ラクとトクコのマネジメント学校
住所
出身
ハンドル名
ラクさん
ブログタイトル
ラクとトクコのマネジメント学校
ブログURL
http://managerbeginner.com/
ブログ紹介文
ビジネス書を読むことに疲れた管理職の方々へ!ベテランマネージャーのラク先生と、新米マネージャーのトクコさん。二人のノリツッコミを楽しみながら、実務レベルのマネジメントをラクに学んで、トクしよう!
自由文
-
更新頻度(1年)

71回 / 124日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2019/05/15

ラクさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,595サイト
マネジメント 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 318サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,595サイト
マネジメント 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 318サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,546サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
経営ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,595サイト
マネジメント 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 318サイト

ラクさんのブログ記事

1件〜30件

  • 部下にワンランク上の仕事をしてもらう秘訣

    新しい仕事やワンランク上の仕事を嫌がる人っていますよね…部下が内心思っているのは…今やっている仕事だけやって早く帰りたい…とか、別に新しい仕事なんてめんどくさい…とか、どうせ頑張ったって給料上がらないじゃん…とか…そんなところでしょうね(笑)しかしそれでは部下はいつまでも同じレベルの仕事から抜け出せません。

  • マネージャーが部下の仕事を分かると、部下の能率が落ちる(?)

    やっぱり部下の方々は…自分が大変な状況をちゃんと分かってほしい…あるいは、自分が会社にとても貢献していることを知ってほしい…そんな風に思っています。頑張っていて成績優秀な人ほどそうでしょうね。例えばあなた自身の上司があなたとあまり話もすることなく、あなたの評価があまり良くなかったらどうでしょうか(笑)

  • 台風時のマネジメントの基礎を知ってトクする!

    災害の時の対応こそ・・・結構管理者の真価が問われます(笑)まず最初に考えるべきは…会社のことではありません!考えるべきは従業員の安全。そのために前もって何をしておくべきか、実際の台風時に従業員のために何ができるかそのうえで、対外的な情報開示や顧客への対応といった通常業務に戻すためのアクションを考えていきます。

  • 「失敗シミュレーター」を使って、気の重い予定をラクに!

    例えば顧客との会議や社内でのプレゼンなどといった気の重い予定も・・・とっても簡単に・・・わずか5分くらいで・・・まずは「起こりうる失敗」を可視化しよう!そうすることで気持ちをラクにできます!ここでは近々顧客との会議があることを想定したシミュレーションをしています。

  • 会議前に皆の気分をラクにして発言を促す

    大事なことは…話し合いが始まってからどう進めるかではなく…・・・始まる前です!・・・始まる前の言葉のかけ方です。それだけで、話し合いのやりやすさがガラっと変わります。逆にそれが無いと、先ほどのトクコさんの会議の様に、意味が分からなくなってきてしまいます。

  • マネジメントにとって最も大事なことは!?(その2)

    いったい何を以て「誤ったマネジメント」と言えるでしょうか?部下と不仲になった?顧客を怒らせてしまった?上司と喧嘩した?それとも・・・会社に損害をもたらしてしまった?・・・いえいえ。それらは・・・結果や経過です。肝心なのは・・・そういった逆境において、最も避けなければいけないことは何か?を理解していることです。

  • マネジメントにとって最も大事なことは何か?(その1)

    今回お話しすることは…あくまで主観…です。マネジメントに正しい答えはありませんので。でも…実はこの黄色で書かれたこと…つまり、「マネジメントに正しい答えはない」ということがもう、大きなヒントになっています。本来、ここから考えないといけないんです。つまり・・・

  • 部下にラクに将来像を描かせる

    もそも、いきなり相手に「将来像」を描かせるのは、たいていの場合無理です。なぜなら、そもそも「今までの自分」もよく分からないから。それもそのはず。だって、人間、記憶そのものが曖昧なので。今まで何をしてきて、なぜそれを行うことになって、そのときに自分がどう感じていたのか。まずはそこを鮮明にする必要があります。

  • 社内接待をラクにする

    マネージャーをやっていると…当然部下だけのことのみならず…さらに上のマネジメントクラスの方々を「おもてなし」をしないといけないことがありますね。つまり「社内接待」です。今回は「ランチの手配をする」という設定でお話しします。大事なのは優先順位です!今回は何を優先させるべきなのか?そこは毎回考えた方がいいですね。

  • 優先順位を見失ったときには、この方法を使ってラクする

    もう仕事が忙しすぎて、全てが優先!…って思ってしまうことがありますよね。いくら時間があっても足りない…と。そんなときにオススメな方法!そもそも・・・全てが優先!・・・そう思ってしまうのは・・・確かに仕事の数も多いのでしょうけれど、何よりの問題は・・・すべてに手を付けなくなってしまっていることです。

  • スッキリ目覚める方法を知ってトクする!

    読者の皆様にもいらっしゃるかも知れませんが...PC業務を毎日行っていて「あー!もう飽きた飽きた!」と思うこと、ありませんか…?そういった憂鬱さというか妙な気だるさというか、疲労感というか、それが積み重なっていく感じ。さらに、週末どれだけ休んでも、どれだけ寝ても、なぜか体の疲れも頭の疲れも取れない...

  • 1日30分で、日々のパソコン疲れを回復させる

    こんにちは!ラクです。 今回は…1日30分で、日々のパソコン疲れを回復させる」…という話! 今回の話は・・・ &nbsp[...]

  • 好ましくない会社の辞め方を知ってトクする

    私自身、会社を辞めたことはありませんが、今まで毎年誰かは必ず辞めていきました。もしかすると自分にもそういうときが来るかもしれません。その時はもしかしたら感情的になっているかも知れません。なので、冷静な時に「この辞め方は避けた方がいいな」というケースを知っておくと、いざというときに後悔しない辞め方ができます。

  • 部下は「背中がカッコいい上司」がいれば、グンと成長できる!

    実際に部下が成長する場面というのは、上司の普段の仕事の振る舞いで…あ、さすがだな。真似してみよう!…と思える瞬間です。毎回毎回カッコいい背中を見せることは難しいとは思いますが、いざというときにはビシっと決めること!実は意外とそういった遠回りっぽいアプローチの方が、結果として部下の信頼を得ることに繋がります!

  • 部下からよく相談されることのトップ3

    こんにちは!ラクです。先日に続いて、ランキングの形式でお伝えしてまいります!今回は、部下からよく相談を受けることのトップ3です。実際に統計を取っているわけでは無いのですが…部下の方から声がかかり、1体1で話すときって大体こういうことが多いです。早速行きましょう!

  • メールのやり取りを減らしてトクする!

    相手とコミュニケーションする際には…まず、「この情報があれば、相手が動きやすい!」…そんな情報になるべく早い段階で気づいて、こちらから提供することを心がけること。相手が分かりやすいように伝えるには、相手のゴールをまずこちらが想像すること。そのためには相手がどういう知識や経験を持っているかを想像することが大事!

  • 団結「させる」方法を知ってトクする!

    団結力が高まるときとは、どういうときでしょうか…?共通の目的があるとき?・・それもありますが・・最も団結力が高まるのは・・・「苦境を共にするとき」ですね。目的達成のための手段として、敢えて自分たちを苦境に追い込む・・・そして、それを共有するんです。

  • 嫌いな部下と話す際の心構えを知ってラクする

    マネージャーも人間なので。嫌いな部下がいてもいいんです!最初このブログを書くにあたって、「苦手な部下」としていましたが…「苦手」ではなく、もう感情的に受け付けない部下ってやっぱりいますよね。でも、それに対して、「自分はマネージャーだから、平等に接しなきゃいけない!」なんて、真面目に考えると、しんどいですよ!

  • 頑張ることよりも大事なことを知ってトクする

    自分のやる気を制限するというと、まるで不真面目な人間に聞こえてしまうかもしれません。でも・・・いわゆる「モーレツ」に働くことが自分のチームにとって良い影響を与えるかと言うと…必ずしもそうではありません...自分も明らかにオーバーヒートしているのに、部下にそれを押し付けることは出来ないですよね。

  • 連休中は逆に「ラク」しすぎない方がラク!

    休日に仕事をするなんて、余計ストレスですよね。でも実は、そう「思いこむ」方が、もっとストレスです。結局5月のゴールデンウィークの10連休もそうでしたが、実際に連休が明けてみると…メールは溜まってる。仕事はやる気しない。仕事のやり方を忘れてしまった。・・・そんなことになってしまいましたよね。予防法があります!

  • マネジメントに「集団心理」を利用してラクする

    集団心理とは…そこにいる人たちの感情の集合体。個人の心理ではなく…群衆でいるからこそ生まれる特有の心理状態のことを指します。特に日本では「和」を重んじる傾向が強いため、集団心理が働くシーンというのは多いです。そして…これをマネジメントに利用しない手はありません。

  • 中途社員を迎え入れる際の心得を知っておいてラクする

    こんにちは!ラクです。今回は…中途採用者や派遣社員の方を迎え入れる際のマネージャーの心得について!端的には...「周りから受け入れてもらえるか」という点。つまり…その人自身が仕事ができるかできないかに関わらず、その人の人格や存在そのものを受け入れるという必要性があります。まずはそこを目指した環境作りが大事ですね

  • お笑いのテクニックで部下を褒めてみよう!

    お笑いに一番必要なもの…それは「ツッコミ」や「ボケ」の…間(ま)、フレーズ(内容)、声の大きさや抑揚など…です!マネージャーをやってると、どうしても部下の意見やアイディアに対して、「荒」を探しがち。だから褒めようかどうしようかと悩むと、ちょっと間をおいて褒めることになり、タイミングを逸してしまいます。

  • ドラゴンクエストYour Storyとマネジメント

    ドラゴンクエストというゲームの世界で起きたことだったとしても、自分が感動したこと、感じたことは、自分にとっての真実。マネージャーが勝手に部下のStoryを描くのではなく、部下の描くStoryに、マネージャーという登場人物はどうあるべきか。「部下の育成」という観点からは、理想としてはそこから考える

  • 上司を出せ!のクレーム対応を知ってラクする

    こんにちは!ラクです。滅多にあることではありませんが…「悪質なクレーム」が来ることがありますよね。しかしそこで…相手の言いなりになって上司を出してしまうことは…何よりも交渉を行う際に「自分が悪かった」ということを、暗に認めてしまうことにもなります。

  • 1時間のチームミーティングにかかるコストはいくら?

    こんにちは!ラクです。   自分のチームの生産性を考える時に… これは便利です!   特[...]

  • マイクロマネジメントの有効性を知ってトクする!

    どういったケースでマイクロマネージは活きてくるのか…考えられるのは主に以下のような場合です●中長期的なプロジェクト●達成すべき目標がある場合●部下の育成…なぜこれらのケースにおいてマイクロマネージが必要か。それは…単純に…相手がダレるから…です。やっぱり人間、見られていないと動かないんですよね。

  • 退職勧奨を部下に行うときに気を付けるポイント

    面談をするときに大切なことは…それがお互いにとって望ましいということ…今まで、相手も頑張って、会社側も頑張って…でもパフォーマンスが上がらない。そんなの、相手だって会社に居続けても苦しいだけ。上司だって色々逐一言いたくない。同僚にだって迷惑が掛かってるかもしれない。誰にもメリットが無いんです。

  • 「残業無し」を推進する会社は、ホントにいい会社…?

    残業を減らすことによる「メリット」…は、ワークライフバランスや、労働費削減、無駄な仕事を効率させるため…など、色々挙げられますよね。しかし、残業無しということを促進することによる弊害も当然あります。例えば「会社のために働いてやっている」という意識を促してしまい、従業員の「全体的な意識」を下げる危険性があります。

  • 50代半ばに入った部下の方々と一緒に働く

    こんにちは!ラクです。 今回は…50代半ばに入った部下の方々と一緒に働くということについて。   50代半ばく[...]