searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

おもろい温泉さんのプロフィール

住所
東大阪市
出身
松原市

写真に興味のある方集まれ〜! 温泉カレンダ作ってます♪ おもろい温泉専属または単発カメラマンさん募集中❤

ブログタイトル
めっちゃおもろい温泉ぷらす
ブログURL
https://www.omoroionnsenn.com/
ブログ紹介文
全国のおもろい温泉におもろい食堂、おもろい観光地にプラスしてお得情報なども記事にしちゃいます♪
更新頻度(1年)

394回 / 365日(平均7.6回/週)

ブログ村参加:2018/11/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、おもろい温泉さんの読者になりませんか?

ハンドル名
おもろい温泉さん
ブログタイトル
めっちゃおもろい温泉ぷらす
更新頻度
394回 / 365日(平均7.6回/週)
読者になる
めっちゃおもろい温泉ぷらす

おもろい温泉さんの新着記事

1件〜30件

  • マニアに人気!?津黒高原(つぐろこうげん)温泉「公園の湯」

    岡山県真庭市の北端で鳥取県との県境にある津黒高原公園の湯は津黒高原キャンプ場入口にある共同露天風呂です。露天風呂は公園の入口にあるので、さっそく下り道を降りてみます。お湯が溜まっていないときも多いようですが、運よく浴槽にお湯が満たされていました。源泉温度が低く、加熱装置もないので夏しか入れません。向かって左側に男女別の脱衣小屋がありますが脱衣場は蜘蛛の巣やホコリだらけで使用不可能な状態でした。長方形の大きな湯船は貸し切り状態でした。ここは一応、混浴です(汗) 看板には、夏にしか入浴できないということと、3月末~4月中旬は種籾の芽出しが行われるので入浴は出来ないことが書かれていました。源泉温度は…

  • ケイエスビー弥生の里温泉が再オープンしました!&アオイ農園 ぶどうの木

    ケイエスビー弥生の里温泉に来ました♪こちらが玄関です。ちょっと中をのぞいてみましょう!2020年9月19日から日帰り温泉の営業が再開したようです。今日まで回数券を買うと入浴券がもらえるキャンペーンをしているとのことでした。ケイエスビー弥生の里温泉の敷地内には無料の足湯があって、源泉は地下1300mから湧き出ています。今回は時間が無かったので足湯のみ浸からせてもらいました。泉質:低張性・中性ナトリウム塩化物温泉 源泉温度が42.2度とちょっと若干温め。滝のようになっています。こちらの茶褐色の源泉は「長寿の湯」とも呼ばれています。ほのかな硫化水素臭と金気臭に焦げ臭がします。足湯の横にあるこちらのコ…

  • 真賀温泉 真賀温泉館 めちゃ恥ずかしい混浴 幕湯

    「真賀温泉館」に行ってきました。岡山県北部真庭市に位置する真賀温泉は、湯原インターから車で15分と便利な場所にあります。真賀温泉はたった2軒の旅館と共同浴場「真賀温泉館」のみが営業しており、小さなな温泉地です。急な階段を登りきると、このように風情のある木造共同浴場が見えてきます。営業時間は午前8時から。まだ営業前でしたのでしばらく待ちます。そのうち、ひとり男性が現れオープンしたので「先に行ってくださいね~!」って声を掛けましたがうなずきはしましたが、中には入って来ませんでした。戸を開けるとすぐ券売機があって、まず入浴券を券売機で買う仕組です。色々注意書きが貼ってありますね。入浴時間は以前は1時…

  • 山陰のおもろい温泉に行ってきましたダイジェスト♪

    北海道の旅も終わったところで、今度は日帰りでしたが山陰の温泉の旅をお届けしたいと思います。 さて、この景色を見てどこの温泉かお気づきの方も多いのではないでしょうか?女子にはちと難易度の高い混浴の温泉があります。こちらの温泉はお湯に透明感があって、きらきらとしてとっても綺麗です。温度は低くって、この日のように暑い日はとっても有難いお湯なんですが、残念ながらこちらは地元の方専用の温泉です。勝手に入ってはいけません。もし、入る場合は必ず許可を得て入ってくださいね!今年もこちらにやってきました。岡山県と鳥取県の県境にあるこちらの温泉は、マニアでないと絶対に行かないそんな温泉です。 岡山から県を移動しま…

  • 手づくりの秘湯! 泡付き抜群のニセコ黄金温泉

    ニセコ黄金温泉は源泉の温度が低いこともあって、加温せずに営業ができる5月から10月までの期間限定の温泉です。以前は、おそば屋さんも併設していて、ご主人が手打ちする20食限定の十割そばがめちゃ人気がありましたが、コロナウイルスを機にお蕎麦屋さんはやめてしまったんだそう。日帰り入浴料金 大人:500円。小人:300円。建物の中に入り、靴を脱いで脱衣場へ。感謝状かな?脱衣場の壁には入浴客がコメントを書いた付箋が沢山貼られていました。浴場には内湯が1つ、大きい露天風呂が1つ、小さい露天寝湯が1つ、露天壺湯が2つあります。岩風呂の内湯は4人くらいが入浴できそうな大きさです。泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸…

  • 大人気ビュッフェレストラン!ニセコ高橋牧場プラティーヴォ

    こちらは高橋牧場さんの手掛ける色んな施設のひとつで地元野菜を中心としたビュッフェスタイルのレストランです。レストランのなかに入ると壁一面がガラス張りになった店内から、羊蹄山が目の前に現れます。ちょっとだけ先っちょが雲に隠れてますが、この景色の素晴らしさは、ちょっと感動しました♪ランチタイムは、お肉料理やお魚料理、パスタなどのメインディッシュを1皿選び、地元でとれた野菜を使用したサラダやマリネなどのおかずが食べ放題のバイキングでした♪(大人:1650円)こちらは一見、普通の温泉卵に見えるんですが、白身がクリームチーズで味付けされていて、チーズと卵を同時に味わえる美味しい一品でした♪お乳カステラは…

  • ニセコ薬師温泉旅館跡で

    レトロな木造2階建てですが、こちらは在りし日の ニセコ薬師温泉旅館です。薬師温泉旅館には 混浴内湯、女性専用内湯、男性専用内湯と3つのお風呂があり、全て源泉かけ流しの100%天然温泉でしたが、2014年5月雪の重みで建物が崩壊し廃業しました。※写真はカメラマンさんが数年前ニセコ薬師温泉旅館に行ったときの画像です。写真は在りし日のニセコ薬師温泉旅館の男性専用内湯です。ニセコ薬師温泉旅館の3つの浴室はすべて湯船の底から源泉が湧きだしている素晴らしい温泉。しかも、温度はぬるめのお湯でいくらでも入っていられそうなお湯だったそうです。 泉質:重炭酸ナトリウム含弱食塩泉※写真はカメラマンさんが数年前ニセコ…

  • 激渋!濁川温泉「新栄館」

    鄙びた雰囲の旅館「新栄館」にやってきました。この雰囲気、鄙系好きにはたまりませんよね!「こんにちはー!」と声をかけても誰も出てきてくれないので、カメラマンさんが入浴料を払いに行ってくれました。木造の廊下をギシギシさせながら進みます。※前回訪問時の写真です。旧館の廊下突き当りに浴室へ続く下り階段があります。この辺りも、レトロ感たっぷりです。新栄館の男湯は女性も入ることができるな混浴の内湯です。脱衣場は 窓側が男性用 手前が女性用で仕切りがあるので比較的安心して着替えることができました。岩をくり抜いた浴槽が3つ。浴槽は析出物のコーティングでこんなに素敵になっていました。 3つの湯舟は熱いのやら温め…

  • 北海道八雲町 隠れ極上湯! 盤石の湯

    銀婚湯から程近くの場所にジモ専があると、カメラマンさんに連れられてやってきました。橋を渡ると草が生い茂った広い敷地にポツンと小さな湯小屋が見えました。こちらの温泉は函館で「焼肉店」を経営されている方の個人所有の温泉で、オーナーさんの厚意で開放して下さっている温泉なんだそうです。ドアを開けると、長椅子が置いてあるだけの脱衣所がありました。左奥の壁に寸志の箱がありましたので感謝の気持ちの100円を入れました。利用者用のノートが置いてあり記入するよう書かれていました。 もちろんおもろいもちゃんと記入してきましたよん♪じゃ~ん!がらがらがら~と戸を開けるとぽつんとひとつ小さな浴槽があるだけでした。外は…

  • 北海道に行ってきましたダイジェスト(二泊目)

    北海道旅行も前半が終わり、後半になりました。後半の記事をダイジェストでお届けしますのでご覧くださいね!トチニの下見と内風呂を満喫した後はお待ちかね、晩御飯。写真は山田大先生が撮影されました。美しい女性を見るとすぐに声をかけたり撮影したりするんですよ~夜は1日撮影した写真を見ながら反省会をしました。山田大先生の差し入れのシャンパン色も綺麗だし、美味しかったなぁ。 翌朝、6時から湯めぐりです。さて、お目当ての温泉には行けたのでしょうか?ここは秋にもう一度入ってみたい温泉です。こちらの温泉は、木の台の上にあってまるでトムソーヤの冒険に出てきたツリーハウスのようです!朝からたっぷり温泉に入って、お待ち…

  • 1日100個限定!抹茶ソフトクリームの盛り放題!&たぬきの足湯

    滋賀県と三重県の県境にある、道の駅あいの土山にやって来ました♪ここに来た目的は・・・信楽焼きのたぬき可愛いですけどたぬきではなくって・・・はい、コレです♪ 「 1日100個限定!抹茶ソフトクリームの盛り放題!」ここ、土山はお茶の産地でもあります。なので抹茶ソフトなんですよ~実はここに来るのは3回目なんですよ~ それでは早速挑戦しますね!抹茶ソフト じゃ~ん!どうですか?上手く盛れたのはいいんだけど、お上品に盛りすぎて全然、おもろくないですねぇ(汗)これは初めて来た時の画像です。たくさん盛ろうと欲を出し過ぎて、こんな風に倒れてしまいました。この方がおもろいかも^_^;それでは、いただきま~す!♪…

  • 三重県菰野町 無料の混浴!?せせらぎの湯&大盛りの松の屋

    お腹を空かせてやってきたのは三重県伊賀市にある「松の家」です。じゃ~ん!ステーキ定食980円ごはん大盛り別途140円だったかな?この店はかなりボリュームのある店と聞いていたのでご飯を大盛りにしてみました♪もちろん一人では食べきれず、同行者にお手伝いしてもらいました。ちなみに「ずっこけわらじとんかつ定食」(1100円)はこんなの。お腹もいっぱいになったところでやってきたのはこちらです。皆さん三重県の「湯の山温泉」って聞いた事があると思うのですが、今からご紹介する温泉は湯の山温泉の麓にある源泉掛け流しの混浴露天風呂です。 ①利用時間 12:00~17:00 ②利用日 毎日(気象条件により利用できな…

  • 日本秘湯を守る会 銀婚湯 「朝食」&「 渓流の湯」 

    ひとっ風呂浴びたあとはお待ちかねの朝食です。 食事は夕食・朝食ともに1階にある 『食事処 静山』 という所でいただきました。ご飯、みみのりの味噌汁、生野菜のサラダ、焼き魚、煮豆、塩辛、松前漬け、温泉たまご入りとろろ芋、ほうれん草のおひたし、香の物、ヤクルト...他「銀杏草(別名:みみのり)」は自分たちで採取して、お味噌も地元の手作りなんだそう。とろろいもに温泉卵が入ってるのをご飯にかけて食べました。ご飯は、たっぷりありました。山田大先生とカメラマンさんの分をふっくらとおいしそうによそうおもろいです。 自分たちで採取したという 銀杏草の味噌汁はろっとした歯触りでおいしかったです。食事のあとはセル…

  • 銀婚湯「トチニ」「もみじ」「どんぐり」「かつら」の湯

    今回山田大先生のご指導のおかげで、めちゃめちゃ素敵な写真を撮影することができました。どの写真かなのかは秘密ですが山田大先生の撮影された写真も記事に含まれています。じっくり、ゆっくり見て下さいね!翌朝6時に宿の受付に行って、トチニの湯の鍵をゲット!鈴はクマ除けなんだそう(汗) ※野天風呂の鍵は一回ごとに受付でお返しし、新たに空いているお風呂の鍵を借りるのルールです。まず玄関を出ると、左手にお庭に入る入口銀婚湯の森という屋根付きの木の門があります。かつら並木を通り抜け、ゆらゆら揺れながら橋を渡ると・・・着きました!トチニの湯は、宿から一番遠い温泉で徒歩15分程かかりました。じゃ~ん!こちらが皆さん…

  • 銀婚湯 「トチニの湯」「こもれび湯」「夕食」

    今回北海道で宿泊したのは銀婚湯です。まずは銀婚湯のお部屋からご紹介致しましょう!旧館の トイレ・洗面台共同(8畳) 1泊2食11000円 (税別)のお部屋でした。※1人で泊まったので千円増。ここからGOTOトラベルキャンペーン後日手続きで、35%オフで7150円 (税別)になりました。このお菓子、結構おいしかったです♪ちなみに旧館に冷房はありませんでしたが、さすが北海道です。寝苦しくなく眠ることができました。それでは早速宿泊者専用貸し切り湯に向かいます。5つある貸切露天風呂の中で4つ空いていて、しかも一番人気の「トチニの湯」が空いているという事でめちゃラッキー!おもろいが銀婚湯を知ったきっかけ…

  • ドライブインかなや カニ飯

    長万部町(おしゃまんべ)の国道沿いにあります。『かなや』さんは 長万部駅前にある『かなや食堂』さんと、 鉄道車両型休憩所のある 『かなや本店』もあります。長万部の名物、かにめしを食べるために「ドライブインかなや」に寄りました。食べる前にまずは食券を購入します。食べたかったカニ飯が持ち帰り専用だったため、山田大先生が何やら交渉してくださっています。それにしても、番台の中のオバチャンも昭和レトロ(笑)私たちはテーブル席ではなく、お座敷でいただくことにしました♪じゃ~ん!結局、かにめしの大盛(1690円税込み)を注文しました♪こんもりと盛られたかにめしに、お味噌汁、謎の佃煮に桜漬けのセット。大盛りは…

  • 北海道有珠郡 蟠渓温泉(ばんけいおんせん)おさる湯

    この辺りにガイドブックにも載ってるような有名な野湯があると聞いてやってきました。その名も、蟠渓温泉(ばんけいおんせん)おさる湯です。河原に出ました。さて、おさる湯はどこでしょうか?ちなみに、「おさる湯」はサルが入浴しているからこの名前がついた訳ではなく、すぐ横を長流川(おさるがわ)が流れているから名付けられたようです。だって、北海道にサルは居ないしね!野湯なのでもちろん着替える場所はありません。今回、山田大先生がテントを用意してくださったのでテントの中で着替えました。山田大先生ありがとうございました💕泉質は、かつて営業していた「蟠渓温泉健康センター」と同じで「ナトリウム・カルシウム塩化物・硫酸…

  • カルルス温泉 鈴木旅館(かるるすおんせん すずきりょかん) 

    鈴木旅館は明治33年から続く歴史ある老舗温泉旅館です。鈴木旅館はカルルスで名前の知れた温泉宿。今回突然訪れたにも関わらず、山田大先生の口利きで快く取材させていただきました。こちらの温泉は、「日本の名湯・登別カルルス」というツムラの入浴剤で全国的に名が知られるようになった「カルルス温泉」です。「大浴場身体壮健富貴長寿有生温泉」という名がついた大浴場へやって来ました。有生温泉ってなに?浴室前に「大浴場有生温泉縁起」というのが置かれていました。25年前に大浴場建設に携わった業者がくれたものだそうで、有生温泉の由来が書かれています。それでは、早速入浴させていただきましょう♪写真は男湯の脱衣所です。鍵付…

  • 川がそのまま温泉!?「大湯沼川天然足湯」

    昨日もご紹介しましたが、登別温泉には大湯沼という温泉が湧き出る沼があるのですが、そこからあふれ出た熱いお湯で作られた大湯沼川という川があります。その大湯沼川の下流はお湯の温度がだんだんと下がっていき、人が入って丁度いいぐらいの、いいお湯加減になったところに大湯沼川天然足湯があります。それでは行ってみよ~じゃ~ん!ほらね、川そのものが温泉になっているのがおもろいです。もちろん源泉かけ流し♫ さて、さっそく足湯に浸かってみましょう!あれ?足湯ってこんな風に浸かるんだったっけ?(汗)ここは上流に行くほどお湯の温度は高くなっていて、お好みの温度に合わせて場所を選んで足をつけることができます。 小さな滝…

  • 撮影旅行!北海道に行ってきましたダイジェスト♫

    別府旅行の数日後、一泊二日で北海道に行ってきました♪今回、peachのセールで関空から新千歳まで往復1万円弱。そこに手数料など付いて往復12000円でした。 新千歳空港まで「美容師&カメラマン」の山田大先生に迎えに来ていただいて、新千歳空港から約1時間程度で到着。登別温泉の入口の巨大鬼と記念撮影しました。 登別駅前の鬼像。こちらは、同じく登別駅前にある【鬼っこゆ~くん堂】流れてるのは温泉かな?調べてみると昔、登別駅の駅員宿泊所で沸かして使っていた源泉で、金気臭がする冷泉でした。あと、へそから湧き出る泉には、恋愛・子宝の力があり、カップルや夫婦が手をつなぎ冷泉に浸すと、願いが成就すると言われてい…

  • 鳴子「鬼首かんけつ泉」&「露天風呂」

    こちらも、過去の記事ですがおもろい温泉ですのでリニューアルアップしたいと思います。鬼首かんけつ泉は、鳴子温泉郷の鬼首温泉にある間欠泉を見学する施設です。露天風呂まであるその名所は鬼首かんけつ泉には、3か所の源泉があります。そのうち、2つは吹きあがる間欠泉、残りの1つはブクブク沸くだけの源泉です。ブクブクと沸く「玉乃湯」は、まさに源泉という雰囲気。熱そうに湯けむりを上げ、湧いてはザバザバと流れていきます。「弁天」は約10分ごとに15メートル上がる間欠泉です。弁天の吹き上がるメカニズムはは地下の空洞に水がたまって、加熱されたものだとか。噴出の時間が迫ってくると、僅かに地面が震えてきます。鬼首の間欠…

  • 鳴子温泉 旅館 東多賀の湯

    過去の記事ですが、こちらのブログにまだあっぷしてなかったようですのであっぷしてみようと思います。こちらは、鳴子温泉「東多賀の湯」です。玄関前ロビーです。今回まっとうな温泉を使おうとしたのだけれど時間外で使用できず残念でした。ではさっそく入浴いたしましょう。左が女湯、右が男湯です。脱衣所は狭いです。3〜4人でいっぱいかも。泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉、泉温50.2℃、pH:5.9。こちらも、3~4人入ればいっぱいの浴槽ですがラッキーなことに貸し切り状態で入浴することができました♪湯口からなみなみと源泉が注がれています。館内には濃厚な温泉成分のため「浴室の窓は閉めない…

  • 激安で別府温泉に行ってみるぞ♪ 3日目

    今回お盆真っ最中にも関わらず、鬼割プラン (別府温泉では今、2021年3月31日(水)まで 湯ごもりエール泊別府鬼割プラン|別府市)一人3500円朝食バイキング付きで、ここからGOTOトラベルで35%引き(後日自己申請)で一人2275円と格安で泊まれました!こちらに宿泊した理由は、何と言っても宿泊費が安かったことと娘が旅館ではなくホテルに泊まって朝食バイキングを食べたいと言ったからです。温泉浴場は4階にあり、岩風呂とのことでした。。温泉はホテルですがもちろんかけ流しです。やわらかな肌触りの温泉でした。そうそう、そう言えばひょうたん温泉に行きたい方はホテルサンバリーアネックスに泊まれば、送迎をし…

  • 久留米ラーメン 麺屋 吉蔵

    九州小倉に着きました。レンタカーを返してここから夜行バスで大阪に帰ります。小倉といえば、やっぱりとんこつラーメンです。荷物も多いし疲れたのでなるべく移動距離の少ないお店で人気店を捜しました。 小倉エキナカひまわりプラザ 2Fにある麺屋 吉蔵です♪それにしても大きな看板です。あとは夜行バスで帰るだけ、まずは喉の渇きを潤します。ちょっと一杯セット=1100円には生ビールに餃子とラーメンが付いています。娘は煮卵をトッピング。あっさり系久留米とんこつラーメンですね!このお店を選んだのは細麺だったから!おもろいは細麺好きです♪具材は豚バラチャーシュー、メンマ、木耳、ネギが乗っていました♪そこに、紅しょう…

  • 別府の源泉かけ流しの「ホテルシーウエーブ」

    別府で最後のお湯となりました。「ホテルシーウエーブ」は13F建ての高層ホテルです。ビジネスホテルなのに源泉かけ流しの天然温泉で露天風呂まである驚きのビジネスホテルです。今回、別府に着いて真っ先に購入したこの温泉本ですが、温泉本には入浴券と入浴半額券が1枚づつ付いています。今回、このお得な入浴券を使わずに帰るのはもったいないので私と娘が無料券と半額券を使用し750円得しました。(シーウエーブの入浴料が500円なので)これで、温泉本の購入した甲斐が有ったと言うことになりましたよ♪あと、無料券の人には付かないけど、半額券の人にはバスタオルとタオルも無料でかしてくれました♪こちらは、「別府八湯温泉道」…

  • 老舗遊園地「別府ラクテンチ」の無料の温泉&アヒルの競争♪

    別府といえばやっぱり温泉。まずは、足湯の横にある「絶景の湯」をご紹介致しましょう!実はこの温泉、ラクテンチの入場者はなんと無料で利用できるんですよ~なので皆様もぜひタオルを持ってお出かけくださいね!玄関入るとすぐの無人の受付で、温泉道のスタンプを押すことができます。3時までに温泉に入場しないといけないそうです。それでは早速入浴させていただきましょう!脱衣場。ここはクーラーがあって涼しかったぁ。1階にある露天風呂は岩風呂でしたが、改装中でした。前もそうだったので、直す気はなさそうでした。じゃ~ん!絶景&独泉!泉質:ナトリウムー塩化物泉 泉温:45・1℃Ph6・2 内湯はこのように円形の浴室です。…

  • 老舗遊園地「別府ラクテンチ」に娘と♪前編

    ここは大分県別府市にある老舗遊園地「別府ラクテンチ」です。楽天地の入り口は二か所あります。ここから入ると少し高いですが、ケーブルに乗ることが出来、その料金込みの入場券です。メインゲート(ケーブルカーの往復乗車券付) 大人(高校生以上)1,300円 お誕生日月はラクテンチの料金を特別割引でお得に入園! メインゲート(ケーブルカー利用)での入園料金が大人700円(600円割引) 子供300円(300円割引)です。 あと、マタニティだと半額で入れるとか、シニア(65歳以上)400円引き 温泉本100円割引使用運行ダイヤは20分間隔の運転。運よくしばし待つとすぐに来ました♪早速乗り込みます。娘と記念撮…

  • 激安で別府温泉に行ってみるぞ♪ 2日目

    今、GOTOトラベルの後日申請をインターネットでやっています。今回、二日目に宿泊したホテルは「鬼割」適用後残りの金額を後日申請でGOTOトラベル適応になるとのことでした。やってみると思ってたより簡単にできました♪別府競輪場にやってきました。今回競輪初体験のおもろいです。この日は競輪開催日で100円だけ掛けました♪さて、レースが始まりましたよ~結局負けました(泣)で、本題は競輪でなくってこちらです♪流石別府ですねぇ。別府には競輪場の中にも温泉が在るんですよ~その名も「競輪温泉」おもろいですね~(笑)「競輪温泉」は、競輪場の敷地内にありながらも市営温泉なので入浴料は110円です。以前は競輪開催中の…

  • 食事をすると温泉に入れる!「観海寺温泉 いちのいで会館」

    この道の先に本当に温泉が在るのか? と思うような坂道を登って行くと、源泉の湯けむりが立ち登っているのが見えます。という訳で食事をすると温泉に入れる施設「海寺温泉 いちのいで会館」にやってきました♪間欠泉のようにいきなり筒の先からお湯が出てきました。おぉ~!「海寺温泉 いちのいで会館」には 「景観の湯」と「金鉱の湯」があり、男女入れ替え制なので両方入ってみたかったおもろいは過去2回訪問しました。でも、現在は「金鉱の湯」は使えない状態なので以前は貸し切りに使っていた温泉を女性用に使用してるとのことで今回お邪魔してみました。営業時間前に許可を得て「景観の湯」にちょっと入らせていただきました。現在はこ…

  • 激安で別府温泉に行ってみるぞ♪ 1日目

    まとめ記事をアップし忘れていましたので、今更ながら別府温泉旅行1日目のまとめダイジェストをお届けしたいと思います。こちらはお馴染みのJR別府駅前(東口)にある、ユニークな「油屋熊八さん」像 今回お盆休みを利用して、娘と別府温泉に二泊三日で行ってきました。まずは小倉までバスで行きました。バス代は行きが3200円帰りが2800円。お盆なのに格安でしかも乗客はほとんどおらず快適でした♪まず最初に向かったのが別府市観光協会別府駅案内所。「別府八湯温泉本」500円を購入しました!「別府八湯温泉本」には基本的な有名な温泉から、ガイドブックにはあまり載っていないローカル温泉まで網羅した88ヶ所の温泉リストと…

カテゴリー一覧
商用