chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
arrow_drop_down
  • 映画 Film279 『2046』

    隊長が、これまでに鑑賞した「映画」を紹介するシリーズの第279作品目は、『2046』をお送りします。『2046』(原題、英題)は、2004年9月公開の香港映画。(日本公開は、同年10月)尚、「隊長のブログ」では、合作を含む香港映画を、これで19作品を紹介したことになります。詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい。監督・脚本・製作:香港出身のウォン・カーウァイ(王家衛)。ウォン・カーウァイの監督する映画を、これで四作品を取り上げたことになります。詳細は、こちらをご覧下さい。撮影は、オーストラリア出身のクリストファー・ドイル(ChristopherDoyle)、他。出演者:香港のトニー・レオン(梁朝偉)、中国出身のチャン・ツィイー(章子怡)、同コン・リー(鞏俐)、同フェイ・ウォン(王菲)、木村拓哉、ほか。あら...映画Film279『2046』

  • 「クリストファー・ドイル 映画作品」 記事一覧

    オーストラリア出身の撮影監督、映画監督、俳優クリストファー・ドイル(ChristopherDoyle)は、1952年5月2日に同国・シドニーで生まれました。2024年7月現在、72歳です。幼年期に日本文学を多読し、18歳から商船員、石油採掘などの仕事に就いた後、台湾・香港にて映画撮影の仕事を始めます。撮影監督として初期の頃は、ウォン・カーウァイ(王家衛)映画監督の主な作品を手がけ、その独自の撮影のスタイルで香港の街を観客の目に焼き付けました。これまでに50作以上の中華圏(中国・台湾・香港)の映画作品に携わってきていて、杜可風という中国名を使用することもあります。英語、フランス語、中国語に堪能。その他の様々な言語や国で、20作品以上を制作しています。日本でも、浅野忠信やオダギリジョーの作品に関わっています。...「クリストファー・ドイル映画作品」記事一覧

  • 「トニー・レオン 出演映画」 記事一覧

    香港の俳優・歌手:トニー・レオン(梁朝偉)さんは、香港生まれで、生年月日は1962年6月27日。2024年7月現在、62歳です。1980年代に、共演した一歳年上のアンディ・ラウ(劉徳華)や、現在の妻カリーナ・ラウ(劉嘉玲)等と共に、香港ドラマに多数出演し、アイドル的な人気を博しました。1983年頃より映画にも出演。1989年公開の台湾映画『悲情城市』が、ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞、トニー・レオンも国際的な注目を集めます。1994年、ウォン・カーウァイ(王家衛)監督の『恋する惑星』で、台湾映画祭の金馬奨(きんばしょう)で主演男優賞を受賞。1997年、同監督の『ブエノスアイレス』、第17回香港電影金像奨主演男優賞を受賞。世界的スターの座を確立します。その後も、数多くの作品に出演し、その地位を不動のも...「トニー・レオン出演映画」記事一覧

  • 「チャン・ツィイー 出演作品」 記事一覧

    中国の女優・チャン・ツィイー(章子怡)さんは、中国北京市生まれで、生年月日は1979年2月9日。2024年7月現在、45歳です。中国では、趙薇(ヴィッキー・チャオ)、徐静蕾(シュー・ジンレイ)、周迅(ジョウ・シュン)、と共に、以前は、「四小花旦」(四大若手女優)と呼ばれていましたが、2002年頃より年齢も実績も重ねたことにより、「四大花旦」(四大女優)と称されるようになりました。中学校卒業後、北京の名門演劇学校「中央戯劇学院」に入学。1994年に、全国桃李杯舞踏コンクールで演技賞を受賞しました。1999年に、チャン・イーモウ監督の中国映画『初恋のきた道』で主人公を演じ、日本でも一躍注目される存在になりました。2004年公開の『LOVERS』で、金城武、アンディ・ラウと共演し、中華圏、日本以外でも知名度を上...「チャン・ツィイー出演作品」記事一覧

  • 「ウォン・カーウァイ 監督作品」 記事一覧

    香港の映画監督・脚本家ウォン・カーウァイ(王家衛)は、1958年7月17日に中国上海で生まれました。2024年7月現在、66歳です。五歳のときに、香港に移住。香港理工学院で、グラフィックデザインの勉強をしたのち、TVドラマの制作を学び、脚本家として頭角を現します。1988年、映画監督デビュー作『いますぐ抱きしめたい』が、「第42回カンヌ国際映画祭」の批評家週間で上映され、国際的に注目されます。1990年、『欲望の翼』で、「第10回香港電影金像奨」の最優秀作品賞、最優秀監督賞を受賞。1994年の『恋する惑星』が、金城武が出演したこともあり、日本でも名が広く知られだけでなく、クエンティン・タランティーノが絶賛したこともあり、世界的にヒットしました。1995年の『天使の涙』も話題になり、アジアを代表する映画監督...「ウォン・カーウァイ監督作品」記事一覧

  • 「コン・リー 出演映画」 記事一覧

    中国の女優:コン・リー(鞏俐)さんは、中国遼寧省瀋陽市生まれで、生年月日は1965年12月31日。2024年7月現在、58歳です。(2004年フランス・カンヌにて)山東省済南で育ち、北京・中央戯劇学院演劇学科に進学。在学中、チャン・イーモウ(張芸謀)監督に見出され、1987年、『紅いコーリャン』で女優デビューします。(紅いコーリャン)1993年、チェン・カイコー(陳凱歌)監督の『さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)』に出演し、ニューヨーク映画批評家協会賞最優秀助演女優賞を受賞。1999年、『きれいなおかあさん』で中国・金鶏奨最優秀主演女優賞と百花奨最優秀主演女優賞を受賞し、フランスの文化勲章を授与されました。2005年には、『SAYURI(MemoirsofaGeisha)』で、ハリウッド映画に進出。...「コン・リー出演映画」記事一覧

  • 「香港映画」 記事一覧

    中華圏(中国語圏)の映画は、それぞれの歴史的・政治的背景により、独自に発展した中国映画、香港映画、台湾映画に分類することが出来ます。香港映画の定義は、香港で制作された映画のことで、中国本土の資本と人材により制作された映画とは区別しています。そのルーツは、日中戦争(1937~1945年)以前の時代にさかのぼると言われています。当時、中国では上海を拠点に多くの映画が作られていました。しかしその後、日本の支配下で規制を受けながらの映画作りを余儀なくされた映画関係者は、自由な製作ができる香港へ逃れました。1949年、中華人民共和国が誕生すると、今度は中国共産党による検閲などの支配を恐れた映画関係者が、再び香港へ流出しました。1950~60年代にかけて、香港映画界は大きく発展しました。「キャセイ・オーガナイゼーショ...「香港映画」記事一覧

  • 上海城市新聞 Vol.30 『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』 (その6)

    上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その5)https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87b9ee3725b0c538569e14a0dbdd5b2b【3日目:6月6日(木)】3日目の朝、宿泊先の中国河南省信陽市「信陽中楽百花酒店」で、起床したのが7時半頃。この日の天気は、晴れ、気温は20~30℃の予報です。前日に、ホテル一階にある「西式餐厅(西洋レストラン)」で食べた朝食が、料金が73元(約1,620円)と高い割りには、不味かったので、外で食べることに。と言っても、ホテルが旧市街中心から約3.6kgの「羊山新区」にあって、周りには食事が出来る場所がありません。そこで、昨日旧市街への行き帰りに見かけた、商店・食堂が密集してい...上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その6)

  • 「大河ドラマ」 記事一覧

    「大河ドラマ」は、NHKで、昭和38年(1963)から始まった、日曜夜に一年間かけて放送されている、歴史ドラマシリーズです。第1作の『花の生涯』から、2024年度『光る君へ』まで、63作品が放送されています。現在の放送時間は、「総合テレビ」が、毎週日曜日の20:00~20:45(本放送)。「BS・BSP4K」では、毎週日曜日18:00~18:45(先行放送)です。隊長は、画質が良く、奥行きを感じさせる「BSプレミアム4K」で、観ています。「隊長のブログ」では、これまでに「大河ドラマ」を、15作品を紹介しています。詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。==「大河ドラマ」記事一覧(放送年、題名、主演、役名)==1.1963年『花の生涯』尾上松緑(井伊直弼)2.1978年『黄金の日々』市川染五郎(納屋助左衛門)...「大河ドラマ」記事一覧

  • テレビ Vol.599 『大河ドラマ 「独眼竜政宗」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第599回は、『大河ドラマ「独眼竜政宗」』をお送りします。「大河ドラマ」は、NHKで、昭和38年(1963)から始まった、日曜夜に一年間かけて放送されている、歴史ドラマシリーズです。第1作の『花の生涯』から、2024年度『光る君へ』まで、63作品が放送されています。1987年1月から12月まで放送された第25作が、『独眼竜政宗』(全50回)。今年の4月7日より、NHK-BSプレミアム4Kで「大河ドラマアンコール」として、毎週日曜の午前11時30分~午後0時15分に、デジタルリマスター版で、再放送されています。尚、「隊長のブログ」では、大河ドラマを、これで15作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい。このドラマの主人公は、知恵と才覚で仙台6...テレビVol.599『大河ドラマ「独眼竜政宗」』

  • 「真田広之 出演作品」 記事一覧

    俳優・歌手の真田広之(さなだひろゆき)《本名:下澤廣之》は、東京都品川区出身で、生年月日は昭和35年(1960)10月12日。2024年7月現在、63歳です。5歳の時に児童劇団・劇団ひまわりに入り、子役で映画などに出演していました。中学入学と同時に、幼少時に共演した千葉真一の主宰する「ジャパンアクションクラブ」に入団。高校入学と同時に学業に専念するため、一時芸能活動を休止。1978年、映画「柳生一族の陰謀」のオーディションに合格したことで芸能活動を本格的に再開します。千葉真一の命名で、「真田」と名乗るようになります。1991年、NHK大河ドラマ『太平記』の主人公・足利尊氏役に抜擢され、幅広い世代に知られるようになりました。1993年、テレビドラマ『高校教師』に出演し、人気を不動のものにします。2002年公...「真田広之出演作品」記事一覧

  • 「三浦友和 出演作品」 記事一覧

    俳優の三浦友和《本名:三浦稔》は、山梨県塩山市(現・甲州市)出身で、生年月日は1952年1月28日。2024年7月現在、72歳です。所属事務所は、テアトル・ド・ポッシュ。小学三年生の時、父親の仕事の都合で、東京に転居。都立日野高等学校で、故・忌野清志郎と出会います。1972年、20歳の時、TBSドラマ『シークレット部隊』で芸能界デビュー。1974年、映画『伊豆の踊子』で山口百恵と共演以降、二人は「ゴールデンコンビ」と称され、1980年に結婚。以来「理想の夫婦」と親しまれています。代表作は、映画『伊豆の踊子』『潮騒』『沈まぬ太陽』など。以降、『日本アカデミー賞』『ブルーリボン賞』など数多くの賞を受賞。今では、映画・ドラマには欠かせない名優となっています。長男・三浦佑太郎は歌手として、次男・三浦貴大(たかひろ...「三浦友和出演作品」記事一覧

  • 上海城市新聞 Vol.30 『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』 (その5)

    上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その4)https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fb7523f79dae84f5a590660365beb55b旅の2日目、中国河南省信陽市郊外から旧市街に快速バスで戻って来たのが、13時15分頃です。その日の朝食時にホテルで飲んだコーヒーが飲みたかったのですが、余りにも不味く、美味しいコーヒーが飲みたくなりました。信陽市内にもスタバがあるのですが、お腹も空いていたので、「千盛百貨(デパート)」1Fにある「肯德基(ケンタッキー・フライドチキン)」の店内へ。チキンサンド、フライドポテト、ホットコーヒーのセットを注文。お値段は、26.4元(約590円)。ここでも、支払はQRコード決済がメイン...上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その5)

  • 上海城市新聞 Vol.30 『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』 (その4)

    『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その3)https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bc108fd4bccb39c81eb25d9d9ad82dbd旅の2日目の朝、宿泊先の中国河南省信陽市「信陽中楽百花酒店」一階にある「西式餐厅(西洋レストラン)」で、朝食を済ませました。手持ちの人民元が少ないので、真っ先に必要なのは、両替です。旧市街にある「中国銀行」を訪れたのが、午前11時頃。銀行前には、数多くの電瓶車(電動バイク)が停車しています。信陽市内は、少し前までは、“自転車天国”でしたが、今では“電動バイク天国”です。円安の影響は、米ドル・ユーロだけでなく人民元に対しても及び、この日の日本円との交換レートは、4.5127(1元≒22.2円)。6年前に...上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その4)

  • グルメ 396食 『熊本の酒 「亀萬 辛口純米酒 PLUS 9」』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第396食(回)は、『熊本の酒「亀萬(かめまん)辛口純米酒PLUS9」』をお送りします。今日ご紹介する『亀萬辛口純米酒PLUS9』は、熊本県葦北郡津奈木町(あしきたぐんつなぎまち)の蔵元「亀萬酒造合資会社」の日本酒です。亀萬酒造のある葦北郡津奈木町は、熊本県の南端、鹿児島県との県境に位置しています。不知火(しらぬい)海を望むリアス式海岸の美しい湯の児海岸や、深緑に囲まれた湯出七滝、歴史溢れる温泉街、環境をテーマとした最新施設などがあります。また、日本の地中海とも呼ばれる温暖な日差しからの、デコポンをはじめとした山海の恵みが有名で、酒造づくりには最適の自然豊かな土地です。「亀萬酒造」は、大正5年(1916)に、創業者・竹田珍珠が南国熊本で地...グルメ396食『熊本の酒「亀萬辛口純米酒PLUS9」』

  • 「熊本の酒」 銘柄一覧

    九州地方のほぼ中央に位置する熊本県は、世界有数のカルデラを持つ阿蘇の山々をはじめ、有明海や八代海、天草の島々など豊富な自然に恵まれた場所です。「火の国」と呼ばれる熊本ですが、実は地下水に恵まれた「水の国」でもあります。降雨量が多いことや水を蓄える森林の多さ、さらには水がめの役割を果たす地下水盆の存在がその理由です。熊本県内全域を見渡すと、湧水源はなんと1000ヶ所以上にのぼり、熊本県民の生活用水の約8割が天然地下水でまかなわれるほどです。軟水や硬水など、ポイントによって異なるタイプの水が湧き出しているのも、熊本県の水の特徴です。県内各地の蔵元で生まれる個性豊かな酒は、こうした水の恵みに支えられています。酒を造る上で必要なのは、粒が大きくしっかりとしていて精米しやすく、ほどよくきれいに溶ける米。このように酒...「熊本の酒」銘柄一覧

  • 上海城市新聞 Vol.30 『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』 (その3)

    『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その2)https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a4b98417a6d69703ca570b0ef124d6a【2日目:6月5日(水)】2日目の朝、宿泊先の中国河南省信陽市「信陽中楽百花酒店」で、起床したのが7時15分頃。この日の天気は、曇り、気温は18~27℃の予報です。29階建て、客室数375の当ホテルは、同市の旧市街中心から約3.6kgの「羊山新区」にあります。部屋のカーテンを開けると、南側には高層マンション群が広がります。中国の地方部でも、建築したマンションの売れ行きが悪化しているとの報道がありますが、ホテルの窓から見える範囲だけでも、空室が目立ちます。8時に朝食を取るため一階に降りて行きます。昨晩チ...上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その3)

  • テレビ Vol.598 『2024年春の連ドラ総括』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第598回は、『2024年春の連ドラ総括』をお送りします。6月最終日、民放各局の4月から始まった連続TVドラマ(連ドラ)も、殆ど終了しました。その“冬の連ドラ”の中で、隊長が観ていたのは、三作品と少なかったです。少なかった理由は、決して観たい作品がなかった訳ではなく、今期は忙しくてテレビ鑑賞に割く時間がなかったからです。そこで、改めて各作品のミツボシ☆☆☆評価を、述べたいと思います。☆☆☆作品が、『アンチヒーロー』。長谷川博己(ひろき)主演の本ドラマは、三大連続ドラマ定番ジャンルの一つ「リーガル・エンターテインメント(法廷・弁護士系)」です。さらに、隊長のドラマに対する持論、「原作のないオリジナル脚本の方が、面白くなる可能性が高い」通り、面白かった。緊迫し...テレビVol.598『2024年春の連ドラ総括』

  • 「石原さとみ 主演作品」 記事一覧

    女優の石原さとみ《本名非公開》は、東京都出身。生年月日は、昭和61年(1986)12月24日。2024年6月現在、37歳です。所属事務所は、ホリプロ。尚、ホリプロ所属の他の女優では、綾瀬はるかさんを、取り上げています。2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン「ピュアガール2002」で、グランプリ受賞したことがデビューのきっかけです。2003年、TBS系列で放送された『きみはペット』で連続ドラマ初出演。同年に、NHKの連続テレビ小説『てるてる家族』のヒロイン・岩田冬子役に抜擢されました。以後、数々のドラマ・映画で主演を務められています。趣味・特技:お琴・テニス・ピアノ。私生活では、2020年末に一般人男性と結婚したことを、また第1子を出産したことを、2022年4月に公表しています。結婚・出産を...「石原さとみ主演作品」記事一覧

  • 上海城市新聞 Vol.30 『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』 (その2)

    『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その1)https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/58a8b47d22cce157af095da32c2eef7e旅の一日目。隊長の乗った中国東方航空(以降:MU)2616便は、定刻の17時40分より約10分早い17時30分頃、中国武漢天河国際空港第3ターミナルに到着しました。ビジネスクラスキャビンだったので、一番最初に機外へ。同空港の国際線利用客、以前は“沖留め”で、バスでターミナルビルへの移動でしたが、前回の2018年5月同様、ボーディング・ブリッジから降機しました。ただ、前回は六年も前のことだったので、入国審査場への行き方が分かりません。すると、前述したビジネスクラスのもう一人の日本人の方が、迷うことなくス...上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その2)

  • 上海城市新聞 Vol.30 『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』 (その1)

    SHANGHAICITYNEWSVol.30“ChinaEasternAirlinesBusinessClassFlighttoWuhan&Xinyangin8days”2024/6/22✩中国語で城市はCity,新聞はNewsの意味(日本語の新聞は中国語では报紙と書きます)✩✩従って城市新聞はCITYNEWSの意味です✩6月4日(火)から11日(火)まで、中国湖北省武漢市と河南省信陽市(下の地図の赤矢印の場所)に、7泊8日の旅に一人で出かけてきました。コロナ禍前は、年に1~2回中国をメインに海外旅行をしていましたが、2019年7月の中国上海以来、五年ぶりの渡航になります。昨年5月、新型コロナウイルス感染症が5類移行後に、出来るだけ早く中国に行きたかったのですが、コロナ以前のビザ免除のタイミングを計ってい...上海城市新聞Vol.30『中国東方航空ビジネスクラスで行く武漢・信陽8日間』(その1)

  • 「コンドル博士」 記事一覧

    明治時代に、鹿鳴館(ろくめいかん)を設計したことで知られるイギリス人建築家ジョサイア・コンドル(JosiahConder)は、1852年9月28日にロンドンで生まれました。同地の「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート」で建築学を学び、1876年に日本政府と5年間の雇用契約を結んで、翌77年(明治10年)に来日。工部大学校(現・東京大学工学部)造家学(建築科)の教師となり、最初の教え子として、東京駅丸の内駅舎などを設計した辰野金吾や、迎賓館を手掛けた片山東熊(とうくま)らを、輩出。東京大学構内に建つコンドル博士像建築教育に従事する傍ら、1882年(明治15年)に竣工した「旧東京帝室博物館本館(現東京国立博物館)」、1883年竣工の「鹿鳴館」、1891年(明治24年)竣工の「ニコライ堂」など、本格的な西洋建築を相...「コンドル博士」記事一覧

  • ダンス Part117 『blue DANCE studio 「THE LIVE Vol.8」』

    隊長が好きな「ダンス・舞踊」を、紹介するシリーズの第117回は、『blueDANCEstudio「THELIVEVol.8」』をお送りします。記事にするのが大部遅れましたが、4月29日(月)の夜は、東京都品川区上大崎のダンススタジオ「blueDANCEstudio」が主催するイベント『THELIVEVol.8』を、観に行ってきました。同スタジオのイベントを観覧するのは、一年前の『blueDANCEstudio「THELIVEVol.6」』以来。前回にも書きましたが、古くからのダンス仲間のMさんが、出演するから観覧しました。会場は、「THELIVEVol.6」と同じ東京都千代田区大手町にある「日経ホール」。同ホールを訪れるのは、二回目ですが、日本最大のビジネス街にダンス発表会を開催できるホールがあるとは、前...ダンスPart117『blueDANCEstudio「THELIVEVol.8」』

  • 「湯島」 記事一覧

    隊長が住んでいる東京都文京区本郷の東隣に位置するのが、「湯島(ゆしま)」です。(湯島天神本殿)湯島は、1~4丁目に区分けされています。その地名の由来には温泉の湧出地があったからという説や,島状の地形であったからという説などがあります。「湯島天満宮(通称:湯島天神)」や「湯島聖堂」などで知られていますが、美味しいお店も多数あります。ブログでは、そんな「湯島」に関する記事を、これまでに45回アップしています。詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。また、湯島・上野広小路地区の建物・お店の地図は、こちらでご覧いただけます。==「湯島」記事一覧==1.2011/12/31『湯島天神』2.2012/2/21『梅はまだかいな!?』3.2012/3/29『やっと咲いた!!』4.2012/6/30『満川の「うどんすき」』5....「湯島」記事一覧

  • 「戸田恵梨香 出演作品・番組」 記事一覧

    女優の戸田恵梨香《本名同じ》は、兵庫県神戸市出身で、生年月日は1988年8月17日。2024年6月現在、35歳です。小学生の頃から芸能活動を開始し、中学卒業までは関西の芸能事務所に所属していましたが、現事務所「FLaMme(フラーム)」にスカウトされ中学卒業を機に上京しました。尚、フラーム所属の他の女優さんでは、有村架純さんを、取り上げています。2000年度後期、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『オードリー』で、大竹しのぶさん演じる吉岡滝乃の少女期の回想シーンに登場し、注目されます。2006年6月公開の『デスノート』で、映画初出演を果たします。2019年度後期、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『スカーレット』では、ヒロインの川原喜美子役を演じています。これまでに、数多くの映画・ドラマ・CMに出演しています。私...「戸田恵梨香出演作品・番組」記事一覧

  • テレビ Vol.597 『朝ドラ 「オードリー」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第597回は、『朝ドラ「オードリー」』をお送りします。平成12年(2000)10月2日~平成13年3月31日にかけて放送されていた、NHK「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)第63作の『オードリー』が、4月1日(月)から、NHKBS、BSプレミアム4Kで、毎週月曜~土曜午前7時15分~7時30分に、再放送されています。(放送回数:全149話)「隊長のブログ」では、“朝ドラ”を、これで35作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい。本作品は、戦後の京都・太秦(うずまさ)に生まれた佐々木美月(子役・岸由紀子、大橋梓)が、価値観の異なる三人の親に囲まれて育ちます。一人は娘を「オードリー」の愛称で呼ぶ、アメリカ帰りの父・春夫(段田安則)。一人は女性も...テレビVol.597『朝ドラ「オードリー」』

  • 「朝ドラ」 記事一覧

    「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)は、NHKテレビで、1961年度(昭和36年度)から始まったドラマシリーズです。第1作の『娘と私』から、最新作『虎に翼』まで、110作品が放送されています。「隊長のブログ」では、朝ドラを、これまでに34本を紹介しています。詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。==「朝ドラ」記事一覧(放送年度、題名、主演)==1.1979年度前期『マ-姉ちゃん』熊谷真実2.1981年度後期『本日も晴天なり』原日出子3.1983年度『おしん』小林綾子、田中裕子、音羽信子4.1985年度前期『澪つくし』沢口靖子5.1986年度前期『はね駒(こんま)』斉藤由貴6.1992年度後期『ひらり』石田ひかり7.1997年度前期『あぐり』田中美里8.2002年度前期『さくら』高野志穂9.2003年度前期『こ...「朝ドラ」記事一覧

  • 「大石静 脚本作品」 記事一覧

    脚本家、エッセイスト、作家、女優の大石静(おおいししずか)は、東京都千代田区猿楽町出身。生年月日は、昭和26年(1951)9月15日。2024年6月現在、72歳です。1974年、日本女子大学文学部国文学科卒業。女優を志し劇団青年座研究所に入所。1981年、永井愛と2人だけの劇団「二兎社(にとしゃ)」を設立。二人で交互に女優と脚本を担当していました。1986年、『水曜日の恋人たち見合いの傾向と対策』で、本格的に脚本家としてデビュー。1991年、脚本に専念するために、女優としての活動を辞め、二兎社を退団。以降、オリジナル作品を中心に多数のテレビドラマの脚本を執筆。ドラマ「ふたりっ子」、「功名が辻」、「オードリー」、「セカンドバージン」などを手掛け、向田邦子賞、橋田賞などを受賞。その作品から、”恋愛ドラマの名手...「大石静脚本作品」記事一覧

  • グルメ 395食 『岐阜の酒 「蓬莱 純米吟醸 家伝手造り」』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第395食(回)は、『岐阜の酒「蓬莱(ほうらい)純米吟醸家伝手造り」』をお送りします。今日ご紹介する『蓬莱純米吟醸家伝手造り』は、岐阜県飛騨市古川町の蔵元「有限会社渡辺酒造店」の日本酒です。蓬莱の酒蔵がある飛騨市古川町は、岐阜県の最北端に位置し、標高3千mを越える北アルプス連峰や飛騨山脈などの山々に囲まれた古川盆地に位置します。『飛騨古川の町並には、みごとなほど、気品と古格がある。観光化されていないだけに、取りつくろわぬ容儀や表情、あるいは人格をさえ感じさせる』と語ったのは作家司馬遼太郎氏(「街道をゆく」)。出格子の古い商家が並ぶ壱之町は落ち着いたたたずまいを見せ、白壁黒腰壁の土蔵が続く瀬戸川沿いには今なおしっとりした情緒が漂います。当地...グルメ395食『岐阜の酒「蓬莱純米吟醸家伝手造り」』

  • 御朱印巡り 第121印 『駒込富士神社』

    寺社を参拝し御朱印を授与して頂く、「御朱印巡り」の第121印は、『駒込富士神社』を、お送りします。4月10日(水)に、東京都文京区本駒込に鎮座する、『駒込富士神社』の御朱印を、拝受しました。駒込天祖神社は、最寄り駅のJR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」より徒歩約12分です。今回は、自宅の文京区本郷から都営バス「駒込駅」行きに乗車し、「駒込富士前」の停留所で下車しました。「本郷通り」の横断歩道を渡り、「都立駒込病院」に向かう道に入ると、神額に「富士社」と書かれた石造の鳥居が見えてきます。時代を感じさせる立派な鳥居です。当社は、本郷村の名主が1573年、現在の東京大学の場所に、駿河の富士浅間社を勧請。1628年に元々駒込の地にあった創建不詳の富士塚(現在地)に遷座し、合祀されました。手水舎(ちょうずや)拝殿...御朱印巡り第121印『駒込富士神社』

  • 「岐阜の酒」 銘柄一覧

    本州の中部地方に位置する岐阜県は、北アルプス・白山・伊吹山・恵那山等山々に囲まれ、その雪解け水が長良川・飛騨川・木曽川・揖斐川等豊かな水量の河川を生み出し、この清流からの伏流水が、お酒造りには最適な県内各蔵元の井戸水となって、おいしい岐阜県のお酒を生み出しています。岐阜県を代表する酒造好適米といえば、「ひだほまれ」です。冬、北アルプスの山々に降り積もった雪が伏流水となって田を潤し、そこで育成された米は大自然の恵みをたっぷりと吸収したお米。大粒で、タンパク質が少なく心白の発現率が高いため、高級酒造りには最適の条件を兼ね備えています。この「ひだほまれ」を使った酒は甘・辛・酸・渋・苦の五味のバランスが良いのが特徴です。現在、年間約一万四千俵が栽培されており、県内四十社あまりの蔵元へ出荷され、毎年桜の咲く頃には、...「岐阜の酒」銘柄一覧

  • 演劇 65幕 『劇団匂組 「まほろばのまつり」』

    隊長が鑑賞した芝居・ミュージカル・古典芸能・演芸を、紹介する「演劇」の65幕(回)は、『劇団匂組「まほろばのまつり」』をお送りします。劇団匂組(わぐみ)は、第11回公演として、第三回宇野重吉演劇賞最優秀賞受賞作品『まほろばのまつり』を、5月22日(水)~26日(日)まで、「座・高円寺1」にて上演いたします。劇団匂組は、劇団青年座・文芸演出部出身の劇作家大森匂子(おおもりわこ)が、自身の作品を上演する為、2010年に立ちあげた劇団です。『まほろばのまつり』の概要;信州木曽。平家の落人伝説が今なお残る榊村(架空の村)の榊まつりの日の出来事だ。身重のありは旅芸人一座に捨てられ、それから15年。日本は初めて迎える東京オリンピックに沸いていた。ありは海野家の嫁として村に溶け込み、その夜産まれた赤子は、美しい少女とな...演劇65幕『劇団匂組「まほろばのまつり」』

  • 相撲 139番 『令和六年夏場所の注目力士は』

    隊長が好きな「相撲」を紹介するシリーズの第139番(回)は、『令和六年夏場所の注目力士は』をお送りします。(日本相撲協会令和六年夏場所番付表)大相撲夏場所が、昨日・12日(日)から東京・両国国技館で行われています。場所前に既に、先場所110年ぶりの新入幕優勝を果たした前頭六枚目・尊富士(たけるふじ)(伊勢ヶ濱部屋)と、再小結・朝乃山(高砂部屋)の休場が発表されていました。さて、恒例の隊長が注目する力士の発表です;一人目は、大関の琴櫻(ことざくら)(佐渡ヶ嶽部屋)。新大関で迎えた先場所、優勝戦線には絡めませんでしたが、10勝5敗と二桁勝利は立派です。今場所から、琴ノ若のしこ名から祖父の琴櫻に改名して土俵に上がっています。二人目が、新小結の大の里(二所ノ関部屋)。初場所で、新入幕で11勝4敗と大活躍した、大の...相撲139番『令和六年夏場所の注目力士は』

  • 御朱印巡り 第120印 『駒込天祖神社』

    寺社を参拝し御朱印を授与して頂く、「御朱印巡り」の第120印は、『駒込天祖神社』を、お送りします。4月10日(水)に、東京都文京区本駒込に鎮座する、『駒込天祖神社』の御朱印を、拝受しました。駒込天祖神社は、最寄り駅のJR山手線・東京メトロ南北線「駒込駅」より徒歩15分です。今回は、自宅の文京区本郷から都営バス「駒込駅」行きに乗車し、「駒込富士前」の停留所で下車し、先に「駒込富士神社」をお詣りしてから、当社を参拝しました。「本郷通り」から「都立駒込病院」に向かう道を進み、途中から「区立第九中学校」の方に進むと参道があります。最初に目に付いたのが、「亀石」。よく見ると、亀の様に見えてくるから不思議です。その先に鎮座するのが、「三社合祭社(さんしゃごうさいしゃ)」。榊神社、須賀神社、戸隠熱田神社の三社を、合祀し...御朱印巡り第120印『駒込天祖神社』

  • 「御朱印 挟み紙・台紙」 一覧

    御朱印とは、本来、心願の成就を祈り書き写した経文等を、御本尊様の宝前にお納めし、その祈願を込めた印として頂いたものが御朱印です。今では、「参拝の証」として、寺社が授与する、寺の本尊印や神社の社印を押したものを「御朱印」と呼びます。朱色の印影のため、「朱印」と呼び、本尊名や神社名が墨で書き添えられていることが多いです。ブログでは、御朱印に関する本として、篠原ともえ著『御朱印をはじめよう』と、重信秀年著『大人の御朱印50にして天命を知る』を、紹介しています。「御朱印挟み紙(はさみがみ)」とは、御朱印を頂く時に、墨や朱印が転写して汚れないように、寺社では、紙を御朱印帳の間に挟み込んで頂けます。挟み紙の多くは、無地の半紙ですが、中にほその寺社の謂れや、御朱印に関して印刷された紙を挟み込んでくれる寺社があります。ま...「御朱印挟み紙・台紙」一覧

  • グルメ 394食 『新潟の酒 「雪鶴 純米大吟醸」』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第394食(回)は、『新潟の酒「雪鶴(ゆきつる)純米大吟醸」』をお送りします。今日ご紹介する『雪鶴純米大吟醸』は、新潟県糸魚川市の蔵元「田原酒造株式会社」の日本酒です。糸魚川市は、新潟県南西部・上越地方の最西端に位置し、世界有数かつ世界最古の翡翠(ヒスイ)の産地で、景勝地の親不知(おやしらず)でも知られています。市全域が特別豪雪地帯に指定されており、山間部では積雪深が、2mを超える地区も多くあります。市内には、五つの日本酒酒蔵があり、「糸魚川五蔵」と呼ばれています。その内の一蔵「田原酒造」の創業は、明治30年(1897)。代表銘柄の「雪鶴」は、雪の原野を優雅に舞う鶴をイメージして、新潟財務局鑑定官の田中哲郎氏が、命名しました。「雪鶴」は、...グルメ394食『新潟の酒「雪鶴純米大吟醸」』

  • 「新潟の酒」 銘柄一覧

    ″米どころ”として知られる新潟県は、また”酒どころ”としても有名です。国内には1,000近くの酒蔵がある中、新潟にはほぼ1割の100近くの酒蔵が集まっていて、日本一。酒造りの長い歴史と酒造りに恵まれた自然環境のもと、良い酒を生み出し続けています。他県のお酒と比較すると新潟のお酒づくりは、とても贅沢です。たとえばお米の使い方。酒蔵では、玄米を白米にし、さらに精米にする手間を惜しみません。表面のヌカを取り除いてお米の芯のデンプンを利用します。精米されたお米を、更によく磨き、本当に良いところだけ残して、きれいなお酒が造られています。そのため、できるお酒の量はとても少なくなってしまいます。新潟酒は、量より味、質にこだわり続けています。そんな新潟県産の日本酒を、「隊長のブログ」では、これまでに18銘柄を紹介していま...「新潟の酒」銘柄一覧

  • テレビ Vol.596 『ドラマ 「ソロ活女子のススメ4」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第596回は、『ドラマ「ソロ活女子のススメ4」』をお送りします。民放各局の4月から始まった“春の連続TVドラマ(連ドラ)”、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、三作品です。去年の“春の連ドラ”は、五本を観ていたので、少なくなりました。少ない理由は、決して観たい作品がない訳ではなく、忙しくてテレビ鑑賞に割く時間がないからです。その“春の連ドラ”を批評するコーナーの一作品目は、テレビ東京系列「ドラマ25」枠で、4月4日から放送開始された『ソロ活女子のススメ4』です。放送時間は、毎週木曜日(水曜深夜)の1:00~1:30。放送回数:全12話(予定)。『ソロ活女子のススメ』は、2021年4月期の「シーズン1」から始まり、2022年4月期の「シ...テレビVol.596『ドラマ「ソロ活女子のススメ4」』

  • 映画 Film278 『南極物語』

    隊長が、これまでに鑑賞した「映画」を紹介するシリーズの第278作品目は、『南極物語』をお送りします。『南極物語』(英題:ANTARCTICA)は、1983年7月23日に公開された日本映画です(日本以外では、アメリカ合衆国、フランス、西ドイツ、イタリア、オーストラリア、香港で公開)。配給会社は、日本ヘラルド映画、東宝、ほか。上映時間:145分。脚本:野上龍雄、佐治乾、石堂淑朗、蔵原惟繕(くらはらこれよし)。監督は、蔵原惟繕。音楽は、ギリシャのヴァンゲリス(シンセサイザー奏者・作曲家)。ヴァンゲリスが音楽を担当した映画は、『炎のランナー』を、取り上げています。主演は、高倉健。尚、「隊長のブログ」では、高倉健さんの出演作品を、これで27本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご覧下さい。共演者:渡瀬恒彦、岡...映画Film278『南極物語』

  • 「高倉健 出演作品・番組」 記事一覧

    昭和を代表する俳優の高倉健《本名:小田剛一》は、福岡県出身で、生年月日は昭和6年(1931)2月16日。愛称は、健さん。昭和30年(1955)、東映ニューフェイス第2期生として東映へ入社。翌年、同社の「電光空手打ち」でデビューします。昭和51年(1976)に東映を退社後は、同じくフリーになっていた降旗康男監督とコンビを組み、多くの名作を世に送り出してきました。2005年2月、日中合作映画「単騎、千里を走る。」の製作発表で、降旗康男監督(右)、中国の張芸謀(チャン・イーモウ)監督(左)と、写真に納まる高倉健さん。私生活では、1959年2月16日(高倉が28歳の誕生日の時)に、歌手の江利チエミさんと結婚しましたが、1971年9月に離婚しました。お子さんはいらっしゃいません。60年以上に亘る俳優生活で、数多くの...「高倉健出演作品・番組」記事一覧

  • テレビ Vol.595 『朝ドラ 「虎に翼」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第595回は、『朝ドラ「虎に翼」』をお送りします。『虎に翼』は、4月1日(月)から始まった、NHKの2024年度前期「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)です。“朝ドラ”は、NHKで1961年から始まった、テレビドラマシリーズ。第1作の『娘と私』から、最新作『虎に翼』まで、110作品が放送されています。「隊長のブログ」では、“朝ドラ”を、これで34作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい。現在の本放送は、NHK総合テレビ、BS、BSプレミアム4Kにて、毎週月曜日~金曜日に放送されています。隊長は、ロケシーンが美しく映る「BSプレミアム4K」の午前7時30分~7時45分の放送を観ています。タイトルの"虎に翼”とは、中国の法家・韓非子(かんぴし)...テレビVol.595『朝ドラ「虎に翼」』

  • 演劇 64幕 『劇団青年座 「シェアの法則」』

    隊長が鑑賞した芝居・ミュージカル・古典芸能・演芸を、紹介する「演劇」の64幕(回)は、『劇団青年座「シェアの法則」』をお送りします。3月30日(土)に、劇団青年座「シェアの法則」を観に行きました。「劇団青年座」は、1954年5月1日森塚敏、東恵美子、成瀬昌彦、天野創治郎、土方弘、中台祥浩、初井言榮、山岡久乃、氏家慎子、関弘子、ら十人の俳優によって結成。東京での本公演の他、全国の市民劇場・演劇鑑賞会でのロングラン公演、新劇交流プロジェクト公演など、劇団の枠を超えた交流など多彩な演劇活動を展開しています。本作品の作者は、俳優・劇作家・脚本家・プロデューサーの岩瀬顕子(あきこ)。青年座での初演は、2021年1月。また、2023年10月には、監督・久万真路(くましんじ)、主演・小野武彦で、映画化されています。演出...演劇64幕『劇団青年座「シェアの法則」』

  • 御朱印巡り 第119印 『小石川大神宮・四月限定御朱印』

    寺社を参拝し御朱印を授与して頂く、「御朱印巡り」の第119印は、『小石川大神宮・四月限定御朱印』を、お送りします。4月1日(月)に、東京都文京区小石川に鎮座する、『小石川大神宮』の四月限定御朱印を、拝受しました。小石川大神宮の最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園駅」、都営地下鉄三田線・大江戸線「春日駅」です。どの駅からも、春日通りを大塚方面に向かって4~5分歩き、中央大学理工学部向かいの都バス「富坂上」バス停の手前を右に曲がった直ぐ先です。「小石川大神宮」と書かれた紫の幟旗(のぼりばた)が歩道に置かれているので、すぐ分かると思います。当社は、天照皇大神(あまてらすおおかみ)を永久に奉斎(ほうさい)するために、伊勢神宮より皇大御神の別大麻たる特別御神璽(おほみしるし)を奉戴している神社です。当神宮...御朱印巡り第119印『小石川大神宮・四月限定御朱印』

  • テレビ Vol.594 『世界ふしぎ発見 「2023年9月~24年3月放送ピックアップ」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第594回は、『世界ふしぎ発見「2023年9月~24年3月放送ピックアップ」』をお送りします。『日立世界ふしぎ発見!』(略称:世界ふしぎ発見)は、毎週土曜日の21:00~21:54に、TBS系列で放送されていた歴史と遊ぶクイズ番組。放送開始は、1986年4月19日ですから、38年続いている長寿番組でしたが、2024年3月30日に放送された第1702回で幕を閉じました。レギュラー放送は終了しましたが、今後は特番として放送されるそうです。この番組では、ミステリーハンターと呼ばれるリポーターが世界各地から、その土地の歴史・風土・文化に関する問題を、スタジオにいる芸能人などの解答者に出題します。番組開始から2022年3月までは、「ヒトシ君人形」でお馴染みの草野仁(...テレビVol.594『世界ふしぎ発見「2023年9月~24年3月放送ピックアップ」』

  • 「世界ふしぎ発見」 記事一覧

    『日立世界ふしぎ発見!』(略称:世界ふしぎ発見)は、毎週土曜日の21:00~21:54に、TBS系列で放送されていた歴史と遊ぶクイズ番組。放送開始は、1986年4月19日ですから、38年続いている長寿番組でしたが、2024年3月30日に放送された第1702回で幕を閉じました。この番組では、ミステリーハンターと呼ばれるリポーターが世界各地から、その土地の歴史・風土・文化に関する問題を、スタジオにいる芸能人などの解答者に出題します。番組開始から2022年3月までは、「ヒトシ君人形」でお馴染みの草野仁(ひとし)が、総合司会者を務めていました。2023年4月15日の放送から、フリーアナウンサーの石井亮次が、総合司会者に就任しました。草野さんは、クイズマスターという肩書きで、アシスタントとして引き続き出演していまし...「世界ふしぎ発見」記事一覧

  • ダンス Part116 『ALL JEXER DANCE FESTIVAL 2024』

    隊長が好きな「ダンス・舞踊」を、紹介するシリーズの第116回は、『ALLJEXERDANCEFESTIVAL2024』をお送りします。またまた記事にするのが1ヶ月遅れになりましたが、3月9日(土)の夕方は、JR東日本関連会社の「JR東日本スポーツ」が、主催するダンスパフォーマンスイベント『ALLJEXERDANCEFESTIVAL2024』を、観に行ってきました。JR東日本スポーツが運営するフィットネスクラブ「ジェクサー(Jexer)」は、ビジター会員なのですが、レギュラー会員のフィットネスクラブで、レッスンを受けているHIPHOPDANCEMASA-C先生のチームが出演するので、応援しに出かけました。会場は、東武東上線「大山」駅から徒歩3分の「板橋区立文化会館大ホール」。同ホールを訪れるのは、初めてです...ダンスPart116『ALLJEXERDANCEFESTIVAL2024』

  • グルメ 393食 『長野の酒 「真澄 辛口ゴールド」』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第393食(回)は、『長野の酒「真澄辛口ゴールド」』をお送りします。今日ご紹介する『真澄辛口ゴールド』は、長野県諏訪市の蔵元「宮坂醸造株式会社」の日本酒です。長野県の南部に位置する諏訪市は、西を木曽山脈に、東を赤石山脈に挟まれた諏訪盆地のほぼ中央に位置し、春夏秋季の降水量は県内比で多めですが、冬の寒さは厳しい気候です。水が豊富な同地は、江戸時代から醸造業が行われ、今でも同市には、5蔵あり、諏訪五蔵と呼ばれています。その内の一蔵「宮坂醸造」の創業は、寛文2年(1662年)。以来、350年近くにわたり、地元で親しまれる酒を造り続けてきました。代表銘柄の「真澄」は、諏訪大社のご宝物「真澄の鏡」を酒名に冠して誕生しました。『真澄辛口ゴールド』は、...グルメ393食『長野の酒「真澄辛口ゴールド」』

  • 「長野の酒」 銘柄一覧

    夏は湿度が少なく爽やか、冬は厳しい寒さと雪深い気候が特徴の長野県。雄大な山々から流れ出る清らかな水と、美しい空気に恵まれ、日本酒造りに最適な気候風土の土地です。長野は、日本で二番目に酒蔵の数が多く、その数は約80蔵を数えます。数多くのおいしい地酒が誕生しています。そんな長野県産の日本酒を、「隊長のブログ」では、これまでに四銘柄を紹介しています。詳細は、下記銘柄一覧をご参照下さい。==「長野の酒」銘柄一覧==1.佐久市「橘倉醸造株式会社」『菊秀(きくひで)純米酒』2.諏訪市「宮坂醸造株式会社」『真澄吟醸酒家伝手作り』3.諏訪市「宮坂醸造株式会社」『真澄吟醸あらばしり』4.諏訪市「宮坂醸造株式会社」『真澄純米吟醸すずみさけ』「長野の酒」銘柄一覧

  • 演劇 63幕 『劇団キンダースペース 「新・復活 2024」』

    隊長が鑑賞した芝居・ミュージカル・古典芸能・演芸を、紹介する「演劇」の63幕(回)は、『劇団キンダースペース「新・復活2024」』をお送りします。今日は、既に四月三日。東京では、ようやく桜の開花宣言が出て、今週末が見頃かと言われています。そんな季節になりましたが、1ヶ月前の観劇の記事を遅ればせながらアップします。3月初めに、劇団キンダースペース「新・復活2024」を観に行きました。「劇団キンダースペース」は、1985年、オリジナル演劇の製作と上演という目的をもって、代表の原田一樹を中心に結成されました。創立以来、年間2本から4本のオリジナル創作劇を、製作・上演し続づけています。同劇団の作品は、『紙屋悦子の青春』を記事にしています。本作品の原作は、帝政ロシアの小説家・レフ・トルストイによる小説「復活」。翻訳...演劇63幕『劇団キンダースペース「新・復活2024」』

  • 相撲 138番 『尊富士 110年ぶりの新入幕優勝』

    隊長が好きな「相撲」を紹介するシリーズの第138番(回)は、『尊富士(たけるふじ)110年ぶりの新入幕優勝』をお送りします。3月10日(日)から,大阪・エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)で開催されていた大相撲春場所は、24日(日)に千秋楽を迎えました。春場所の優勝争いは、14日目まで、12勝2敗の平幕の尊富士(伊勢ヶ濱部屋)と、星の差1つの3敗で追う同じく平幕の大の里(二所ノ関部屋)の二人に、絞られていました。その尊富士は、前日の取組で右の足首にけがをして救急車で病院に搬送され、一時は出場が危ぶまれていました。ところが、右の足首をテーピングなどで固めて土俵に上がり、平幕の豪ノ山(武隈部屋)と対戦しました。尊富士は、突き押し相撲が持ち味の豪ノ山を左四つに組み止めて土俵際に追い込み、最後は押し倒して勝っ...相撲138番『尊富士110年ぶりの新入幕優勝』

  • テレビ Vol.593 『2024年冬の連ドラ総括』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第593回は、『2024年冬の連ドラ総括』をお送りします。3月第4週を迎え、民放各局の1月から始まった連続TVドラマ(連ドラ)も、既に終了したドラマや来週の最終回に向け佳境を迎えてるドラマと様々です。その“冬の連ドラ”の中で、隊長が観たのは、六作品です。前期が四本でしたので、今期は注目する作品が多かったからです。そこで、改めて各作品のミツボシ☆☆☆評価を、述べたいと思います。☆☆☆作品が;『不適切にもほどがある』隊長のドラマに対する持論は、「原作のないオリジナル脚本の方が、面白くなる可能性が高い」です。本作品は、持論通り、脚本家としての実績豊富で、マルチな才能を持つ宮藤官九郎さんさんのオリジナル作品。ハチャメチャな喜劇と思いきや、ホームドラマの要素も、ミュ...テレビVol.593『2024年冬の連ドラ総括』

  • 猛虎通信 Vol.160 『今季初観戦が初勝利』

    隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第160回は、『今季初観戦が初勝利』をお送りします。記事にするのに時間がかかってしまいましたが、3月13日(土)に、ZOZOマリンスタジアム(以下:マリスタ)へ、対千葉ロッテマリーンズとのオープン戦を観に行きました。この試合が、隊長にとって今季の阪神タイガースの初観戦になります。前日のマリスタでの試合は、雨天中止となりましたが、これまで我が阪神タイガースは、オープン戦の9連敗中でした。マリスタを訪れるのは、2022年の交流戦以来、二年ぶりです。尚、隊長は、プロ野球12球団の本拠地球場全てを訪れています。詳細は、こちらの「12球団本拠地観戦記」をご参照下さい。この日の試合開始は、13時。東京駅からJR京葉線快速に乗車し、マリスタ最寄り駅の海浜...猛虎通信Vol.160『今季初観戦が初勝利』

  • プロ野球12球団本拠地観戦記

    昨春の、WBC「侍ジャパン」の活躍に、列島が湧き、日本のプロ野球(NPB)への興味が従来より増していることでしょう。(2010年3月リニューアル工事完成後の阪神甲子園球場)そのNPB12球団の本拠地球場の内、2016年のお正月時点で、訪れたことのあるは7球場でした。そこで、その年から毎年新規に一球場を訪れ、2020年東京オリンピックの年までに、全球場制覇を目指していました。2016年に札幌ドーム、2017年にMAZDAZoom-Zoomスタジアム広島、2018年にナゴヤドーム、2019年に京セラドーム大阪を訪れたので、残りは楽天生命パーク宮城だけでした。しかし、新型コロナウィルス感染拡大により、2020年のシーズンは、交流戦が中止。阪神タイガース対東北楽天ゴールデンイーグルスの交流戦で、同球場に行く予定が...プロ野球12球団本拠地観戦記

  • 相撲 137番 『令和六年春場所の注目力士は』

    隊長が好きな「相撲」を紹介するシリーズの第137番(回)は、『令和六年春場所の注目力士は』をお送りします。大相撲春場所が、昨日・10日(日)から大阪・エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育館)で、開催されました。2月26日の春場所番付発表の直前に、大相撲界に激震が走りました。春場所では、十両・三枚目の宮城野部屋所属の北青鵬(ほくせいほう)の後輩力士に対する暴力行為が発覚し、北青鵬は引退。番付発表直前だったため、番付表には名前が載ったままです(写真の青枠内)。『令和五年名古屋場所の注目力士』で、北青鵬を「令和の怪童」と名付けていただけに、残念です。本日現在の情報では、宮城野親方(元横綱・白鵬)は、「2階級降格」「報酬減額」の懲戒処分となり、師匠の権限も剥奪され、宮城野部屋の消滅さえ噂されています。宮城野親方は...相撲137番『令和六年春場所の注目力士は』

  • テレビ Vol.592 『大河ドラマ 「光る君へ」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第592回は、『大河ドラマ「光る君へ」』をお送りします。「大河ドラマ」は、NHKで、昭和38年(1963)から始まった、日曜夜に一年間かけて放送されている、歴史ドラマシリーズです。第1作の『花の生涯』から、2024年度『光る君へ』まで、63作品が放送されています。現在の放送時間は、「総合テレビ」が、毎週日曜日の20:00~20:45(本放送)。「BS・BSP4K」では、毎週日曜日18:00~18:45(先行放送)です。隊長は、画質が良く、奥行きを感じさせる「BSプレミアム4K」で、観ています。尚、「隊長のブログ」では、大河ドラマを、これで14作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい。1月7日にスタートした『光る君へ』は、平安時代に、千年の...テレビVol.592『大河ドラマ「光る君へ」』

  • 「黒木華 出演作品」 記事一覧

    女優の黒木華(くろきはる)《本名同じ》は、大阪府高槻市出身で、生年月日は平成二年(1990)3月14日。2024年3月現在、34歳です。所属事務所は、株式会社パパドゥ。これまでに、数多くの映画・ドラマで、主役から脇役まで、幅広く活躍してる女優さんです。2010年、京都造形芸術大学3回生の時、NODAMAP(演劇企画制作会社野田地図)番外公演『表に出ろいっ!』のヒロインオーディションに合格し、初舞台。(同公演時の写真)その後、映画『かもめ食堂』や『東京オアシス』に出演。2013年公開の映画『シャニダールの花』『舟を編む』で、『第87回キネマ旬報ベスト・テン』新人女優賞、『第35回ヨコハマ映画祭』最優秀新人賞など数々の賞を受賞しています。そんな黒木華さんが出演する作品を、「隊長のブログ」では、八本を紹介してい...「黒木華出演作品」記事一覧

  • 「吉高由里子 出演作品・番組」 記事一覧

    女優の吉高由里子《本名:非公開》は、兵庫県神戸市出身で、生年月日は1988年7月22日。2024年3月現在、35歳です。所属事務所は、株式会社アミューズ。2004年、高校一年生の時に、原宿でスカウトされたのをきっかけに、芸能界入りしCMでデビュー。2006年、園子温(そのしおん)監督の『紀子の食卓』で映画初出演し、第28回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞。2008年、蜷川幸雄監督の映画『蛇にピアス』で主演を務め、「第32回日本アカデミー賞」新人俳優賞と、「第51回ブルーリボン賞」新人賞をダブル受賞。2014年、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)『花子とアン』で、ヒロインの村岡花子を演じ、一気に知名度がアップしました。その後、数多くの映画、テレビドラマ、CMに出演。国内の各種映画祭で、様々な賞を受賞しています。...「吉高由里子出演作品・番組」記事一覧

  • グルメ 392食 『福島の酒 「千駒 純米 ひやおろし」』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第392食(回)は、『福島の酒「千駒(せんこま)純米ひやおろし」』をお送りします。今日ご紹介する『千駒純米ひやおろし』は、福島県白河市の蔵元「千駒酒造株式会社」の日本酒です。福島県中通り南部に位置する白河市は、那須高原に面し低地の白河盆地にかけて、市街地及び農耕地が広がっています。江戸時代、奥州街道の宿場町であった白河は、米などが多く流通したことから、酒造業が栄えました。現在では、市内に四棟の蔵元があります。その内の一棟、千駒酒造の創業は、大正13年(1924)と今年区切りの100周年を迎えています。「千駒」は、若駒(わかこま)の蹄の音とたくましい姿を醸造した酒に託し、人々の幸福を祈った酒として誕生したと言われています。当蔵の酒は、『千駒...グルメ392食『福島の酒「千駒純米ひやおろし」』

  • 「福島の酒」 記事一覧

    『東京からの恩返し~飲んで福島を元気に~』に賛同して、福島県が蔵元の日本酒を積極的に飲んでいます。令和元酒造年度全国新酒鑑評会にて、福島県産の日本酒は33銘柄が入賞しました。県内の入賞数は全国で2番目の多さとなり、各蔵元の技術力・質の高さを改めて裏付ける結果となっています。福島の酒の美味しさの秘密は、やはり福島県の広い県土、寒暖差のある恵まれた気候、豊かな美味しい水、高品質な酒米、そして何より福島県酒造業者の方々の酒造りに対する想いと真剣さが込められているからです。酒造りには多くの時間と人手がないとできません。福島の日本酒は、お酒を心から愛している人達の手で丁寧に作られているからこそ、美味しいのです。伝統と今が融合した技術、素材が生み出す日本トップクラスの味。さらに、それぞれの蔵元が自信をもって出荷する個...「福島の酒」記事一覧

  • スポーツ No.248 『プロレス中継70年史 THE日テレプロレス』

    隊長が、体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第248回は、『プロレス中継70年史THE日テレプロレス』をお送りします。日本テレビのプロレス中継70年を記念したイベント『プロレス中継70年史THE日テレプロレス』が2月9日に、東京水道橋の「後楽園ホール」で行われました。「後楽園ホール」は、演芸バラエティ番組『笑点』の公開収録会場として知られていますが、プロレスファンにとっては、"聖地”のような会場です。隊長も、昔はプロレス観戦に訪れていましたが、最近は全くプロレスの試合会場に足を運ぶことも無くなってしまいました。このイベントも、テレビ観戦。それもライブ配信もしていましたが、2月19日の深夜に日本テレビで放送された物を、録画して観ました。それでも、オールドファンとしては、充分に堪能しました。地上波放...スポーツNo.248『プロレス中継70年史THE日テレプロレス』

  • 「プロレス・格闘技」 記事一覧

    「隊長のブログ」では、プロレス・格闘技に関する記事を、これまでに11本アップしています。詳細は、下記一覧をご覧下さい。==「プロレス・格闘技」記事一覧==1.2015/12/9『蝶野正洋著プロレスに復活はあるのか』2.2016/10/27『アナザーストーリーズ~タイガーマスク伝説~』3.2016/11/18『PANCRASE282』4.2017/9/21『DRAGONGATEプロレス東京大会』5.2018/1/25『プロレス入場券』6.2019/3/17『昭和の名プロレスラーの死』7.2020/1/23『獣神サンダー・ライガー引退』8.2020/6/11『チョイ住みinバルセロナ』9.2021/2/11『ドラマ「俺の家の話」』10.2022/1/29『燃える闘魂ラストスタンド』11.2022/10/6『訃...「プロレス・格闘技」記事一覧

  • テレビ Vol.591 『カンブリア宮殿 「2023年7月~24年1月放送ピックアップ」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第591回は、『カンブリア宮殿「2023年7月~24年1月放送ピックアップ」』をお送りします。『日経スペシャルカンブリア宮殿~村上龍の経済トークライブ~』(通称:カンブリア宮殿)は、毎週木曜日の23:06~23:55にテレビ東京系列で放送されている、経済ドキュメンタリー番組です。放送開始が、2006年4月なので、18年近く続いていることになります。経済番組では、異例の長寿番組です。尚、2021年4月1日に、放送時間が(木)の22:00~22:54から、現在の時間に変更となりました。この番組では、毎回異なるゲストを日本の経済界から招き、小説家の村上龍と女優・タレントの小池栄子との対談を繰り広げます。尚、「隊長のブログ」で紹介した、小池栄子さん出演作品一覧は、...テレビVol.591『カンブリア宮殿「2023年7月~24年1月放送ピックアップ」』

  • 「カンブリア宮殿」 記事一覧

    『日経スペシャルカンブリア宮殿~村上龍の経済トークライブ~』(通称:カンブリア宮殿)は、毎週木曜日の23:06~23:55にテレビ東京系列で放送されている、経済ドキュメンタリー番組です。放送開始が、2006年4月なので、18年近く続いていることになります。経済番組では、異例の長寿番組です。尚、2021年4月1日に、放送時間が(木)の22:00~22:54から、現在の時間に変更となりました。この番組では、毎回異なるゲストを日本の経済界から招き、小説家の村上龍と女優・タレントの小池栄子との対談を繰り広げます。尚、「隊長のブログ」で紹介した、小池栄子さん出演作品・番組一覧は、こちらです。「日経スペシャル」の“冠”が付く、テレビ東京系列で放送されている日本経済新聞社がスポンサーの経済ドキュメンタリー番組は、他に;...「カンブリア宮殿」記事一覧

  • グルメ 391食 『中国ワイン 「張裕解百納 N268」』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第391食(回)は、『中国ワイン「張裕解百納N268」』をお送りします。今回ご紹介するのは、中国産ワインの『張裕解百納N268(CHANGYUNOBELDRAGONN268)』です。『張裕(チャンユー)解百納N268』は、中国山東省煙台市のワイン、ブランデーの醸造メーカー「煙台張裕葡萄酿酒股份有限公司」の赤ワインです。煙台は、首都・北京と上海のほぼ中間の山東半島東部に位置する港湾都市。近年は、凄まじい勢いで経済発展しています。隊長は、一度だけ2006年に訪れています。当地は、世界的なワイン銘醸地として有名なフランスのボルドー地域とほぼ同じ緯度に位置しています。また海も近く比較的温暖な気候環境は、ブドウ栽培に適しており、多くのワイナリーが存...グルメ391食『中国ワイン「張裕解百納N268」』

  • 「家飲みワイン」 銘柄一覧

    「隊長のブログ」では、我が家で飲んだワインを、これまでに、45銘柄紹介しています。生産国別では、12ヵ国のワインを飲んでいます。詳細は、下記一覧をご参照下さい。==「家飲みワイン」銘柄一覧==生産地:イタリアトスカーナ州(4)LABOCCADELLAVERITA2009(真実の口)PICCINICHIANTI(ピッチーニキャンティ)PICCINICHIANTICLASSICO(ピッチーニキャンティ・クラシコ)LAPIUMACHIANTI(ラピウマキャンティ)生産地:イタリアエミリア・ロマーニャ州(1)VINOBIANCO(ヴィーノ・ビアンコ)生産地:イタリアトアブルッツォ州(1)LAPIUMAMONTEPULCIANOD'ABRUZZO2017(ラピウマモンテプルチアーノダブルッツォ)生産地:フランス・ボ...「家飲みワイン」銘柄一覧

  • テレビ Vol.590 『ドラマ 「不適切にもほどがある」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第590回は、『ドラマ「不適切にもほどがある」』をお送りします。民放各局の1月から始まった冬の連続TVドラマ(連ドラ)、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、六作品です。前期が四本でしたので、今期は隊長が注目する作品が多かったです。その冬の“連ドラ”を批評するコーナーの一作品目は、『君が心をくれたから』、二作品目が、『となりのナースエイド』、三作品目は、『院内警察』、四作品目が、『さよならマエストロ』、五作品目が、『春になったら』でした。今日ご紹介する『不適切にもほどがある』は、TBS系列「金曜ドラマ」枠で、1月26日から放送開始されました。放送時間は、毎週金曜日の22:00~22:54。本ドラマは、昭和のダメおやじが令和にタイムスリッ...テレビVol.590『ドラマ「不適切にもほどがある」』

  • 「宮藤官九郎 脚本・出演作品」 記事一覧

    脚本家・映画監督・俳優・ミュージシャンの宮藤官九郎(くどうかんくろう)は、宮城県栗原市出身で、昭和45年(1970)7月19日生まれ。2024年2月現在、53歳です。愛称は、「クドカン」。事務所は、松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」。「大人計画」には、阿部サダヲなどが、所属しています。宮城県築館(つきだて)高等学校卒業後、日本大学芸術学部放送学科に進学しますが、一身上の都合で中退。1991年より「大人計画」に、演出助手として参加。1992年からは、テレビドラマの脚本を手掛けます。2001年10月公開映画『GO』で、初めて映画脚本を担当し、第25回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、他多数の脚本賞を受賞。以降、数多くの映画・ドラマの話題作の脚本を、手掛けています。2013年度前期NHK朝ドラ『あまちゃん』の脚本...「宮藤官九郎脚本・出演作品」記事一覧

  • 「阿部サダヲ 出演作品」 記事一覧

    俳優・歌手の阿部サダヲ《本名:阿部隆史》は、千葉県松戸市出身で、生年月日は1970年4月23日。2024年2月現在、53歳です。事務所は、松尾スズキが主宰する劇団「大人計画」。「大人計画」には、宮藤官九郎などが、所属しています。小・中・高と野球に熱中。プロ野球選手を目指していた阿部サダヲは、特に読売巨人軍の原辰徳に憧れていたそうです。高校卒業後、家電量販店に就職。しかし、二年弱で店を退職し、バイトに明け暮れていた22歳の時、劇団「大人計画」に入団。1992年、同劇団主催舞台『冬の皮』でデビュー。同年には病気で降板した温水洋一の代役として、入団から半年経たずして『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』でドラマ及びテレビデビューを果たします。その後、数々の舞台作品での活躍で演技力への評価を高め、舞台を中心にテ...「阿部サダヲ出演作品」記事一覧

  • 「プレミアムビール」 製造者別 銘柄一覧

    「プレミアムビール」とは、レギュラービール(通常商品)に対して、品質を重視して原材料や製法などにこだわったビールのことです。お値段は、通常商品よりも少し高めですが、愛好家も多いようです。最近では、各ビール会社からこだわりのプレミアムビールが、数多く発売されています。また、当ブログでは、「クラフトビール」も、プレミアムビールに含めて紹介しています。我が家で飲んだプレミアムビールを、これまでに44銘柄を紹介しています。詳細は、下記一覧をご参照下さい。==「プレミアムビール」製造者別銘柄一覧==サントリー1.ザ・プレミアム・モルツ<マスターズドリーム>2.ザ・プレミアム・モルツ<香るプレミアム>3.ザ・プレミアム・モルツ〈スパークリングゴールド〉4.ザ・プレミアム・モルツ〈数量限定:スチール缶〉5.ザ・プレミア...「プレミアムビール」製造者別銘柄一覧

  • テレビ Vol.589 『ドラマ 「春になったら」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第589回は、『ドラマ「春になったら」』をお送りします。民放各局の1月から始まった冬の連続TVドラマ(連ドラ)、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、六作品です。前期が四本でしたので、今期は隊長が注目する作品が多かったです。その冬の“連ドラ”を批評するコーナーの一作品目は、『君が心をくれたから』、二作品目が、『となりのナースエイド』、三作品目は、『院内警察』四作品目が、『さよならマエストロ』でした。今日ご紹介する『春になったら』は、カンテレ制作・フジテレビ系列「月曜22時枠」枠で、1月15日から放送開始されました。放送時間は、毎週月曜日の22:00~22:54。本ドラマは、三カ月後に結婚する娘と、三カ月後に結婚する娘と、この世を去る父。...テレビVol.589『ドラマ「春になったら」』

  • 「中井貴一 出演作品・番組」 記事一覧

    俳優・歌手の中井貴一(きいち)《本名同じ》は、昭和のスター俳優・佐田啓二の長男(姉は女優の中井貴惠)として、昭和36年(1961)9月18日に生まれました。東京都世田谷区出身。2024年2月現在、62歳です。事務所は、OFFICE-NAKAI。3歳の誕生日を目前にして、交通事故で父を亡くします。成蹊中学校・高等学校に進学し、成蹊大学経済学部を卒業。1981年公開、松林監督の東宝映画「連合艦隊」で芸能界デビュー。同作品で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。故・山田太一脚本の大ヒットドラマ、「ふぞろいの林檎たち」シリーズ(1983~97)で、お茶の間の人気者に。(上段左から、柳沢慎吾、手塚理美、時任三郎。下段:石原真理子、中井貴一、中島唱子)1988年度NHK大河ドラマ「武田信玄」では、主演を務めました。以後...「中井貴一出演作品・番組」記事一覧

  • 「福田靖 脚本作品」 記事一覧

    脚本家の福田靖(やすし)は、山口県周南市(旧徳山市)出身で、昭和37年(1962)生まれ。エージェントは、CreativeGuardian(クリエイティブ・ガーディアン)。登場人物の台詞や動きを“口頭”で表現し、それをアシスタントにタイプさせる「口述筆記」で脚本を完成させていくのが、特徴です。1985年、劇団主宰。1995年、ドラマ『BLACKOUT』で、脚本家デビュー。その後、数々の作品の脚本を手がけています。そんな福田靖さんの脚本ドラマを、「隊長のブログ」では、これまでに五作品を紹介しています。詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。==「福田靖脚本作品」記事一覧==1.2017年10月期ドラマ『先に生まれただけの僕』2.2018年度後期朝ドラ『まんぷく』3.2020年1月期ドラマ『ケイジとケンジ』4....「福田靖脚本作品」記事一覧

  • 音楽 122曲 『The Covers 「2023年11月~24年1月放送ピックアップ」』

    隊長が、好きな歌手や曲を紹介する「音楽」の第122曲(回)は、『TheCovers「2023年11月~24年1月放送ピックアップ」』をお送りします。「TheCovers(ザカバーズ)」は、NHKBSプレミアムで、2014年3月31日から放送開始された、音楽番組です。2024年2月現在の放送チャンネルが、BS、BSプレミアム4K、総合テレビ。放送時間は、BS・BSプレミアム4Kが、毎週日曜日の夜10時50分~11時20分。総合テレビは、木曜日の夜10時~10時30分(不定期)。この番組では、ジャンルを超えたJ-POPのアーティスト達が、日本の歌謡曲やポップスを中心に、自身が影響を受けた名曲を、それぞれの持ち味でカバーし、新しい命を吹き込んでいきます。MCは、リリーフランキーと、上白石萌歌(もか)。萌歌さんは...音楽122曲『TheCovers「2023年11月~24年1月放送ピックアップ」』

  • 「薬師丸ひろ子 出演作品・番組」 記事一覧

    女優・歌手の薬師丸(やくしまる)ひろ子《本名:薬師丸博子(読み同じ)》は、東京都港区北青山出身で。生年月日は、昭和39年(1964)6月9日。2024年2月現在、59歳です。1978年、中学一年生(13歳)の時に、高倉健主演・角川映画『野性の証明』で、女優デビューをします。劇中の彼女の台詞(セリフ)「お父さん、こわいよ!なにか来るよ。大勢で、お父さんを殺しに来るよ!」は、TVCMで流され話題になりました。1981年、17歳の時には、主演映画『セーラー服と機関銃』の同名の主題歌で、歌手活動も開始。その後、映画の主演と主題歌の歌唱により『探偵物語』、『メインテーマ』、『Woman“Wの悲劇”より』、など数々のヒットを記録。2000年代に入り、映画『木更津キャッツアイ』、同『ALWAYS三丁目の夕日』、朝ドラ『...「薬師丸ひろ子出演作品・番組」記事一覧

  • 「原田知世 出演作品・番組」 記事一覧

    女優・歌手の原田知世(はらだともよ)《本名同じ》は、長崎県長崎市出身。生年月日は、昭和42年(1967)11月28日。2024年3月現在、56歳です。1982年、中学3年生の時に「角川映画大型新人募集」に応募して特別賞を受賞し、14歳で芸能界入りをします。1983年、オーディションで5万7千人の中から選ばれ、大林宣彦監督・映画『時をかける少女』の主役で、スクリーンデビューを果たしました。(デビュー当時)この作品で、「国民的アイドル」として人気を不動のものとしました。その後も、数多くの映画・ドラマに出演しています。また、ドキュメンタリー番組のナレーションを行うなど、幅広く活躍しています。歌手としても、デビュー作『時をかける少女』の同名の主題歌が、売上58.7万枚のヒットとなります。以後も、コンスタントにシン...「原田知世出演作品・番組」記事一覧

  • 「The Covers」 記事一覧

    「TheCovers(ザカバーズ)」は、NHKBSプレミアムで、2014年3月31日から放送開始された、音楽番組です。2024年2月現在の放送チャンネルが、BS、BSプレミアム4K、総合テレビ。放送時間は、BS・BSプレミアム4Kが、毎週日曜日の夜10時50分~11時20分。総合テレビは、木曜日の夜10時~10時30分(不定期)。この番組では、ジャンルを超えたJ-POPのアーティスト達が、日本の歌謡曲やポップスを中心に、自身が影響を受けた名曲を、それぞれの持ち味でカバーし、新しい命を吹き込んでいきます。MCは、リリーフランキーと、上白石萌歌(もか)。萌歌さんは、五代目の女性MCで、番組スタート10年目に突入した、2023年4月より出演しています。初代女性MCは、夏菜(なつな)。二代目が、仲里依紗(なかりい...「TheCovers」記事一覧

  • テレビ Vol.588 『ドラマ 「さよならマエストロ」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第588回は、『ドラマ「さよならマエストロ」』をお送りします。民放各局の1月から始まった冬の連続TVドラマ(連ドラ)、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、六作品です。前期が四本でしたので、今期は隊長が注目する作品が多かったです。その冬の“連ドラ”を批評するコーナーの一作品目は、『君が心をくれたから』、二作品目が、『となりのナースエイド』、三作品目は、『院内警察』でした。今日ご紹介する『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』は、TBS系列「日曜劇場」枠で、1月14日から放送開始されました。放送時間は、毎週金曜日の21:00~21:54。「日曜劇場」の前々作は、『VIVANT』でした。尚、サブタイトルの"アパッシオナート"とは、...テレビVol.588『ドラマ「さよならマエストロ」』

  • 相撲 136番 『しゃべくり007に、角界レジェンド五人が出演』

    隊長が好きな「相撲」を紹介するシリーズの第136番(回)は、『しゃべくり007に、角界レジェンド五人が出演』をお送りします。『しゃべくり007』(通称:しゃべくり)は、日本テレビ系列で毎週月曜日の21:00~21:54に放送されている、トークバラエティ番組。初回放送は、2008年7月12日ですので、15年以上続いている長寿番組です。この番組では、「ネプチューン」、「くりぃむしちゅー」、「チュートリアル」の芸人三組7人が、旬なゲストを迎え“しゃべくり”まくります。昔はほぼ毎週の様にチャンネルを合わせてていたのですが、レギュラーの7人が固定されていて、ゲストは代われど、レギュラー陣のトーク内容が、マンネリ化していて、最近は殆ど観ていませんでした。それが、昨年12月18日放送の二時間スペシャルに、『猛虎五選手が...相撲136番『しゃべくり007に、角界レジェンド五人が出演』

  • テレビ Vol.587 『ドラマ 「院内警察」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第587回は、『ドラマ「院内警察」』をお送りします。民放各局の1月から始まった冬の連続TVドラマ(連ドラ)、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、六作品です。前期が四本でしたので、今期は隊長が注目する作品が多かったです。その冬の“連ドラ”を批評するコーナーの一作品目は、『君が心をくれたから』、二作品目が、『となりのナースエイド』でした。今日ご紹介する『院内警察』は、フジテレビ系列「金曜9時枠の連続ドラマ」枠で、1月12日から放送開始されました。放送時間は、毎週金曜日の21:00~21:58。「金曜9時枠の連続ドラマ」の前作は、『うちの弁護士は手がかかる』でした。本作は、病院内の治安維持組織「院内交番」を舞台に、元警視庁捜査一課刑事の主人...テレビVol.587『ドラマ「院内警察」』

  • グルメ 390食 『「山の上ホテル」で、最後のケーキ』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第390食(回)は、『「山の上ホテル」で、最後のケーキ』をお送りします。東京都中央区神田駿河台にある「山の上ホテル」が、2月13日より当面の間、休館することになりました。理由は、「1937(昭和12)年の竣工から86年を迎える建物の老朽化への対応を検討するため」とのこと。“文化人のホテル”と呼ばれる「山の上ホテル」。その名の由来は、かつて川端康成、三島由紀夫、池波正太郎をはじめ数多くの文豪の方々に愛され、“カンヅメ”で執筆活動をされたことから。また、当ホテルは、アールデコ様式の歴史的建造物としても知られています。隊長に取っては、妹とその娘に当たる姪が結婚式を挙げたホテルでもあります。姪の結婚式の時、ケーキのテイクアウトが出来ることを知り、...グルメ390食『「山の上ホテル」で、最後のケーキ』

  • 映画 Film277 『ルーキー』

    隊長が、これまでに鑑賞した「映画」を紹介するシリーズの第276作品目は、『ルーキー』をお送りします。『ルーキー』(原題:TheRookie)は、1990年12月7日公開(日本公開:1991年2月15日)のアメリカ映画。配給:ワーナー・ブラザース(WarnerBros.EntertainmentInc.)。上映時間:121分。本作は、クリント・イーストウッド(ClintEastwood)が、監督・主演を務めたクライムアクション映画です。尚、「隊長のブログ」では、クリント・イーストウッドの映画作品を、これで13本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい。脚本:ボアズ・イェーキン(BoazYakin)、スコット・スピーゲル(ScottSpiegel)。共演者は、チャーリー・シーン(CharlieS...映画Film277『ルーキー』

  • 「クリント・イーストウッド 作品」 記事一覧

    米国映画界の珠玉:クリント・イーストウッド(ClintEastwood《本名:ClintonEastwoodJr.》)は、1930年5月31日にカリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。2024年2月現在、93歳です。高校卒業後、職を転々としたあと陸軍に入隊、除隊後に映画界入り。いくつかの映画・ドラマで端役を経験し、1959年に放送開始した西部劇ドラマ「ローハイド」で一躍注目されます。同ドラマは、日本でも放送され、人気者に。1964~67年にかけて、イタリアでマカロニ・ウエスタン「荒野の用心棒」などに出演。(「荒野の用心棒」出演時)その後ハリウッドに戻り、1971年「ダーティハリー」の大ヒットで、トップスターになりました。「ダーティーハリー」は、シリーズ化され、1988年公開の「ダーティハリー5」ま...「クリント・イーストウッド作品」記事一覧

  • テレビ Vol.586 『ドラマ 「となりのナースエイド」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第586回は、『ドラマ「となりのナースエイド」』をお送りします。民放各局の1月から始まった冬の連続TVドラマ(連ドラ)、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、六作品です。前期が四本でしたので、今期は隊長が注目する作品が多かったです。その冬の“連ドラ”を批評するコーナーの一作品目は、『君が心をくれたから』でした。今日ご紹介する『となりのナースエイド』は、日本テレビ系列「水曜ドラマ」枠で、1月10日から放送開始されました。放送時間は、毎週水曜日の22:00~23:00。「水曜ドラマ」の前作は、『こたつがない家』でした。本作は、主人公で“新人ナースエイド”の桜庭澪(さくらばみお)が、病院で巻き起こる患者たちの仕事、恋愛、家族、など、ありとあら...テレビVol.586『ドラマ「となりのナースエイド」』

  • グルメ389食 『家飲み海外ビール No.9』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第389食(回)は、『家飲み海外ビールNo.9』をお送りします。家で飲んだ海外ビールを紹介するシリーズの第9回目です。海外ビールの定義は、生産地ではなくブランドが海外の意味ですので、国内メーカーによるライセンス生産を含みます。レーベンブロイ缶(韓国生産品)原材料名:麦芽、ホップアルコール分:5%容器:缶内容量:330ml原産国名:韓国輸入業者:アンハイザーブッシュインベブジャパン(Anheuser-BuschInBevJapan)株式会社購入価格:159円(税抜)「レーベンブロイ」は、ドイツ・ミュンヘンに本社がある、600年以上の歴史を誇るレーベンブロイ(Löwenbräu)社の伝統的なラガービールです。麦芽100%で、芳醇な香りとまろや...グルメ389食『家飲み海外ビールNo.9』

  • 「海外ビール」 銘柄一覧

    「隊長のブログ」では、我が家で飲んだ海外ビールを、これまでに18銘柄紹介しています。海外ビールの定義は、生産地ではなくブランドが海外の意味ですので、国内メーカーによるライセンス生産を含みます。詳細は、下記一覧をごご参照下さい。==「海外ビール」銘柄一覧==ブランド国・都市:ドイツ・ミュンヘン(1)レーベンブロイ(日本生産品)ブランド国・都市:オランダ・アムステルダム(3)ハイネケン瓶(日本生産品)ハイネケン缶(日本生産品)ハイネケン缶(中国生産品)ブランド国・都市:アイルランド・ダブリン(3)ドラフトギネス缶ドラフトギネス缶(新パッケージ)ギネス・エクストラ・スタウト瓶ブランド国・都市:デンマーク・コペンハーゲン(1)カールスバーグクラブボトル(日本生産品)ブランド国・都市:イタリア・ウーディネ(1)モレ...「海外ビール」銘柄一覧

  • テレビ Vol.585 『ドラマ 「君が心をくれたから」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第585回は、『ドラマ「君が心をくれたから」』をお送りします。民放各局の1月から始まった冬の連続TVドラマ(連ドラ)、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、六作品です。前期が四本でしたので、今期は隊長が注目するドラマが多かったということになりますね。その冬の“連ドラ”を批評するコーナーの一作品目は、フジテレビ系列「月9」枠で、1月8日から放送開始された『君が心をくれたから』です。放送時間は、毎週月曜日の21:00~21:54。本作は、自分の“心”を差し出す宿命を背負うことから始まる、過酷な「奇跡」が引き起こすファンタジーラブストーリーです。脚本は、宇山佳佑(けいすけ)のオリジナル作品。“心を奪われる”という過酷な奇跡を背負う主人公・逢原...テレビVol.585『ドラマ「君が心をくれたから」』

  • 「永野芽郁 出演作品・番組」 記事一覧

    女優の永野芽郁(ながのめい)《本名同じ》は、東京都出身です。生年月日は、1999年9月24日。2023年2月現在、24歳です。所属事務所は、スターダストプロモーション。スターダストプロモーションの他の女優さんでは、北川景子さんを、取り上げています。小学校3年の時、買い物中にスカウトされ、芸能界入り。2009年、映画『ハード・リベンジ、ミリーブラッディバトル』で、女優デビュー。その後、子役として数多くの映画・ドラマに出演する一方、ファッション誌のモデルとしても、活動しました。2018年度前期NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で、2,366人のオーディションを勝ち抜き、ヒロインに抜擢され、幅広い年代から支持されるようになりました。本作品で、2019年度「エランドール賞新人賞」を、受賞。2021年には、ドラマ...「永野芽郁出演作品・番組」記事一覧

  • 猛虎通信 Vol.159 『2024年の新戦力』

    隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第159回は、『2024年の新戦力』をお送りします。プロ野球は今日・2月1日、オリックスと西武を除く10球団が宮崎県、沖縄県の各地で春季キャンプをスタートさせました。昨年、38年ぶりの日本一に輝いた、阪神タイガースは、のチームスローガン『A.R.E.GOESON(えーあーるいーごーずおん)』の下、一軍のキャンプが沖縄県宜野座村の宜野座スタジアムで始まっています。そこで、「猛虎通信」恒例の今シーズンの新戦力を見てみることにしましょう;先ずは、ドラフトで獲得した新人選手たちです。ドラフト一位の下村海翔(かいと)投手。甲子園球場がある兵庫県西宮市出身の下村は、九州国際大付属高校から青山学院大学に進みました。最速155キロのストレートやカットボール...猛虎通信Vol.159『2024年の新戦力』

  • 「猛虎 今年の新戦力」 一覧

    昨年、38年ぶりの日本一に輝いた、阪神タイガースは、のチームスローガン『A.R.E.GOESON(えーあーるいーごーずおん)』の下、一軍のキャンプが沖縄県宜野座村の宜野座スタジアムで始まっています。その阪神タイガースを応援する「猛虎通信」では、毎年シーズン前に、『猛虎今年の新戦力』を記事にしています。これまでの記事一覧は、下記をご参照ください。==「猛虎今年の新戦力」一覧==1.2014年2.2015年3.2016年4.2017年5.2018年6.2019年7.2020年(その1)8.2020年(その2)9.2021年(その1)10.2021年(その2)11.2022年(その1)12.2022年(その2)13.2023年(その1)14.2023年(その2)「猛虎今年の新戦力」一覧

  • テレビ Vol.584 『ドラマ 「正直不動産2」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第584回は、『ドラマ「正直不動産2」』をお送りします。『正直不動産2』は、2022年4月期に放送された『正直不動産』の続編(シーズン2)として、NHK総合テレビ及びBSプレミアム4K「ドラマ10」枠で、1月9日から放送開始された連続ドラマです。放送時間は、毎週火曜日の22:00~22:45。(全10話)「シーズン2」の放送に先駆け、1月1日~3日にかけて、「シーズン1」の再放送が、そして、1月3日には『正直不動産スペシャル』が放送されました。原作:大谷アキラ(漫画)、夏原武(原案)、水野光博(脚本)による、同名の連載漫画。ドラマの脚本は、「シーズン1」の根本ノンジに、清水匡(まさし)と、木滝りまが加わりました。主演:山下智久。共演者は、草刈正雄、市原隼人...テレビVol.584『ドラマ「正直不動産2」』

  • 「福原遥 出演作品・番組」 記事一覧

    女優・声優・歌手の福原遥(はるか)《本名同じ》は、埼玉県出身です。生年月日は、平成10年(1998)8月28日。2024年2月現在、25歳です。子役時代の2009年から2013年にかけて、NHKEテレの子供向け料理番組『クッキンアイドルアイ!マイ!まいん!』のメイン・キャラクターである少女・柊(ひいらぎ)まいん役を務め、一躍お茶の間の人気者に。2017年3月公開、広瀬すず主演の映画『チア☆ダン』に、オタク系アイドルダンスを踊る、永井あゆみ役で出演。2017年4月~20年3月まで、バラエティー番組「もしもツアーズ」三代目ガイトを務めるなど、バラエティー番組にも数々出演しています。2021年10月期の『アンラッキーガール!』で、テレビドラマ初主演。NHKの2022年度後期「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)『舞...「福原遥出演作品・番組」記事一覧

  • 相撲 135番 『照ノ富士、四場所ぶり九度目の優勝』

    隊長が好きな「相撲」を紹介するシリーズの第135番(回)は、『照ノ富士、四場所ぶり九度目の優勝』をお送りします。1月14日(日)から東京・両国国技館で開催されていた大相撲初場所は、昨・28日(日)に千秋楽を迎えました。前日まで、12勝2敗で優勝戦線のトップに並んでいた横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱部屋)と、関脇・琴ノ若(佐渡ヶ嶽部屋)。本割では、琴ノ若が先に平幕・翔猿(とびざる)を上手投げで下し、結びの一番で照ノ富士が大関・霧島(陸奥部屋)を寄り切り、共に13勝2敗で優勝決定戦に。決定戦、照ノ富士は13日目の本割で完敗した雪辱を胸に立ち向かってきた琴ノ若に、もろ差しを許してしまいます。しかし、ここからが横綱の本領発揮、最後には力強く寄り切って、勝利を手繰り寄せました。これで、三場所連続休場明けの初場所で、四場所...相撲135番『照ノ富士、四場所ぶり九度目の優勝』

  • グルメ388食 『石川の酒 「宗玄 純米大吟醸」』

    隊長が、飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第388食(回)は、『石川の酒「宗玄(そうげん)純米大吟醸」』をお送りします。今日ご紹介する『宗玄純米大吟醸SamuraiQueen』は、石川県珠洲(すず)市の蔵元「宗玄酒造株式会社」の日本酒です。隊長も訪れたことのある珠洲市は、能登半島の最先端に位置し、元日に発生した「令和六年能登半島地震」で被害を受けました。宗玄酒造は、創業1768年の歴史を誇る奥能登最古の酒蔵。戦国時代の畠山義春をルーツとする宗玄忠五郎が創業し、日本四大杜氏(とうじ)に数えられる能登杜氏発祥の蔵と言われています。日本四大杜氏とは、岩手県の南部杜氏、新潟県の越後杜氏、兵庫県の但馬杜氏、そして石川県の能登杜氏です。同社のホームページによると、今回の震災で従業員宅の損壊や...グルメ388食『石川の酒「宗玄純米大吟醸」』

  • テレビ Vol.583 『徹子の部屋 「2023年10月~12月放送ピックアップ」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第583回は、『徹子の部屋「2023年10月~12月放送ピックアップ」』をお送りします。『徹子の部屋』は、テレビ朝日系列で毎週月曜日から金曜日の13:00~13:30に放送されている、トーク番組です。初回放送は、昭和51年(1976)2月2日で、第一回のゲストは、俳優の故・森繁久彌さんでした。以来、番組タイトル通り、第一回から黒柳徹子さんが司会を務めています。57年以上続いている超長寿番組なので、殆どの方は一度はご覧になったことがあると思います。尚、黒柳徹子さんがレギュラー出演する番組は、他に『世界ふしぎ発見』を、取り上げています。また、いずみたくさん作曲の、番組テーマ曲「徹子の部屋のテーマ」も、何故か耳に残っています。今回は、2023年10月~12月に放...テレビVol.583『徹子の部屋「2023年10月~12月放送ピックアップ」』

  • 「徹子の部屋」 記事一覧

    『徹子の部屋』は、テレビ朝日系列で毎週月曜日から金曜日の13:00~13:30に放送されている、トーク番組です。初回放送は、昭和51年(1976)2月2日で、第一回のゲストは、俳優の故・森繁久彌さんでした。以来、番組タイトル通り、第一回から黒柳徹子さんが司会を務めています。57年続いている超長寿番組なので、殆どの方は一度はご覧になったことがあると思います。尚、黒柳徹子さんがレギュラー出演する番組は、他に『世界ふしぎ発見』を、取り上げています。また、いずみたくさん作曲の、番組テーマ曲「徹子の部屋のテーマ」も、何故か耳に残っています。そんな『徹子の部屋』を、「隊長のブログ」では、これまでに三人・組のゲスト放送回を、紹介しています。詳細は、下記一覧をご参照下さい。==「徹子の部屋」記事一覧==(放送日、ゲスト)...「徹子の部屋」記事一覧

  • 猛虎通信 Vol.158 『しゃべくり007に猛虎五選手が出演』

    隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第158回は、『しゃべくり007に猛虎五選手が出演』をお送りします。『しゃべくり007』(通称:しゃべくり)は、日本テレビ系列で毎週月曜日の21:00~21:54に放送されている、トークバラエティ番組。初回放送は、2008年7月12日ですので、15年以上続いている長寿番組です。この番組では、「ネプチューン」、「くりぃむしちゅー」、「チュートリアル」の芸人三組7人が、旬なゲストを迎え“しゃべくり”まくります。昔はほぼ毎週の様にチャンネルを合わせてていたのですが、レギュラーの7人が固定されていて、ゲストは代われど、レギュラー陣のトーク内容が、マンネリ化していて、最近は殆ど観ていませんでした。それが、12月18日放送の二時間スペシャルを放送前から...猛虎通信Vol.158『しゃべくり007に猛虎五選手が出演』

  • ダンス Part115 『ウクライナ国立バレエ 「雪の女王」』

    隊長が好きな「ダンス・舞踊」を、紹介するシリーズの第115回は、『ウクライナ国立バレエ「雪の女王」』をお送りします。去年の12月24日・クリスマスイブに、「ウクライナ国立バレエ」の『雪の女王』を鑑賞しました。ウクライナ国立バレエ(旧キエフ・バレエ))は、50年以上の歴史を誇り、ボリショイ劇場、マリインスキー劇場とともに、旧ソ連における三大劇場と称される、タラス・シェフチェンコ記念ウクライナ国立歌劇場を、本拠地とするバレエ団です。古典の名作から現代作品、ウクライナならではの作品まで、幅広いレパートリーを持ち、バレエ界をリードする数多くのスター・ダンサーを輩出しています。海外公演も盛んで、日本でも1972年以降来日公演を重ねて人気を博しています。同カンパニーの舞台を観るのは、2017年1月の『白鳥の湖』以来で...ダンスPart115『ウクライナ国立バレエ「雪の女王」』

  • テレビ Vol.582 『ドラマ 「ガラスの城」』

    隊長が、観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第582回は、『ドラマ「ガラスの城」』をお送りします。『ガラスの城』は、「テレビ朝日開局65周年記念松本清張二夜連続ドラマスペシャル」の第二夜として、1月4日の夜9時からテレビ朝日系列で放送されました。原作は、雑誌「若い女性」の1962年1月号から1963年6月号に連載された、松本清張の同名の長編推理小説。この作品は、これまでに2度テレビドラマ化されています。尚、松本清張原作のテレビドラマは、1984年10月放送の『黒い回廊』、1996年12月放送『黒革の手帖』、2017年12月放送の『鬼畜(きちく)』、2021年9月20日の『黒い画集~証言~』、の四本を、紹介しています。脚本:大森美香。大森美香さん脚本作品は、2015年度後期朝ドラ『あさが来た』と、20...テレビVol.582『ドラマ「ガラスの城」』

  • 「波瑠 出演作品」 記事一覧

    女優の波瑠(はる)《本名:非公開》は、東京都足立区出身で、生年月日は1991年6月17日。2024年1月現在、32歳です。所属事務所は、ホリ・エージェンシー。2004年、中学1年生の時にスカウトされ芸能界入り。2006年10月公開、市川徹監督の『だからワタシを座らせて。通勤電車で座る技術!』で、映画初出演。2006年10月期の『14才の母』、上田はる役で連ドラ初出演。2015年度後期NHK朝ドラ『あさが来た』で、ヒロインの白岡あさ役に抜擢されます。同ドラマで、ブレイクした時には、あまにりも台湾の女優グイ・ルンメイ(桂綸鎂)に似ていると話題になりました。グイ・ルンメイその後、数多くの映画、ドラマに出演しています。そんな、波瑠さんが出演する作品を、「隊長のブログ」では、これまでに10本を紹介しています。詳細は...「波瑠出演作品」記事一覧

  • 街歩き 第133回 『赤穂浪士討入りの吉良邸跡』

    隊長の地元:東京都文京区内や近隣を散策する「街歩き」シリーズの第133回は、『赤穂浪士討入りの吉良(きら)邸跡』を、お送りします。元日の午後、東京都墨田区両国の「相撲部屋巡り」の途中、旧本所松坂町、現在の墨田区両国三丁目にある『吉良邸跡』を、訪問しました。この場所は、元禄十五年(一七〇二)十二月十四日、赤穂の四十七士が討入りしたところで、『忠臣蔵』で知られています。三波春夫さんの長編歌謡浪曲『元禄花の兄弟赤垣源蔵』で、日舞(新舞踊)のお稽古を始めてから、また映画『忠臣蔵』を観てから、行きたい場所だったので、やっと念願がかないました。両国2丁目3−15の「出羽海(でわのうみ)部屋」の前を通り、左折して京葉道路の方に向かうと、右手のマンションの前に立て札が。近づいてみると、この辺りに吉良邸の裏門があったとのこ...街歩き第133回『赤穂浪士討入りの吉良邸跡』

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、隊長のブログさんをフォローしませんか?

ハンドル名
隊長のブログさん
ブログタイトル
隊長のブログ
フォロー
隊長のブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用