searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

永子の窓さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
永子の窓
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/0803ogasawara
ブログ紹介文
趣味の世界
更新頻度(1年)

6回 / 365日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2014/11/14

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、永子の窓さんの読者になりませんか?

ハンドル名
永子の窓さん
ブログタイトル
永子の窓
更新頻度
6回 / 365日(平均0.1回/週)
読者になる
永子の窓

永子の窓さんの新着記事

1件〜30件

  • 枕草子を読んできて(136)その4

    124正月寺に籠りたるは(136)その42020.3.23日のうち暮るるに、詣づるは、籠る人なンめり。小法師ばらの、もたぐべくもあらぬ屏風などの高き、いとよく進退し、畳などほうと立て置くと見れば、ただ局に出でて、犬伏せぎに簾をさらさらとかくるさまぞ、いみじくしつけたるや。たはやすげなる。そよそよとあまたおりて、大人だちたる人の,いやしからずしのびやかなるけはひにて、帰る人にやあらむ、「その中あやふし。火の事制せよ」など言ふもあり。七八ばかりなるをのこ子の、愛敬づきおごりたる声にて、侍人呼びつけ、物など言ひたるけはひも、いとをかし。また三ばかりなるちごの寝おびれて、うちしはぶきたるけはひうつくし。乳母の名、母などうち出でたるも、たれならむと、いと知らまほし。◆◆日が暮れ始めるころに詣でるのは、これからお籠りする人...枕草子を読んできて(136)その4

  • 枕草子を読んできて(136)その3

    124正月寺に籠りたるは(136)その3誦経の鐘の音、「わがなンなり」と聞くは、たのもしく聞こゆ。かたはらによろしき男の、いとのびやかに額づく。立ち居のほども心あらむと聞こえたるが、いたく思ひ入りたるけしきにて、寝も寝ずおこなふこそ、いとあはれなれ。うちやすむほどは、経高くは聞こえぬほどによみたるも、たふとげなり。高くうち出でさせまほしきに、まして鼻などを、けざやかに聞きにくくはあらで、すこしのびてかみたるは、何事を思ふらむ、かれをかなへばやとこそおぼゆれ。◆◆誦経の鐘の音を、「あれは私のためのものだ」と聞くのは、頼もしく聞こえる。隣の部屋でかなりの身分の男が、たいへんひっそりと額をつけて拝んでいる。立ったり座ったりする様子もたしなみがあるように聞こえる、その人が、ひどく思い悩んでいる様子で、寝もしないで勤行に...枕草子を読んできて(136)その3

  • 枕草子を読んできて(136)その2

    124正月寺に籠りたるは(136)その22020.2.12御あかし、常灯にはあらで、うちにまた人の奉りたる、おそろしきまで燃えたるに、仏のきらきらと見えたまへる、いみじくたふときに、手ごとに文をささげて、礼盤に向ひてろきちかふも、さばかりゆすり満ちて、これは、とり放ちて聞きわくべくもあらぬに、せめてしぼり出だしたる声々の、さすがにまたまぎれず、「千灯の御こころざしは、なにがしの御ため」と、はつかに聞こゆ。帯うちかけて拝みたてまつるに、「ここにかう候ふ」と言ひて、樒の枝を折りて持て来るなどのたふときも、なほをかし。◆◆仏前のご灯明の、常灯明ではなくて、内陣にまた参詣の人がお供え申し上げてあるのが、恐ろしいまでに燃え盛っているのに、本尊の仏さまがきらきらと金色に光ったお見えになるのが、たいへん尊いのに、お坊さんが手...枕草子を読んできて(136)その2

  • 枕草子を読んできて(136)その1

    124正月寺に籠りたるは(136)その12020.2.9正月寺に籠りたるは、いみじく寒く、雪がちに氷りたるこそをかしけれ。雨などの降りぬべきけしきなるは、いとわろし。◆◆正月に寺に籠っているときには、ひどく寒く、雪も積もりがちに冷え込んでいるのこそおもしろい。雨が降りそうな空模様は、とても良くない。◆◆初瀬などに詣でて、局などするほどは、くれ階のもとに、車引き寄せて立てるに、おびばかりしたる若き法師ばらの、足駄といふ物をはきて、いささかつつみもなくおりのぼるとて、何ともなき経の端をよみ、倶舎頌をすこし言ひつづけありくこそ、所につけてはをかしけれ。わがのぼるはいとあやふく、かたはらに寄りて、高欄おさへて行くものを、ただ板敷きなどのやうに思ひたるもをかし。「局したり」など言ひて、沓ども持て来ておろす。◆◆初瀬などに...枕草子を読んできて(136)その1

  • 枕草子を読んできて(135)その2

    123あはれなるもの(135)その22020.2.2九月つごもり、十月ついたち、ただあるかなきかに聞きわけたるきりぎりすの声。鶏の子抱きて伏したる。秋深き庭の浅茅に、露の色々玉のやうにて光たる。河竹の風に吹かれたる夕暮。暁に目さましたる。夜なども、すべて。思ひかはしたる若き人の中に、せく方ありて、心にもまかせぬ。山里の雪。男も女も清げなるが、黒き衣着たる。二十六七日ばかりの暁に、物語してゐ明かして見れば、あるかなきかに心ぼそげなる月の、山の端近く見えたる。秋の野。年うち過ぐしたる僧たちの行なひしたる。荒れたる家に葎這ひかかり、蓬など高く生ひたる家に、月の隈なく明かき。いと荒うはあらぬ風の吹きたる。◆◆九月の末、十月のはじめ、かすかに聞き分けられるようなこおろぎの声、鶏がひなを抱いて伏してるの。秋が深まった庭の茅...枕草子を読んできて(135)その2

  • 枕草子を読んできて(135)その1

    123あはれなるもの(135)その1あはれなるもの考ある人の子。鹿の音。よき男の若き、御嶽精進したる。いでゐたらむ暁の額など、あはれなり。むつましき人の、目さまして聞くらむ、思ひやる。詣づるほどのありさま、いかならむとつつしみたるに、たひらかに詣で着きたるこそいとめでたけれ。烏帽子のさまなどぞ、なほ人わろき。なほいみじき人と聞こゆれど、こよなくやつれて詣づとこそは知りたるに、右衛門佐宣孝は、「あじきなき事なり。ただ清き衣を着て詣でむに、なでふ事かあらむ。かならずよも『あしくて詣でよ』と御嶽のたまはじ」とて、三月つごもりに、紫のいと濃き指貫、白き襖、山吹のいみじくおどろおどろしきなどにて、隆光が主殿亮なるには、青色の襖、紅の衣、摺りもどろかしたる水干袴にて、うちつづき詣でたりけるに、帰る人も詣づる人も、めづらしく...枕草子を読んできて(135)その1

  • 枕草子を読んできて(130)(131)(132)(133)(134)

    118常よりことに聞ゆるもの(130)2020.1.21常よりことに聞ゆるもの元三の車の音、また、鳥の声。暁のしはぶき。物の音はさらなり。◆◆普段より特別な感じに聞こえるもの元日の車の音、また、元日の鶏の鳴き声。暁に聞こえる咳ばらい。暁に聞こえる音楽(楽器)はことさらだ。◆◆■元三(げんさん)=元日。年のはじ(元)め、月のはじめ、日のはじめであるから「元三」という。119絵にかきておとるもの(131)2020.1.21絵にかきておとるものなでしこ。桜。山吹。物語にめでたしといひたる男女のかたち。◆◆絵画として表現すると劣ってしまうものなでしこ。桜。山吹。物語ですばらしいといわれる男女の容貌。◆◆■絵にかきておとるもの=絵画として表現すると劣ってしまうもの。120かきまさりするもの(132)2020.1.21かき...枕草子を読んできて(130)(131)(132)(133)(134)

  • 枕草子を読んできて(129)

    116卯月のつごもりに、長谷寺に(129)2020.1.9卯月のつごもりに、長谷寺に詣で、淀の渡りといふものをせしかば、舟に車をかきすゑて行くに、菖蒲、菰などの末短く見えしを、取らせたれば、いと長かりけり。菰積みたる舟のある岸こそ、いみじうをかしかりしか。「高瀬の淀に」は、これをよみけるなンめりと見えし。三日といふに帰るに、雨のいみじう降りしかば、菖蒲刈るとて、笠の小さきを着て、脛いと高きをのこ、童などのあるを、屏風の絵に、いとよく似たり。◆◆四月の末ごろに、奈良の長谷寺に詣でて、話にきいていた京の淀の舟渡りというものをしたところ、舟に車をかついで乗せて行くのに、菖蒲や菰の先が短く見えたのを取らせてみると、たいそう長かった。菰を積んだ舟のある岸がとても面白かった。「高瀬の淀に」という歌は、これを詠んだのだったと...枕草子を読んできて(129)

  • 枕草子を読んできて(127)(128)

    114関は(127)関は逢坂の関。須磨の関。白河の関。衣の関。くきたの関。はばかりの関。ただこえの関。鈴鹿の関。よこはしの関。花の関ばかりにたとしへなしや。清見が関。見るめが関。よしよしの関こそ、いかに思ひ返したるならむと知らまほしけれ。それおなこその関とはいふにやあらむ。逢坂のなどを、さて思ひ返したらば、わびしからむかし。足柄の関。◆◆関は逢坂の関(山城の国と近江の国の境)。須磨の関(神戸市須磨区)。白河の関(福島県白河市旗宿)。衣の関(岩手県西磐井郡平泉町)。くきたの関(三重県一志郡白山町)。はばかりの関(不明)。ただこえの関(不明)。鈴鹿の関(三重県鈴鹿郡)。よこはしの関(不明)。花の関くらいに比べることができないほど違っているよ。清見が関(静岡県清水市)。見るめが関(不明)。よしよしの関(不明)よしよし...枕草子を読んできて(127)(128)

  • 枕草子を読んできて(126)その2

    113方弘は、いみじく(126)その22019.12.9女院なやませたまふとて、御使ひにまゐりて来たる、「院の殿上人はたれたれかありつる」と人の問へば、「それかれ」など四五人ばかり言ふに、「または」と問へば、「さてはぬる人どもぞありつる」と言ふをまた笑ふも、またあやしき事にこそはあらめ。◆◆女院がご病気になられたというので、方弘がお見舞いの勅使として参上して、きたので、「院の殿上人は誰誰がいたのか」と人が尋ねると,四、五人ほど言うので、「他には」と問うと、「それから寝る人たちがいた」というのを又笑うのも、また奇妙なことであろう。【寝る人=宿直の人?】◆◆■女院=東三条女院詮子(せんし)。一条天皇の正母。藤原兼家二女。人間に寄り来て、「わが君こそ。まづ物聞こえむ。まづまづ人ののたまへる事ぞ」と言へば、「何事にか」...枕草子を読んできて(126)その2

  • 枕草子を読んできて(126)その1

    113方弘は、いみじく(126)その12019.11.11方弘は、いみじく人に笑はるる者。親いかに聞くらむ。供にありく者ども、いと人々しきを呼び寄せて、「何しにかかる者には使はるるぞ。いかがおぼゆる」など笑ふ。物いとよくするあたりにて、下襲の色、うへの衣なども、人よりはよくて着たるを、「これをこと人に聞かせばや」など、げにぞことばづかひなどのあやしき。◆◆方弘は、ひどく人に笑われる者だ。いったい親はどう聞いているのだろう。供として歩いている者たち、その中のひとかどの者を呼び寄せて、「どうしてこんな者に使われているのか。どう思うのか」などと笑う。方弘の家衣服などの調製をとても上手にするところで、下襲の色、袍なども、人よりは立派に着ているのを、「これを他の人に聞かせたいものだ」などと、なるほど言葉遣いなどが変だ。【...枕草子を読んできて(126)その1

  • 枕草子を読んできて(124)(125)

    111はるかなるもの(124)2019.11.9はるかなるもの千日の精進はじむる日。半臀の緒ひねりはじむる日。陸奥国へ行く人の、逢坂の関超ゆるほど。生まれたるちごの大人になるほど。大般若経、御誦経一人してよみはじむる日。十二年の山籠もりの、はじめてのぼる日。◆◆はる先の遠いもの御嶽詣でのために千日間精進潔斎をはじめる日。半臀の緒(はんぴのお)袍と下襲との間に着る、袖のない衣■はるかなるもの=先の遠いもの。112物のあはれ知らせ顔のるもの(125)2019.11.9物のあはれ知らせ顔のるもの鼻垂り、間もなくかみつつ物言ひたる声。眉ぬくをりのまみ。◆◆何かにつけてのしみじみとした気持ちを知らせ顔であるもの鼻が垂れて、ひっきりなしに鼻をいみながら物を言っている声。眉毛を抜くときの目つき。◆◆枕草子を読んできて(124)(125)

  • 枕草子を読んできて(123)

    110二月つごもり、風いたく吹きて(123)2019.9.21二月つごもり、風いたく吹きて、空いみじく黒きに、雪すこしうち散るほど、黒戸に主殿寮来て、「かうして候ふ」と言へば、寄りたるに、「公任の君、宰相の中将殿」とあるを見れば、懐紙、ただ、すこし春ある心地こそすれとあるは、げに今日のけしきに、いとようあひたるを、これが本はいかがつくべからむと思ひわづらひぬ。「たれたれか」と問へば、「それそれ」と言ふに、みなはづかしき中に、宰相中将の御いらへをば、いかが事なしびに言ひ出でむと心ひとつに苦しきを、御前に御覧ぜさせむとすれども、うへもおはしまして、御とのごもりたり。◆◆二月の末、風がひどく吹いて、空が真っ黒で、雪が少しちらつくころ、黒戸に主殿寮(とのもりづかさ)の男が来て、「こうしてお伺いしております」と言うので、...枕草子を読んできて(123)

  • 枕草子を読んできて(122)

    109殿上より(122)2019.9.9殿上より、梅の花の散りたるに、その詩を誦して、黒戸に殿上人いとおほくゐたるを、うへの御前きかせおはしまして、「よろしき歌などよみたらむよりも、かかる事はまさりたりかし。よういらへたり」と仰せらる。◆◆殿上の間から、梅の花が散っているのに、(以下脱文があるか?)その詩を誦んじて、黒戸に殿上人がとてもたくさん座っているのを、主上がお聞きあそばしていらっしゃって、「並み一通りの歌などを詠んでいようのよりも、こういうことはずっと優れていることだね。うまく応答したことだ」と仰せになる。◆◆■その詩=「その詩」は何を指すか分からない。■黒戸=清涼殿の北の廊にある戸。ここはその戸のある部屋。枕草子を読んできて(122)

  • 枕草子を読んできて(121)その6

    一〇八淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など(121)その62019.8.6羊の時ばかりに、「筵道まゐる」といふほどもなく、うちそよめき入らせたまへば、宮もこなたに寄らせたまひぬ。やがて御帳に入らせたまひぬれば、女房南面にそよめき出でぬ。廊、馬道に殿上人いとおほかり。殿の御前に宮司召して、くだ物、さかな召さす。「人々酔はせ」など仰せらる。まことにみな酔ひて、女房と物言ひかはすほど、かたみにをかしと思ひたり。◆◆午後二時ごろ、「筵道をお敷き申し上げる」と声がすると間もなく、主上がお召し物の衣ずれの音をおさせになってお入りあそばされたので、中宮様もこちらの母屋のほうにお移りあそばされた。そのままお二人が御帳台にお入りあそばされたので、女房は南の廂に衣ずれの音をさせて出た。郎や馬道に、殿上人がたくさんいる。殿の御前に...枕草子を読んできて(121)その6

  • 枕草子を読んできて(121)その5

    一〇八淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など(121)その52019.7.24しばしありて、式部丞なにがしとかや、御使ひまゐりたれば、おものやりとの北に寄りたる間に、御褥さし出でて、御返りは、今日はとく出ださせたまひつ。まだ褥も取り入れぬほどに、春宮の御使ひに、周頼の少将まゐりたり。御文取り入れて、殿、うへ、宮など御覧じわたす。「御返りはや」などあれど、とみにも聞こえたまはぬを、「なにがしが見はべれば、書きたまはぬなンめり。さらぬをりは間もなく、これよりぞ聞こえたまふなる」など申したまへば、御面はすこし赤みながら、すこしうちほほゑみたまへる、いとめでたし。「とく」など、いへも聞こえたまへば、奥ざまに向きて書かせたまふ。◆◆しばらくして、式部丞なにがしという者が、主上の御使いに参上したので、配膳室の北に寄っている...枕草子を読んできて(121)その5

  • 枕草子を読んできて(121)その4

    一〇八淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など(121)その42019.7.4おもののをりになりて、御髪あけまゐりて、蔵人ども、まかなひの髪あげて、まゐらすほどに、へだてたりつる屏風も押しあけつれば、かいま見の人、隠れ蓑取られたる心して、あかずわびしければ、御簾と几帳との中にて、柱のもとよりぞ見たてまつる。衣の裾、裳など、唐衣はみな御簾の外に押し出されたれば、殿の端の方よりご覧じ出だして、「誰そや。霞の間より見ゆるは」ととがめさせたまふに、「少納言が物ゆかしがりて侍るならむ」と申させたまへば、「あなはづかし。かれは古き得意を。いとにくげなるむすめども持ちたりともこそ見はべれ」などのたまふ御けしき、いとしたり顔なり。◆◆朝のお食事時になって、御髪あげの女官が参上して、女蔵人(にょくろうど)たちや陪膳(はいぜん)の女...枕草子を読んできて(121)その4

  • 枕草子を読んできて(121)その3

    一〇八淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など(121)その32019.6.10殿、薄色の御直衣、萌黄の織物の御指貫、紅の御衣ども、御紐さして、廂の柱にうしろをあてて、こなたざまに向きておはします。めでたき御ありさまどもをうちゑみて、例のたはぶれ言どもをせさせたまふ。淑景舎の、絵にかきたるやうにうつくしげにてゐさせたまへるに、宮はいとやすらかに、いますこし大人びさせたまへる御けしきの、紅の御衣ににほひ合はせたまひて、なほたぐひはいかがでかと見えさせたまふ。◆◆殿は、薄い紫色の御直衣、萌黄の織物の御指貫、下に紅の御内着を何枚か召され、直衣の御紐をきちんとしめて、廂の間の柱に背を当てて、こちらの方を向いておいでになる。中宮様と淑景舎の女御とのすばらしいご様子をにこにこして、いつものように冗談を仰っていらっしゃる。淑景...枕草子を読んできて(121)その3

  • 枕草子を読んできて(121)その2

    一〇八淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など(121)その22019.5.24さてゐざり出でさせたまひぬれば、やがて御屏風に添ひつきてのぞくを、「あしかンめり。うしろめたきわざ」と聞こえごつ人もあり。いとをかし。御障子のいとひろうあきたれば、いとよく見ゆ。うへは白き御衣ども、紅の張りたる二つばかり、女房の裳なンめり、引きかけて、奥に寄りて、東向きにおはすれば、ただ御衣などぞ見ゆる。淑景舎は北に少し寄りて、南向きにおはす。◆◆さて、中宮様が御席へと膝行してお出ましあそばされてしまったので、私はそのまま御屏風にぴったり寄り添って覗くのを、「悪いでしょう。気がかりなやりようだこと」と中宮様にお耳に入るように言う女房もいる。たいへんに面白い。御襖障子がとても広く開いているのでよく見える。殿の北の方は白いお召し物を何枚か...枕草子を読んできて(121)その2

  • 枕草子を読んできて(121)その1

    一〇八淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など(121)その12019.5.16淑景舎、東宮にまゐりたまふほどの事など、いかがは、めでたからぬことなし。正月十日まゐりたまひて、宮の御方に、御文などはしげう通へど、御対面などはなきを、二月十日、宮の御方にわたりたまふべき御消息あれば、常よりも御しつらひ心ことにみがきつくろひ、女房なども、みな用意したり。夜中ばかりにわたらせたまひしかば、いくばくもなくて明けぬ。登華殿の東の二間に、御しつらひはしたり。◆◆淑景舎が東宮の妃として入内なさるころのことなど、どうして、素晴らしくないことは何一つない。正月十日に(小右記では十九日)参上なさって、中宮様の御方に、お手紙などは頻繁に通うけれども、ご対面などはないのを、二月十日、中宮様の御方にお出でになるはずのご案内があるので、いつ...枕草子を読んできて(121)その1

  • 枕草子を読んできて(120)

    一〇七雨のうちはへ降るころ(120)2019.5.7雨のうちはへ降るころ、今日も降るに、御使ひにて、式部丞のりつねまゐりたり。例の御褥さし出だしたるを、常よりも遠く押しやりてゐたれば、「あれはたれが料ぞ」と言へば、笑ひて、「かかる雨にのぼりはべらば、足がたつきて、いとふびんにきたなげになりはべりなむ」と言へば、「など。けんそく料にこそはならめ」と言ふを、「これは御前に、かしこう仰せらるるにはあらず。のぶつねが足がたのことを申さざらしかば、えのたまはざらまし」とて、かへすがへす言ひしこそをかしかりしか。◆◆雨が引き続いて降るころ、今日も降るのに、帝の御使いとして、式部丞のりつねが中宮様の御方に参上している。いつものように御敷物を差し出してあるのを、普段よりも遠くに押しやって座っているので、「あれは誰が使う物ですか...枕草子を読んできて(120)

  • 枕草子を読んできて(119)

    一〇六中納言殿まゐらせたまひて(119)2019.4.30中納言殿まゐらせたまひて、御扇奉らせたまふに、「隆家こそいみじき骨を得てはべれ。それを、張らせてまゐらせむとするを、おぼろげの紙は張るまじければ、もとめはべるなり」と申したまふ。「いかやうなるにかある」と問ひきこえさせたまへば、「すべていみじく侍る。『さらにまだ見ぬ骨のさまなり』となむ人々申す。まことにかばかりのは見ざりつ」と、こと高く申したまへば、「さては扇のにはあらで、くらげのなり」と聞こゆれば、「これは隆家がことにしてむ」とて、笑ひたまふ。◆◆(藤原隆家)中納言殿が参上あそばして、御扇を中宮様にお差し上げあそばすのに、「この隆家こそ、すばらしい骨を手に入れましてございます。それを、紙に張らして差し上げようと思うのですが、いい加減な紙を張るわけにはま...枕草子を読んできて(119)

  • 枕草子を読んできて(118)

    一〇五御方々、君達、上人など、御前に(118)2019.4.24御方々、君達、上人など、御前に人おほく候へば、廂の柱に寄りかかりて、女房と物語してゐたるに、物を投げ給はせたる、あけて見れば、「思ふべしやいなや。第一ならずはいかが」と問はせたまへり。◆◆中宮様の御身内の方々、若君たち、殿上人たちと大勢が伺候しているので、わたしは廂の間の柱に寄りかかって、女房と話をして座っていると、中宮様が物を投げてお与えくださっているので、開けて見ると、「そなたを可愛がるのがよいか、それともいやか。第一番でなければどうか」とお尋ねになっていらっしゃる。◆◆■御方々=中宮の身内の方々。兄弟姉妹であろう。御前に物語などするついでにも、「すべて人には一に思はれずは、さらに何にかせむ。ただいみじうにくまれ、あしうせられてあらむ。二三にて...枕草子を読んできて(118)

  • 枕草子を読んできて(117)その6

    一〇四五月の御精進のほど、職に(117)その62019.4.19夜うちふくるほどに、題出だして、女房に歌よませたまへば、みなけしきだちゆるがし出だすに、宮の御前に近く候ひて、物啓しなど、事をのみ言ふも、おとど御覧じて、「などか歌はよまで離れゐたる。題取れ」とのたまふを、「さるまじくうけたまはりて、歌よむまじくはりてはべれば、思ひかけはべらず」。「ことやうなる事。まことにさる事やは侍る。などかはゆるさせたまふ。いとあるまじき事なり。よし、こと時は知らず、今宵はよめ」と責めさせたまへど、清う聞きも入れで候ふに、こと人どもよみ出だして、よしあしなど定めらるるほどに、いささかなる御文を書きて給はせたり。あけてみれば、元輔がのちといはるる君しもや今宵の歌にはづれてはをるとあるを見るに、をかしき事ぞたぐひなきや。いみじく笑...枕草子を読んできて(117)その6

  • 枕草子を読んできて(117)その5

    一〇四五月の御精進のほど、職に(117)その52019.4.16二日ばかりありて、その日の事など言ひ出づるに、宰相の君、「いかにぞ、手づから折りたると言ひし下蕨は」とのたまふを聞かせたまひて、「思ひ出づる事のさまよ」と笑はせたまひて、紙の散りたるに、下蕨こそ恋しかりけれと書かせたまひて、「本言へ」と仰せらるるもをかし。郭公たづねて聞きし声よりもと書きて、まゐらせたれば、「いみじううけばりたりや。かうまでにだに、いかで郭公の事をかけつらむ」と笑はせたまふ。◆◆二日ほどしてのち、あの郭公を聞きに行った日のことを口に出して話していると、宰相の君が「どうでしたか、自分で折ったといった下蕨の味は」とおっしゃるのを、中宮様がお聞きあそばされて、「思い出すことといったら、(郭公の声でなく)まったく」とお笑いあそばして、お手元...枕草子を読んできて(117)その5

  • 枕草子を読んできて(117)その4

    一〇四五月の御精進のほど、職に(117)その42019.4.9さてまゐりたれば、ありさまなど問はせたまふ。うらみつる人々、怨じ心憂がりながら、籐侍従、一条の大路走りつるほどに語るにぞ、みな笑ひぬる。「さていづら歌は」と問はせたまふ。かうかうと啓すれば、「くちをしの事や。上人などの聞かむに、いかでかをかしき事なくてあらむ。その聞きつらむ所にて、ふとこそよまましか。あまりぎしきことさめつらむぞ。あやしきや。ここにてもよめ。言ふかひなし」などのたまはすれば、げにと思ふに、いとわびしきを、言ひ合はせなどするほどに、籐侍従の、ありつる卯の花つけて、卯の花の薄様に、郭公の鳴く音たづねにきみ行くと聞かば心を添へもしてまし◆◆そうして中宮様に参上しますと、今日の様子などをお聞き遊ばされます。一緒に行けなった人々が、嫌味を情けな...枕草子を読んできて(117)その4

  • 枕草子を読んできて(117)その3

    一〇四五月の御精進のほど、職に(117)その32019.4.3近う来ぬ。「さりとも、いとかうてやまむやは。この車のさまをだに、人に語らせてこそやまめ」とて、一条殿のもとにとどめて、「侍従殿やおはします。郭公の声聞きて、今なむ帰りはべる」と言はせたる使、「『ただいままゐる。あが君あが君』となむたまへる。さぶらひにまひろげて。指貫奉りつ」と言ふに、「待つべきにもあらず」とて、走らせて、土御門ざまへやらするに、いつの間にか装束しつらむ。帯は道のままに結ひて、「しば、しば」と追ひ来る。◆◆御所近くに来てしまった。「そうとしても、全く人にも知らせないままで終わってしまってよいものか。せめてこの車の様子だけでも、人に語り草にさせてこそ『けり』をつけよう」ということで、一条大宮にある故太政大臣藤原為光の邸のあたりに車を止めて...枕草子を読んできて(117)その3

  • 枕草子を読んできて(117)その2

    一〇四五月の御精進のほど、職に(117)その22019.3.30かういふ所には、明順の朝臣家あり。「そこもやがて見む」と言ひて、車寄せておりぬ。田舎だち、事そぎて、馬の形かきたる障子、網代屏風、三稜草の簾など、ことさらに昔の事をうつしたる。屋のさまは、はかなだちて、端近き、あさはかなれどをかしきに、げにぞかしがましと思ふばかり鳴き合ひたる郭公の声を、御前に聞こしめさず、さはしたひつる人々にもなど思ふ。◆◆このようにいう所には、明順朝臣の家がある。「そこも早速見物しよう」と言って、車を寄せて降りてしまった。田舎風で、簡素な造りで、馬の絵を描いてある衝立障子、網代屏風、三稜草(みくり)の簾など、わざわざ昔の事の様子を写している。建物のありさまは、かりそめの様で、端近なのは、奥深さはないがおもしろく、全く人が言ってい...枕草子を読んできて(117)その2

  • 枕草子を読んできて(117)その1

    一〇四五月の御精進のほど、職に(117)その12019.3.27五月の御精進のほど、職におはしますに、塗籠の前、二間なる所を、ことに御しつらひしたれば、例様ならぬもをかし。ついたちより雨がちにて、曇り曇らずつれづれなるを、「郭公の声たづねありかばや」と言ふを聞きて、われもわれもと出で立つ。賀茂の奥に、なにがしとかや、七夕のわたる橋にはあらで、にくき名ぞ聞こえし。「そのわたりになむ、日ごとに鳴く」と人の言へば、「それは日ぐらしなンなり」といらふる人もあり。「そこへ」とて、五日のあした、宮司、車の事言ひて、北の陣より、五月雨はとがめなきものぞ、とて、入れさせおきたり。四人ばかりぞ、乗りてゆく。◆◆五月の御精進のころ、中宮様が職の御曹司にお出であそばすので、塗籠の前の二間である所を、特別に御設備を整えてあるので、いつ...枕草子を読んできて(117)その1

  • 枕草子を読んできて(116)

    一〇三くちをしきもの(116)2019.3.24くちをしきもの節会、仏名に雪の降らで、雨のかきくらし降りたる。節会、さるべきをりの、御物忌にあたりたる。いどみ、いつしか思ひたる事の、さはる事出で来て、にはかにとまりたる。いみじうほしうする人の、子生まで年ごろ具したる。遊びをもし、見すべき事もあるに、かならず来なむと思ひて呼びにやりつる人の、「さはる事ありて」など言ひて来ぬ、くちをし。◆◆残念なもの節会、仏名に雪が降らないで、雨が空を暗くして降っているの。節会やしかるべき行事の折が宮中の物忌みに当たっているの。競争して、早くその日が来てほしいと思っているのに、用事ができて、急に中止になってしまうの。ひどく子を欲しがっている人が子を産まないで何年の連れ添っているの。音楽の遊びもし、見せようと思っている時に、必ず来る...枕草子を読んできて(116)

カテゴリー一覧
商用