新米シニアの日常・R1200Rと共に
住所
出身
ハンドル名
新米シニアさん
ブログタイトル
新米シニアの日常・R1200Rと共に
ブログURL
https://k0013293.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
会社リタイアとなり、愛車BMW、R1200Rと過ごす時間を増やしたい65歳。 シニアとしてはまだまだということで「新米シニア」としました。
自由文
-
更新頻度(1年)

35回 / 66日(平均3.7回/週)

ブログ村参加:2019/06/18

新米シニアさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(IN) 20,665位 19,546位 17,101位 16,965位 14,880位 15,688位 14,503位 969,680サイト
INポイント 10 0 10 0 30 10 20 80/週
OUTポイント 50 40 50 30 100 20 130 420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 387位 355位 292位 280位 246位 228位 207位 11,322サイト
バイク旅 14位 14位 14位 12位 12位 13位 11位 385サイト
シニア日記ブログ 432位 423位 382位 圏外 圏外 圏外 323位 3,357サイト
60歳代 134位 127位 114位 圏外 圏外 圏外 95位 913サイト
ライフスタイルブログ 2,319位 2,508位 2,505位 2,673位 2,644位 3,797位 圏外 65,720サイト
60代 自分らしさ 20位 20位 20位 21位 21位 27位 圏外 101サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,685位 16,070位 15,040位 13,637位 12,501位 12,792位 12,191位 969,680サイト
INポイント 10 0 10 0 30 10 20 80/週
OUTポイント 50 40 50 30 100 20 130 420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 460位 357位 315位 270位 231位 221位 203位 11,322サイト
バイク旅 19位 16位 14位 14位 12位 12位 9位 385サイト
シニア日記ブログ 452位 398位 381位 圏外 圏外 圏外 301位 3,357サイト
60歳代 152位 134位 130位 圏外 圏外 圏外 105位 913サイト
ライフスタイルブログ 2,435位 2,677位 2,865位 3,200位 3,415位 5,748位 圏外 65,720サイト
60代 自分らしさ 22位 22位 23位 24位 24位 34位 圏外 101サイト
今日 08/23 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,680サイト
INポイント 10 0 10 0 30 10 20 80/週
OUTポイント 50 40 50 30 100 20 130 420/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
バイクブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,322サイト
バイク旅 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 385サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,357サイト
60歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 913サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65,720サイト
60代 自分らしさ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 101サイト

新米シニアさんのブログ記事

  • 文庫本から電子書籍へ:SONYのReaderとkindle

    本の所有そのものにはこだわらないという事と、でもどんな本を読んでるかは誇示したい、というめんどくさい性質がある事。その結果として、経済的な面からも買うのは文庫本となっていたという事を前回の記事で書きました。 ベストセラーを読むには単行本で買うしかないですが、天邪鬼なのでみんなが買ってるときには知らん顔する癖があり、文庫本になる頃にようやく素知らぬ顔で買う、というのもぴったりでした。都会で働いていると、満員電車で読むことも多く、その点でも文庫本は便利でしたよね。

  • 親子二代の愛読書「十五少年漂流記」:読書の話

    小さい時から本を読むのが好きで、読書は趣味の中でもランキング上位に入るものだと思います。 スタートはやはり子供の頃与えてもらった絵本で、そこから児童書に進み、ということでした。色々読みだした中で最初の愛読書といえるものは何といっても、ジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」でした。挿絵が多く入った子供向けの本でしたが、島の見取図などで想像を膨らませながら、何度も何度も暗記するほど読んだものでした。今から考えても男の子が好きそうな要素がいっぱい詰まった内容で、はまるのも無理なかったなと思います。

  • バイクツーリングのスタイル:やっぱりソロツーリングでのんびり、が好き。

    今週のお題「わたしと乗り物」 リターンライダーとしてバイクに再び乗るようになって、いろんなタイプのライダーがいることに今更ながら気付きました。公道でのツーリングに限って考えても、速さを追求する人、名所旧跡・有名地を訪ねることを目的とする人、グルメ・温泉等を求めて巡る人、ただ単に走りたい人、大勢でワイワイやりたい人、一人で走りたい人、様々です。 私はどちらかというと走るだけ、名所旧跡にもグルメにもさほどこだわりなく、人や交通量や信号の少ないところをただ淡々と走り続けたい、というタイプです。周りを見渡すと、そういうタイプは多数派ではなく、皆細かな好みは違いますから、必然的に大勢でのマスツーリングで…

  • 娘がバイクに乗りたいと言うのです。

    娘がバイクに乗りたいと言っています。とはいっても普通自動車免許だけで二輪免許はまだ持っておらず、原付にも乗ったことはありません。親の目から見てもちょっと粗忽なところのある娘なので、心配といえば心配です。バイク乗りとしては嬉しい、一緒にツーリングもしたい。でも父親としては心配、といったところでしょうか。

  • 人混み・行列・渋滞、、、とても苦手です。

    人混み、行列、渋滞どれも苦手です(好きな人はいないと思いますが)。 仕事であれば止むを得ないですが、プライベートでは極力避けることにしていて、花火大会や、大規模なお祭りなど、子供にせがまれても殆ど行ってません。例外は東京ディズニーリゾートと成田山の初詣くらい。ディズニーは子供が小さい頃は、連れて行くことが何か親の義務みたいなところがありました。行けば行ったで結構楽しんではいるんですが、まず周辺での渋滞に始まり、入場までの行列、アトラクションの行列、飲食店まで行列、これは何とかならないもんですかね?そもそも大量に入場させすぎと思うのは私だけでしょうか?CSで有名な企業なのに。 同じように、有名飲…

  • 昭和の貧乏学生の下宿生活:インスタントラーメンは必需品!(極個人的経験談)

    今回は昨日の、昭和のコミュニケーション記事の続編みたいな話です。私の学生時代の笑い話なんですが、貧乏なくせに浪費癖があって計画性がない私は、ある日、次の仕送りまでまだ10日もあるのに、財布には150~200円位しかない、という危機的状況を迎えていました。 策は2つ。1つ目は、手持ち金以内で行ける友人のところに転がり込む方法です。ですが国鉄の初乗りが50~60円に上がった頃で、友人の住んでいるところまで行くと、まず帰ってくるだけの金は残りません。同じエリアに何人か住んでる所を目指して、会える確率を高くしたとしても、誰もいないと万事休すです。前回も書いた通り、確実な連絡手段はありませんので、ホント…

  • 今どきシニアのコミュニケーションと昔の若者のコミュニケーション

    男は、ムラ社会への適応力が女性に比べて低いんじゃないか、と以前の散歩の記事で書きましたが、会社をやめてホッとするところがある反面、繋がりが全くなくなるのもこれまた淋しいもんです。 でも今は、ネットを使って社会と繋がれる、便利な世の中になりました。これってとても老人には有難いコミュニケーション手段で、表に出ることが億劫な場合でも、ネットなら指先一本でコミュニケーションが取れますし、何より定期的に発信していれば生存確認にもなります(笑)。 電話、メールというのは、基本的には1対1のコミュニケーションですが、ネットでは同時に多数との情報交換が出来るようになるのですから、まさにコミュニティへの参加です…

  • 酷暑の都内で:今度はおにやんま新橋店のおろし醤油うどん⇒と、新橋お多幸のおでん

    あまりの暑さでインドア派宣言をしたものの、どうしても外せない所用というものはやっぱりある訳で、昨日の記事の通り、またまた酷暑の新橋に行ってきました。 約束は13時、今度も11時過ぎに出かけ15時過ぎに戻るという過酷な時間帯となりました。新橋と言えばここにも贔屓のうどん屋おにやんま新橋店がありますので、やはりおろし醤油うどんで昼食です。

  • 手帳の変遷

    お題「手帳」 ビジネスマンにとって手帳は必携のアイテムですが、その形は私が社会人になった頃からずいぶん変わってきています。 私が新人の頃、サラリーマンで鞄を持っている人は殆どいませんでした。(私の周りだけ?)男は手ぶら、みたいなのが当たり前で、手に持っているのは新聞位です。(エリートは日経、テキトーサラリーマンはスポーツ紙?)必然的に持ち物は最小限にしなくてはなりません。財布、ハンカチ、そして手帳位がマストアイテムですかね?財布も今のようなカードはありませんから、持たない奴も多かったです。小銭はそのままポケットに、お札も裸で、カッコつける奴はマネークリップ使ったりしてました。私もその一人ですが…

  • 小学生の記憶

    今週のお題「人生最大の危機」 今をさかのぼること50数年。小学校の休み時間に友人とふざけて遊んでいた私は、何故か手に裁ちばさみを持っていました。階段わきでじゃれあっていたのですが、裁ちばさみが何かの拍子で手から滑り落ちて、階段から階下へ落ちてしまったんです。「あっ!」と思って手すり越しに下をのぞき込むとそこには階段を下りてゆく生徒の姿が!!ほぼ真上からでしたので頭頂部しか見えず、今となってもそれが誰だったのかはわかりません。スローモーションのように刃を下にして落ちていくはさみと、階段を下りていく生徒の姿。まるで映画の一コマのように今でも鮮明に覚えています。結果、彼がまさに間一髪通り過ぎた後の木…

  • 酷暑対策:男の日傘と帽子

    またまた外せない用件で酷暑の都内に出向いてきました。新橋での用件が終わり、駅前のSL広場を通ると、普段なら待ち合わせの人達で賑わっている広場も人影はまばらで、みんな駅とか駅前のニュー新橋ビルとかの日陰に避難していました。人が少ないのはお盆という事もあるでしょうが、この猛暑に日差しを遮るものの無いコンクリートの広場での待ち合わせは厳しいと思います。 それでも日差しの中にいる数少ない人の中で、御婦人方は多くが日傘をさすか、帽子をかぶっています。一方の男性は、日傘はまず見当たらず、帽子も少なくて、いたとしてもキャップ型が殆どという感じです。日傘は紫外線対策上も有効ですが、暑さ対策でも相当効果があるそ…

  • シニア男子の料理:バターチキンカレーとナン

    料理をやることが多くなってきました。 昔は気分転換とか、一種の非日常だったのは間違いないんですが、段々と回数が増え、家庭内で当たり前感が出てくると、これはもう日常かも知れません。 余暇をどう過ごすかは今後の大きなテーマで、一番やりたいことは勿論バイクに乗ること、その他散歩や、このブログ作成、読書等々は考えていたんですが、意外と料理はいけるかも。時間つぶし、なんていうと怒られるでしょうが結構面白いです。

  • 都内は殺人的暑さ!!:おにやんま日暮里店でおろし醤油うどん⇒帰ってから、室内用にステッパー買いました。

    昨日、どうしても外せない用事があり、久しぶりに日中、都内に出ましたが、予想通り殺人的暑さで、5分も歩けば汗だくになりました。11時に家を出て14時半に帰ってきましたので、最も暑い時間帯に行き帰りしている訳です。暑くないはずがないですよね。 今年はいつまでも梅雨が長引いて、早く明けないかなあと待ち望んでましたが、明けたら明けたで以降は一滴の雨も降らず、もう10日以上になるんではないですかね?なんにせよ極端な気候です。

  • お婆ちゃん猫ロクの日常:「What’s Michael?」を思い出す。

    人間ならば御年84歳のお婆ちゃん猫ロクの日常ですが、実は中々記事にするには難易度が高いんです。 そもそも野良で、母猫から育児放棄されていたロクを救出したのは、他ならぬ私なんですが、彼女にとってはそれは恐怖体験以外の何物でもなかった(要は拉致されたという認識)ようで、未だにそのトラウマを引きずっているのか、なかなか気を許してもらえません。家内や娘には、ごろんと寝転んで触ってくれと甘えますが、私の前ではお腹は見せません。特に上から見下ろされるのは怖いみたいで、廊下で鉢合わせすると、まずほとんどの場合くるりと回れ右して逃げていきます。割と触らせてもらえるのは、上から見下ろされない位置関係にある時です…

  • 江戸東京博物館:江戸のスポーツと東京オリンピック展。夜は中華で満足!

    先日東京オリンピックの記事を書きましたが、タイミングよく両国の江戸東京博物館で、「江戸のスポーツと東京オリンピック展」という特別展示をやっていましたので、平日は当然仕事である長男は除き、家族で見てきました。春先に、上京した友人夫妻を案内して来てますので、江戸東京博物館自体に来るのは半年ぶりですが、平日は空いてていいですね。 OZmall【行ってみたい!東京近郊のアートスポット】第3回:江戸東京博物館|ニュースより

  • 東京2020オリンピック・パラリンピック観戦チケット

    Panasonicが大々的に東京オリンピック・パラリンピックのチケットプレゼントのキャンペーンをやっていますが、先日のSONYの記事でも書いた通り、我が家はちょうどいいタイミングでPanasonicのテレビとブルーレイレコーダーを購入しておりまして、ポイントが結構貯まりました。 先日の公式チケット抽選では、開会式、閉会式含め結構申し込んだのですが、当たったのは馬術の3枚のみ。1枚も当たらなかったという人が多い中で、それだけでも幸運ですし、馬術そのものも、とてもオリンピックらしい種目でもあり、会場の馬事公苑に行くのも大変楽しみではあるのですが、せっかくならやはり開会式、閉会式どちらかには行きたい…

  • R1200R房総ツーリング:内陸から内房へ(孤独のグルメツアー2は失敗!)

    長かった梅雨がようやく明けたと思ったら、一気に夏の空気に入れ替わりました。夏のツーリングと言えばやはり高原ですが、私の自宅からは、その高原が遠い遠い、、。 しかも7月30日は北関東の天候が不安定な感じでしたので、この日も降水確率ほぼ0%の房総に出撃です。 前回は、孤独のグルメに登場した大原の源氏食堂が目的でしたが、房総にはもう一つ、金谷の「はまべ」という登場店があります。どうせ行くならここを目的地にしようという事で出発しました。 今日のお目当てはアジフライです。同じ金谷には「さすけ食堂」という黄金アジの超有名店がありますが、ここは土日3時間待った、という話がざらにあるくらいのとんでもない店です…

  • 介護保険と、シニアの必修科目、年金

    65歳の誕生日を前に、まず市役所から何やら通知が来ました。開けてみると、介護保険の適用者になりましたと。シニアの仲間入りを実感しました。

  • SONY製品との長いつき合い

    昔からSONYが好きで愛用してきました。先日、10年来使っていたSONY製のテレビが壊れて買い換えることとなり、改めてそれを再認識しました。 電器屋に見に行った時には、今がSONYだから今度もSONY、位にしか思っておらず、とりあえずSONY製品を置いているコーナーに行って説明を聞いていたんですが、すぐにお店の人も家内も、他メーカー、特にPanasonic押しに変わっていきました。(販売員の人はPanasonicからの派遣のようでしたから当然ですが)確かに私にもPanasonicの製品のほうがウチのニーズには合っているし、モノも良さそうと思えたのですが、そこで結構SONYから他メーカーへの乗…

  • 参院選で感じた、投票システムの時代遅れ加減

    今回は前回と打って変わって堅めの話です。このブログでは政治・思想については触れないつもりなんですが、今回はちょっとだけそれに関わるかも。 先日の参議院議員選挙、子供を連れて行ってきました。たいした躾は出来なかった不肖の親ですが、選挙にだけは行けと言い続けていましたので、これまで100%投票には行ってると思います。ところが国政選挙にも関わらず最終投票率は50%未満、とても残念な状況です・・。娘によると今回はSNSを使った投票促進の試みとか色々仕掛けられていて、投票率上がるんじゃないかなあという事でしたが、ふたを開けてみるとこの有様です。若者の政治離れとか、野党が反自民の受け皿になれていないとか言…

  • ウルフギャング丸の内で肉食女子会?・・と明治生命館見学

    先日、元職場の女性有志にお誘いいただき、ウルフギャング丸の内でのランチ会に行ってきました。日頃は粗食の毎日を送っているわけですが、彼女たちのおかげで、とてもリッチな非日常のひと時を過ごさせていただき、感謝感謝です! 退職後、今回も含め色々な方にお誘いいただき、慰労してもらっていて、本当にありがたく思います。 約束まで時間があったのでウルフギャングの上にある明治生命館(というより、ウルフギャングが明治生命館の地下にある)に入ってみると、普通に回るなら10~20分で見られますよとのことで、見学してみることにしました。無料でだれでも自由に見学できます。雨だったこともあってか見学者は私一人で、貸し切り…

  • 誕生日に九十九里へ。ついに前期高齢者の仲間入り

    65歳の節目の誕生日、家族で九十九里に向かいました。何が節目かというと、表題の通り、誕生日のこの日名実ともに(?)高齢者の仲間入りとなったわけです。目的地は九十九里町の不動堂にある、焼き蛤が名物の浜茶屋向島と、海の駅九十九里です。家族4人、家内の運転で向かいますが、予報に反して薄日もさしており、バイクも走ってます。これは今日もバイク乗れたかも、という思いがよぎります。

  • 梅雨時の過ごし方

    フルタイムで仕事をしなくなって、時間に余裕ができました。その時間の使い道を考えないと、持て余してしまうのは確かで、やりたいことのトップは断然バイクでのツーリングなんですが、他には散歩とかPCの前に座ってのネット徘徊とか料理などの家事があげられます。 中でも散歩は、健康維持と時間つぶし(とは言いたくないが実際その通り)の為には一番ですが、天気次第なのはバイクと同じです。そして季節は梅雨、今年の梅雨は何か本格的で、いつまでもどんより晴れ間が見えません。東京の日照時間は平年の10%くらいしかないんだとか。降水量的には十分なのかもしれませんが、日照不足は野菜とかの生育にも悪影響があるんでしょうね。 晴…

  • R1200R房総ツーリング(ようやく):大原 源氏食堂(孤独のグルメ)/月の砂漠/アジサイ

    乗る乗る詐欺みたいになっていた当ブログで、久々のツーリング記録です。 ホントに日照時間が短くて、これまでバイクを引っ張り出す機会もなかった今年の梅雨ですが、前日の天気予報では千葉県全域7月10日は晴れ!!朝からホームグラウンドの房総に出動しました。 朝から上天気 今日の目的地は、以前孤独のグルメという番組で紹介された、いすみ市大原の源氏食堂という店です。5月にチャレンジしたものの、大原漁港の朝市に寄り道して訪問を果たせなかった店です。途中、スタンプラリーのポイント稼ぎもしながら、道の駅つどいの郷むつざわ、たけゆらの里おおたきを経由して大原へ向かいます。 いつものとおり、上の写真のようになるべ…

  • カメラは好き。でも写真のセンスは無い、、。

    カメラへの憧れがずっとあります。最初はやはり親父の持っていたカメラなんですが、今となってはどこの何というカメラかもわかりません。 具体的にこれいいなあと思ったのは、高校の写真部とかの友達が持っていたカメラ。ニコンのニコマート(スーパーマーケットではない)というカメラと、今は無きミランダというメーカーのセンソレックスというカメラ(シャッターが前面にあったような)でした。 カメラ修理工房日記--みの虫のひとりごと から画像お借りしました。 ミランダ | ☆こちらクラカメ派出所☆ から画像お借りしました。 当時一眼レフはやはり高額品で、私は彼らに貸してもらって、初めて本格的カメラに触れました。自宅に…

  • R1200Rの記事が書けない、、

    R1200Rと共に、というタイトルをつけながら、乗ったという記事が全く書けずにいます。 梅雨時であることももちろん影響はしているのですが、以前は土日しかツーリングには行けないわけですから、晴れを待ち構えて出かけていました。今はいつでも行けるし、むしろ混む土日はできるだけ避けて、みたいになって却って出かけなくなってるような気がします。看板に偽りありとならないようにしなければ・・。 ということで、愛車R1200Rのよもやま話で今日はお茶を濁しておきます。 前回のバイク歴でもご紹介した通り、購入は2015年の4月。購入時に、シールド、タンクバッグ、パニアケース、エンジンガードをオプションで付けてもら…

  • キャンプ道具

    キャンプが何度目かのブームになった頃、我が家も子育ての真っ最中で、人並みにバーナーやランタン、タープ、椅子、テーブル、シュラフ等色々と買い揃えました。ただ肝心のテントは今も購入しておらず、出かけたのはデイキャンプ(実態はバーベキュー)と夏休みの旅行中のコテージ位でした。そもそも暑いのが苦手で、コテージも空調付を選んでいた軟弱モノ。シュラフは、当時の愛車で、真ったいらなフルフラットシートになる初代ステップワゴン車内での子供たち専用でした。 このコテージもクーラー付きでした。 子育ても終わり、ファミリー用のキャンプ用品もいざというときの緊急用と化して、しまい込まれたままでしたが、ちょうどその頃バイ…

  • お婆ちゃん猫ロク(お互いシニアに、、)

    2000年9月に我が家の一員となり、2012年の11月に天国に旅立ったクーが我が家にとっての最初の猫。そして、その2年後2002年6月から今に至るまで、我が家の一員として可愛がられているのが御年17歳、人間換算で84歳の老婆ロクです。 2002年当時、我が家の周りでは何匹かの野良猫が住んでいたのですが、そのうちの1匹が子供を産み、前の家の軒下あたりで子育てを始めていました。 6月のはじめ、生まれたばかりの子猫の1匹がどうも育児放棄(?)されたようで、一生懸命離れたところから母親を呼んでいるのですが、母猫は知らん顔で見向きもしていないことに気付きました。気にはなりつつ、いずれ何とかなるだろうとそ…

  • SSTR2019ゴール地点撮影写真

    先日参加したSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)のゴール地点で、プロカメラマン達が撮ってくれた写真がWEB上で公開されました。何と総枚数4万枚もの写真を撮っていたそうです。もちろん無料ではなく、データ購入で@1,000円、パネルだと1万円以上します。 探すのも大変ですが、私も10枚以上写ってました。4,000人参加で4万枚ですから、まあ一人当たりこれくらいは撮影していることになりますね。全部買うと結構な支出になりますが、プロのカメラマンに自分の走っている姿を撮ってもらう機会はそうそうないよなあと自分に言い聞かせ、(実は販売戦略にそのまま乗せられて)数枚は購入しました。 ゴール…

  • 送別会(羽田沖ナイトクルーズ)

    5月末で最終出勤を終えた会社の同僚が、改めて送別会を開いてくれました。 天王洲発着で東京湾を巡るクルージング企画で、梅雨の晴れ間となったこの日は、クルーズには持ってこいの天気となりました。品川駅で電車を降り、運河まで出て、あとは運河沿いの気持ちの良い遊歩道をぶらぶら歩いても20分くらいです。みんなの顔を久しぶりに見て、と言っても2週間しかたってないんですが、えらく懐かしいと感じました。すでに浮世離れし始めてる? 天王洲を日暮れ時に出航して羽田沖に向かい、旅客機の着陸コース真下でしばらく停泊して、大型旅客機の直下で迫力の体験、その後京浜工業地帯の夜景を見ながら大井のコンテナヤードを過ぎ、お台場沖…