searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

快特さんのプロフィール

住所
千葉県
出身
千葉県

自由文未設定

ブログタイトル
試運転 〜TRIAL RUN〜
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/jnr101
ブログ紹介文
初心者の拘りと見切りが激しい鉄道模型軽加工記録
更新頻度(1年)

156回 / 365日(平均3.0回/週)

ブログ村参加:2014/11/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、快特さんの読者になりませんか?

ハンドル名
快特さん
ブログタイトル
試運転 〜TRIAL RUN〜
更新頻度
156回 / 365日(平均3.0回/週)
読者になる
試運転 〜TRIAL RUN〜

快特さんの新着記事

1件〜30件

  • モハ100-237[ツヌ123F] 第二次冷房改造車 車体改修 (ウエイト防錆対策,車体清掃,PS16形パンタグラフ整形施工) ※'旧製品

    優先。千葉方車両より順次入場させてきたKATO製国鉄101系ツヌ123F(Tc78:弁天橋区仕様+旧製品)の改修順を変更する。慣例に従えばモハ101-176(ツヌ123F:旧製品)の次はクモハ101-184(ツヌ123F:旧製品)が入場を迎えるはずだった。しかし錆取り作業に限ると運転台付車用よりも長尺となる中間車両用ウエイトは分が悪く思えた。国鉄101系モハ100-237第二次冷房改造車(ツヌ123F)。※旧製品。加えて入場が先送りされたクモハ101-184(第二次冷房改造車)は2018年9月に車体振替を行っていた。車体塗装に埃巻き込みを抱える旧クモハ101-184(旧製品)は長らくツヌ123Fでの弱点であった。これを廃するため更新用へ用途変更した十四代目ツヌ118F(Mc155:旧製品←旧ツヌ118F:Mc1...モハ100-237[ツヌ123F]第二次冷房改造車車体改修(ウエイト防錆対策,車体清掃,PS16形パンタグラフ整形施工)※'旧製品

  • モハ101-176[ツヌ123F] 車体改修 (ウエイト防錆対策,2-4位側車両番号標記印刷跡再消去施工) ※'旧製品

    劇的。初出場から約5年8箇月が経つKATO製国鉄101系ツヌ123F(Tc78:弁天橋区仕様+旧製品)は各所で綻びが伺える。クハ101-49(ツヌ116F:T'c91)との同時入場でクハ101-78(ツヌ123F:弁天橋区仕様)は深刻なウエイト腐食が発覚した。車体更新を経たクハ101-78だが旧クハ101-78(旧ツヌ123F:旧製品←クハ101-75:ツヌ118F)用床板流用車であった。国鉄101系モハ101-176(ツヌ123F)。※旧製品。現在でもツヌ123Fには五代目ツヌ118F(Mc155:旧製品)出自車7両が含まれ中間車両5両は床板も受け継いでいる。クハ101-78での改修内容からウエイト腐食は当該中間車両にまで及んでいると考えられた。予想通りモハ101-198,サハ101-258,サハ101-10...モハ101-176[ツヌ123F]車体改修(ウエイト防錆対策,2-4位側車両番号標記印刷跡再消去施工)※'旧製品

  • サハ101-106[ツヌ123F] 車体改修 (ウエイト防錆対策,ペイントリムーバー式印刷消去痕修正・車両番号標記再転写施工) '旧製品

    糸口。KATO製国鉄101系では十七代目ツヌ118F(Mc155→ツヌ118F:旧製品)以降より床板老朽化対策が標準施工項目化された。座席部品裏面,台枠表面,ウエイト全断面への錆取り作業は約40分に及ぶ長丁場となる。これに本格的な車体改修が加わると単独入場しか望めなくなる苦しい状況が続いていた。国鉄101系サハ101-106(ツヌ123F)。※旧製品。ツヌ123F(Tc78:弁天橋区仕様+旧製品)は五代目ツヌ118F(Mc155→旧ツヌ123F:旧製品)以来の床板を承継している車両が多い。入場回数も少なくクハ101-49(ツヌ116FT'c91)と床板を振替えたクハ101-78(ツヌ123F)が状態の悪さを暗示していた。ご多分に漏れず改修を終えたモハ101-198,サハ101-258(ツヌ123F:旧製品)でも...サハ101-106[ツヌ123F]車体改修(ウエイト防錆対策,ペイントリムーバー式印刷消去痕修正・車両番号標記再転写施工)'旧製品

  • サハ101-258[ツヌ123F] 車体改修 (2-4位側車両番号標記修正転写,1-3位側用導電板整形,ウエイト防錆対策施工) ※'旧製品

    喪失。2014年6月に出場したKATO製国鉄101系旧ツヌ123F(Tc78:旧製品)にはペイントリムーバー式印刷消去が採用された。まだラプロス式は試行にすら至っておらず旧クハ101-78,旧クハ100-89(旧ツヌ123F)の車体更新も同様に対処している。改修入場までクモハ101-184(ツヌ123F:旧製品)を除く9両は初回改番当時のまま維持され続けてきた。国鉄101系サハ101-258(ツヌ123F)。※旧製品。初期改番車が揃う割に車両番号標記配置の乱れは少ない編成だった。現時点ではクモハ100-149(ツヌ123F:旧製品)の2-4位側[クモハ101-149]標記を修正しただけである。ただ改番からは約5年8箇月が経ち初期ペイントリムーバー式印刷消去との相性にも不安を抱いていた。中間車両は事実上の初入場で...サハ101-258[ツヌ123F]車体改修(2-4位側車両番号標記修正転写,1-3位側用導電板整形,ウエイト防錆対策施工)※'旧製品

  • モハ100-192[ツヌ123F] 車体改修 (車体分解清掃,2エンド側車体湾曲修正施工) ※'旧製品

    波状攻撃。動力ユニット整備が完了したKATO製国鉄101系モハ100-192(ツヌ123F:Tc78)だが車体整備にも課題がある。五代目ツヌ118F(Mc155:旧製品→旧ツヌ123F:Mc155)時代から続く2エンド側車体湾曲修正方式に限界を感じていた。将来の非動力車化へ備えられる状態へ持ち上げるべく今入場での根本解決を狙った。国鉄101系モハ100-192(ツヌ123F:動力ユニット搭載車)。※旧製品。回着時期が近い五代目ツヌ118F,六代目ツヌ118F(旧製品)には車体湾曲車が紛れ込んでいた。生憎不運は重なり両編成とも動力ユニットを搭載するモハ100-208(ツヌ118F)が該当してしまった。応急対策として車体と側面窓セルを接着し各々モハ100-192(旧ツヌ123F),モハ100-210(旧ツヌ116F...モハ100-192[ツヌ123F]車体改修(車体分解清掃,2エンド側車体湾曲修正施工)※'旧製品

  • モハ100-192[ツヌ123F] 動力ユニット整備 (段付加速・異音解消:1-3位側用導電板・2エンド側用DT21動力台車用ギア整形施工) ※'旧製品

    フラット音。改修を号車順に改めたKATO製国鉄101系ツヌ123F(Tc78:弁天橋区仕様+旧製品)はモハ100-192(旧製品)が入場となった。計画では長尺ウエイト装着車を優先入場させる方針だったが動力ユニット搭載車に入れ替わっている。ツヌ123Fは動力車位置偏位未対策の7+3編成でありモハ100-192(3号車)が動力ユニット搭載車だった。国鉄101系モハ100-192(ツヌ123F:動力ユニット搭載車)。※旧製品。7+3編成での動力車位置偏位解消対策はクモハ100形への動力ユニット搭載が主軸に置かれている。五代目ツヌ118F(Mc155)を組成変更して出場させた旧ツヌ123F(Mc155:旧製品)時代から未だにこの措置は採られていない。モハ100-192用種車はモハ100-208(ツヌ118F)だが回着当...モハ100-192[ツヌ123F]動力ユニット整備(段付加速・異音解消:1-3位側用導電板・2エンド側用DT21動力台車用ギア整形施工)※'旧製品

  • モハ101-198[ツヌ123F] 車体改修 (車体分解清掃,ウエイト防錆対策,1-3位側用導電板整形施工) ※'旧製品

    再確認。第二次冷房改造車組込編成のKATO製国鉄101系ツヌ123F(Tc78:弁天橋区仕様+旧製品)はその特徴故に車両異動が少ない。初出場以降クハ101-78,クハ100-89(弁天橋区仕様):車体更新,クモハ101-184(旧製品):車体振替が表立った変化に留まる。従ってモハ101-198以下6両(ツヌ123F:旧製品)は旧ツヌ123F(旧製品)時代を含め初の入場機会となった。国鉄101系モハ101-198(ツヌ123F)。※旧製品。ツヌ123Fでの車体改修入場第一陣を飾ったクモハ101-149(ツヌ123F:旧製品)も旧ツヌ123Fを構成していた車両である。ウエイト腐食が心配されたがクモハ101-162(ツヌ116F:T'c91)と並行した第一次床板改修では事前防錆対策のみで切り抜けた。対照的にクハ101...モハ101-198[ツヌ123F]車体改修(車体分解清掃,ウエイト防錆対策,1-3位側用導電板整形施工)※'旧製品

  • クモハ100-149[ツヌ123F] 車体改修 (前面窓セル交換,車体傾斜修正施工,2-4位側車両番号標記印刷消去痕修正試行) ※'旧製品

    仕掛車。KATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)の改修では旧ツヌ104F(Mc159),ツヌ123F(Tc78)が戦列離脱を強いられた。入場順は旧クモハ101-159(旧ツヌ116F:旧製品)が廃車された関係によりツヌ104F(旧製品+弁天橋区仕様)が先発となった。作業半ばで中断しているツヌ123F(弁天橋区仕様+旧製品)も復帰が急がれ早速作業に取り掛かる。国鉄101系ツヌ123F第二次冷房改造車組込編成(1979/3)。[ツヌ123F]:Tc78-M198-M'192-T258-T106-M176-M'c149+Mc184-M'237-T'c89。※弁天橋区仕様+旧製品。五代目ツヌ118F(Mc155:旧製品)構成車が9両を占めるツヌ123Fにも老朽化の波が忍び寄っている。クハ101-78,ク...クモハ100-149[ツヌ123F]車体改修(前面窓セル交換,車体傾斜修正施工,2-4位側車両番号標記印刷消去痕修正試行)※'旧製品

  • 国鉄101系津田沼電車区104F [Mc159] 4+3-3編成 (車体改修完了,クモハ101-159 代替竣工) ※旧製品+弁天橋区仕様

    誤認解消。離脱していたKATO製国鉄101系ツヌ104F(Mc159:旧製品+弁天橋区仕様)が再出場した。次期改修編成はツヌ123F(Tc78:弁天橋区仕様+旧製品)に内定していたが急遽入場順が差し替えられた。元クモハ101-154(廃車:元ツヌ116F)の穴を埋めた旧クモハ101-159(旧製品)に代わり新クモハ101-159(旧製品)が竣工している。↓国鉄101系ツヌ104F(1986/4)。[ツヌ104F]:Mc159-M'185-T263-T'c35+Mc165-M'200-T259_Tc75-M118-M'c133。※旧製品+弁天橋区仕様。◆車体改修,クモハ101-159車体振替。国鉄101系クモハ100形0番代,クモハ100形0番代のATS-BS併設車は少数派だった。新製搭載された車両はクモハ101...国鉄101系津田沼電車区104F[Mc159]4+3-3編成(車体改修完了,クモハ101-159代替竣工)※旧製品+弁天橋区仕様

  • クモハ100-133[ツヌ104F] 車体改修 (ウエイト事前防錆対策,前面窓濃灰色Hゴム再現修正施工) ※'旧製品

    収斂。改修が長引くKATO製国鉄101系ツヌ104F(Mc159:旧製品+弁天橋区仕様)だがようやく最終入場車を迎える。クモハ100-133(ツヌ104F)には旧クモハ101-159(元ツヌ104F→クモハ101-154:ツヌ116F)と同じく前面窓濃灰色Hゴム支持化を施し竣工させた。ところがクハ101-75(ツヌ118F:旧製品)にて新クモハ101-159(ツヌ104F)を復帰させた際に施工不備が発覚した。国鉄101系クモハ100-133(ツヌ104F)。※旧製品。前面窓濃灰色Hゴム支持化は旧製品編成に於ける前面見附改善策として定着している。第一次試作編成に抜擢したカノ1F(Mc178)から施工方式は一切変更していない。本格採用を飾ったツヌ104Fだがクモハ100-133だけは前面窓セルHゴム支持モールド上辺...クモハ100-133[ツヌ104F]車体改修(ウエイト事前防錆対策,前面窓濃灰色Hゴム再現修正施工)※'旧製品

  • モハ101-118[ツヌ104F] 床板改修 (ウエイト防錆対策,DT21非動力台車締結安定性改善施工) ※旧製品

    原因不明。2019年3月から組成を開始したKATO製国鉄101系ツヌ104F(Mc159:旧製品+弁天橋区仕様)の出場は2019年7月まで遅れた。ツヌ104F組成準備車10両を揃える壁は入手が難しいサハ101-233(ツヌ118F:旧製品)にあると思われた。その対策としてサハ101-259,サハ101-263(ツヌ104F)にはモハ101-91,サハ101-108(ツヌ118F:旧製品)を充当している。国鉄101系モハ101-118(ツヌ104F)。※旧製品。2019年4月にサハ101-259,サハ101-263を竣工させた時点でツヌ104Fの組成は一時中断となった。約2箇月後の2019年6月に再開され旧クモハ101-159,モハ100-185(ツヌ104F)までの8両が出揃う。中間車両ではモハ100-118(...モハ101-118[ツヌ104F]床板改修(ウエイト防錆対策,DT21非動力台車締結安定性改善施工)※旧製品

  • クハ101-75[ツヌ104F] 車体改修 (1エンド側導電板角度修正,LP411前照灯用ライトレンズ交換施工) ※'旧製品

    強化。KATO製国鉄101系用LP411前照灯(黄色5号)はツヌ104F(Mc159:旧製品+弁天橋区仕様)でも調達が壁となった。半ば窮余の策でクモハ101-165(ツヌ104F)にはクモハ101-170Assy車体組立車(弁天橋区仕様)を充当した。更にクハ101-75,クハ100-35(ツヌ104F:旧製品)ではLP411前照灯(朱色1号)の塗装変更品を起用している。国鉄101系クハ101-75(ツヌ104F)。※旧製品。当然ながら塗装変更済LP411前照灯は全て101系メイクアップパーツ3(11-516)が原形である。本格採用はツヌ106F(Mc160:再生産品+旧製品)の組成準備に着手した2016年7月だった。確保が難しくなったLP411前照灯(メーカー塗装品)を捻出すべく旧ツヌ101F(Mc148→ツヌ...クハ101-75[ツヌ104F]車体改修(1エンド側導電板角度修正,LP411前照灯用ライトレンズ交換施工)※'旧製品

  • サハ101-259[ツヌ104F] 床板改修 (ウエイト防錆対策・湾曲修正,台枠清掃施工) ※旧製品

    初症例。KATO製国鉄101系ツヌ104F(Mc159:旧製品+鶴見線LOT)の改修は再び非動力車に戻った。サハ101-259(ツヌ104F:旧製品)もサハ101-263(ツヌ104F:旧製品)と同じく床板交換を経て竣工させている。種車はモハ101-91(ツヌ118F:Mc155)でありサハ101形200番代へ形式変更した車両だった。国鉄101系サハ101-259(ツヌ104F)。※旧製品。サハ101-259には元サハ101-290(廃車:元ラシ107F)に装着されていたサハ101形200番代用床板を起用した。当初モハ101-165(旧ツヌ131F:M'c143)として竣工を迎えた元サハ101-290は複雑な経歴を辿った。元ツヌ131F-1(←旧ツヌ131F)の廃止以降サハ101-230(旧カノ13F:Mc59...サハ101-259[ツヌ104F]床板改修(ウエイト防錆対策・湾曲修正,台枠清掃施工)※旧製品

  • モハ100-200[ツヌ104F] 動力ユニット整備 (加減速度改善:モーター用マグネット位置修正施工) ※'旧製品

    2ndLOT。都合十四代目となったKATO製国鉄101系ツヌ118F(Mc155:旧製品)は2018年7月に回着した編成である。元ツヌ124F(Tc74)からツヌ107F(Tc83)まで続いた旧製品先頭車両の更新は2018年6月を以て終了を迎えた。以後再生産品での編成増備に絞り込む方針だったが慢性的な予備品不足が続いていた。国鉄101系モハ100-200(ツヌ104F:動力ユニット搭載車)。※旧製品。当時10両編成化を進めていたツヌ109F(Mc202)と同期して旧ツヌ122F(M'c170)の組成変更に着手していた。捻出車両にはクモハ100-108(旧ツヌ122F:第一次動力ユニット搭載試作車)も含まれる大幅な異動であった。加えて新たにツヌ122F(Mc155)へ組み込む4両を旧製品車両とするLOT調整策が盛...モハ100-200[ツヌ104F]動力ユニット整備(加減速度改善:モーター用マグネット位置修正施工)※'旧製品

  • クモハ101-165[ツヌ104F] 車体改修 (運転台側台枠下垂矯正施工,[南テシ]電略標記印刷消去痕修正試行) ※'鶴見線LOT

    再転写。一応KATO製国鉄101系ツヌ104F(Mc159:旧製品+鶴見線LOT)は旧製品編成として扱っている。保留車だったモハ100-158(元ツヌ118F:Mc155)を戦列復帰させるには旧製品9両の増備が必要だった。しかし編成単位での投入ではモハ100-208(ツヌ118F:動力ユニット搭載車)が保留車に廻る弱点から逃れられず見送りとなった。国鉄101系クモハ101-165(ツヌ104F)。※鶴見線LOT。暫定プロトタイプ候補に浮上したツヌ104Fは5両のLP411前照灯車が組成される4+3-3編成であった。動力ユニット搭載車へと改められていたモハ100-158(元ツヌ118F)は6号車への充当が濃厚となる。一方単独投入での種車確保は長期戦が予想されLP411前照灯も数量不足に悩まされ続けていた。そこでク...クモハ101-165[ツヌ104F]車体改修(運転台側台枠下垂矯正施工,[南テシ]電略標記印刷消去痕修正試行)※'鶴見線LOT

  • クハ100-35[ツヌ104F] 床板改修 (ウエイト事前防錆対策,2エンド側導電板整形,行先表示変更施工) ※旧製品

    兼用。目下KATO製国鉄/JR101系運転台付中間組込車では再生産品LOT床板への更新を推進している。運転台付車用旧製品LOT床板は再生産品LOT品よりもライトスイッチの安定性に欠ける傾向が強く出ていた。ライト基板前照灯用端子部を薄型化する対策も万全とは言えず先頭車両との台枠交換が根本解決への近道だと考えた。国鉄101系クハ100-35(ツヌ104F)。※旧製品。先に改修入場したツヌ116F(T'c91:旧製品)でも運転台付中間組込車の台枠更新が実施される。ツヌ116Fは3+4-3編成でありクハ101-49,クハ100-60,クハ100-91(ツヌ116F)が床板更新対象車に挙がった。だが先頭に立つクハ101形,クハ100形の在籍数は総勢14両と少数派で大半が台枠振替施工済であった。その結果再生産品LOT床板供...クハ100-35[ツヌ104F]床板改修(ウエイト事前防錆対策,2エンド側導電板整形,行先表示変更施工)※旧製品

  • サハ101-263[ツヌ104F] 床板改修 (ウエイト防錆対策,台枠清掃,2-4位側用導電板整形施工:車体傾斜修正) ※旧製品

    遡及。2019年4月に竣工したKATO製国鉄101系サハ101-263(ツヌ104F:Mc159)はサハ101-108(ツヌ118F:Mc155)を種車とする。8両を単独投入に頼ったツヌ104Fではサハ101-233(ツヌ118F:旧製品)の増備が難しいと思われた。そこで形式変更及び番代区分変更が可能なモハ101-91,モハ101-208,サハ101-108(ツヌ118F)まで確保対象を広げた。国鉄101系サハ101-263(ツヌ104F)。※旧製品。結局サハ101-233は引き当てられずサハ101-108(ツヌ118F:旧製品)が代わりに回着した。国鉄/JR101系津田沼~習志野区所属編成ではサハ101形200番代が2両組み込まれる組成が多数派であった。だが製品仕様のツヌ118F(Mc155)を構成するサハ1...サハ101-263[ツヌ104F]床板改修(ウエイト防錆対策,台枠清掃,2-4位側用導電板整形施工:車体傾斜修正)※旧製品

  • モハ100-185[ツヌ104F] 床板改修 (ウエイト防錆対策施工,2エンド側台枠ビス締結部補修試行) ※旧製品

    予断。2編成が離脱に追い込まれたKATO製国鉄101系津田沼区仕様の改修入場順は急遽変更された。当初はウエイト腐食進行が確実視されるツヌ123F(Tc78)を入場させる方針だった。しかし旧クモハ101-159(元ツヌ104F:Mc159)が新クモハ101-154(ツヌ116F:Mc154)へ改番異動となり事情が変わっている。国鉄101系モハ100-185(ツヌ104F)。※旧製品。欠車が発生したツヌ104F(旧製品)は復旧が急がれツヌ123F(鶴見線LOT+旧製品)よりも先に入場となった。新クモハ101-159(ツヌ104F)の種車には部品取車だったクハ101-75(ツヌ118F:旧製品)が起用される。形式変更が欠かせない入場であったが旧クモハ101-159用部品(旧製品LOT)を流用して乗り切った。だが旧クモ...モハ100-185[ツヌ104F]床板改修(ウエイト防錆対策施工,2エンド側台枠ビス締結部補修試行)※旧製品

  • クモハ101-159[ツヌ104F] (クハ101-75[ツヌ118F:保留車] クモハ101形編入,LP411前照灯交換施工) ※'旧製品

    二代目。無事KATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)の再出場を迎えた一方で2編成が離脱した。改修入場によりツヌ103F(Tc48),ツヌ104F(Mc159),ツヌ107F(Tc83),ツヌ123F(Tc78)がその影響を受ける。4編成中3編成に台枠更新の余波が及びツヌ103F(鶴見線LOT+旧製品),ツヌ107F(再生産品)だけが難を逃れた。国鉄101系ツヌ104F(1986/4)。ツヌ104F:Mc159-M'185-T263-T'c35+Mc165-M200-T259_Tc75-M118-M'c133。※旧製品+鶴見線仕様。久々の施工機会となった前面窓濃灰色Hゴム支持化だが早速クモハ101-162(ツヌ116)で失敗をやらかした。補修結果も思わしくなくクモハ100-149(ツヌ123F)と...クモハ101-159[ツヌ104F](クハ101-75[ツヌ118F:保留車]クモハ101形編入,LP411前照灯交換施工)※'旧製品

  • 国鉄101系津田沼電車区116F [T'c91] 3+4-3第二次冷房改造車組込編成 (前面窓濃灰色Hゴム支持化,車体改修完了) ※旧製品

    整理。車体改修を終えたKATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)が再出場した。入場と同時にサハ101-98(ツヌ116F-2:3+7編成)を離脱させツヌ116F(T'c91:3+4-3編成)で固定化された。2016年11月から11両体制が続いていたが約3年3箇月振りに10両体制へと復帰している。↓国鉄101系ツヌ116F第二次冷房改造車組込編成(1979/3)。ツヌ116F:Mc154-M'168-T'c60+Tc49-M217-M'210-T'c91_T250-M213-M'c162。※旧製品。◆前面窓濃灰色Hゴム支持編成化,車体改修,モハ100-210動力ユニット整備。2014年6月に初出場した旧ツヌ116F(T'c91)は一癖ある編成にプロトタイプを定めた時期と重なった。旧ツヌ107F(Tc...国鉄101系津田沼電車区116F[T'c91]3+4-3第二次冷房改造車組込編成(前面窓濃灰色Hゴム支持化,車体改修完了)※旧製品

  • クモハ101-154[ツヌ116F] 車体振替 (クモハ101-159[ツヌ104F] 改番,旧クモハ101-154[元ツヌ116F] 廃車) ※旧製品

    1号車。改修が続くKATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)の未入場車はクモハ101-154(1号車)を残すのみとなった。2018年11月の入場にて第一次車体改修が施工済であり車体は問題無いと思われた。よってクモハ101-154もクモハ100-162(ツヌ116F:10号車)に準じた工程順を組んでいる。国鉄101系クモハ101-154(ツヌ116F)。※旧製品:車体改修施工車。前回入場記録はクモハ101-170(Mc170:鶴見線仕様→クモハ101-148:ツヌ105F)とのライト基板交換が主に記されていた。残念ながら当時のクモハ101-154(ツヌ116F)用ウエイト状況は全く判らない。ただ仮にウエイト断面の腐食進行が確認出来ていればそれなりの対処を施したはずである。しかしモハ101-213(9...クモハ101-154[ツヌ116F]車体振替(クモハ101-159[ツヌ104F]改番,旧クモハ101-154[元ツヌ116F]廃車)※旧製品

  • クモハ100-162[ツヌ116F] 前面窓濃灰色Hゴム支持化,DT21非動力台車交換施工 ※旧製品

    10号車。現行LOTライト基板更新がKATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)の前回入場名目であった。この際入場したクモハ101-154,クモハ100-162(ツヌ116F)は第一次車体改修に相当する整備が施される。当時十七代目ツヌ118F(Mc155→ツヌ118F:旧製品)はまだ回着しておらずウエイトには全く手が加えられなかった。国鉄101系クモハ100-162(ツヌ116F)。※旧製品:車体改修施工車。ツヌ116Fではウエイト腐食基準をモハ100-168(2号車)に定めモハ101-217(5号車)までは部分修正で切り抜けられてきた。運転台付中間組込車も例外ではなくクハ101-49(4号車),クハ100-60(3号車),クハ100-91(7号車)を続けて竣工させた。ところがサハ101-250(8...クモハ100-162[ツヌ116F]前面窓濃灰色Hゴム支持化,DT21非動力台車交換施工※旧製品

  • モハ101-213[ツヌ116F] 車体改修 (ウエイト防錆対策,2-4位側車両番号標記修正転写施工) ※旧製品

    9号車。KATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)のウエイト状況はモハ100-168(2号車)を老朽化基準に据えていた。モハ100-210(6号車:動力ユニット搭載車)を除く5両までは目論見通りに改修が完了している。竣工車には四代目ツヌ118F(Mc155)から異動したクハ100-91(7号車:第二次冷房改造車)も含まれた。国鉄101系モハ101-213(ツヌ116F)。※旧製品。未改修で残る4両は六代目ツヌ118Fが種車でありモハ100-168と同様の床板改修規模になると思われた。しかしサハ101-250(8号車)のウエイト断面は腐食が著しく全面的な錆取り作業を必要とした。予想だにしない事態に襲われ次発入場へ廻したモハ101-213(9号車)は改修の雲行きが怪しくなった。最悪の場合十七代目ツヌ1...モハ101-213[ツヌ116F]車体改修(ウエイト防錆対策,2-4位側車両番号標記修正転写施工)※旧製品

  • サハ101-250[ツヌ116F] 車体改修 (ウエイト防錆対策,2-4位側車両番号印刷消去痕修正施工) ※旧製品

    8号車。2014年6月の初出場以降KATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)は行先変更,ライト基板更新と二度仕様変更を経た。だが入場車両はクモハ101-154,クモハ100-162,クハ100-91(ツヌ116F)に限定される。よってモハ100-168以下7両(ツヌ116F)の入場機会は無く老朽化が大きな不安要素であった。国鉄101系サハ101-250(ツヌ116F)。※旧製品。ツヌ116Fはクハ100-91(7号車)を除く9両が六代目ツヌ118F(Mc155)の改番車である。現在までウエイト断面の腐食は入場第一陣に抜擢したモハ100-168と同程度で踏み留まっていた。台枠更新こそ行われたがクハ101-49,クハ100-60が履いていた旧製品LOT床板は事前防錆対策のみで転用を終えている。長尺ウエ...サハ101-250[ツヌ116F]車体改修(ウエイト防錆対策,2-4位側車両番号印刷消去痕修正施工)※旧製品

  • クハ100-91[ツヌ116F] 第二次冷房改造車 車体改修 (現行LOT台枠更新,2ndLOTライト基板振替施工) ※'旧製品

    7号車。在籍するKATO製国鉄101系津田沼区仕様の変則組成編成は5本まで勢力を拡大した。その初陣を飾る予定だった編成は旧クハ101-35(4号車)を組み込む旧ツヌ103F(Tc48:旧製品)であった。しかし種車の手配が上手く行かずツヌ116F(T'c91:旧製品)に先を越されている。国鉄101系クハ100-91(ツヌ116F)。※旧製品:第二次冷房改造車。ツヌ116Fは六代目ツヌ118F(Mc155:旧製品)を3+4-3編成に組み替えた編成である。当時旧ツヌ107F(Tc83:10両貫通編成)の組成から漏れたクハ100-78(ツヌ118F:四代目)が保留車に廻っていた。六代目ツヌ118Fの組成変更に当たりサハ101-108(ツヌ118F:六代目)とクハ100-78(ツヌ118F:四代目)が入れ替えられる。これ...クハ100-91[ツヌ116F]第二次冷房改造車車体改修(現行LOT台枠更新,2ndLOTライト基板振替施工)※'旧製品

  • モハ100-210[ツヌ116F] 動力ユニット整備 (段付加速解消:モーター軸受部注油,導電板・台車集電板研磨施工) ※旧製品

    6号車。KATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)は1両毎の改修入場が続いている。平時に於ける回着整備や改修では動力ユニット搭載車を入場後半へ廻す場合が殆どである。だが諸事情によりモハ100-210(ツヌ116F:動力ユニット搭載車)はクモハ101-154以下5両(ツヌ116F)に先んじての入場となった。国鉄101系モハ100-210(ツヌ116F:動力ユニット搭載車)。※旧製品。五代目ツヌ118F(Mc155:旧製品→旧ツヌ123F:Tc78)には車体が湾曲したモハ100-208(動力ユニット搭載車)が含まれていた。導入前に症状を把握していたが矯正策は側面窓セルと車体の間へ流し込み接着剤を投入する粗雑な方式が採用される。そのツヌ123Fはクハ101-78(鶴見線LOT:車体更新車)のウエイト腐食...モハ100-210[ツヌ116F]動力ユニット整備(段付加速解消:モーター軸受部注油,導電板・台車集電板研磨施工)※旧製品

  • モハ101-217[ツヌ116F] 車体改修 (ウエイト防錆対策施工,1エンド側台枠ビス締結部補修試行) ※旧製品

    5号車。KATO製国鉄101系ツヌ116F(T'c91:旧製品)は入場から遠ざかっていた車両が多い。これはクハ100-91(7号車:第二次冷房改造車)を組み込む3+4-3編成に旧製品保持編成指定が加わったためである。車両異動も無く老朽化が不安視されたがクハ101-49(4号車)までは順当に改修を終えられていた。国鉄101系モハ101-217(ツヌ116F)。※旧製品。当初次期入場車は現行LOT床板装着車捜索が必要となるクハ100-91を予定していた。だが台枠三角交換に起用したクハ101-78(ツヌ123F:Tc78)の状態が悪く号車順へ変更となった。ツヌ116Fの改修入場は離脱が確定していたサハ101-98(元ツヌ116F-2:T98)より開始された。その後はモハ100-168(2号車)から中野方へ向かっていた...モハ101-217[ツヌ116F]車体改修(ウエイト防錆対策施工,1エンド側台枠ビス締結部補修試行)※旧製品

  • クハ101-49[ツヌ116F] 車体改修 (台枠更新施工,クハ101-78[ツヌ123F],クハ101-83[ツヌ107F] 台枠交換施工) ※'旧製品

    4号車。KATO製国鉄101系クハ100-60(ツヌ116F:T'c91)はクハ100-89(ツヌ123F:Tc78)との振替えにて現行LOT床板装着車へ改装した。続いて改修入場させるクハ101-49(ツヌ116F:4号車)も旧製品LOT床板装着車であり現行LOT台枠供出車の選定に着手している。残念ながらツヌ123Fの千葉方先頭車両は旧製品LOT台枠を履くクハ101-78(鶴見線LOT:車体更新車)であった。国鉄101系クハ101-49(ツヌ116F)。※旧製品。旧ツヌ123Fは五代目ツヌ118F(Mc155:旧製品)を種車とし2014年6月に出場させた編成である。2015年11月の車体更新ではクモハ101-170Assy車体,クハ100-86Assy車体(鶴見線LOT)が用いられた。転用都合が絡んだクハ100...クハ101-49[ツヌ116F]車体改修(台枠更新施工,クハ101-78[ツヌ123F],クハ101-83[ツヌ107F]台枠交換施工)※'旧製品

  • クハ100-60[ツヌ116F] 車体改修 (現行LOT床板更新,LP402前照灯交換施工,クハ100-89[ツヌ123F] 台枠振替施工) ※旧製品

    3号車。改修入場したKATO製国鉄101系ツヌ116F(Tc91)はクハ101-49,クハ100-60,クハ100-91が運転台付中間組込車に該当する。何れも旧製品LOT床板装着車であり改修に併せライトスイッチ移動問題解決を名目とする台枠更新を計画していた。但しクハ101形,クハ100形が両先頭車両を締める編成は5本と少数派で現行LOT床板の捻出が課題となった。国鉄101系クハ100-60(ツヌ116F)。※旧製品。5編成の内訳はツヌ102F(Tc75),ツヌ103F(Tc48),ツヌ113F(Tc74),ツヌ123F(Tc78),ツヌ125F(Tc48)である。だが車両更新車,車体更新車,台枠振替施工車が多数を占めており各車の現状を再確認した。すると車体更新時に現行LOT床板装着車へと改められたクハ100-8...クハ100-60[ツヌ116F]車体改修(現行LOT床板更新,LP402前照灯交換施工,クハ100-89[ツヌ123F]台枠振替施工)※旧製品

  • モハ100-168[ツヌ116F] 車体改修 (ウエイト防錆対策,側面窓セル窓サッシ印刷補修施工) ※旧製品

    先陣。2016年11月からKATO製国鉄101系ツヌ116F(ツヌ116F-1:T'c91,ツヌ116F-2:T104→ツヌ116F-2:T98)は11両体制が続いていた。サハ101-98(元ツヌ116F-2:T98)の脱車によりツヌ116F-2は廃止され10両体制(ツヌ116F-1→ツヌ116F:T'c91)へと復帰している。引き続きクモハ101-154以下10両の改修を進めるがサハ101-98(旧製品)とは異なる展開が予想された。国鉄101系ツヌ116F第二次冷房改造車組込編成(1979/3)。ツヌ116F:Mc154-M'168-T'c60+Tc49-M217-M'210-T'c91_T250-M213-M'c162。※旧製品。基本的に六代目ツヌ118F(Mc155)の改番車で揃うがクハ100-91(7号...モハ100-168[ツヌ116F]車体改修(ウエイト防錆対策,側面窓セル窓サッシ印刷補修施工)※旧製品

カテゴリー一覧
商用