグミ・・・・・・ えらく悩んで ひと~っつ!! でっす。

  • コンチネンス外来

    アッジョ 2歳 ありがとう 夜の間に せっせと働いて 朝のゴミ出しをしてくれる わたしの体 コロナ禍の始まる前 アドベンチストメディカルセンター出前講座で、 排泄トラブルについて学びました。 なんと、健康な女性でも、 四人に一人が尿失禁を経験しているそうです。 頻尿、頻便、尿・便失禁だけでなく、 便秘や排尿困難など出ない方も合わせると、 男性もかなりの数になります。 そういう排泄を専門にしているのが 「コンチネンス外来」です。 コンチネンス(Continence:禁制)とは、 失禁(Incontinence)の反対語で、 「気持ちよく排泄ができる状態」 「排泄がコントロールできている状態」 を…

  • 夢見る

    わたしは わたしの住みたい世界を 夢見ています。 ですから 描き続けるのです。 戦争の反対は 平和じゃない 創造だ ジョイス・ディドナート(アメリカの声楽家)

  • 抱っこ

    シズちゃんは いつも園長先生に抱っこされていました。 お掃除の時だって、 先生は シズちゃんを抱っこしたまま 庭箒(にわぼうき)を片手に持っていました。 シズちゃんのお母さんが気を使って 「ほら、だめでしょ。 もう、四つなんだから」 と言うのですが、 園長先生は「いいの。いいの」と、 シズちゃんが望むだけ抱っこしてあげていました。 シズちゃんは以前、 三年保育の幼稚園に通っていました。 そこは、とても躾の厳しい幼稚園でした。 食事中はトイレに行ってはいけない。 おしゃべりもしない。 遊んできたら手を洗う。 道具はキチンと片づける・・・等々。 そんな中で シズちゃんは 度々 幼稚園の先生に褒めら…

  • くいしん坊

    くいしん坊 - 歌う珈琲屋さん

  • 共に育つ

    子どもたちの通っていた保育園に、 障がいを持つ乳児を抱えたご夫婦がやってきました。 「どこの園でも受け入れてもらえなかったのです。 私たちだけでは、この子を育てる自信がありません」 そう言って、若いお母さんは泣きました。 赤ちゃんの様子を見、ご夫婦の話をたくさん聞いた後、 園長先生は言いました。 「一緒に育てましょ」 若いご夫婦は泣きました。 いろんな場所で、泥んこ遊びをしたり、 畑仕事をしたり、動物の世話をしたり…… 「そんな保育園に通わせたら、 この子は一年持ちませんよ」と、医者に言われた 重い腸の病気を患っている子もいましたが、 なんと大学まで行きました。 そういう評判を聞きつけて、 障…

  • 野山を歩く

    韻を踏みつつ 青きを踏む 誰かに「チキン!」と言われたら、上のように言い返してやりましょう。

  • 大歓迎

    なんで おまえは そうやって 手放しで よろこべるんだい? アメリカのカリフォルニア州に行った時、 泊まっていた友人の家にお隣の犬がやって来ました。 大きくて真っ黒なドーベルマンで、 私はびっくりして 腰を抜かしそうになりました。 玄関の網戸越しに、 その家のワンちゃんを呼んでいます。まるで、 近所の子が「サラちゃん、あ~そ~ぼ!」 って言っている感じです。 「NO! Ryan Later!」と家の人が言うと、 素直に帰って行きました。 動物と人とが自由で、自然で とても いい関係です。 ですから私は、 日本で犬を飼うのが あまり好きではありません。 括り付けるのが嫌なのです。

  • 立っち

    立っち - 歌う珈琲屋さん

  • 母の日

    「よけいなこと、すんなよ!」 ケイコさんは、 息子のミツル君にまた怒られてしまいました。 ミツル君は、上京して美容師見習いをしています。 初めての一人暮らしを心配して、 お金や物を送ろうとするのですが、 ミツル君は受け取ろうとしません。 そんなミツル君をケイコさんは、 「大人になっていくんだなー」と、頼もしいような、 寂しいような心持で見守っているのですが、 ついつい、新米を食べさせたいと思い、 送ってしまったのでした。 そのまま送り返してきそうな剣幕に、 「あんたねー、それくらいは食べな! 送料高いんだから!」と言って、 やっと思いとどまらせました。 そんなミツル君ですが、 母の日には、遠く…

  • ピアノ

    中学生の頃 担任の先生が 教室にピアノを置いてくれました。 弾ける子も 弾けない子も 大喜びで いつも ピアノの周りに集まりました。 私も 一本指か二本指かで弾きました。 憧れのピアノは大人になって、 給料貯めて、やっと買えました。

  • はな

    はな - 歌う珈琲屋さん

  • 学習支援員

    マナブさんは以前 小学校の教頭先生をしていました。 仕事熱心で、毎朝早く登校し、遅く帰る日々でした。 休日でさえ、「学校に不審者がいる」 との通報を受けると、見回りに行きました。 そんなある日、学校に向かう車の中で いきなり涙が溢れだしました。 悲しいことなど考えてもいないのに、止まりません。 途中でいったん停車し、同僚の友だちに電話しました。 「お前、病院行ったほうがいいよ。今日は休め」 心療内科を受診し、うつ病と診断されました。 勤務先に連絡すると、一年間の療養後、 職場復帰したらどうかと言われました。 3~4ヶ月もすると、マナブさんは落ち着きました。 その間に、今まで忙しすぎて 省みる暇…

  • あるものを見る

    それしか 使えないもんね。

  • 英雄

    チエさんは車椅子を使っています。 生まれながら股関節に障がいがあるのです。 どもるので、なかなか思いを伝えることもできません。 けれども、パソコンの扱いは上手で、 メールのやり取りで知り合った人との間に 息子さんを授かりました。 出産も育児も大変困難でした。 加えて、お母さんが心臓の病気で入院し、 その介護もせざるを得ませんでした。 あまりの大変さに、夫婦仲も悪くなり、 夫のDVも加わって、離婚するに至りました。 これでもかこれでもかとやってくる人生の試練。 それでも 「国の補助で新しく快適な電動車椅子になったよ」 と、楽しげにクルリと回って見せたチエさん。 「あなたって、英雄だね」って私が言…

  • 雑草

    なんとなくふわふわと生きてたある日 道ばたの切り株に腰掛け、 足もとの雑草に話しかけました。 あんたって、すごいよね。 たくましいっつうか、ずうずうしいっつうか、 どんなとこでも、生えてくるもんね。 そや。けど、人間かて同じやろ。 わいみたいなもん、ぎょうさんおるで。 あんたも、 もやしみたくひょろひょろ考えてばかりいんと、 ちったぁ世の中見てみんしゃい。 雑草に促されて、 私はしぶしぶ現実と向き合うことになりました。 いました、いました。 雑草みたいにもりもりと生きている人たち! 一方で、人生の意味を求めてさまよっている人たち。 な~んにも考えてないって人にも会いましたよ。 さまざまな人生模…

  • 私は虹が大好きです。 空にかかる虹は、聖書ではノアの箱舟以降 二度と人類を滅ぼさないという神様の契約、 そして、祝福の印とされています。 ホースで水撒きする時、太陽の光が反射して 虹を見ることができます。 空になければ ときどき 自分で 虹をかけて 遊びます。

  • カンツォーネ

    カルチャースクールの カンツォーネクラスに通いだしてから、 10年以上が経ちました。 そのクラスが始まった時からの受講生です。 そもそも、そんな大それたクラスに入ろうと 決意できたのは、みんな初めての人たちだから、 それまでの経験は様々だとしても、 何とかなるのではないかと思ったからです。 私が歌曲に魅入られたのは、中学生の時です。 バリトン歌手のフィッシャー・D・スカウによる シューベルトの菩提樹を聴きました。 私は、歌詞から入る方なので、ドイツ語と日本語の対訳をちゃんと頭に入れて聴きました。 深い深いバリトンの声が響き、 憔悴した青年が菩提樹の元を去る情景が拡がって、 私の心の奥底を揺さぶ…

  • 犬さわりますか?

    散歩をしていたら、 小学校低学年くらいの男の子と女の子が フェンスに持たれて遊んでいました。 女の子の右手には子犬のひもが巻き付けてありました。 このご時世、マスクもなしで歩いていたので、 そのまま通り過ぎようとしたら、 「おはようございます!」と、男の子の元気な声。 その後すぐさま 「あ、違った。今、お昼だった。 俺は外国人か? 日本語がわからないのか。こ、こんにちは」 一人であたふたと言い訳しながら挨拶しています。 その様子がなんとも可愛くて、 こちらも「おはこんにちわ~!」と返しました。 バイバイして歩いて行くと、 今度は背後から女の子が「犬さわりますか?」と、 問うてきました。 「え?…

  • ご近所さん

    ご近所さんから手作りマスクが届きました。 裏地に機関車トーマスの絵がある素敵なものです。 コロナの影響でピアノ教室を開くことができず、 空いた時間でマスクを作り、 ご近所に配ってらっしゃるとのこと。 涙ぐむほど嬉しかったです。 私は畑で採れたニンニクを差し上げました。 挨拶が交わされる地域は、 犯罪の発生率が低いというデータがあるそうです。 どんなにネットで繋がっていても、 やっぱり生身の人間との交わりに勝るものではありません。 シュークリームが好きな私に、お隣さんが作ってくれました。 私は自家焙煎した珈琲をお返ししました。 はす向かいの方は、焼き芋を持ってきてくれます。 私はキャベツを差し上…

  • 元気?

    一応相手のこと たずねるけれど こういう電話って けっこう自分が落ち込んでて なんか聞いてほしい時にすんだよね *********************************** 旧友から、久々に電話がありました。 一通りの挨拶が済んだ後 近況を尋ねると、年末にお父さんが亡くなったとのこと。 ずっと父親と二人で暮らしてきたので、さぞかし寂しいでしょう。 実は私も姉を亡くしていたので、お互い虫の知らせを感じたのかもしれません。 彼女は中学からの同級生で、空手の先輩でもあります。 共に通っていた道場で昇段試験があった時、一生懸命に教えてくれ、 そのお陰で、無事に初段をとることができました。 と…

  • TED

    家にこもるのが多いこの頃、動画を観るのも楽しみですね。 私のお勧め動画は アメリカの非営利団体による 世界各国の人々のスピーチを配信しているTEDです。 英語の勉強としても最適ですし、何より大統領から庶民に至るまで、 秀逸なプレゼンテーションが聞けるからです。 私はこの動画に出会い、人の素晴らしさ、可能性の果てしなさを知りました。 そして何より 人が大好きになりました。 基本言語は英語ですが、「TED日本語」と入れると、 翻訳された動画を観ることができます。 すべてがお勧めと言いたいほどですが、あえてその中の3つを挙げると、 「我が子を成功させる やりすぎない子育て」 ジュリー・リスコット・ヘ…

  • たまには強気で

    「初めてのスマホ、シニアかけ放題プラン」というのに惹かれて、 ガラケーから乗り換えました。 もう、大喜びで家族や友人にかけまくりました。 ところが、一ヶ月、二ヶ月とドンドン値段が上がっていき、 三か月目にはなんと15802円の請求。 「かけ放題なのに、なんで?」と思い、購入した店舗で問い合わせると、 「かけ放題はアプリを通した電話だけ。これは、この地域だけの方法です」 「え? そんなの全然聞いてませんけど」と言うと、 「契約書に書いてありますし、お客様のチェックもありますよね」との返事。 そう指摘されて改めて契約書に目を通すと、 たしかに、アプリのことが書いてありました。 しかしその時の状況は…

カテゴリー一覧
商用