脳出血2度目の認知神経リハビリテーション・透析・寝たきり状態生活とは
住所
出身
ハンドル名
orangetea_ynさん
ブログタイトル
脳出血2度目の認知神経リハビリテーション・透析・寝たきり状態生活とは
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/orangetea_yn
ブログ紹介文
両麻痺、認知聴覚障害、体幹不安定など。透析歴34年。ブックマークの全記事一覧、Y.N REHA SITEもご覧ください。
自由文
-
更新頻度(1年)

49回 / 110日(平均3.1回/週)

ブログ村参加:2019/05/01

orangetea_ynさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 24,948位 22,657位 25,662位 25,660位 22,566位 25,852位 28,313位 969,267サイト
INポイント 0 10 10 0 20 10 10 60/週
OUTポイント 0 40 30 20 120 30 10 250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 385位 350位 388位 388位 349位 389位 439位 30,442サイト
断食・少食 2位 2位 3位 2位 3位 3位 3位 100サイト
脳トレ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 49サイト
病気ブログ 810位 790位 825位 824位 782位 836位 926位 21,422サイト
人工透析 16位 16位 17位 17位 16位 17位 20位 208サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 24,414位 25,418位 24,763位 24,177位 24,624位 29,064位 28,361位 969,267サイト
INポイント 0 10 10 0 20 10 10 60/週
OUTポイント 0 40 30 20 120 30 10 250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 205位 222位 209位 196位 212位 281位 270位 30,442サイト
断食・少食 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 100サイト
脳トレ 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 49サイト
病気ブログ 1,438位 1,509位 1,478位 1,459位 1,470位 1,675位 1,624位 21,422サイト
人工透析 31位 31位 31位 32位 33位 35位 36位 208サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,267サイト
INポイント 0 10 10 0 20 10 10 60/週
OUTポイント 0 40 30 20 120 30 10 250/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,442サイト
断食・少食 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 100サイト
脳トレ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 49サイト
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,422サイト
人工透析 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 208サイト

orangetea_ynさんのブログ記事

  • ▲食事中によく必要になる座り直しをなくすことは、食事中の姿勢回復につながるかもしれない

    まだわかっていない私は三上さんから確認や説明を受けた。座り直しが必要なときは、座面に対し上半身は電柱が①まっすぐ立った状態ではなく②倒れかかった状態。①なら口に入った食べ物は下へ落ちやすい。②では、口に入った食べ物は食道へすぐに落ちにくい。▲座り直しにも関係難しい姿勢の回復前回おこなった顔と首に関するリハビリリハビリ後帰宅、昼食はカツとじだった。最初の一口が飲み込めず、慌てた。リハビリ直後で、正しい姿勢で飲み込むルートができているのかもと思った。でもそのルートを通ろうとすると、身体からストップがかっているみたい。座り直しは有り得ない深い座り方だったから維持したいし、食べたいしどうしよう。。。少しずつこぼしながらなら食べることができた。でも食べ方は難しかったし、また間違った楽な方法へ行きそう・・・などという考えを...▲食事中によく必要になる座り直しをなくすことは、食事中の姿勢回復につながるかもしれない

  • 飴たべたい

    「飴、食べられる?」透析のお隣のベッドのおじい様から飴をいただいた。「龍角散のど飴」。食べたことがなかったので、実物を見るまでは龍角散の粉がまぶされていると思っていた。実際は表面はツルツルで、半分の表面はミルクでコーティングされていて、薬っぽくなかった。おいしかった。脳出血で1年間リハビリ入院していた時、飲食が難しく、飴は食べないよう言われていた。退院すると、大きくない飴なら・・・と食べている。飴を口に入れると、舌の動きは悪いことがはっきりわかり、飴が溶けるスピードはとても遅い。いただいた飴1個が口でなくなるのに、約1時間かかった。おじい様から2回、透析で飴をいただいてしまい、今度はどうしたら飴は速く溶けるのか、考えながら食べた。唾液の中では、飴はほとんど溶けず、上顎で飴をこすることでしか、わずかにはがれたを唾...飴たべたい

  • 自分の体温管理。ミスった!

    先週のことである。自分は体温感覚がわかりづらい。だから今の気温がどのくらいであるか感覚でよくわからない。いつも確認するのは、たまたまうちにあった電波時計に表示される気温を見ることがクセになっていると「思っていた」。先週のある日、朝から訪問看護師さんがいらっしゃる13時まで、この時計を私は全くみなかった。訪問看護師さんがいらしてチラッと電波時計に目を向けると、「さ、30度?!」いつから30度だったのだろう。でも体温は37.5℃で、大したことなかったと「思った」。これから入浴の血圧は、210だった。もちらん入浴はしていない。親は高い血圧だと記録しない。気持ちはわかっても、自宅でこんな高血圧ははじめてだった。おかしくないか?翌日透析でこのことを伝えると、「高すぎ・・・。痩せてるのかな。」とドライウェイトを200を下げ...自分の体温管理。ミスった!

  • いい香りでさっぱり!

    訪問入浴では時々入浴剤を入れてくださることがあり、汗だしCOOL「みずみずしいスイカの香り」であった。開封して、本物のスイカの甘そうな香りで、訪問入浴のスタッフも私も匂いをかいでびっくりした。甘いにおいだけじゃなく、瓜っぽい香りもするからだろうか、スイカが食べたくなった。水に溶かすと薄い青色。漬かっている私は、スイカジュースに入っているみたい?やったことないけど、ガーゼでスイカをしぼったらこんな香りがするのかなと思いながら。入浴剤に含まれている成分でさっぱりしたとは思うが、冷えた状態でスイカは食べるものとイメージするので、本当っぽいスイカの香りは、気分的にさっぱりできたと思った。どうもありがとうございました!いい香りでさっぱり!

  • 舌の動きに左右逆転現象

    今日は変だった。起床時の血圧150。12時から看護師さん排便があったが、身体はホカホカあたたかく、微熱気味(37.5℃)体温を下げたいけど、血圧が高めなので飲む気がせず、やってもいいかちょっと迷ったが、よく洗髪してくれる父に水でお願いした。食欲不振のとき処方されるときもある缶250mlのエンシュアリキッドを3回に分けて飲んだ(現在食欲不振気味・・・)。夕方の体温は37.0℃だった。今日は訪問歯科で、ケアの後いつも口の体操があった。あいうえおと声を出したり、歯を見る鏡?で5カウント舌を抑えられたら反対に舌を持ち上げるようにしたり。そのうち、口角に舌先をつける(ペコちゃんみたいな・・)とき、右は楽で左は難しかったのが逆転していて不思議だった。夜、歯を磨き終わってから鏡を見てまだ逆転しているのかと試したら、元に戻っ...舌の動きに左右逆転現象

  • ブログのタイトル

    先日、ある看護師さんが私の生活を話しているとき「・・・寝たきりっていうわけじゃないし・・・」とおっしゃった。「え?私はブログで自分のこと、寝たきりってかいっちゃった・・・」このブログのタイトルが間違っていたなんて。看護師さんは、「調べましょう!」とスマフォを取り出した。出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』寝たきり(ねたきり)とは、常時ベッドで寝ている状態・仰臥している状態の人を表現する俗語である。医学会や医療行政機関による公的で明確な定義は確認されていない。明確な定義はなさそうだが常時寝ている状態を指すのか。文字通りの意味だった。自分は寝ている状態から自力で起き上がることができない=寝たきり、と思っていた。でも日常生活は車イス上でベット上ではない。私の床ずれの傷跡がなかなか消えないのは、...ブログのタイトル

  • ▲座り直しにも関係 難しい姿勢の回復

    目の前に、50×50(cm)位の9マス目が立て掛けてあり、左の上から行順に番号がふってある。これを使って、ある数字に向かって閉眼して顔を動かすと思った通りか、自分で動かすとどうかなど確認した。****************************************ある方向に三上さんが私の顔を動かしたとき、首の後ろが引っ張られることが何度かあった。顔の向く方向によっては、そのように感じたのは変であった。三上さんが顔の方向を変えるところを見せてくれたが、首は「くにゃ」とやわらかく見え、首の中に引っ張られる何かが入っていて首の動きに硬さを感じるとは思えなかった。首の筋肉が緊張していたと思って、リラックスさせようと思いながら首を動かしたところ、引っ張られたりかたい感じはなくなりはじめた。リハビリ後に、左右を見た...▲座り直しにも関係難しい姿勢の回復

  • 訪問美容 4年ぶり

    療養生活を始めてから、ヘアスタイルはほとんど「訪問美容と和」にお世話になっている。最初は訪問美容のみお願いしていた、途中から巣鴨にあるサロンに行き始めた。サロンは。スペースがあって車イスや入りやすく、雰囲気も落ち着いて気に入り、気が付いたらサロンばかり4年間利用していた。訪問美容でもいいですよ、と4月にカットしたときにおっしゃってくださったので、今回訪問美容をお願いした。9時に小池さんを予約した。9時は早いと思ったが、訪問美容は以前からだそうだ。私は7時に起床して9時からの訪問美容に万全の体制でいよう、と思ったが・・・目覚めたのは8時37分・・・完全な寝坊であった。私は頭がぼんやりしていたようだ。カットが終了後、鏡を見て、いつもなら「うわー、すごい!」となるところ「おや?」と思った。ここでバッチリ目を覚まし、自...訪問美容4年ぶり

  • 車イスの上で考えた・・・

    上半身が左右自由に体重移動させて向きを変えることができたら、それまで会っていた人とサヨナラをするとき挨拶ができる。車イスで移動してもらっている関係上、話せないこともあるが、せめて会釈でもサヨナラの挨拶をすべき人が後方にいるのに、上半身は向きを変えられず首もまわらないから、それができないことが多い。上半身は何となく左右に体重移動しているようでも、移動した重みはどうやって足に伝えるのか。フットレスト上の足に重さが伝わり、足の重さが上半身の向きを変える支えにならないか。でも足に体重移動をさせたくても、念力でやろうとしているようでさっぱりできない。アームレストなどにつかまらずに前屈みができたら、足への体重移動は楽そうな気がする。車イスの上で考えた・・・

  • ▲上半身に比べると、かなり意識が必要な両足への試み

    リハビリ前日の血圧、透析中(140~190台)→リハビリ当日起床時128→リハビリ前102/60■前々回まで行っていたリハビリ、座って上半身が左右を向くこれまでの経緯8.29左右への体重移動はなんとかできた体重がかかっていない側のお尻は浮いていると思っていた。7.6筋肉をさわることで、背中と足のつながりを理解体重がかかっていない側は軽く感じるはすが、引き伸ばされているような異常な感じがした7.14体重がかかっていない側のお尻は浮いてはいないとわかる上半身の動きは、起き上がりこぼしに感じた上半身の動きをサポートを受けると、立つ感じがし、立位で両足交互に体重をかけていた■今回のリハビリ向き方はとおり3通り前屈みしながら向くそのまま向く後ろに倒れながら向く3番目は、車イス上でよくやっている格好であると気づいた。リハビ...▲上半身に比べると、かなり意識が必要な両足への試み

  • 貴重なご意見(訪問看護師さんとの会話)

    看護師さん「身体の動きがやわらかい足の動きが大きくなったていうか・・・」私「私の身体の動きの見た目、変化があるのですか」看護師さん「訪問し始めたとき(約1年)に比べると、身体の動きに固さが抜けているんだよ」看護師さんは軟体動物のような恰好をしてみせた。私「なかなか言ってくれないことなので嬉しいです!」看護師さん「リハビリ頑張っているからよ」私「ありがと!リハビリ頑張ってはいない感じだけど・・・」看護師さん「それでよし!」貴重なご意見(訪問看護師さんとの会話)

  • 過去のリハビリの記憶と、今のリハビリとの成果

    先週のリハビリから、座り直しはほとんど要らない。1回のリハビリで?そうではなかった。先週のリハビリのブログには、現在診ていただいているリハビリでは1度も使っていなくてリハビリでしか使わそうな「坐骨」という言葉を使っていた。この言葉は、中里先生やレスパイト入院での鈴木先生のリハビリで使われていた。私の記憶に、坐骨とはこんな感じ?みたいな記憶ができていたから、ブログで自然に使える言葉になっていたと思った。座り直しが不要になる要因はいくつかあって、その記憶の蓄積があったのだろうか。過去のリハビリの記憶と、今のリハビリとの成果

  • 診ていただいている病院を変えること

    パワーの要ることだけど・・・身近に若いのに末期の緑内障の知人がいて困っている。緑内障というと放置すると失明する病気だが、早期発見で薬物療法(主に目薬)を始めていれば、進行が遅い病気なのでほぼ失明する可能性は低いと言われている。緑内障のリスクは、加齢や近視とも考えられていて、知人の場合、学生の頃からメガネをかけており、ご家族に緑内障の治療を受けている方がいらっしゃる。緑内障は、発見しづらく、気づいたとき末期状態にあるときもあるという。緑内障は、眼の中の水が増えて視神経を傷つけないよう、眼の圧力を減らし失明を遅らせることが治療だそうである。末期状態の緑内障は、濾過手術を受けることで劇的に眼圧は下がるらしい。問題は医師が手術回数をこなしていないと、逆に眼圧を下げすぎてっしまうらしいので、手術ができる医師にお願いしなけ...診ていただいている病院を変えること

  • 座り直しが不要になったのは本当かもしれない

    昨日投稿した、座骨の感覚がわかると座り直しは不要になるというブログ、タイトルは断定的で軽率?と思った。とにかく身体の変化にびっくりして、まともに考えられなかったのかも。。。でも今朝の自分の感覚はおかしかった。お尻は前に滑っていないのに、座り直しをお願いしたい感覚が強かった。座り直しが必要なときは、前に滑っているので、もう少しで車イスから落ちそうで恐怖感がある。今は恐怖感はないのに座り直しをお願いしたい感覚がある。現実に起きていることと、自分の感覚にギャップを感じている。座り直しが不要になったのは本当かもしれない

  • どういうときに人の言葉がわかるのか

    先週のリハビリ開始前には必ず血圧を測っていただく。「高め、とはいくつ?」と聞くと三上さんはきょとんとしていた。私は短い聞こえは時々あるが、三上さんの前では一度もなかった。考えてもわからない短い聞こえ。聞こえたときがどうであったか思い出したいが、記憶には、声ではなく意味だけで不思議である。今朝、私の車イスの警報が鳴って、「車イスの警報が鳴っています。どうしたらいいですか。」と聞いた。人が近づいても肩を叩いてもらわないとわからないことが多いが、後ろから近づいて来られたヘルパーさんの言葉を聞いて、カバンにあるクリアファイルを見ていただけますかとジェスチャーでお願いした。クリアファイルとは、車イスのHPにあった、写真の電動車イスのエラーの対処法のコピーが入っている。どういうときに人の言葉がわかるのか

  • ▲座り直しがいらなくなった座骨の感覚がわかること

    リハビリ前に、現状の座り直しが食事と歯磨きのとき顕著なことを三上さんに伝えた。私は2回目の脳出血後から、上を向かないと口の中のものがこぼれてしまうので、食事や歯磨きのときは天井を見る。。。三上さんは、問題は顔ですね、とおっしゃった。確認した内容猫背になるためにどこを動かすか車イスの背もたれと背中の間に板を入れ、ほんのわずかの上半身(前屈み、垂直、後ろに倒す)の傾きを感じるか食事の時、顔だけ上を向くのか、身体も一緒に動くのかマットに座り①顔だけ上を向く状態と、②身体も一緒に動いて顔を上を向く状態で、実際に私の身体を動かしてもらった結果顔を前に突き出す感じたが、近くの鏡を見てもよくわからなかった身体も一緒に動くときにお尻は前にずれる①と②の違いは感じなかったが、首の後ろに痛みが急にあったとき、顔だけ動かされていると...▲座り直しがいらなくなった座骨の感覚がわかること

  • 次世代の車椅子『WHILL Model C』

    ある方のブログにコメントしたら、お返事をくださって、カッコイイ車イスのご紹介があった。次世代の車椅子『WHILLModelC』確かによく見かける車イスと比べると斬新的なデザイン、なのに月に3000円かからないレンタル料金。入院中に読んだ車イスのマニュアルでは段差は2cmしか超えられないとあったが、5cm超えられる。でも私は今年車イスをバージョンアップしたばかり。。。いずれ乗ってみたい!今乗ったら目立つんだろうな・・・。次世代の車椅子『WHILLModelC』

  • バリエーションを生み出す自分で行うリハビリも必要なのではないか

    できていた座り直しが、体調不良でできなくなった。過去のブログを見て同じように座り直しがいらない状態に戻るか試したが無理だった。私は体調不良のたびにできていた回復していたものはこわれ、別の方法で回復させることを続けることになるのか。とても面倒なことではないか。でもそのような面倒なことを行おうとしているのが、今行っているリハビリなのかなと考え直した。人間の動きは、たぶん生まれて過去に行った動きに寸分違わない動きをするなんてあり得ることなんだろうか。臨機応変に身体は動きを作りだし続けているようにみえる。そういう動きをリハビリで実現しようとしたらどうするんだろう。少なくとも過去にできた方法でやってみるのはよい方法という気がしない。自分ができそうな動きを試してストックしていく?バリエーションを生み出す自分で行うリハビリも必要なのではないか

  • ▲左右にひねる上半身と足とのつながり

    ■復活してしまった座り直し実は、先月の大腸検査で体調を崩してから、座り直しがまた必要になっていると感じていた。一時的に耳が聞こえたり、ほぼ丸一日寝てしまう体調の変化は、良い面もあり悪い面もあったようだ。一度座り直しが不要になったことだろうか、今回三上さんは、背もたれに寄りかかるとき、強く寄りかかるときとそうでないとき、質問を交えて私が考えるリハビリを行った。私は強く寄りかかるときは、寄りかかっていると感じていなかった。強くなく寄りかかることが座り直しが不要である。できるかな。どうして座り直しがいらない時期があったのだろう。真似できそうな自分が書いたブログ見てもだめかな。。。どうしたら浅い座りになるのか■上半身を左右にひねる→左右に体重移動今回は前回までと同じ、イスに座って上半身を左右にひねる後姿を見ているはずが...▲左右にひねる上半身と足とのつながり

  • ▲座って上半身を左右にひねる

    ■座って左右に上半身をひねる(前回のつづき)今回のリハビリでは、少し自分の身体見えた。自分の身体で確認する前に、目を閉じて三上さんの背中にさわって、左右ひねった方向を答えたり、私のさわる手が右へ動けば三上さんは右足を動かして答えた。さわることで、身体の向きが変わることがわかり、身体の動きを向きで指定すると、足の動きの向きでも示すと、背中をさわってもわかる文にしたら自分でよくわかっていないことが判明したが、ここでは背中と足のつながりを体験したと記憶している。前回ひねった側には体重移動は起こっているのに、反対側ではお尻が浮いて軽くなるべき感覚がないのは変だと思っていた。今回この反対側を感じてみると、何かに引き伸ばれていると感じた。左側だったが、どうも私はアメーバ状に左半身のあちこちから自分の左側のお尻を動かないよう...▲座って上半身を左右にひねる

  • 聞こえのときの状態

    また聞こえるといいのに、と思いつつ聞こえたときのブログを見たら、聞こえたときの状態について書き忘れていて、聞こえる前日については書いていた。後付けだが、書いてみようと思った。突然テレビから人の言葉が聞こえ出したが、声は男性にも女性にも聞こえる変な声で、一人による同時通訳風だった。自分の話し言葉かなり夫に通じ、自分の口の動きは楽で、今「あいうえお」を話すために意識的に口を動かすが、その必要がなく、口は勝手に話し言葉を作っていた。聞こえないとき、一生懸命聞こうとしても、聞こえた言葉は記憶するのが難しいと感じていたが、聞こえてしまうと、次から次へと勝手に記憶されるものなんだなと感じた。また聞こえなくなって・・・。聞こえる雑音が大きくなり、また聞こえ出すのかなというときがあった。でも言葉はさっぱりわからなかったが、また...聞こえのときの状態

  • 疲れという感覚

    最近、自分の身体に感じる疲れは何なのか、よくわからない。透析中、私は眠くならないためいつもPCで時間を潰していたのに先週は2時間以上寝た。考えられる要因はある。・いつも喉の渇きがないのに飲みたい気分で、普段より透析での体重の増加がある外食のせいだろうと思ったが、外食せずとも喉の渇きは続けている・ちょっとしたことで、やる気をなくし疲れる水分摂取が増えこういう状態になるのか妙だが、以前からうすうす感じてきた、この疲れが今の自分にしっくりする感覚でもある何年も寝たきり状態であれば、自分のかなり瘦せた身体を見る限り、自分の疲れにくい現状と、そのとき自分に本来感じるべきものとのギャップがあるこれも両麻痺であるために、自分がどういう状態にあるかわかっていなかったためだろうか・自分の若くはない年齢や30年以上の透析歴から何か...疲れという感覚

  • 私、年を取りました

    最近誕生日だったということだ。50歳が近づき、うれしくない。でも年齢を無視してバースデーカードをいただいたり、ケーキを食べられるのはやっぱりうれしい。先日TVでちょっとショックなことを知ってしまった。アニメのサザエさんのお父さんの波平さんは54歳だったのだ。50歳が迫っている自分は、波平さんと世代が同じ?!そういう認識がなかったので、驚いた。私の波平さんのイメージはおじいちゃんだった。TVでは、日本人は若返っており、働くことできる年齢が実際上ではないかというもの。かつては、定年が近い50代とは、波平さんくらいの大人のイメージだったのだろう。でもこれから定年退職は60歳ではなく70歳?ウーム。高齢になると、記憶力を使うより考えが深くなると聞いたことがあるが、得意な脳の使い方で仕事ができたら、おもしろくて一生仕事続...私、年を取りました

  • ▲慣れる身体の変化

    今回のリハビリでは、「それは無理っぽい」と思っていたことが、原因は思い違いが多ったが、別の方法で無理ではなくなるらしい気がした。前回は座って、①前かがみ②姿勢よく③後ろに上半身を少し倒す、と考えたとき、①から③へ上半身を動かすと、①で最も重いと感じていた足は、③のときには足は軽く感じる程に変わる。・・・ということがわかった。■座って左右に上半身をひねるまず青木さんがやっているところを、真後ろから見た。上半身を左にひねれば、右のお尻は浮く。でもこんなこと自分ができるのだろうかと思った。自分のお尻は座面に張り付いていると感じている。実際やってみると、左側に体重移動があって左片一方のお尻で支えるようなことは怖いと感じた。でも最終的には、怖さは消えても、ひねらない側のお尻は浮かなかったようで、中途半端なひねりだったと思...▲慣れる身体の変化

  • 感覚がわかっていなければ、似た感覚の区別もつかないのか

    今日は訪問看護師さんによる排便日だったが、全て終わって「排便感覚がある・・」と言ってしまった。看護師さんは「肛門には何もなかったわよ」とおっしゃったし、自分も残便感覚がある状態だったわけではなかった。お腹痛くはなくて、最も似ているのか便意感・・・落ち着かなくて、その日予定だった訪問歯科はお休みすることにした。この感覚本当に気持ち悪い・・・時間が経つにつれて、便意とは違う感覚じゃないかという気がしてきた。夜になってまだ便意なんて、少食だし有り得ない。まれにたくさん食べることはあるが。便意ではないと感じたのは、何かを出したかったわけではなく不快で、それが何なのかないだけと思ったことだった。昨日透析中、いつもならパソコンで時間をつぶすが、2時間半寝て、目が覚めると血圧は106、最近の血圧は130~160と不安定だった...感覚がわかっていなければ、似た感覚の区別もつかないのか

  • ▲とかくつながりは重要であった・・・

    今日はつながりが印象に残った。当たり前だけど、筋肉は繋がってるから、身体1ヶ所動かしたとき、そこだけ影響を受けるとは考えられない。動かされる身体の部位があれば必然的に動く場所や感じる場所がある。三浦さんは足が重いのは、何処かが軽いと考えらるはずて、お尻が軽く感じられて立てるとおっしゃっていた。動かない身体を一生懸命動かそうとするのは、膨大な筋力を要する。体力のない自分には難しいリハビリだと思う。自分の姿勢や他の身体の動きを観察して、軽い部分が重い部分を発見できたらいいのに。三浦さんは、人の身体の動きを観察するようにおっしゃったのは、よくわからなかったが、効率の良い人間の身体の動きを盗み取ることだったのかも。今の自分ができない自然な人の動きをイメージしたら、過去の自分もできた可能性もあると思えばイメージできるかも...▲とかくつながりは重要であった・・・

  • 気を付けるのが多いなあ

    誕生日月で、カメラ、エコーなどいろいろな検査を透析でしていただける。透析患者はガン発生リスクは高いので、毎年検査をしていただけるのは大変有難いことなのである。今日は主治医から検査結果を伝えられた。気になっていた大腸のポリープはガンに似たものもあったが良性でほっとした。血管は硬いね、と言われた。いつも硬めと言われていたが、気にしないとまずいかかも・・・と先生に質問した。血管が硬くなる要因・・・血圧、りん7とカルシウム(これは透析患者特有の血液中に溜まり、食事のコントロールをする)コレステロール血糖タバコ年齢要因っていっぱいあるんだなあ。年齢は気の持ちよう??、食事のコントロールがやりがいはありそうだけどやってみようかなあ。気を付けるのが多いなあ

  • あれ?またきこえない・・・

    今日は透析が楽しみだった。透析スタッフがマスクつけたまま言っていることがわかるかもしれない。先週金曜日に熟睡して、土曜日にきこえに異変を感じ3日間寝ずに過ごした。日曜日に言葉がきこえだして、寝なくても血圧は上がらないからいいかと思った。でも月曜日の朝方に、なんかつかれてうとうとしたとき、それまで様々な音が交錯しているような、ちょっとうるさい?空間は、ぱったり消えていた。そして透析スタッフの言葉はきこえなかった。先週金曜日に、熟睡後に目が覚めて看護師さんと筆談で伝えようとしたのに、私は文字が1つも思い浮かばなかったことを思った。看護師さんと話したい意思があるのに、思い通りにいかない。片マヒで失語症のときに、話したくても思い通りにいかなかった。この2つは似ていると思った。私のきこえは失語症と関係がある気がする。人の...あれ?またきこえない・・・

  • 次回検査への対策

    透析の先生は、今回の検査では体調を崩していつもと違ったとおっしゃっていた。体調を崩さないように検査2週間前から、おかゆやリーナレン(高カロリー流動食)をはじめたり、検査前日に飲む下剤はふつうならお腹をこわす量なのだが、私にはほとんど効かないので自宅にあるプルセニドという自分に効く下剤4錠を追加で飲んでもいいか看護師さんに確認して飲むことができた。今回検査直前飲む腸洗浄液2リットル。200~300mlしか飲めなかった。おいしくはないが、飲めないわけではない。気持ちが悪くなければまだ十分飲める。ごっくんをしたいが、食道に送り込めず逆流し、飲むよりこぼしてるみたいだった。1リットルくらいの浣腸でも何もでない・・・私はこの検査できなくて、日を改めて。もう一度やることになるのだろうか。。。実際検査を受けると、「検査を先生...次回検査への対策

  • 次回検査への対策

    透析の先生は、今回の検査では体調を崩していつもと違ったとおっしゃっていた。体調を崩さないように検査2週間前から、おかゆやリーナレン(高カロリー流動食)をはじめたり、検査前日に飲む下剤はふつうならお腹をこわす量なのだが、私にはほとんど効かないので自宅にあるプルセニドという自分に効く下剤4錠を追加で飲んでもいいか看護師さんに確認して飲むことができた。今回検査直前飲む腸洗浄液2リットル。200~300mlしか飲めなかった。おいしくはないが、飲めないわけではない。気持ちが悪くなければまだ十分飲める。ごっくんをしたいが、食道に送り込めず逆流し、飲むよりこぼしてるみたいだった。1リットルくらいの浣腸でも何もでない・・・私はこの検査できなくて、日を改めて。もう一度やることになるのだろうか。。。実際検査を受けると、「」次回検査への対策