searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

タブタブさんのプロフィール

住所
釧路市
出身
釧路市

タイトルを 「タブタブの何処かへ行こう」から 「北海道でノンビリと」へ変更しました。 オッサンのボケた頭では、この作業がなかなか出来なくて苦労しましたが何とかなりました(笑)

ブログタイトル
北海道でノンビリと
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/takaaki9464
ブログ紹介文
北海道はでっかいど〜 東北海道の隠れ観光スポットを紹介。
更新頻度(1年)

260回 / 365日(平均5.0回/週)

ブログ村参加:2014/12/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、タブタブさんの読者になりませんか?

ハンドル名
タブタブさん
ブログタイトル
北海道でノンビリと
更新頻度
260回 / 365日(平均5.0回/週)
読者になる
北海道でノンビリと

タブタブさんの新着記事

1件〜30件

  • 心凍らせて

    今日は検査日。憂鬱な一日が始まる。前夜、珍しくスマホの目覚まし機能をセットして寝た。ストーブはタイマーセットで火が点いているが部屋はまだまだ寒くてストーブ前を動けない私を横目にルンバは洗濯をし、仏壇へ供物を上げ、掃除機をかける。動き回るから、この程度の寒さの方が汗をかかなくて良いのだそうだ。気合いを入れて顔を洗い食事をしないで病院へ行くのだが、その前に車のオイルが凍っているのでエンジンを暖める必要がある。ガッチリ着込んで車のドアを開けたら、車全体が真っ白。霜に覆われていて外が全く見えないが何とかエンジンをかけて家へ逃げ帰った。予約時間より2時間早く家を出て、先ず車の窓ガラスに貼り付いた霜を削る。バックミラーに貼り付いた霜はミラーに付いている熱線のSWで溶かす。外気温はマイナス17度だが、暖機運転が効いてエンジン...心凍らせて

  • 一年以上ご無沙汰していた穴

    穴に指を入れるのが好き。それなのに、なんで今まで忘れていたのか不思議だが、しばらく耳くそ(耳あか)を取っていないのを思い出した。テレビか何かで、取らなくても口を動かしている時に自然に剥がれ落ちるとか云っていたからかも知れない。今日は雪かきも無くヒマなので急に思い出して試しに一年以上ご無沙汰していた穴へ小指を突っ込んでみたら・・・・・何かに触れた感触。「何かがある」と確信し少し嬉しい。引き出しから耳かき棒を探し出し、恐る恐る穴の奥に突っ込んで探検開始。昔は、ルンバに膝枕をして太ももをナデナデし、お互いに取りっこしたこともあったのに今ではサッパリ。私に耳があることさえ忘れているようだ。自分で穴の奥を探るのは怖い。それに久し振りなので勇気が出ない。それで一回目は空振り。二回目は、もう少し奥を探って、何かを引っ張り出し...一年以上ご無沙汰していた穴

  • ヒヨコじゃねぇよ

    ヒヨコは生まれた時から毛がフサフサ。だから同じタンパク質のケラチンとか云う成分の入った薬を頭皮に吹きかけると毛が生える・・・・・かも知れないなんてCMを見て、「生えねえよ」と悪態。(こんなもの買うヤツいねえよ)・・・・・少しはいるかも知れないけれど(笑)自分の毛根付近に同じ色の髪に似た糸を結んで、これで1本が3本に増毛なんてCMを見て、(1本が抜けたら3本抜けるってことじゃねぇか)と笑う。私は「自然派」だ。禿げたら禿げたで仕方が無い。抵抗したって無駄。禿げたって良いじゃないか、人間だもの(相田みつを風)。父は30歳代半ばで兆候が出て毎日鏡の前に立っていた。そして悔しそうに私に云ったのは「お前だって禿げるんだからな」の一言。何でも父だけではなく母方にもハゲが勢揃いしているらしい。しかし予想に反して私は50歳になっ...ヒヨコじゃねぇよ

  • ボス猫のように

    夜半、静かに雪が降り出した。それが朝方雨に変わり、そしてまた気温が下がり雪に戻ったらしい。それでシャーベット状になった雪が凍り、あまり見ないガチンガチンの世界。カーテンを開けたら、既に家の前で除雪するルンバとスリスリの姿。仕方なく私も着替えて外へ出たが、既にほぼ除雪は終わっていて「今頃出てきても・・・・・」と云う顔だが、それを口には出さないルンバ。2時間前から頑張っていたと背筋を伸ばした。まぁ、私も一応数回雪を運び、30分程お手伝いをして終了。向かいの旦那は体調が悪いのか出てこない。いつもは一切雪かきをせず、窓から雪かきをする旦那を眺めているだけの婆さんが珍しくスコップを手に物置までの一本道を築いてオシマイ。車に載った雪をそのまま残して家へ戻った。どうやら私以上に頑固な「溶ける派」のようだ。ルンバはゴミ集積所の...ボス猫のように

  • 凍結路面

    この時期には珍しく気温が一度プラスになり、そして又零下に戻った。歩道の雪上には靴で踏まれた足型が重なりあって凍結している。冬靴であっても、そのガタガタ道を歩くのは至難の業で、転ばないようにと普段使わない筋肉を使うのか倍は疲れる。時々足下から煎餅でも割ったようなバキッと云う音が聞こえ、気を抜くとツルッと滑る。こんな道で転んだら骨折するだろう。運が悪ければサスペンスドラマで階段を転げ落ちる以上のショックを受けて死ぬかも知れない。そう思うとジョギングはとても無理で、ウォーキングも途中で諦めた。最近、私の住居がある区画で私より年下の一人住まいの男性が亡くなったと死亡記事が出ていた。その家の除雪はされていなくて、玄関まで点々と付いている足跡は喪主をしたと云う親戚の方のものだろうか。これで近所の空家は3つに増えた。空き地も...凍結路面

  • あぁ 神よ

    驚いたこと(>_<)急に雪が降り出した。降っていると云うより舞っている感じだ。天気図をそのまま実写で見ているように隣の空き地で西から流れてきた大粒の雪が家の近くでクルリと方向を変えた。吹き溜まりが出来る様子を説明している科学館にいるようだ。ついに人口で帯広市に僅か3人差で抜かれ、私の町が北海道内で5位から6位に転落した。帯広は十勝大豆やポテチのジャガイモで知られる農業の町。有名な菓子店もあり今でも活気がある。私の町は温暖化などで漁業が不振。サンマや鮭が捕れず市場が閑散としていた。その上、今年は日本製紙が撤退するのでさらに寂れるだろう。いつもはカードでATMを利用しているのだが、記帳も兼ねて通帳を入れてATMを使ったが、どんどん続く印字音に不安を覚え、吐き出された通帳の残高を見て・・・・・マジかぁ・・・・・散髪へ...あぁ神よ

  • 怒りの炎を消すには

    また未明から雪。予報では午後にプラス3度まで気温が上がるので「溶ける派」としてはそれ程心配していない。昼寝していると、玄関の方から突然ガシャン、ドシンと大きな音。どうやら一人で雪かきをしていたルンバがキレて「手伝え、コノヤロー」と云う怒りの爆弾をスコップやドアの音で表現した様子。それであわてて着替えて外へ出た。降った量は多くないが気温が上がっているので水分を多く含み重い。大部分は終わっていたのだけれど、少しでも動けば怒りの炎も治まるだろう。さらなる鎮火を願い「お昼は燦(さん)の豚丼をtakeoutしよう」と提案した。ここの豚丼は、家の近くにある食べログで紹介されている店なんかより相当美味い。その提案に思いっきり笑顔のルンバ。電話で予約し往復90分、市の端から端への長距離ドライブ。雪捨て場にはダンプカーが次々と押...怒りの炎を消すには

  • 乳は無くても

    零下の中、ウォーキングに出た。冬靴はスニーカーと違い、柔軟性に乏しい上に重くて歩きにくい。誰が頑張ったのか団地内の歩道も歩ける程度に除雪されていて、踏みしめる雪がギュッギュツと心地よい音をたてた。軒下には見事なつららが何本も競うように伸びている。4キロ歩く予定を途中でユーターン。誰かが心の中で、「そんなに頑張らなくても良い」と囁いたからだ。今日は夕方から雪の予報。その前に買物へ行きたいとルンバが云っていた。そうだ、その前にスズメさんの為に雪を除けて餌を置こう。乳は付いていないけれどルンバよりは愛嬌のあるスズメさん。スズメさんも雪が降ると餌に困るだろう。そのうち、丹頂のように私の姿を見ただけで飛んで来るかも知れない。そうなったら可愛いだろうなぁ・・・・・乳は無くても

  • やっと使えたクーポン券

    沢山のクーポン券が付いた小雑誌が届いた。私の町にマクドナルド、すき家はあるけれど、なか卯は無い。ガストも無いし、しゃぶ葉って何❔デニーズに上島珈琲店、はなまる、ロイヤルホストも無い。牛庵って焼き肉の店❔無い店のクーポンを並べて送ってくるなんて、嫌味としか思えないし損した感じがする。ギュッと丸めて捨てようとして眼の端で捉えたのがサンドラの文字。「サンドラックってあるよね」とルンバに確認したら「あるよ」の返事。やっと使えるクーポンが見つかったと喜びミシン目から切り離してサンドラへ。せっかくなので、高い買物をしようと考え、思いついたのが雪かきの時に巻く腰痛ベルト。サイズ、あるかなぁ・・・・・XLやっと使えたクーポン券

  • 「何でもお持ち下さい」って書いてあるじゃん

    「何でもお持ち下さい」と書いてあるリサイクルショップへ、その気になって持っていったら「これは買取りできません」と云われて憤慨した過去がある。壊れている分けでも無く、ただ威力が自分では物足りなかっただけだ。それなのに「買い取れません」と突き返されたので憤慨して「何故❔」と云ったら「使用したものですよね」と云うので「1~2回」と正直に返事したのだが「他人の使用したモノは嫌でしょう」と店員は云うのだ。だってリサイクルショップで売られているものって大半は誰かが使用したものだろう。そう思いながら突き返された品物を手に家へ戻ったのだが、その事を家族に言ったら「そりゃそうだよ、店員さんの言うことが正しい」と誰も私の味方にはなってくれない。それで電池を外して本体を燃えないゴミの袋へ投げ込んだ。絶対買い取ってくれると思ったんだけ...「何でもお持ち下さい」って書いてあるじゃん

  • 出(いで)よ太陽神

    夜半、電柱の灯りに浮かんだ横殴りの雪。粒は小さな粉雪だが、量にモノを云わせて一面を白く覆う。太陽神を信奉する「溶ける派」の私も、雪かきを覚悟してベッドに入った。そして今朝。恐る恐るカーテンを開けたら予想通りの銀世界。その中で早くも除雪している人の影。どうやらスリスリだ。1Fへ下りていったらルンバは6時過ぎから雪かきを頑張っていたそうで、最早限界が来たのかリタイアしていた。玄関前が吹き溜まりでドアが開かずに苦労したらしい。除雪の鬼も老化には勝てない様子。バトンの代わりに腰痛ベルトを手渡されチョコを2粒口に入れて、今度は本来「溶ける派」である私の出番。玄関には既に私の長靴が真ん中に置かれていて「頑張れ」と私を威圧。孤軍奮闘していたスリスリはやっと出てきた私の姿を見つけて嬉しそう。「車庫の前は先にきれいにしておいたか...出(いで)よ太陽神

  • 北・漁・港(吉幾三)

    明日から荒天の予報なので、返却日までは間があるけれど図書館へ行った。密室空間のエレベーターでは、隅を確保し出来るだけ呼吸を浅くした。サッと返却し、メモしておいた本を選んで滞在時間は僅か数分。せっかく街jまで出たので港を巡った。港内には蓮の葉氷が浮かんでいた。油断して足を滑らせてポチャンと落ちると一巻の終わり。慎重に、慎重に歩く港の向こうには雪を載せた雌阿寒岳。そして、その手前には今年で閉鎖すると報道された日本製紙の煙突。この煙が消える日が来るなんて、考えてもいなかった。北・漁・港(吉幾三)

  • 零下のウォーキング

    マイフレさんから「最近は春採湖をウォーキングしないの❔」と云われ、仕方なく久し振りに春採湖へ(笑)湖面が凍結していて、その上に点々と鳥の足跡が残っているけれど冷たく無いのだろうか。そう言えば丹頂鶴は川の中に立って夜を過ごすのだった。私も気合いを入れて一周4.7キロある湖岸の遊歩道を歩き始めたが、気温がマイナスなので空気が顔に突き刺さる。それなのに頑張って歩いている人が何人もいて驚いた。私は写真を撮りながらの移動なので、ウォーキングと云うよりは散歩かも。でも久し振りに歩いたので腸が動いたようだ。こんな寒い中で尻を出すと一瞬で凍り付いて間抜けな銅像になりそうなのでユーターン。沢山写真を撮ったので、写真だけを見た人はきちんと一周したと思うに違いない。零下のウォーキング

  • 教場Ⅱ

    神経の張り詰めた中で行われる警察学校ドラマ。何人もが適正ではないと途中で退校させられ、精神を鍛えられる。人の心の奥底を覗き込む教官役に木村拓哉が迫真の演技で挑む。とにかく最初から最後まで緊張の連続で観ている方も疲れる。それでも半年後に何とか耐えきり卒業する生徒の姿に、まるで家族のようにオメデトウの言葉が浮かぶ。卒業生一人一人に言葉を掛ける木村拓哉の敬礼が本当に美しく決まっていて、それに合わせて私も、そして家内もテレビに向かってサッと敬礼を繰り返した。この緊張を解かせようと云うことなのだろうか、最後に何故か明石家さんまが交番の警察官で登場し、ボケをかますのだが、あれは余計だなぁ・・・・・教場Ⅱ

  • 有難う、オリゴ糖(ジョイマン風に)

    食事制限されているので、正月用に特別な買物をしなかった。刺身や寿司も無い。カマボコや伊達巻き、昆布巻きも無い。寂しい楽しくない正月三ケ日が過ぎた。昨年末、ジュニアに貰った高級コーヒーを淹れたけれど、人工甘味料は身体に良くないらしいので、代わりに初めてオリゴ糖なるものを使ってみた。蜂蜜を使ったことはあるけれど、安いのは中国産と知ってから敬遠している。あの餃子騒動以来、産地を確認する癖が付いた。シナチクなんてほぼ中国産。スーパーでは中国産以外のものを探せないけれど、あるのかな❔そうそうハナシを戻してオリゴ糖のこと。オリゴ糖って甜菜(さとう大根)から作るのだそう。知らないで使ったけれど、とり過ぎや食べ始めた頃にはお腹が緩くなる人がいるらしい。ビフィズス菌の増殖を助けると書いてあるから、これが原因なのかも。そう云えば最...有難う、オリゴ糖(ジョイマン風に)

  • 逃げ恥に学んだこと

    昼過ぎまで何時間も入っていた「逃げ恥」の続編が21:00から始まった。当然のように女性陣はテレビの前。今度は、妊娠が判明して入籍・結婚をすることになったところから始まった。どちらの姓に入るかから二人が話し合う。何と話し合いの多い二人だろうと感心すると同時に、我が家では何も話し合わなかったことを思い出した。「全力でサポートする」と宣言した星野源に対し新垣結衣は「サポートじゃなくて二人で産む気持ちでいて欲しい」とダメ出し。私には、この場面も反省点だ。子供はワンコのように、自然に普通に産まれるものだと思っていたから、特別に協力し神社へ安産の祈願をしたりもしなかった。やったことと云えば腹帯を巻く手伝いをした程度かなぁ・・・・・今思い出すと完全なダメオヤジだったと、テレビを観ながら奥様に申し訳ない気持ちが膨れ上がってきた...逃げ恥に学んだこと

  • お化けの恋ダンス

    早いもので元旦はあっという間に過ぎ去った。食事制限されているのでおせち料理の無い正月。「オメデトウ」と入ったメールに返信するのに忙しい。正月らしいと云えばこれが正月らしいのかも知れない。そして2日目。早朝からオンナどもはテレビの前に居座り眼をキラキラ。何だろうと思ったら早朝5時40分から「逃げるは恥だが役に立つ」の一挙再放送が行われて胸をときめかせているのだ。新垣結衣は確かに可愛い。見ているだけで癒される。星野源とキスするシーンでは、無意識に私も唇を突き出した。星野はイチャイチャも出来ない、ググらないとエッチも出来ないオトコの役らしいが、そんなヤツなんて絶対にいない。乳をポロンと出されたら本能で魚のようにパクッと吸い付くのがオトコだ。穴があれば突き進むのがオトコだ。穴さえ間違わなければ・・・・・だけれど。そんな...お化けの恋ダンス

  • 全部 大泉洋が悪い

    新年おめでとうございます。紅白を見た方が多いと思うけれど、白組司会の大泉洋。最初は緊張気味でおとなしくしていたのに、福山雅治のモノマネをした辺りからヤツは調子に乗り始めた。歌手を必要以上に持ち上げ、恥ずかしくなるほどヨイショの連発。ここで気が付いた。大泉洋はツッコミが得意だけれどヨイショは苦手なのだ、きっと。無観客でもスタジオをリレーしての演出は豪華で良かったのに、大泉が騒ぎ過ぎてゴメン。何故か代わりに謝ってしまった。結果は白組が負けた。負けたと云うより自滅した。全部大泉のせいだ。楽しみにしていたNiziUが出た時、見回すとルンバが居なくて何と歯磨きの真っ最中。彼女が大ファンの郷ひろみが歌い出した時にも行方不明。大か小かは確認していないけれどトイレに籠もっていた。慌ててスリスリが呼びに行ったけれど、拭いてきたの...全部大泉洋が悪い

  • 昭和を聴きながら過ごす大晦日

    また少しだけ雪が降った。ジュニアに選んでもらったスタッドレスタイヤを試す良い機会なので、大晦日なのに「買物は無いの❔」とルンバを誘った。路面は軽い圧雪。凍結していないからかタイヤはシッカリ雪を噛んでなかなか良さそうだ。そう言えば、年越し用の蕎麦もジュニアに貰ったし、美味しいウニもジュニア嫁がプレゼントしてくれた。新コロナでビクビクしながらの一年だったが良いことも沢山あって、再発も無く体調がイマイチな日はあったけれど、日記に書いたようにスキップしながら手術室に入ってから無事に5年を迎えようとしている。告知された時には1年で終えると覚悟した命だったのに未だ呼吸しているなんて自分でも不思議だけれど、ルンバに3回も手術をしてから5年が過ぎると云ったら「3回も手術したの❔」と不思議そうな顔をされた。どうやら私が苦悩してい...昭和を聴きながら過ごす大晦日

  • 出そうな時は別

    未明に薄らとだが雪が降った。2センチ程だが、気温が下がっているので、これが溶けず根雪になるだろう。色々なモノが一夜で白く塗り替えられたので窓から見下ろす見慣れた風景も新鮮だ。ジュニアが選んでくれたスタッドレスタイヤに替えたのは良いけれど雪が降らず、効果を確認する前にアスファルトで削られ続けていたので、雪が嫌いな私でも降ってくれて少しだけホッとした。近くに設置されていた速度違反を監視するオービスが外されたと娘が云っていたけれど、今朝の新聞には移動式オービスが近くの国道脇に置かれている写真が載っていた。何もこんな田舎町に移動式オービスなんか用意しなくてもと思う。私も若い頃はけっこうな飛ばし屋で、覆面パトを追い越したことだってあるけれど、今は静かに走る。車も進化していて、制限速度を超えるとGPSと連動しているメーター...出そうな時は別

  • お父さん

    今日の御指示は、COOPとTRIALとAEON。ルンバは私が昼寝から目覚めるのをジッと待っていたようだ。私はただただ運転手と荷物持ち。何を買うのかはルンバしか知らない。パン売り場でピタッと停止したルンバ。欲しいパンに店員さんが30円引きシールを貼るのを待っている様子。ところが貼られた途端、反対側から伸びて来た手に一瞬で奪われて悔しそう。まるで百人一首でもしているようだ。私は飽きたので会計が終わるまで店内をウロウロし、もうソロソロかと思う頃レジ近くに戻った。店内は、年越し商品を買う人でかなり「密」。どれかのレジに並んでいるかも知れないルンバを探していたら後ろから「お父さん」と呼びかける声。私が振り返ると同時に、私の周りにいた沢山の「お父さん」が一斉に振り向いた。お父さん

  • ナギサさん

    今年は変な天候が続いている。西日本は豪雪・猛吹雪で高速道路も通行止めになるなど大変なことになっているのに、太平洋側にある私の街は、1~2度降ったのかどうか分からない程度にチラチラした程度。今日も天気予報では9時から雪が降ると云っていたのに3時間遅れの昼に一瞬、ほんの一瞬、それらしいモノが降っただけ。いつもはクリスマスに根雪になる程降りホワイトクリスマスを迎えるのだけれど、今年は路面が出たまま。背中に雪を載せたトラックは峠の向こうから長距離を走ってきたのだろう。同じ北海道なのに、きっと運転手は「ナンジャこの街は」と思っているに違いない。そんな変な天気の中、今日は朝からテレビの前。「私の家政夫ナギサさん」が18:30まで連続して再放送されるのだ。元々はコミックらしいのだが、ドラマは滅多に観ない私が昔珍しくもハマった...ナギサさん

  • 冷気

    「寒いよ」と言われたけれど、完全防寒姿で家を出た。クリスマスで食べ過ぎたので頑張ってカロリー消費をしなければならない。いつもより上下一枚ずつ多く着てネックウォーマーに耳まで覆う帽子。その姿でガンガン歩く。風が強いけれど負けないで歩く。交通安全と書かれた黄色い旗が気の狂ったようにバタバタはためいている。上空を旅客機が通ったと思ったけれど、見上げても姿が見えない。どうやら風の音だったようだ。前から歩いてきたおばちゃんが、私と同じ方を見上げた。きっと同じような爆音が聞こえたのだろう。気が付いたら、あまりの冷気に顔が凍り仮面のように表情を消していた。息を吸うと鼻毛同士がくっついた。どうやら鼻毛までが凍り始めたようだ。それでも歩く。食っちまったから・・・・・仕方が無い。冷気

  • 古い写真データを整理・・・・・流れ橋(上津屋橋)

    木津川に架かる「流れ橋」誰もが絶対に一度は見たことのある橋だと思う。「見たことが無い」と云う人は、記憶に残っていないだけ。何しろ美空ひばりの時代から、現在まで数多くの映画やドラマに使われた有名な橋だから。橋の向こう側、遠くには宇治の町並みが見えるが、撮り方を工夫すると時代劇から刑事ドラマにまで使える。四万十川にある沈下橋は、流されないようにと工夫されているが、この橋は逆に流されることを覚悟して作られていて、それで通称「流れ橋」と呼ばれるようになった。橋板がワイヤーで繋がれていて、流された時にはワイヤーを手繰れば橋板が戻ってきて、残っていた橋桁の上に載せる構造らしい。私が訪ねた時も多くの人が橋を渡っていた。私もドキドキしながら踏み出した第一歩。私の前には橋を渡る沢山のスターが見える。七人の侍の三船敏郎、円月殺法の...古い写真データを整理・・・・・流れ橋(上津屋橋)

  • 残り少ないクリスマス

    皆、知っていた❔今日がクリスマスイブだって云うことを。私は今朝知って驚き、そして焦った。後一週間で今年が終わってしまうんだ。そう言えば昨日、壁にキラキラした輪や、手のひらに載るような小さなツリーがテレビの横に置かれた。玄関のガラスにも100均で買ってきたような、何かの飾りをペタペタと貼っていたが内側からは見えないので気にしないことにしていた。私が何か言うと10倍返しされるから、無関心、無口の癖が付いているのだ。まぁ我が家は信仰心の薄い真言宗だし、ティクアウトの寿司とケーキ代金は何日も前に先渡しし、プレゼントは通販で注文してあるので多少遅れるかも知れないが、その内届くだろう。私はテーブルに座って「カンパーイ」と云って食えば良いだけ。そう言えば学生時代に京都にいた時、自分の中ではクリスマスなんて無かったことを思いだ...残り少ないクリスマス

  • 都会みたい

    買物へ行きたいと云うルンバを乗せて団地から出ようとして驚いた。国道が大渋滞していて団地から出られないのだ。こりゃ何事だろう、先で事故でも起きて動かないのだろうかと思っていたのだが、思い出した。バイパスとなっている新道の拡張工事が始まり来年2月12日まで通行止めになっているのだ。それでこの先の信号で国道2本と高速道を走ってきた車が集中し渋滞を起こしたのだ。これは大変だと思うのだが、動かない行列の中へヘコヘコ挨拶して何とか加わることができた。信号を過ぎると、少し動きはスムーズになったのだが、いつもの5倍は車が走っている。かなり「密」だが、久し振りに味わう都会感に少しドキドキ(笑)。都会みたい

  • 古い写真データを整理・・・・・石清水八幡

    京都の南、京阪電車で伏見を過ぎ、宇治川、木津川を渡って家並みがまばらになり、京都感が薄れた所に現れる小高い丘のような男山。その山頂にあるのが石清水八幡宮。比叡山延暦寺が京都の鬼門(北東)にあるのに対し、この社が裏鬼門(南西)を護っている。駅近くからケーブルカーで上がることが出来るが、僅か150m程の標高なのでPに車を置き歩いて上がった。社殿や楼門などに古さを感じないが多数の建造物が国宝に指定され重文も多い。帰りは誰も乗っていないケーブルカーを独り占め。名物は、麓にある店で提供される走井餅(はしりいもち)。刀の形をしているらしいが、由来も味も忘れた。ただ、セットで付いてくる生まれて初めて飲む抹茶を、お姉さんが私の為に、多分愛を込めてシャカシャカと作ってくれている姿をチラチラ見ていた記憶だけが残っている。古い写真データを整理・・・・・石清水八幡

  • 見てやらない

    前回の続き毎日砂状のもので床がザラザラするトイレの暖房を止めた。暖を求めて何処かの隙間から通ってきているかも知れない虫を寄せないためだ。私の想像では毎日床に砂を撒き散らすぐらいだから、多分毛の多い虫だろう。一昼夜寒い思いをさせたら、もう二度と入らないかも知れない。今朝の最低気温はマイナス8℃。凍えるには充分だ。ルンバは寝る前に「水道が凍結するんじゃないの❔」と心配したが「大丈夫」と自信満々を装い強行。結果、ここ一週間ほど毎日砂で床が汚れコロコロを繰り返していたトイレの床が、何と今日は久し振りに汚れ無し。ザラザラしないのだ。やっぱり虫が出入りしていたのだと、私の仮説が正しかったことを力説したのに、そんなことより暖かいトイレで尻を出せる事の方が嬉しい女達。「ザラザラしなかったでしょう」と云う私には❔❔❔で「どうだっ...見てやらない

  • サッ、シャッ、サッ

    数日前に、トイレの床が砂でザラザラすると書いたけれど、毎日コロコロで砂を除去する係が何故か私になってしまった。それが面倒な私。原因を色々考えた結果、やっぱりアリとかクモとか小さな虫が便器のどこかにある隙間から、トイレに置かれているパネルヒーターで暖をとるためにコッソリと出入りしているのではないかと思った。それで一大決心をしてパネルヒーターをOFFにした。虫に暖を取らせず凍死させる作戦だ。これでザラザラが無くなったら虫が原因と云うことになる。ところが女性陣が「寒い」と私に文句を言う。部分をチョコッと出す私と全体を出す女性では寒さが違うと云うのだが、そこを頑張って最低1日耐えてとお願いした。これで床がザラザラにならなければ、私の仮説が正しいことになる。だから寒さ対策として短時間でサッと下ろしてシャッと出してサッと上...サッ、シャッ、サッ

  • 凍結した川

    零下なので凄く寒い。その上、風が吹いているので凄く凄く凄く寒い。それなのにウォーキングへ出たのは「運動量が目標に達していません」とスマホに怒られたから。スマホに「目標」を設定した記憶が無いので納得できないが、ウォーキングを少しサボるとこの表示が出るのだ。数日前には一生懸命歩き、その内1キロをジョギングしたのに、スマホの電源を入れていなかったので歩数ゼロだった(涙)。先日の反省もあり、今日は完全武装。スキーが出来ないのにスキー手袋にスキーウェアを着て帽子は耳まで覆う猟師が被るよう帽子。スキーが出来ないのは理由があって、周りが平坦な湿原だから。それにスキーで骨折した人の写真を見たことがあって、あの長い板を装着したままグニュッと捻るので、骨折も脚をねじ切るようにメキメキッと折れるのだ。バキッと折れる普通の骨折でさえ痛...凍結した川

カテゴリー一覧
商用