searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
隊長のブログ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014
ブログ紹介文
中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポ
更新頻度(1年)

290回 / 365日(平均5.6回/週)

ブログ村参加:2014/11/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、隊長のブログさんの読者になりませんか?

ハンドル名
隊長のブログさん
ブログタイトル
隊長のブログ
更新頻度
290回 / 365日(平均5.6回/週)
読者になる
隊長のブログ

隊長のブログさんの新着記事

1件〜30件

  • 「坂元裕二 脚本作品」 記事一覧

    脚本家、作詞家、戯曲家の坂元裕二(ゆうじ)は、大阪府出身で、昭和42年(1967)5月12日生まれ。現在、53歳です。妻は、女優の森口瑤子。奈良育英高等学校を卒業後、フリーターをしながら脚本を学びます。1987年、19歳の時に、第1回フジテレビヤングシナリオ大賞を受賞し、脚本家デビュー。1991年、鈴木保奈美、織田裕二主演のフジテレビドラマ『東京ラブストーリー』が大ヒットし、一躍人気脚本家の仲間入りを果たします。その後、数多くのテレビドラマ、映画、舞台作品に関わってきました。また、現在では、東京芸術大学大学院映像研究科教授も務めています。そんな坂元裕二さんの脚本作品を、「隊長のブログ」では、これまでに4本を紹介しています。詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。==「坂元裕二脚本作品」記事一覧==1.2014年7...「坂元裕二脚本作品」記事一覧

  • テレビ Vol.317 『武田鉄矢の昭和は輝いていた』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第317回は、『武田鉄矢の昭和は輝いていた』をお送りします。『武田鉄矢の昭和は輝いていた』は、BSテレ東で、毎週金曜日の20時00分~20時54分に、放送されている歴史情報番組です。初回放送は、2013年4月2日(当時の題名は「昭和は輝いていた」)。レギュラー出演者は、武田鉄矢とテレビ東京アナウンサーの須黒清華(すぐろさやか)。武田鉄矢さんの出演作品は、1977年公開映画『幸福の黄色いハンカチ』⇒http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705、1991年度大河ドラマ『太平記』⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12f73f2...テレビVol.317『武田鉄矢の昭和は輝いていた』

  • グルメ300食 『新潟の酒 「夏子物語 吟醸 300ml瓶」』

    隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の記念すべき第300回は、『新潟の酒「夏子物語吟醸300ml瓶」』をお送りします。今日ご紹介する『夏子物語吟醸300ml瓶』は、新潟県長岡市の蔵元「久須美(くすみ)酒造株式会社」の日本酒です。同蔵元の酒は、『清泉(きよいずみ)吟醸酒』⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a51a0281cb1b05af5490ba6f1894a850を、取り上げています。新潟県の中南部(中越地方)の中心都市である長岡市は、南魚沼産コシヒカリを原料とする酒どころとして知られていて、県内で最多16の日本酒蔵元数を誇っています。「久須美酒造」は、天保4年(1833)に初代・久須美作之助が創業。以来170有余年、手づくりの伝統...グルメ300食『新潟の酒「夏子物語吟醸300ml瓶」』

  • 映画 Film181 『妻への家路』

    隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第181作品目は、『妻への家路』をお送りします。『妻への家路』(原題:帰来、簡体字:归来、英題:ComingHome)は、2014年5月公開の中国映画。(日本公開は、2015年3月)「隊長のブログ」では、中国映画を、これで19作品を紹介したことになります。詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65daa86be027f5d393125973d7f48f1c製作会社は、楽視影業(LeVisionPictures)、ほか。上映時間は、110分です。原作は、ゲリン・ヤン(厳歌苓)の同名の小説。監督は、中国出身のチャン・イーモウ(張芸謀)。チャン・イーモウさんの監督作品を、これで6本を取...映画Film181『妻への家路』

  • テレビ Vol.316 『リモートドラマ Living』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第316回は、『リモートドラマLiving』をお送りします。『Living』は、「リモートドラマ」として、NHK総合TVで2020年5月30日と6月6日の2夜にわたり、土曜日の23時30分から翌0時に一話15分で4本が、放送されたテレビドラマです。脚本は、四話全て、坂元裕二(ゆうじ)。坂元裕二さん脚本のテレビドラマは;1.2014年7月期連ドラ『おやじの背中』第2話http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63212c3e0fdf0b31a1fc843eb27ec2182.2017年1月期連ドラ『カルテット』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb7...テレビVol.316『リモートドラマLiving』

  • アジアの歌姫 Part27 『中国:ヴィッキー・チャオ(趙 薇)』

    アジアで活躍する女性歌手・グループを紹介する「アジアの歌姫」第27回は、『中国:ヴィッキー・チャオ(趙薇)』をお送りします。今日取り上げる『ヴィッキー・チャオ』(繁体字表記:趙薇、ピンイン:ZhàoWēi)、(英語名:VickiZhao)は、中国出身の女優・歌手・映画監督です。これで、「アジアの歌姫」で紹介したのは;台湾出身が、テレサ・テン、S.H.E、DreamGirls、レネ・リウ、レイニー・ヤン、アンバー・クオ、ジョリン・ツァイ、アリス・ツェン、グイ・ルンメイ、グイ・ルンメイの10人・グループ。中国出身が、黄聖依、王菲、田原、周迅、范冰冰、趙薇、の6人。香港出身が、カレン・モク、ケリー・チャン、ココ・リー、の3人。韓国出身が、BoAと、パク・シネ、JY、の3人。フィリピン出身が、シャリース、ゼンディー、ビ...アジアの歌姫Part27『中国:ヴィッキー・チャオ(趙薇)』

  • 「広瀬すず 出演作品」 記事一覧

    女優の広瀬すず《本名非公開》は、静岡県清水市出身で、生年月日は1998年(平成10)6月19日。現在、22歳です。三歳上の姉・広瀬アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』(集英社)のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことがきっかけで芸能界入り。2013年、14歳の時『幽かな彼女』(関西テレビ)で女優デビュー。(二枚目の写真は、14歳当時)2016年3月公開の『ちはやふる』で映画単独初主演。2019年度前期NHK朝ドラ『なつぞら』でヒロインを務めるなど、これまでに数多くの映画・ドラマで、幅広く活躍しています。そんな広瀬すずさんが出演する作品を、「隊長のブログ」では、これまでに5本を紹介しています。詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。==「広瀬すず出演作品」記事一覧==1...「広瀬すず出演作品」記事一覧

  • 映画 Film180 『日日是好日』

    隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第180作品目は、『日日是好日(にちにちこれこうじつ』をお送りします。『日日是好日』は、2018年10月13日に公開された日本映画。配給は、東京テアトル、ヨアケ。上映時間は、100分です。原作は、エッセイスト・森下典子による自伝エッセイ『日日是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)。監督・脚本:大森立嗣(たつし)。主演は、黒木華(はる)。黒木華さんの出演作品は;2015年12月公開の映画『母と暮せば』⇒http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/012d2dba6f1c44a76922b271b7ee1f9a、2016年4月期ドラマ『重版出来』⇒http://blog.goo.ne.jp/taichou-sa...映画Film180『日日是好日』

  • テレビ Vol.315 『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第315回は、『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』をお送りします。『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』は、テレビ朝日系列で、毎週土曜日の18時56分~19時54分に、放送されているバラエティー番組です。初回放送は、2019年2月2日。レギュラー出演者は、サンドウィッチマンの二人と芦田愛菜。この番組では、毎回異なる、異常な好奇心によって大人顔負けの知識を身につけた子供の“博士ちゃん”をゲストに招き、授業を行います。そんな博士ちゃん達のぶっ飛んだ言動を、サンドウィッチマンがイジりつつ、愛菜ちゃんが分かりやすく解説します。放送開始が去年の2月なのに、初めてこの番組を観たのは今年5月23日の放送です。観始めたきっかけは、いつも土曜日の夜は、7時54分からの『出...テレビVol.315『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』

  • 「多部未華子 出演作品」 記事一覧

    女優の多部未華子《本名同じ》は、東京都西東京市出身で、生年月日は1989年(平成元)年1月25日。現在、31歳です。2002年(13歳)にスカウトされ、女優デビュー。2005年、映画『HINOKIO』と『青空のゆくえ』で第48回ブルーリボン賞新人賞を受賞するなど、10代から存在感のある演技で注目されていました。(二枚目の写真は、17歳の頃)09年(20歳)には、NHKの連続テレビ小説『つばさ』のヒロイン・玉木つばさ役に抜擢。その後も、数多くの映画・ドラマで、幅広く活躍しています。そんな多部未華子さんが出演する作品を、「隊長のブログ」では、これまでに4本を紹介しています。詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。==「多部未華子出演作品」記事一覧==1.2016年4月公開映画『あやしい彼女』http://blog.g...「多部未華子出演作品」記事一覧

  • 本と雑誌 52冊 『芥川竜之介紀行文集』

    隊長が読んだ「本と雑誌」を紹介するシリーズの第52回は、『芥川竜之介紀行文集』をお送りします。『芥川竜之介紀行文集』は、小説家・芥川龍之介(1892~1927年)の国内の旅行記と、中国紀行をまとめた紀行文集です。本書は、岩波書店より、岩波文庫の体裁で発行されています。編者は、横浜市立大学教授で、日本近代文学研究家の山田俊治(しゅんじ)氏。収録順に;国内旅行記は、「松江印象記」、「軍艦金剛航海記」、「京都日記」、「槍ヶ岳紀行」、「長崎」、「長崎小品」、「長崎日記」、「軽井沢日記」、「軽井沢」。中国紀行は、「上海游記」、「江南游記」、「長江游記」、「北京日記抄」、「雑信一束」。で、構成。この本を読もうと思ったのは、昨年暮れに放送された松田龍平主演のドラマ『ストレンジャー~上海の芥川龍之介~』⇒https://blo...本と雑誌52冊『芥川竜之介紀行文集』

  • 映画 Film179 『緋牡丹博徒』

    隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第179作品目は、『緋牡丹博徒(ひぼたんばくと)』をお送りします。『緋牡丹博徒』は、藤純子(ふじじゅんこ)《現:富司純子(ふじすみこ)》主演で、1968年から1972年にかけて、東映が製作・配給した全8作の任侠映画「緋牡丹博徒シリーズ」の第一作。公開は、1968年9月。監督:山下耕作、脚本:鈴木則文(のりぶみ)。上映時間:98分。共演者は、高倉健(特別出演)、若山富三郎、待田京介、山本麟一、大木実、若水ヤエ子、金子信雄、清川虹子、山城新伍、ほか多数。尚、「隊長のブログ」では、高倉健さんの映画・レコードを、これで18作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい⇒http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87d8d...映画Film179『緋牡丹博徒』

  • テレビ Vol.314 『ドラマ 「死役所」』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第314回は、『ドラマ「死役所」』をお送りします。『死役所』(しやくしょ)は、テレビ東京系「ドラマホリック!」枠で、2019年10月17日から12月19日まで、木曜0時12分~0時52分(水曜深夜)に、全10話が放送されたドラマ。6月4日(3日深夜)から同局で再放送中です。原作は、漫画家・あずみきしの同名の漫画。主演は、TOKIOの松岡昌宏。松岡昌宏さん主演のドラマは、2016年10月期の『家政夫のミタゾノ』シリーズ第1作⇒http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9b7c5a30e85fc68a07efeca8e0b471cと、2020年4月期の同第3作⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san20...テレビVol.314『ドラマ「死役所」』

  • 猛虎通信 Vol.117『開幕三連戦 悪い予感が適中』

    隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第117回は、『開幕三連戦悪い予感が適中』をお送りします。新型コロナウィルスの影響で、約3カ月遅れで6月19日に開幕した、今季のプロ野球セ、パ両リーグ公式戦。我が阪神タイガースは、東京ドームで、宿敵読売ジャイアンツ相手に三連戦でした。結果は、第一戦、阪神:西勇輝、巨人:菅野が先発。2対3で負け。第二戦、阪神:岩貞、巨人:田口が先発。1対11で負け。第三戦、阪神:ガルシア、巨人:サンチェスが先発。1対7で負け。と、三連敗でした。阪神の得点は、3試合で、僅か4点。それも、第一戦は、投手の西勇輝のソロホームランと、適時二塁打での計2点。第二戦が、捕手・原口のソロホームランのみ。第三戦は、近本の先頭打者ホームランの1点だけ。とにかくチャンスに、野手が打て...猛虎通信Vol.117『開幕三連戦悪い予感が適中』

  • 映画 Film178 『イップマン 継承』

    隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第178作品目は、『イップマン継承』をお送りします。『イップマン継承』(原題:葉問3、英題:IpMan3)は、2015年12月公開の香港映画。(日本公開は、2017年4月)「隊長のブログ」では、香港映画を、これで10作品を紹介したことになります。詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5058be5b44ff584aff12ffea7ef8a75d;香港出身の監督:ウィルソン・イップ(葉偉信)、主演:ドニー・イェン(甄子丹)による、ブルース・リーの唯一の師匠で実在した武術家葉問(イップ・マン)を主人公とした「イップマン」シリーズの第3作。制作は、天馬電影製作有限公司(Pegasus...映画Film178『イップマン継承』

  • テレビ Vol.313 『ドラマ 「珈琲屋の人々」』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第313回は、『ドラマ「珈琲屋の人々」』をお送りします。『珈琲屋の人々』は、NHKBSプレミアム「プレミアムドラマ」枠で、2014年4月6日から5月4日まで全5話にて放送されたドラマです。5月31日から6月28日の予定で、同局で再放送中。原作は、岐阜県山県市在住の小説家・池永陽の2009年1月発行の同名の小説。主演は、高橋克典。共演者は、木村多江、小林稔侍、倉科カナ、八嶋智人、ほか。あらすじ:東京下町の商店街に佇むレトロな珈琲屋。店主の行介(高橋克典)は、人を殺めた過去があります。亡き父の「一杯の珈琲が人生を変えることもある」という言葉を信じ、珈琲をいれ続ける毎日。そんな彼の一杯を求め、常連客が絶えることがありません。ある日、ひとりの女が行介の前に現れます。冬子(木村...テレビVol.313『ドラマ「珈琲屋の人々」』

  • グルメ 299食 『家のみワイン No.11』

    隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第299回は、『家のみワインNo.11』をお送りします。家で飲んだワインを紹介するシリーズは、これで11回目を迎えました。今回も、安価で気軽に家で飲めるワインを紹介します。SANJOSEDEAPALTARESERVACHARDONNAY(サン・ホセ・デ・アパルタレゼルバシャルドネ)特別にセレクトされたシャルドネを使い、フレンチオーク樽で5ヶ月熟成させました。爽やかさの中に深みのある味わいと、雑な香りを持つ特徴ある白ワインです。生産地:チリ共和国生産者:VinaSanJosedeApalta(ヴィーニャ・サン・ホセ・デ・アパルタ)ブドウ品種:シャルドネ熟成方法:木樽熟成6ヶ月未満アルコール度数:14%輸入者:東栄貿易株式会社内容量:750mlキャッ...グルメ299食『家のみワインNo.11』

  • スポーツ No.191 『「楽天生命パーク宮城」が遠ざかってしまった』

    隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第191回は、『「楽天生命パーク宮城」が遠ざかってしまった』をお送りします。当初、3月20日(金)に開幕が予定されていた今季のプロ野球は、新型コロナウイルスの感染拡大で延期が続いていました⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/970989f52482ad105a5394e458b10ec7野球ファンにとって楽しみが阻害されていましたが、明日6月19日に約3カ月遅れて、セ、パ両リーグ公式戦が開幕します。しかし、今季のプロ野球は異例づくしです。一つ目の異例は、当初は公式戦では史上初となる無観客試合で、政府や地方自治体の方針を踏まえながら段階的な観客数増加を目指します。この無観客試合という呼び名、プロスポーツ界では懲罰を...スポーツNo.191『「楽天生命パーク宮城」が遠ざかってしまった』

  • 映画 Film177 『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』

    隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第177作品目は、『レッドクリフPartII-未来への最終決戦-』をお送りします。『レッドクリフ』(原題:赤壁、英題:RedCliff)は、中国の古典小説「三国志演義」を基にした中国制作のアクション映画です。「隊長のブログ」では、中国映画を、これで18作品を紹介したことになります。詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65daa86be027f5d393125973d7f48f1c二部構成で制作され、前編の『レッドクリフPartI』(原題:赤壁、英題:RedCliffPartI)の公開が、2008年7月(日本公開:同年11月)。後編の『レッドクリフPartII-未来への最終決戦-...映画Film177『レッドクリフPartII-未来への最終決戦-』

  • テレビ Vol.312 『COOL JAPAN 「外国人が母国に持ち帰りたいニッポンの食TOP10」』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第312回は、『COOLJAPAN「外国人が母国に持ち帰りたいニッポンの食TOP10」』をお送りします。『COOLJAPAN~発掘!かっこいいニッポン~』(以下:COOLJAPAN)は、NHKBS1で毎週日曜日の午後6:00~午後6:45に放送されている、トーク・バラエティー番組です。近年、日本のさまざまな文化が、外国人に“COOL(カッコイイ)”なものとして、受け入れられています。「COOLJAPAN」は、外国人の感性をフルに生かして“クール”な日本の文化を発掘し、その魅力と秘密を探ろうという番組です。MCは、演出家・作家の鴻上尚史(こうかみしょうじ)と、ドイツ人と日本人のハーフでタレントのリサ・ステッグマイヤー。放送開始は、2006年4月。ポップな「比較文化論」的...テレビVol.312『COOLJAPAN「外国人が母国に持ち帰りたいニッポンの食TOP10」』

  • 「ジョン・ウー 監督作品」 記事一覧

    中国出身の映画監督、脚本家、映画プロデューサー・呉宇森(ジョン・ウー:JohnWoo)は、1946年3月1日に中国広東州広州市で生まれました。現在、74歳。隊長が密かに名付けた、日本で著名な中国出身映画監督三羽烏(ジョン・ウー、チャン・イーモウ、チェン・カイコー)の中では、最年長です。5歳で香港に移住しますが、貧民街ですさんだ幼少期を送りました。1969年に脚本家として、1950~60年代の香港の二大映画会社の一つ「キャセイ・オーガナイゼーション(國泰機構)」に入社。1971年にもう一つの二大会社「ショウ・ブラザーズ(邵氏兄弟香港有限公司)」に移り巨匠・張徹(チャン・チェ)の助監督となります。1973年、27歳の時、「ゴールデン・ハーベスト(嘉禾影片公司)」に移り、『カラテ愚連隊』で監督デビュー。その後はヒット...「ジョン・ウー監督作品」記事一覧

  • グルメ 298食 『「東京美々卯」 全6店が閉店』

    隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第298回は、『「東京美々卯」全6店が閉店』をお送りします。少し古い話題になってしまいましたが、「うどんすき」で知られる料理店「美々卯(みみう)」(本社:大阪市)が首都圏で展開する「東京美々卯」の全6店が、5月20日で閉店したことを聞いた時には、残念な思いがしました。ここ最近は、訪れる機会がありませんでしたが、当時勤務していた会社が銀座一丁目にあった頃には、近くの「京橋店」を良く利用していたからです。夜に会食で訪れた回数は、それほど多くはありませんでしたが、ランチには月に三~四回行っていました。閉店の理由は、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が落ち、営業の継続が難しいと判断したとのことですが、果たしてそれだけでしょうか。「うどんすき」という料理自...グルメ298食『「東京美々卯」全6店が閉店』

  • 映画 Film176 『超高速!参勤交代 リターンズ』

    隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第176作品目は、『超高速!参勤交代リターンズ』をお送りします。『超高速!参勤交代リターンズ』は、2014年6月21日に公開された『超高速!参勤交代』⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d44adf37dd0a5e4f9e429411c3f098の続編として、2016年9月10日に公開された時代劇映画。配給は、松竹。上映時間は、119分です。「隊長のブログ」では、時代劇映画を、これで九作品を紹介したことになります。詳細は、こちらの一覧をご参照下さい⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01bfe31aad88ef37ac0a299a52109d76原作は、脚本家、小...映画Film176『超高速!参勤交代リターンズ』

  • 「街歩き」 バックナンバー 一覧

    隊長の地元:東京都文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズは、6月8日にアップした『御朱印巡り「明治神宮」』で、記念すべき100回を数えました。第1回~50回までの記事の一覧⇒http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f18040fe916effdde0b7abf59ea38bf7は、既にリストにしています。そこで、第51回~100回までの一覧をリストにしましたので、ご参照下さい。==「街歩き」バックナンバー一覧==http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9第51回2017/12/26『御朱印巡り「高岩寺(とげぬき地蔵)」』http://blog.goo.ne.jp/ta...「街歩き」バックナンバー一覧

  • テレビ Vol.311 『チョイ住み in バルセロナ』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第311回は、『チョイ住みinバルセロナ』をお送りします。『チョイ住みin〇〇〇』は、NHKBSプレミアムで不定期に放送されている、慌ただしく旅行しがちな日本人に送る、新しい紀行番組です。この番組では、アパートを借り、地元の人の生活を体験して、その国の素顔にふれるのです。アパートで共同生活するのは、スポーツ選手・歌手・俳優・小説家などの分野が違う二人。放送開始は、2015年3月。これまでに、16組の海外共同生活を放送しています。ナレーターは、タレントのYOUさん。今までの旅番組とは違う視点で、異国を体験すると言うコンセプトでは、同じNHKBSプレミアムで放送されている『2度目の○○ちょっとディープな海外旅行!』⇒http://blog.goo.ne.jp/taicho...テレビVol.311『チョイ住みinバルセロナ』

  • 「阿部サダヲ 出演作品」 記事一覧

    劇団大人計画所属で、俳優・歌手の阿部サダヲ《本名:阿部隆史》は、千葉県松戸市出身で、生年月日は1970年4月23日。現在、50歳です。小・中・高と野球に熱中。プロ野球選手を目指していた阿部サダヲは、特に読売巨人軍の原辰徳に憧れていたそうです。高校卒業後、家電量販店に就職。しかし、二年弱で店を退職し、バイトに明け暮れていた22歳の時、劇団「大人計画」に入団。1992年、同劇団主催舞台『冬の皮』でデビュー。同年には病気で降板した温水洋一の代役として、入団から半年経たずして『演歌なアイツは夜ごと不条理な夢を見る』でドラマ及びテレビデビューを果たします。その後、数々の舞台作品での活躍で演技力への評価を高め、今では、舞台を中心にテレビドラマ、映画と幅広く活躍しています。そんな阿部サダヲさんが主演する作品を、「隊長のブログ...「阿部サダヲ出演作品」記事一覧

  • 街歩き 第100回 『御朱印巡り 「明治神宮」』 (その2)

    『御朱印巡り「明治神宮」』(その1)⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c87b3547debd8655a09384a5fbbda1056月6日(土)の午前9時過ぎ、明治神宮本殿廻廊脇にある「長殿」で御朱印を拝受後に向かったのが、御社殿の南側に広がる「明治神宮御苑」です。この御苑は、江戸時代に加藤家、井伊家の下屋敷の庭園でしたが、明治時代に宮内省の所管となり、南豊島御料地と呼ばれました。その後、明治天皇がお身体のお弱かった昭憲皇太后の運動のためにと、遊歩庭園として明治26年(1893)頃に整備されたのです。明治神宮の鎮座地が代々木に決定されたのは、この御苑が大きな理由のひとつでした。御苑への入苑口は、正門と東門の二か所ありますが、新型コロナウィルス感染防止のため、...街歩き第100回『御朱印巡り「明治神宮」』(その2)

  • 映画 Film175 『レッドクリフ PartI』

    隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第175作品目は、『レッドクリフPartI』をお送りします。『レッドクリフ』(原題:赤壁、英題:RedCliff)は、中国の古典小説「三国志演義」を基にした中国制作のアクション映画です。「隊長のブログ」では、中国映画を、これで17作品を紹介したことになります。詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65daa86be027f5d393125973d7f48f1c二部構成で制作され、前編の『レッドクリフPartI』(原題:赤壁、英題:RedCliffPartI)の公開が、2008年7月(日本公開:同年11月)。上映時間は、145分。監督は、前・後編ともジョン・ウー(吴宇森)。同監督作...映画Film175『レッドクリフPartI』

  • 街歩き 第100回 『御朱印巡り 「明治神宮」』 (その1)

    隊長の地元:東京都文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの記念すべき第100回は、『御朱印巡り「明治神宮」』(その1)を、お送りします。東京都渋谷区代々木の杜に鎮座する『明治神宮』。御祭神は、明治天皇(第122代天皇)と、昭憲皇太后(明治天皇の皇后)です。創建は、大正9年(1920)11月1日。年が明けてから、御参拝したいと思っていながら、新型コロナウィルス感染防止のための外出自粛に従い、実現出来ていませんでした。緊急事態宣言が解除されたので、疫病退散祈願を兼ねて、6月6日(土)に訪れました。最寄り駅の東京メトロ「明治神宮前駅」に到着したのが、午前7時。朝食を取らずに、飛び出して来たので、先ずは駅前で腹を満たします。朝食を済ませ、JR山手線、埼京線に架かる「神宮橋」を渡ったのが、午前7時40分頃です。コロナ...街歩き第100回『御朱印巡り「明治神宮」』(その1)

  • テレビ Vol.310 『人気芸能人がまじ調査!鬼旨ラーメングランプリ』

    隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第310回は、『人気芸能人がまじ調査!鬼旨ラーメングランプリ』をお送りします。『人気芸能人がまじ調査!鬼旨ラーメングランプリ』は、5月12日(火)19:00~21:00に、フジテレビ系列で放送された、バラエティー番組です。この番組は、日本人が愛してやまない、もはや国民食ともいえるラーメン。そんな種類豊富なラーメンを、人気芸能人が徹底調査します。番組では、視聴者の身近にある最高においしいラーメン情報をテンポよく紹介してくれました。出演者は、ギャル曽根、フワちゃん、りんごちゃん、3時のヒロイン、千秋、ほか。正直、ラーメンばかりを、二時間も見せられると食傷気味になるので、敬遠していましたが、白山上の中華料理店『兆徳』⇒http://blog.goo.ne.jp/taicho...テレビVol.310『人気芸能人がまじ調査!鬼旨ラーメングランプリ』

カテゴリー一覧
商用