searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

文爺さんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に
ブログURL
https://www.boon-senior.com/
ブログ紹介文
御隠居の日常と、愛車BMW R1200Rとの時間。
更新頻度(1年)

186回 / 365日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2019/06/18

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、文爺さんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
文爺さんさん
ブログタイトル
シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に
更新頻度
186回 / 365日(平均3.6回/週)
フォロー
シニアライダーの日常・BMW R1200Rと共に

文爺さんさんの新着記事

1件〜30件

  • クロスヘルメットX1は失敗作?

    今回は過去私が書いたブログの記事について、ちょっとドキッとさせられることがありましたので、それを書いてみます。 1年半近く前に、下記の記事でスマートヘルメット(商品名「クロスヘルメットX1」)という新しい発想のヘルメットについての期待を書いたのですが、クラウドファンディング自体は大幅に目標を上回る形で達成して大成功だったようで、事業化も始まり、今年になって現物が支援者の手元に届き始めています。 www.boon-senior.com そしてようやく現物を手にした支援者の方からは期待外れ、詐欺レベルという声が飛び交っていて、「クロスヘルメットX1被害者の会」なるものまで誕生しているみたいなのです…

  • 市役所のワクチン接種コールセンターよりメールが来ました。

    9月13日月曜日の朝パソコンを開いてみると、市のワクチン接種コールセンターよりメールが届いていました。我が家では娘の2回目を残すのみで、夫婦共に接種は終わっていますので、もしかしたら今世間で話題になり始めた、3回目の接種の話なのかなあ?などと思いつつメールを開けてみて、全くいい意味ではなく驚きました。 メールの内容は、「〇〇市ワクチン接種コールセンターです。この度は、お問い合わせいただきありがとうございます。回答が大変遅くなりまして、誠に申し訳ございません。お問い合わせ内容を拝見しました。国の資料において、「基礎疾患」は以下のものと定義されております。・・・(以下回答)」となっており、これ自体…

  • POLOで家族ドライブ、小雨模様の犬吠埼灯台へ

    先週の日曜日、緊急事態宣言下ではあるものの少しストレス解消がしたいという家族の希望を受け、朝方の小雨も昼頃からは晴れてくるとの予報でしたので犬吠埼灯台までドライブに行ってきました。 灯台の近くまで来て、まずは銚子電鉄の犬吠駅に立ち寄ります。ちょうど電車がホームに到着するところで、皆さん一斉に写真を撮っていました。 どこかで見覚えのある形だなと思って帰宅後調べてみると、京王電鉄から伊予鉄道に売却され、更に銚子電鉄が購入したものらしく、やはり私が大学生で明大前や下高井戸、笹塚あたりに出没していた頃の、京王線の主力電車でした。 参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4…

  • ミヒャエル・エンデ著「モモ」を読みました。

    一人ゆっくり起きて朝食を食べにリビングに行くと、妻がNHK BSの「コロナ新時代への提言」という番組を観ていました。私も朝食を食べながら何となく観ていたのですが、そこで取り上げられていたのが、ドイツのミヒャエル・エンデが書いた児童文学「モモ」だったのです。 三人の知識人が、コロナによって今後変わらざるを得なくなってきた社会について、この「モモ」を題材として語っていく内容で、私も徐々に引き込まれて、最後まで観てしまいました。 聞いてみると、妻は以前にこの「モモ」を読む積もりで買ってはいたものの、未だ積読状態だったのが、たまたまこの番組のことを知り、観始めたのだそうです。その本を見せてもらうと、…

  • SSTR2021は断念しました。

    私が読者登録している幾つかのブログでも、今年のSSTR(サンライズ・サンセット・ツーリング・ラリー)の記事が目に付くようになって来ました。今年は10月に3週間という期限を切って、3回の週末に集合イベントを2600台上限で実施し、その間の平日には去年のMY SSTR式の個人参加型で700台、計8500台の参加となるそうです。密を避けるために色々苦労したことがうかがえますが、何といっても参加台数が凄いですね。 私も過去4年連続で参加していたSSTRなのですが、今年は悩んだ結果申し込みを見送りました。 コロナ禍のせいといえばその通りなのですが、外出自粛とか密とかそういう面で参加を取りやめた訳ではなく…

  • 国産車と輸入車

    国産バイクと外国製バイクの話に続いて、国産車(四輪)と輸入車の話です。 今私はクルマの方もドイツ製のフォルクスワーゲンポロに乗っていますが、外国車はフォルクスワーゲンばかりで、今5台目です。ゴルフ2台、トゥーラン2台、そして今のポロとなります。 バイクの場合は、私が免許を取って乗り始めた1970年頃には既に日本車が最強の位置に君臨していましたが、四輪の方はまだまだだったと思います。その5~6年前の第2回日本グランプリというツーリングカー(市販車改造)レースで、当時プリンス自動車製だったスカイラインが、一周だけポルシェの前を走ったとして大騒ぎになったらしいですから。その後プリンスは日産に吸収合併…

  • VAN Jacket(ヴァンヂャケット)とトラッドのこと

    男は身なりなんかに気を使うもんじゃないというバンカラ気質がまだ残っていた昭和40年代終わり、四国の片田舎でしがない浪人生活を送っていた私に、現役合格して一年先に上京した友人が持ち帰って来たファッション知識がアイビールックでした。 アイビールックは、1950年代にアメリカ東海岸にあるハーバードやコロンビア、イェール等の「アイビー・リーグ」と呼ばれる名門私立大学の学生やOBの間で広まっていたファッションを基にしたスタイルです。髪は七三分け、ボタンダウンシャツ、三つボタンのブレザー、コットンパンツ、ローファーを着用するのが定番とされ、それが日本でも流行した1960年代にこのアイビールックで銀座のみゆ…

  • 国産バイクと輸入バイク

    先日舶来品信仰というブログを書きましたが、私は今ドイツ製のBMWバイクに乗っていますので、国産、輸入(舶来)バイクについてもうちょっと書いてみます。 先日の舶来品ブログでも書いた通り、私がバイクに乗るようになった1970年代には既に日本車は世界チャンピオンで、世界中の市場を席巻していました。ですから選ぶのに国産車以外はあり得なかったですし、何より田舎の貧乏高校生が外国車を買えるはずもありませんでした。 最初は古~いホンダのCS90から始まりましたが、改めて今見ると中々スマートですね。 参照:https://young-machine.com/2018/09/24/13024/ その後スズキの…

  • 舶来品信仰

    舶来品という言葉自体が既に死語でしょうが、まだ世間的にも意味は通じると思います。(外国から)船で運ばれて来る品物だから舶来品で、そのまま輸入品という意味ですが、ちょっとありがたがるような、高級品的なイメージはありますね。 私が幼い頃はまだ色々な分野で、舶来品信仰が残っていました。メイド・イン・ジャパンが安物の粗悪品というイメージをまだ払拭できなかった頃で、失礼ながら少し前のメイド・イン・K××、今ならメイド・イン・C××ですかね。 とは言え、私が小学校に上がった頃にはもう家電品はほぼ国産で完結していました。SONY等が世界的ブランドとして認められた時代ですね。その他ではバイクも既に世界を制圧し…

  • ナショナル・ジオグラフィック

    ネット記事を閲覧していて、ナショナル・ジオグラフィックの下記の記事が目に留まりました。今回のアフガンからの米軍撤退で、過去バーミヤンの仏教遺跡を大規模破壊したこともあるタリバンの今後の動向を懸念する記事です。 natgeo.nikkeibp.co.jp 私は、ナショナル・ジオグラフィック誌の日本語版が1995年に外国語版としては世界で初めて創刊された時から、少ない小遣いを何とか工面しながら何年か定期購読していました。ナショナル・ジオグラフィック誌は、ナショナル・ジオグラフィック協会という1888年に地理学の普及のためにアメリカで設立された団体が発行している雑誌で、学術誌的内容でありながら絵や…

  • バイク用プロテクター

    娘がバイクに乗るようになったのですが、気に入ったバイクウェアがなかなか見つからず、モヤモヤしているようです。 ライコランドやナップスなどのバイク用品店でウェアを見てもあまりピンとこないみたいで、特にレディースは好みではないのだそうです。いかにもライダー然としたものではなく、街着としても通用する感じのものを探しているらしいですが、とはいえ安全性にも拘っていて、そうなるとやはりライディングウェアから選ばないとプロテクション機能は期待できないし、やっぱりデザインが気に入らないし、という堂々巡りをしています。今現在は、私が持っているウェアの中でもあまりバイクバイクしていないものを選んで使っています。女…

  • ムヒカさんの生き方

    この間、妻が(今後は「妻」と呼ぶことにしたのですが、これまで「家内」と言い慣れていましたのでまだ落ち着きが悪いです。)「世界一貧乏な大統領」として有名なウルグアイのムヒカ元大統領のTV番組を観ていました。 私は自分の部屋でほかのことをしていて、飲み物を取りにリビングへ来た時にちょっと眺めただけなのですが、ちょうどその時、「もう残り少ない人生で十分な程のお金は稼いだ。」というセリフと、収入の9割を社会基金に寄付し、10万円ほどの生活費で暮らしていたことが語られていました。ホセ・ムヒカさんについては色々なところで取り上げられていますのでご存じの方も多いと思いますが、若い頃はウルグアイの革命の闘士…

  • バイクの不得意種目、徐行運転

    バイクの一番の魅力は風を受けて走る爽快感なのでしょうが、それに加えて車体を傾けることで自在に曲がる方向を決められるという操縦感(操り感)も大きいと私は思っています。コーナーの角度と今のスピードを計りながら、ピタリときまった傾きで進入しコーナーを抜けていく時の爽快感はちょっと他では得られないと思います。(あくまでも舗装路の話です。)飛行機の操縦はこれが三次元になる分、更に高度な達成感・快感になるのでしょうが、高所恐怖症の私は航空機免許などは考えたこともありません。 この快感は車体を傾けられる二輪だからこそ得られるものなのですが、それと引き換えに失うものが安定性であり、特に低速になればなるほどそれ…

  • 昭和の田舎暮らし

    先日猛暑の記憶みたいなことを書きましたが、その後は全国的に大雨となり、結果気温はさほど高くならない日が続きました。そしてその時書いたことが昔の田舎暮らしを思い出すきっかけともなりましたので、ちょっとまとめてみます。 私が生まれたのは昭和20年代の終わり、西暦では1950年代半ばですから、まだまだ戦後という言葉がぴったりの時期だったと思います。物心ついたのは昭和30年代、中高の多感な時期が昭和40年代ということになります。私は事情があって四国の瀬戸内側に住む父方の祖母に育てられたのですが、当時祖母は民間企業でパート的に働いていて、公務員時代の恩給を合わせても家計が裕福でなかったことは確かですので…

  • R1200R、12カ月点検後のショートツーリング

    超長期にわたったR1200Rの12ヵ月点検がようやく終わり、ショートツーリングに出掛けてきました。早々に支払い等の処理を済ませて、10時過ぎにディーラーを出発したのですが、緊急事態宣言下ということを多少意識して千葉県内をちょっと走るだけにして、これまでバイクでは殆ど行ったことのない、県最北端を目指すことにしました。 千葉県民でも県の最北端というと銚子あたりをイメージする人が多いのではないかと思うのですが、実は最北端は野田市関宿(せきやど)という町で、茨城県、埼玉県との県境、県西北部となります。「チーバくん」でいうと鼻の先っちょですね。今は野田市ですが昔は関宿藩として独立していて、利根川と江戸川…

  • R1200R、波乱の12カ月点検

    コロナ禍によるバイク特需(?)で、ディーラーが思わぬ繁忙期に突入していて、愛機R1200Rの12カ月点検は随分時間のかかることとなりました。 www.boon-senior.com まん延防止等重点措置発令中であり、ろくにバイクにも乗れていなかった為に私が検査時期に気付いてなかったという事情もありますが、本来なら4月、遅くとも5月には検査だったはずが8月1日まで待たされ、工期も一週間とこれまでになく長い間かかることとなってしまったのです。その後コロナによる緊急事態宣言が首都圏の3県にも拡大発令され、猛暑も続いていましたので、ツーリングに出ることもそうはなかったかもしれませんが、真夏のレジャー最…

  • パソコン買い替え

    4年程使っていたノートパソコンの調子が悪くなり、買い替えることになりました。パソコンといいましたが実態はタブレットで、それに専用のキーボードを接続すればパソコンとしても使える、マイクロソフトのSurfaceProという機種です。 これまで使っていたのはPro4というモデルで、2015年に発売されていますが、私は2017年に新古品(展示品)をヤフオクで落札しました。当時プライベートではSONYのオールインタイプPCを使っていて、これは持ち運びはできませんが、この頃はASUSのAndroidタブレットも持っていましたので、外出の際はこれで事足りていました。会社から支給されていたのはDellのノート…

  • 「家内」という呼び方

    私は結婚以来、ちょっと改まった場では妻のことを「家内」と呼んでおり、このブログでもそれは同じでした。面と向かっては「お母さん」というのが子供ができて以来の習慣で、私も「お父さん」と呼ばれています。「パパ・ママ」は気恥ずかしいので止めてくれと結婚した時から頼んでいて、子供たちも当然そう呼びます。子供ができるまでは名前を呼び捨てでしたが、すぐに長男が生まれましたのでその歴史は短かったですし、社内結婚で結婚前は「〇〇さん」という、いわゆる社内での公用語的呼び方が身についていたので、結婚後も呼び捨てにはかなり違和感がありました。対外的な「家内」という呼び方が日本語としておかしいわけではなく、社会人とし…

  • 帰省について

    お盆休みで息子が帰省してきました。年末年始で帰省してきて以来8カ月ぶりです。帰省とはいえ、東京東部から千葉県西部ですからほんの一時間で帰れるお手軽帰省です。政府は帰省自粛と言っていますが、息子も職域接種でワクチンの二回接種を終えていますし我々夫婦も終わっていますから、まあいいだろうということにしました。 彼の職場にはお盆休暇という概念は無いらしいのですが、同居している彼女がお盆で帰省したので、自分だけが残っている理由もなく、ということで帰ってきました。休みではなくても、テレワークで自宅勤務がデフォルトとなっているので、どこでいても同じように仕事ができるというのはこういう時便利ですね。今どきのカ…

  • 8月、猛暑です。

    8月ですから暑いのは当たり前ですが、それにしても昨日一昨日は異常な暑さでした。台風の余波で、その前には関東でも強い雨風に見舞われましたが、それが収まったと思ったら猛烈な暑さがやってきました。何と東京八王子では38℃、千葉でも36℃です、、。過去の思い出には自分に都合の良い補正がかかっていますので、私の記憶は正確ではないかもしれませんが、昔の夏が今ほど暑くなかったのは間違いないと思います。 昭和30年代の日本にはまだエアコンは普及しておらず、当時の映画を見ると大企業のオフィスでさえ窓を開け放って扇風機が廻っています。またあの頃はまだ冷房だけの機能しかありませんでしたから、エアコンではなくクーラー…

  • BIG-ONEカフェから伊縄寺(いづなでら)、太東埼灯台へ家族ドライブ

    8月に入って最初の週末、娘から、有休をくっつけて4連休としたので家族でどこか行こうと誘われていました。その時は、久しぶりに遠出するのもいいねということで色々考えていたのですが、首都圏の3県にも緊急事態宣言が発出されてしまい、遠方はおろか近場でもはばかられる状況になってしまいました。 とはいえせっかく有休をとったことですし、人出も少ないであろう平日の金曜日に、密を避けて近場に出かけることとして、目的地は先日のバイクツーリングで候補地の一つだった太東埼灯台と、その近くの伊縄寺としました。 まずは、そこからそう遠くない大多喜町のBIG-ONEカフェを目指してそこで昼食をとることにしました。私は何度も…

  • せっかち

    歳を取ると人間はせっかちになると言いますよね?本当にそうなのかどうかは知りませんが、そう取られるような行動をする年配者を見かけることが多いのは確かです。 先日、宅急便を送るために朝一でヤマトの営業所に行きました。珍しく朝早く起きましたので、8時の営業開始5分くらい前に着いたのですが、ちょうど私の前を走っていたクルマも御同様だったらしく、一緒にヤマトの営業所に入り、駐車場にも並んで停める形となりました。私より若干年配らしきご婦人だったのですが、着くなり荷物を持って窓口に向かいます。しかしまだ5分前でカーテンも開いておらず自動ドアも当然動きません。しばらく入り口で待っていたと思ったらせかせかとクル…

  • 娘のFTR初単独ツーリング

    今週の日曜日、娘は早くから起き出して初のFTR単独行に出掛けました。今年の初めに納車されてから練習ツーリングという名のお付き合いを5回ほどやり、ようやく独り立ちですが、内心ちょっと寂しいと言うのも本音です。 私はR君を12カ月点検に持って行く予定でしたので、娘が出発した後のんびり準備をしていたのですが、出掛けてから30~40分後に娘から電話がかかってきました。去年の夏、息子がクルマで対物事故を起こした時もこんな感じで電話がかかってきたことを思い出して、嫌~な予感がしたのですが、そうではなく、燃料コックはどうすればリザーブになるのかを確認したいという内容でした。走っていてふと不安になったんだそう…

  • R1200Rの12カ月点検

    今週の日曜日、愛機Rを12カ月点検でディーラーに預けて来ました。2015年の春、正社員としての定年を迎えた記念にご褒美として二代目のR1200Rを新車で購入して(もらい)、6年目となりました。走行距離は38,000kmを超えましたが、一度シフトアシストの効きが悪くなった(とはいえクラッチを使ってのマニュアル操作には支障なし)ことと、バッテリーが突然死して、朝ツーリングに出かけられなかったことがあるのを除けば大きなトラブルはなく、快調に走ってくれています。 5月が点検時期(車両購入は4月なのですが、昨年の車検がコロナで1ヵ月遅れ、今年の点検も5月だったようです。)だったのですが、しばらく乗らなか…

  • 映画「42~世界を変えた男~」を観ました。

    Amazonプライムで、表題の「42~世界を変えた男~」という映画を観ました。42というのは背番号で、メジャーリーグですべての球団が永久欠番としている黒人(本当はアフリカ系アメリカ人といわなければならないのでしょうが長いので黒人と記します)初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの背番号です。 eiga.com 実はこの日は、最初この映画ではなく、Amazon独占配信の「トゥモロー・ウォー」というのを観始めたのです。都内をこの映画の販促のためのトラックが走っていて、そのリアルさが話題になっていたとの記事を読み、最近Amazonプライムで大々的に宣伝していたのは知っていましたので、観る気にな…

  • 我が家の中高年、コロナワクチン接種完了です。

    今週の火曜日、家内の2回目のコロナワクチン接種が完了しました。これで別居の両親含め、我が家の中高年の接種はひとまず完了しましたが、はたしてこれで安心といえるのかどうか、少なくとも欧米諸国のように接種が進んだからといってマスクを外して雑踏に出かける気には当分はなれないでしょうね。今回はこの経緯を時系列で紹介するだけの記事です。 一番早かったのは何故か私で、4月の中旬に接種券が配布され、5月の初旬に1回目を接種、5月末には2回目も完了しました。予約殺到という情報に煽られ、接種券が到着するのを待ちかねて、人気チケットの入手と同じくらいの気合で臨みましたが、拍子抜けするくらいにすんなりとネットでの予約…

  • 土用の丑の日

    今週の水曜日、7月28日は土用の丑の日でしたが、この日は丁度都内で仕事があり、久々に常磐線の往復にグリーン車を利用しました。JR東日本のキャンペーンで、400ポイントでSuicaグリーン券をもらえる、というのをやっていて、最近JRの混雑も段々元通りになってきていますので、たまにはゆったり通ってみるかと思ったのです。下の写真は午後早い時間の帰りの車内で、この時は一車両に数人という超ゆったり具合でしたが、朝は6~7割の乗車率で隣の席も埋まっていました。 www.boon-senior.com 今年の一月にこの記事を書いた時、土用というというのは夏以外にもあるということを初めて知ったのですが、普通土…

  • 東京オリンピック2020

    散々叩かれながら強行開催(?)した東京オリンピック。やるならやるで出場選手たちを単純に応援しようとは思っていましたが、始まってみればスケートボードの堀米君、西矢さん、競泳の大橋さん、柔道の阿部兄妹、高藤君、大野君、卓球の水谷伊藤ペア等、開始早々の金メダルラッシュに、サッカー、バレーボール、ソフトボール等の好試合と、テンションは相当高くなっています。我ながらチョロいもんだと思いますし、意図を持った世論操作にも私は簡単に乗ってしまうんだろうなと一抹の反省もあります。 ともあれこの猛暑の中、屋外でプレーする選手たちは本当に大変だと思いますし、日本人選手は特に国家の威信とか期待などという余計な重荷も背…

  • 「ホクレンSSライダーキャンペーン2021」に応募してみました。

    北海道の方以外には、ライダーでもないとあまりお馴染みはないと思うのですが、ホクレンとは「ホクレン農業協同組合連合会」の略称で、北海道の農協の元締めです。ライダーと農協が直接関連している訳ではないのですが、ホクレンはホクレンSSという名前のガソリンスタンドを運営しており、我々ライダーは北海道ツーリングの際にそこでお世話になります。 それだけなら数あるガソリンスタンドの一つに過ぎないのですが、ホクレンは夏の北海道ツーリングの最盛期に、ホクレンフラッグというペナント形の小旗を、ホクレンSSで給油したライダーにプレゼントするというキャンペーンを毎年行っていて、これを集めるのが夏に北海道ツーリングに訪れ…

  • 夏の海

    本来なら7月19日の月曜日だった海の日が、今年はオリンピックの関係で昨日の7月22日となりましたが、夏といえばやはり海であり山です。 幼い頃、私にとっての海とは瀬戸内海のことでした。当時はまだ海洋汚染も進んでいませんでしたし、ご存じの通り内海(うちうみ)ですから波は穏やかで、子供でも安心して泳げるきれいな海でした。また海岸の砂も白く光っていて、防風林として多く植えられていた黒松とあわせて、古い言葉ですが「白砂清松」というのがぴったりの美しい風景でした。白い砂浜と言えば沖縄等の南の島々を思い浮かべますが、これらの砂浜はサンゴが分解してできたもの、それに対して瀬戸内海の砂は花崗岩からできているのだ…

カテゴリー一覧
商用