住所
釧路市
出身
釧路市
ハンドル名
タブタブさん
ブログタイトル
北海道でノンビリと
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/takaaki9464
ブログ紹介文
北海道はでっかいど〜 東北海道の隠れ観光スポットを紹介。
自由文
タイトルを 「タブタブの何処かへ行こう」から 「北海道でノンビリと」へ変更しました。 オッサンのボケた頭では、この作業がなかなか出来なくて苦労しましたが何とかなりました(笑)
更新頻度(1年)

64回 / 1509日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2014/12/07

タブタブさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(IN) 10658 11801 13910 15916 15815 13113 13068 946632サイト
INポイント 30 30 20 50 20 10 20 180/週
OUTポイント 70 180 90 70 30 60 60 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 135 142 161 178 181 158 158 3163サイト
団塊の世代 12 13 17 19 20 17 17 230サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 15790 15629 18213 20370 21144 19513 19030 946632サイト
INポイント 30 30 20 50 20 10 20 180/週
OUTポイント 70 180 90 70 30 60 60 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 177 172 194 219 233 215 204 3163サイト
団塊の世代 16 15 18 20 20 20 19 230サイト
今日 01/23 01/22 01/21 01/20 01/19 01/18 全参加数
総合ランキング(PV) 0 0 0 0 0 0 0 946632サイト
INポイント 30 30 20 50 20 10 20 180/週
OUTポイント 70 180 90 70 30 60 60 560/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
シニア日記ブログ 0 0 0 0 0 0 0 3163サイト
団塊の世代 0 0 0 0 0 0 0 230サイト

タブタブさんのブログ記事

?
  • モテ期ではなかった

    明日は北海道中が大荒れの予報だ。比較的雪が少ない東北海道にある私の街でも40~60センチの降雪予報が出た。これはエライことだと、まだインフルが完治していない我々も頑張って買物へ出ることにした。昼飯は身体を温めるためとニンニクの力で元気をもらおうと思い、道の駅にある札幌ラーメンの店、宝龍へ入った。ところがやっぱり体調は戻っていないようで半分食べて音を上げた。食欲が無い口は、食べ物を受け付けてはくれない。ルンバの命令に従ってスーパーを周り、最後のCOOPへ。半分しか食べられなかったラーメンの効力も落ちてきたようで、局所が冷えてきた。ブルブル震えながら確認してみたら、何とファスナーがフルオープン。そこから冷気が入ってジェームスを縮み上がらせていたようだ。すれ違う奥様がウッフンの流し目を送って来るので、もしかしたらモテ...モテ期ではなかった

  • 大切な店が閉店した

    ついにその日がやつて来た。病み上がりの身体で出掛けたのは、店の様子を記憶に留めたいからだ。閉店セールの店内は多くの人が動き回っているのに空気が重い。元気良く一生懸命声を上げる店員さんの笑顔が何処となく哀しげだ。あと数時間で、この喧騒も終わりを告げる。37年頑張って来たらしい。と云うことは私が33歳の時に開店したと云うことになる。もっともっと子供の頃から通っていたように思っていたけれど記憶違いだったようだ。もう二度と食べられなくなる惣菜を手にレジ待ちの列に並んだ。当然だが、会計をしても「また宜しく」の声は無い。一歩一歩踏み締めるように階段を上がり屋上の駐車場へ出た。そう云えば、花火をこの上から見たこともあったっけ。また一つ、この街の歴史が姿を消した。大切な店が閉店した

  • 雪あかりの町

    さて、5日分処方されたインフルエンザの薬も飲み終え、多分これで元気なのだろうと自分に言い聞かせているのだが、実際にはどうなのだろう。自分でも自分の事が良くわからない。それより心配なのはルンバだ。急に喉が痛いと云い出したのでインフルかも知れないから病院へ行くように勧めた。「旦那がインフルに感染している」って云うんだよと云った後、「キスはしていません」と伝えるようにと一言加えたら、目が三角になってギロッと睨まれた。昔は❤だった目が、今では▲のことの方が普通になったのが哀しい。結局彼女もインフルAが検出されて夫婦で討ち死に。それでもルンバは家事が気になるのか2日間程安静にしていただけで洗濯や掃除を始めた。「啄木雪あかりのまち」と云う催し物が河口近くで行われる。体調に不安はあるけれど、ほぼ一週間ぶりで運転席に座った。「...雪あかりの町

  • 私は・・・うんこ

    この症状は絶対にインフルエンザだと思い、早朝ウインドーガラスが凍り付いた車を運転していつものクリニックへ。受付のオネエサンに「定期受診ではなくて風邪かインフルだと思います」と伝えて相変わらず混雑している待合室の椅子に座っていたら20分程で名前を呼ばれて体温測定。鼻の奥までグリッと綿棒のような試験紙を遠慮なく挿れられ、穴に挿れられることに馴れていないオトコの私は手足をバタつかせた。37.9度の新記録に自分でも驚いていたら、看護師さんに導かれて処置室の最奥のベッドに寝かされカーテンで仕切られた。誰かが添い寝してくれないとヒマで仕方が無い。寝転びながら思いついたのが、もしかしたらこの仕切られた空間は・・・隔離部屋?しばらくしたら、先生がやってきて、聴診器を当て口の中を診て「インフルエンザのAが出たからね、薬出すから外...私は・・・うんこ

  • これはヤバイかも

    昨日何かがオカシイことに気が付いた。体調不良と云う程ではないけれどいつもとは違ってフワフワしている。ソファーに寝て厚い毛布を掛けてテレビを観ていたら・・・・・地震?いや震源地は私の身体のようだ。胸の上に置いていた手がが小刻みに震え出し止まらない。(こりゃヤバイかも)ルンバに血圧計と体温計を出してもらい測ったら血圧は147で体温が27.5度。どうやらガタガタ震えていたのは体温上昇と関係があるようだ。久しぶりに体温が27度を超えたのだが身体がジジイ化しているので、ボケてきているのだろう、そんなに辛くは無い。葛根湯を飲んで様子見・・・・・効かないみたいだ。と云うことは、もしかしたらインフル?ルンバが「熱い牛乳を飲む?」と云うので「ナマ乳の方が良い」と云ったのだが完全無視された。最後の砦「プレコール持続性カプセル」を出...これはヤバイかも

  • 何か、物足りないけれど

    今日は少し暖かいようだが、風が強いので体感温度としては昨日と同じよう仁寒い。車で買物に出た時「かつ善」の横を通ったので、私が無事に検査をクリアーしたお祝いにと大盤振る舞い。肉が苦手なルンバも、ここのヒレカツはバクバク食べる。向かい合って座り、先ずゴマを擂るのだが、昔と違ってラブラブ光線は全く飛んでこない。私と目を合わせることなく、ただひたすらゴマをスリスリ。やっとテーブルの上に並んだヒレカツに辛子をタップリ付けてパカッと口を開けた。遠慮なく無料のキャベツを追加注文して馬のように頬張る姿には、若い頃の面影は無い。私へ向けてラブラブ光線を発射していた頃は、もう少しナヨナヨとして口だってこんなに大きく開けはしなかったように思う。ま、とにかく支払いは私で、パカッと何度もギャル曽根のように喉チンコの奥まで晒したルンバは大...何か、物足りないけれど

  • 夫婦でウハウハ

    イオンへ行ったら通路に背中を向けて椅子に座っているひとがいた。何をしているのか気になったので覗いてみたら「ご自由に」の文字。血圧でも測定しているのかと思ったら、血管年齢が判る機械らしい。何年も病院に通っているけれど血管年齢は測ったことがない。試してみたいけれど測定に時間がかかりそうなので、帰りに寄ろうと云うことにして買物を先に済ませた。車へ戻る途中、覗いてみたら測定中の人がいないので、ソレッと椅子に座った。どうやら穴の中に指を入れて奥にある電極に載せることで測定できるらしい。SWをスタートさせて、しばらくしたら測定結果がプリントされた。私の血管年齢は実年齢よりも10歳若くて59歳。弾力性に富みAランクの評価だ。ウハウハ喜んでルンバと交代。出た数値は・・・・・8歳。お子様じゃん。ボウボウと毛が生えているのに8歳だ...夫婦でウハウハ

  • 今日と云う日

    実は今日と云う日が来るのを密かに恐れていた。昨年の検査結果が悪くて、もしかしたら炎症の陰に悪いものが潜んでいるかも知れないと云われていたからだ。赤く腫れ上がった炎症部位を見せられて抗生物質を投与され、腫れが収まってからの検査が今日。いつもは気にしていないテレビの「星座占い」を確認して家を出た。途中、神社へ寄って正月の注連飾りを「どんど焼き」の山へ載せ、ここでも丁寧に「どうか検査結果に異常が無いように」と神頼み。運転席に戻ってふと気が付いた。何とズボンのファスナーがフルオープン。つまり神様の前でジェームスを・・・・・あぁ、何と云う失礼なことをしてしまったのだろう。でも・・・・・でも、考え直した。病巣のある場所はジェームスの近くなんだから、もしかしたら神様への願いが届きやすくなるかも知れない。検査室へ入って着替えて...今日と云う日

  • 小さくても

    今朝は冷えた。マイナス16度まで下がったらしい。築30年以上の古い我が家。断熱材は入って居るのだけれど暖かいのはストーブの前だけ。重ね着をしていても、ストーブから少し離れるとチンチン冷える。あっ、変換ミスだ。ジンジン冷える。手先は特に凍えてCPのキーも氷を叩くようだ。触れるもの全てが冷たいのだ。家の中なのに足元に冷気がまとわりつく。ケチッてチビチビと燃やしていた灯油ストーブの目盛を景気よくデヤーッと上げ、電気ヒーターを点け、さらにルンバが災害時用にと私にナイショで買っておいた停電時でも使えると云うカセットボンベ式のストーブを出してきた。試しに点けてみたら、これれが小さいくせになかなか暖かくて良い具合だ。小さいからと云ってバカには出来ないことが良く分かった。こうなると大きさなんて関係無い。ジェームスだって、まだま...小さくても

  • 密かな楽しみ

    ルンバが初売りの時にイオンへ行きたいと云い出したのは、自分専用のテレビが欲しいからだ。この年になると夫婦でチャンネル争いをすることは無いのだが、もしかしたらルンバは心の奥底で遠慮していたのかも知れない。それでせがまれて正月早々イオンへ行くことになった。開店時間をかなり過ぎていたので目当てのテレビは売れてしまって無いかも知れないと思いながらも売場を端まで探し、半ば諦め顔で店員さんに訊いてみたら、注文後のお取り寄せ商品だと云うことが判りルンバは小躍り。早速伝票に記入して納品を待っていたのだが、その連絡が入りイオンへ取りにいった。テレビは12インチ。片手でヒョイと持てる大きさで、自宅へ持ち帰ると組み立ては私任せ。ショボショボした目で説明書を読むのだが、半分は理解できない。不安に思いながら電源を入れて初期設定を終えた途...密かな楽しみ

  • 湖上に咲く花

    今朝3時頃まで眠られなかったので、朝食後惰眠を貪ぼりたかったのだがカレンダーの予定表に「連凧」と書いてあるのをみつけ、急遽塘路湖にあるエコミュージアムセンターへ行くことにした。センターで連凧の作り方教室があり、その後完成した凧を飛ばすのだと思う。センターの一室では先生に教わって熱心に凧を作っている親子の姿。そして完成したのを持って外へ出たのだが、生憎の無風。残念ながら凧は元気よく空へ舞いあがってはくれなかった。カヌーの基地としても知られる塘路湖は湖面が結氷していた。湖上に花が咲いているように見えるのは、ワカサキ釣りのテントだ。その周りを走る子供や滑って転ぶ大人がいて楽しそうだ。岸に接する一部は、未だ完全に凍っていないように見える。スノーモービルも走っているし「絶対に割れないよね」と云いながら氷の上に載ったルンバ...湖上に咲く花

  • 出初式

    昨夜はブログを書いている途中、何故か急にPCが暴走を始め、ついには修復プログラムを一晩かけて起動させることになってしまった。その甲斐あってか今朝はPCの調子も良いようで(多分)、これから昨日投稿しようかと思っていたブログの続きを書くことにした。テルテルの会社から「ハッピーニューホンダ」と云う案内文書が届いたので、先着50名限定の椎茸欲しさに出掛けることしにた。椎茸を無事手に入れ、洗剤などがドッサリ入ったお土産を頂き、ハンドアロマとか云うオネエサマに手をモミモミしてもらうコーナーへ寄ろうか迷ったのだが、市役所で出初め式があるので後ろ髪を引かれながら車へ戻った。気温はマイナス3度。挨拶をする市長の息は白く、そしてハナシが長い。集まっている若衆は前日MOOで木遣りや梯子乗りをした面々と同じで、結局二日続けて梯子乗りを...出初式

  • 木遣りと梯子乗り

    観光施設MOOで初売りと木遣りが行なわれると書いてあったので出かけることにした。久しぶりに歩いて渡る幣舞橋。橋の上に立っている裸婦像の、奇跡的なまでにピョンと尖がっているオッパイに見惚れ、しばらく立ち止まって鑑賞。若い頃には恥ずかしくて関心の無い風を装い、チラ見もしないで通った裸婦像だが、今は堂々と穴の開くほど、穴のあるであろう部分も含めて眺めていられるのは、イヤラシイと云う心が浄化され、ゲージツとして見られる余裕が出来ているからだ。だからもし突然目の前にスッポンポンの女性が現れても、私の目には美しさだけが映ることだろう・・・・・と思う。釧路川には蓮の葉氷が浮いていた。観光施設MOOには予定時間よりは早く着いたので内部をゆっくり散策。毛ガニの入ったクレーンゲームは健在だった。自慢の法被を着た若衆が丁寧に挨拶を交...木遣りと梯子乗り

  • 今年もよろしく

    カメラを枕元に置き窓から初日の出を撮ろうと思っていたのに寝過ごした。カーテンを開けたら、かなり高い位置にある太陽が見えて新年早々気落ちした。初詣。先ずは近くにある閑散とした鎮守様へ行き丁寧に挨拶。そして少し遠くにある大きな神社へ周ったのだが、こちらは多くの人で賑わっていた。行列の最後尾についたが、ディズニーランドやラーメン店の行列よりはズンズン進むので、それ程待たずに最前列へ到達。私は10円玉を握りしめていたのに、ルンバは自慢気に100円玉。自分だけ、私の10倍幸せを得るつもりのようだ。チッ(-_-メ)スーパーで買物をしてからジュニアの家へ寄ったのだが、久しぶりに見たワンコは、また少し老けていた(笑)老けた分、喜び方も適当で尻尾を数回パタパタと振っただけで歓迎ポーズはオシマイ。私のジェームスの方がまだ元気にパタ...今年もよろしく

  • 謹賀新年

    無事に新年が明けました。おめでとうございます。今年は少しエロを抑えて行こうと思っています。どうかよろしくお願いします。紅白歌合戦は、何故か白組が勝ちましたね。もしかしたら、チームに関係のないサザンが良かったので白組に投票した方がいたのかも知れませんね。妖しげな腰つきのユーミンも良かったです。あぁ云うのが好きな私には目の保養でした(笑)おっとアブナイ、またエロに近づくところでした。とにかくとにかく今年も宜しくお願い致します。!(^^)!謹賀新年

  • ありがとうございました

    今年も無事に生き残れました。ここ数年、「新年は迎えられないかも・・・・・」と思いながら過ごしてきました。昨年、車中泊しながら初めて九州へ渡りました。四国のマイフレさんの家では、(もしかしたら夜伽の風習がある土地かも・・・・・)と半ば期待しながらジェームスを股間に挟みこんで寝たのが良い思い出です。今年は、春先に初めて北海道新幹線に乗りました。15年ぶりぐらいに東海道新幹線にも乗り20泊の京都観光。やっぱり都会は素晴らしい。バスも電車も次々とやって来るのが嬉しいですよね。気合を入れて向かった鞍馬寺の山道と嵯峨野。奈良のマイフレさんと歩いた奈良の街。初めて食べた柿の葉寿司の味。大阪のマイフレさんとはお好み焼きを一緒に食べました。もう本州へ渡ることは無いと自分に言い聞かせて帰宅しましたが、でも「来年、もう一度だけ」と云...ありがとうございました

  • ウッフン系

    今日が29日だと知って急に焦り始めた。きちんと計画を点てて動いていたのはルンバだけだ。私が昼寝している間に一人でコツコツと玄関やトイレ掃除を済ませ、邪魔なものは全て私のPC室に運び入れ、家の中は整理された。ただ、整理された分、色々なものが運び込まれた私の部屋は、さらに居心地が悪くなったのは確かだ。今日は朝から大号令が下った。「シーツを洗濯するから持ってきなさい」のと命令だ。自慢じゃ無いが、私の寝室のシーツもタオルケットもかなりキレイだ。これはウッフン系から急に「ねぇ、今晩泊めてぇ❤」と云われても焦らないようにするためだ。昨日も布団乾燥機でダニを殺し掃除機で吸ったばかりだが、ルンバの命令には逆らえないので、シーツを剥がし、タオルケットも洗濯機へ入れた。洗濯機が回っている間、寝室に掃除機をかけてシーツ交換。洗い終わ...ウッフン系

  • 瞬間映像

    今日はまたメチャ寒い。昨日は薄氷も張っていなかった阿寒川がガッチガチに凍っていた。それでも雪が降っていないだけマシだ。大雪山系の西、石狩の辺りも含めて西日本は猛吹雪らしい。顔も洗わないうちに「寒いからガッチリ着た方が良いよ」と励まされて玄関から外へ出されたのは、リサイクルゴミの日だから。白い息を吐き、ゴミを抱えて集積場までの往復。滑って転ばないようにと慎重に歩く氷の道。今年最後のリサイクルゴミの日だけあって、集積場にある袋から溢れる程の量が出されていて、はみ出た古紙が散らばっていた。それを文句言いながらも拾い集めて袋へ戻すとても偉い私。今日で御用納めの会社が多いようだ。テレビ番組も年末特番が多くなっている。考えてみたら来週はもう新年だ。ルンバが「浜ちゃんの司会する格付けの番組に郷ひろみが出るよ」と目をキラキラ輝...瞬間映像

  • ボツイチ

    私のマイフレさんには、バツイチの人が多い。中にはマルイチと言い張っている人もいるのだが、これは別れて清々したと云うことの表れなのだろうか。そして最近知った新しい言葉。伴侶を亡くした人の事をボツイチと云うのだそうだ。ボツは没なのだろう。PC部屋から居間へ戻ったらテレビが消えていてひと気が無い。夕暮れ時で薄暗くなっている部屋からは音が消えていた。不安になった私は、お子ちゃまのように「お母さん、お母さん・・・」と家の中を探し回った。車はあるので買い物に出たと云うわけではなさそうだ。どんどん陽が陰ってくるのでカーテンを閉めて電灯を点け、テレビのスイッチを入れた。これで無音の世界から少しは解放されたのだが、それても心細さは消えない。色々確認していて、玄関のキーが無いことに気が付いた。靴も一足無いので外へ出ているのは間違い...ボツイチ

  • 丹頂鶴

    昨日の阿寒湖観光の続き阿寒湖は一部に氷が薄く張っているだけで、まだ真冬の楽しみを得られないようだ。茨城母娘にはガッチリ凍結した湖面を高速で走るスノーモービルやバナナボートに乗って顔が凍り付く体験してもらいたかったのだが残念。オンネトーへの道は途中の野中温泉までしか除雪されていないとのことなので冬の阿寒湖はこれでオシマイにして帰ることにした。最後の観光スポットは、国立丹頂鶴センター。ここは有料だが、他の丹頂の給餌場より鶴との距離が近く、飛ぶ姿も沢山見られるのでお勧めだ。仲間の振りしている脚の短いのは白鳥だ。市内へ戻ってお別れの時、挨拶を交わしていたら「3枚目の名刺を下さい」と云われた。以前1枚ずつ渡した、あの「特典付」の名刺の事だ。「特典」を希望しない方ばかりで「もうイラナイ」と2枚目を拒否される方ばかりなのに、...丹頂鶴

  • ラビリンス(迷宮)

    マイフレT子さんの友人母娘が茨城から冬の釧路へやってきた。この二人と逢うのは2回目だ。雪も溶けて路面状態も良さそうなので3人を乗せて阿寒湖へ走ることにした。私にとっても久しぶりの遠出だ。今朝はマイナス16度。パンツの上にパッチ(ももひき)を2枚重ねてGパンを穿いた。上は下着の上にハイネックを2枚重ね、ネックウォーマーの上に厚手の上着。少しダルマっぽいけれど、風邪ひくよりは良いだろう。これでトイレへ行ったらジェームスが確認できなくて焦った。ラビリンス(迷宮)の奥にいるのは間違いないのだが指先に触れないのだ。これはエライことだとルンバのところへ戻り、「探し出してくれ」とお願いしたのだが、聞こえないフリをしてキッチンへ逃げられた。仕方が無いのでもう一度トイレへ戻って再チャレンジ。カンを頼りに指先を進めて何とかキャッチ...ラビリンス(迷宮)

  • クリスマスって・・・・・こんなだったっけ

    いつものように眠気が出て来たのでソファーで横になっていたら爆睡したらしい。その間にルンバは居間のカーテンを外して洗濯。脱水したのを持って一人で脚立に上がって元の位置に吊るして自然乾燥中。テルテルがやってきて、居間の窓辺に置いてある鉢植えの砂を新しいのと入れ替えて帰ったとか。私が夢心地の間に、家の中では色々なことが起きていたと云うことだ。だからあまりにも申し訳ないので、少し遅い昼食はルンバを誘ってプリプリのエビ天が3本も付いた「天ザル蕎麦」を御馳走。スリスリは外でイチャイチャしているようなので、夕食は生寿司を買ってきて二人だけの聖夜。でも、この年になるとロマンチック感はゼロ。お互いを見つめ合うこともなく、白内障の診断を受けた二人はバクバク口に入れてサッサとパーティ?はオワリ。色気も何も無いなぁ・・・・・クリスマスって・・・・・こんなだったっけ

  • 微妙な違い

    ビックリした。明日がクリスマスイブだなんて・・・・・3時間前に知った(笑)本当にもう年末だったんだねぇ。だから今朝、ルンバとスリスリからプレゼントが貰えたんだ。何か良く理解しないで、貰えるものは貰ってお礼のハグはしたのだけれど、ルンバをハグしたのは数年ぶり。ついでにチュッ(´ε`)しようとしたら激しく抵抗された。昨日、寝室を軽く掃除。その時に掛布団の下に掛けていた毛布を抜いて掛布団の上にベッドカバーのように掛けることにした。これはテレビでやっていた情報の実践だ。掛布団に含まれている沢山の空気を上に掛けた毛布で覆うことによって断熱効果が上がり、暖かくなると云うのだ。だからタオルケットの上に掛布団。そしてその上に毛布を掛けて寝ることになる。何か変な感じだけれど・・・・・布団に入ってから、どうなの?暖かいの?と自問自...微妙な違い

  • どうしても食べたくて

    昨日、不思議なことに急に豆大福が食べたくなった。「豆大福が食べたい」と熱烈に思ったのは、多分生まれて初めてだ。何かの暗示にでもかけられたのだろうか。買いに出ようか迷っていた所で悪寒がして外出を諦め「豆大福が食いたい」と云い続けて昨夜は寝た。朝食後に外出支度をしている私を見てルンバが「もしかしたら・・・・・豆大福?」「うん」と頷く私を見て、「ギャハハハ」とのけ反って笑われた。「食いたいものは食いたいのだ」と云う私に「草団子も買ってきてね」と云うのだけは忘れない。(散々笑ったくせに買ってなんか来るもんか)と思いながらも、しっかりメモする心優しい私。有名な餅屋はかなり遠い。昔は幣舞橋の近くにあったのだが火事で鶴ケ岱公園の横に移転した。冬道を走って到着した時には駐車場に空きがなくて店内にも行列。豆大福で思い出すのは、今...どうしても食べたくて

  • 私をいじめるヤツ等

    プックリが気になり、体調がイマイチなのに頑張って25日ぶりに高専裏をウォーキングすることにした。最近は凍結路面での転倒が怖くて階段上がりで誤魔化していたのだが、ポッコリには効かないような気がしていたのだ。多分今日は気温がプラスだ。日陰は凍っているけれど、日向は雪解けも進んでいるようなので冬靴ではなくて久しぶりにジョギングシューズを穿いた。時々凍結路面に行く手を阻まれてツルッと滑るけれど、慎重に歩いて突破。いつもの交差点からスロージョギング開始。最初の緩い上り坂さえ過ぎれば、あとは頑張れると自分に暗示をかけた。もしかしたら体調が回復したのかと思う位に調子が良くなり、無事に1.6キロ先までジョギング出来て密かに自分を讃えウォーキングに戻した。ご褒美をセブンで買おうと思ったのだが、昼時で混雑していたので諦めて帰宅。ポ...私をいじめるヤツ等

  • 三年先なら

    マイフレさんが何と「5年先まで書ける日記帳」を買ったとのこと。私も彼女と同じ日に同じページを開きたくて、同じものを買いに行った。でも、でも、でも・・・・・、売り場で少し悩んだ。もしかしたら私は5年後には存在していないかも知れないのだ。最近は同年代の人が次々と亡くなっている。同じ職場で働いていた私よりも元気だった同じ年の女性は一昨年あっけなく亡くなった。昨日から体調がイマイチで身体に自信が無くなってきている。売場で悩む私の目に入ったのは「5年先まで書ける日記帳」の横に並んでいた「3年先まで書ける日記帳」(3年先かぁ・・・・・、これなら何とかなるかも知れない)と手に取った。小学生の時、気合を入れて正月に日記帳を買ったことがある。でも僅か2日で見向きもしなくなった。天気と気温を書くと、後は何を書いてよいのか判らなくな...三年先なら

  • 少しだけ元気かも

    軽い体調不良。気にするべきか、それとも気にしないでも良いのか、この判断が難しい。多分この時点で受診しても「様子を見ましょうか」なんて言われるに違いない。だから様子を見ることに自己診断して部屋の掃除をチョコチョコ始めた。チョコチョコなので、何かを見つけては直ぐに手が停まる。そしてダイレクトメールや書類関係の紙類が多いことに驚いた。古紙とシュレッダー行きに分けてホチキスの針を外しドンドコドンドコ作業が進むと思ったら・・・・・なかなか進まない。下ばかり見ているので首と腰が痛くなり、しばしの休憩。ソファーに横になってテレビを観たら、ルンバが楽しんでいたサスペンスの最終場面で、好みの女優さんが大写し。「やっぱり内山理名は良いなぁ・・・・・」と云ったらルンバが「あら、石原さとみはどうなったの?」と云う。「石原さとみももちろ...少しだけ元気かも

  • カマさんとトトさん

    年末と云う声が聞かれるようになった。街頭で「想い出のクリスマスソングは?」なんて質問をしているアナウンサー。クリスマスソングの代表格はジングルベルだろうと思うのだが、オッチャン、オバチャンでも若い頃のラブラブ時代を思い出すのか、遠い目をして山下達郎の「クリスマスイブ」とか松任谷由実の「恋人がサンタクロース」なんてのをあげていた。私の年齢になると、クリスマスも正月も楽しくはない。現金が欲しいけれど、誰からもプレゼントは無い。私が現役の頃は両親に数万円ずつ「いつも有難う」と言葉を添えて渡したものだが、逆に出て行くばかりのクリスマスと正月。だから、何も楽しくは無い。そう云えば、歌手misonoの夫が、胚細胞腫瘍で手術を受けるらしい。胚細胞腫瘍は大半が精巣がん原発と云うことなので心配していたのだが、やっぱり片方の腫瘍が...カマさんとトトさん

  • スイスイとはいなかくて

    夜、熟睡できなかった。それで朝食後ソファーで朝寝。時々ズシンと大きな音が聞こえていたように思うが、気温がプラス6度もあったらしくて、屋根の凍り付いた雪が滑り落ちたのだろう。その氷の塊をルンバは「一人で」運んで空地へ捨てたらしい。家へ戻ってからは「一人で」仏壇の奥まで掃除したと私に微笑んで申告した。私が眠っている間に「一人で」やったと云う微笑みの奥底にある目は決して微笑んではいない。だから、昼食は「仕方なく・・・・・」ではなくて「ありがとう」の気持ちを込めて市街地の端にあるレストランへ誘った。注文したのは、二人とも同じ「目玉焼きが載ったハンバーグ」大嫌いなキュウリとトマトをバキバキ食べる私をギャハハと笑うルンバ。その後スーパーへ寄ったのだが、気温がプラスになったからか買い物客が多くてレジには大行列。空いているのは...スイスイとはいなかくて

  • 胸騒ぎの腰つき

    数日前に買ってきたママさんダンプも含めて、我が家の除雪用機材を並べた。閲兵式をしているわけではなく、傷み具合を確かめたのだ。雪かきをしていて、ショベルとかママさんダンプに雪がくっつき、雪離れが悪くてイライラしたのだ。「雪が付着しないでヒョイと剥がれてくれたら少しは楽なのに」と思い続けて今まで来たが、こうして並べている内に油を塗ってみたら効果があるかもと思いついた。早速奥様にサラダ油を分けてもらい、刷毛を使って裏表に塗り始めた。水と油と云われるぐらいだから雪とも仲は良くないに違いない。どんどん塗り進んで最後のショベルに来た所で油って案外ベトベトしているものだと気が付いた。でも雪と油との関係を疑わない私は、最後のショベルで少しだけ疑うことにした。半分だけ油を塗って試すことにしたのだ。空き地に持って行って雪山に突き刺...胸騒ぎの腰つき