プロフィールPROFILE

owlboy2さんのプロフィール

住所
登別市
出身
大崎市

高校から、古武道などを密かに修練、あるレベルに到達して、餌食にしてくれた昔のワルにキッチリお返ししました。今は、影のようにカバーしてくれた信頼できる知り合いに、協力しています。

ブログタイトル
めおと道場
ブログURL
https://www.owl89.com/
ブログ紹介文
少年時代(小・中)の過酷な経験が、後を引かずぬに前向きに生きています。周りの協力が大きく作用し、人徳の結晶が武道場として完成しました(^^♪
更新頻度(1年)

102回 / 314日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2018/03/28

owlboy2さんのプロフィール
読者になる

owlboy2さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,211サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 20 80 80 90 0 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,029サイト
弓道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 102サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,458サイト
いきいきシニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 75サイト
勉強しているシニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 51サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 20,404位 21,834位 23,160位 24,161位 28,740位 36,175位 52,152位 978,211サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 20 80 80 90 0 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 543位 578位 600位 607位 684位 811位 1,050位 12,029サイト
弓道 5位 5位 5位 5位 5位 9位 14位 102サイト
シニア日記ブログ 326位 343位 356位 359位 421位 481位 620位 3,458サイト
いきいきシニア 13位 14位 14位 13位 16位 18位 20位 75サイト
勉強しているシニア 1位 1位 2位 2位 2位 4位 5位 51サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,211サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 30 20 80 80 90 0 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他スポーツブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,029サイト
弓道 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 102サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,458サイト
いきいきシニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 75サイト
勉強しているシニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 51サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、owlboy2さんの読者になりませんか?

ハンドル名
owlboy2さん
ブログタイトル
めおと道場
更新頻度
102回 / 314日(平均2.3回/週)
読者になる
めおと道場

owlboy2さんの新着記事

1件〜30件

  • まさる弓道の段級審査にチャレンジ!

    まさるの朝練 二人は審査前の特訓中 まさるは夜は、弓道場半分だけ扉を開き外の灯が漏れないように工夫して弓を引く。ときどき。彩音さんも付き合い修正しながら、2時間ぐらいは射る。 道場が完成して約一年、彩音錬士5段の指導でぎくしゃくせず流れるような体配は、錬士の風格だ。弓道に精通した人でも、5段ぐらいに見える。市役所の小野寺さんが、柔道の昇段審査が近いので少し時間を掛けて稽古したいと、土曜の朝7時前から駐車場で待って居たらしい。 この画像は夕方ですが小野寺さんは夜明け前に来たらしい(^^♪ まさるが気付かず、弓を引いて居た。未だ閉まって居る柔道場を回って顔を出した。「お早うございます、未だ早いです…

  • マイケルも研修終了

    キンの玉子新たな門出 入庁から一年の公務員研修が終わり、再度大学の門を潜り学業とは異質な研修に入る。本庁に戻らず職員扱いで、寧ろ厳しい日常が新入社員扱いの日々が続く。 業務を習得することは、対人関係や社会生活の機微が重要な要素になることが多い。道場に出れば指導的役割を課せられ、まさるの複合武道や剣道の教習・逮捕術科の教練に参加する。デスクワークは、報告書程度で比較的少ない。 まさるも武闘の指導で半年経過、塾生より気を使ったがマイケルが職員で残り、勤務外の情報がスムーズに入るので楽になり、関連する上司の指示も的確に伝わる。 大学の塾生は、川渡の弟子の様に入門した訳でもないので、教養知識は格段に違…

  • キャリアの中期研修

    公務員の中期講習 武闘研修は息抜きと勘違いして居る その夜は、定宿のしているホテル入って翌日の教練に備える。 相良課長に言われた【他省庁の短期塾生が14~5名受け入れるので、甘くせずキッチリ絞ってくれ】と言う、指示を受けメニューを考える。 結構厳しく、木曜日の午後フルに付き合って、時々マイケルを借りて柔道を徹底して汗を流してもらった。休憩を入れて4時間くらいは、人員を入れ替えて乱取りを続ける。 まさるにとっては通常の教練だが、3か月とか6か月の研修終了時の感想は一応に 「高校時代の部活以上に汗を流し、終わった瞬間ホットした気分です」と、殆どが鈍った身体が悲鳴を上げているようだ。 霞が関や省庁の…

  • マイケルを伴って午後の出勤

    マイケル5連休 結婚式関連のお礼のことも有り、まさるは水曜の出勤を半日早くマイケルと一緒に新幹線で、東京へ。 マサルも身長180センチあるが、マイケルはさらに2~3センチ高いが、金髪に近いマイケルが礼儀正しく受け答えしているので、周りの人は物珍しく眺める。 二人とも、慣れているので気にせず「最初に、寮長に逢って挨拶して置こうか」と、まさるが言うと「済みません、師範に気を使わせて申し訳ありません」と、深々と頭を下げる。 「大丈夫だよ、知らない仲でもないし冗談も分かる人だよ」と、まさるが現役時代に本庁で何度か有っている警視だ。 ヒガンバナが咲き競う(^^♪ マイケルの休暇で寮長室に、礼を言い前に逢…

  • 日々の生活が戻る

    穏やかな休日 新婚旅行帰りも 結婚式と披露宴が済み、翌日が月曜の祭日で午前中に宿泊先から戻った。新婚旅行は2キロほど離れた、鳴子温泉のホテル一泊がささやかな旅行だ。 いつも見慣れている温泉街で観光地だが、道場の運営が軌道に乗るまでは一泊以上の旅行は自粛すると決めた二人は、祖父や正一さんたちの厚意で鳴子の外泊で締める。 戻って見ると、名護姉弟が道場を開け柔道場で、瞑想して居た。弓道場には。斉藤さんたちが初心者の様な子供たちに、巻き藁の段取りをしていた。 身長が低いので、祖父が子供用に低い巻き藁台を造っていた。 代行師範はレクチャー上手 斉藤さんが、弓道のDVDを映写して説明して居る。子供用の弓掛…

  • あるじが留守でも粛々と日課をこなす

    香織さんと名護姉弟もトレーニング スーザンも体を絞る 名護姉弟は、柏木家のみんなと夕食を摂り、一段落するとトレーニングルームに行く香織さんを追いかけて来た。 「こんな立派なマシーンが揃っていて、楽しそうだね」と、マイケルが興味を示す! 香織さんは「私は未だ何にも教わって居なくて、基礎体力を付けなさいと言われ、食後1時間くらいしてから、ここで機械に遊んでもらって居るんです」と、笑いながらカバーを外す。 未だ式で使った、什器や椅子テーブル、小道具など整然と整理されたホールは、柏木建設の倉庫の様に色々置いてある。その脇にスーザンとマイケルも手伝い、結婚式で片づけられたマシーンを運び出しセットする。 …

  • 新婚旅行は最短コースで鳴子温泉一泊ツアー

    駅のホームは貸し切り状態 親戚・友人の信頼性 お招きしたお客さんは、豊・香織姉弟の地味な活動で所定の時間に古川駅に送った。 まさるの昔の同僚は、香織さんが誰なのか気にして居たが、世田谷のナルちゃんが「彼女は、私の従妹で今年卒業した柏木香織さんです、気になる人は私の事務所を通してください、お取次ぎしますよ(^^♪」と、笑わせる。 物を運んだり完全にスタッフになって手伝っていた。 保養所が祖父の手腕で完全に生まれ変わって「めおと道場」になった(^^♪ M&SSの野村さんは「名護くんは川渡に転職したのかい?」と、揶揄う。「こっちの方が、住みやすいようですね~」と、かわす。 中村成美さんは「副学長!私…

  • 式次第は当日の朝知らされる

    本当の手作りの結婚式 道場には、次長の奥さんがまさるの祖父や正一さん夫妻と寛いで居た。築館の佐々木俊太郎さんも、次長佐々木俊一さん夫妻を築館の実家に泊まるように、車で迎えに来て居た。 豊さんが、道場のワンボックスで温泉ホテルに迎えに来て、やっと解放され川渡に向かう。明日の、主役(まさると彩音)・準主役(媒酌人次長夫妻)は今晩も忙しい。 翌朝媒酌人の次長夫妻も、9時過ぎには戻って来て張り切っている。鳴子のホテル組も豊さんのお迎えバスで、9時半ごろ到着。 東北大学の研究所の柔道部員と弓道部員が、密かに動いていて準備に怠りない。斉藤さも招待されているが、学生たちに指示する姿はいつもより厳しい目つきだ…

  • 素直で誠実な後継者が身近に

    // 名護姉弟の評判 鈴木奈緒美さんに電話して、次長の所在を確認した。「鈴木さんが急用なの?」と、聞くので名護くんの事を相談したいと、言うと「やっぱり目を付けたわね」と、鋭い勘働きで指摘する。 朝夕は涼しくなりました~加護坊山の桔梗です(^^♪ 「なんですか?」と、惚けたが鈴木さんもご承知で、名護くんは稀にみる逸材で「あっちこっち」からマークされているらしい。 姉の、名護スーザンも庁内では評判で、警視に昇格し地方からも要望が出てるようだ。 容姿が日本人離れし日本語は当然だが、英語・フランス語・中国語も堪能で、外務省が一番先に手を挙げたらしい。 本人は本土の田舎の生活に興味があるようで、彩音さん…

  • 道場が完成二足目の草鞋を履いて

    // 一足目は武道場の経営 役所を辞めて、田舎の温泉町に移住し、心得がある柔道・合気道・弓道の道場を造りました。 板敷のホールも造ったので、空手もダンスも出来ますが、現在はトレーニングの機材を入れて、初心者の体つくりに提供しています。 結婚予定の彼女も同じ思考で、意見が合ったとき二人そろって辞表を出したが、軽くパスしたので、二人は期待された人間じゃ無かったのかと、考えました。 先日、祖父や従弟の大工さんたちの協力で道場が完成、知り合いに道場開きをメールで案内すると、30人位が参加すると言うReメールで準備に慌てました。 大きなアメリカ芙蓉の花(^^♪ ここまでが、一足目の草鞋です。 2足目は大…

  • まさるは田舎の道場主ー50ー道場開き本番

    斉藤さんや鈴木さんもお手伝い 道場を一回りして、垜の前のカバーを外し散水、真ん中にカスミ的を差す。柔道場は、窓を開けて風を入れる。まさるは、堅く絞ったモップで端から拭いてゆく、一緒に泊まった兄弟子たちも続いて、参加してくれる。モップの裏を見ると結構汚れている。ホールの方も続けて掃除して、一息入れると香織さんが「モーニングサービスですよ~」と、声を掛けて呉れた。キッチンでは、斉藤さんもトレーニングウエアで、炊飯器からおひつに移していた。 「斉藤さん、朝からおさんどんまでやって頂き申し訳ありません」と、礼をする。「私はお客さんではありません、何でも遠慮せず指示して下さい」と、微笑む。 「助かって居…

  • まさるは田舎の道場主ー49ー前夜祭も無事終了

    鈴木さんと次長が感激 最初は技ごとに区切りを付けて、乱取り稽古連続技で相互の流れで最後は、道場の片側から交互に技を掛け乍ら途切れなく連続で技を掛け合う連続技で、乱捕り稽古を3分ぐらい続けた。さすがに、呼吸がきつく成ってきて、真ん中で同時に組まずぬ正座して深く礼をした。場内は、また大きな拍手で、大喜びだ。鈴木さんが傍に寄って来て、「私も合気道にするかなぁ」と、二人と握手して良かったヨぉと未だ言っている。次長も、入ってきたが全く予想しないことを呟いている「彩ちゃん、もう一度霞が関に戻る気が無いかなぁ~」と、未練がましく言い始める。「次長、それは約束が違いますよ」と、まさるが怒った顔をする。慌てた次…

  • まさるは田舎の道場主ー48ー演武の予行演習

    めおと前の競演 彩音さんの部屋で、柔道着に着替え黒帯を締める。まさるがホッペを叩き脇の彩音さんを確認する。彩音さんは、左手でまさるの右手に触れ、同時にすっと前に出る。二人は、技の形を決めずに通常の試合のように、袖だったり襟だったり、とった所でかけることにした。道場の入り口に2人並ぶと、場内から拍手がわき全員が席に付いたままだ。正一さんが「選手入場ってゆうのかな、もうすぐ夫婦になるお二人です」と、紹介する。「畳が新しいから、ホコリは立たないでしょうが、皆さん食べ終わりましたかね」と、見回す。正一さんが頷く「最初は柔道の演武です」 2人が畳の端に正座し、最敬礼をする。そのまま立ちすり足で中央で礼を…

  • まさるは田舎の道場主ー47ー前夜祭は続く

    世話になった客人から有難いコメント 「こんばんは、警察庁の鈴木奈緒美と言います、まさるくんとお会いしたのは佐々木次長と同じ時機で私は入庁4年目、所轄から戻って張り切って居ました。まさるくんが入庁してからは殆ど同じチームでした。この間(入庁のきっかけは鈴木さんに憧れて来ました)云われました。年甲斐もなくドキッとしましたが、それより12年も前に彩音さんとまさるさんが赤い糸で結ばれて居たようで、誠に残念です。まさるくは先ほどから諸先輩が最高点を計上していますが、マイナス点は探せません、強いて辛口を言えば性格が良すぎる事でしょうか、罪を犯した人と対面聞き取りしても、強面にならず笑みを浮かべるような聴取…

  • まさるは田舎の道場主ー46ー道場開きの前夜祭

    次長のご両親到着 佐々木次長のご両親が約束通り、俊太郎さんの車で到着した。「少し早いですが、4号線をユックリ来ました、この途中も一迫と同じように、田んぼと山が織り交ざって、いいところですね」と、社長は商売柄か田んぼが気になる様だ。みんなに挨拶すると、世田谷のお祖母ちゃんが、「地元の方でも、田んぼの緑とか山の佇まいが、お気に入りなんですね」と、笑う。佐々木さんのご両親も、道場の作りなど気になるようで、外から眺めながら白樺の散歩道に向かう。「あれっ親父たち何処へ行くのだろう?」と、追いかけそうだ。「佐々木さん、大丈夫です散歩できるように、道を付けてありますから」と、まさるが説明する。「あの先の白樺…

  • まさるは田舎の道場主ー45ー道場開きの脚本

    彩音さんの力作 道場の飾りつけなどは大体終り、まさるは見落としが無いか確認のため、学習サロンで彩音さんのパソコン作業に付き合って居る。式の流れをイメージして、タイムスケジュールと、誰のパートかメモして芝居の脚本のように仕上がっていた。配役ではないが、その部分の作業などを個別に太文字にしたりカラーで見やすくしたり、監督と脚本家と役者の部分もあって、彩音さんの本領発揮の道場開きになりそうだ。スタッフとしては、まさるたちと古川のファミリーに尽きるのだが、研究所の斉藤さんも何か遣ることが有ったらと言うので、バイトの学生たちのリーダー的に、全体のチェックをお願いした。その日の夕方、弓道場に顔を出したので…

  • まさるは田舎の道場主ー44ー横浜の母たちが到着

    二人の母が先行 宅配で届いていた、陣幕やキャスター付きの大型ミラーを弓道場にセットしたり忙しく時間が経ってゆく。両方の道場には、古川の正一さんと父の健太郎が出資して、放送セットを取り付けてくれた。ワイヤレスマイクのテストや、DVDの再生など遣ることが多くてどこまでやったか忘れてしまう。照明の操作盤は部屋の入り口に、埋め込まれシンプルな操作で、カラオケの時欲しいミラーボール操作スイッチモあるが、本体は付いていない。弓道場のミラーは、横浜の彩音さんのご両親から送って貰ったものだ。道場開きの関連で未着は、パンフとお祝いの手ぬぐいだけになった。届いたら、学生に頼んでバイトで袋詰めを遣って貰うように、話…

  • まさるは田舎の道場主ー43ー武道教師の受諾

    夕食に誘う 彩音さんが、斉藤さんに声を掛け「残ってお話しましょう」と、誘った。柔道場も終了し、窓を閉めたりカーテンを引いたり片づけている。佐々木さんも帰ると言うのを引き留め、夕飯を一緒にして貰うように勧め、ご本人が家に電話して置きますと、外に出て行った。斉藤さんと佐々木さんもまじえて、賑やかな夕食を楽しみ盛り上がる。そこでまさるが、隠し事が出来ないので、今後の運営について打ち明ける。道場開き後に、週一回,一泊2日で府中の警察大学で、総合武道と言う新しいジャンルの武道教練を担当します。まだ曜日を特定していないが、希望として「火・水」を提示しているが、大学の教務課と打ち合わせして、決めます。道場の…

  • まさるは田舎の道場主ー42ー古民家の檜材再生談義

    俊太郎さんは建築にも造詣が深い 次長の兄俊太郎さんは、学生時代柔道選手で大学の対抗戦にも出場していたようで、武道場の畳の下の板張りも見抜いていた。「ここの改築は、柔道をやる方ですか?」と、聞く。そこへ祖父が通りかかったので、「お爺さん、柔道の経験は有るのですか」と、まさるが聞くと「やったことは無いが、友人には何人か段持ちが居て、道場の補修などはここだけでなく遣って来たな」 話の中で板張りや根太や大引きの材と間隔で、加減することが覚えたようで、板張りはガッチリ固定せず衝撃を吸収する、工法が有ることを経験が、技を磨いたらしい。「あぁ~やっぱり今あの子たちが投げられても、あまり大きな音がせず受け身の…

  • まさるは田舎の道場主ー41ーベンツのGLCで川渡までドライブ

    USVの高級車でいざ出発 車好きのまさるには、気の毒な話でSUVのGLCで、ハードの路面に入っても体に利いてこないし、静かな走行だ。田舎道のは申し訳ない、車だ。「こんな高級車は、初めてですよ、川渡は山の中ですから、気の毒です」「いや~私も車が好きで、セダンばかりでしたが冬の雪を気にせず乗れるやつを選んでみました」と、澄ました顔で話す。「未だピカピカですねぇ~」「一年くらい経ちますが、いつもトラックばかりだから、月に1回ぐらいは乗って上げないと可哀そうですよね、若い連中は乗って見たくて、社長!車の掃除をしますと、良く洗車したり掃除をして呉れるから、キレイなんです」と、冗談を言う。 川渡に向かうベ…

  • まさるは田舎の道場主ー40ーくりこま高原・築館経由で戻る

    駅から10分の国道沿いだった まさるは、古川の一つ先の「くりこま高原」駅で降りた。佐々木次長のの実家が近いので、親孝行の代行を思いついた。東京駅で買ったお土産を手に、数少ないタクシーを見つけ、築館の町名を伝えると「#4号線沿いですね」と、言いながらETCの画面に入力していた。「あぁあの農機具屋さんだね」と、独り言を言いながら走り出す。ほんの7~8分で、大きなお店の前に着いた。確かに大型のキャタビラ付きや自動車会社かと思えるほど自走の農機具が並んでいる、工場の様な建物の並びの事務所があり、門の奥に大きな住宅が見える。1000円でお釣りを呉れた運転手に、ここから川渡に行く場合#4号線から行くのです…

  • まさるは田舎の道場主ー39ーN警視に捕捉された

    佐々木次長の実家を確認 武道の教習時間などは、警察庁だけなく各県警から推薦された幹部候補生や、省庁の幹部候補生も短期入学し、語学や武道の教科もあるようだ。まさるの次の上京は道場開きが終わってからで良いことになった。大学が京王線の飛田給駅から近く、駅前にも府中にもホテルが多いようで、1泊2日のプランが効率的になることも分かった。帰りに鈴木さんん部屋の寄って、さっき預けたザックを受け取り、佐々木次長の事が気になったので、実家の住所を聞いて見た。「え~と何たけなぁ」と、パソコンを開いて「え~と何これ?栗原市の、ちくだてって言うの?築に館よ」と画面を見せてくれた「あぁこれは~と、ツキダテだねハギサワキ…

  • まさるは田舎の道場主ー38ー現役で警視に昇格

    辞表を人質に 鈴木さんが、次長付の桜井警部補に顔を向けて頷く。警部補は「はいっ分かりました」と、大きな声で返事。すでにコーヒードリップにお湯を注いでいる。「奈緒美さんのアイデアだった、一泊2日が良いだろう」と、本題に入る。「えっ指導法とか、カリキュラムみたいなのは決まって居るのですか?」と、まさるが慌てて聞く。 「それは、前にも言ったが正統の武道の師範には、武道の継承と言う枠が超えられい悩みが有った、我々の現場は武道を臨機応変に使う技が必要で、その指導が出来るのは3種でも4種でも,古武道を習得した指導者が必要なんだ。それは古武道に通じた達人は、あまた居るのも承知しているが、我が会社は誰でも良い…

  • まさるは田舎の道場主ー37-久しぶりの霞が関

    通常出勤と同時刻? 古川まで、彩音さんに送って貰い、8:28のはやぶさに乗り込み10;30過ぎには、本庁の8階に顔を出した。鈴木警視正は、「さっきメールしたばかりなのに、もう来たの?」と、見たいな顔で驚いて居る。「朝は、はやぶさくんが2時間切って呉れるので、日帰りも楽ですね」と、最中のお土産を渡す。「やっぱり忘れずに買って来てくれたのね」と、紙袋に頬ずりする。「(忘れたら、何を言われるか分かりませんから)と、念を押されて、駅まで送って貰いましたので」と、素直に報告。「カミソリ彩ちゃんは、健在ですね」と、笑う。「一応、朝一で次長にも話を通し、大体はプリントにして有るのですが、時期とか指導時間など…

  • まさるは田舎の道場主ー36-道場開きの最終調整

    地元回りの成果 祖父が帰ってきて、市役所は、小野寺さんとそのボスの高倉課長が参加するようだ。まさるは、彩音さんと川渡・鳴子地区の宣伝活動の経過を報告「こちらも小学校は2名づつ4名と警察は地域課の課長と係長です、消防は3名で非常口と救急救命のAEDが、何台ですかと聞かれました。その他に消火器の備えとか聞くので、査察みたいですねと言うと(そうゆうわけじゃないですけど、予め聞いて置いて方が問題が起きた時の為です)と言って居ました」「この間言って呉れれば良いのに、人が集まる場所は、条件が付いてくるようだね」と、言いながら「非常口のランプ付いているな、AEDは2台だがあれも25万もするからなぁ、ところで…

  • まさるは田舎の道場主ー35-地元回りで貴重な体験

    彩音さんの気概 「そうか、大学の先生かぁ~」と、祖父は孫の武道師範の話を好感しているようだ。「そうじゃなくて、道場の立ち上げが心配なので~」と、言うと「大丈夫だよ、彩音さんは付いているじゃないか」と、彩音さんを見る「私も未だ半端モノですから、期待されても恥ずかしいのですが、まさるさんの体が心配です、でも毎日じゃ無ければ~、永久にじゃないと思うので手伝う気持ちで、貸しを造って置くのも、良いかなって考えたのです」「本庁に貸しですか?あの人たちも未だ身内だと思って、甘えているような気がするのですよ、上京して様子を見て判断します」「うん、そうだな動くのがまさるだから、自分の気持ちに正直に行動すれば良い…

  • まさるは田舎の道場主ー34-複合武道の指導

    道場開きの打ち合わせ 初日の土曜日で、夕方には各部門の練習も終り、暫くぶりに夕飯が速く済んで、ダイニングでパソコンを開いてメールのチェックをして居たまさるが「えっつこれはヤバいよ」と、言って顔を上げた。「本庁で来てくれと言ってきたよ」と、彩音さんにメール画面を見せた。香織さんが「まさるさん、何か悪いことしたのぉ~」と、素っ頓狂な声を出した。「な~んだ就職の斡旋だよ」と、彩音さん。「なに~今頃 何処へ就職するんだい」と、祖父も興味を示す。「これだ~れ、鈴木警視正か、あのチームは休眠中じゃないのですか?」と彩音さん。「鈴木さんは、理事官か監察じゃないかな、マンションに帰ったころラインしてみるよ」と…

  • まさるは田舎の道場主ー33-道場は始動(指導)開始

    元地主の訪問 祖父が、それじゃ朝市用の架台を造って置こうかねと、玄関に入る。まさるが野菜をいれる、段ボール箱を探しにゆき、彩音さんが「道場の方をご覧なって下さい」と、玄関に案内する。遠藤さんが彩音さんの顔を見て「あなたは、まさるちゃんのお嫁さんですか?」と聞く。「申し遅れまして申し訳ありません。まだ結婚はしていませんが、秋までに式を挙げる予定で、名前は山崎彩音と言います、今後とも宜しくお願いします」と、最敬礼だ。「ご丁寧に有難うございます、信二郎さんの兄弟の太郎さんの奥さんの実家の嫁で、絹江と言います、山が有りますが隣組ですから、宜しくお願いします」と、お礼をする。「このような環境の良いところ…

  • まさるは田舎の道場主ー32-瞑想タイムと野菜のお土産

    ランチは老舗の寿司屋さんから(^^♪ 柔道関係は男子だけで小野寺さんを入れて7名、弓道は女子だけで、斉藤さん以下6名まさるたちも一緒にしたので、20席のダイニングは、補助いすも持ち込んで大騒ぎ。若い人たちが多いと言うと、太巻きを多く握って呉れたようだ。ネタは握りと同じマグロもイクラもあり、のりの香りが格安デリバリ寿司とは段違いだ。これも祖父が持ってくれたようだ。まさると彩音さんは、おんぶにだっこの毎日だ。小野寺さんが「とんだ飛び入りが、ご相伴に預かり申し訳ありません」と、礼を言いながら摘まむ。「いつもこのくらいの人数ですか?」と、聞く。まさるはぐるっと眺めて「さっき始まったばかりですから、分か…

カテゴリー一覧
商用