searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

因島のトラさんのプロフィール

住所
尾道市
出身
尾道市

イノシシ狩り・イノシシウオッチング・町おこしなどの情報がのっています。

ブログタイトル
徒然なるままに2
ブログURL
https://seikodo2.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
イノシシ駆除を行っています。イノシシ狩りの情報交換が出来ればと、入村しました。
更新頻度(1年)

354回 / 365日(平均6.8回/週)

ブログ村参加:2016/06/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、因島のトラさんの読者になりませんか?

ハンドル名
因島のトラさん
ブログタイトル
徒然なるままに2
更新頻度
354回 / 365日(平均6.8回/週)
読者になる
徒然なるままに2

因島のトラさんの新着記事

1件〜30件

  • 87㎏の雌イノシシが箱ワナに入りました。

    2020年10月17日因島中庄町でイノシシ兄弟と遭遇した後、奥山ダム周辺を走っていると、土生町郷区に設置した箱ワナに大型のイノシシが入ったとの連絡が入りました。午後10時が近いのですが、イノシシが大きくワナが壊れそうで怖いから早く処理して欲しいとの事でした。明日18日は広島に行く予定があるので、深夜操業をすることにしました。 まずは、イノシシの大きさを確認して、止めさしの方法と道具を用意しましょう。 これは本当に大きなイノシシです。普通は箱ワナにこのような大型のイノシシは入らないのですが、柿の実につられて箱ワナに入ったようです。 ①止めさしの方法は、槍で頸動脈を刺すことにしました。 ②箱ワナから引き出すのは、口にワイヤーを掛けて、ロープで引き出す事にします。 ③車に乗せるためには、板でスロープを作り、キトーの250㎏のチェンブロックで引き上げましょう。 その後、..

  • 中庄町のイノシシ兄妹

    2020年10月17日因島中庄町ポンポコ道で、イノシシ兄妹と遭遇しました。ライトに驚いた、子イノシシですが空腹なのか、その後は何かエサを探していました。やはり雨が降るとイノシシの活動が活発になります。登場は1分50秒過ぎです。

  • 銃によるイノシシ止めさしパートⅢ

    10月15日今月に入って、T頭君より三度目のイノシシの止めさし依頼がありました。 竹やぶの中のイノシシですが、くくり罠のワイヤーが5m近く伸びています。 普通は、竹にワイヤーが絡んで、動きが制約されるのですが、良い場所をワイヤーがくくっていますが、前足の骨が折れて、皮だけで繋がっているのが見えました。 竹林で銃を撃って外れると、弾が竹に跳ね返って危険です。写真を写している余裕はありません。竹に当たらずイノシシが撃てる方向・バックヤードに土があって安全な場所・方向などを見極めていると、突然にイノシシが後ろに下がり、勢いをつけて突っ込んできました。この勢い出来たら足がちぎれて逆襲されます。 イノシシが2m位に近づいた時、頭を狙って発砲!! 何とか一発目がイノシシの頭に当たり、ドット倒れました。 かなり危ない状況でしたが、運よく一発目が当たって、難を逃れることが出来ました。 ..

  • 新青影トンネル工事進捗状況

    10月15日新青影トンネル工事進捗状況をご報告します。 中庄側から掘り進め、西浦側までトンネル自体は貫通しました。 現在は、周辺の道路整備を行っています。 西浦方向の工事の進み具合です。 イノシシの捕獲場所(通称タタミ)に続く道も、入り口が変わり、補装も完了しています。 完成すると、大型バスが通れるようになります。

  • 銃でイノシシの止めさし依頼

    10月13日先日に続いて、T頭君より、くくり罠に掛かったイノシシの止めさしの依頼がありました。激しく動き回るイノシシですが、ワイヤーが樹に絡んでいるので、行動範囲は限られています。日陰なので暗がりに眼が慣れていませんが、ワイヤーが爪にかかって居るように見えました。暴れてワイヤーが外れると、反撃してきそうなので急いで発砲すると急所を外れていました。動きが鈍くなったので、今度はしっかりと急所を狙って、眼の横にレーザーサイトを合わせて発砲。止めさし完了です。 イノシシに近寄ってみると、爪ではなく、シッカリ足をくくっていましたが、ワイヤーがほぐれてバラけていました。 5ミリのワイヤーでなかったら、ワイヤーを切られていたことでしょう。 40㎏前後の雄のイノシシでしたが、脂は少なめです。今年はいまだにウリ坊がチョロチョロしていたり、異常な状態が続いています。 異常気象の影響が、イノシシの生..

  • 共猟でリリーちゃん負傷(>_<)

    10月11日因島猟友会の駆除班、10名が集合し風呂山一帯の共猟駆除を行いました。 私とA司さんとO野君とは、大山峠→大山→風呂山。他のメンバーは青影山登山道から風呂山方向に、中腹を横切り、挟み撃ちにする計画です。 ががちゃんを大山峠のイノシシのスレから入れましたが、途中で反対方向に匂いを取って行ってしまいました。 リリーちゃんを連れて、大山方向に歩き始めましたが、ががちゃんが大山峠の大シダの中で、イノシシを発見し「ワンワンワンワン」と猛烈に吠え始めました。この吠え方は、大きいイノシシです。 私はイノシシの真下で待機。A司さんは、峠道で待機。O野君は、大回りして上から大シダに向かいました。 O野君が到着する少し前に、イノシシが猟犬たちを捲って、「ドッドッドッ」とシダから出て、大山峠の上方向を大山方向に走りました。ががちゃんはイノシシを追いかけて、大山→風呂山と追いかけていきましたが..

  • 楽しみにしてい、新しい弓が到着

    10月9日45年前の古い弓が、真っ二つに折れて、ガッカリしていました。 何とか修理しようとしましたが、真直ぐに接着できませんでした。 時間をかければ何とかなりそうですが、よわい71歳なので体力の限界が迫っています。 とかなんとか、理由を付けて新しい弓を発注していましたが、昨日遅く到着したので、今日は組み立てて、チューニングしました。 欲しかったヤマハの弓はすでに撤退して、製造していませんでした。残念! 仕方が無いので、次にほしかった、HOYTホイットの2020年モデルを購入しました。 2020年モデルのハンドルは、左右のねじれをワッシャで調整するのではなく、左右のネジで簡単に調整できる優れものです。 リムは、カーボン仕様で、発射速度が速くなっているので、低い弾道で的に届き、風の影響も少なくなると思います。 振動を抑えるスタビライザーや矢は、中級品を選び、全体の価格を..

  • 銃でくくり罠のイノシシの止めさし

    10月09日T頭君が因島中庄町に仕掛けたくくり罠にイノシシが掛かったので、銃による止めさしを依頼されました。 くくり罠のイノシシの止めさしは、とても危険なので、生け捕りなどと言わずに、安全に処理しましょう。 今まで18年間で10回ぐらいくくり罠の止めさしに行って、ワイヤーを切られ、そのうちの半数は私の方に反撃しに来ました。銃があればほとんど倒せますが、槍で止めさしを試みて、20㎏ぐらいのイノシシにお尻をかじられたことがあります。 毎年、くくり罠の止めさしで、ケガをしたり、イノシシに反撃され無くなる方もいらっしゃいます。 今回も、レーザーで狙いを定め、横を向いた瞬間に、眼のすこし上を撃ち抜きました。 デジカメの電池が無くなっていたので、ガラ携のカメラでパチリ。 足がもう少しで切れそうになっていました。危ない所でした。 血抜きは、頸動脈を切ると良く血が抜けます。血だらけになっ..

  • 井戸に落ちたイノシシを駆除!

    10月7日、朝一番に、瀬戸田町の父の実家から電話がかかり、イノシシが井戸に落ちているので駆除して欲しいと、連絡が入りました。 急いで行ってみると、四畳半近くある大きな野井戸にイノシシが落ちて、アップアップしていました。 地元の方に胴体にワイヤーを掛けていただき、沈まないようにロープで固定し電気止めさしを行いました。 このようなときは、オーエスピー商会さんの二本槍タイプが便利です。 道路のすぐ横なので、池からイノシシを上げる時に、フォークリフトを使いました。 丸々と肥えたイノシシなので、90㎏近いかと思いましたが、75㎏でした。 1か月ぶりの、良いイノシシが獲れたので、記念写真「イエーイ!」 20年近い狩猟の間で、水の中のイノシシの止めさしは、3回目です。 手順は ①イノシシの胴体に太いロープかワイヤーを掛ける。   (死んでもスグには沈みませんが、止..

  • 田熊町公民館付近のイノシシ2頭

    10月6日買い物帰りのイノシシウオッチングで、田熊公民館付近で2頭のイノシシと遭遇しました。 慌てたイノシシは80度近くあるコンクリート壁をぼろうとしましたが、果たせず道路を走ってミカン畑に消えていきました。 動画はコチラで、イノシシの登場は2分10秒すぎです。

  • イノシシ共猟駆除

    10月4日因島猟友会駆除班6名で、因島椋浦町の一ノ城跡の出山で、共猟駆除を行いました。 遠く美可﨑城跡が見える景色の良い場所です。 リリーちゃんとががちゃん、2頭も参加しましたが、リリーちゃんのGPSが調子が悪く、どこにいるのか分かりませんでした。 結局1頭も穫れず、ボウズに終わりました。 お堂にお祈りしましたが、お供えが必要なようです。この近くには、レイ君の埋葬地があります。 11月の猟期から、24歳のK野君が参戦してくれるので、楽しみです。

  • 縦貫トンネル内の単車の事故

    10月2日イノシシの止めさしからの帰りに、南北縦貫トンネルを通ると、前の方でハザードを付けて車が止まっていました。 現場に行ってみると、同じ苗字の別のT頭さんが、単車の横で座っていました。大怪我ではなさそうなのと救急車は呼んでいるとの事なので、交通整理にまわりました。 しばらくすると救急車が到着し、病院に搬送されました。 怪我が軽傷であることをお祈りいたします。 「早く元気になって下さい!!!」

  • 銃でイノシシの止めさし

    10月2日T頭君から因島中庄町青影ドネル付近でくくり罠に掛かった、イノシシの止めさし依頼がありました。 前回は、電話で場所の確認をしている間にワイヤーを切って、逃げられましたが、今回は立ち木にワイヤーが絡んで動けない状態でした。箱ワナのイノシシはすべて、電気止めさしなので、銃の止めさしは半年ぶりです。 動きが少ないので、眉間を狙ってレーザーサイトでぴったりと急所を射撃できました。 体重は50㎏前後の雌イノシシでしたが、子育てが終わったばかりなので、脂は少なそうでした。 前足の良い場所に5㎜のワイヤーがしっかりと括っていました。

  • 田熊町でイノシシ2頭と遭遇

    2020年9月28日、田熊町浄土寺付近でイノシシと遭遇しました。 2分後に登場です。その後すぐにもう1頭イノシシが居ました。

  • スズメバチを10匹ゲット!

    9月28日、私の町内の民家の玄関先に、スズメバチが飛んでくるので、対策を頼まれていました。 近くの雑草の生えた空き地には、巣がありません。どこからか飛んでくるようなので、トラップを仕掛けておきました。 3日前には、ハチ以外が入っていましたが、今日見に行くと、0匹。 3匹 7匹 合計、10匹捕獲出来ました。 そろそろ、トラップの中のミツを交換して、もっと捕獲しましょう。

  • イノシシパトロール、やはりダニ1匹!

    9月28日9月に入って、イノシシがさっぱり獲れないので、リリーちゃんを連れて、大山峠から奥山方面に向かって、イノシシ駆除に行きました。 道路のあちらこちらを掘っているので、近くにイノシシが居そうです。 どんぐりが落ちていましたが、あまり食べていないようです。 そろそろイノシシがよく居る場所まで来ました。 地図の真ん中あたりです。 ヌタ場の水の濁り具合から、昨日の夜に来ています。 足跡から推定すると、40㎏ぐらいのイノシシと、70㎏ぐらいの大きい物も来ていました。 こちらのヌタ場も、濁っていますが、近くに落ちている芝栗の実は、イガのままで、食べていませんでした。 リリーちゃんは、2回ほどイノシシを起こしましたが、発砲しても当たりませんでした。 残念です。 4時を回ったので、下山しましたが、車に乗る前にズボンをチェックすると、3㎜ぐらいのマダニが..

  • 奥山ダムのイノシシ

    2020年9月25日、奥山ダムでイノシシと遭遇しました。 動画が始まったらすぐに、ライトに気付いて、左の茂みにひと飛びで、逃げて行きました。

  • 弓修理の穴あけ完了

    9月24日折れてしまったアーチェリーの金属部分のハンドル修復のために、M工業所さんで、ボール盤で穴を開けていただきました。 当店では8㎜ぐらいの穴を開けるボール盤が無いので、助かりました。 4ミリほどの修正が必要なので、夜なべ仕事で、約1時間。ぴったりと接合できます。 拡大すると、こんな感じです。 微修正の後、M6のステンレスネジの頭を飛ばして差し込み、センターを出しながら接着剤で固定します。 次には、3㎜の帯鉄で補強すれば使えるようになる予定です。

  • 鹿食免(かじきめん)とは

    ハンティングログさんのブログで、諏訪大社の鹿食免(かじきめん)の言葉が出てきました。 ネットで調べると、「諏訪大社の鹿食免(かじきめん)とは」https://marishi.weblogs.jp/blog/2009/10/post-cbd8.html仏教の教えが肉食を禁じていた時代(江戸時代)に、諏訪大社が肉食の免罪符として「鹿食免」というお札を発行していた。このお札を持っていると、シカ・イノシシなどを獲って食べても罰せられなかった。免罪符のようなものである。信濃毎日新聞の記事によると、現代版のお札は、「鹿食免」の文字を記し、諏訪大社の焼き印が押されている。また、神職からは、鹿食免の札などを収めた「神棚」を調理場に祭ってほしいとの提案もあったそうだ。 追記(2010.3.1) 近くまで来たので、諏訪大社に寄ってみた。上記の記事通りに、「鹿食免」のお札を売っていた。お札には次の勘文..

  • 新人のために、くくりワナの設置場所探し

    9月の中旬は、狩猟登録の時期です。 今年も新人が、相談に来て、どこにワナを掛けたらよいかと聞きに来られました。 因島には、45人ほど狩猟者が居るので、新しいワナの設置場所を探すのは大変です。 理想のくくり罠の設置場所は、イノシシが良く通る場所で、道路から近く見回りが楽で、掛かったイノシシの止めさしが楽で、搬出も楽な場所で、銃で止めさしが出来る場所。 そんな場所は、私でなくても誰かが掛けています。 リリーちゃんとががちゃんの散歩を兼ねて、奥山ダム周辺に設置場所探しに行きました。 ダムの上流に、大きなヌタ場があるので、この辺りをお勧めしようかと思います。 欠点は、車まで100mほど引っ張る必要がありますが、体力がありそうな新人なので、大丈夫でしょう。 お節介のようですが、イノシシを獲る楽しみがわからないと、数年で止めてしまいます。 2~3頭、獲らせてあげると、やめる人..

  • 蜂捕獲作戦

    ご近所宇和部区の民家の玄関に蜂が寄ってくるので、何とかして欲しいとの要望がありました。 区長を承っている私としては、対応が必要です。 現場を見に行くと、蜂の姿は消えていました。 仕方が無いので、蜂捕獲器を作って、捕獲作戦開始です。 こちらにも、よいしょ。 もう一丁こちらにも、 仕組みは、ペットボトル四方に窓を開けた、シンプルなものです。 3日後がコチラ。ジャーン、蜂は入っていませんでした。 エサのミツの配合が、良くないようです。 オレンジジュース・蜂蜜・焼酎でしたが、オレンジジュースに替えて、グレープジュースにしてみようかな?

  • リリーちゃんの怪我

    9月20日リリーちゃんの怪我がだいぶ良くなりました。一週間前の13日に大山峠でイノシシとバトルをして、右足を切られてしまいました。 大シダの中にイノシシが居るのですが、中々出てきません。小型のイノシシは猟犬に吠えられるとすぐに逃げ出すのですが、50㎏以上あるイノシシは、猟犬をバカにして、すぐには動きません。 1時間以上たった時、縛ってあった、ががちゃんもリードを切って、勝手に参戦しました。 2頭の猟犬がワンワンワンと吠えたてるので、イノシシが反対方向に、ドッドッドと走っていきました。 猟犬も追いかけ始めましたが、「キャンキャンキャン」とリリーちゃんが悲鳴を上げました。イノシシに反撃されたようです。 急いで回収して、獣医さんに治療していただきましたが、日曜日には休日診療が2,200円余計にかかります。 それでも、1万円以内で済みました。 治療のすぐ後で、痛いので、しょん..

  • ワーォ。折れた!!!!

    9月20日自宅で10mの的に向かって、アーチェリーの練習をしていたら、突然、弓が真っ二つに折れてしまいました。 まあ50年前の弓なので、白いリム部分が、接着が剥がれて割れることは覚悟していましたが、ハンドルが折れることは想定外でした。 結構、表面は奇麗なで、ワックスがけしたばかりなので、ピカピカしていました。 でも!! パッキリ! ハンドル部分を外してみると、塗装が剥がれて、変色していました。若いころは毎日100射ぐらい撃っていたので、経年変化と金属疲労のダブルパンチだったのでしょうね。 はたして、修理ができるものか、金属加工の専門(M工業所)の方に、見ていただきましょう。グスン。

  • 田熊町六松公園登山道のイノシシ親子

    2020年9月19日、田熊町六松公園登山道で、ウリ坊2匹とウリ坊1匹と母イノシシ1頭のイノシシ親子と遭遇しました。同じ家族だと思います。登場は1分30秒前後です。

  • 天狗山林道で子ウサギと遭遇しました。

    9月18日天狗山林道で子ウサギと遭遇しました。何時までも道路から横に逃げないので、ライトを消したりしました。 登場は1分15秒ごろです。 ライトを消してしばらく待っていたら、2分ごろ、やっと道路から外れて茂みに逃げて行きました。

  • 縦貫道路のイノシシ

    2020年9月15日縦貫道路のイノシシのトンネルの手前で、イノシシと遭遇しました。道路の端に居たのでぶつかりませんでしたが、他の車は大丈夫だったのでしょうか。この区間はイノシシが良く出るので、制限速度以下のすぐに止まれる速度と、前方に注意しながら走行しましょう。すでに何台もイノシシとぶつかる、事故が起きています。 登場は1分25秒過ぎです。

  • イノシシ3頭と遭遇

    9月10日大山峠と天狗山林道と水軍スカイラインでイノシシと遭遇しました。初めの2頭はちらりとしか見えないので、大きい画面で見てください。 山から池のヌタ場に向かう、大山峠のイノシシです。 天狗山林道の小型のイノシシです。チラッとしか見えませんでした。 水軍スカイラインのイノシシです。のんびりとエサを探していましたが、車に驚いて道路から出ていきました。

  • 補聴器に紛失防止のヒモを付けよう。

    9月10日世界初の充電式の耳穴補聴器が売れました。 お客様は高齢で、視力が良くない方なので、電池交換が困難で、マスクと眼鏡が耳掛け式補聴器では不都合です。 耳穴式補聴器にヒモを付ける場合は、輪になったループ式のテグスを付けるのですが、充電器の邪魔になるのと、テグスを付ける場所がセンサーに近く、メーカーからループ式テグスを断られました。 こちらが充電器です。 メーカーからの、一本テグスが付いた補聴器。赤い補聴器は右用で青い補聴器が左用です。色を付けて左右がわかりやすいようにしています。 その一本テグスに、別のテグスを、とっくり結びで、輪っかを作りました。結び目はほどけないように接着剤で固めました。 こちらが、紛失防止のヒモです。 補聴器と連結してみました。 問題は、スムーズに充電できるかどうかです。充電器に乗せてみました。 問題なく、充電出来..

  • 良い事があった日は、カティーサーク!

    今日は良い事があったので、カティーサーク(ウイスキー)を飲むことにしています。通常は体調を考えて、黒糖焼酎(島のナポレオン)を杜仲茶のお湯割りを飲んでいます。 カティーサークをお気に入りのデキャンターに入れています。 ビンの中にガラス細工の帆船が、入っています。 この帆船を、どのようにビンに入れたのか、考えながら、インターネットの大海原を漂いに行くのです。 飲み方は、若いころのように、濃いめの「コークハイ」 あれれ、アマゾンのプライムビデオで、チャングムが有料になっていました。残念! まあTVでもやっているのでそちらを観ましょう。 良い事とは、アーチェリー体験希望者が、3名も増えたことです!「ウフフフ」

  • 奥山ダムのイノシシと林道の倒木

    9月8日奥山ダムの溝でエサを食べているイノシシと遭遇しました。車に気が付いたイノシシは、大慌てで山に逃げて行きました。食事の時間のお邪魔をしてしまいました。登場は1分10秒過ぎです。 その後、天狗山林道に向かいましたが、倒木が道をふさいでいました。何時も積んでいる大型のノコで、ギコギコと切、何とか車が通れるようにしました。倒木は1分過ぎです。 少し時間が掛かりました。 3回に分けて、やっと倒木を片付けられました。 苦労のかいもなく、本日のイノシシの遭遇は1回だけでした。

カテゴリー一覧
商用