searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
御朱印迷宮
ブログURL
https://wave2017.hatenablog.com/
ブログ紹介文
イラスト、キラキラ御朱印は積極的には追いません。スタンダード御朱印が中心です。
ブログ村参加
2018/05/11
本日のランキング(IN)
フォロー

ZOOM-ZOOMさんの新着記事

1件〜100件

  • 三輪里稲荷神社の御朱印(東京・墨田区)〜「アブラ揚げ」ではなく「コンニャク」が好きなキツネ?

    ▼三輪里稲荷神社の御朱印です。(東京都墨田区八広3丁目6-13) 「みわさといなりじんじゃ」と読みます。 御朱印の右下のゴチャゴチャとしたスタンプは、 ▼初午の日に授与される湯殿山秘法の「こんにゃくの御符」のイラストのようです。 (写真:三輪里稲荷神社) ▼御朱印は社殿左手にある社務所受付窓口でいただけます。 ▼通常はピンポ〜ンが必要でしょう。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼神社への最寄駅は京成線「曳舟駅」or「八広駅」。どちらも徒歩10分前後です。…

  • 雪ヶ谷八幡神社の御朱印(東京・大田区)〜沿線 No.1のジミ街に、ほぼナンバーワンの神社。

    ▼雪ヶ谷八幡神社の御朱印です。(東京都大田区東雪谷2-25-1) 神社の読みは「ゆきがや はちまん じんじゃ」です。 ▼雪ヶ谷八幡神社の御朱印(2021年)。 ▼「疫病退散」のお札? はさみ紙? 印があるので「お守り」的な役割を持つのでしょう。 ▼御朱印は社殿右手の授与所でいただきました。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼神社へは東急池上線「石川台駅」より徒歩2、3分 です。 「ゆきがや」の表記は「雪谷」だったり「雪ヶ谷」などとなりますが、 「石川台駅…

  • 浅草寺の御朱印まとめ(東京・台東区)〜2012から2022年、11年間の10体

    浅草寺の御朱印をまとめてみました。 2012年の御朱印が一番古く、数えると2022年現在で、10体ありました。 ▼浅草寺ではこれまで4種類の御朱印をいただいています。 左から「坂東三十三観音霊場」第13番 「江戸三十三観音霊場」第1番 「浅草名所七福神」大黒天 「影向堂」九尊仏 2022年現在「九尊仏」の御朱印は授与が無いようです。 ▼御朱印は「影向堂(ようごうどう)」でいただきますが、 ▼堂内には3種類の案内しかありません。やはり「九尊仏」は外されたようです。 ------------------------------------------------------------------…

  • 秋葉神社の御朱印(東京・台東区) 〜今年もコロナ下、2022年元日の御朱印

    ▼秋葉神社の御朱印。(東京都台東区松が谷3-10-7) ▼秋葉神社「新春詣」の御朱印(2022年)。 ▼宮司さんの神事のタイミング次第で「直書き」か「書置き」かになります。 ▼秋葉神社「新春詣」の御朱印(2021年)。 2021年は書置き500円をいただきましたが、ちょうど宮司さんが参拝者の祈祷中で 「待っていただければお書きいたします」と受付の女性から案内されました。 2種類が用意されていて、他にも「ミニ御朱印」の対応もされていました。 と言っても「ミニ御朱印」の何たるかは、アバウトでしか理解していません。 ▼秋葉神社の通常御朱印(2014年)。 「通常御朱印」と表記しましたが、2014年は…

  • アクセス数公開(2022.01)〜今年の「ボーナスアクセス数」は変則的、持続可能なブログを目指す

    本ブログを開設して5回目の年末年始を迎えています。 そして元日を挟んだ数日はアクセス数が伸び、ここ2、3年はそれが顕著でした。 普段は1日のアクセ数を500〜1000の間でウロウロしているのに この時期は元日を頂点として、2000〜3000を超えるアクセス数となります。 なぜこの時期だけアクセス数が伸びるのか原因はいろいろ考えられますが、 本ブログでは「はてなブログ」運営者側からのボーナスと思うようにしています。 しかし、2021年から2022年の元日前後のアクセス数字は2000にも届きませんでした。 ボーナスも半減したのかと思いました。 ▼2021〜2022年、年末年始のアクセス数。 その代…

  • 駒形 諏訪神社の御朱印(東京・台東区)〜小さな神社の 大きな御朱印

    ▼駒形 諏訪神社の御朱印です。(東京都台東区駒形1-4) 数種類あった書置きから涼しそうな御朱印をいただきました。 和紙にキチンと墨書きされ、朱印された「正しい」書置きでした。 ▼参拝時は気づきませんでしたが、手水舎の上の授与品案内にも御朱印が掲載されていました。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼神社はあの有名な「駒形どぜう」 と「バンダイ」本社ビルの隣でした。 ▼これまでも数えきれないほど何度も車で走る「江戸通り」です。 最近、おしゃれなcaffeが…

  • 猿江神社の御朱印(江東区) 〜「のらくろ」も戸惑う「猿江のお稲荷さん」の迷宮

    【19.06.22-rewrite 22.01.05】 ▼猿江神社の御朱印です。(東京都江東区猿2-2-17) ▼猿江神社 2022年正月限定御朱印。 ▼2022年正月の御朱印は、書置きをはじめ社殿裏に鎮座の「北向稲荷神社」など数種類が案内されていました。 ▼猿江神社の御朱印(2014年)。 ▼猿江神社の御朱印(2019年)。 「深川」の朱文字の尾が5年間ですっかり伸びました。 ▼猿江神社 2019年夏詣の御朱印。通常御朱印と中央の神社印が異ります。 夏の海を表しているのでしょうか? ▼猿江神社 の御朱印帳。御朱印2体と朱印帳で3000円の初穂料。 センベロ3回分の強気の数字に、おナカがいっぱ…

  • 四国八十八箇所霊場の御朱印 〜四国遍路、ほんのサワリ経験の記録【後編】

    四国八十八箇所霊場の御朱印【前編】に続き後編です。 ▼四国八十八箇所霊場 51番「石手寺」の御朱印。 ▼四国八十八箇所霊場 75番「善通寺」の御朱印。 ▼四国八十八箇所霊場 79番「高照院」の御朱印。 ▼四国八十八箇所霊場 84番「屋島寺」の御朱印。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼51番札所 熊野山「石手寺」(真言宗豊山派/愛媛県松山市石手2-9-21) 【前編】で1・2・3番を記事にした徳島から、いきなり松山へ飛びます。 ▼51番札所 石手寺は、あ…

  • 四国八十八箇所霊場の御朱印 〜四国遍路、ほんのサワリ経験の記録【前編】

    四国を訪問した時期はちょうど四国霊場開創1200年でした。 ▼開創千二百年記念「四国霊場八十八ヶ所 奉納経帳」です。 納経帳の内容は、以下のように見開きで1寺。 片ページに霊場番号・寺名・イラスト、対向ページに各寺のご詠歌が印刷されていました。 このスタイルで88箇所分が1冊になっているので分厚く、表紙も豪華。 2014年の購入でしたが2000円。 2021年現在の平均的朱印帳の価格と比較すると超破格でしたが、当時は朱印帳に2000円を支払うのは初めての経験でした。 ▼四国八十八箇所霊場 1番「霊山寺」の御朱印。 各寺でイラストページに開創1200年の記念印、ご詠歌のページに御朱印と墨書きがい…

  • 走水神社の御朱印(神奈川・横須賀市)〜誰よりも大切なひととの別れが怖い、水中に没した想い ?

    ▼走水神社の御朱印です。(神奈川県横須賀市走水2-12-5) 「はしりみず じんじゃ」です。 一部墨書きがスタンプに変わっていますが、2013年と21年、基本変化なしです。 ▼走水神社の御朱印(2021年)。 ▼走水神社の御朱印(2013年)。 ▼御朱印は境内石段右手の所授与所でいただきました。 ▼「かっぱおみくじ」は、境内のカッパを祀る「水神社」に由来するものでしょう。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼走水神社へのアクセスは「馬堀海岸駅」から観音崎行…

  • 福徳神社の御朱印(東京・中央区)〜「オサレ」に変貌したシティに 緑の森と 福の社

    ▼福徳神社の御朱印です。(東京都中央区日本橋室町2-4-14) 右の2015年は朱印帳に揮毫いただきました。 左の2021年は「三、十二、四」の日付以外はプリントの書置き。 ▼福徳神社の御朱印(2021年・書置き)。 感染症に対する規制が緩和されても書置きだけの対応は残念ですが、 東京の現状、とりわけ23区内の神社では21年12月現在で、9割方が書置きとなっています。 ▼福徳神社の御朱印(2015年・直書き)。 シンプルでスタンダードなスタイルの御朱印ですが、達筆で美しく揮毫されています。 ▼御朱印は蔵造りを模した「授与所」でいただけます。 ▼週末の授与所は常に参拝者が群がっています。もちろん…

  • 2022年の七福神めぐり 〜東京と近郊の「御朱印で七福神巡り」参考過去記事LINK集

    東京とその近郊の七福神めぐりでいただいた御朱印記事のリンクです。 wave2017.hatenablog.com

  • 鴨居八幡神社の御朱印(神奈川・横須賀市)〜眩しく カガやく境内は「高気圧ガール」

    ▼八幡神社の御朱印です。(神奈川県横須賀市鴨居3-5-5) 通称「かもい はちまん じんじゃ」です。 中央の印は神社の正式名称「八幡神社」。 左下の印は「八幡神社 社務所印」。 書置きでしたが、きちんと墨書き、捺印されていました。 ▼御朱印はこの授与所でいただきました。 対応していただいたのは、おそらく女子高生。 宮司さんから教わっただろうと思われる、丁寧な口上を述べる女子にタジタジとしてしまいました。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼三浦半島は観音崎…

  • 穴八幡宮の御朱印(東京・新宿区)〜冬至に「一陽来復」を授かりパンデミック収束を願う

    ▼穴八幡宮の御朱印です。(東京都新宿区西早稲田2-1-11) 2012年から9年後の2021年の御朱印に何の変化もない、これぞ御朱印です。 ▼穴八幡宮の御朱印(2021年)。 21年も書置きでなく、朱印帳に記帳いただけたのが嬉しい限りです。 ▼穴八幡宮の御朱印(2012年)。 御朱印は拝殿内の受付で直書きいただけますが、 12月の冬至の日から、翌年の節分までは御朱印は非対応です。 ▼穴八幡宮が授ける「金銀融通」のお守りの授与期間が重なり、多忙だからでしょう。 金銀融通」のご利益ありと言われる「一陽来復」お守りは、近年値上げされたようで、 いただいて持ち帰り、家の中の柱に貼る筒状のお守りが100…

  • 放生寺の御朱印(東京・新宿区)〜穴八幡だけではなかった「一陽来復」と「一陽来福」お札

    ▼光松山 放生寺の御朱印です。(東京都新宿区西早稲田2-1-14) 二つの御朱印は右上の「霊場札所番号」以外は、まったく変わりがありません。 ですが、左の「御府内八十八ヶ所」の御朱印には墨書きで「弘法大師」の文字が加えられています。 ▼放生寺「江戸三十三観音 第15番札所」の御朱印。 ▼放生寺「御府内八十八箇所 第20番札所」の御朱印。 ▼江戸三十三観音「聖観音」の御影もいただきました。 2012年に「江戸三十三観音」を巡っていた記憶では、ここ放生寺だけは御朱印帳に直書きいただけなく、寂しく感じたことを覚えています。 その後の数度の参拝でも、やはり御朱印は書き置きのみの対応でした。 -----…

  • 大津諏訪神社の御朱印(神奈川・横須賀市)〜にぎわいと郷愁の秋祭「新嘗祭」にビビる

    ▼大津諏訪神社の御朱印です。(神奈川県横須賀市大津町4-22-22) 神社の読みは「おおつ すわ じんじゃ」ですが、正式名称は単に「諏方神社」。 中央上の印は神紋の「梶の木」。 ▼諏訪大社と同じ紋です。(写真は諏訪大社上社本宮) 御朱印にはもう一つ「御柱建立社」の印が押されています。 鎮座1200年の10年前となる2014年の御柱祭りの際に、諏訪市の山で樹齢180年の樅の巨木が伐採され、氏子の人々が曵行して建立したとのことです。 秋祭の混乱のなかで御柱の写真を撮り忘れました。 ▼御朱印は社務所で、祭で多忙ながら宮司さんに・・。 それも、12時40分と言う掟破りのような時間帯にもかかわらず、丁寧…

  • 於玉稲荷神社の御朱印(東京・葛飾区)〜「神田お玉ヶ池」から「小松の里」へ 箱庭のような境内

    ▼於玉稲荷神社の御朱印です。(東京都葛飾区新小岩4-21-6) 「おたま いなり じんじゃ」と読み、猫を連想させられる可愛らしい名称の神社です。 中央の大きな朱印も「於玉稲荷」でしょう。 人の名前に「お」を付ける場合、「お●●」ではなく「於●●」とするのは、 ほかで新宿の「於岩稲荷」などに見られ、 「お玉」さんに「お岩」さんですが、なぜ「於」の文字を使うのでしょう? 「於」は当然「おける」とか「おいて」という意味ですが、 「ああ」とか「嘆息・感嘆の声」の意味もあるそうです。 「お玉」も「お岩」も悲運な最後を遂げているので 「ああ玉」さん、「ああ岩」さんとして「嘆きの稲荷」? まさか!!ですね。…

  • 新町御嶽神社の御朱印(東京・青梅市)〜創建400年の神社と 開発400年の新田

    ▼新町御嶽神社の御朱印です。(東京都青梅市新町2-28-26) 「みたけ じんじゃ」と読みます。 通称で「しんまち みたけ じんじゃ」と呼ばれ、正式名称は単に「御嶽神社」です。 ▼御朱印は社務所内の受付で直書きでいただけました。 御嶽神社では境内社の「塩竈神社」の御朱印もいただけます。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼地元の神社ですのでアクセスは少し不便。JR青梅線「小作駅」から徒歩20分。 現地では分かりませんが、 ▼マップで確認すると神社境内の真下…

  • 追浜 雷神社の御朱印(神奈川・横須賀市)〜GOLDに輝くトトロの森に埋まる朱色の社殿

    ▼雷神社の御朱印です。(神奈川県横須賀市追浜本町1-9)朱印帳に見開きで直書きいただきました。東京で書置きばかりに出会っていると、直書きの浄書はとても嬉しく感じます。▼雷神社の御朱印(2021年)。雷は「いかづち」とも読みますが、この神社では地元の方々から「かみなりじんじゃ」と呼ばれているそうです。▼雷神社の御朱印(2014年)。通常版と思われる14年と21年の御朱印に違いは見られません。14年は女性の、21年は宮司さんらしき男性の揮毫です。光を放つイラストの印は雷神をモチーフにしているのでしょうか?あるいは祭神の「火雷大神」のイメージなのでしょうか、不明です。中央の印は「追濱雷神社印」、右下…

  • 龍光院の御朱印(山梨・甲州市)〜山梨の七福神を目指そう、いつか!

    ▼藤木山 龍光院の御朱印です。(真言宗智山派/山梨県甲州市塩山藤木1740) 失礼なことに、これっぽっちの知識もなく御朱印をお願いした 「りゅうこういん」本尊「不動明王」の御朱印です。 これまで山梨の寺院を楽しく巡っていて、 いただいた御朱印のほとんどに「甲斐百八霊場」の印が押されていました。 しかし、ここ「龍光院」にそんな印は押されていませんでした。 右下に押されていたのは「甲州東郡七福神 第四番霊場」でした。 寺の知識はないものの「甲斐百八霊場」に名を連ねない当寺が気にならなくもありませんが、やはり初耳の「甲州東郡七福神」のほうが気になります。 ----------------------…

  • 雑司が谷大鳥神社の御朱印(東京・豊島区)〜酉の市の合間のホノボノ空間

    ▼雑司が谷 大鳥神社の御朱印です。(東京都豊島区雑司が谷3-20-14) 見開きで朱印帳に揮毫いただきました。 「五百円以上のお気持ちで・・」という案内がありましたが、2体で下限の千円を受け取っていただきました。 それでも直書きいただき1000円は、表現は適切でないですが「お手頃価格」「お安い」という気持ちで、ありがたく思えます。 プリントの書き置き500円という、最近の趨勢に慣れてしまっているので感じることなのでしょう。 振り返れば、記帳いただいて500円の初穂料を初めて体験したのは、2014年1月、六本木の「天祖神社」の金泥の筆文字の御朱印でした。 当時は500円という数字にシッカリ驚きま…

  • 大鳥神社の御朱印@富岡八幡宮(東京・江東区)〜東京「二の酉」の限定御朱印 Record ❽

    ▼富岡八幡宮の境内社 大鳥神社の御朱印です。「二之酉・2021年」 平日の御朱印は本殿脇の授与所でいただきますが、 この日は境内左奥に境内社が並ぶ脇の授与所でいただきました。 恵比須社・大国主社なども並びますので、正月の七福神の御朱印もこちらでいただくことになります。 ▼並んでいるのは「かっこめ」の熊手守りを授かる列で・・・ ▼御朱印は列ができていませんでした。 ありがたいことに朱印帳に記帳いただけました。 この日「二の酉」の7ヶ所の寺社を巡ってきて、すべて書置きでした。 最後の8寺社目の富岡八幡宮の大鳥神社で初めて朱印帳に直書きいただけたわけです。 コロナ下でもありますが、都心部の寺社の御朱…

  • 波除稲荷神社の御朱印(東京・中央区)〜東京「二の酉」の限定御朱印 Record ❼

    ▼波除稲荷神社の御朱印です。(東京都中央区築地6-20-37) 参拝記念の「木の栞」付きの、こんな体裁でいただきました。 「木の栞」はよくできたシオリで、木材をごく薄くしたものを厚紙に貼って仕上げてあり、表面は木の凹凸が感じられます。 もっとも実用的には本ブログでは使用しない「栞」です。 とてもジャマになるのでシオリを御朱印帳に使用することはありません。 一般書籍や文庫本でも、厚い栞は使いづらく、 もっぱら本ブログが使用するのは書籍の売り上げカードとか、レシートです。 薄くて柔らかい紙なら何でも良いのですが、本に挟んでも、そのままページ送りして邪魔にならない物を栞代わりにしています。 ▼波除稲…

  • 大鳥神社の御朱印@松島神社(東京・中央区)〜東京「二の酉」の限定御朱印 Record ❻

    ▼松島神社内 大鳥神社 「二の酉・2021年」の御朱印です。 (東京都中央区日本橋人形町2-15-2)御朱印はプリントの書き置きでした。 右上「二の酉」はスタンプ捺印のようです。日付は墨書きいただけました。 「大鳥神社」は、境内社という具体的な社は見当たりませんが、 祭神の中に「天日鷲神(あまのひ わしのみこと・大鳥大神)」が祀られていることから、酉の市が開かれ、「人形町のおとりさま」とも呼ばれるそうです。 神社印も「松嶋神社」となっています。 ▼ 松島神社 の御朱印。(2018年) 「松島」の文字は旧字を使用して「松嶋神社」と表記される場合もあります。 ▼ 松島神社 「日本橋七福神・大国神」…

  • 長国寺の御朱印(東京・台東区)〜東京「二の酉」の限定御朱印 Record ❺

    ▼鷲在山 長国寺の御朱印と御首題です。(法華宗本門流/東京都台東区千束3-19-6) 山号は「じゅざいさん」、寺号は正確には「長國寺(ちょうこくじ)」です。 2021年の御朱印・御首題はすべてプリント物。 しかし、僧侶さんが一枚一枚朱色の日付を書き入れて渡されました。 ▼長国寺の御朱印。(酉の市限定・2021年) 長国寺の本尊は曼荼羅ですが「鷲妙見大菩薩」も本尊と同様に大事に祀られています。 「鷲妙見大菩薩」は、北極星または北斗七星を神格化した仏教の天部の一つで「尊星王(そんしょうおう)」、「妙見尊星王(みょうけんそんしょうおう)」、「北辰菩薩(ほくしんぼさつ)」などとも呼ばれています。 ▼長…

  • 鷲神社の御朱印(東京・台東区)〜東京「二の酉」の限定御朱印 Record ❹

    ▼鷲神社の「酉の市特別御朱印」です。( 東京都台東区千束3-18-7) ▼鷲神社の「酉の市特別御朱印」(2021年)。 特別御朱印は銀紙に、「21日」の日付までプリントか印刷によるものでしたが、 御朱印表面を触ると文字や朱印部分にかなりの凹凸を感じます。 鷲神社では初めての書き置きでした。 以下はすべて朱印帳に貴重いただいています。 ▼鷲神社「二之酉」の御朱印(2016年)。 「おおとり じんじゃ」と読ませま、漢字は「鷲神社」と書きますので、 初めての人は「わしじんじゃ」と読んでしまっても無理はありません。 同じ東京、足立区花畑の「おおとり じんじゃ」は「大鷲神社」と書きます。 ほかは素直な「…

  • 新宿花園神社の御朱印(東京・新宿区)〜東京「二の酉」の限定御朱印 Record ❸

    ▼新宿花園神社「二の酉」でいただいた御朱印です。 神饌として1体に一つ「桜葉漬け」が一緒にいただけました。 「桜葉漬け」は桜湯にしていただくものですが、2020年にも「桜紅茶」をいただいています。 ▼新宿花園神社「二の酉」の御朱印。(東京都新宿区新宿5-17-3) ▼新宿花園神社「二の酉 切り絵」御朱印。 ▼切り絵部分のカラーを変更するとこんな感じです。 花園神社、大鳥神社、雷電神社、それぞれの社紋も切り抜かれています。 ▼新宿花園神社の御朱印(通常・2020年)。 ▼新宿花園神社の御朱印(通常・2012年)。 ▼ 年代別の3体を並べると、ほぼ変化なしですが、書き手さんの違いが見えてきます。 …

  • 十二社熊野神社の御朱印(東京・目黒区)〜東京「二の酉」の限定御朱印 Record ❷

    ▼十二社熊野神社「二の酉」の御朱印です。(東京都新宿区西新宿3-2-9) 神社の読みは「じゅうにそう くまの じんじゃ」です。 もちろん正式名称は「熊野神社」です。 この御朱印は11月9日・21日の「限定」という事になっていますが、 通常御朱印との違いは「二の酉」の添え書きと 「熊手(かっこみ)」のスタンプが追加されているのみです。 プリントの範囲がどこまでか判断できませんが、日付の「三 十一 二十一」だけは間違いなく書き込まれています。 ▼十二社熊野神社の御朱印(通常版・2019年)。 ▼十二社熊野神社の御朱印(通常版・2012年)。 ▼上記3体の御朱印を並べてみましょう。 一見、同じ神社と…

  • 目黒大鳥神社の御朱印(東京・目黒区)〜東京「二の酉」の御朱印 Record ❶

    ▼目黒 大鳥神社「二の酉」の御朱印です。(東京都目黒区下目黒3-1-2) 金銀ラメ入りの用紙の書き置きは、広い意味で「御朱印」でしょうが、 「奉拝」の文字はなく、「参拝記念」のスタンプが押してあります。 従って「参拝記念紙」なのでしょう。 唯一の救いは日付が入れられていること。 商業印刷機による印刷か、オンデマンド印刷か、コンシューマープリンターによるプリントか、実際の捺印か、直の墨書きか・・・? 多様化する印刷方法で、見分けのつかない「御朱印」が多くなってきました。 大鳥神社の御朱印もどこまでがプリントで、どれが直書きか見分けがつきません。 少なくとも中央の「大鳥神社」は手書き感の全くないプ…

  • 法輪寺の御朱印(東京・新宿区)〜百花繚乱の御朱印と境内、(余計なお世話の)石段飾りの提案

    ▼萬年山 法輪寺の御朱印です。(日蓮宗/東京都新宿区西早稲田1-1-15) 授与所にはあまりにたくさんの御朱印・御首題サンプルが並んでいたので、選ぶのに躊躇してしまいます。 結果、箔押しスタイルのものを2体いただきました。 参拝日はすべて書き置きでした。 ▼箔押しの光る部分は、スキャンではなく撮影だと少しイメージが伝わります。 ▼法輪寺の御朱印「春」。 御朱印はすべて箔押しされた印刷物でした。「参拝の証」と書かれています。 唯一、左下の「萬年山 法輪寺」の朱印だけは捺印されていると思われます。 ▼法輪寺の御朱印「夏の御朱印」。 こちらもすべて箔押しされた完全な印刷物。 2体とも「令和三年」以外…

  • 法明寺の御首題(東京・豊島区)〜雑司が谷でタイムスリップ体現

    ▼威光山 法明寺の御首題です。(日蓮宗/東京都豊島区南池袋3-18-18) 右上の印は東京の民芸品でもある「すすきみみずく」鬼子母神、雑司ヶ谷の文字。 中央の印は「是好良薬」。「是の好き良薬」と読み、法華経にある文だそうです。 具体的な「薬」を示すものではなく、釈迦の教え、導きの言葉なのでしょう。 左下の印は「雑司谷 威光山 法明寺」でしょう。 ▼御首題はこちらの寺務所でいただきました。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼法明寺へは池袋駅、目白駅、雑司が…

  • 二宮神社の御朱印(千葉・船橋市)〜可能性の「ムゲン」に気づくには・・・?

    ▼二宮神社の御朱印です。(千葉県船橋市三山5-20-1) 神社の読みは「にのみやじんじゃ」です。 右上の印は「寒川神社之印」、 中央大きな印は「二宮神社之印」の読みで良いと思います。 「寒川神社」は、延喜式に「下総国千葉郡 寒川神社」との記載がありそれが当社であるとしていますが、論社とされているそうです。 論社であっても御朱印には「式内社」や「一宮」などの印を押す神社はありますが、 当社は「式内社」とはせず、少し遠慮深く「寒川神社」としております。 -------------------------------------------------------------------------…

  • 高田氷川神社の御朱印(東京・豊島区)〜清浄・静粛な境内に 張り詰める緊張感

    ▼高田氷川神社の御朱印です。(東京都豊島区高田2-2-18) 正式名称は単に「氷川神社」ですが、 「たかだひかわじんじゃ」の通称で呼ばれています。 2021年は以下「3体セット」の御朱印をいただきました。 ▼高田総鎮守 氷川神社の御朱印。 ▼境内社の高田姫稲荷神社の御朱印。 ▼兼務社の目白豊坂稲荷神社の御朱印。 目白豊坂稲荷神社は、JR「目白駅」近くに鎮座します。 ▼高田氷川神社の御朱印。2015年は直書きいただいています。 「山吹の里 氷川宮」とあるのは、由緒によると 「古来、山吹の里氷川宮、後 氷川大明神と奉称された」だそうです。 また太田道灌にまつわる「山吹の里伝説」を wiki から要…

  • 【番外】4年と8ヵ月目のアクセス数「 999,999」=「苦っ、苦っ、苦〜!」から「クッ、クッ、ク〜!」

    ▼2021.11.15_12:34現在のアクセス数。 はてなブログの「アクセス数」表示は、 これまでは「PV数」と勝手に思い込んでいましたが、どうやら違うようです。 というのは「Googleアナリティクス」の示す「Pageviews数」と比較してみると、かなりの誤差があり、 「Sessions数」と比較すると誤差があるものの、 はてなブログの「アクセス数」と近い数値であることが分かりました。 はてなブログでは文字通り「アクセス数」という事で サイトへの「訪問者数」と理解して良いのでしょう。(もしかしたら違いますか?) これまでも、どの数字も大まかな「目安」と理解しているので どちらでも構わない…

  • 「笠寺観音」笠覆寺の御朱印(名古屋・南区)〜平安の姫と 江戸の剣豪の 時間差マッチ

    ▼天林山 笠覆寺「笠寺観音」の御朱印です。 (真言宗智山派/愛知県名古屋市南区笠寺町上新町83) 寺号の「笠覆寺」は音読みで「りゅうふくじ」です。 「笠寺観音(かさでらかんのん)」は通称。 中央墨書きは「大悲閣」、左は「笠寺観音」。 「大悲閣」とか「大悲殿」は、本尊の観音さまが安置されている建物の呼び名です。 右上の印は複数の札所を示す 「尾張四観音ノ一 尾張三十三観音三番 名古屋二十一大師十六番」。 中央印は本尊の十一面観音を示す梵字の「キャ」に蓮台。 そして左下の「天林山笠覆寺之印」と続いています。 ---------------------------------------------…

  • 日比谷神社の御朱印(東京・港区)〜いにしえの日陰町から 陽光のイタリア街へ

    ▼日比谷神社の御朱印です。(東京都港区東新橋2-1-1) 2体の御朱印に墨書き・印ともに何の変わりもありませんが、 2021年は「東京 港区東新橋鎮座」のスタンプが加えられていました。 ▼日比谷神社の御朱印(2021年)。 ▼日比谷神社の御朱印(2012年)。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼神社の名称は「日比谷」ですが、鎮座地は日比谷ではなく「東新橋」です。 日比谷神社へは正確には「汐留駅」のほうが距離的に近いのですが、殆どの参拝者は「新橋駅」から神…

  • 五十稲荷神社の御朱印(東京・千代田区)〜二宮金次郎の「歩き読み」から「歩きスマホ」への変化?進化?

    ▼五十稲荷神社の御朱印です。(東京都千代田区神田小川町3-9-1) 神社の読みは「ごとう いなり じんじゃ」もしくは「ごとお」です。 ▼五十稲荷神社の御朱印(月替り・コスモス)。 「霜降」の文字は24節気のひとつで「そうこう」もしくは「しもふり」と読みます。 朝晩の気温が低くなり、霜の降り始める頃、現在の暦では10月23、24日頃と言われています。 御朱印の日付は10月24日でちょうど「霜降」ということになります。 ▼五十稲荷神社の御朱印(限定・ハロウィン)。 「ごと〜 いにゃり」というふうに読そうです。 ▼直書きいただけた、通常月替り御朱印の案内。 ▼期間限定御朱印3種類の案内。 「ごと〜い…

  • 全生庵の御朱印(東京・台東区)〜鉄舟・圓朝・幽霊の競演

    ▼普門山 全生庵の御朱印です。(臨済宗国泰寺派/東京都台東区谷中5-4-7 ) 「ぜんしょうあん」です。正確には「ぜんしょうぜんあん」。 右上の印は「山岡鉄舟居士開創」、続いて中央は「葵正観世音菩薩」、左下は「全生庵印」でしょう。 「葵正観音」は、かつて江戸城の守り本尊だったそうです。 元は日向の国の寺にあった像が、京都、江戸城、東京大塚と転々として、明治維新後は鉄舟の自宅から、ここ全生庵に移され本尊として安置されているそうです。 御朱印は、境内に入って左手の寺務所できちんと対応いただけました。 -------------------------------------------------…

  • 遠妙寺の御首題(山梨・笛吹市)〜遠ぉぉぉぉーく、 妙なる 鵜飼伝承

    ▼鵜飼山 遠妙寺の御首題です。(日蓮宗/山梨県笛吹市石和町市部448) 寺号は「おんみょうじ」。 左上のスタンプの内容は 「日蓮上人鵜飼済度 宗門川施餓鬼根本霊場 謡曲鵜飼発祥之地」。 漢字ばかりで意味不明な文言もありますが、効率的に寺の伝承を表しています。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼遠妙寺は山梨の「石和」にありますが、有名な温泉街からは少し離れています。 昭和の時代にブドウ畑から温泉が湧き出て、 バブル期は団体旅行ご用達の風俗を備えた歓楽温泉街…

  • 蒲田八幡神社の御朱印(東京・大田区)〜スッカリ明るく現代的な境内に変身

    ▼蒲田八幡神社の御朱印です。(東京都大田区蒲田4-18-18) ▼蒲田八幡神社の御朱印(2021年)。 中央の「かまたはちまんじんじゃ」の右下に 「新宿村(しんしゅくむら)ひえだの森から分け御霊」と添え書きが表すのは、 慶長年間、関ヶ原の戦いの頃、当時の村を分村した時、鎮守の神として、薭田神社から行基作の神体三座のうち、春日の像一体を分霊し祀ったのが当社の始まりとされているとする由緒によります。 中央の金の神社印は右上に鳳凰があしらわれて複雑なデザインになっています。 ▼蒲田八幡神社の御朱印(2014年)。 2014年にいただいたものは、御朱印が何も着飾らなくても済んだ時代の姿です。 ▼女塚神…

  • 埼玉県護国神社の御朱印(さいたま・大宮区)〜永遠の平和はあり得ない事実のジレンマ

    ▼埼玉県護国神社の御朱印です。(埼玉県さいたま市大宮区高鼻町3-149) 2014年から2021年に御朱印の基本は変わっていませんが、神門と神社印の大小のバランスが逆転していました。 さらに小さな社務所印がなくなっています。 ▼埼玉県護国神社の御朱印(2021年)。 中央上の桜をモチーフにした印は一応「神紋」または「社紋」でしょう。 ▼埼玉県護国神社の御朱印(2014年)。 ▼御朱印はこちらの社務所受付でいただけます。 ▼ちょっとオモチャっぽい赤いポストが置かれていました。神社の郵便受けです。 観光名所などで、そこから絵葉書などを投函できるポストが置かれていたりします。 一見、そんな感じがしま…

  • 静岡県護国神社の御朱印(静岡・葵区)〜鶴翼の陣で横たわる英霊たちの午睡

    ▼静岡県護国神社の御朱印です。(静岡県静岡市葵区柚木366) どうして1本の筆でこんな素敵な筆文字が書けるのかと、見入るばかりです。 ダイナミックに太く力強い部分と、画数の多い文字を正確に、紙面の高さにもピッタリと収めています。 そんな感激する御朱印とは裏腹に各県の護国神社の記憶、そして揮毫いただいた場面や神職さんの記憶はほとんどありません。 護国神社に対しての、どこも画一的な境内の様子という偏見が、その興味と記憶とを薄めているかもしれません。 さて、いただいた御朱印の中央の印、下は「靜岡縣護國神社 」。 上の小さい印はちょっと読みづらいのですが、おそらく「英霊顕彰」でしょう。 間違っていたら…

  • 小平神明宮の御朱印(東京・小平市)〜御朱印をいただく時の心構え「童心神通」?

    ▼小平神明宮の御朱印です。(東京都小平市小川町1-2573)バランスの良い御朱印に鮮やかにあしらわれている花は「桔梗」でしょう。 ▼御朱印は4種類の通常御朱印と、大祭限定のものが案内されていました。 ▼拝殿前の参道途中左手にに授与所があります。 実は御朱印をいただいた時、本ブログの一人前の方が御朱印を受け取りながら授与所内に話しかけられました。 参拝妙齢女性「いつもきれいな御朱印で どなたが描いていらっしゃるのですか?」 授与所内には宮司さんらしき男性が筆を取り、もう一人は若い女性が御朱印の受け渡しをしていました。 受付女性、笑顔で「私と宮司さんの合作なんですよ!」 朱印帳に向かって筆を運びな…

  • 日吉神社の御朱印(東京・拝島市)〜7年間、基本は変わらない御朱印に敬服

    ▼日吉神社の御朱印です。(東京都昭島市拝島町1-10-19) ▼日吉神社の御朱印(通常版)。 ▼日吉神社の御朱印(2014年)。 2014年は当然この1種類のみで、有無を言わず直書きでした。 当時は御朱にグリーンのスタンプ使用は、かなり希少な存在でした。 2021年「通常版」デザインの基本に変化はなく、押されているスタンプの数と内容が違うだけでした。 大きく変わらない御朱印に敬服です。 ですが、 「総天然色」の御朱印兄弟たちがたくさん現れて、今やこちらが主役のようです。 ▼日吉神社の御朱印(榊祭版)。 「榊祭」とは、毎年9月の例祭の前夜祭である「榊の渡御」が行われる祭だそうです。 ▼1767年…

  • 常磐神社の御朱印(茨城・水戸市)〜東湖神社の御朱印も

    ▼常磐神社の御朱印です。(茨城県水戸市常磐町1-3-1) 常盤ではなく、常磐の「ときわじんじゃ」です。 「東湖神社」の御朱印も一緒にいただきましたが、 日付が一つしかないので見開き扱いの御朱印となるのでしょう。 おなじみ「葵紋」と神社印だけの簡潔な御朱印です。 言い換えると「そっけない」とも言います。 2021年現在は「簡潔さ」に、少しだけ「イロ」のついた御朱印がいただけるようです。 ▼常磐神社摂社、東湖神社の御朱印。 福島白河に「南湖神社」があります。 「南湖」という湖のほとりに鎮座する神社です。 「東湖神社」の南にも水戸市民の憩いの場でもある「千波湖」があり、その湖の一部を指す「東湖」かと…

  • 七渡弁天社の御朱印(東京・江東区)〜富岡八幡宮の境内に鎮座する美麗社

    ▼七渡弁天社の御朱印です。(富岡八幡宮境内社/東京都江東区富岡1-20-1)七渡弁天社の読みは「ななわたりべんてんしゃ」です。 ▼富岡八幡宮の御朱印(2021年)。 ▼富岡八幡宮の御朱印(2012年)。 ▼富岡八幡宮の御朱印=深川七福神・恵比寿神(2021年)。 ▼富岡八幡宮の御朱印=深川七福神・恵比寿神(2012年)。 ▼2021年、本殿右手にある授与所の御朱印案内。 6月限定御朱印の「七渡弁天社」の御朱印が2種類、 「夏詣」が1種類。このほかスタンダードな御朱印が用意されていました。 いずれも書置きですが、しっかり墨書きされていて ▼小型のクリアファイル入れて渡されました。 -------…

  • 法輪寺の御朱印(奈良・斑鳩町)〜この期に及んで「法輪」の意味を知る

    ▼妙見山 法輪寺の御朱印です。(奈良県生駒郡斑鳩町三井1570) 法輪寺の御朱印の墨書きは「ほうはい」「やくしにょらい」「ほうりんじ」です。 朱印は薬師如来の梵字「バイ」「ベイ」などと呼びます。 中央下の印は「轉法輪寺」でしょう。 ▼前回ブログ記事にした日泰寺に「轉法輪」の額が掲げられていました。 法輪寺との関連は全く考えられず思い起こされませんでしたが、同じ「轉法輪」です。 ▼さらに、栃木の「法輪寺」も最近記事にしたばかりです。 京都嵐山の「法輪寺」にも参拝しています。 単に寺の名称とだけ理解していたのですが、大きな間違いでした。 全て「法輪」だったのですが「法輪」には大きな意味があったので…

  • 日泰寺の御朱印(名古屋・千種区)〜仏教で繋がる日本とタイ

    ▼覚王山 日泰寺の御朱印です。(愛知県名古屋市千種区法王町1-1) 筆書きの読みは「かくおうざん にったいじ」です。 印は読み取りにくいですが右上から 「奉納経」 「釈尊御真骨奉安道場」 「覚王山日泰寺」。 初めて知りましたが「覚王」とは釈迦の別名だそうです。 2021年現在は書置きのみの授与で、印も中央の大きな印だけ押されているようです。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼最寄駅の地下鉄「覚王山駅」からは400〜500mほどです。 ▼覚王山駅から商店街…

  • 塩澤寺の御朱印(山梨・甲府市)〜自身のコントロール不能な太宰も訪れたかもしれない寺

    ▼福田山 塩澤寺の御朱印です。(真言宗智山派/山梨県甲府市湯村3-17-2) 訓読みで「しおざわでら」と読みたくなりますが「えんたくじ」です。 甲府を中心とする山梨の寺院の御朱印のほとんどには札所番号が入った 「甲斐百八霊場」の印が押されています。 しかし以前にも記事に書いていますが、この霊場は1980年にテレビ山梨が開局10周年を記念し、山梨県内の寺院を選定したものですので、 現在では霊場として活動しているのか分かりませんし、 また108ヶ所全ての札所の御朱印をいただく事も難しいかもしれません。 それでも山梨では有名な恵林寺などでも現在も「甲斐百八霊場 第九番」と印が押されるているのは好まし…

  • 上目黒氷川神社の御朱印(東京・目黒区)〜天空の「目黒富士」は 「天空の庭園」に代替わり?

    ▼上目黒氷川神社の御朱印です。(東京都目黒区大橋2-16-21) ▼上目黒氷川神社の御朱印「夏詣 例大祭」。「夏詣」と「例大祭」の印が押され、2日間だけの限定だそうです。 狙って訪問したわけではありませんが、神社の祭りなどは土・日・祝日に催されることが多いので、週末に御朱印活動をする者にとっては運良く、もしくは運悪く例大祭などに遭遇することも少なくありません。 ▼境内社 目黒富士浅間神社の御朱印「夏詣 例大祭」。 「運悪く」と言ったのは、大祭だからと言って特に限定御朱印の用意はなく、 通常御朱印の授与も直書きから書置きのみになってしまう場合です。 通常、例大祭などでは御朱印担当専属スタッフの用…

  • 宝戒寺の御朱印(鎌倉市)〜幕府滅亡とともに終焉した北条氏屋敷跡に建つ

    ▼金龍山 宝戒寺の御朱印です。(天台宗/神奈川県鎌倉市小町3-5-22) ▼「鎌倉六阿弥陀霊場」第五番 宝戒寺の御朱印。左下の寺印は「関東弘通圓頓寶戒寺(かんとうぐずうえんどんほうかいじ)」と、難しい言葉が並んでいます。 「弘通」は仏法が広まること。「圓頓」は天台宗の教義で、一切を欠くことなくたちどころに備えることができるというような意味だそうです。 ▼「鎌倉二十四地蔵尊霊場」第一番 宝戒寺の御朱印。 「こそだて きょうよみ じぞうそん」と読みます。 ▼「鎌倉三十三観音霊場」第二番 宝戒寺の御朱印。 札所本尊名は「◯◯観音」ではなく、 「仏母准胝尊(ぶつぼ じゅんていそん)」となっていますが、…

  • 太平山神社の御朱印(栃木・栃木市)〜風光明媚な山の行楽地は かつては一大宗教霊地

    ▼太平山神社の御朱印です。(栃木県栃木市平井町659) 神社名は「おおひらさんじんじゃ」です。 「大」ではなく「太」ですので「たいへいざん」と読みたくなります。 御朱印の右上の印は「太平山 大福神」となっています。 ▼太平山神社の御朱印帳。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼神社がある大平山一帯は県立公園になっています。 最寄駅はどこも距離がありますが、JR両毛線と東武日光線の「栃木駅」からバスが出ています。 「大平山県立自然公園」が正式名称の山ですが、…

  • 新小岩香取神社の御朱印(東京・葛飾区)〜「コマツナと小松川」「間々と真間」ままある迷宮

    ▼新小岩香取神社の御朱印です。(東京都江戸川区中央4-5-23)正式名称は「香取神社」でしょうが、 通称として「新小岩香取神社」「新小岩厄除香取神社」、 旧称では「間々井神社(ままいじんじゃ)」「間々井宮」、「間々井香取神社」などと呼ばれていたそうです。 「間々井(ままい)」は、千葉県市川の真間と関連がありそうです。 中央の印は「氏神之大御璽」。 読みは「うじがみの おおみしるし」で良いのでしょうか? -------------------------------------------------------------------------------------- ▼JR総武線「新小岩…

  • 中之嶽神社の御朱印(群馬・下仁田町)〜拝殿までの手強い石段を見上げて尻込み

    【17.05.09-rewrite 21.10.07】 ▼中之嶽神社の御朱印です。(群馬県甘楽郡下仁田町上小坂1248) ▼中之嶽神社の御朱印。「なかのたけじんじゃ」と読みます。 御朱印右上の印「妙義金洞山鎮座」は、 総称である「妙義山」の山々のうちの一つ「金洞山」です。 ▼甲子大國神社の御朱印。 「きのえね おおくに(だいこく) じんじゃ」と墨書きされていますが、神社の正式名称は単に「大国神社」です。 2016年の御朱印は二つの神社がそれぞれ1ページずつでしたが、 現在は見開き状態の体裁でいただけるようです。 大国神社手前右手の授与所に御朱印帳を預けて参拝です。 --------------…

  • 妙國寺の御首題(福島・会津若松市)〜ご住職夫妻の優しい対応が印象的

    ▼宝光山 妙國寺の御首題です。(日蓮宗/福島県会津若松市一箕町大字八幡墓料) 御首題右の添え書きは「日什大正師誕滅之霊場」とあります。 「日什」は、南北朝時代の法華宗の僧で顕本法華宗の開祖だそうです。 「顕本法華宗の開祖」と言われても、知識ない身にはチンプンカンプンです。 言葉通りでしょうが「誕滅」という表現も初体験です。 中央上の印は「會津 日什上??霊廟 瀧澤」。 下の印は「本山妙國寺」でしょう。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼googlemap…

  • 久伊豆神社の御朱印(埼玉・越谷市)〜久伊豆、クイズ、苦は居ず、の社

    ▼久伊豆神社の御朱印です。(埼玉県越谷市越ヶ谷1700) 寸分違わぬと言える2体の御朱印です。 神社名は「くいず」ではなく「ひさいず じんじゃ」と読みます。 葵紋の使用は、近くに徳川将軍家が鷹狩などを行う越ヶ谷御殿があったことから特別に許されたそうです。 ▼久伊豆神社の御朱印(2021年)。 久伊豆神社は「元荒川」流域に60社近くあります。 当社の越谷と、さいたま市岩槻区の久伊豆神社が境内も広く有名のようです。 ▼久伊豆神社の御朱印(2015年)。 単に「久伊豆神社 御朱印」で画像検索してみると、最初にいくつも岩槻の御朱印が結果として現れます。 越谷の御朱印よりいくらかカラフルな体裁となってい…

  • 常楽寺の御朱印(長野・上田市)〜「北向観音本坊」別所温泉に浸かりに? 現れた 観音菩薩

    ▼金剛山 常楽寺の御朱印です。(天台宗/長野県上田市別所温泉2347) 「妙観察智弥陀如来」は、いったいどのように読むの? 「みょうかん さっち みだにょらい」では低脳マルダシです。 でも他に読みようもなく「めうくわん ざつちの みだにょらい」が正解のようです。 意味は全く分かりませんが、使われている文字で何とはナシに理解できる気もします。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼常楽寺は「別所温泉」にあります。 上田駅と別所温泉を繋ぐ11.6kmの「上田電鉄…

  • 蘇我比咩神社の御朱印(千葉・中央区)〜かすかな昭和のニオイが残る街に鎮座する「ヒメ」

    ▼蘇我比咩神社の御朱印です。(千葉県千葉市中央区蘇我2-2-7) 孤立した「式内社」の印が目立ちます。 中央の神社印は「蘇我比咩神社」、読みは「そが ひめ じんじゃ」です。 参拝日は25日でしたが、記入されているのは24日。問題ありません! ▼御朱印は境内右手の社務所でいただきました。 御朱印は宮司さんから2種類を提示された中から選びました。 夏の日曜、午後3時過ぎ、宮司さんは社務所内でリラックス中のようでしたが、余計な言葉はなかったのですが、心よく応じていただけました。 -------------------------------------------------------------…

  • 道野辺八幡宮の御朱印(千葉・鎌ケ谷市)〜リアルな神馬と 多くの七福神像に出会えるクリーン神社

    ▼道野辺八幡宮の御朱印です。(千葉県鎌ケ谷市道野辺中央5-6-10) 「みちのべ はちまんぐう」と読みます。 2つの御朱印は神社印の上下が逆で、墨書きは同じ神社とは言えないような違いを見せています。 ▼2021年の道野辺八幡宮の御朱印。書置きでした。 ▼道野辺八幡宮の御朱印(2015年)。直書きいただいています。 ▼御朱印は広い社務所の授与所でいただけます。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼道野辺八幡宮へは東武野田線「鎌ヶ谷駅」徒歩5分です。 「鎌ヶ谷…

  • 上総国分寺の御朱印(千葉・市原市)〜カワイイ柴犬に迎えられる

    ▼医王山 清浄院 上総国分寺の御朱印です。 (真言宗豊山派/千葉県市原市惣社4-10-12)右上の印は「聖武皇帝勅願所」、左上は「坂東武蔵」、中央は言わずと知れた「菊の御紋」。 中央の墨書きは上総国分寺本尊の「(梵字)薬師如来」です。 国分寺は建立された性格上、ほとんど、いや全て本尊は「薬師如来」でしょう。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼「上総国分寺跡」に建つ「上総国分寺」です。 他の国分寺でも見られるように国分寺の「後継寺院」です。 ▼741年、全…

  • 本覚寺の御首題(神奈川・鎌倉市)〜「鎌倉江ノ島七福神」の「夷神」の御朱印も

    ▼妙厳山 本覚寺の御首題と御朱印です。(日蓮宗/神奈川県鎌倉市小町1-12-12) ▼2021年にいただいた本覚寺の御首題。 ▼2013年にいただいた本覚寺の御首題。 21年の御首題は「東身延」の丸印がなくなっていました。 中央の大きな印の16文字中の数文字が読めません。 「宗祖御分骨?幕府三?直?夷堂霊場」 左下は「東身延本覚寺」です。 ▼本覚寺「鎌倉江の島七福神」の夷神の御朱印。 「鎌倉江の島七福神」の御朱印は通年いただけるので、七福神を目的として巡らなくても、訪問した寺社の時々でいただけてしまいます。 ▼本覚寺では境内の山門近くに授与所があります。 多くの人が七福神の御朱印をいただく中で…

  • 小野神社の御朱印(東京・多摩市)〜「武蔵国一宮❸」 饒舌と沈黙のジレンマ

    ▼小野神社の御朱印です。(東京都多摩市一ノ宮1-18-8) プリントではなく、しっかり墨書きされ、朱印も捺印された書置きでした。 「武蔵国一之宮」の添え書きと「多摩市一之宮鎮座」の印が捺印されています。 ▼授与所には由緒書とともにパンフをいただいた「九社めぐり」の案内がありました。 ▼神社のHPにも掲載されていますが「九社めぐり」とは、小野神社の兼務社9社の案内です。 ここ小野神社で9種全てをいただくことができるようです。 小野神社を含め9社の御朱印は賑やかに饒舌ですが、 同一パターンのクラシックな御朱印スタイルに、昨今の御朱印コレクターが魅力を感じて9社全てを巡るとは考えにくいように思います…

  • 氷川女體神社の御朱印(さいたま・緑区)〜「武蔵国一宮❷」「もう一つ」の武蔵 一宮 氷川神社の迷宮

    ▼武蔵一宮 氷川女體神社の御朱印です。(さいたま市緑区宮本2-17-1) 女體=女体で「ひかわ にょたい じんじゃ」です。 メインの神社印「武蔵一宮」は新しくなっていました。 朱印は神社名ではなく「一宮」を強調したいのかと勘ぐってしまいます。 両年ともいただいた御朱印は、ありがたい事に直書きいただいています。 ▼氷川女體神社の御朱印(2021年)。 神社前は「見沼氷川公園」になっていますが、 かつても神社周辺は「見沼(みぬま)」という広大な沼でした。 そこには竜神が棲んでいたという伝説が残っていて、 古くから「竜神さま」を祀る祭祀「御船祭(みふねまつり)」が行われてきて、その祭りを執り行ってい…

  • 大宮氷川神社の御朱印(さいたま・大宮区)〜氷川神社の「総本社」武蔵国「一宮」か? 「三宮」か?

    ▼大宮氷川神社の御朱印「茅の輪くぐり」。(さいたま市大宮区高鼻町1-407) 「奉拝」の文字の金箔とイラスト部分は印刷ですが、神社名などはきちんと直に墨書きされていました。 ▼スタンダードな大宮氷川神社の御朱印(2021年)。 ▼大宮氷川神社の御朱印(2014年)。スタンダードな御朱印内容は2014年から2021年に変化はありません。 もちろん筆跡はかなり異なりますが・・・。 ▼御朱印は「神札所」でいただきました。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼「大…

  • 烏森神社の御朱印(東京・港区)〜神社周辺と「Newしんばしビル」の迷宮

    ▼烏森神社の御朱印です。(東京都港区新橋2-15-5) 言うまでもなく、神社の読みは「とりもり」ではありません! 「からすもり じんじゃ」です。 「烏」「鴉」「鵶」「雅」のどれも「からす」と読みます。 ▼2021年にいただいた御朱印は「富貴繁栄祈念」でした。 御朱印は「三 九 五」の日付以外はコンプリートプリント。 ▼あまり手間がかかっていない500円の御朱印には、直径2cmのクッションシール付き。 「止疫息災」の文字もありますので、スマホの裏にでも貼りましょう。 聞いた言葉ではないですが「無病息災」と同じような意味で「疫病を止め」て「息災」でありたい祈りと願いが込められていると理解します。 …

  • 中宮寺の御朱印(奈良・斑鳩町)〜御朱印の「亀」を本堂内のレプリカに探せ

    ▼法興山 中宮寺の御朱印です。(聖徳宗/奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺北1-1-2) かつて、法隆寺と中宮寺は僧寺・尼寺の関係にあったそうです。 いただいた御朱印は中宮寺HPに案内されているものと同じで、 中央、菊の御紋の下の寺印は「亀」の中に「中宮 尼寺」となっています。 なぜ「亀」なのでしょうか? 本堂周りの池に亀がいるのかもしれませんが、 その答えは、この記事の最後にあります。 中宮寺は「聖徳太子霊跡」「尼寺霊場」「神仏霊場巡拝の道」など、 複数の札所になっているので、それぞれ異なる御朱印がいただけます。 --------------------------------------------…

  • 2021年、夏の緊急事態宣言下、不心得者の東京脱出! 2日間の御朱印巡りまとめ

    ▼茨城から福島まで、2日間にいただいた御朱印まとめです。 各記事は最下部でリンクします。 ▼鷲子山上神社の御朱印。 ▼静神社の御朱印。 ▼別雷神社の御朱印。 ▼長泉寺の御朱印。 ▼法輪寺の御朱印。 ▼笠石神社の御朱印。 ▼那須神社の御朱印。 ▼黒磯神社の御朱印。 ▼南湖神社の御朱印。 ▼石都々古和気神社の御朱印。 ▼三芦城の城印。 ▼八槻都々古別神社の御朱印。 ▼花園神社の御朱印。 ▼酒列磯前神社の御朱印。 ▼大洗磯前神社の御朱印。 ▼鉾神社の御朱印。 以上、2日間でいただいた御朱印は16体でしたので、 コロナ下のダンガン御朱印巡りとしては、まずまずの成果といえるでしょう。 ▼いただいた各御朱…

  • 2021年、夏の緊急事態宣言下、不心得者の東京脱出! 2日間の御朱印巡りまとめ

    茨城から福島まで、2日間にいただいた御朱印まとめです。 各記事は最下部でリンクします。 ▼鷲子山上神社の御朱印。 ▼静神社の御朱印。 ▼別雷神社の御朱印。 ▼長泉寺の御朱印。 ▼法輪寺の御朱印。 ▼笠石神社の御朱印。 ▼那須神社の御朱印。 ▼黒磯神社の御朱印。 ▼南湖神社の御朱印。 ▼石都々古和気神社の御朱印。 ▼三芦城の城印。 ▼八槻都々古別神社の御朱印。 ▼花園神社の御朱印。 ▼酒列磯前神社の御朱印。 ▼大洗磯前神社の御朱印。 ▼鉾神社の御朱印。 以上、2日間でいただいた御朱印は16体でしたので、 コロナ下のダンガン御朱印巡りとしては、まずまずの成果といえるでしょう。 ▼いただいた各御朱印…

  • 鉾神社の御朱印(茨城・鉾田市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上⓰(最終回)

    ▼鉾神社の御朱印です。(茨城県鉾田市鉾田2044) 鉾神社は「ほこじんじゃ」と読みます。 神社印は「鉾田総鎮守鉾神社」でしょう。 宮司さんに御朱印をお願いしたら、 いきなりこの状態、朱印帳の上にマカダミアナッツの箱を置いて ▼「ハイ! 御朱印! これでしょう?!」と差し出されました。 あまりの突然のことにポカ〜〜〜ン! 大概のジョークは即応できる自信はあるのに、この時は???? 何のジョーダンだったのでしょう? 何を「かけて」いるのでしょう? 整いません! チョコレートのケースは確かに赤いのですが・・・? 「マカダミアナッツ」だけに まさか御朱印を「ナッツ印(捺印)」ではないでしょう? ジョー…

  • 大洗磯前神社(茨城・大洗町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上⓯

    ▼大洗磯前神社の御朱印です。(茨城県東茨城郡大洗町磯浜町6890) 「おおあらい いそさき じんじゃ」です。 ▼大洗磯前神社の御朱印(2021年)。直書きいただきました。 ▼大洗磯前神社の御朱印(2013年)。8年間に何も変化なく1種類。 ▼こんな、切り離せばポストカードもいただけました。 ▼御朱印は境内右手の授与所で記帳いただけます。 -------------------------------------------------------------------------------------- 「東京脱出! R294北上」も戻る方向に南下となっていますが、そろそろ大詰めです。 ▼…

  • 酒列磯前神社(茨城・ひたちなか市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上⓮

    ▼酒列磯前神社の御朱印です。(茨城県ひたちなか市磯崎町4607-2) 難読な神社名は「さかつら いそさき じんじゃ」です。 2021年の訪問は、有無を言わさず直書きなし、この見開き書置き1種類だけでした。 8月の限定御朱印ということでした。 カラー部分は印刷 or プリント、筆書きは印刷なのかちょっと判断つきませんが、やはりプリントのようです。 神社印の朱印だけは捺印されていました。 ▼酒列磯前神社の御朱印(2013年)。もちろん1種類で直書きです。 ▼御朱印は授与所でいただきました。 いただいた書置きを朱印帳に貼るためのテーブルと糊が用紙されていました。 それはそれで気が利いていると言えます…

  • 花園神社の御朱印(茨城・北茨城市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上⓭

    ▼花園神社の御朱印です。(茨城県北茨城市華川町花園567) 「はなぞの じんじゃ」です。 大きな朱印は「花園神社」、下の小さな朱印は「花園日枝山王大権現」。 ▼境内に入って、クルッと首を回すと「御朱印受付」の看板がを見つけられます。 ▼御朱印コレクター、参拝者が途切れずにやってきます。 受付は男子でしたが、奥では一人の女性が筆を手に朱印帳と格闘していました。 力強く男っぽい筆跡の素晴らしい筆書きの御朱印は1種類です。 メンドーな選択はなく「一つの御朱印」なので待ち時間は短い。 -----------------------------------------------------------…

  • 都々古別神社の御朱印(福島・棚倉町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上⓬

    ▼都々古別神社の御朱印です。(福島県東白川郡棚倉町八槻大宮224) 「つつこわけじんじゃ」です。 二つの御朱印の墨書きは、筆の太さは異なりますが、同一人物の筆跡でしょう。 ▼御朱印は社殿前を清掃中の女性に、作業を中断して社務所まで戻って揮毫いただきましたので、2015年もこちらの女性に揮毫いただいたと言うことになります。ありがとうございました。 ▼都々古別神社の御朱印(2021年)。 右上の印は「八槻鎮座 奥州一宮」となっていてます。 石川町では「陸奥国一宮」、棚倉町馬場では「陸奥一宮」の印になっています。 ▼都々古別神社の御朱印(2015年)。 前回記事、石川町の「石都々古和気神社」では種類…

  • 石都々古和気神社の御朱印(福島・石川町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上⓫

    ▼石都々古和気神社の御朱印と三芦城印です。(福島県石川郡石川町下泉296) ▼石都々古和気神社の御朱印(2021年)。余計なイラストは無用なので、通常御朱印だけいただきました。 「陸奥国一宮」の印があります。 神社名の読みは「いし」ではなく「いわ」、「いわ つつこわけじんじゃ」です。 ▼石都々古和気神社の御朱印(2015年)。 6年のギャップの御朱印は何も変わらないのがサイコーです。 「氣」と「気」の違いと、筆書きの筆跡も違いますので、同一人物の手によるものではないのでしょう。 八幡山という山頂にある神社は「三芦城(みよしじょう)」跡に鎮座します。 ▼ということで、いわゆる「三芦城 御城印」で…

  • 白河神社の御失敗(福島・白河市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上➓

    8月11日最後の訪問地。 ▼南湖神社から少し戻ることになりますが、ホテルチェックイン前に「白河関跡」に寄ってみました。 関跡ですのでジミです。特に観光的に目を見張るものはありません。 ▼しかし古い時代の案内も建つ史跡なのです。 「古関磧」「ほろ掛楓」「二位の杉」「旗立櫻」などの文字が刻まれています。 関は8世紀頃にはすでに設けられており、奈良時代から平安時代頃までに機能していた国境の関門です。 蝦夷(えみし)の南下や人、物資の往来を取り締まる機能を果たしていたと考えられています。 東山道にあった東北地方への入口でもあり、ここから先が後に言うところのいわゆる「みちのく」なのでしょう。 義家や義経…

  • 南湖神社の御朱印(福島・白河市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上❾

    ▼南湖神社の御朱印です。(福島県白河市菅生舘2) 「なんこじんじゃ」と読みますが、耳に良い響きではありません。 御朱印右上の「守国大明神」とは、祀られている名君「松平定信」の神号だそうです。 「松平定信」は、緊縮財政と風紀取締りを実行して幕府の財政再建を主導した江戸時代の政治家。のちに白河第3代藩主となっています。 ですので「三つ葉葵」の紋も押されています。 ▼印刷物っぽい限定御朱印はスルーです。もう、いいでしょう! 限定御朱印については神社の【HP】や【FB】などでも紹介されています。 -----------------------------------------------------…

  • 黒磯神社の御朱印(栃木・那須塩原市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上❽

    ▼黒磯神社の御朱印です。(栃木県那須塩原市宮町3-34) 「奉拝」の下の「報本反始(ほうおんはんし)」の文字は、 「本に報い 始めに反る」と読み、意味は「天地や祖先などのこれまでの恩に感謝し報いること」だそうです。 ▼御朱印は社務所でいただきます。 ▼「御朱印300円」と案内がありました。 しかし、朱印帳に直書きいただいたので100円硬貨5枚を三方の上に乗せると、 宮司さんは「300円!」と言って200円を返されました。 いつものように「お賽銭がわりに・・」と言い添えると、 「決まりだから!」とピシャリ! それ以上ガンバる必要もないので、200円は拝殿に戻って賽銭箱に入れました。 御朱印代を渡…

  • 那須神社の御朱印(栃木・大田原市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上❼

    ▼残念ながらここも社務所はお留守。内部を無断で撮影しました。 しばらく時間をやり過ごし、再び訪れても同じ状況でした。 「八溝山麓十宝めぐり」の色紙もありましたが、セルフで押す十宝の印は無さそうだし、このスタンプ目的の方はどうするのでしょう。 やはり今回スタートの「鷲子山上神社」で「八溝山麓十宝めぐり」の色紙を購入しないで正解だったようです。 「十宝」のうち、乾徳寺とここ那須神社で2回つまずくことになります。 ▼上の写真を撮り、よく見ると「朱印郵送案内」が置いてありました。 なるほど、留守になることが多い社務所のようです。 ここも地方の神社ですのでやむを得ないでしょう。 せめて郵送案内があるだけ…

  • 笠石神社の御朱印(栃木・大田原市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上❻

    ▼笠石神社の御朱印です。(栃木県大田原市湯津上430) 神社の読みは素直に「かさいし じんじゃ」です。 御朱印には「國寶」「那須國造碑」の印が押され、 さらに墨書きの「日本三古碑」「一六九ニ年 徳川光圀創建」の文字は、神社側の訴求を表しています。 御朱印を見れば、ほぼこの神社の概略が知れるという事でしょう。 ▼御朱印は鳥居右横奥の社務所で宮司さんに揮毫いただきました。 ▼その宮司さんから半端でない量の資料、ボールペンなどをいただきました。 ▼いただいたボールペンにも「笠石神社1962年徳川光圀創建日本三古国宝」などの文字が表記され、PRも半端ではありません。 宮司さんが語る神社と古碑の解説も半…

  • 光丸山 法輪寺の御朱印(栃木・大田原市)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294北上❺

    ▼光丸山 法輪寺の御朱印です。(天台宗/栃木県大田原市佐良土1401) いただいた御朱印は「8月限定」だったようで、同じデザインの見開きもありましたが、シングルバージョンを選択です。 御朱印の情報は寺の【twitter 】に紹介されています。 法輪寺も「那須三十三観音霊場」の札所ですので、そちらの御朱印もいただけます。また「東国花の寺」にも名称を連ねています。 若いご住職とその奥様らしき女性に対応いただきました。 ここ佐良土門前町の屋号が連なる街並みの話などをしていて、授与所の写真を撮り忘れました。 ▼駐車場近くの、ここ「大日堂」の右手の建物でいただきました。 それにしても、こちらのつまらない…

  • 長泉寺の御朱印(栃木・那珂川町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294へ❹

    ▼白久山 長泉寺の御朱印です。(曹洞宗/栃木県那須郡那珂川町白久777) 「ちょうせんじ」です。 単純にお願いしたら「那須三十三観音 25番札所」の御朱印でした。 中央の墨書きは「慈光殿」。 札所本尊の十一面観音がいらっしゃる三重塔の名称です。 左上の「かんしゃ」と右下の「三重塔」のアクセントスタンプが 札所の御朱印としては気が利いています。 この2つのスタンプがあるか無いかで御朱印のイメージが相当変わります。 ▼直書きいただいて、「交通安全」の袋に入ったノド飴もいただきました。 長泉寺は「関東九十一薬師霊場 札所」でもあるので、瑠璃光如来または薬師如来の御朱印もいただけるでしょう。 ▼御朱印…

  • 靜神社の御朱印(栃木・那珂川町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294へ❸

    ▼「靜神社」「別雷神社」の御朱印です。 日付の「月日」の数字は書かれていませんでしたので、自前で入れました。 ▼靜神社の御朱印。(栃木県那須郡那珂川町馬頭2576) 普通に読んで「しずじんじゃ」です。 ▼別雷神社の御朱印。(栃木県那須郡那珂川町馬頭102) こちらは「わけいかづちじんじゃ」です。 御朱印は拝殿に置かれた三方の上に書置きが用意されていました。 ▼1枚ずつ取り出して見ましたが「初穂料五百円」の文字に少し怖気付きました。 日付なしの書き置き御朱印2体で1000円。 ▼賽銭箱に千円札を落とすのもボンビーには相当勇気が必要です。 御朱印は金額が問題ではありません! と、理解しているものの…

  • 乾徳寺の御朱印不発(栃木・那珂川町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294へ❷

    東京脱出2ヶ所目です。 ブログ副題の「R294」ではなく、 ▼前回記事の鷲子山上神社から「R293」を北上して「乾徳寺」に向かいました。 ▼鷲子山上神社から田舎道を10km未満ですので10分ほどで到着です。 龍澤山 乾徳寺は室町時代に開山の曹洞宗の寺です。 「武茂三十三観音霊場」という聞きなれぬ霊場の看板も立っていました。 小高い山の麓に建つ寺院ですが、もともとここ一体は宇都宮氏の一族「武茂氏」の山城があった場所だそうです。 「山門」も武茂家屋敷の表門を400年前に移築されたものだそうです。 「武茂」は「むも」と読み、何とも発音しにくい読みです。 ▼こちらは中門でしょうか? ▼何はともあれ「本…

  • 鷲子山上神社の御朱印(栃木・那珂川町)〜緊急事態宣言下 東京脱出! R294へ❶

    緊急事態宣言下の東京脱出 ▼8月の東京脱出2日間のルートです。 スタートを「鷲子山上神社」にして白河泊、翌日のゴールは「鉾神社」でした。 前半は栃木県内巡りですが、同じ栃木県でももう少し西側ならハデな御朱印をいただける寺社が揃っています。 しかし、イラスト御朱印は目的でもないので・・。 さて「緊急事態宣言」も4回目ともなると、1都3県、その周辺の「まん延防止等重点措置区域」の区分けも無意味に思えてきます。 国の具体的対策の対象となる地域か否か、さらに国や自治体からの様々な要請、支援の内容が異なるものの、店舗・事業経営者でもない一般人には「緊急事態」と「まん防」の差は大きくありません。 感染症予…

  • 国上寺の御朱印(新潟・燕市)〜寛容な良寛もギョーテンのイケメン画

    ▼くがみ山 国上寺の御朱印です。(真言宗豊山派/新潟県燕市国上1407) 寺名は音読みで「こくじょうじ」です。 右上の印は「越後一の寺 上杉謙信公 御祈願所」となっています。 「越後一の寺」は弥彦神社の「越後一の宮」に対して「一の寺」だそうです。 国上寺は「越後三十三観音」「越後新四国八十八ヶ所」「弘法大師二十一ヶ所」など複数の霊場札所となっていますので、それぞれの御朱印や「五合庵」の御朱印もいただけるようです。 ▼さらに現在では【国上寺HP】には「特別御朱印」の案内もあります。 ⑩の番号がついているので、10種類の御朱印があるようです。 このほか限定御朱印などもあり、 御朱印については当ブロ…

  • 安養院 田代寺の御朱印(鎌倉市)〜坂東三十三観音 重ね印500円と撮影禁止の快感

    ▼祇園山 安養院 田代寺の御朱印です。(浄土宗/神奈川県鎌倉市大町3-1-22) ▼坂東三十三観音霊場 第3番 安養院の御朱印(重ね印2021年)。 ▼坂東三十三観音霊場 第3番 安養院の御朱印(2012年)。 ▼鎌倉三十三観音霊場 第3番 安養院の御朱印。 観音霊場としては坂東も鎌倉も同じ札所三番です。 安養院はこのほか鎌倉地蔵霊場24番札所にもなっています。 ところで2021年は重ね印をいただいたのですが、 ▼知らぬ間に、坂東三十三観音の御朱印志納料が変更されていて、重ね印も500円。 (写真は【坂東三十三観音公式サイト】) いわゆる御朱印代は、そもそも売り物の価格ではないので、その話題に…

  • 安房神社の御朱印(千葉・南房総市)〜阿波から安房へ 2つ目の安房国一宮、いや最初の一宮?

    ▼安房神社の御朱印です。(千葉県館山市大神宮589)御朱印は右上に「安房國一之宮」、左上に「匠総祖神」の印が押されています。 中央の印はもちろん「安房神社」。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼ほぼ房総半島を一周しているJR内房線・外房線は半島の南端を避けています。 したがって、半島南端部分にある数多くある寺社を巡るには公共交通の利用ではバスしかありません。 地方のバスの運行数は大概、1日数本で、その不便度はドンドン増しています。 房総半島南端の数多い寺…

  • 峯ヶ岡八幡神社の御朱印(埼玉・川口市)〜800年以上の歴史を持つ美しい古社

    ▼峯ヶ岡八幡神社の御朱印です。(埼玉県川口市峯1304) 神社の読みは「みねがおか はちまん じんじゃ」です。 黄葉しているイチョウの葉は秋をイメージするものでなく、伝説を持つ神木の大銀杏を表しているのでしょう。葉の色はグリーンでもよかったかもしれません。 ▼書置きのみの御朱印でしたが「小川和紙」使用と案内されていました。 しかし、日付以外の墨書き部分はプリントで、そこに朱印が捺印されたものでした。 まぁ、朱印さえもプリントの「総プリント・総印刷」が目立つ中で、 個人的に「残念」とまでは感じないまでも「今一歩」「許容範囲」の御朱印という評価にしましょう。 ▼御朱印は社務所でいただけます。 --…

  • 山梨県護国神社の御朱印(山梨・甲府市)〜甲府観光と「水晶」と「ハンコ文化」& PV数

    ▼山梨県護国神社の御朱印です。(山梨県甲府市岩窪町608) -------------------------------------------------------------------------------------- ▼山梨県護国神社は有名な武田神社から直線距離で約500mと近い。 ▼武田神社方面から車で向かう途中に石造りの大鳥居があります。 ▼武田神社は参拝客で大にぎわいでしたが、ここは人っ子一人いません。 そして多くの護国神社に見られるように、余計なものが少ない境内の広さが、訪問客のいない寂しさを倍増させています。 春には桜の名所となるそうですが、訪問したのは木々が赤くなり…

  • 武蔵第六天神社の御朱印(さいたま・岩槻区)〜センス満点の御朱印の味わいは「うな重 特上」並みの快感

    ▼武蔵第六天神社の御朱印です。(埼玉県さいたま市岩槻区大戸1752) 直書きいただけた、とってもバランスの良い美しい御朱印でした。 「パチパチ!」と拍手したい気持ちを抱かされた御朱印は、 ギラギラだけ強調されたプリントの書置き御朱印とは違います。 ▼どうやら月代わりで「添え印」と「ハサミ紙」が変わるようです。 ▼「挟み紙」に興味は少ないのですが、この神社はそこにも力を入れているようなので掲載です。 「ハサミ紙」としては上出来だと思います。 武蔵第六天神社に好感が持てるのは、この図案を「御朱印」にせず「ハサミ紙」にしたことです。 こんなイラストとデザインなら「御朱印」にしてしまう寺社がほとんどで…

  • 下谷神社の御朱印(東京・台東区)〜隆栄稲荷神社の御朱印をいただきに「寄席発祥」の地へ

    ▼下谷神社境内社 隆栄稲荷神社の御朱印です。 隆栄稲荷神社の読みは「りゅうえい いなり じんじゃ」。 書置き御朱印の用紙は金ラメ入りですが、残念ながら日付以外はプリントされたものでした。中央の大きな神社印は捺印か否か判断がつきません。 ▼下谷神社の御朱印(初詣・2018年)。こちらもプリント書置きでした。 ▼下谷神社の御朱印(2013年)。手持ちで唯一直書き御朱印。 ▼下谷神社の御朱印帳。 ▼御朱印は境内右手受付でいただけます。 ▼2021年5月、授与所の御朱印案内。左の写真は神社の位置を表しているだけです。 ▼御朱印帳3色、書置き用朱印帳も案内されていました。 書置きのみの案内は残念ですが、…

  • 回向院の御朱印(東京・荒川区)〜刑場、骨ヶ原、ドヤ街、凶悪事件、高層ダークネス「南千住」の誇り

    ▼豊國山 回向院の御朱印です。(浄土宗/東京都荒川区南千住5-33-13) 中央上の御朱印はどんな文字が刻まれているのかさっぱり分かりません。 最後の二文字だけは「墓所」と読めます。 日付が2013年の御朱印で、改めて御朱印と写真撮影に訪問したところ、史跡見学・参拝は休止中。 寺内に入ることもできず、当然、御朱印も空振りになりました。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼回向院はJRと地下鉄「南千住駅」前にあります。 mapの表示でも「小塚原」とされている…

  • 日吉神社の御朱印(横浜・港北区)〜「普通科」と「普通部」、「日吉神社」と「日吉権現」の迷宮

    ▼日吉神社の御朱印です。(神奈川県横浜市港北区日吉3-9-5) 「武蔵国橘樹郡日吉郷」響きも良く、当時の様子が脳裏に思い描けそうな地域名です。 現在の表記「神奈川県横浜市港北区日吉」とは、味わいが違います。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼「日吉駅」は東急東横線・目黒線と地下鉄グリーンラインが乗り入れていて、東急が開発した古くからの住宅街です。 さらに、ほぼ慶応キャンパスの街です。 慶応三田のキャンパスは広いものの、本郷の東大ほどでもなく、その学生たち…

  • 越谷香取神社の御朱印(埼玉・越谷市)〜センス良い「なごみ」の神社、大沢香取神社とも表記

    ▼越谷香取神社の御朱印です。(埼玉県越谷市大沢3-13-38) オリンピックを記念した書置き御朱印ですが、ユニークというか、個人的に御朱印と許容する範疇を軽く超えています。 カタイことを言わずに愛嬌でいただいてきました。 ご多分にもれずプリントの御朱印ですが、神社名はしっかり墨書きされていました。 ▼越谷香取神社の御朱印。スタンダードパターンも神社名が美しい文字です。 ▼越谷香取神社の御朱印(2015年)。 右下の亀のスタンプが異なっています。いくつかのパターンがあるようです。 迷子のリクガメが当神社で保護され「亀吉」と命名され飼育されていましたが、先ごろ旅たってしまったそうです。 でも御朱印…

  • 今井神社の御朱印(千葉・中央区)〜「Win by All !」から「我 蘇り」

    ▼今井神社の御朱印です。(千葉県千葉市中央区今井1-24-14) 御朱印はプリントのイラストに墨書きされ、神社印を捺印されたものでした。 右の小さな神社印は捺印なのか、プリントなのか判断つきませんでした。 日付は入っていませんでしたので、DIYしました。 正直、個人的には御朱印許容範疇から逸脱していますが、3Gの御朱印と理解した場合は及第です。 今井神社の御朱印をgoogっても 平成の日付は検索結果に出てきません。 令和に入ってから御朱印を授与するようになったのでしょう。 地域の小さな神社もマダマダ、ドンドン御朱印授与の方向にあります。 ウカウカしていられません。 ▼書置き御朱印は社殿右手の社…

  • 妙本寺の御首題(鎌倉市)〜滅亡された頼朝の有力御家人「比企一族」が眠る霊跡寺院

    ▼長興山 妙本寺の御首題です。(神奈川県鎌倉市大町1-15-1) 右上の印「宗祖初転法輪霊場(しゅうそしょてんぽうりんれいじょう)」とは、 「初めて仏教の教義(法輪)を人びとに説く事」のようです。 また、山号は長興山、寺号は妙本寺とされていますが、 「日蓮宗三長三本」の1寺で、 妙本寺の他は、東京池上の「長栄山 本門寺」、千葉松戸の「長谷山 本土寺」だそうです。 まったくうまく出来ていますが、意図的な名称なのか、偶然なのかよく分かりません。 ▼御首題・御朱印は「寺務所」でいただけます。 ▼2021年の訪問時は「書き置き」の案内になっていました。 掲載の御首題の日付は2013年です。 今回はいた…

  • 桐生天満宮の御朱印(群馬・桐生市)〜今や 御朱印の宝庫の群馬県ではあるけれど・・・

    ▼桐生天満宮の御朱印です。(群馬県桐生市天神町1-2-1) 「きりゅうてんまんぐう」です。 鎮座地の町名も「天神町」となっています。 「関東五大天神」は、サラッと受け止めておくことにします。 名乗る側にはそれなりの根拠があるでしょうし、 どのように名乗ろうと、それを統括・整理したり、規制したりする機関などはないように思いますので・・・。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼天満宮は両毛線「桐生駅」の北東2km近い距離に鎮座します。 桐生市が山に食い込むよう…

  • 瀬戸神社の御朱印(横浜・金沢区)〜風光明媚、琵琶島神社の御朱印も記帳いただきました

    ▼直書きいただいた瀬戸神社の御朱印です。 ▼瀬戸神社の御朱印。(神奈川県横浜市金沢区瀬戸18-14) 「正一位 大山積神宮」「三嶌大明神」のスタンプがあります。 「嶌」の文字は違うかな? ▼同じく2014年の瀬戸神社の御朱印。 ▼瀬戸神社摂社になる琵琶島神社の御朱印。 ▼御朱印は社務所でいただきました。 2021年の2種類の御朱印は1人の女性の筆によるものです。 達筆な方はどんな書体でもこなしてしまうのでしょうか? ▼社務所内には大きな額がいくつも展示されています。 ▼御朱印にスタンプされていた「三嶌大明神」「正一位 大山積神宮」の額です。 瀬戸神社は「瀬戸三島明神」とも呼ばれ、1180年、源…

  • 酒折宮の御朱印(山梨・甲府市)〜「日本三奇矯」猿橋経由 「連歌」発祥の社へ

    ▼酒折宮の御朱印です。(山梨県甲府市酒折3-1-13) 中央の朱印は「甲斐 酒折宮」。 左下は何を形作っているか分かりませんが「参拝記念」。 「酒折宮」の読みは「さかおりみや」「さかおりのみや」です。 添え書きの「連歌発祥の地」の「連歌」とは、ご存知のように 発句 5・7・5 → 脇句 7・7→ 5・7・5 → 7・7→ 5・7・5 → 7・7・・・・・ というように複数の人が繋げて詠んでいく和歌です。 -------------------------------------------------------------------------------------- ▼神社はJR中央本…

  • 白子神社の御朱印(千葉・白子町)〜「正一位」と「九十九里」と「鰯」と 思い出の「Mi-Ke」の無関係

    ▼白子神社の御朱印です。(千葉県長生郡白子町関5364) 神社名の読みは「しらこじんじゃ」で、主祭神は「大己貴大神(大国主大神)」です。 御朱印右上の印「房総随一 北辰大帝」の「北辰大帝」とは、 玄武・青龍・朱雀・白虎の「四神」のうち、北を司る「玄武」を指しているようです。 「玄武大帝」とか「北斗神」とも呼ばれるそうです。 中央上の亀のようなイラスト印が「玄武」。 墨書きも中央の朱印も神社名ではなく「正一位 白子大明神」となっています。 全国のほとんどの稲荷神社などは「正一位 稲荷大明神」としているので、 現在では、神階「正一位」や、尊称「大明神」に文字が持つ本来の意味からは遠のいているようで…

ブログリーダー」を活用して、ZOOM-ZOOMさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ZOOM-ZOOMさん
ブログタイトル
御朱印迷宮
フォロー
御朱印迷宮
カテゴリー一覧
商用