searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

筆子さんのプロフィール

住所
カナダ
出身
愛知県

カナダ在住、昭和34年生まれの筆子です。座右の銘はシンプルイズザベスト。ミニマリストめざして、持ち物をどんどん断捨離。今年はお金をためる癖をつけたいです。まずはどんぶり勘定しないように、日々のお金の流れを把握する練習中。

ブログタイトル
筆子ジャーナル
ブログURL
https://minimalist-fudeko.com/
ブログ紹介文
ミニマリスト五十路ブロガー筆子が、断捨離と節約で楽しく真剣に老後の生活設計をする日々の記録
更新頻度(1年)

364回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2015/02/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、筆子さんの読者になりませんか?

ハンドル名
筆子さん
ブログタイトル
筆子ジャーナル
更新頻度
364回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
筆子ジャーナル

筆子さんの新着記事

1件〜30件

  • 着ていない服を捨てたい。でも、捨てるのはむずかしい。そんなときはこう考えてみる(その1)

    買ったけど、全然着ていないからもう捨てたい。しかし、捨てられない。この硬直状態から抜け出す考え方を紹介。なぜ捨てたくないのか考えればいいのです。理由1:捨てるメリットを実感していない、理由2:捨てるのは面倒だと思う。捨てられない理由と、対策を解説。

  • 化粧に時間や多大なエネルギーを注ぐのはやめて、素の自分と向き合うすすめ。

    新型コロナウィルスの影響で、長距離の移動や、大勢で集まることがしにくい今は、暮らしをシンプルにするチャンスです。この時期、特におすすめしたい2つ、1.化粧に時間とエネルギーをかけすぎないこと、2.巣の自分と向き合うことについて詳しく解説しました。

  • 特別定額給付金10万円の有意義な使い方~シンプルライフを目指している人用。

    新型コロナウイルスのせいで、とくに収入が減ったわけでもないから、もらった給付金の10万円の使いみちに困っている。物を増やしたくないので、買い物もしたくない。どうせなら、意味のある使い方をしたい。そんな人に、できるるだけ有意義に使う方法を7つ提案しました。

  • ミニマリスト主婦、筆子の14着の服を公開、写真つき(2020年夏版)

    読者のリクエストに答えて、現在の手持ちの服14着を写真つきで紹介。トップス、ボトムス、アウターの3つのカテゴリーに分けました。服を減らすコツは、自分が本当に着る服だけにすること。よく着る服だけを残せば、そんなに枚数はいりません。

  • 仕事でどうしても必要な物が部屋を占拠していたらどうするか。

    読者の質問2つに回答。1.仕事上、どうしても必要な本が部屋を占拠して困っています。どうやって片付けたらいいですか? 2.床に寝るのは汚いと思いませんか? 仕事で必要な物はニーズなので、捨てなくてもいいです。まずは、仕事に関係のないものを徹底的に断捨離してみてください。

  • いかに物が私たちの時間を奪っているか?(TED)

    プロのオーガナイザー(片付けをサポートする人)による、How Stuff Robs Our Time(いかに物が私たちの時間を奪うか)というTEDの動画を紹介。抄訳つき。平均的な人は、生涯に1年の時間を探しものに費やしている。物についている物語を変えれば、捨てられる、という内容です。

  • もう着ないけど好きな古着をリメイクして大満足した話。

    暮らしや持ち物をシンプルにしつつある読者4人のお便りを紹介。内容は、1.好きだった服を帽子のリボンにリメイクしたこと、2.リギフトに関する気づき、3.固定電話を解約したあとの生活、4.つらいこともいつかは終わる話。それぞれの読者の考え方や、生活の工夫が参考になります。

  • 来客用の布団はどれぐらい持てばいいのか?(質問とその回答特集)

    読者の質問2つに回答。1)押入れにはどのぐらい客用の布団を入れておけばいいか? 2)白米は加工食品ですか? 布団は場所を取るし、湿気がこもるとダニやカビの温床になるので、必要な分だけ持ったほうがいいです。布団の適正量をはじきだす考え方を説明しましした。

  • ファッションに対する考え方を変えて手持ちの服をダウンサイズする方法。

    大々的に断捨離しなくても、服装について、考え方を変えるだけで、次第に服が減っていく生活の仕方を7つのポイントに分けて紹介します。一番におすすめするのは、よく見せようとしないことです。自分を飾りたて、たくさん重ねて、いやだと思うところを隠そうとすると、服が増えます。

  • 気力をふりしぼらないと捨て始めることができない人へ~さっとスタートする7つのコツ。

    ガラクタに立ち向かう気力をふりしぼってから、捨てる物を探していて、とてもスムーズに捨てているとは言えない。そんな気持ちで汚部屋を片付けている人が、もっとフットワーク軽く、始めるコツを7つ紹介。まずは考え方を変えるとうまくいきます。「失敗してもいい」「スムーズにいかなくて当たり前」と思いましょう。

  • もう受信箱にメールをためこまない~私がおすすめするシンプルなメール管理法。

    受信箱にたくさんメールが入っている人が、もうメールをためこまないようにするコツを5つ紹介。まずは、現在メールでいっぱいの受信箱をカラにします(リセットする)。次に不用なメールは全部配信拒否します。一気にやると疲れるので、1度の作業は15分ぐらいにして、コツコツ続けます。

  • 不用品をため込んでいる現実と向き合う5つの方法。

    シンプルライフへの第一歩は、いかに自分がたくさんのものをかかえこんでいるか、気づくことです。たくさん持っている現実を自覚するために、考えるべきポイントを5つ紹介しました。新しい物を導入することばかり考えず、時には、家にある物と向き合うことが生活の充実につながります。

  • スーパーマリオ効果 – もっとたくさんのことを学べるように脳をうまくだます(TED)

    人気ユーチューバーによる、The Super Mario Effect – Tricking Your Brain into Learning More(スーパーマリオ効果 - より多く学べるように自分の脳をだます)というタイトルのTEDのプレゼンを紹介。失敗ではなく、ゴールに意識をむけるともっと学べるようになる、という内容です。

  • 最近私が始めたこと~新しい人生はいつでもスタートできる。

    シンプルな生活を送っている読者2人のメールを紹介。内容は、・私の「4ない運動」、・最近の片付けとこれからの目標。それぞれの考え方や暮らし方の工夫が参考になります。今年ももうすぐ折返し地点。仕切り直しをしたい、と思っている人を勇気づけてくれるでしょう。

  • ふと気づくとまた汚部屋。増える⇒捨てる⇒また増えるのサイクルを断ち切る暮らし方。

    物が増えすぎたから、がーっと断捨離。きれいになったけど、またしばらくすると、また増えてまた汚部屋。こんなサイクルから抜け出す方法を9つ紹介。最初におすすめするのは、毎日のリセットです。その日のガラクタはその日に処理します。何でもためると後が大変です。

  • せっかく片付けても夫が散らかすから腹が立つ。この問題の解決法。

    片付けや断捨離をしてきれいにしても、夫が物を捨てないし、散らかすので腹が立ちます。どうしたらいいでしょう? この質問に回答します。「散らかす」といってもいろいろな状態があります。夫のどんな行動が気に食わないのか、具体的に書き出して、現状を把握するところから開始します。

  • 物の片付けに関する記事を『PHPくらしラク~る♪』7月号に執筆しました。

    現在発売中の『PHPくらしラク~る♪』7月号に、筆子の記事が2つのっているので紹介します。合わせて、とくにおもしろいと思った記事とその感想ものせます。私の記事は、家に物がたまっている9つのサインと、1週間で8割捨てる具体的なやり方です。

  • 断捨離や片付けのゴールの決め方。目的地がわかっていると、捨てる物に迷いにくい。

    最近、部屋の片付けのペースが落ちてきた。断捨離のゴールがわからなくて悩んでいる。この質問に回答。片付けとは切り離して、自分が人生に求めていること、自分の願い、理想の生活、どうしたら自分は満足できるのか考えることから、ゴールを見つける方法を紹介します。

  • シンプルな生き方をするために実際に私がやっている7つのこと。

    シンプルな生活をめざしている私が、そうなるためにやっていることを7つ紹介。私にとってシンプルな暮らしはどんな生活か、まずそこから書いています。7つのうち、1つでもやってみると、今よりずっとシンプルライフになります。考えることやストレスが減って楽なので、多くの方におすすめします。

  • 知らない人にだすラブレター(TED)~手書きの手紙のいいところ。

    他人に綴る愛のこもった手紙(Love letters to strangers)というTEDの動画を紹介。講演者はハナ・ブランチャー。手書きの手紙のメリットを伝えます。うつ状態になったとき、ハナは見知らぬ人に手紙を書き、街のあちこちに置きました。その行動は、他人同士が手紙を書く団体に発展しました。

  • やらないことを見つけて捨てれば、もっと自分らしく生きられる。

    いらないものを捨てたら、身軽になっていい感じになってきた、と教えてくれた読者3人の方のメールを紹介します。1.最近私が捨てたもの(やらなくていいこと、デジタルなガラクタ)2.ゼロになりたい、3.まっさらな自分になりたい。それぞれの考え方や行動が大いに参考になります。

  • 思い出の品で家を倉庫にするな。たまりすぎた古い物を捨てるコツを書いた記事のまとめ。

    家の中にごっそりたまっている古い物の捨て方を書いた記事、25個をまとめました。・考え方(マインドセット)、・写真と手紙、・子どもの作品、・実家にあった古い物、・趣味関係のものとコレクション、・日記帳など、自分の記録、・その他、記念品など、の7つのカテゴリーごとに紹介。

  • 汚部屋すぎて、どこから始めていいかわからない人に伝える片付けの始め方。

    汚部屋度が高い人におすすめしたい、片付けの始め方を紹介。ステップは3つだけです。捨て方は、1度に1つずつ。1度に一気に片付けたいと思っていると、「あれもこれもやらなくちゃ」とか、「こんなにいっぱいあるから片付くはずがない」と思ってしまいます。

  • 自分の時間がないというイライラから抜け出す方法~シンプルライフで叶います。

    仕事や家事で忙しく、なかなか自分の時間が持てない。そんなストレスが多い生活を改善する方法を5つ提案。シンプルライフにすれば、もっと時間ができるので、まずは物を減らして、家や職場を片付けてください。さらに、見なくてもいいものを見ず、しなくてもいいことをやめます。

  • 心の重荷になっている大きな物を捨てる5つのステップ。

    大きいので捨てるのが大変な物を捨てる手順を紹介。「捨てるのが大変だから」という理由だけで持っている物があったら、今すぐ、捨てる作業に入ってください。大きな物は、場所を取るし、維持や管理に時間とお金がかかります。何より、心に、ずーんと重たくのしかかってきます。

  • 瞑想 – 今日もっとも重要なたったひとつのスキル(TED)

    簡単な瞑想でこころ(脳)のバランスをとる方法を教えてくれるTEDのプレゼンを紹介。タイトルは、Meditation - The Single most important skill needed today (瞑想、今日必要とされるもっとも重要なたったひとつのスキル)。

  • あって当たり前、そう思う物を見直すともっと生活はよくなる。

    シンプルな暮らしを心がけている読者のお便りを3通紹介。1.あるのがあたり前だと思っていた家電を捨てたらどうなったか、2.お風呂用の洗剤を捨てた話、3.断捨離したら体調が悪くなった体験。読者それぞれの考え方や生活ぶりに、いろいろヒントをもらえます。

  • 買い物する言い訳と、それに対して自分でする反論、後編7個。

    よくある買い物の口実と、それに対する反論の紹介、7個です。欲望のままにどんどん買ってしまう生活から抜け出すために、ぜひ、自分の言い訳パターンに気づいてください。ストレス解消のため、こんなに仕事をがんばったのだから、近々イベントがあるから、などそれぞれの言い訳と、反論を具体的に書いています。

  • 見るといやな気分になるものを捨てる:プチ断捨離48

    きょうは、見るたびにいやな気分になるものを捨てましょう。ネガティブな感情を5つにわけて、それぞれ捨てたほうがいい物を紹介。1. いやな思い出、2. 不愉快、3. 悲しみ、4. 焦り、5. 罪悪感。「これを見ると私はどんな気持ちになるか?」と自問すると、捨てるものが見つかります。

  • 山のようにある思い出の品から意味のあるものだけを残すすすめ。

    思い出の品がたくさんありすぎると、ガラクタになり、持っている意味がなくなります。たくさんある思い出の品から、意味のあるものだけを残す方法を紹介。自分の時間、体力、心のエネルギーには、限界があるので、収納スペースいっぱいに思い出品を突っ込んでいても、それを活用することができません。

カテゴリー一覧
商用