プロフィールPROFILE

石さんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
光輝高齢者の気ままなブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kosmosu2019
ブログ紹介文
後期高齢者です。年を重ねると体のあちこちが故障して、病院通いの毎日です。 暇を見つけて、妻と一緒に家庭菜園や園芸をやっています。
更新頻度(1年)

68回 / 80日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2019/10/29

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、石さんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
石さんさん
ブログタイトル
光輝高齢者の気ままなブログ
更新頻度
68回 / 80日(平均6.0回/週)
読者になる
光輝高齢者の気ままなブログ

石さんさんの新着記事

1件〜30件

  • 寒締めホウレンソウ

    今日も曇りがちですが、割と暖かい穏やかな一日です。畑の残り野菜もわずかになりました。この時期採れるほうれんそうは、寒さにあって甘みを増してきます。冬にとれる野菜は「寒締め」と言っているようです。畑のホウレンソウです。12月に種を蒔いたホウレンソウは防寒のため、ビニールで覆っていますが、今日ビニルをめくって中を覗いてみました。寒締めのホウレンソウが少しずつ大きくなっています。春には食べられる思います。寒締めホウレンソウ

  • しだれ梅の芽も膨らんで

    今朝起きて、屋根を見ると、白いものがうっすらと。明け方雪が降ったのでしょうか。雪が舞う程度ならいいですが、積雪はまだありません。9時過ぎには日が照ってきました。鉢植えのしだれ梅も膨らんできました。鉢植えのミニバラもまだ花が咲いています。しだれ梅の芽も膨らんで

  • 咲いている花も少なくなってきました

    まだ咲いている花はビオラくらいです。今朝も霧が濃いいです。8時半になっても、家の前はこのような状態です。9時過ぎには、太陽が左側の東から出てきました。明け方に雨が降ったらしく、花も濡れています。咲いている花も少なくなってきました

  • 畑にまだ大根が残っています

    畑にあと4,5本大根があります。かなり太くなっています。間もなく収穫も終わるでしょう。ホウレンソウが大きくなりました。食べごろです。別の場所にもホウレンソウがあります。ビニルトンネルをかけています。これはまだ小さいです。畑にまだ大根が残っています

  • 残り野菜の収穫

    今日もポカポカ陽気。過ごしやすい一日です。秋野菜の残りを収穫しました。ダイコン、チンゲンサイ、ターサイです。↓白菜です。これで白菜は終わりとなりました。今度からスーパーで買って食べることになります。↓カブ3個です。表面は虫にかじられ、でこぼこになっています。↓畑にはカブや大根は残り少なくなってきました。ポカポカ陽気。空は晴れて、いい天気です。↓残り野菜の収穫

  • 今日も霧が深い

    最近数日朝の霧が深いようです。こんな日は天気の良い時が多い。家の前方のNTTの屋上の鉄塔。赤と白色に塗装されている電波塔というのでしょうか、今朝も霧でうっすらと見えます。やがて9時過ぎにはこんな感じです。↓今10時過ぎですが、よく晴れていい天気です。畑のさやえんどうが少しずつ成長しています。春になるとぐんぐん伸びて花が咲き、実がついてくるでしょう。今日も霧が深い

  • ナバナの蕾が出てきました

    朝から雨模様でしたが、次第に雨もやみ、晴れ間が出てきました。畑の野菜も春に向けて少しずつ大きくなってきています。今年はまだ雪が降らないので成長も早いのでしょう。これは余り苗をプランターに植えていたナバナです。↓タマネギです。あまり伸びてきていません。今から春になると、急に大きくなってくると思います。↓ナバナの蕾が出てきました

  • 鉢植えのビオラ

    今日明日は雨の予報。朝から小雨が降ったり、止んだりです。庭の花も少なくなってきました。春の開花にそなえて蕾をつけています。じっと春が来るのを待っているようです。今きれいに咲いている花といえば、ビオラでしょうか。これは一冬中咲いています。鉢植えのビオラ

  • キクイモ堀り

    ここ数日天気が良く、土が乾いてきたので、キクイモを少し掘りました。畑の隅のわずか畳一畳半程度のスペースに植えたキクイモですが、前年の堀残しも含めて増えてきました。食べる程度の掘り立ちのキクイモです。↓小さいの捨てて、きれいに洗いました。↓さて、どのようにして食べたら美味しいのでしょう。ここらあたりを参考にしてみましょうか。↓↓https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/kikuimo2.htmキクイモ堀り

  • 春が近づいているのでしょうか

    正月三が日が過ぎ、今日も日差しがあり、過ごしやすい一日となりそうです。庭の鉢植えや地植えの花や木も芽が膨らんできました。クリスマスローズも芽が出てきました。↓しだれ梅も↓椿もつぼみの先が赤くなりはじめ↓畑の野菜のコウサイタイにも、花の蕾がつきはじめて↓まだ冬ですから寒いですが、雪は全然降らず、少しずつ春が近づいてきているのでしょうか。さて、余談ですが、「少しづつ」と「少しずつ」どちらの書き方が正しのでしょうか。迷いますね。文部科学省の出した現代仮名遣いは、1986年7月1日に昭和61年内閣告示第1号として公布された日本語の仮名遣いです。その「現代仮名遣い」では「ずつ/づつ」に関しては原則として「ずつ」を使うように、となっています。ただし、この言葉は「づつ」のほうが古くから使われているので、「づつ」を使ってもいい...春が近づいているのでしょうか

  • 2020年の幕開けです

    2020年令和2年の幕開けです。昨年12月30日に玄関へしめ飾り、玄関の中に花を生け、床の間には花と鏡餅。新年の準備をしました。今年は東京オリンピックの年。災害等がないおだやかな一年になりますように。今年の正月は晴天となり穏やかな一日。近くの神社に初詣。神社の境内から見た街並みの一部です。境内のミツマタです。2020年の幕開けです

  • 2019年が暮れようとしています

    2019年も終わりです。来年もいい年でありますように。二月から四月までの花と野菜の一部をスライドショーにしてみました。2019年2~4月野菜と花&お出かけ2019年が暮れようとしています

  • お正月へ向けて餅つきをしました

    今日は12月30日朝から小雨が降っています。天気が良くないと寒いです。大晦日やお正月がきますので、今日はお餅つきです。お餅つき「ぺったんこ」は昔の話。娘や孫が帰ってきたので、餅つき機でお餅をつきました。餅切りき器でお餅を切ります。これは、なかなか便利なものです。あん餅平餅合わせて37個出来ました。やわらかくて、きめの細かい、いいお餅が出来ました。お正月へ向けて餅つきをしました

  • オリヅルラン

    今年春にオリヅルランの子株を二種類鉢に植えました。この秋ランナーが伸びて、子株が次々出来ましたので、小さい鉢に植えていたものです。これは二種類のオリヅルランです。親株です。白い斑が中にあるものと、外側にあるものです。↓これからたくさん出来た子株を小さい鉢にさしました。さらに、これから子株が出来ています。親株から更にできた小さい子株を小さな鉢に挿しました。↓春になり暖かくなると、生き付いてくるでしょう。こんなにたくさん植えて、どうしましょう。欲しい人がいたら差し上げることにしましょうか。オリヅルラン

  • 大根とターサイ

    今年もあと3日となりました。一年はあっという間に過ぎた感じです。今年一年、家族にとっては、とりわけ大きなことも無く、平穏無事の年でした。このまま無事に越年できるよう願うばかりです。畑の大根1本とターサイ1株取りました。大根は伸び切っていない変な形です。遅くから播種したもので、形は大きく太くなっています。ターサイは地面にへばりついたように生えていて、緑が大変濃く、葉につやがあります。このままほっておくと、間もなく花芽がつきそうです。油炒めなどにして食べるとおいしいです。大根とターサイ

  • 紅菜苔(こうさいたい)の花蕾

    こちらは畑のコウサイタイです。今日よく見ると中心部に花蕾がついていました。春になり、暖かくなると一気に伸びてきます。それまで待つことにしましょうか。紅菜苔(こうさいたい)の花蕾

  • 椿の芽が赤くふくらんで開きかけてきた

    まだ雪は降りませんが、庭木は花芽をつけて、春が来るのを待っているようです。数年前、接ぎ木した鉢植えの、斑入り葉つばきの花芽が赤くなって、もう少しで花が開きそうです。毎日見ていると、少しづつ、少しづつ開いているようです。この花はかなり開いてきました。↓庭にあるつばきです。これも蕾が膨らんで大きくなってきました。↓椿の芽が赤くふくらんで開きかけてきた

  • ナバナとコウサイタイ

    畑に植えているナバナとコウサイタイです。葉が大きくなってきました。ナバナです。↓葉は巻いていない白菜に似ています。↓よーく見ると、中心部には小さい花の蕾がついているようです。↓こちらのナバナも↓もうしばらくすると、花の蕾が大きくなり、食べれそうです。とう立ちした花芽とその若い茎や葉を食べます。こちらは紅紫色をしたコウサイタイ(紅菜苔)です。菜の花にはない赤紫の色素、アントシアニンが含まれています。こちらも、とう立ちした花芽とその若い茎や葉を食べます。↓ナバナとコウサイタイ

  • 12月22日今日は「冬至」

    今日は冬至です。24節気のうちの一つ。1年で昼の長さが、最も短いときです。冬至には、昔からカボチャを食べ、ユズ湯に入る風習が、今でもあります。黄色のユズは、種がありますが、オレンジ色のユズは種なしです。親戚から貰ったものです。かなりの数のユズを絞って、ユズの汁を作りました。写真は残りのユズです。カボチャです。今晩煮て食べます。冬至の日に「ん」がつくものを食べると「運盛り」といって、「運が上がる」と昔か言われています。カボチャは南京(なんきん)と言われ、「ん」がつくので、運気が上がるといわれているそうです。冬至を境に、日が少しづつ長くなり、「陰」から「陽」に向かい、運が上がるということでしょうか。また、ユズ湯に入って「邪気を払う」とか「からだが温まる」とかで、血行促進とか、冷え性改善の効果があるといわれ、冬の寒さ...12月22日今日は「冬至」

  • さやえんどう

    秋に種まきをしたさやえんどうです。この時期かなり伸びてきました。この調子なら来年春先には花が咲くのではないかと思っています。このあたりに花芽がつくのかな。さやえんどう

  • タマネギの生育状況は

    今日は12月20日、あと10日で今年も終わりになります。1年って早いものです。畑のタマネギは少しずつ大きくなってきています。この冬は、まだ雪も降らず暖かいからでしょうか。苗を植えるときは、成長を遅らせるために、先のほうを3分の1くらいを切って植えたのに、もう30センチ近く伸びています。今年は植えた苗は、全部活着しました。苗が1本も無駄になりませんでした。手前の二畝が早生の「ソニック」です。↑昨年のようにネギ坊主があまりできないように、二畝は早生の「ソニック」にしました。4月下旬から5月にかけて収穫の予定です。このころはネギ坊主もあまり出来ないでしょう。一畝は晩生の「もみじ2号」です。今から来年春まで、うまく成長してくれるか。どんなものでしょうかね。タマネギの生育状況は

  • 聖護院大根を3本収穫しました

    畑の空いたスペースに、昨年秋に種を蒔いた聖護院大根です。かなり大きくなってきたので3本抜いてみました。家では主に煮物や酢の物にして食べています。聖護院大根は、ダイコンの一品種です。「京の伝統野菜」および「ブランド京野菜」に指定されているそうです。京都の冬には欠かせない食材だということです。聖護院ダイコンは、肉質がとても柔らかいのに煮くずれしないのが特徴で、辛味や大根臭さが少なく、甘みがあって、煮崩れしにくく苦味が少ないため、主に煮物の材料となり、おでんにも使われています。なぜ「聖護院ダイコン」というのでしょうか。Wikipedeaには次のように書かれています。”伝承によれば、文政年間(1816年-1830年)に金戒光明寺に尾張国から奉納された大根を、現在の左京区聖護院に住む農家が譲り受けて栽培し、採種を重ねるう...聖護院大根を3本収穫しました

  • イチゴが一個だけ赤くなっている

    プラスチック鉢に植えているイチゴです。この寒い冬なのに、外に置いているイチゴが一個だけ真っ赤になっています。数年前に植えたイチゴのランナーについている子株を切って植えていたものです。ヒヨドリもつついていません。まだ見つけていないのかも。白の花やピンクの花も数個咲いています。今からは積雪の時期ですから、軒下にでも移動しましょうか。イチゴが一個だけ赤くなっている

  • ホウレンソウとコマツナ

    畑のホウレンソウやコマツナが大きくなっています。コマツナは大きくなりすぎて、食べたとき、葉の付け根のほうは硬くなっています。↓ホウレンソウとコマツナ

  • シクラメンとシンビジューム

    知人から貰ったシクラメンとシンビジュームです。花びらの縁がうっすら白色できれいです。こちらはシンビジュームです。白色で清楚な感じがします。どちらも玄関に飾っています。↓シクラメンもシンビジュームも品種が多く、カラフルな色の花が多いです。正月へ向けて、園芸店にはたくさんの花が並んでいます。シクラメンとシンビジューム

  • 種なしキンカン

    庭の小さい種なしキンカンです。この時期少しずつ色づいてきました。皮には沢山のビタミンCが含まれているといわれています。キンカンは皮ごと食べるので、ビタミンCを沢山摂る事が出来ます。寒いこの時期、風の予防にも良いですね。しかもこのキンカンは種なしですから。キンカンは古くから咳止めやのどの痛みを抑える薬用にも用いられてきました。「虫さされにキンカン」というイメージが昭和30年代に定着したようです。「キンカン塗って、また塗って」のCMソングが、よく流れていました。この「キンカンのうた」は藤村洸作詞、服部正作曲、歌は雪村いずみ・ダークダックスによるもので、今の子供はあまり知らないのでは…。この「キンカン」ソングの歌詞は、♪カンカンキンカンキンカンコンカンカン鍛冶屋のおじいさん肩こり腰の痛みにはキンカン塗ってまた塗って元...種なしキンカン

  • 小かぶ

    カブの種が余りましたので、空いたプランター2個に種を蒔いておきました。かなり成長してきましたので、間引いていますが、もう少しです。葉は少し硬いようなので、生で食べるのはどうも。ホウレン草や小松菜など余った種を、空いたプランターに撒いていますが、これも大きくなる前の若い葉っぱを食べています。ちょっと摘んで食べるのには重宝しています。NHKテレビの趣味の園芸野菜の時間でやっている、ベランダで野菜を育てるのも、畑のないマンション住まいの人にはいいですね。小かぶ

  • 畑の野菜

    別の場所に植えている大根が物凄く大きくなっています。まだ一本も抜いていないので、今度はこちらの大根を抜いて食べることにします。あちこち植えているカブも大きくなってきたので抜いて食べています。柔らかくておいしいです。↓こちらは聖護院大根ですが、まだ抜いていません。どの程度の大きさになっているか。↓畑の野菜

  • サヤエンドウとスナップエンドウが大きくなっています

    このところ割といい天気が続いていますので、畑のエンドウが伸びてきています。もう12月も中旬、雪でも降って積もったら、せっかく伸びてきたエンドウが、傷んできてはと心配しています。茎はもう40センチ近くになっています。こちらは、別の場所に植えているスナップエンドウです。↓こちらはキュウリの後、支柱だけ残しておいところに、間引いたエンドウの苗を植えていたのが生きついてきたものです。遊び心で、エンドウの間に余ったターサイの苗を植えてみました。このターサイは、間もなく抜いて食べることにしますから、エンドウには影響しません。↓サヤエンドウとスナップエンドウが大きくなっています

  • 庭の鉢植えの花

    寄せ植えしている花です。全部妻がしています。これはビオラです。ビオラとパンジーはどう違うのでしょうか。かつては大輪のものをパンジー、小輪で株立ちになるものをビオラと呼んで区別していましたが、現在は複雑に交雑された園芸品種が登場して、区別できなくなっているといわれています。まあ花の小さいものをビオラ、大きいものをパンジーと思っています。花の時期が長く、冬きれいに咲いています。小さい白花が集まって咲いているのは、アリッサムです。これも長く咲いています。庭の鉢植えの花

カテゴリー一覧
商用