searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

れーこさんのプロフィール

住所
川越市
出身
上尾市

考えるて考えて考え過ぎなくらいの毎日。唯識、仏教講座に通い、サンスクリット語を学び、知識のなんたるかを知る。 目下、自分がどう対象を捉えているかという、認識の命題に取り憑かれ、そのことばかり考えている。思考、心、認識、五感、などなど。 イチオシ記事>カラスの哲学 https://ameblo.jp/jjagat/entry-12427714946.html

ブログタイトル
マンガ・瞬間哲学
ブログURL
https://ameblo.jp/jjagat/
ブログ紹介文
日常を生きるソクラテスであれ!マンガで日常を哲学。古事記と言霊、神道、イン哲、般若心経、修験、旧跡巡り
ブログ村参加
2017/09/10
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、れーこさんをフォローしませんか?

ハンドル名
れーこさん
ブログタイトル
マンガ・瞬間哲学
フォロー
マンガ・瞬間哲学

れーこさんの新着記事

1件〜30件

  • サンサーラサーガラ(輪廻の海)

    こんにちは さようなら私は再びここを去りそしてまたもどるそうしてまたあなたに巡り合うひとときの出会いまた私はさようならおおきな時を回りまたもどるこんにちはそし…

  • 秩父:横瀬の里山歩き(山の哲学)

    秋深まる日に、秩父の山歩きをしました。山行記録: 秩父里山歩き2021年11月20日(日帰り) 奥武蔵, ハイキング / yokowの山行記録 www.yam…

  • 歓喜天=ガネーシャ神のお菓子

    インドの神様、ガネーシャ神は、日本では「歓喜天」*ガネーシャ神*歓喜天 ふくよかな体に像の頭。牙は片方折れていて、ネズミを随伴しています。そして、ガネーシャ神…

  • ご先祖探し・その5

    「仙台まほろばの道」仙台まほろばの道 Part2tohoku-inehapoさんのブログです。最近の記事は「松島:福浦島の弁天堂へいってみた(画像あり)」です…

  • ご先祖探し・その4

    お盆でもないのに、「先祖」の文字がやたら目に着く最近…そんな前振りがあって、山歩きしたときに…夕暮れ近い登山道にこんなものが落ちててあらあら、お守りの落し物だ…

  • コトタマとインド哲学つれづれ…エゴのおはなし1

    ?なんで? 人は「気づいていることに気づかないのか?」という命題がインド哲学(他)にあります『人はすでに悟った存在である』というのが、多くの教えで語られていま…

  • カタ・ウパニシャッドの言霊学的解釈

    今、インド哲学の勉強会ではカタ・ウパニシャッドを学んでいるそれも、一巡してまたはじめから カタ・ウパニシャッドはインド哲学の古典?で、その編纂期は紀元前500…

  • 暑中お見舞い申し上げます‼️

      もりありていきとしいけるみたまわけはしりみずしきいわおとなりて 奥秩父の百名山「両神山」その山麓の「丸神の滝」です微細で壮大な水の流れが素晴らしい ただあ…

  • 告知したイベントは全て終了…お疲れ様でした

    告知したイベント全て終了しました。最後、コトタマとインド哲学の話。は「大祓祝詞」に見る「音図」の話つまり天津金木音図天津菅麻音図を天津太祝詞音図に、乗り換える…

  • 言霊学:インド哲学の茶話会をしました

    今回の茶話会の内容 「大祓祝詞」から・天津金木を本打ち切り〜・天津菅麻を本刈りたち〜・天津祝詞の太祝詞事を〜という祝文の「天津金木」「天津菅麻」「天津祝詞の太…

  • リスペクト

    25日の「コトタマとインド哲学」の茶話会、定員になりました。ありがとうございます。お話しした内容は、後日ここで書くかも(しれません)。 2018年に書いたメモ…

  • ヒフミノリト「日文祝詞」〜言霊の話〜

    ・言葉と言霊の話------- コトハとコトタマのはなし 古神道の祝詞「布留の言本」その中に ヒフミヨイムナヤコトモチロラネシキルユヰツワヌ ソヲタハクメカ …

  • 人は制限が好きな変態(今日の哲学)

     うんちくたれてますまぁ自由であることにこしたことはありません…いやしかし…人は不自由であることを楽しむという変態性質あるから制限とか大好きだしだから何度も転…

  • 10年ぶりくらいの勢いで文庫本を買う

    ハヤカワ文庫「あなたの人生の物語」を読むために。。。。何かと言うと。 久しぶりに「メッセージ」という映画を見直したのですが。その原作がこの「あなたの人生の物語…

  • 賀毘礼(かびれ)常陸風土記の地〜御岩神社〜

    >>>数年前(2016年)、茨城県の県北芸術祭茨城県北芸術祭 - Wikipediaja.wikipedia.org に出かけた時、日立市の山奥にある「御岩神…

  • 瞑想とコトタマ(茶話会のお知らせ)

    瞑想について書いてみようと思います瞑想っていうと、普通の人はなんだか馴染みのないものだと思います。 じっとして、座って見るだけじっとしてると、マインドがいろい…

  • イベント告知スペース(2021/06NEW!)

     1)イベント名「森を祝うみんなの夏至祭」*日時* 2021年6月19日(土曜日) 時間 13:00〜19:00 *内 容*   LEIKOはエネルギー…

  • 仏教とインド哲学

    今日の唯識のリモート授業で、思うところあり。。。 仏教は、インドで生き残るために、他のインド哲学派との違いを示さなくてはならなかった。独自の見解というものを大…

  • 連続山歩き>秩父〜飯能のほのぼの物語

    (ほぼ)週一で登山の記録 というわけで、秩父〜飯能の有間山に行きました。山行記録: 終わりかけのシロヤシオ2021年05月17日(日帰り) 奥武蔵, ハイキン…

  • 奥秩父:南天山

    最近、(ほぼ)週一で登山しています。このヘタレな私が!( ̄▽ ̄)vありえない〜♪ というわけで、奥秩父は中津の南天山に登りました。 山行記録: 奥秩父:中津2…

  • カモシカのこどもと出会う

    近くの山でカモシカのこどもと遭遇* * * ハイキングコースを歩いていると前方にカモシカが!おぉぉぉ〜と思って、写真撮るから逃げないで〜とかなんとか、カモシカ…

  • 言霊学〜ひとりあること〜

    インド哲学で「独存」ドクゾンという言葉がありますヨーガスートラにあったと思います人が人としてある最高の境地サンスクリット語で「カイヴァッリャ」と言いましたか「…

  • 言霊学〜世界を維持するもの〜

    草の根のようなめだたぬ人たちが新しい世界を作っていくその人たちを夜明けの光が照らしている… 新しい世界はすぐそこに来ています。その兆しがあちらこちらに見えます…

  • 常盤の祈り

      山行記録: 両神山2021年04月08日(日帰り) 奥秩父, ハイキング / yokowの山行記録 www.yamareco.com 

  • 二日月(ふつかづき)3月と4月

    インドでは、二日月を見られるのはとてもおめでたい吉祥なことであると言われています。なぜなら、二日月は、日が沈んですぐの地平近くに現れ日を追ってすぐに沈んでしま…

  • コトタマ・覚え書き2

    今日の、コトタマノマナビの記事、小笠原先生の言葉をふと考えていた。先生曰く「『初めに言葉あり、言葉は神と共にあり、言葉は神なり』と聖書は説く。神は創造する生命…

  • コトタマ・覚え書き

    覚え書きメモ。備忘のために。 最近のご縁で、言霊学あれこれ周辺の話を耳にするようになりまして。私がやっている言霊学とは違うんだな〜って改めて知りました。私が疎…

  • 言霊学note〜今世界に起きていること〜

    noteで言霊学の記事を書いてみました。うまくまとまってないけど〜今、アメリカで起きていることと、世界で起きていることを、いろいろな人がいろいろな視点で書いて…

  • ビーガンのカップラーメン

    2010年から2016〜7年にかけて、完全菜食「ビーガン」してました。今は時々。 もともと肉魚食だめで、あるときビーガンの人とご縁ができたのをきっかけに完全菜…

  • 春の哲学

     寂しげな春もあり。ふとした自然の佇まいに、心が溶けて行く。それはそれ。時の流れの果てに見るものは…孤独でもあり。人は孤独を背負って人生に立ち向かう。その姿に…

カテゴリー一覧
商用