searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
しろいはね くろいはね
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/25258pkou
ブログ紹介文
感情解放、ヒーリング、意識の目覚めをキーワードに日々の気づきを綴っていきます
更新頻度(1年)

449回 / 365日(平均8.6回/週)

ブログ村参加:2016/11/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しろいはね くろいはねさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しろいはね くろいはねさん
ブログタイトル
しろいはね くろいはね
更新頻度
449回 / 365日(平均8.6回/週)
読者になる
しろいはね くろいはね

しろいはね くろいはねさんの新着記事

1件〜30件

  • 宇宙の営みのリズムに自分をチューニングする

    このブログを書くことを含めて、日々の日課がいくつかあるのですが、朝は祝詞をいくつかとインドの神々にマントラを唱えること、ヨガの呼吸法、アーサナをいくつかやって、六方拝で一日をスタートします。その中で最近ちょっとお気に入りなのが太陽礼拝というヨガでは有名なアーサナの連続動作があります。実は私はこの太陽礼拝が以前は大嫌いで、ガネーシャギリ先生のところで「今日は太陽礼拝をやりましょう!」とかと言われると、げんなりしていたものです。(すみません。。。)何が嫌って、私は連続した動作を覚えるのが苦手!ダンスなんてもってのほか!という脳ミソの持ち主なので、動きが覚えられないんですよね~(^^;それが、数か月前から頑張って一連の動作を覚え毎朝強制的にやるようにして、最近色々あった自分の中の気づきを太陽礼拝の中で実践してみたら、...宇宙の営みのリズムに自分をチューニングする

  • 生殺与奪の権を他人に握らせるな

    自分の人生を他人事のように眺めながらバーチャルリアリティのような、どこか浮遊した感覚で生きている人がいます。人によって、かなり厳しい人生模様の中でほぼ現実感のない人もいれば、気楽な感覚でそこそこ人生を楽しんでいるような人もいます。けれど、いずれにせよ自分が人生の当事者になっていないという意味では同じことで、どこか足元の空虚な感じは拭えません。どちらのケースであれ私のセッションでは、当人に自分の人生を引き受けて人生の当事者として戻ってくるよう導くことを旨としています。自分の人生を他人事のように生きている限り、本当にこの人生で与えられるギフトを受け取ることはできません。でも、多くの人はギフトだけ欲しがり、自分の人生の責任を引き受けることはしたがりませんねぇ。ギフトは、本当に人生を引き受けるからこそその言いようのない...生殺与奪の権を他人に握らせるな

  • 第527弾 無料遠隔ヒーリング

    毎週月曜日は恒例の無料遠隔ヒーリングのテーマ設定日です。第525弾無料遠隔ヒーリングのご感想と1day集中ディープクリアセッション(11/12)ご感想をアップしました。あと、本日の瞑想会のドタ参加も大歓迎です!急に参加できるようになった!という方、ぜひどうぞ~!http://healing-gate.com/blog/seminner/fullmoonmeditationmeeting/さて。今日で11月も終わり、無料遠隔ヒーリングも年内はあと5回ですね。1年は52週なので、年間52回の無料遠隔ヒーリングをやってるわけですが、それを10年続けると、520回超という回数になるわけですね。なんだか、感慨深いものがあります。まぁそんなこんなで、12月は今年の総括と新しい年に向けて自身の在り方の方向性を整えていくことを...第527弾無料遠隔ヒーリング

  • 道を深めていくうえで不可欠な要素

    何かを学んでいこうとするとき、どんな分野にも言えることですが、深めていこうと思えば絶対に不可欠な要素があります。それは、今の自分に何ができていて、何ができていないのかを「厳密に見て取る力」です。趣味程度に楽しくやれていればいいというのであれば、そういうのはそれほど必要ではないのでしょうが、そのレベルを越えたところで取り組んでいきたいのであれば、これがないのは致命的です。そして、自分にできていないことを厳密に知るには、理想とは程遠い自分を直視できなければなりません。完璧主義な人ほど、これは苦痛に感じるでしょう。自分はこんなに無様ではない、みっともなくないしもっとマシなはずだ!と思いたいのです。だから、その苦痛から逃げたくなる。無様な自分など見ていたくないから、できていないことを、認められないのです。そうすると、現...道を深めていくうえで不可欠な要素

  • 1dayディープクリアセッション(11/12)ご感想

    先日、1dayディープクリアセッションをお受けくださった方からご感想をいただき快く掲載の許可をいただいたのでご紹介させていただこうと思います。詳細は書けませんが、ご自身の身に起こっている特殊な状況についてのご相談でした。ただ、いずれにせよ受け止めがたく、戸惑うような状況もこの世界で生きている以上はこの自分を引き受けて行くしかありません。そういう観点から、しっかりと自分自身に戻ってご自身の人生を生きていけるよう方向性を整えていきました。こうすることで、ご自身に起こっていることも捉え方が変わってくるでしょう。どんなことが起こっても、この自分でしっかり受け止めて生きていくことができますように。勇気を出して、セッションをお受けくださりありがとうございました。【ご感想】******************この間はありがと...1dayディープクリアセッション(11/12)ご感想

  • 第525弾 無料遠隔ヒーリングご感想

    【ヒーリングテーマ】約束を守れない原因を知り、在り方を転換するよう最高最善に働きかける11月18日実施************************約束を守ろうと行動して、できなかった時、できなかったことだけに関心がいき、経過が切り捨てられる。どんなに頑張っても、この気持ちをわかってもらえない。それが悲しいし虚しい、辛いとカケラ君の声。今まで、このカケラ君を責める事しかして来なかった。自分のカケラ君への視線の厳しいこと。私を避けるように、うずくまっています。そんなカケラ君を、無理やり動かそうとしてきました。自分の中にある劣等感。そのカケラ君の孤独感・痛みを受け止めていくと、「声を聞きながら、共にいて欲しい」とカケラ君からのリクエスト。出来るか自信がない私に「出来る」と言ってもらえましたが、自分の内側深く降りて...第525弾無料遠隔ヒーリングご感想

  • 私がここで、こうして在ることの意味

    最近、心情的に大切な気づきがあり、書くかどうか迷っていたのですが、書くことで今の時点を記しておくことは大事な気がしたので、自分用のログメモとして残しておくことにしました。きっかは、鬼滅の刃のエンディング曲、LiSAさんの「炎」という曲の歌詞でした。何となく気に入って、色々な人がカバーする「炎」をYouTubeで聞いていたら、最初のこのフレーズにふと、私の中の何かが浮上してきたのです。ありがとうさようなら声の限り悲しみよりもっと大事なこと去り行く背中に伝えたくて私の中にも、こんな場面がかつてあった。それは、とても大切な出会いだった。そんな感覚が蘇ってきたのです。今生ではないどこかの人生で、男女の恋愛関係とかではなく、大切なことを、自身の在り方を通してたくさんたくさん、教えてくれた人。ひょっとしたら、それは複数いた...私がここで、こうして在ることの意味

  • 当たり前でないことを当たり前に

    30日のオンライン瞑想会、まだまだ募集中です。いつものように、お一人お一人のリーディングとメッセージ付き、ヒーリングの働きかけを行っていきます。ご興味ある方はせひどうぞ。http://healing-gate.com/blog/seminner/fullmoonmeditationmeeting/さて。今日は最近ちょっと考えたことを自分自身の覚書としてまとめておこうと思います。何かものごとを学び、身につけて行こうとするとき、何をスタートとし、何をゴールと捉えるか、ということについて。たとえば、何かの資格を取る勉強をしていたとします。ある期間、一生懸命勉強して試験を受け、ようやく合格して資格を取得したとすると、これはゴールでしょうか?そもそも、何のためにその資格を取ろうと思ったのでしょう。その資格を活かした仕事を...当たり前でないことを当たり前に

  • ギフトを開花させるということ

    誰しも、多かれ少なかれ、自分に与えられた唯一無二のギフトを開花させて、この世界で輝いて生きていきたいという願いを持っているでしょう。けれど、ギフトというのは、そのままではギフトのようには見えないことがしばしばあります。むしろ最初は、人生を生き辛くする手かせ足かせのような、他者には理解できない苦しみを生む元凶になっていたりします。(もちろん、そうじゃないこともたくさんあるけどね)そして、その人は苦しみながら、孤独に、否応なくその生き辛さと向き合い、戦っていたりします。そうしていく内に、自分のその他者にはない固有の性質との付き合い方を学んでいきます。そういう独自の歩みを進むうちに出会う様々なご縁もあるでしょう。そうやって自分のそのギフトを自在にコントロールできるようになって、この世界でのその力の活かし方を見出してい...ギフトを開花させるということ

  • 第三の目を開きたいという欲求

    スピリチュアルに興味のある人だと、第三の目を開くって、ものすごく魅惑的な響きを持って聞こえるようですが、そういう講座とかもあって、結構人気だったりしますよね。私自身も、ヒーリングの勉強を始めたばかりのころに受けたことがあり、実際それで開いたのかどうかはわかりませんでしたが、何となくの使い方のコツみたいなのは掴めたような気がします。第三の目を開きたいと思っている人は、多分何らかのサイキック能力を開花させたいってことなのでしょう。そういう方に対して私が必ずお聞きするのは、どうしてそういう力を開きたいのか?という動機です。これまで私が出会った中でこの質問をして、私的に腑に落ちる答えを返してきた方は一人もいません。大抵は、あまりその人の深いところからの必然性を感じさせる答えではなく、そういうのが開いたら、なんかすごそう...第三の目を開きたいという欲求

  • 人生の荒波に立ち向かう力がやって来るところ

    来週30日(月)は満月の瞑想会です。今年の瞑想会もあと2回。またみなさんと意識を合わせ、この世界に祈りと愛を送っていくことと、自分自身に深く向き合っていくひとときにして行きたいと思います。ご都合の良い方はぜひぜひご参加くださいませ。http://healing-gate.com/blog/seminner/fullmoonmeditationmeeting/さて。ここのところ、通ってくださっているクライアントさんたちの変化が結構すごいです。元々、ポテンシャルの高い方たちですが、今までうまく繋がれていなかった底力のようなものがぐぐぐっとマグマのように上がってきている感じで、エネルギー的に見ると、結構迫力というか、凄みを感じますね。とは言え、普通にされているとみなさん素敵な方たちばかりです。特に、表現にかかわるお仕...人生の荒波に立ち向かう力がやって来るところ

  • 第526弾 無料遠隔ヒーリング

    毎週月曜日は恒例の無料遠隔ヒーリングのテーマ設定日です。第524弾無料遠隔ヒーリングのご感想と1day集中ディープクリアセッション(11/11)ご感想をアップしました。さて。私たちは、意識無意識的に、何かによって自分を支えているところがあると思います。たとえば、恋人や家族、仕事や夢、肩書や持ち物などによって得られるステータス、あるいは信仰などなど。それがいいとか悪いとかではないのですが、時に人生は、無情にもそうした心の支えを根こそぎ奪っていくことがあります。すると、私たちは生きる支えを失って、まるで抜け殻のように気力がなくなってしまったりします。それでもまだ寿命が来ていなければ生きて行かなければいけないわけで、その喪失感や悲しみなどをどうにかして乗り越えて、前に進んでいきます。時間が経てば、やがて落ち着いてくる...第526弾無料遠隔ヒーリング

  • 自分自身の本分を生きる

    そわか数珠コラボ企画第2弾のプレシオライト×緑檀チョーカー、おかげさまで完売となりました!ご購入くださったみなさま、ありがとうございます。リリースからわずか1週間足らずで完売してしまい、嬉しいやら驚くやら。続く第3弾、第4弾もどうぞご期待ください!さて。これまで、10年以上この仕事をやってきて、クライアントさんとのかかわり方も、随分変わって来たな~としみじみ思います。最初のころは、おっかなびっくり、人の心の様々な傷や願望に触れつつ、一体どう導くのがその人にとって最善なのか、と模索していました。「その人にとっての最善」というのもなかなか難しくて、本人が顕在意識レベルで願っている方向性と、もっと深いレベルで向かおうとしている方向が全く違うなんてことは日常茶飯事だし、そこをすり合わせていくようなことをしようと思ったら...自分自身の本分を生きる

  • 1day集中ディープクリアセッション(11/11)ご感想

    1day集中ディープクリアセッションをお受けくださった方から、ご感想をいただきました。3回目のセッションになりますが、セッションのたびに、これまで頑張りすぎて固くなっていた心がゆっくりほどけていくようなプロセスを辿って来られていました。今回は、セルフワークを進めていくうえでのポイントなどを丁寧に解説しながらのセッションになりましたが、わだかまりのあった過去世の相手の方の真意に触れた瞬間、とても大きな解放が起こりました。心の奥底にあった意地になって突っ張っていたしこりが溶けて、ぐっと素直にご自身の気持ちを表現できるようになられたようです。自分に向き合うことは、いっときだけやればあとはやらなくていいというものではなく、生涯を通して深めていく在り方です。どうぞ、これからも、カケラ君たちとの対話を通してご自身を慈しみ、...1day集中ディープクリアセッション(11/11)ご感想

  • 第524弾 無料遠隔ヒーリングご感想

    【ヒーリングテーマ】苦手なものに敢えて意識を向けて、浮上してくる不快感を統合するよう最高最善に働きかける11月11日実施*************************働きかけを受けた翌日、苦手な出来事がありました。お金を損する、と思ったらとんでもなくジタバタする自分がいます。その時は「このお金は寄付だ」と思ったら落ち着いたのですが、思考で不快感を感じるのを避けていました。後日この時の感覚を感じようとしたら、胸の胸骨のところにとても固い板のようなものがあり、呼吸を送るとそれ以上広がらない、貼り付いたものが引っ張られる気持ち悪さで、踏ん張れませんでした。損することへの恐れの感覚も、具体的に感じるところまでいけませんでした。苦手から逃げていることだけ分かりました。*************************...第524弾無料遠隔ヒーリングご感想

  • 頑張りすぎるあなたに

    いつもどこかで成果を追い求めて、そこそこ結果が出れば少しの間、気が休まり、出なければ無価値感に苛まれる。そんな終わりのない自己の存在価値を証明し続ける孤独なレースに駆り立てられている。現代人の多くの人生は、多かれ少なかれ、そんなところがあるのではないでしょうか。これを達成したら、憧れの品物をゲットしたら、あそこに行けたら、自分は理想の自分になれるはず!そんな思いで、がむしゃらに頑張って、ようやくそこにたどり着いたと思ったら、満たされたのは一瞬か、あるいはまるで満たされず、これじゃない、違った、という失望感で、また別の目標探しが始まる、みたいな。そんなことを繰り返す内、こんなことをいつまで続けていても、結局心が休まることはなく、幸せにはなれないんだ、とどこかで気付いているのでしょう。けれど、骨の髄まで染み込んだい...頑張りすぎるあなたに

  • 共依存と自ら立つ力

    様々な親子関係がありますが、親が子の幸せを思い、子が親の幸せを願うのは、その形は違えど、いつの時代にもある不変のテーマだと思います。親子間の複雑かつ濃密な愛憎劇というのも、断ち切ることのできない絆がベースにあるが故でしょう。そうした複雑に、そして強烈に絡み合った関係性を、どうしたら健全な姿に建て直すことができるのか。親離れ、子離れと言いますが、離れ難く一体となって成長してきた親として、子供としての自分を、一度切り離して新たな関係性を築き、絆をつなぎ直す作業が必要なのです。けれど、このプロセスがうまくいっていない親子関係が少なくありません。互いの成長の段階で、もうそぐわなくなった絆の形に固執するあまり、新たな形の絆を構築するプロセスに進めず、不健全な形でいびつに委縮している。そんなケースをよく見かけます。まさに、...共依存と自ら立つ力

  • 神経を逆なでする人の中にある学びを受け取る

    相手と自分をバッサリ切り離して割り切って付き合うということ、結構色々な場面であるのではないかと思います。冷え切った夫婦や親子、親戚関係や殺伐とした職場の人たち、表面的な付き合いに終始するママ友たちなどなど。。。できることなら、かかわる人たちとはできる限り楽しい関係性である方が誰しも嬉しいのだと思いますが、自分の常識や理解の範疇を大きく超えた言動をされて、不愉快な気持ちになると、良い関係を保とうという気持ちすら持てずに、切り離すしかなくなるのでしょう。臭いにおいをかがないように、鼻をつまんで何か作業をするみたいな感じで、心身共に、ストレスになりますよね。到底分かり合えない関係性にひたすら我慢して怒りを抱え、抑圧してやり過ごすしかないのか、ここにはもっと別の、人生から差し出されたメッセージがあるのか、どう解釈したら...神経を逆なでする人の中にある学びを受け取る

  • 自身の力の源に帰っていく歩み

    私たちは自身の本来の力の源に触れ、繋がってくと、ただ在るだけで、満ち足りて、美しく、とても力強い存在になるのだなぁというのをまざまざとセッションで見させていただいて、人間というのは、何と素晴らしい存在なのだろうと、しばし感動に浸ることがあります。ときに傷つき、ボロボロになって絶望に沈んでいても、あるいは、狂気に我を忘れていたとしても、それでも、これだけのものを体現する可能性の種は、決して死ぬことなくその人の中で、開花の時をじっと待ち続けているのですね。私たちが最も恐れているのは何かの不幸が突然襲ってくることでも誰かや何かを失うことでも、無一文になることでもなく、実は自身の本当の力の源に繋がってしまうことなんじゃないかと、思うことがあります。多くの人は、無力な自分を嫌い、力が欲しくてそこに繋がりたいと思っているは...自身の力の源に帰っていく歩み

  • そわか数珠コラボ企画第2弾、リリース!

    開運そわか数珠でお馴染みのそわかさんとのコラボ企画第2弾のお数珠がリリースされました。第1弾のラピスラズリのお数珠も、結構高価格帯にもかかわらず完売御礼となっておりまして、私も胸をなでおろしている次第です(^^)そんな第1弾から2か月経って、ようやく第2弾がリリースの運びとなりました。今回はこれまで、木玉も石も、そわかさんのラインアップに無かった、新しい素材に挑戦しております。それがプラシオライト(別名グリーンアメジスト)×緑檀(リグナムバイタ)のみかん玉のチョーカー。プラシオライトというとあまり馴染みがないですが、グリーンアメジストというと何となくイメージが湧くかと思います。緑檀はリグナムバイタという、世界一重たい材の木と言われています。学生時代にこのリグナムバイタの見本板を手に持ったときに、木材とは思えない...そわか数珠コラボ企画第2弾、リリース!

  • 第525弾 無料遠隔ヒーリング

    毎週月曜日は恒例の無料遠隔ヒーリングのテーマ設定日です。第523弾無料遠隔ヒーリングのご感想をアップしました。最近、ご感想のご提出が期限を過ぎる方が結構いらっしゃいます。期限翌日くらいならまだいいのですが、編集、その他の作業がめちゃくちゃ面倒になるので、ご感想の提出期限はお守りくださいますよう改めてお願い申し上げます。ご事情がある方は、ご一報ください。また、参加される方はみなさん、「無料遠隔ヒーリングの受け方」http://healing-gate.com/blog/ennkaku-ukekata/をご覧になっていると思いますが、ご感想を2回ご提出いただかないと、以後お申し込みされても、働きかけは行いませんのでご了承ください。この企画はみなさんの良心と良識、自主性によって成り立っている企画ですので、その点、ご理...第525弾無料遠隔ヒーリング

  • モヤモヤする気持ちを放置しない

    何かモヤモヤするけれど、まぁいいか。。。って自分を納得させてやり過ごすこと、ありませんか?私自身はできる限りそういうことがないよう、引っかかることはそのままにしないで解消するを行動をとるように気を付けてはいます。とは言え、たまにタイミングを逃してしまったりしてそのままになってしまうこともないわけではないのですが。ただ、自分さえ我慢すればわざわざ場を乱して相手にも嫌な思いをさせることはないからと、飲み込む選択はしません。そんな風に自分を粗末にしたくありませんし。私が感じる不快感は、取るに足らない、「どうでもいいもの」ではないからです。モヤモヤを感じてそれを飲み込み、何ら行動を起こさないのは、自分の気持ちはその程度のどうでのいいものなのだ、と自他に宣言しているようなものです。他人から、「お前の気持ちなんてどうでのい...モヤモヤする気持ちを放置しない

  • 寛容な人、寄り添える人になるために

    先日、弱さについての記事を書きましたが、自分の弱さを受け入れられず、他者の弱さも拒絶してしまう自分を変えたい、とおっしゃる方は多いです。けれど、どうしたらそういう自分を変えて、自分も他者の弱さも受け入れ、寄り添えるようになるのか、その道筋を勘違いされている方は多いような気がします。自分や他者の弱さを見るとイライラしてついきつく当たったり、何としても変えてやろうと強圧的になってしまったり。そういう自分にハッと気づいて、これじゃいかん!とイライラをぐっと抑圧して寛容なふりをして見せたり不快感から逃げるように、見ないふりをしたり。これでは、根本的には何も変わっていませんよね。まず、自分や他者の弱さに触れた時に自分の中に浮上する、何とも言えない不快感をしっかり捉えましょう。これが、弱い人を見るといても経っても居られずに...寛容な人、寄り添える人になるために

  • 第523弾 無料遠隔ヒーリングご感想

    【ヒーリングテーマ】誰かのために祈り、愛を送り、また自身に送られた愛と祈りを受け取るよう最高最善に働きかける11月4日実施**************************先週から、夜、眠る前に何度か愛を送りつつ祈りを捧げていたら、今朝、眠りから覚める前の意識に伝わってくるものがありました。私自身のカケラ君の孤独感が反応していたのです。「声を聞いて」と、カケラ君からの訴え。今まで「聞かなくちゃ」という前のめりだった私に対して、カケラ君から「聞いて」と言ってくる事自体、稀なこと。耳を澄ませます。*******************今回のテーマに沿って母など家族に思いをはせながらセルフワークを試みました。最も愛情を受けたときはいつだろうかと感じると、生まれたときに最も愛情を受けています。家族と対話をしながら生ま...第523弾無料遠隔ヒーリングご感想

  • 自分に対峙し続けるチャレンジ

    「自分に向き合う」ってどういうことですか?ってある方から聞かれて、う~ん、って一瞬、返答に窮してしまったのですが、改めて私なりに答えるとすれば、自分自身のあらゆる側面に気づき、知っていくそのプロセスのすべてと言えるかな、と思います。自分自身の内外で起こる様々なことに意識を向け続け、認識し、あるいは認識できていないことに気づき、またなぜ認識できていないのかを知り、ベールの奥に自ら隠してしまった自身の様々な要素に対峙していく。受け入れ難かったり、認めたくなかったり見ること自体を頑なに拒絶していたり、なんてことは日常茶飯事で、そんなものを前にしたときに、一目散に逃げだして固く扉を閉ざして無かったことにしたくもなるけれど、それでも逃げないで対峙し続け、その耐えがたい苦しさを受け止めていく。そうこうしているうちに、その苦...自分に対峙し続けるチャレンジ

  • 「自分がお留守」な人々

    これまで何度か「自分がお留守」という状態について書いたことがあったのですが、これについて改めて書いてみたいと思います。そのことを考えるきっかけになったのが、先日ある方に、人の話を聞いたり本を読んだりして影響を受けるのはあまりよくないだろうか?という趣旨の質問をいただいたことでした。最初は、そういう刺激によって何らかの影響を受けるのは当たり前だろうに、なぜそんなことを気にするのだろう?と不思議だったのですが、ご本人は、それによってすぐに不快になったり感化される自分に、何かしら不安というか、不安定さを感じていらっしゃるのかな、と思いました。そう言えば、以前も同じような質問を多分別の方から受けたような記憶があって、気にされる方もあるのだな、と思ったのですが、そういうことが気になってしまうのは、私なりの見解を述べるとす...「自分がお留守」な人々

  • 苦手に向き合う意識のタフネス

    今週の無料遠隔ヒーリングは苦手に向き合っていくことをテーマにしていますが、もうちょっと補足して書いてみようかな、と思います。みなさんは、苦手なことに意識を向けた時、どんな気持ちになっているでしょうか?先日、ある方と話をしていて、その方が多分とても苦手なことなんだろうなというところに話が向いたとき、その方の意識がふにゃ、というか、もわっというか、散漫になって達成していく意識の固さ(強さ)のようなものが無くなるのを感じました。たとえて言うなら、お習字の筆を墨をつけて整えたのがものごとを達成していく意識とすれば、ふにゃッとした意識は、バサバサの整っていない筆先とでも表現したらいいでしょうか。よく、心が折れるっていう表現がありますが、心って、ポキっと鉛筆が折れるように折れるだけじゃなく、ふにゃっと散漫になる折れ方もする...苦手に向き合う意識のタフネス

  • この人生は、誰のもの?

    これまで、何度か自分の体の中に、別の存在が入り込んでいるケースがあるということについてお伝えしたことがありましたが、入り込んでいる存在の志向性や能力などがその人の重要なアイデンティティになっているケースもしばしば見かけるので、今日はこういったケースについてお話してみようと思います。自分の中に別の存在が入り込んでいるって恐いとか気持ち悪いとか思うかもしれません。けれど、程度の差はあれ、こういうのは腸内細菌と同じくらい、すご~くよくあるので別に特殊なケースではありません。まぁ、誰でもいるよねってくらいに私は認識しています。多分、多くの人がイメージしているのは乗っかられているようなイメージなんじゃないかと思いますが、そういうのもあるし、体の内部に住み込んでいるような存在もいます。乗っかられていると、重かったり普段と違...この人生は、誰のもの?

  • 第524弾 無料遠隔ヒーリング

    毎週月曜日は恒例の無料遠隔ヒーリングのテーマ設定日です。第522弾無料遠隔ヒーリングのご感想と満月のオンライン瞑想会(10/31)ご感想をアップしました。さて。誰にでも、得意なこともあれば、なんだかこれ苦手、うまくできないということがあると思います。感覚的に、うまく掴めなかったり理解できなかったりするんですよね。だから、人は意識的、無意識的に苦手な何かに突き当たると、身をよじるようにしてそれを避ける反応をします。苦手な方向に進むと、微妙に体が緊張したりしますしね。私自身、最近この苦手をふと感じた瞬間があって、それはリーディングをしているときに、微妙にいつも読みにくい領域があるんですね。その領域に突き当たると無意識にその奥を読もうという集中が弱くなって突き抜けていけない。で、別の方向からの展開を図っているというこ...第524弾無料遠隔ヒーリング

  • 自ら学び取る姿勢

    どんな学びでもそうですが、基礎的な手ほどきを受けた後、それをどこまで深めて行けるかって、本当に人それぞれですね。まず、本人がその学びに対して必要性をさほど感じておらず、優先順位が低ければ、そこで終わってしまうでしょうし、必要だとは認識しても、趣味程度にそこそこやって満足する人もいますし、ものすごく必要性を認識し、スポンジが水を吸収するように求め、深く入って行く人もいます。学びと本人の相性、タイミングなどが一致したときにそうした深まりがその人の人生の中で「起こって」いくのでしょうね。それは何とも、ある意味、奇跡的なことだと思うのです。意識の目覚めや悟りを求めている人が、目の前にブッダやキリストが居ても、その人の中で本当に目の前にいる人の価値を見抜く感性が育っていなければ、ただの通りすがりのように、何の接点もなく素...自ら学び取る姿勢

カテゴリー一覧
商用