ちわきの俳句の部屋
住所
出身
ハンドル名
ちわきの俳句の部屋さん
ブログタイトル
ちわきの俳句の部屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kanekuti3515
ブログ紹介文
メカ音痴おばさんの一念発起のブログです。 人生の後半を俳句にどっぷりと浸かって、…今がある。
自由文
-
更新頻度(1年)

200回 / 281日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2017/03/18

ちわきの俳句の部屋さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 12,976位 13,622位 15,218位 12,640位 13,126位 14,719位 13,719位 969,463サイト
INポイント 10 40 10 20 30 10 20 140/週
OUTポイント 0 30 10 10 50 30 10 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 46位 51位 62位 46位 50位 60位 51位 5,871サイト
俳句 10位 11位 13位 10位 10位 11位 10位 301サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 32,268位 32,605位 31,571位 29,598位 26,506位 26,382位 27,652位 969,463サイト
INポイント 10 40 10 20 30 10 20 140/週
OUTポイント 0 30 10 10 50 30 10 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 60位 61位 58位 53位 39位 42位 46位 5,871サイト
俳句 14位 15位 14位 12位 11位 12位 12位 301サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,463サイト
INポイント 10 40 10 20 30 10 20 140/週
OUTポイント 0 30 10 10 50 30 10 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,871サイト
俳句 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト

ちわきの俳句の部屋さんのブログ記事

  • ひとりよがりの句

    昨日は朝から俳誌「早苗」の臨時運営委員会で、広島へ行って夕方帰ってきました。山口を出るときは曇りでとても蒸し暑かったのが、広島に着くとポツリポツリと…天気予報で山口も広島も午後から雨ということで、それが少し早まったのかも知れません。しかし、ちょっと涼しくなったようで、やはり秋の気配が感じられますね。駅で友人と落ち合い、会場の八丁堀の近くの幟町集会所へ。10時30分開始。議題は〝早苗の今後について〟でした。これはどこの結社でも同じではと思うのですが、押し寄せる高齢化の波で会員の減少に歯止めが掛けられず、資金が底をつくのはもう時間の問題ではということ。資料を見ながらいろいろと検討しましたが、なかなか難しい問題です。それで、どうしてもダメな時は…せめて〝有終の美〟が飾れるようにみんなで努力していこうということになりま...ひとりよがりの句

  • もひとつおまけ!〝みちのくの旅〟

    今日は久し振りに朝からのんびりしていました。室内にいる限りはエアコンを掛けていますので、快適ですが、一歩外へ出るとやはりまだまだ暑い!まあ、もうしばらくの辛抱かしら。今日の午後はお盆に集まっていなかったので、みんなで集まってランチでもしようと出掛けました。義母たちが広島に居た頃は、みんなが帰省してとても賑やかなお盆を迎えていましたが、京都の弟夫婦たちが遠いので帰ってきません。この頃の盆正月はいつも宇部だけになってしまいました。私の実家へも行くことはありますが、母が居たときのようにはのんびりとできません。だんだん〝ふるさとは遠くにありて思うもの〟になってきました。ああ、淋しいこと!それでは最後に、もうちょっとだけ東北旅行にお付き合い下さいね。二日目の平泉中尊寺の後は〝厳美渓〟で昼食、次にみちのくの小京都といわれて...もひとつおまけ!〝みちのくの旅〟

  • 兼題は〝残暑〟

    昨日は、本来なら〝台風一過〟の見事な青空が見えてもいいのに、なんとも雲の多いどんよりした天気。僅かに青空があるものの、なんと心許ない色だこと!湿度も高くって…台風後のさっぱり感が大好きなのに、ザンネン!〝台風〟は秋の季語。その昔は〝野分〟(のわき)といって、やはり秋の季語になっています。颱風の波まのあたり室戸岬高浜年尾丹波路やまだ夜を翔ける野分雲飯田蛇笏「室戸岬」は高知県、「丹波路」は兵庫県から京都府への道…とすれば今回の台風10号の進路に当たりますので、さしづめこのような感じだったのでしょうね。私は、午後から俳句教室でしたので会場へ。兼題は「残暑」、立秋が過ぎてもなお残る暑さをいいますから、初秋の季語です。伶人のやどりにのこる暑さかな与謝蕪村ちょっときわどい句だと、私は思いました。なぜって?それは〈のこる暑さ...兼題は〝残暑〟

  • おまけの平泉〝中尊寺〟ですよ。

    今日私は一日中息を潜めて…(笑)台風10号が過ぎるのを今か今かと(笑)待っていました。と書いて考えてみると、何だかキツネに化かされたみたい!雨は降るもののそんなにヒドくはなく、風などどこに?という無風状態でしたもの。別に怒る筋合いはないんですけどね~。ヘンなの~という感じです。ネットのニュースなどで見ると次のように…〝お盆の15日、西日本を直撃した台風10号。各地では強風によるけが人が相次ぎ、看板落下などの被害も出た。山陽新幹線が「計画運休」で終日運転を取りやめるなど、交通機関も大きく乱れた。台風の進路にあたる地域では、住民らが不安な時間を過ごした。…〟確かに電車や飛行機などの交通機関には運休とか欠航などが出ていましたが、どこにも出掛ける予定のない私には〝フウ~ン〟と、まったくの他人事です。お盆の帰省で困ってい...おまけの平泉〝中尊寺〟ですよ。

  • 最後は〝仙台七夕まつり〟だよ!

    今日は台風10号の影響で、天気予報通り午後から雨になりましたが、まだ風は殆どありませんでした。それででしょうか、蒸し暑くて最高気温は33度とか。台風は明日の昼過ぎ宇部に最接近する見込みという。また、明日に予定されていた甲子園の宇部鴻城と明石商との対戦が16日に順延されました。さて、これは、幸か?不幸か?それでは東北四大祭りの最後、〝仙台七夕まつり〟にいきましょうか。三日目の夜はこの旅初めてのホテルでの夕食でした。いつも同じような会席料理だと飽きてしまうのですが、前2日間が弁当や自由食でまともな食事ではありませんでしたので、刺身や酢のもの、茶碗蒸しなど、会席の定番料理が美味しいねとみなで言いながら食べました。翌朝ホテルから30分ほどの〝仙台七夕まつり〟会場へバスで行って、2時間の自由行動です。〝七夕〟は、もちろん...最後は〝仙台七夕まつり〟だよ!

  • 山形の〝花笠まつり〟ですよ!

    今日の暑かったこと!宇部でも最高気温32度でした。俳句教室が終って帰ろうと車に乗ると車内温度は42度まで上がっていましたから、もうグッタリです。やっとクーラーの部屋で涼んで、一息ついてからでないと何も始められませんでした。では、お待たせしました。そろそろ山形の〝花笠まつり〟にいきましょうか。この祭は、スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく祭です。山形県内など数か所で開催されていますが、例年8月5・6・7日に山形市で行なわれる「山形花笠まつり」が一番広く知られていて、戦前から行われている東北三大祭りに戦後から始まり広まった「山形花笠まつり」と「盛岡さんさ踊り」を加えた5つの祭りを東北五大祭りと呼んだりしています。この山形花笠まつりは、昭和38年の「蔵王夏まつり」が始まりで...山形の〝花笠まつり〟ですよ!

  • 大分へ〝墓参〟

    昨日から大分の実家へ墓参をかねて兄のお見舞いに行って来ました。母が居るときは盆と正月の帰省は欠かしたことがなかったのに…用がなければだんだんと故郷が遠ざかります。悲しい!家はみな杖に白髪の墓参りこれは芭蕉の句ですが、我が家もまさにその通りになりつつあります。父は85才で亡くなりました。80才を過ぎた頃から足が痛いと…今思えば膝だったのでしょうが、痛い、痛いと言いながらやっと歩いていました。最後の方はトイレと風呂に行くのがやっとで、殆ど椅子に座って過ごしていましたが、旅行は大好きでしたから、兄や弟たちが車椅子で連れて行ったりしてましたね。今でいえば〝変形性膝関節症〟。これはどうも我が家の遺伝のよう。だから、会えば兄も弟も膝の話ばかり…とうとう一番ひどくなっている下の弟が来年は手術をすると言いだしました。次は…もし...大分へ〝墓参〟

  • 秋田の〝竿燈まつり〟だよ!(その二)

    今日は午後からと夜の部の俳句教室ですので、大変です。でも、昨日の続き書いておかなくちゃ!夜帰ってからではもう疲れて書く気がしないでしょうから。ではお待たせしました。続きをどうぞ…竿燈の妙技には①流し(最も握力を必要とする片手操作の基本となる技)②平手(利き腕の手の平に竿燈を乗せて高々とかざし上げて見せる、力強く豪快な基本技)③額(頸の根っこが据わった重量感あふれる技)④肩(竿燈を上げやすく、最も覚えやすい技)⑤腰(かなりの修練が必要な派手な技)の五つの技があり、昼間には妙技会などもあるようです。(写真はパンフ)竿燈の種類は、①大若(長さ12m・重さ50㎏・提灯の高さ64㎝・提灯の数46個)②中若(9m・30㎏・48㎝・46個)③小若(7m・15㎏・48㎝・24個)④幼若(5m・5㎏・30㎝・24個)の四つありま...秋田の〝竿燈まつり〟だよ!(その二)

  • 秋田の〝竿燈まつり〟だよ!

    東北旅行から帰って疲れがでたからでしょうか、喉が痛い!今朝は頭痛まで…どうも夏風邪をひいたような感じなんですが、これ以上悪くなると今後のスケジュールに影響がでてしまいます。それで一生懸命うがいをして、今日のフラダンスとリハビリを休みました。明日はダブル句会の日だし、日曜日からは墓参りを兼ねて大分へ。次は俳句教室と…今月もやることが目白押しなんですから寝ちゃ~おられないんですよ。更に、ブログも書かなくてはね。訪問して下さる方に申し分けないも~ん。(笑)それでは今日は、秋田の〝竿燈まつり〟にいきましょうか。これも秋の季語です。歳時記の説明には〝秋田市に伝わる伝統行事。ねぶり流し、ねぷたの一形態である。陽暦の8月3日から6日、先端に厄払いの御幣をつけた稲穂を形どった太竹にたくさんの横竹をつけて、それに俵に見立てた48...秋田の〝竿燈まつり〟だよ!

  • 〝ねぶた〟の続きで~すよ!

    今日も晴れ…全く雨の降りそうな気配がありません。山口の最高気温は35度ですが、宇部は31度ぐらいかな。でもやっぱり暑い。午後からは俳画教室で、画題は〝風鈴〟の絵の〝団扇〟。どちらも夏の季語です。それでは青森のねぶたの続きの写真がありますので、それをどうぞ!見物席には、桟敷席と椅子席があり、私たちは桟敷でした。夕方の6時ともなるとこの通りは人々でごった返したようになります。ねぶた祭を盛り上げるのには囃子方といわれる「笛」「太鼓」「手振り鉦」の三つが大切です。太鼓は男性が殆どですが、笛や鉦は女性や子供たちが多く、そのリズムのよさについ一緒になって踊りたくなってしまいます。さあ、また〝ねぶた〟のお出ましですよ!よかったら見て下さい。幼稚園でもねぶたが出されていて、子供たちがそれに付いていきます。こんなに幼い頃から祭を...〝ねぶた〟の続きで~すよ!

  • 青森の〝ねぶた〟見たよ!

    昨夜羽田空港から無事に宇部へ帰ってきました。台風の影響でどうなることかと心配しましたが、私たちの乗る最終便は5分ほどの遅延ですみました。ああ、疲れた~!今日はやはり旅の疲れや溜まった家事などあれやこれやでぐったりです。でも、旅行の報告や写真がたくさんありますし…ガンバロウ!一度ではなかなかですので、ボチボチと…いきましょうか。8月3日、山口宇部空港7時40分発で羽田空港へ。ここで各地空港からのツアーの人たちや添乗員さんと10時30分集合です。今回の〝東北新幹線で行く東北4大夏祭り4日間〟ツアー参加者は37人。福岡募集のツアーですから、九州や四国、中国など、西日本の参加者ばかりでした。モノレール・山手線から東京駅、13時20分発〝はやぶさ23号〟で、さあ新青森駅へ出発です。初めての東北新幹線ですよ。シンボルカラー...青森の〝ねぶた〟見たよ!

  • しばらく休みま~す‼

    今日も最高気温31度の真夏日。しかし、テレビなどをみれば、福岡、広島など他のところでは36度を超えているとか。昨年は40度を超したところがあるとニュースになっていましたが、今のところはまだのよう。青森ねぶた祭が今日猛暑の中で開幕と、報道されていました。実は明日から4日間東北の四大祭ツアーに出発するんです。だからブログもしばらくお休みしますので、よろしく。戻ったらまた報告しますので…ゴメンナサイ!でも、台風8号が週明けには西日本に接近し、上陸するおそれがあると報道していましたから、帰りの6日の飛行機が心配なんですが…。大丈夫でしょうか。明日の朝宇部空港の始発便で羽田に行き、次は東京駅から東北新幹線で青森へ。その夜〝ねぶた祭〟の見学です。初めてなので胸がわくわくしますが、とにかくこの暑さにやられないように、体調管理...しばらく休みま~す‼

  • 〝俳句を作っちゃおう〟夏休み宿題大

    朝からもう30度もありそうな暑い一日でした。今日は広島の檀那寺から盂蘭盆棚行のためご住職が来られますので、朝から義母の家へ。予定は9時半…いつもは早めに来られることが多いので、9時には準備して待っていました。どうしたことか予定時刻を過ぎてもなかなか見えません。すると、主人が〝お寺さんは10時と言ったんじゃないんかね?〟と義母に言う。〝間違いないよ。9時半で…〟と義母も譲りません。主人はもう義母の勘違いだと決めつけたように言うので、〝勘違いはあなたの方ががよくするでしょ。おばあちゃんの方がきっと合ってると思うわよ〟と、私は義母の応援です。だって主人は会合やゴルフなどで1週間間違ったりすることがあるんですもの。さて、さてどちらに軍配が…。寺から母宛の手紙は私が預かって家に置いてきましたので、戻ったら確かめてみるから...〝俳句を作っちゃおう〟夏休み宿題大

  • 暑い日の葬儀でした!

    今日は朝からカンカン照りの、暑い日でした。山口の最高気温は35度と、今年一番の暑さ。でも、宇部は30度でまだ我慢できます。実は私が30年以上も勤めていましたU学園の元理事長が、27日に亡くなられて、その葬儀が今日の12時からありましたので、参列しました。享年89才。学校葬と会社葬の合同でということでしたので、もちろん斎場は一杯。車も停めるところがないくらいでした。懐かしい方々の顔も見かけましたが、人が多すぎて話す余裕もなく出棺になりました。後はもうそれぞれで解散ですし、暑かったのですぐに帰宅しました。できれば懐かしい人たちと思い出話でもしたかったんですが…やはりこういう場では気が引けます。挨拶と簡単な近況ぐらいで…先輩の女先生たちには会いましたので、今度いつかゆっくり同窓会、いや同僚会でもしましょうよと言って分...暑い日の葬儀でした!

  • 〝雷〟と〝夕立〟

    今日の午前中は晴れで、山口の最高気温はナンと34度。しかし、宇部は30度ぐらいでしたが、午後からは曇り。ところが、3時ごろ急に空が真っ暗になったかと思うと、突然〝バリバリッ、ドーン〟という地響きがしました。ビックリして主人に〝今のは…雷よね〟というと、〝どうも近くに落ちた感じじゃの~〟と。すると今度は、ドーッと一斉に大粒の雨が降りだしました。要するに雷雨なんですが、これも夕立になるんでしょうね。だってしばらくすると止みましたから。さて、「雷」も「夕立」も夏の季語です。はたゝ神七浦かけて響(とよ)みけり日野草城さつきから夕立の端にゐるらしき飯島晴子草城の句は、「はたゝ神」が季語で、激しい雷のこと。「響む」は鳴り響くこと。この句では雷の激しさが〈七浦かけて〉でよく表わされています。この〈七浦〉というのは地名ではなく...〝雷〟と〝夕立〟

  • 〝土用鰻〟食べました?

    昨日は〝土用の丑(うし)の日〟、久し振りに義母の処に集まってみんなで鰻(うなぎ)を食べました。この日については以前のブログにいろいろ調べて書きましたので、今回は簡単に…本来は春夏秋冬の最後の18日間を「土用」といいますが、通常は夏の「土用」を指します。だから立秋前の新暦7月19日ごろからがそうで1年の最も暑い時期に当たります。その土用期間中の「丑の日」(今年は7月27日)で、その日に食べる鰻を「土用鰻」といい、これも夏の季語なんです。栄養価の高い鰻を食べて英気を養うというのも一種の〝暑気払い〟になるのかも知れませんね。ひと切れの鰻啖(くら)へり土用丑石塚友二石塚友二(いしづかともじ)は、明治39年(1906)生まれ、昭和61年(1986)79才で没。新潟県出身の俳人・小説家・編集者。北蒲原郡の笹岡尋常高等小学校...〝土用鰻〟食べました?

  • 〝触らぬ虫に祟りなし〟

    もうこれからしばらくは雨とは縁がなさそう…。う~ん、これも困りますよね。だって鉢物は水やりを忘れると枯れてしまうもん!というほど鉢は育てていないんですが…。〝イタッ!〟〝エエッ、何?〟〝ヤバイ!〟これ何だと思います?今朝のことです。主人が朝早くからゴルフに行きましたので、久し振りに私がゴミ出し…いつもは主人の担当ですもの。エヘッ…それからがいけませんでした。まだ朝ですから風が吹いて気持ちがいい!あら、揚羽蝶が…柿の木に近づくと今度は蟬が飛んで逃げました。アレ?と耳を澄ますと近くから確かに〝キョッキョキョカキョク…〟、わあ~ホトトギスの声!ヤッター、ルンルンルンと…見回すとわが家の庭はどこもかしこも草茫茫。と、ここからちょっとのつもりで草を抜き出したのはいいのですが、取っても、取っても…つい、2時間が過ぎていまし...〝触らぬ虫に祟りなし〟

  • 〝朝顔〟の季節は?

    今日も30度の暑さ…でも昨日までと太陽の日差しが違いました。洗濯物を干しに出たとき、皮膚がヒリヒリするほど照りつける日差しが強かったんですよ。こりゃイケン!とすぐに帽子とUVカットのシャツを…でも、日陰に入ると風が涼しくて心地よく、まさに夏の到来という感じになりました。今日の午後は俳画教室、当番でしたので30分ほど早く出掛けましたが、車の中はやはり34度と暑かったです。今回の画題は「朝顔」でした。花を描くのが意外と難しく、みんなも四苦八苦しているよう…下手に描くと何の花か分からなくなるんですものね。(笑)ところで、俳句での朝顔は秋の季語なんですよ。知っていました?先日7月5日付Y新聞のコラムに、朝顔の句について書いてありましたので、ちょっと紹介しますね。朝起きて井戸に水をくみにいくと、釣瓶に朝顔のつるがからみつ...〝朝顔〟の季節は?

  • 〝じいじ〟と〝じじい〟

    今日気象庁が、山口県を含む九州北部地方の梅雨明けを発表しました。昨年より15日、平年より5日遅いそうです。しかし、梅雨入りが6月26日で、平年より21日遅かったため、梅雨の期間は1ヶ月もなかったんですと。というわけで、今日も最高気温は30度。午後からは健康体操、その後整形のリハビリへ行きました。昨日よりは少し湿度が低くなったのか、それほど不快感はありませんでした。洗濯物もこれで解消と…少々暑いぐらいはガマンです。昨日の兼題「夏休み」で出た句、ちょっと紹介はできないのですが、〝じいじ〟という語が用いられていました。夏休みに孫が帰ってきて、〝じいじ〟と遊ぶ場面でしたので、私が、〝爺ではいけないの?〟というと、〝先生、「じいじ」は広辞苑にも載っているんですよ〟と言われました。へエッ、ホント?と言って調べてみますと、〝...〝じいじ〟と〝じじい〟

  • 兼題は〝夏休み〟

    今日は暑かった!最高気温30度と、久し振りに大台に乗りました。なんせ湿度が高いので、不快指数も高い!午後からの俳句教室に出掛ける時、車に乗ると車内温度はナンと36度と…どうにか日曜日を挟んでの句会4連チャンをクリアーしました。これで今月は終り…でも、今からの1週間は原稿書きと添削指導で潰れますし、31日には恒例の〝夏休み子供俳句教室〟がありますので、そうはのんびりとできません。さて、今日の兼題は「夏休み」でした。今年は殆どの学校が19日の終業式で夏休みに入りましたので、例年より長い44日間という休みになったんです。ところが、来年からは宇部市も普通教室でエアコンの利用が出来るようになるということで、全小中学校の二学期を1週間早めて8月25日開始と発表しましたので、子供たちはガッカリしていましたね。黒板にわが文字の...兼題は〝夏休み〟

  • ところてんとは〝こころぶと〟だよ!

    土曜日は句会、日曜日は先日のみんなの吟行句の選句・選評と自分の作句、その他諸々…で、ブログどころではありませんでした。雨は容赦なく降ったり止んだり…。でも、いいこともありました。あれほど負け続けていたカープが巨人に三連勝、それも見事な逆転勝ちと…主人共々大喜び!試合中は目が離せませんので、いろいろなことがストップですもの。ブログに手が回りませんでした。ゴメンナサイ!さて、今日も俳句教室。ここはだんだん人が減って…とうとう私を含めて6人になってしまいました。この先どうなるのでしょう。でも、参加されている人はみんな熱心ですから、私からどうのこうのとは言えません。まあ成り行きに任せるしかないでしょうね。兼題は〝心太〟でした。こう書いて「ところてん」で、夏の季語。私も最初はなぜ?と思いましたから、やはり同じ気持ちの人が...ところてんとは〝こころぶと〟だよ!

  • 〝ありがとう〟という言葉

    夕方俳句教室を終えて帰って来ると、雨に混じって少し強い風が…やはり台風5号の影響でしょうか。この2日間はしっかり降ってくれていますので、部屋中が湿っぽくていけません。だから洗濯物が…イヤダ~!それにしても昨日の京都アニメーションの放火事件、テレビに映し出される黒煙と炎…最初は死者1名と言っていたのに…もう刻々と変る報道に言いようがありませんでした。〝誰が?〟〝なぜ?〟こんなヒドいことを…でも、どんな理由があろうとも絶対許されることではありません。亡くなられた33名の方、それに負傷の35名の方々、本人はもとよりご家族の方々へも、この今の気持ちを表現し得る言葉を私は持っていません。書くのさえおぞましい気がしますので、やめます…ただご冥福を祈るのみです。合掌。こんなことがあると、何を書いても不謹慎のようで…ゴメンナサ...〝ありがとう〟という言葉

  • 秋吉台へ吟行で~す!

    今日は昨夜から降っている雨が朝も…先程はゴロゴロッと雷も鳴っていました。週末まで曇りと雨のようで…最高気温も27度~28度。昨日は朝9時から仲間と秋吉台(あきよしだい)へ吟行。午前中は晴れていましたので、やはり暑かった!長者が森の周辺を散策して、秋芳洞(しゅうほうどう)の入口までの行程です。まあ、平日ですので人が少ないとは思いましたが、これほどまでとは…。特に、秋芳洞入口までの商店街(?)の至る所が閉店していて、その寂れ方がひととおりではない!ビックリでした。だって2年前に来たときはここまでヒドくはなかったと思うのですが…。先日も書きましたが、世界遺産の話、また出ましたよ。富岡製糸工場に行った人が余りにもガラ~ンとしていて、一時の賑わいがウソのようだったと。ここ秋吉台は世界遺産ではありませんが、特別天然記念物に...秋吉台へ吟行で~す!

  • 〝国旗〟揚げました?

    昨日は7月の第三月曜日、〝海の日〟で祝日でした。こちらはいい天気で気温も30度近くまで上がったようですが、東京の方は去年と比べるとぐっと低くて22,3度とか、テレビに海水浴場のガラ~ンとしている映像が流れていましたが…なんとも寒そう!毎日昨年のブログが送られてきますのでそれを見ると、西日本では7月9日に梅雨が明けたと、その後は毎日30度以上で、時には35度にもなるという猛暑が続いていたようです。今年はこれからどうなるんでしょう。この異常さは日本全国どこでもなんでしょうか?この調子だと農作物が、特に葉物野菜類が品薄になって高値になるかも。冷夏だとお米も不作になってしまいますよ。どうしましょ!ところで、〝海の日〟は以前は「海の記念日」といって、明治天皇が東北巡幸の帰途、当時の優秀船明治丸に乗って横浜に帰られた日を記...〝国旗〟揚げました?

  • 表記も俳句の〝身のうち〟

    今日は久し振りに朝から太陽の顔が拝めて嬉しい。これで洗濯物が解消します。ああ、アリガタヤ!先日より雨が続いていましたが、それほど強くはありませんでした。一昨夜も大雨注意報がスマホのメールに入りましたので、そんなにヒドいのかしらと心配していたのですが、大したことはなし。あの注意報はナンだったの?という感じ!まあ、この程度なら…いや、いや、もう少し降った方がいいかも。ただ長びくと洗濯物が困りますけどね~。昨日は投句の締切が本日なので、朝から今月分の句をまとめて、あれこれ推敲していました。そうするとすぐに時間が経ってしまいます。ちょうど雨も降って他のことができませんでしたので、いい具合に俳句に集中することができました。ところで、土曜日の午後の俳句教室でのこと。5月に入会して始められたばかりのHさんんの句〈花みかんまご...表記も俳句の〝身のうち〟

  • 俳句は一字で違う?

    昨日はまるで梅雨が明けたかのような強い日差しの一日でしたが、最高気温は27度。でも、本日はまた梅雨前線が西日本付近に延びてきて、朝から雨になっています。だから梅雨明けはまだまだ先のようです。金曜日はいつも午後からフラダンス、終ってからはリハビリの病院へ。一昨夜は女子シングルスの準決勝がありました。12日の夜に男子シングルスの準決勝があったんですが…、でももう誰が勝ってもいいので、改めて見る気はしませんでした。ナンと現金なこと!これがフアン心情かと…ゴメンナサイ!今までの寝不足が祟って、このところいつも眠たいです。先日のリハビリの筋トレをマットに伏せてしていると、つい眠くなって…一瞬寝ていました。(笑)だって顔を伏せてゴロ~ンとなっていると…、冷房も効いて気持ちがいいんですもの…エヘッ!本日は第2土曜日ですので、...俳句は一字で違う?

  • 〝日照雨〟は〝お日様の戯れ〟

    昨夜…イヤ当然夜中ですが、ウインブルドンの準々決勝、もちろん錦織選手を応援しましたよ。だから、やっぱり寝不足…センターコートで、第1試合のゴファンがジョコビッチにストレート負けして、その後の第2試合として11時15分頃だったかしら、開始したのは…。最初の第1ゲームをブレークし、この第1セットを見た限りでは〝これは…〟と、期待を抱かせる展開でワクワクしました。錦織のリターンやネットプレーも見事に決まり、〝フェデラーも歳をとったのかしら…〟と思うほど。ほぼ互角の試合で第1セットを先取しましたが、第2セットに入ってからはちょっと流れが変り…そう、このあたりから本来のフェデラーが戻ってきたようにサーブも決まり、さすがフェデラーと思わせる展開が続きました。第3セット、第4セット…錦織選手は自分のサービスゲームをキープする...〝日照雨〟は〝お日様の戯れ〟

  • 〝勝って当り前〟?

    昨夜は寝不足…なぜかって?もちろんテニスのウインブルドンですよ。今回の錦織選手は今までとは違います。いつも見ている方が疲れるぐらいのフルセットの試合で、それもタイブレークでの逆転勝ちとか…ホントにハラハラドキドキでしたが、今年は3回戦までストレートで危なげなく立ち上がりました。昨年も4回戦まで勝ち抜いてベスト8になったものの、もうその時点で疲労困憊でしたものね。これで格上の選手との試合でしたから…勝つ方が不思議だと思いました。だから、当然アッという間に負けましたけど、でもまあ、よくやったという惜しみない拍手を送ったような気がします。昨日の試合は10時過ぎからと思ってテレビをつけたんですが、まだ女子シングルスの試合中…それがなんと1:1で、3セット目でしたが、決着が付かずに延々と続き、結局13:11ゲームまであっ...〝勝って当り前〟?

  • 〝あなたの俳句は…〟

    こちらは今日も雨が降りそうで降らない蒸し暑い一日となりました。午前中は義母と一緒に月一回の通院、午後はリハビリへと病院のはしごをしました。みんなからは元気そうと言われるんですが、今一つすっきりしません。このところの不快指数のせいでしょうか。ところで、先日電話がかかり…〝俳句をなさっていらっしゃる〇〇様はいらっしゃいますでしょうか〟〝どちら様でしょうか〟〝はい、私△△新聞の者ですが…〟〝ああ、今は出掛けていませんので…〟と、すぐさま切りました。この手の電話は今までにも何度も掛かって来ていましたので、即座に断わるか居留守を使うか…。始めてこんな電話が掛かってきた時は知らずに〝はい、私ですが…〟と答えてしまい、その後は〝〇〇様のあの句は素晴らしいですね~。本当に心を打たれました。ああいう句は是非残して…〟と、歯の浮く...〝あなたの俳句は…〟

  • 今日は〝七夕〟

    山口県は今日は概ね晴れて、最高気温も30度を超え暑い一日となりましたが、宇部では28度と。しかし、午前中ちょっと草取りをしましたらすぐに汗ばんでしまいました。いくら晴れていても湿度が高いからで、洗濯物も今一つカラッと乾きません。イヤですね~。今日は7月7日、五節句の一つの〝七夕〟です。でも、これは陰暦での7月7日の行事ですから、本当は今日ではないのです。だから歳時記でも初秋の季語となっています。ちなみに今年は8月7日が旧の7月7日のようですので、本来はその日に行うべきものなんですよ。この七夕の行事は、中国古代の牽牛・織女の伝説とそこから派生した乞巧奠(きこうでん)の行事が加わり、この流れに日本に古くから伝わる棚機(たなばた)つ女(め)の信仰とが習合したものとされています。笹竹に詩や歌を書いた短冊形の色紙を吊るし...今日は〝七夕〟